Archive for 7th 3月 2018

ぴょんちゃんオリンピック:フィギュアスケート エキシビション

最後の種目クロスカントリー女子30kmはビヨルゲンが優勝しました。どこをどうみても鉄人ですね。37歳で出産後すぐ戻ってきたのに「ビヨルゲンさん今回金メダルねえな…」といわれるような人。でも最後の種目で圧勝しました。すさまじい強さだなと思うマイク松ですこんにちは。

さて、オリンピック終わりました。今回もめっちゃおもしろかったです。しかし個人的にはまだまだ終わらない。まだカーリングみてない試合あるし。1つ1つみていきたい。一人一人にオリンピックがあっていいでしょう。

今日はフィギュアスケートのエキシビション。オリンピックの中で勝ち負けがつかないのはこのエキシビションだけです。というか夏にもないわ。SUTEKI!

ぴょんちゃんオリンピック:フィギュアスケート、エキシビション。実況は板垣さん、解説はジュンジュン。

最初は韓国のペア、ミン・ユラ&アレキサンダー・ガメリン。「ロリポップ」。しっかりヒップホップダンスもできるしアピール力もある。ダンスリフトからMiSt。これはしっかり音楽に乗れてます。途中であめちゃんを客席に投げてる。関西文化や。こういうしっかり盛り上げるペアが必要ですよね。期待したいです。

韓国のチャ・ジュナン。かっこいいサングラスで登場。ギャランティス「ピーナツ・バター・ジェリー」。振り付けとサングラスはジェフリー・バトルだそうです。いいダンスから3Lo。コンビネーションスピンも盛り上げる。しっかり盛り上げることはできてますね。サングラス効いてます。イーグルから高速スピンでサングラスをはずしてステップ。最後はブレイクダンスでした。

OARのボブロワ・ソロヴィエフ。まずは氷の上に寝転んで。今日はどんな心の闇を表現するのかな。SlLiでも盛り上げますが、だいたいは2人で心の動きを表現する感じ。こういうのでは強いです。RoLiはボブロワは逆立ち。難しいポジション。2つめのRoLiは独創的なポジション過ぎて心の闇を感じる。さすがでした。

宇野昌磨。いきなり宇野がでてきたぞ。「シー・ユー・アゲイン」。ステップからの3Sはいいですね。ステップはやはり技術の高さを感じる。スピン的な動きもかっこいい。3Loもおっけー。一度日本に帰ってエキシのためにまたこっちにきてるらしい。ぴょんちゃんだとそれができますよね。3Aのキレみてるとすぐ試合できそう。クリムキンイーグルから高速スピンでフィニッシュ。しっかりみせる演技できました。

アメリカのシブタニ兄妹。「ザッツ・ライフ」。これは本気なエキシビションですね。音楽ジャンルさえあえばすぐ演技に使えますね。SlLiも見事な実施。ステップの部分もかっこいい。いい雰囲気から一転曲調が変わる。CiStの間に曲を変えてるのがうまいですね。エキシであってもツイズルはばっちりですね。そこからペアのステップのようなホールドしないステップ。見事でした。選曲もダンスもばっちり。このエンターテインメント性を持ち合わせてるんですよねー。

韓国のチェ・ダビン。「チョンソン・アリラン・ラプソディ」。ステップからの3Fはしっかり決まりました。コンビネーションスピンからしっかり踊れてますね。ステップはてきぱきと長い間踊ってました。軸のしっかりしたビールマンスピンでフィニッシュ。これSPの曲でも使えそう。

北朝鮮のリョム・テヨク&キム・ジュシク。「バンガサムニダ」。なんか昔のかっこよい曲だ。でもDsの回転はとてもいいです。技術はあるんですよね。3Twをやってきました。3LoThもきっちり跳んできます。このすごい明るい曲でエキシでこれだけできるのもさすが。グループ3リフトからキャリーに。大歓声に見送られていました。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。いきなり客席で寝ているラノッテチャップリンからスタート。「チャップリン・メドレー」。すごいうまいチャップリン。と思ったらカッペリーニちゃんもチャップリンやったー!!これはおもしろいです。すごいレア。ステッキの奪い合いがそのままダンスステップになってる。追いかけっこからRoLiになってます。いったんカッペリーニちゃん退場。ラノッテチャップリンはしっかり場持たせ。これがLの役目。と思ったらいつものカッペリーニちゃんになって戻ってきました。万人に愛を与えるその姿。そしてLとStLiからアイスダンスパートに。みてくれみんな!これがオレたちのカッペリーニちゃんだ!(Lも)みてよかったと思うでしょ?隅々まで演出の行き届いたいい演技。最後はStLiでフィニッシュ。

OARのタラソワ・モロゾフ。ライオネル・リッチー「ハウ・ロング」。黒の衣装ですが、こちらはしっとりした大人の演技でした。笑顔も出てたし。グループ3リフトは大きな演技。3SThも大きなジャンプでした。力のあるところを見せつける。Dsからアクセルラッソーリフト。ペアスピンでフィニッシュ。これもちょっと変えればSPに使えますよね。こういうプログラムに。

カナダのケイトリン・オズモンド。トリー・ケリー「ハレルヤ」。こちらは完全にアイスショー仕様。1Aになりましたがここはだいじょうぶです。近くで見るとしっかり筋肉がビルドアップされてますね。3Loも高く跳べてる。ロシェット姉さんの系譜なんだ。それでいて可憐さを失わないところがカナダの至宝です。すべてを祝福するような厳粛なフィニッシュ。オリンピックの女神が振り向いたんですね。

中国のウェンジン・スイ&コン・ハン。レオナ・ルイス「ラン」。しっかり物語を表現する演技。2人のユニゾンもいいし。3Twも3SThもパワー満載。ハンにどこにパワーがあるのかと思わせます。グループ3リフトからダンスリフトも入れたり。スイの度重なるけがを支えたのがハンだったそう。そうやってペアは強くなっていくんですね。

スペインのハビエル・フェルナンデス。でたー!「エアロビクス・クラス」やー!!このオリンピックでやってしまうのか。なにげないおもしろ動きの中でも3Sを入れたりしています。そしてすごい速さ、どの選手よりも速い早替えでハビエルマンに変身。この速さ尋常じゃない。しばらく演技したあとマントを2つに分けて演技。すごい。お父さんステップから3Tもきっちりやったと思ったら、リンクサイドから出てきたLチャップリンに水をかけられます。それでもめげずエアロビパート。すごい動きだ。これだけ踊れるという技術を存分に見せつける。間違った形で。高速スピンでフィニッシュ。すばらしかったです。近頃なかなかない、歴史に残るおもしろエキシ。オマエもチャンピオンの、王者の1人なんやで。

ここで整氷。ハビエルマンのあと始末もこのタイミングならばっちりだね!

韓国の女子シングルジュニアスケーター2人、イム・ウンス、ユ・ヨンが2人で滑る。この2人ものちに大きくなって登場するんかなあ。というか2人とも韓国選手権で優勝してるらしい。チェ・ダビンもうかうかしてられないですね。

韓国のキム・ギウン&アレックス・ガン・チャン・カム。「アイ・アム・ザ・ベスト」。うかれ五輪サングラスからスタート。グループ3リフトもしっかりやってます。そして盛り上げてました。経験積んでいってほしいですね。

宮原知子。ナナ・ムスクーリ「恋のアランフェス」。試合の時のようなスピード。2Aからコンビネーションスピン。見事dせうねー。キャメルスピンも試合と同じ。3Loも流れがいい。ステップはメリハリが効いてるし、2Aからレイバックスピンでフィニッシュ。普通にコンビネーションジャンプ入れるだけでSPですね。すばらしかったです。その努力の積み重ねでまだまだ強くなっていくんでしょう。

カナダのデュハメル・ラドフォード。ビリー・ジョエル「ピアノマン」。いすを使った演技から。これも雰囲気がある。いい演技です。3SThやグループ5リフトもつねに笑顔で。スパイラルやペアスピンもきれいなポジションです。エキシでもたんなる演技を超えたメッセージや物語を生み出せるのがこのペアです。グループ3リフトもほんとに美しい。ペアでしかできないStLiから最後はまたいすに戻ってフィニッシュ。ほんとに2人がいっしょにいてくれてよかったと思わせます。

中国の金博洋。だいたい想像がつくとおり「スパイダーマン」。3Lz、3Aと高度なジャンプを入れながらも、とても楽しそうに踊ってました。こんな金博洋はじめて。シットスピンからコンビネーションスピンとみせます。そして大きなステップ。元気にのりのりで。かっこよかったです。こんな演技できるとは。見直しました!

フランスのパパダキス・シゼロン。ビヨンセ「プレイ・ユー・キャッチ・ミー」。自分たちで振り付けたそうです。またアーティスティックなプログラムですねー。ただのSlLiじゃない、エキシならではのリフト。StLiも安定してきれいです。CuLiもRoLiも一度下ろせるから芸術性が高まる。すばらしい演技。見入ってしまいました。

OARのエフゲニア・メドベデワ。「ククーシュカ」。これはかっこいい衣装できましたね。パンツで演じるの初めてみた。キレのある動きから3S+3Tを決めてきています。3LoからI字スピンと気合い入ってます。そしてステップやスパイラルですごい感情をのせてきます。こういうエモーショナルな演技みたかった。手あげの3Sからレイバックスピンでフィニッシュ。かっこよかったです!こういうのもっとみたいわ。

イタリアのマルケイ・ホタレク。まさかエキシビション滑らせてもらえるとは。アクア「バービー・ガール」。いきなりStLiからノーハンドで頭だけで支える。無茶しやがって。そのあとジャイアント・スイング。またはげしめのやつでした。3LzThを跳んできます。リフトで場内を盛り上げるマルケイ。楽しめ楽しめ。どんどんいこうぜ。Dsではホタレクがパワーをアピール。オリンピックTシャツをきて、キャリーリフトからその場でローテ。パワーを見せつけてきます。なかなかやるな。さっきからぶんぶんまわしてきます。すごいな。最後はおちゃめにフィニッシュ。やるやん!どこまでも楽しませてくれる。

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。なんでこんな順番でジーが?「マイク・ドロップ」。ボクシンググローブで登場。どしどし踊ります。なにしろ自分で振り付けできますからね。ダンスも音楽によくあわせてますね。3Sから衣装チェンジ。これもよく研究してます。MVにインスピレーションを得たらしいけど、さすが研究熱心。激しいSlStでフィニッシュ。やりますね!さすがジーです。覚えておいてくれ!上にはこんかもしれんけど!

カナダのヴァーチュー・モイヤー。トラジカリー・ヒップ「ロング・タイム・ランニング」。すごいいい雰囲気。StLiだけですごいポジションチェンジ。散るアウトするような序盤。CuLiもバランスが難しそう。CiStは2人の関係性を映し出すような。SlLiもしっかりアピール。かっこいいCuLiとかあるけど、今回は2人のあゆみを表現したような。とてもリラックスした滑りでした。あれだけがんばったんだから、この場は2人だけのために滑ってもいいと思います。

OARのアリーナ・ザギトワ。でたー!虎だー!!阪神ファン歓喜!曲は六甲おろし、じゃなくて「アフロ・ブルー」。すごい柔軟性と踊る力。そして3Lz+3Tをさらっと跳んできてます。すごいわ。でも体の線がよくわかる衣装だから余計にキャメルスピンの強さが伝わってきますね。そんなダンスしながら3F。とても難しいステップから3Lz。これだけの能力を備えた15歳。I字スピンもほんと美しい。かっこよかったです。

羽生結弦。最後はスターに締めてもらいましょう。イル・ヴォーロ「ノッテ・ステラータ」。最初の一滑りで邪悪な存在がすべて消え去った。高速ツイズルが炸裂。歌に合わせたイナバウアーももはや神事の領域ですね。コンビネーションスピンの回転の速さ。様々なポジションをよどみなく。本当にエッジがきれい。どこまでも滑っていく。すっごいでかい1A。跳び直して3A決めた。そしてスパイラルのような神聖なポジション。最後はシットスピンでフィニッシュ。この人があちこちで滑っていったら世界は平和になるんじゃないだろうか。スケートで邪気を祓えるのはハニューだけでしょう。まさにスターでした。

最後は全員で。ペアの6組が全員でリフト。アイスダンスカップル全員でStLi。男女シングルはそれぞれの技。全員で踊りました。最後はスターのもとにみんなが集まって終わり。おもしろかったです。

やはりエキシビションは独自のおもしろさがありますね。フィギュアスケートだけのおもしろい、そして貴重な演技の時間。堪能しました。