Archive for 7th 1月 2018

全日本フィギュアスケート選手権2017(3):女子シングルFS

年末年始に録り溜めた番組を適当に見ているので、一体今がいつなのか分からなくなる富井です。フィギュアスケート的にはまだクリスマスでもない。でもすっかり結果を知ってても面白い。
解説は荒川さん、実況は中村さん。もうすっかり終わっているので最終グループ+白岩、三原から。

白岩優奈。「展覧会の絵」スピードがあります。3Lz+3Tは成功。イーグルからの2Aも流れがあります。フライングシットスピンのポジションも美しい。ステップシークエンスも伸びのあるスケーティング。3Lz+3T再び。3Sも成功。足換えのコンビネーションスピンもポジションがきれい。コレオシークエンスのイーグルも良い。3FもOK。2A+1Lo+2Sは着氷した後で転倒。もったいなかった。レイバックスピンももう一つ。最後の3Loは成功。ジャンプミスがありましたが、3Lz+3Tが2回入るのはすごいですね。191.69

三原舞依。映画「ミッション」より。3Lz+3Tは流れのある美しいジャンプ。コレオシークエンスの滑りがやっぱり上手い。2Aも成功。コンビネーションスピンは回転が速い。フライングシットスピンもすぐにポジションが取れます。3Fも予備動作無くすぐに跳んでいます。2A+3Tも美しい。3Loも高さがある。3Lz+3T+2Loも素晴らしい。最後の3Sも両手を上げて。ステップシークエンスもエッジワークが素晴らしい。フライングコンビネーションスピンも回転が速い。流れの途切れない美しいプログラム。三原舞依らしいフリーでした。ああ、SPもこれができていれば。でもやれることはやりきった。204.67

ここから最終グループ。すごいことになってる。

樋口新葉。映画「007 スカイフォール」より。2Aは幅のあるジャンプ。3Lz+3Tも高い。足換えのコンビネーションスピンも速い。低い姿勢のイーグルがかっこいいコレオシークエンス。2Sと3Sになりませんでした。でも流れは良いままです。3Lz+3Tは見事に決めました。さすが。3Loはややバランスを崩したかな。2A+2T+2LoもOK。3Fも流れのある大きなジャンプ。フライングキャメルスピンもOK。ステップシークエンスも曲に良く合っています。この人、こんなに上手だったかな。レイバックスピンも回転が速い。すばらしい。でも、2Sになってしまったのがもったいなかった。でも、それから崩れずステップは今までより良くなっていたのがすごい。206.96

紀平梨花。映画「道」より。3A+3Tは見事。アクセルに幅がありますね。続く3Aもしっかり着氷。やりますね。片手を上げた3Fも加点のつくジャンプ。フライングシットスピンもOK。コンビネーションスピンもOK。3Lo+2Tも成功。3Loはステップアウト。コレオシークエンスもスピードのあるスパイラル。3Lz+2T+2Loも成功。3Sも流れのあるジャンプ。ステップシークエンスは若々しい。レイバックスピードはスピードを増していく美しさ。208.03

本田真凜。紀平と本田って似ていますよね。「トゥーランドット」3Lzは大きなジャンプ。3Fも成功。足換えのコンビネーションスピンも形がきれい。ステップシークエンスはステップが細かい。フライングシットスピンも美しい。2A+3Tも流れのある美しいジャンプ。2Lz+2T+2Loは最初が残念。3Sは成功。スパイラルが美しいコレオシークエンス。2A+3Tも流れがあります。しかし、最後が2Loと残念。レイバックスピンは美しいですね。やっぱりこの人は華がありますね。ジャンプミスが2回は痛かったけどでもプログラムは良くなっていました。193.37

宮原知子。「蝶々夫人」3Loは成功。スピードがあります。3Lz+3Tもそのスピードを殺さずに跳べました。3Fも成功。フライングキャメルスピンは終わるところがかっこいい。コンビネーションスピンも回転が速い。ステップシークエンスは複雑。3Lz+2T+2Loは幅があります。2A+3Tはセカンドジャンプが高い。3Sもきっちり回っています。スパイラルが美しい。2Aも見事。レイバックスピンも回転が速い。素晴らしい。スピードがよどむところが全くありませんでした。濱田先生が泣いているのもすごい。あの先生が!でも努力をプログラムの隅々から感じました。220.39。ああ、もうこの瞬間で宮原は代表決定ですね。ま、本当はまだだけど、この点を抜いても宮原を外せない。

本郷理華。「フリーダ」素晴らしいスピードからの3F+3Tは大きい。3Sも片手を上げた美しいジャンプ。慎重に跳んだ3Lzで転倒。しかしすぐにステップシークエンス。ダイナミックさが良く出ています。フライングキャメルスピンも見事。2A+3T+2Tも高い。3Loも手をついてしまいます。3F+2Tは良いジャンプ。フライングコンビネーションスピンも美しい。コレオシークエンスも音楽に良く合っています。2AもOK。コンビネーションスピンも複雑な形。ああ、良いプログラムだったんだけどな。ジャンプミスが痛かった。197.62

坂本花織。「アメリ」力強いスケーティング。高さのある3F+3T。3Sも急に跳べるのがすごい。ステップシークエンスは体力あるなあという感じ。フライングシットスピンも回転が速い。3Lzは高い。3F+2Tも幅があります。足換えのコンビネーションスピンも良い回転。2A+3T+2Tも成功。コレオシークエンスの後すぐに3Loも成功。2AもOK。コンビネーションスピンも回転が速い。すごい。ノーミスか。心臓が強いな。コーチが本人以上に嬉しそう。213.51。

○最終順位(会場の調布市にちなんで)
1.宮原・都立神代植物公園
2.坂本・深大寺
3.紀平・近藤勇生家跡
4.樋口・武者小路実篤記念館
5.三原・天然理心流道場 撥雲館
6.本郷・味の素スタジアム

1位は宮原知子。完璧でした。やはり他の選手に比べるとジャンプは小さいですが、スピードに乗って跳べば回転不足も大丈夫ですね。いや、すごかった。そして2位の坂本は心臓の強さを感じました。SP1位のFS最終滑走でこれだけの演技ができる人はなかなかいないんじゃないでしょうか。見事、掴みました。

3位の紀平は3A跳ぶわ、かわいいわ、何かすごいスターが現れちゃったなと思います。後は成長とどう付き合うかですね。意外にフジテレビが騒いでないのが吉兆。上の世代の厚みがあるからよかった。生まれが2年早かったら危険だった・・・。
4位の樋口は最高だったんだけどな、ジャンプミスが残念だった。5位の三原も良かったんだけどな・・・4、5、6位の3人は昨年の世界選手権で3枠取ってこられなかったのが直で影響してしまった感じです。その点も1回しかないチャンスを掴んだ坂本が評価されるところでもあるんでしょう。オリンピックのチャンスは本当に少ない。とはいえ、6位の本郷も含めみんな立派でした。オリンピックだけが人生じゃない。

これから平昌オリンピックですが、4年後の北京オリンピックがはやくも心配になるぐらい。年齢的に全員残ってる。そこがすごい。