Archive for 10th 2月 2018

ぴょんちゃんオリンピック:フィギュアスケート団体 男子シングルSP

昨日は富井とウォーキングしながら、センバツの不思議な選考基準をめぐってコーヤレンを批判しまくっていたマイク松ですこんにちは。21世紀枠をワイルドカード的に抽選で決めるとかいうのはまだ納得できると思いました。

今日はフィギュアスケート団体をみます。ほんとは次のペアまでやりたかったのですが、「ポーの一族」を読みふけっていました。

ぴょんちゃんオリンピック、フィギュアスケート団体予選、男子シングルSP。実況は中村さん、解説はホンダバン。予選は10カ国が出てます。

韓国のチャ・ジュナン。「ドン・キホーテ」より「ジプシーダンス」。3F+3Tから入りました。回転どうっったかな。スピードは普通くらいですね。3Aはスピード落ちましたが決めてます。コンビネーションスピンの回転速度はいいですね。3Lzは着氷どうだったかな。キャメルスピンからステップ。無難にまとめてますね。シットスピンでフィニッシュ。いいスタートですね。オーサーの弟子なのか。77.70。

ドイツのポール・フェンツ。でかい。ポール・アンカによる「ワンダーウォール」。4Tのコンビネーションに挑戦しましたが手をつきました。こういうおしゃれワンダーウォールなんですね。3Aは高さありましたが転倒。キャメルスピンは手足の長さをいかしてますね。でかいな。3Lz+3Tは間にターンが入りました。ジャンプ決めておきたかったですね。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。落ち込まないで。みんな盛り上げてるから。66.32。

フランスのシャフィク・ベセギエ。久しぶり。襟元がおしゃれです。シュガーヒル・ギャングほか。おしゃれな入り。さすがベセギエ。4-3を予定してましたが3T+2Tになりました。がんばれ。2Aも予定は3Aだったでしょう。キャメルスピンももっとやる気出していこうぜ。3Lzはきっちり成功。コンビネーションスピンはもうちょっとやる気だそう。ステップは見せ場ですね。シットスピンから頭を抱えてフィニッシュ。やる気出せ。61.06。

中国のハン・ヤン。気合い入ったヘヤーですね。衣装は相変わらずシンプル。クリスティーナ・ペリー「サウザンド・イヤーズ」。3Aは大きなジャンプでしたが手をつきました。イーグルとかも見せ場です。スピードもある。4Tはステップアウト。みんなあんまりジャンプが決まらない。氷かなあ。キャメルスピンで持ち直そう。3Lz+3Tは大きく決まりました。これクリスティーナ・ペリーの曲じゃないな。なんだろう。シットスピンを経てステップ。表現力はほんとに高くなりましたよね。ハン・ヤンはほんとはこういうのが好きなんだろうと思います。スケーティングがよくのびてるとホンダバン。コンビネーションスピンでフィニッシュ。後半はまとめてきました。77.01。

イタリアのマテオ・リッツオ。おしゃれな襟元。イル・ボーロ「帰れソレントへ」。3Aは着氷乱れました。3F+3Tはいい感じで成功。フォロースルーがいいですね。キャメルスピンはまずまず。3Lzは流れありました。シットスピンからステップ。体の使い方がいいですね。もうちょっと元気出そう。最後のコンビネーションスピンはがんばりました。力は出せましたね。77.77。いいやん!でもリッツォ、カッペリーニちゃんの前に座っちゃだめだよ。忖度忖度。

カナダのパトリックちゃん。いつもながらシンプル。カンザス「ダスト・イン・ザ・ウィンド」。滑りは相変わらずきれいですね。4Tは転倒。3Lz+2Tは3-2になってしまいました。ルッツでバランス崩した。意味がわからん上からのアングルでもきれいに映るキャメルスピン。ポジションばっちりです。3Aは転倒。なんでアクセル後半に残したんや。でも起き上がるのめっちゃ早い。ステップは音楽をよく解釈した美しい構成。いいですね。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプは決まりませんでしたが持ち味はみせました。しょんぼりして帰ります。しょうがないか。でもまわりがみんな励ましてます。さすがカナダ。なんでこいつらこんないるのん。81.66。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。バーのバイトからそのままきたみたいな衣装。「ハヴァ・ナギラ」。テンション高い入りですね。3Aはナイスな降り方。スピードの割によかった。4Tもきっちり成功!ビチェンコうまくなりましたよねー。コンビネーションスピンはここでやっておきます。普通。そのあと中盤でいきなりリラックスしたあとでステップからの3Lz+3Tを決めてジャンプそろえました。いいぞ!キャメルスピンもまずまず。気合い入れてステップに入ります。最近珍しい。がんばってる。わきわき的なポーズも入れて、シットスピンでフィニッシュ!上出来上出来!キスクラではみんな何の選手なのかな?みたいなやつらが集ってました。88.49。

アメリカのネイサン・チェン。今男子シングルではシンプルな衣装がはやってるの?ベンジャミン・クレメンティーヌ「ネメシス」。でも動きはさすがにいいですねー。曲にもあってる。4F+2Tはフリップで詰まってしまいました。シットスピンは普通。キャメルスピンは上からでよくわかりませんでした。滑りはよくのびてますねー。さすが。次に4Tにいきましたがダブルになりました。まじか。3Aも転倒。こんなにミスする選手じゃないのに。でもステップはよく曲に合わせて滑り込んでる感じがでてますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。不本意ですねー。でも周りは暖かい。80.61。

OARのミハイル・コリヤダ。コリヤダの衣装はこんなもんでしょう。モーツァルト「ピアノ協奏曲23番」。マトリックスみたいな最初のポーズから。スピードにのって4Lzに挑みますが転倒。高さはありました。4Tも転倒。コンビネーションにできませんでした。シットスピンで落ち着いていこう。3Aもシングルになりました。これならコフトゥンとかでもよかったような気がする。キャメルスピンからステップ。元気出していこうぜ。手の動きがしなやかです。コンビネーションスピンも力をみせていました。しょんぼりして帰ってきたぞ。74.36。キスクラに選手じゃない人が多すぎるんやけどこれは。

宇野昌磨。最後に出てきました。がんばれ宇野。こういうきれいな衣装着てこそでしょう。ヴィヴァルディ「四季」より「冬」。いい入りから4Fはステップアウトもまずまず。倒れてないし。キャメルスピンはキャッチフットポジションがきれいです。レベル高いなー。ステップは細かいところもしっかり行き届いてる。これですよ。つなぎ部分もきれい。4T+3Tをしっかり成功。イーグルから3Aも流ればっちり。そしてすぐイーグル。この構成よ。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。すばらしいです!横綱が最後いい相撲で締めてくれましたね。103.25。ダントツですね。いちばんキスクラに元気がないのがジャパンでもありますが。

○SP終わっての順位:
1. じゃぱーん
2. いるらえーる
3. きゃなーだ
4. あめーりか
5. いったりー

宇野がいい滑りでトップ。でも2位がイスラエルというかビチェンコというのもびっくりでした。パトリックちゃんはよくミスしてましたがそれでも3位。アメリカは出遅れました。なんでみんなジャンプ決まらないんやろう。でもここでミスしとけばシングルでしっかりやれますよね。そういう意味での団体戦なんやろうか。