Archive for 11月 2018

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 NHK杯(3):女子シングルFS

昨日気づいたのですが、トゥクタミシェワがサザンの曲にすごいしっくりくることに気づきました。熟女だからかな。

  • TSUKTAMI
  • JUKU(YOU的に)
  • トゥクタ☆ミ☆シェバンバ
  • 愛のトゥクタミ
  • 真夏の熟果実
  • トゥク トゥク(あの時代を忘れない)
  • メリケン熟女は涙のリーザ
  • そんな熟女にだまされて
  • Oh!トゥクタミシェワ
  • ごめんよ僕が熟女だった
  • OH! FIGURE QUEEN~冬の熟女様~
  • いなせな熟モーション

NHK杯は女子シングルFSです。たのしみです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、NHK杯、女子シングルFS。実況は浅井さん、解説は荒川姐さん。

オーストラリアのカイラニ・クレイン。「素敵なあなた」ほか。3Fは回転が足りない気味か。3Lz+2Tは成功。ジャンプ跳ぶタイミングがちょっと遅い感じしますね。3Loはコンビネーション予定だった。2Aを決めてコンビネーションスピンはいいポジションとれてますよ。3Lzはかっこいい降り方でしたが回転不足。3Lo+2Tは成功。コンビネーションをリカバーしてます。コレオシークエンスはなかなかいいスパイラルできてます。2Aからコンビネーションスピンにステップは「シング・シング・シング」です。よく動いてますがスピードがもっとほしいですね。丁寧重視。シットスピンでフィニッシュ。がんばりました。まだまだのびていきそう。154.22。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「ミッション・インポッシブル2」より。3Lz+3Tをしっかり決めてスタート。いい入りです。いつも最初はジャンプうまくいかない感じでしたが。3Fはなんとか。スピード出していって。3Lz+2T+2Loは最後に手をつきました。無理しなくていい。2Aからシットスピン。脚が長いのにがんばって低くいってます。ステップは大きな動き。2A+3Tを跳んできました。今日はジャンプいいですね。コレオシークエンスも動きが大きい。すばrさいいです。3Lzも決めた。3Sも決めてジャンプ終わり。キャメルスピンから最後はレイバックスピンでフィニッシュ。今日は出来よかったですね。決める優先でした。162.58。

アメリカのコートニー・ヒックス。チャイコフスキー「くるみ割り人形」。いい滑り出しから3F+3Loを決めてきました。回転足りてるといいな。3Tも流れに乗ってます。キャメルスピンはドーナツの回転が安定。成長してますね。ステップは滑りは丁寧なんですがもっとスピード出さないと。2S+2A+SEQになりました。3Lz+2Tはいいジャンプ。コンビネーションスピンはレイバックポジションに。3Lzはダブルに。ここから1.1倍になるのに。3Fはイーグルから。2Aを決めて、コレオシークエンスはいいイナバウアー。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプの抜けが残念ですがいいところも存分に出しました。178.07。

マライア・ベル。ルドヴィコ・エイナウディ「希望の扉」ほか。いい滑り出し。2A+3Tから入りました。いい助走ができてましたね。3Loは成功。あぶないかと思ったらいけました。コンビネーションスピンはさまざまなポジションで速度の変化をつけてます。おもしろい。3F+2Tからコンビネーションスピンもう1つ。これはうまい。ベルの武器ですよね。逆にどんどんステップでもう少し進んでいきたい。2Aから3Lz+2T+2Loを決めました。いいぞ。3Fも慎重に決めて3Lzも成功。ジャンプそろえました。コレオシークエンスはアピール力あります。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。これはいい演技できました。ノーミスでできて大喜び。198.96。

ロシアのマリア・ソツコワ。ガーシュウィン「サマータイム」。3Lz+3Tは手上げで成功。3Lo+2Loもスムーズにいけました。これはいい流れ。ステップは悪くないんですが、でも前あったいいところが消えてる感じがする。どこかといわれるとわからないんですが。2Aからコンビネーションスピン。てきぱき。2Aから、2F+1Eu+3Sになりました。ジャズを単調に滑ってる。3Fは転倒。3Loはいけました。キャメルスピンはさすがのポジション。スパイラルからレイバックスピンでフィニッシュ。新しいソツコワになる前の試行錯誤と思いたいです。176.99。しょんぼりせんでええんやで。

アメリカのアンジェラ・ワン。スーザン・ボイル「悲しみのクラウン」。ワンもこの曲好きなんだそうです。3Fはステップアウト。3Lzもダブルに、いずれもコンビネーションにできず。3Tも手をつきました。ジャンプはよくないですね。2A+2Tでのっていこう。シットスピンはさすがの出来。回転も速い。つなぎ部分の縁起もいい。コンビネーションスピンは安定してます。持ち味ですね。3Fは回転が足りず転倒。このへんで苦しんでます。3T、3Sはいけました。ステップはスピードがなかなかでないですね。でも最後はキャメルスピンでフィニッシュ。ジャンプが課題ですが持ち味のスピンはさすがでした。159.36。

韓国のイム・ウンス。後半グループです。「シカゴ」より。いい滑りしてます。3Lzはエッジ深いですね。3Loは入り方もかっこいいです。3Sはすごい軸が傾いて転倒。あぶない。振り付けはかわいいのに表情がないのが気になります。これからでしょうか。コンビネーションスピンもポジションチェンジがスムーズ。3Lz+3Tはセカンドでタッチありましたか。2Aから3F+2T+2Loは決まりました。2A+2Tからレイバックスピン。手足が長いです。ステップはがんばってます。ちょっと疲れたか。がんばれがんばれ。キャメルスピンでフィニッシュ。がんばりました。これからもっとよくなりそう。196.53。でも誰も笑顔見せない。

紀平梨花。すごい強力な構成で臨むFS。がんばってほしいです。ジェニファー・トーマス「ア・ビューティフル・ストーム」。地球の誕生がテーマだそうです。壮大だ。3A+3Tを決めてきました!すごいな。回転足りてるといいな。でもすごいジャンプ決めました。3Aはばっちり。しっかりまわってます。いい入り。3Loは手上げ。そういうのもできるんや。ばっちりの入り。コンビネーションスピンはたくさんのポジションをスムーズに。ステップはエッジが深くていい滑りです。いいぞ。上半身と連動してるし。3Lz+2Tはセカンドで手上げ。滑りもなめらか。3Fも成功。レイバックスピンはほんとにスムーズにポジションチェンジできます。3Lz+2T+2Loも決めた。シットスピンからコレオシークエンス。この動きもダイナミック。3Sでジャンプ終わった。そしてフィニッシュ!やりましたね!SPの悔しさも晴らすに十分のばっちりの演技!3A2つはすごいです。わーい。224.31!ひゃーすごい!

ロシアのアリョーナ・レオノワ。映画「レジェンド・オブ・ゾロ」より。さすがいいスピードで滑ってきます。3T+3Tは質が高いですね。2Aもいい。そしてつなぎ部分を印象的に演じてますね。3Lzも跳び終わりがいい。2Aからキャメルスピン。できることをしっかりやってます。コレオシークエンスをここでもってきてますね。かっこいい。3F+2Tを決めて後半。3F+2T+2Loと音楽に乗せてテンポよく決めてる。3Sは手をつきましたがなんとか。コンビネーションスピンも音楽表現。そしてステップ。かっこいいステップです。テーマ表現と曲の解釈。しっかり考えてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やりましたやりました。すごいおもしろかったし見応えありましたよ。194.15。

三原舞依。「ミッション」より。3Lz+3Tは成功。着氷がなめらかですね。ここでコレオシークエンス。いいスパイラルから2Aもすばらしいです。いい流れを作ってますね。3Loも決まってますがこれからスピード上げていきたいですね。コンビネーションスピンも丁寧に。三原はちゃんと表情作れます。3F、2A+2Aを決めてきます。シットスピンは手早く。3Lz+2T+2Loも決めました。ジャンプは決まってるんですが。3Sは手上げ。ステップはさっきより速く滑れてる。普段からこれくらいいきたいですね。コンビネーションスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。堅実な演技はできたんですが。204.20。やっぱり攻めていきたかった。

誰かリンクにいた虫を拾いに来た。勇者や。

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。期待の若手に勝てるのは熟女だけだ。カロ・エメラルド「ユー・ドント・ラブ・ミー」ほか。3Aはオーバーターン。でも回ってますね。3Lz+3Tはばっちりですね。高さもありました。3Lzといいジャンプですがもうちょい勢いを出していきたい。レイバックスピンはいいポジションです。熟女タイムでしっかり表現。ステップは存分に熟女演技でアピールします。ゆっくりなのに見応えがある。演技と一体となった熟女感。2A+3Tは余裕あります。3Loもスムーズ。3Sは跳び終わりもかっこいい。うまいリカバーです。そして熟女イーグルで会場を盛り上げます。もっと盛り上げなさいよ!的な。すばらしい。2A+2T+2Loを決めて、ポジションばっちりのシットスピンから、回転速度に変化をつけたコンビネーションスピンでフィニッシュ。堪能できました。でも今日は少し守りに入ったかもですね。219.02。うーんちょっと届かないか。

宮原知子。安定感で打ち勝ちたい。「ブエノスアイレスの冬」。3Sからスタート。スピードあります。3Lz+3Tも決まりました。しっかり質の高い演技してます。コンビネーションスピンは両回転。このコントロール感。3Loからキャメルスピン。軸ばっちり。ステップはきれいなエッジに洗練された振り付け。鍛錬だけが可能にする演技ですね。3Lzも流れがある。2A+3Tは回転のキレがありますね。コレオシークエンスでは大きなスパイラル。ステップからの3F+2T+2Loもぽんぽんと。2Aの跳び終わりもいい。レイバックスピンでフィニッシュ。ばっちりばっちり。すばらしかったです。でも219.47。あー届かんかったかー。

○最終結果:(サザンオールスターズの曲的に)
1. いとしの紀平
2. 勝手に宮原
3. TSUKTAMI
4. 三原の海岸物語
5. ベル・スペシャルII
6. ミス・イム・ウンス・デイ

紀平が優勝しました。2位3位はあると思いましたがまさか優勝とは。3Aの力ですかねー。もちろん他のところが全部いけてたのも勝因ですかね。2位は宮原。滑りは完璧だっただけに悔いはないとは思います。僕は宮原優勝でよかったような。熟女は3位。熟女は順位にこだわらないのです。熟女か熟女じゃないか、それが問題なのです。ファイナル出られるといいのですが。三原は4位。滑りは悪くなかったです。ベルが5位。しっかり順位をあげてきました。アメリカのエースになろう。イム・ウンスはまだのびていきそう。

大相撲11月場所2018:2日目

僕こういうことあまりないんですが、昨日は突然大学時代の先輩と友達にのみにいこうといわれまして。いってきたマイク松ですこんにちは。今あの人は何してるんだという話題だけですごくたのしかったです。

九州場所は2日目。でかい人たちがぶつかるだけでそうとうおもしろいです。

2日目。実況は三瓶さん、解説は正面が鳴戸親方、向正面が甲山親方。

荒鷲×琴恵光。琴恵光が幕内で。琴恵光がもろ差しに。荒鷲小手投げにいきますが、琴恵光が寄り切りました。琴恵光はご両親がきてるみたい。

千代丸×明生。千代丸が右を差して出たのですが、明生が思い切った小手投げで逆転しました。地元なので大歓声。

千代翔馬×大奄美。大奄美もご当所ですね。左四つから千代翔馬が上手を取りました。しかし上手が切れて大奄美が逆襲。しかし千代翔馬残して蹴返しで仕留めました。タイミングがよかったですね。

大翔丸×隆の勝。当たってすぐはたきにいった大翔丸。隆の勝中に入ろうとしましたがはたかれてしまいました。

碧山×阿武咲。碧山もろ手から引きに行きますが、阿武咲がしっかりついていって押し出しました。いい立ち合いと甲山親方。

遠藤×隠岐の海。遠藤いい立ち合いで押し込んで最後は突き押しから押し出しました。オッキー兄さん何もできず。完敗!(乾杯的に)

佐田の海×千代の国。佐田の海前まわしから一気に出ました。千代の国もまわしをとりますがその前に寄り倒されました。佐田の海もご当所なんですが、関取として地元で勝ち越したことはないらしい。

豊山×大栄翔。大栄翔立ち合いから押し込みますが、豊山も残して逆襲。押していきますが大栄翔が土俵際で突き落としました。豊山いい相撲だったんですが。

勢×琴奨菊。菊は地元でがんばりたいですね。前まわしから左四つになった菊が寄り切り。自分の形になりましたね。

宝富士×松鳳山。松鳳山突き押しとのど輪で攻めます。そして中に入って、まわしを宝富士にとられないようにしながら最後は押し出し。松鳳山も地元で負けられない。

あれ…?なんか九州の力士増えてない…?

貴ノ岩×阿炎。阿炎がどんどん押して押し出し。貴ノ岩も最初に起こされてしまいました。

輝×朝乃山。輝が右四つからつかまえにいきましたが、それは朝乃山に有利。肩越しの上手から上手投げで仕留めました。初めて輝に勝ったらしい。

正代×千代大龍。千代大龍が一気に押し出し。相手が引くのを待ってるとわかるとこうなるんですよね。

嘉風×竜電。頭で当たって押し込んだ竜電、そのまま寄り切りました。嘉風も当たりでは負けないのに今日は押し込まれてしまいましたね。なんでやろ。

御嶽海×玉鷲。御嶽海中に入っておっつけて攻めます。玉鷲の手がのびる前に距離を詰めましたね。寄り切り。

栃煌山×逸ノ城。もろ差しにいく栃煌山に対して圧力で攻める逸ノ城ですが、栃煌山の引き落としがきれいに決まりました。キレありましたね。

豪栄道×貴景勝。貴景勝いつもの微妙な間合いをとっていきます。ゴーエードーも攻めようと出たときにタイミングのよい突き落としに落ちました。貴景勝のあの不思議な取り口、結構今場所は聴いてますね。

錦木×栃ノ心。栃ノ心しっかり当たっていなしからまわしをとって寄り切りました。立ち合いでまわしをとる感覚がまだいまいちですが、やるべきことはわかっているようですね。

北勝富士×高安。北勝富士の押しとおっつけをなんとか受け止める高安。いなしがきいてぐらっとしましたが、北勝富士が出たところを逆にはたき込みました。攻められっぱなしでしたがなんとか。

稀勢の里×妙義龍。キセさん連敗はしたくない。妙義龍左四つになりました。キセさんの上手をブロックしてもろ差しに。とにかくまわしをやらないようにしながら、小手投げもしのいで寄り切りました。なんとか勝てました。よかった。ってキセさーん!!連敗やん!!

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 NHK杯(2):男子シングルSP

映画「ベイビードライバー」の冒頭にかかるベルボトムズが大好きなので、誰かこの曲で滑ってくれないかなあと思っている富井です。でも、編集が難しいからむりかな。あの曲でステップシークエンスとか痺れるよ。
解説はホンダバンことホンダバン、実況は船岡さん。

アメリカのアレクサンダー・ジョンソン。
なのに、録画がない。ライブでもカットされている。シングルなのに全員放送しないなんて・・・まさかBS朝日の方がいいと思う日が来るとは思いませんでした。アレクサンダー・ジョンソン、優勝して欲しいな。

佐藤洸彬。「Too close」4Tは転倒。3Aはステップアウト。キャメルスピンはOK。3Lz+2Tになってしまいましたがコンビネーションには出来ました。ステップシークエンスはアピールが上手いですね。俳優さんみたい。シットスピンはかっこいい。コンビネーションスピンも回転が速いしポジション変化もいい67.38。

山本草太。「G線上のアリア」3Aは降りた後にすっと流れる素晴らしいジャンプ。キャメルスピンもポジションが美しい。シットスピンも回転が速い。3Lz+2Tは途中で手をついてしまいました。3Fは成功。ステップシークエンスも荘厳なメロディとよくあっています。コンビネーションスピン。も独創的なポジションもあっていいですね。ジェフリー・バトルみたい。74.98

カナダのケビン・レイノルズ。「幻獣の街」4S+3Tは最初が両足だったでしょうか。3Tは跳ぶ前にちょっと迷ったような感じ。しかし、3Tは2回目なので繰り返しになってしまいます。3Aも両足着氷。ステップシークエンスは軽快でいいけどな。アップライトスピン、キャメルスピンとコンビネーションスピン、3つのスピンが続きます。うーん、ちょっと思うようになりませんでしたね。でも、日本に来てくれてうれしいよ。61.14

ウクライナのヤロスラフ・パニオット。「ロミオとジュリエット」3Fは4回転の予定だったようです。4T+3Tは高さがありました。キャメルスピンもOK。慎重すぎて1Aになってしまいました。シットスピンもまずまず。ステップシークエンスはもうちょっとスピードが欲しい。コンビネーションスピンはポジションが面白いですね。68.59

韓国のイ・ジュニョン。「エターナリー」3Aは高さはあったのですが転倒。3Loも転倒。軸が傾いてしまっていました。キャメルスピンはOKです。3F+3Tは成功。シットスピンはポジションが面白いですね。ステップシークエンスは途中、演歌歌手のようなところもあり、エンターテナー性があります。コンビネーションスピン。もOK。最後のポーズがかわいい。66.16

アレクサンダー・ジョンソン、ここまでの2位じゃないか!何故放送がない!!

イタリアのマッテオ・リッツォ。「ヴォラーレ」3Aは成功。3Lzはバランスを崩してコンビネーションジャンプになりませんでした。キャメルスピンは回転がきれい。ステップシークエンスはスケートが伸びますね。ステップに入ると「そういえばこの人、上手だよね」といつも思います。忘れないぐらいのプログラムが欲しい。3F+3Tとここをコンビネーションジャンプに。シットスピンの回転も速い。コンビネーションスピンはまずまず。ちょっとトラベリングがありましたかね。77.00

ラトビアのデニス・バシリエフス。「Papa was a Rollin’ stone」黄色のパンツが鮮やか。軽快なスケーティング。上手くなってる。3Fは高さもあっていいジャンプ。3Aも幅が合って美しい。思わず歓声が上がるシットスピン。上手。ステップシークエンスも素晴らしい。曲とあってます。そこここにランビエールの香りが。3Lzはコンビネーションに出来ませんでした。残念。キャメルスピンも面白い。もうちょっと背中が柔らかければ。コンビネーションスピンはこれも素晴らしいスピン。かっこいい。ああああ、コンビネーションジャンプが残念だった。あれが入っていればSP3位以内に入りそうでした。72.39

アメリカのビンセント・ジョウ。「エクソジェネシス交響曲第3番」高さのある4Lz+3T。素晴らしい。4Fもできるけど3Fにして成功。シットスピンもいい回転ですね。キャメルスピンもOK。3Aはまずまずかな。ステップシークエンスは曲に合ってて優雅ですが滑りの緩急があればもっとすてきになるのにな。コンビネーションスピンも破綻なく。流れのあるプログラムでしたね。75.90

ロシアのドミトリー・アリエフ。「モディリアーニの組曲」4Tは幅のある美しいジャンプですね。加点がたくさんつく。3Aは転倒。残念。キャメルスピンも手が優雅。曲の盛り上がりを待つけどなかなか盛り上がらない。と思ったらまた静かに。3Lz+3Tも流れのあるいいジャンプ。ステップシークエンスも優雅だけどスピードが欲しいなあ。コンビネーションスピンは途中ちょっとバランスを崩しかけたけど持ち直しました。シットスピンもOK。81.16

宇野昌磨。「天国への階段」4Fはギターのひずん2.だ音まで合わせる細かさ。4Tは回りすぎてコンビネーションジャンプになりませんでした。キャメルスピンは回転が速い。シットスピンも回転速度が素晴らしい。イーグルからの3Aもパーフェクト。ステップシークエンススピードの緩急が効いていて見ててうきうきします。ツイズルも上手。コンビネーションスピンも素晴らしい。転倒はしたけどやっぱりすごいですね。山田先生がうれしそう。NHK杯にでてくれるといいですね。92.49

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。なんか衣装が微妙に違っている気がします。ラフマニノフ「前奏曲ト短調」4T+3Tは素晴らしい高さ。衰えがないですね。3Lzは慎重に行ってやや高さがありませんでしたが成功に違いありません。キャメルスピンもOK。高さのある3Aも美しい。シットスピンを無難にこなしてステップシークエンスは迫力があります。そうだ!すべてをぶつけて!コンビネーションスピンも最後のポジションが面白いですね。ノーミス!吠えています。ボロノフすごい。これでこそディフェンディングチャンピオン。あまりの盛り上がりにコーチも半笑い。91.37

○SPを終えての順位(B’zの曲にちなんで)
1.宇野のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
2.ボロノフのKomachi Angel
3.さまよえる蒼いアリエフ
4.裸足のマッテオ
5.ジョウス
6.ウルトラ草太

1位の宇野は転倒してもそりゃそうですよ、という出来。でもグランプリファイナルではノーミスして欲しいですね。2位のボロノフは最高の一言。連覇・・・は無理でも連続表彰台はある。アリエフに抜かれないで。という3位はアリエフ。期待の若手は期待の若手通りの活躍。

4位のマッテオはいいんですよね。ジャンプがきちんと入ったらなかなかの順位につけそう。5位のビンセント・ジョウは去年に比べるとなんか元気がないですね。凌ぐ年になるのかも。そして6位に山本草太。フリーも美しさを堪能させて欲しいです。

大相撲11月場所2018:初日

ワイルドライフですごいおもしろいマヌルネコをみたマイク松ですこんにちは。めっちゃかわいいので再放送ぜひみてください。このあともう1回みます。

さて、いよいよ九州場所が始まりました。1年納めの場所ですが、たぶんいちばんチケットがとりやすいと思うのでみにいってください。今日は初日です。

初日。実況は佐藤さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

白鵬と鶴竜に続いて魁聖も休場。魁聖は再出場あるかもとのこと。

矢後×千代丸。矢後が幕内で。突き押しあいになります。なかなか勝負がつかず双方へとへとになりますが、なんとか矢後が突き落としました。でも千代丸もしっかり突き押してよいと北の富士さん。

大奄美×荒鷲。ぱっとまわしをとった大奄美が荒鷲の動きを止めて寄り切りました。

明生×大翔丸。明生がもろ差しから寄り切り。速攻相撲がききました。

千代翔馬×隆の勝。隆の勝も初日がんばりたかったところでしたが、タイミングのいい千代翔馬の引き落としが決まりました。

阿武咲×遠藤。遠藤の調子はどうだろうか。阿武咲いい立ち合い。先手先手で押していって最後は押し出し。遠藤は防戦一方でしたが、調子が悪いというより阿武咲がよかったですね。

碧山×隠岐の海。オッキー兄さん登場。先場所ハチナナの。差した碧山が一気に寄りますが、まわしをとってしのいだオッキー兄さんが逆に寄りきり。今日はまわしとれましたね。こんなにさい先よくていいんかな。

千代の国×豊山。はじけるような当たりから中に入って右上手をとった千代の国がしっかり寄り切り。豊山も後手にまわりましたねー。千代の国の速攻。

佐田の海×大栄翔。大栄翔が突き押していきますが、佐田の海がかいなをたぐって崩し、最後は送り引き落とし。よく見えてますね。

琴奨菊×宝富士。ご当所の菊、しっかり勝ちたいですね。立ち合いは一度不十分のあと、左四つから出て行く菊。上手をとりたい宝富士でしたが、それを許さず寄った菊が寄り切りました。大喜びの地元。

勢×松鳳山。勢の出足を松鳳山が引いて引き落としました。初日からいまいちの取り口。

阿炎×輝。阿炎の突き放しを余裕を持って受け止めた輝、いなしから逆に押し出しました。阿炎は輝のような相撲がとりたいんですよね、いいときの。

貴ノ岩×朝乃山。貴ノ岩もここまで戻ってきました。右四つ左上手がっぷり。朝乃山が先に寄りますが貴ノ岩が残しました。朝乃山がまた寄って今度は返しの上手投げが決まりました。貴ノ岩もよくしのいだのですが。

千代大龍×嘉風。引くのを待っていた嘉風、思惑通り千代大龍が引いたところを一気に出て寄り切り。計算通りですね。

正代×竜電。もろ差しを狙うマサヨ。竜電も両上手でしのぎます。マサヨの下手投げを返そうとしましたが、強烈でしのぎきれませんでした。マサヨもこのあたりでしっかりがんばっていかないとですね。

錦木×逸ノ城。錦木が右差しから寄っていきますが、土俵際で左上手をとった逸ノ城が逆襲で寄り切り。錦木は立ち合いよかったんですが。

御嶽海×栃煌山。出直しの御嶽海、またがんばりたいですね。強烈な立ち合いから突き起こす御嶽海。いけるかと思ったら土俵際で栃煌山のすくい投げが決まって御嶽海が土俵から飛び出しました。あのへんはさすが栃煌山スキル。決まり手突き落とし。

玉鷲×栃ノ心。初日からいい取組。玉鷲立ち合いから押し込んで一気に押し出し。やりましたね。栃ノ心は立ち合い失敗。一気にやられてしまいました。それにしても玉鷲の押しがよかった。

妙義龍×高安。妙義龍まわしをとりにいきますが、高安落ち着いて押し込んで寄り切りました。妙義龍中に入れませんでしたね。いいところでとってるだけにがんばりたい。

豪栄道×北勝富士。北勝富士も初日から大関戦。でたゴーエードーの待った。北勝富士いい形で押しといなしを繰り返しますが、ゴーエードーが前まわしをとって押し出しました。北勝富士いい当たりではありました。

稀勢の里×貴景勝。2横綱休場でオレの時代にできるか。キセ張り差しにいきますが、貴景勝の突き押しのペース。キセさん攻めないと。圧力はかけていきますが、貴景勝の突き落としをくらってしまいました。あらー。そういえばプロビデンスの第二法則のことを忘れていました。

プロビデンス + 優勝のプレッシャー = 自縄自縛

優勝のことを考えないでキセさん。まわりはいろいろいうけど、ゆうしょー?何それ?的な戦略的アホになるのじゃ。とはいえ貴景勝も所属が変わって考えるところもあるだろうし。がんばりますよね。「毎日力を出し切れればそれで十分」とのこと。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 NHK杯(1):女子シングルSP

サザンブームがやってきて、DVD買ってみているマイク松ですこんにちは。すさまじいエンターテイメント性。曲のつなぎ方も工夫あります。

さて、やっとNHK杯みることができます。年に1度のたのしみ。期待の選手も出てるみたいですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、NHK杯、女子シングルSP。実況は浅井さん、解説は荒川姐さん。よろしくお願いいたします。

ロシアのアリョーナ・レオノワ。このロシア全盛の中で、まだNHK杯に出られる選手であることがうれしいです。ノクターン「別れ」。3T+3Tを決めてきました。いいじゃないですか!決めるのが大事。つなぎ部分もがんばってます。2Aも流れありました。キャメルスピンは軸安定。堅実です。3Fもステップからしっかり決めてジャンプそろえました。レイバックスピンも軸がしっかりしてます。ステップは部分の感情表現もできてる。コンビネーションスピンはI字スピンでフィニッシュ。68.22。よっしゃー!!いい演技できました。レオノワはわりとSPは明るい曲もってくることが多かったんですが、しっとりにしたのがよかったんだろうか。

アメリカのコートニー・ヒックス。アンバー・ラン「アイ・ファウンド」。3F+3Loは間にターンが入りました。まずまず。レイバックスピンはポジションいいですね。きれいにできた。2Aは問題なし。キャメルスピンは回転速度上げてきました。いいぞ。3Lzも成功。ステップはよく体が動いてる。わりとステップは得意な印象。コンビネーションスピンはおもしろいポジションもいれてフィニッシュ。上々ですね。59.10。

というかNHK杯の映像ものすごいきれい。さすが。

アメリカのアンジェラ・ワン。NHK杯ははじめて。ケシャ「プレイング」。3F+2Tは3-3じゃなかったですがまずまず。3Loは斜めになりましたがなんとか。キャメルスピンは回転速いですね。いいスピン。ステップはぐんぐん滑ってます。勢いがある。2Aも成功。コンビネーションスピンはポジションチェンジがスムーズ。レイバックスピンでフィニッシュ。スピンは得点源のようですね。上々です。いけてる。60.82。

紀平梨花。16歳です。3Aが持ち味。ドビュッシー「月の光」。でもわりと振り付けの部分もきれいに踊れてます。3Aはまわってたのですが転倒。おしい。スピードがあります。3F+3Tはしっかり決めました。シットスピンはきっちり安定。決してジャンプだけの選手じゃないみたいです。ステップからの3Lzは両手あげ。いいジャンプでした。コンビネーションスピンはI字ポジションがすばらしいですね。ステップは音楽表現がとても豊か。これはいいですね。レイバックスピンでフィニッシュ。ばっちりですね。3Aとかよりも別の才能が発揮されてました。これはのびていきそう。3A決まったらどうなるんやろう。美栄ちゃんがいるから大丈夫でしょう。69.59。転倒あってもレオノワを抜いたのか。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。今シーズンどうでしょうか。リアーナ「ステイ」。ジャンプには苦しんでいるらしいですが。3Fは回転軸が斜めになって転倒。3Lz+3Tはコンビネーションにしました。キャメルスピンはてきぱき。すぐコンビネーションスピンにつなげます。スピンは年々うまくなってます。ステップはどんどん滑ります。スパイラルを間にいれて、2Aは決まりました。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプがうまくいけばいいのですが。50.49。

オーストラリアのカイラニ・クレイン。「アルビノーニのアダージョ」。背中にへびっぽいものがついてますね。3Lo+3Loはセカンドで高さありました。2Aもしっかり。間の感情表現もいいし、コンビネーションスピンは回転速度がある。スピードのある助走から3Lzはまずまず。シットスピンからステップ。細かなステップをしっかりがんばってますね。レイバックスピンはすごい速かったです。いい演技できましたね。いい選手でてきました。58.21。いい点出たぞ。

アメリカのマライア・ベル。昨年もNHK杯きたそうです。セリーヌ・ディオン「トゥ・ラブ・ユー・モア」。早速2Aをスピードにのってきめました。いい入り。よく滑ってます。3Lz+3Tは無理にセカンドをつけて転倒。ルッツは跳べていたのにもったいない。コンビネーションスピンは各ポジションが明確でした。特にベルは得意です。シットスピンもてきぱきポジションチェンジ。3Fはしっかり成功。レイバックスピンは大きなビールマンへ。ステップは大きなエッジワークと曲の解釈をよくしている感じでした。あのジャンプだけでしたね。どんどんうまくなってます。62.97。

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。熟女演技が板につき続ける。「アサシンズ・タンゴ」。3Aは高さもあってすばらしいジャンプ。もうものにしているのか。3T+3Tもしっかり成功。今シーズンはいいですね。シットスピンは加速。レイバックスピンはポジションのメリハリがいい。このところの浮き沈みをプログラムに込めるとのこと。つまり熟女演技ですね。ステップからの3Lzはばっちり。高さもありました。熟女ステップはエッジワークのきれいさで表現してます。そして音楽の盛り上がりと切り替えも見事。コンビネーションスピンでフィニッシュ。見事見事。今シーズンは熟女のシーズンです!76.17。

韓国のイム・ウンス。15歳。シニアデビュー。映画「ある日どこかで」より。いいスピードから3Lz+3Tを成功。助走スピードをよくエネルギーにかえてますね。キャメルスピンはいいポジションです。163cmということで大きいんですね。ステップはゆっくりとした入りからスピードをあげてきます。加速するのが上手と荒川姐さん。イナバウアーから3Fも決まりました。イーグルから2Aとジャンプそろえました。レイバックスピンのポジションもいいです。目標はキム・ヨナだそう。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技できました。ノーミスが何より。69.78。

宮原知子。白い衣装が似合います。パトリシア・カース「小雀に捧げる曲」。3Lz+3Tはしっかり成功。安定してます。キャメルスピンはポジションチェンジしても安定。いい躍動感のあるステップからの2A。ばっちりですね。ステップからの3Loはバージョンアップさせたらしい。コンビネーションスピンはさすがいいですね。ステップはより曲に入り込んでいる印象。解釈が進んでますね。スパイラルにいくところいいです。レイバックスピンでフィニッシュ。ばっちりばっちり。安定感はそのままにドラマ性も出てきました。76.08。ぎりぎり2位。

ロシアのマリア・ソツコワ。おもしろげな衣装で出てきました。誰に作ってもらったんやろう。「フィーバー」ほか。ラテンミュージックにしてきました。3Lz+2Tはあぶないところでしたがなんとか。キャメルスピンは大きなスピン、シットスピンもしっかりこなします。そしてここからラテンのリズムに。結構がんばってラテンのリズムを入れてきたそうです。ステップから2Aはしっかり。ステップからの3Loも成功。いろいろ勉強するがんばりやさんなんですね。ステップはリズムをしっかりとらえてます。そのままレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技です。チャレンジ大事ですからね。シーズン終わりには完成しそうなプログラム。60.75。

三原舞依。映画「洋上のロマンス」より「イッツ・マジック」。いいスピードでてますね。3Lz+3Tはいいジャンプ。2Aは流れありました。落ち着いて滑ってますね。シットスピンは低い姿勢がクール。ステップからの3Fも決まりました。コンビネーションスピンはてきぱきスムーズ。ステップは片足で長く滑ってますね。リンクいっぱいに使ってます。レイバックスピンは回転が速いです。いい演技できましたね。ガッツポーズ。70.38。

○SP終わっての順位:(サザンオールスターズの曲的に)
1. TSUKTAMI
2. 勝手に宮原
3. 三原の海岸物語
4. ミス・イム・ウンス・デイ
5. いとしの紀平
6. レオノワ呼んでブギ

トゥクタミシェワがトップ。これまで不調でしたがやっと完調になったようですね。これはうれしい。熟女パワーでGPSを席巻してほしいです。宮原は2位。ぎりぎりなので上を狙っていきましょう。いけるいける。三原は3位。堅実な演技でした。イム・ウンスは偉大な先輩に続いていくためにキャリアを積んでいってほしいです。紀平は事前のイメージと違っててかえってよかったです。全然3Aだけじゃない。エースになれる器の気がしますね。レオノワは6位。全然負けてないですね。こうなったら上をどしどし狙っていって…とかいわずに、自分の演技だけしてください。

予告された敗戦の報告 week9 KC@ビリーブランド

フィギュアスケートグランプリシリーズ・フィンランド大会の羽生結弦のフリーを2度見ました。富井です。見た直後にもう一度見るとかこの4、5年記憶にないのですが、4T+3A+SEQの独創性、3A+1Eu+3Sのかっこよさにしびれました。やはりスターはすごい。

ということで、ニュースター・マホームズをホームにお迎えしたブラウンズの話題です。ブラウンズを毎週レビューしてますが、実はKCも毎週見てます。なので、このカードを知った瞬間頭をよぎったのは「この試合、する必要ある?」でした。どこをどう考えてもKCに勝てる気がしません。まあ、ペイトリオッツにもシーホークスにもラムズにも勝てる気はしないのですが。オーナーもそう思ったのか、この試合の前にヘッドコーチとオフェンスコーディネーターをクビにしました。臨時ヘッドコーチはディフェンスコーディネーターのグレッグ・ウィリアムスです。

さて、試合結果ですが(いきなりすみません)もちろん負けました。
それはわかっていたことなので、それはさておき、ブラウンズのオフェンスが劇的に良くなっていたのです。もちろん、チーフスが多少手を抜いていたというところはあるのですが、ショートパス、クイックスクリーンを多用してテンポ良く攻撃できているのです。ブラウンズと言えば、
1.メイフィールドがロングパスを投げようと時間を使いすぎてにっちもさっちもいかなくなり平行に走る
2.ロングパスを狙って失敗
3.RBに渡して3ヤードしか進まない
4.パント
がパターン化していたのですが、これがなくなったのです。ランもよくでるし。メイフィールドがさらに進化した感じです。課題としてはなぜか2ポイントコンバージョンをやり続けて3回連続失敗したことです。なぜ、やれないことをやろうとするのか・・・。ここで追いつかないと死んじゃうと思ってやるんならスペシャルプレーを用意して!
でも、不満はそのぐらい。今季2番目ぐらいに出来がいい試合でした(一番はニューヨークジェッツに勝ったWeek3)。来週が楽しみになりましたよ。

ここまでの成績、2勝6敗1引き分け

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 フィンランド大会(4):男子シングルFS

SONGSの御館様の回、スーパーおもしろかったマイク松ですこんにちは。「GOEMON」三浦大知との共演がすばらしかった。御館様の曲はいつもアーティストのよさを引き出してくれます。今ジャクソンの本領発揮。

今NHK杯やってますが、なんとかフィンランド大会までみました。これは絶対スキップできない。男子シングルFSです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、フィンランド大会、男子シングルFS。実況はカクザワさん、解説は織田信成将軍。

フィリップ・ハリス。コールドプレイ「フィックス・ユー」。3A+2Tからスタート。いいジャンプでした。3Lz+3Tは跳んだのですが転倒。イーグルからの3Aは手をつきました。キャメルスピンから2F+1Eu+3Sになりました。11シーズン目で初出場、しっかり実力を亜してほしいです。ステップでは大きな拍手。しかし2Loになったりしています。3Lz、2Aはなんとか決まりました。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。182.66。SPの貯金が効きました。

フィンランドのバルター・ビルタネン。ニーノ・ロータ「道」ST。4Tは手をつきましたがなんとか。3Loは本来はコンビネーションの予定。3Lo+3Tは決まりました。3Lzもなんとか成功。まずまずの序盤。キャメルスピンはいいポジションできてますね。ステップはなかなかおもしろな動きを入れてますね。チャップリンみたい。3Sは単独に。3Tも成功。ジャンプいけてますね。2Aはシングルになりました。シットスピンからコレオシークエンス。いいイーグルできてます。滑りは基本的に悪くないんだな。コンビネーションスピンでフィニッシュ。地元でしっかりみせられました。154.74。フリーはパーソナルベスト。

田中刑事。がんばれディティクティブ。「ウィリアム・テル序曲」より。昔信成さんもこれやりました。4Sは両手をつきました。悪くない。3Aもシングルに。これは痛い。2Tに次もなってます。犯人に逃げられちゃう!シットスピンで立て直そう。ステップはほんとによく動けてます。もはや大きな得点源になりますね。3Aは決まりました。いいぞ。3Lzは続けてコンビネーションにできませんでした。3F+2Tからキャメルスピン。大きな盛り上がる音楽から3Sを決めてコレオシークエンス。大きく盛り上げてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。悔しそうなディティクティブ。犯人には逃げられ気味ですがよくがんばりました。206.82。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。さっきのディティクティブに追いかけられた犯人みたいな血のついた衣装ですが、映画「ドラキュラ」なのです。3Lz+3Tからスタート。3A+2Tも決まってます。3Loも成功。これは前回よりいけてますね。今日は順番も悪くないしいける。コンビネーションスピンからステップ。まずまず滑れてます。つなぎ部分が棒立ちだけど弱っているのかな。2Aに続いて、3Aはステップアウト。キャメルスピンから立て直していこう。2Lz+1Eu+2Sになりました。うーん。コレオシークエンスから2F。シットスピンでフィニッシュ。前回のFSとは逆に後半に失速してしまいましたね。太陽の光で弱るとかいう演出なんかな。202.33。

アメリカのアレクセイ・クラスノジョン。「コロブシュカ」。3Aはキレあるジャンプ。というかまた実況がないぞ。トイレかな。3A+2Tもいけました。最初に難しいのは終わらせましょう。3F+2Tもしっかり。2Aと前半にジャンプを固めてますね。キャメルスピンはゆっくり。ステップは音楽に乗ったいい踊りができてます。足下はもっとがんばりたい。3F+3Loを跳んできました。だいじょうぶかな。3Lzとジャンプ決まってますね。がんばれ。3Sも決めた。コレオシークエンスはもうちょっとがんばりたい。コンビネーションスピン2つでフィニッシュ。ジャンプ決めてきましたね。ちょっと構成がいまいちでしたができることをやればいいですからね。211.03。がんばったがんばった。

韓国のチャ・ジュナン。「ロミオ+ジュリエット」。4Tをしっかり成功。助走スピードが足りないかなと思いましたが大丈夫でしたね。4Sは得意なはずでしたが転倒。3Lz+3Loも決めました。ステップはなかなかアーティスティックですね。おもしろいエッジワーク。スピードは抑えめですが。キャメルスピンはいいポジション。手の使い方がうまい。つなぎもがんばってる。コレオシークエンスから3A+2Tにつなげてます。3Aも決まりました。3F+1Eu+3Sも成功。3Loを決めてジャンプおわり。コンビネーションスピンはポジションかっこいいです。シットスピンでフィニッシュ。いい演技できました。243.19。いい点出ました。

ロシアのアンドレイ・ラズキン。このFSがんばりたいですよね。ラフマニノフ「前奏曲嬰ハ短調」。4-3に挑みますが2Tに。しょんぼり。4T+3Tは成功しました。いいぞ。3A+2Tは間にターンが入りました。キャメルスピンはうまく手を使ってますね。グッドです。3Aはオーバーターン。ステップに入ります。足下はもうちょっとがんばれそう。3F+1Eu+2Sを決めました。3Lzとジャンプ決まってきてます。3Loからシットスピン。レベル上げてますね。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん最初だけでしたね。全体としてよくまとめました。がんばった。218.22。

ロシアのミハイル・コリヤダ。いい衣装。「カルメン」ですね。4Sは転倒。うーん。4Tは転倒もかっこいい転倒。3A+2Tは決めました。シットスピンは安定感ある。さすがです。コレオシークエンスというかコリヤダ大きくなりましたかね。3Aは成功。3Loの前後の動きもよくつけてますね。3Lz+1Eu+2S、3Lz+2Tと決めてますね。ステップはところどころあぶなそうですが大丈夫かな。キャメルスピンはドーナツで加速。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん点が取りきれませんでしたね。あと曲のつなぎ方が雑ですがロシア伝統ですからしょうがないです。238.79。

中国の金博洋。映画「トーク・トゥ・ハー」より。四回転を4つ入れてるらしい。すごいな。4Lzは壁に近かったですが成功。でかいです。4Sは転倒。4Tは転倒でコンビネーションにならず。助走スピードがでてないんですね。キャメルスピンからステップへ。エッジが深くていいですね。4T+2Tはあぶないところでしたがなんとかかんとか。3Aでも転倒しました。これは痛い。3Aはステップアウト。結構詰め込みすぎなんかもしれんですね。3F+3Tはうまくいきました。シットスピンからコレオシークエンス。バレエジャンプ高い。そのままフィニッシュ。今日はジャンプ決まらない日でしたね。完成したらすごいことになりそう。227.28。

羽生結弦。今年のFSは「アート・オン・アイス」ほか。4Loはなんとか降りました。あぶない。でも4Loですからね。かっこいいイーグルで持ち直し、4Sはビューティフルな出来。コンビネーションスピンはまた難しいポジションです。ステップは音楽をしっかりつかみながら、チェンジオブペース、エッジワークとしっかり追求してます。3Loは難しい入り。4Tも着氷でリカバー。すばらしい。そして4T+3A+SEQに挑戦してなんとか決めました。まじか。3F+3Tも気を抜かずしっかり成功。3A+1Eu+3Sも決めてジャンプ終わり。コレオシークエンスはイナバウアーでも沸かせます。コンビネーションスピン2つでフィニッシュ。決めポーズもスターすぎる。すごいわー。今日はスピード抑えめでしたが、これ決めるだけで十分でしょう。フラワーガールはモップ使っていいと思う。297.12。今シーズン世界最高得点。これは300点見えてますね。

チェコのミハル・ブレジナ。ブレジナもわりと順番悪いですよね。スペンサー・デイヴィス・グループ「アイム・ア・マン」AC/DC「サンダーストラック」ほか。4S+2Tからスタート。上は追わなくていいから確実に2位とろう。3Aは転倒。どんまいやで。3Fは高くていいジャンプでした。シットスピンはいいポジションです。ステップは大きな動きでできてます。フラワーガールたちちゃんとみるんやで演技。コンビネーションスピンから3Lz。いいジャンプです。守れ守れ。3A+2Tも高さあるよ。3F+2T+2Loと成功。それでいい。無理しなくていいぞ。3Loも入り方がよかったです。コレオシークエンスで場内を盛り上げよう。かっこいい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よっしゃよっしゃ!2位いけたかな。十分な滑りはできたでしょう。257.98。やったやった。ブレジナがここまで戻ってきた。やったやった。

○最終順位(江戸川乱歩の小説風に):
1. 怪人ハニュー面相
2. ブレジナ仮面
3. 屋根裏のチャ・ジュナン
4. コリヤダ坂の殺人事件
5. 金蜥蜴
6. ラズキン椅子

ハニューが世界最高得点で優勝しました。衣装もそうですが、オリンピックのあとは圧倒する、ドーミネイトするというところをゴールにしているんでしょう。今日はプログラムをしっかり成功させる、ジャンプを降りるというのを心がけたようですが、これは衝撃的ですよね。演技の完成時には間違いなく300点でしょう。演技短くなってるのに。無理めのジャンプでも足首でなんとかする、信成将軍的な力もみられました。あらためてみるとハニューはオイラーもかっこいいんですよね。あと決めポーズのスター性がすごい。スターみがやばい。

そんなハニューのあとなので、ブレジナの2位は事実上優勝でしょう。深刻な時期を乗り越えてよくここまで戻ってきた。優勝という結果をあげられなかったのは多少残念ですが、まあハニューの下ですから。上までいけるぜ。おめでとうブレジナといいたいです。こんな価値のある2位そうそうないですね。

チャ・ジュナンが3位にきました。期待の若手がんばりましたね。これから上で戦える選手でしょう。コリヤダもなんやかんやで4位。そうやったっけ。金は5位。そういう日もありますよね。ラズキンは十分です。コリヤダといっしょにロシアを盛り上げてくれ。

もうハニューはいつも最終滑走にしたらいいんじゃないかと。オリンピック連覇してるんですから。永世最終滑走。…永世をつけるだけでなんか不穏な雰囲気になった。やっぱやめた。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 フィンランド大会(2):男子シングルSP

今日は一日中立ち仕事でへとへとに疲れたマイク松ですこんにちは。控え室に戻ってみると、申し訳程度に夜のお菓子うなぎパイが1枚おいてありました。それじゃなくて途中休憩がほしい。30分くらい。

フィギュアスケートグランプリシリーズはフィンランド大会。フィンランド大会すごい。よかったねフィンランド。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、フィンランド大会、男子シングルSP。実況はカクザワさん、解説は織田信成将軍。

イギリスのフィリップ・ハリス。29歳。「月の光」ほか。ベテラン感はありますね。3Aはあぶないところでしたが成功。なかなかいい滑り。3Lzはステップアウトでコンビネーションにならず。シットスピンはポジションいいですね。実はGPSデビューだそうです。苦労してるわー。ステップは工夫された動きも入れてます。キャメルスピンは安定。2F+2Tになりましたがなんとかコンビネーションに。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これならもっと早く出てきてもよかったのに。58.99。

ロシアのアンドレイ・ラズキン。また新しいロシア男子が。去年も出てるけど。板前の前掛けを胸につけてるみたいな衣装。アニー・レノックス「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」。4Tを決めてきました。滑りもなめらかでいいですね。3Aもしっかり。いいじゃないですか。キャメルスピンは軸が安定してます。3F+3Tを決めてジャンプそろいましたね。GPSは2シーズン目。ステップはしっかりアピールする動き。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね。FSでも続くといいのですが。82.54。

アメリカのアレクセイ・クラスノジョン。昨年のジュニアGPSファイナルの金メダリスト。ロビン「ダンシング・オン・マイ・オウン」。GPSデビューです。パワーはありそう。3F+3Loを決めてきました。これは明確にいけてます。3Aは入りに工夫。キャメルスピンはドーナツポジション。3Lzでジャンプそろえました。でもクワドルプルはないんですね。コンビネーションスピンからステップに。もともとロシア出身も出場機会を求めてアメリカで活動してるそうです。ステップはもう少しがんばれそう。シットスピンでフィニッシュ。意外にパワーは感じませんでしたがしっかり演技できました。74.05。

韓国のチャ・ジュナン。バレエ音楽「シンデレラ」より。これはできそうな滑りですね。4Sはキレ抜群できれいに降りました。ばっちりですね。3Lz+3Loはステップアウト。悪くはない。キャメルスピンも柔軟性をいかしてます。3Aはスピード落ちましたが成功。回転の速いシットスピンからステップに。動きが洗練されてて踊りの要素もたくさん。いいポジションがたくさんあるコンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技でした!いい点出そうです。82.82。トップにきました。

フィンランドのバルター・ビルタネン。31歳。ハリスよりもベテランが出てきました!袖が半分ないスーツ。「わが愛のミロンガ」。3T+3Tは4回転にはトライしたんだろうか。3Aはシングルに。いい滑りはしてるんですが。キャメルスピンは安定してます。というかここ解説がない。かわいそうに。コンビネーションスピンからおもしろマイムも入れてます。スーツは半分しかないですが。2Lzになりました。ステップの振り付けはユニークで楽しめました。シットスピンでフィニッシュ。がんばりましたがジャンプが抜けてしまいましたね。48.16。スーツがあと半分あれば。

チェコのミハル・ブレジナ。「リヴ・フォーエヴァー」。4S+3Tを決めてきました!またいいジャンプや。4Fも高さがすごいある。楽々いけますね。キャメルスピンは「リヴ・フォーエヴァー」とよくあってます。シットスピンも大きな回転。でかいからですね。3Aもばっちり。ジャンプそろえました。ステップは動きが大きくて見栄えがします。今ブレジナほどでかいスケーターもいませんからね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプで大きくアピールしながら、他もよかったです。93.31!いよいよブレジナ復活してきましたね。

中国の金博洋。中国のファンたくさんきてますね。ビートルズ「while my guitar getly weeps」。4Lz+3Tはルッツで手をついてしまい、そのままセカンドで転倒してしまいました。いいスピードだったのですが。4Tはしっかり成功。キャメルスピンはキャッチフットポジションも。ハニューっぽくなってきましたね。3Aも決まりました。シットスピンはかっこよく決めてますし、コンビネーションスピンもおもしろいポジション。ステップはかっこいいキメをよくつけてます。これ誰が振り付けしてるんやろう。かっこいいホンダバンみたいな演技です。いい滑りでした。あのジャンプだけですね。85.97。

田中刑事。ディティクティブ田中久しぶり。カクザワのめんどくさい紹介はスキップ。ゲイリー・ムーア「プロフェット」。スカリの振り付けだそうです。4Sは転倒もナイストライ。もうちょいでした。3Lz+3Tは成功。キャメルスピンからシットスピンといいスピンが続きます。ディティクティブスピンうまくなってる印象。向上してますね。3Aも決めました。ステップはすごい激しい動き。ちゃんと足下も連動してるし、みせるステップになってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。なんかしっかり演技できてる。ミスはあってもそこが大事ですからね。80.60。

羽生結弦。いい衣装です。「秋によせて」。4Sはやわらかかつ繊細な助走からばっちり成功。この静から動への移行ですよね。イーグルをはさんでツイズルから3A。また静と動のメリハリ。これはPCSつくわ。4T+3Tはしっかり降りました。キャメルスピンは今日一番のドーナツスピンですね。シットスピンもこの勢いのあるポジションよ。ステップは動きの激しさと大きさ。ジョニー・ウィアーに捧げる滑りというだけありますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。横綱相撲ですね。全盛期の白鵬たるや。フラワーガールがんばってください。拾って拾って。106.69!ぎゃー。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。いつも順番が悪いビチェンコ。「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」。3Fから入りました。3Aはちょっと手をつきました。場内がどう盛り上がってよいやらみたいなテンション。盛り上げてあげて。3Lz+3Tを決めました。よしよし。キャメルスピンからステップ。よく動いてます。シットスピンでフィニッシュ。ほんとに順番が悪い。でもいい滑りでした。73.44。

ロシアのミハイル・コリヤダ。待ってました。ミューズ「アイ・ビロング・トゥ・ユー」。4Tはコンビネーションの予定でしたがステップアウト。でもおもしろい滑り。次は1Lzになってしまいました。ありゃー。キャメルスピンはさすがの技量。つなぎの部分もがんばってますね。3Aはばっちりでした。ステップはコリヤダらしいターンと技術。下半身だけみてもコリヤダってわかりそう。シットスピンからコンビネーションスピンの流れは見事でした。ジャンプがあかんかったけどコリヤダらしさはみせました。81.76。

○SP終わっての順位(江戸川乱歩の小説風に)
1. 怪人ハニュー面相
2. ブレジナ仮面
3. 金蜥蜴
4. 屋根裏のチャ・ジュナン
5. ラズキン椅子
6. コリヤダ坂の殺人事件

ハニューがトップ。もはや別次元ですね。あの静と動のコントラストよ。この4回転時代にそりゃみんな最初から最後まで全力じゃないですか。それなのにあれが出せるって。あとスター。ブレジナが2位にきました。もうやれることだけやるレベルから脱してきたのかな。そりゃうれしい。金は3位。でもジャンプがそろえば十分2位は狙えます。チャ・ジュナンは自分の味を出して4位に。FSそろえられるか。ラズキンもジャンプしっかりそろえてきました。コリヤダもそろえばというところなんですが。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 フィンランド大会(3):女子シングルFS

西がFA宣言しましたね。阪神とソフトバンクが名乗りを上げているそうですが、どちらに入っても厳しい道しか見えません、富井です。ソフトバンクとかチーム内の競争が激しそうだし、阪神はファンが厳しいし・・・中日とかいいと思ったけどな。あと、みんなヤクルトに集めて、大引、坂口、近藤、西、伊藤光で日本一になるっていう個人的な夢もありますが、まあ叶いませんね。叶っても困る。
解説は阪神ファンの織田信成さん。これだけずっとグランプリシリーズにいるんだからもう出場すればいいのに。実況は三上さん。

本郷理華。「ナザレの子」衣装がすてき。3Fは単独ジャンプに。続く3Fもコンビネーションになりませんでした。3Lzも着氷はしていますがもう一つ。キャメルスピンはもうちょっと回転して欲しい。ステップシークエンスはいいと思うのですが、ちょっと元気がないな。どこか故障しているのでしょうか。2A+2T+2Tはコンビネーションに。コンビネーションスピンはいいですね。3S+2Tも成功。3SもOK。3Tも成功しました。コンビネーションは本郷らしいいいスピン。コレオシークエンスもドラマチック。グランプリシリーズはここだけの出場だそうなので、全日本に焦点を合わせて調整してぜひ世界選手権に出て欲しい。いい選手なのは間違いない。156.59

フィンランドのビベカ・リンドフォース。ミュージカル「レ・ミゼラブル」より。3Lz+3Tは成功。これは大きい。3Loは転倒。残念。3Fも流れで跳んでいていいでうsね。キャメルスピンもOK。コレオシークエンスは普通かな。3Lz+2Tは危なかったけどちゃんと着氷。2Aもまずまず。ステップシークエンスはちょっとさびしいな。と思ったら長かった。2S、2A最後がもったいなかった。レイバックスピン、コンビネーションスピンはいいですね。159.62

アメリカのアンジェラ・ワン。「悲しみのクラウン」3F+3Tはいいジャンプ。しかし次が1A。2A+2TはOK。2A+2Tと同じジャンプが続きます。フライングコンビネーションスピンは上手。コレオシークエンスは普通。コンビネーションスピンもいいです。3Lzで転倒。もったいない。2Tでも転倒。2Sと最後の得点になるジャンプで崩れてしまいました。もったいない。3Lzで何かが狂ってしまったかな。ステップシークエンスは音楽に合っててすてき。フライングキャメルスピンも音楽に合ってます。149.57

韓国のキム・ハヌル。映画「グランドフィナーレ」より。3Lz+3Tは成功。3Lo+2LoもOK。1Fになってしまいましたがステップシークエンスはツイズルが上手。3Loは成功。3Lzはいいジャンプですね。2Aも幅があります。イーグルからの2A+2T+2Loも成功。レイバックスピンも速くて素晴らしい。コレオシークエンスも魅せますね。コンビネーションスピンも素晴らしい。シットスピンは最後のポジションがちょっと短かったような・・・。160.15

坂本花織。映画「ピアノ・レッスン」より。素晴らしいスピード。大きな3F+3T。見事。2Aも高い。3Lzも流れのあるジャンプ。フライングシットスピンもいいポジション。ステップシークエンスもスピードの緩急がいい。3Sも幅のあるジャンプですね。2A+3T+2Tもきれいですね。3F+2Tも高さがある。コンビネーションスピンもいい。コレオシークエンスはちょっとブレードをつかみ損なったけど大丈夫。3Loも素晴らしい。歓声が起こります。コンビネーションスピンも素晴らしくて最後ぴたっと止まったところで大歓声。素晴らしい。197.42。これはすごい。

フィンランドのエミー・ペルトネン。映画「SAYURI」より。大きな3T+3T。高さも幅もすごかった。2Lzは高さはあったんだけどな。3Loは転倒。2A+1Eu+2S。シットスピンはOK。2Fも高さはあるんだけどなあ。2Loはタイミングが合わなかった。2Aは成功。ステップシークエンスは上手。コンビネーションスピンも回転が速い。コレオシークエンスは面白いイナバウアー。レイバックスピンのポジション変化も見事。うーん、ちょっと詰め込みすぎたかな。これで予定してたジャンプが全部入ったら欧州選手権でメダルとれると思う。本当にこれからが楽しみ。158.72

ロシアのスタニスラワ・コンスタンティノワ。映画「アンナ・カレーニナ」より。3Lz+3Tは美しいジャンプ。2A+1Eu+3Sも見事。3Loも難しい入り方。ステップシークエンスもピアノの音とよくあってメロウな雰囲気。2Aも素晴らしい。3F+2Tは手を上げて細かに加点。3Lzも片手上げ。レイバックスピンも素晴らしい。3Fも成功。コンビネーションスピンも音楽の盛り上がりとあってていい。コレオシークエンスも優雅。キャメルスピンのポジションもきれい。おお、SPの印象と違う。素晴らしかったです。優雅さとジャンプの素晴らしさが相まってとても魅力的。重厚なプログラムをもっと選ぶべき。197.57

ロシアのダリア・パネンコワ。「You are not from here」2Aは成功。両手をあげた3Lz+3Tは最初のジャンプでバランスを崩してしまいました。3Sも手をついてしまいます。2AはOK。ステップシークエンスはちょっと心ここにあらずみたいな感じに。ジャンプの失敗を引きずってしまっているようです。3Lz+3Tはなんとか着氷。3F+2T+2Tのあとシットスピン。3Loも成功ですが、手を上げすぎてなんだか美しくないよな・・・コレオシークエンスのあとにコンビネーション。コンビネーションスピンはいいですね。フライングコンビネーションスピンもポジションが面白い。潜在能力の高さは感じますが、最初のジャンプがちょっと残念でした。161.48

ロシアのアリーナ・ザギトワ。「カルメン」躍動感がありますね。2Aは成功。3Lz+3Tは着氷がもう一つ。3Sはいいけど、ちょっと音楽に合ってないかな。2Aも成功。キャメルスピンはスピードが速い。なんか雰囲気が昔のスケートっぽい。コレオシークエンスのあとに3Lz+3Loは回転不足じゃないかな。3F+2T+2Loは両手、片手、両手をあげて。3Loも両手をあげたジャンプ。コンビネーションスピンはポジションが美しい。ステップシークエンスは複雑ですね。フライングコンビネーションスピンも見事ですね。でも、まだまだ完璧ではないです。215.29

白岩優奈。「展覧会の絵」3Lz+3Tは成功しかしやや回転不足か。2Aも幅のあるジャンプ。シットスピンもOK。ステップシークエンスもスピードがあっていいですね。3Fも成功。2Aも着氷しました。キャメルスピンの回転も速くていい。コレオシークエンスのあと3Lz+3Tも着氷。3S+2T+2Tの成功してコンビネーションスピン。イーグルから3Loも成功。大きな失敗はなかったですね。すごい。強心臓。しかしザギトワの後だからかやや物足りない感じがしてしまうのがちょっと不運だったかな。191.46

ベルギーのルナ・ヘンドリックス。「Diferente」素晴らしいスピードから3Lz+3Tは成功。高さのある3F。2Aはゆっくり跳んだけどOK。3Lzは両手をあげて跳びました。コンビネーションスピンのポジションも素晴らしいですね。ステップシークエンスは上半身の動きも素晴らしい。スケーティングも伸びてて見てて気持ちがいい。3F+2T+1TになってしまいましたがOK。2A+2Tも成功。3Sはやや回転不足かな。レイバックスピンもスピードがあって素晴らしい。コレオシークエンスもスパイラルとか素晴らしい。コンビネーションスピンもすてきです。やっぱりこの子好きだわー。見ていて爽快。191.22

—-

○最終順位:(紫綬褒章をもらったケラリーノ・サンドロヴィッチ的に)
1.すべてのザギトワは天国へ行く
2.労働者コンスタンティノワ
3.カラフル坂本でオハヨー
4.百年の白岩
5.フローズン・ヘンドリックス
6.帰ってきたパネンコワ警察

1位のザギトワはそんなにいいと思わなかったんですけど、やっぱりスピードがすごい。そこが2位以下と違うのかなと思ったり。2位のコンスタンティノワはSPは全くぴんときませんでしたが、FSは素晴らしいと思いました。国内の争いを勝ち抜いて欲しい。3位の坂本は凄まじかった。この採点方式はクリーンなジャンプを跳ぶ人が有利なんですね。このジャンプアップはなかなか出来るもんじゃない。

4位の白岩もクリーンで良かったんですが、やっぱりジャンプの質でやや劣りましたか。あと、滑走順。5位のヘンドリックスはセカンドジャンプが1つしか3回転がなかったので点が出ませんでしたが私の中ではサイコーに良かったです。息の長い選手になって欲しい。6位パネンコワはカナダ大会の方がいい感じがしたけどちゃんと6位に入ったのが偉い。

大相撲11月場所2018:キセさんが一人横綱になるらしい

―力を得た者はそれを失うことを恐れる。ジェダイさえもだ― (パルパティーン銀河共和国最高議長)

ゴールデングラブ賞が発表されましたが、あれ?う…め…の…?と思うマイク松ですこんにちは。GGとってますが来シーズンスターターは白紙なんですよね。

さて!(強引な展開)まもなく始まる九州場所、たのしみですねー!…などと思っていましたが、早速冷や水がぶっかけられました。ぶっかけ冷や水。(おいしそうにいってみました)

なんと白鵬に続いて鶴竜も休場してしまったのです。いきなり2横綱が休場。これはぶっかけ冷や水(おいしそう)ですよね。

でも待って下さい。これは乱世到来です。誰にでも優勝のチャンスがある。大関ども(また誰か休場するかもしれないけど)にもね。平幕にも。九州場所が戦国時代になる。

―いつから暗黒卿はオッキー兄さんだけだと思っていた?― (???)

スター・ウォーズの名言ぽくいってみましたが、これは???じゃなくてキセさんの言葉です。うそ、僕が考えたキセさんのセリフです。だいいちオッキー兄さんはまだ暗黒卿じゃないし。番付が低いし。

そうなんです、九州場所は(今のところ)キセさんの一人横綱の場所になりそうなんです。一番優勝の可能性が高いのはキセさんなのです。ミッキー兄さんからその座を受け継いだ暗黒卿。そろそろプロビデンスのとばりが降りてくる時なのです。大チャンス打線なのです。

とはいえキセさんのコンディションが万全かはまだわからないところ。そういうところを含めてプロビデンスですからね。かえって楽しみになってきたでしょ?僕はなってきました!

…自分で書いておいてなんですが、読み返してみても、この記事さっぱりわかりません。そういう日もあります!(強引)

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 フィンランド大会(1):女子シングルSP

中国大会がいつの間にかフィンランド大会。シングルは男女ともにピョンチャンオリンピックの金メダリストが出場しているので豪華ですね。やっぱり初めてだからスターをそろえたのでしょうか、富井です。さて、解説は毎週織田信成さん。もう出場すればいいのに。実況は三上さん。

韓国のキム・ハヌル。16歳。「River Flows in You」グランプリシリーズは初出場。3Lz+3Tは成功。コンビネーションスピンは回転が速い。シットスピンはポジションを変えてからややスピードが落ちました。3Loも成功。イーグルからの2AもOK。ステップシークエンスはもう少しスピードがあるといいな。レイバックスピンは素晴らしいですね。上手くまとめました。デビュー戦は大成功ですね。55.38

ロシアのダリア・パネンコワ。アデル「スカイフォール」15歳。カナダからの連戦。フライングキャメルスピンはちょっと背中が硬い感じ。両手を挙げる3Loは成功。2Aも流れのあるジャンプ。3Lz+3Tも両手をあげて。でもステップアウト。コンビネーションスピンもOK。ステップシークエンスも音楽によくあっています。レイバックスピンはもうちょっとスピードがあればと思いますが、今回はすごく良かったですね。最初から別人のようでした。58.23

フィンランドのエミー・ペルトネン。18歳。フィンランドチャンピオン。「カルーソ」グランプリシリーズは初出場。幅のある3T+3Tは着氷がやや乱れましたがいいジャンプ。3Loもちょっとバランスを崩しています。フライングシットスピンはスピードがあります。レイバックスピンもポジションが美しい。スピードのある2Aもいいですね。ステップシークエンスも振り付けがドラマチックで魅せますね。イナバウアーもきれい。コンビネーションスピンもポジションを変えてからの一つ一つの回転が美しい。これから伸びそう。59.90

アメリカのアンジェラ・ワン。22歳。「Praying」フリップがシングルに。3Lo+2Tと最初のコンビネーションジャンプをこちらで。キャメルスピンはまずまず。ステップシークエンスは身体の使い方が上手。曲とあってます。2Aはいいジャンプ。コンビネーションスピンもアメリカの選手らしい巧さ。レイバックスピンも美しい。ちょっと残念な出来でしたが良さはでてました。53.76

フィンランドのビベカ・リンドフォース。19歳。女優みたいに美しい人来ました。「オペラ座の怪人」3Lzはコンビネーションがつかず。3F+2Tは途中で手を尽きましたが最初のジャンプが高い。キャメルスピンは上手。ステップシークエンスはスピードがあって上手。2Aはいいジャンプですね。コンビネーションスピンはポジションが面白い。レイバックスピンもきれい。でももうちょっと回って欲しかったですね。52.95

本郷理華。22歳。「キル・ビル」3T+3Tは流れがあって強いジャンプ。キャメルスピンはもうちょっとスピードが欲しい。3Fは転倒。レイバックスピンは入り方がかっこいい。2Aは入り方に工夫があっていい。コンビネーションスピンは素晴らしい。ステップシークエンスは躍動感があっていい。これはかなりいい振り付け。最後はパンチで終わるのもかっこいい。フリップが残念でしたが今年はかなりいいところに行きそう。いってほしい。51.11

白岩優奈。16歳。面白いポーズから。「オール・アボード」ほか。スピードのあるスケーティングから3Lz+3Tは高さがあっていいジャンプ。シットスピンも回転が速い。コンビネーションスピンもOK。工夫のある2Aは幅のあるいいジャンプ。ステップシークエンスもいいスピードです。3Loも入り方が難しい。キャメルスピンはまずまずかな。すごい、ノーミスです。63.77

ベルギーのルナ・ヘンドリックス。19歳。「It’s coming back to me now」3Lz+3Tは最初のジャンプで両手をあげて。シットスピンの回転も速い。スケーティングにもスピードがあります。コンビネーションスピンも見事。素晴らしい2A。3Fはステップアウト。ステップシークエンスもスピードがあって見ていて爽快。自分も一緒に滑っているような気持ちになります。レイバックスピンも回転が素晴らしく速い。最後のポーズまで隙がない。この人、やっぱりいいわ。FSも是非見たい。63.17

ロシアのアリーナ・ザギトワ。16歳。背が伸びましたね。「オペラ座の怪人」3Lz+1Loになってしまいました。キャメルスピンは素晴らしい。ステップシークエンスは柔らかく複雑なステップ。2Aも複雑な入り方。レイバックスピンの回転の速さと美しさよ。すごい。3Fも両手をあげて。素晴らしい。コンビネーションスピンも回転数が多い。終わり方がしっとり。なんだかまだ途中みたいな感じ。コンビネーションジャンプが残念でしたが素晴らしさは十分伝わりました。さすがオリンピックチャンピオン。68.90。うわー、ジャンプがカウントされなくてもこの点数!それほどレベルが違うっていう話なんですかね。

坂本花織。18歳。「From my moment」3Fはコンビネーションにならずに転倒。2Aは見事なジャンプ。コンビネーションスピンもOK。ステップシークエンスは華やか。スカートがいい仕事をしています。3Lo+3Tはコンビネーションにしてきましたが転倒。キャメルスピンはちょっと短いかな。レイバックスピンは美しいです。あわー、残念。2転倒に顔を覆ってしまいました。57.26。でも2度の転倒を考えるとよく点が出てます。

ロシアのスタニスラワ・コンスタンティノワ。18歳。「マラゲーニャ」3Lz+3Tは最初のジャンプの着氷で止まってしまうかと思いましたがよくコンビネーションにしました。レイバックスピンは見事。キャメルスピンも素晴らしいですね。2AもOK。イーグルを挟んでの3Fは転倒。ああ、もったいない。コンビネーションスピンも素晴らしいです。スピンが上手。ステップシークエンスは頑張っているけどもうちょっと爽快感がほしいなあ。でもやっぱりレベルが高い。62.56

—-

○SP終えての順位:(紫綬褒章をもらったケラリーノ・サンドロヴィッチ的に)
1.すべてのザギトワは天国へ行く
2.百年の白岩
3.フローズン・ヘンドリックス
4.労働者コンスタンティノワ
5.ナイス・ペルトネン
6.パネンコワ警察

1位のザギトワは身長が7センチ伸びたと聞いていたのですが、素晴らしさは変わりなかったですね。よく金メダルも取って、あんな有望な若手に囲まれてモチベーションが維持出来るものです。しかもステップなんかは昨年よりいい。2位の白岩もノーミスで素晴らしい。白岩もザギトワ同様に同じ門下生にライバルがたくさんいるからノーミスは当たり前なのかな。

3位のヘンドリックスはスケーティングが素晴らしい。フィギュアスケートの魅力が詰まった選手。本当にフリーが楽しみ。4位のコンスタンティノワは4位コレクターみたいになってますが、すごいんだけど平均的すごさなんですよね。一つ突き抜けるものが欲しいところ。5位のペルトネンはジャンプのレベルがちょっと低いから点は出にくいですが、それ以外は素晴らしい。好きなタイプ。6位のパネンコワは思ったより点が出なかったけど順位には納得。アメリカ大会よりずっと良かったです。

大相撲11月場所2018:番付発表チェック

NHKスペシャルの軍神オータニ特集をみたマイク松ですこんにちは。相変わらず意識の高さに脱帽。お仕事がんばらないとと思います。妙に駆り立てられる。

さて、もう今週末から1年納めの九州場所ですよ。番付発表があったのでチェックしておきます。

横綱大関はいつものメンバー。大関は誰か優勝にからんでいかないとですね。ほんとはそういう地位なんですが。

関脇は御嶽海と逸ノ城。逸ノ城もなにげに関脇に定着してますね。小結は貴景勝と魁聖。貴景勝は環境も変わったけど負けられないですよね。魁聖は小結に戻ってきました。

前頭筆頭は妙義龍と北勝富士。上を狙いたいですね。前頭上位はわりと日本勢が多いですね。先場所で勝った人が結構並んでます。上位を脅かすいいメンバーもいる。

前頭中位はバラエティに富んだメンバー。貴ノ岩は一気に6枚目までジャンプアップですね。めでたい。これくらいの力士ですからね。この中から優勝争いをしそうな力士が出てくる感じ。

前頭下位はまず、大奄美、明生、荒鷲が返り入幕。よかったですね。結構実力者もそろっていておもしろい。いい戦いが起きそうです。

ちなみに十両は極芯道と友風が新十両、そして豊ノ島が返り十両です。13場所ぶりだそうです。もう幕下に落ちないでほしいです。がんばって。宇良は三段目33枚目に上がってきてます。じっくりいきましょう。

そしてオッキー兄さんは西前頭11枚目。前頭上がらず下がらず状態になってきましたね。雌伏状態。劉備が荊州でゆっくりしてる感じです。ここで実力をためたり、孔明みたいなえらい人に出会ったりすればいいんですが、ただただ雌伏という感じだと思います。しかし甘く見て攻め込むとそのプロビデンスの強さに苦杯をなめることになるであろう。幕内下位のプルートゥと呼びたいです。気をつけて。(お互いにね!)

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 カナダ大会(4):女子シングルFS

ビジネスホテル大好きなマイク松ですこんにちは。デイリーポータルZでビジネスホテルのライフハックを募集していたので投稿したら採用されました。結構いい情報だと思うのでまねしてください。

今日はカナダ大会の女子シングルFSです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、カナダ大会、女子シングルFS。実況は三上さん、解説は織田信成将軍。

ロシアのダリア・パネンコワ。ぱねえぱねえ。ララ・ファビアン「ユー・アー・ノット・フロム・ヒア」。2Aは手あげから。しっかり決めてスタート。3Lz+3Tもしっかり決めました。3Sも手あげ。ここまで手あげできてます。2Aからステップに。ロシアにしてはスピードがさっぱりでませんが、同じ出ないならジャンプ成功した方がいいですね。3Lz+3Tは手をつきました。3F+2T+2Loは回転あぶなかった。シットスピンからステップを経て3Loでジャンプ終わり。コレオシークエンスからコンビネーションスピン2つでフィニッシュ。今回はミスを最小限にできましたね。課題はいっぱいあるけどぱねえぱねえ。168.54。

松田悠良。バレエ音楽「四季」より「秋」。3Lo+2Tから慎重に決めました。2A+1Eu+2Sも成功。シットスピンは質が高いです。3Lo、3S+2Tと1つ1つ跳んでいきます。キャメルスピンもいいですね。3Tから後半。ステップは丁寧によくエッジを使えてます。この振り付けはアボットらしいです。なるほど。3S、2Aとジャンプ終わり。コレオシークエンスもしっかり表現してますね。適当になってない。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。157.59。出場したかいありました。

カナダのアレイン・チャートランド。「サンセット大通り」より。3Lz+3Tを成功。これはいいジャンプです。スピードもまずまずでてます。次は2Fになりました。2Aからコンビネーションスピン。いいポジションです。ステップは細かくキレがある。長いシークエンスをしっかり確実に。3Lo、2A+1Eu+3Sと成功しました。次の3Lzはダブルに。3S+2Tでジャンプ終わり。コレオシークエンスの表現もいいですね。難しいポジションのコンビネーションスピン2つでフィニッシュ。いけましたね。地元の大歓声を力に変えました。あのダブルジャンプ2つが惜しかったです。172.17。回転不足もとられたみたい。

カナダのアリシア・パインオー。ぱいんおー。ショーン・フィリップス「ウーマン」。3Lzは大きなジャンプでした。こういう持ち味なんかな。2A+2Tになりましたが、3S+2T+2Loは最後にステップアウト。惜しい。シットスピンで持ち直そう。3Tは1つタイミングが遅れたかな。3Loは成功しました。場内も応援します。3Sはダブルになりました。2A+1Euで終わってしまいました。コンビネーションスピンはI字スピンにもっていきました。コレオシークエンスはスパイラル入り。ステップは細かく速く。どうもSPでは1人だけLv.4をとったらしいですね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプをとりこぼしていましたがいい演技できました。ぱいんおー。158.29。

ロシアのエフゲニア・メドベージェワ。まさか前半グループとは。「リベルタンゴ」ほか。3Lz+2T+2Tを最初にもってきましたね。2Aも成功ですが、いまいち動きが重い感じはしますね。でも3Lzとジャンプはしっかり。キャメルスピンの回転速度もいいです。コレオシークエンスでも見応えがある。2Aから後半。3F+3Tを手あげで決めてきました。3S+3Tも成功。3Loでジャンプ終わり。そろえてきました。コンビネーションスピンからステップ。いまいち推進力に欠けますが、エッジワークが丁寧。コンビネーションスピンでフィニッシュ。しっかり演技できましたね。ジャンプ以外のところで改善することはありそうですが、やっぱりこれくらいはできますね。197.91。

カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワ。おにぎりを差し入れたいスケーターナンバーワン。「ブエノスアイレスの秋」。3Lzは転倒。軸が傾いてました。3Fは成功。2Aはオーバーターンで単独に。3Loは回転どうだったか。キャメルスピンは難しいポジション。コレオシークエンスではみなごろしイーグルも入れて見応えあり。つなぎ部分はもう少しがんばりたいです。3S+3Tから後半。2A+3T、3S+2T+2Tと今回は決まりました。コンビネーションスピンはすばらしい回転の速さ。ステップに勢いをつけました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。スピンのうまさが光りました。これからの課題はごはんをたべることでしょう。185.71。

アメリカのスター・アンドリューズ。「ジャングル・メドレー」。3Lzは手をつきました。的確にいこう。3Tは転倒。がんばれ。2A+3Tは決まりました。レイバックスピンはいいポジションです。これは武器になる。コンビネーションスピンもしっかり。コレオシークエンスではスパイラルも入れています。かっこいい。3Sから後半、次のジャンプが1.1倍。2A+3T+2Tを決めました。持ち直してきたぞ。ステップは見せ所。3Lo+2Tはなんとか。最後は3Lo。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプが最初決まりませんでしたがなんとか立て直せましたね。174.72。回転不足もとられてますね。

アメリカのマライア・ベル。「ピアノ・レッスン」より。2A+3Tは着氷に乱れ。3Loからコンビネーションスピン。いいポジションできてますよ。3F+2Tからまたコンビネーションスピン。ステップにいきます。よく動けてますね。大きく使いながら移動距離も長い。2A、3Lz+2T+2Loと決めました。3Fも成功。3Lzは転倒してしまいました。もったいない。コレオシークエンスはよく感情表現ができたスパイラル。使い方もうまいです。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプのミスはありましたが成長を感じますね。挑戦してるのがいい。190.25。2位になりました。

樋口新葉。ヴィヴァルディ「四季」。3Sはダブルになりました。3Lz+3Tは回転のキレがいい。コンビネーションスピンからステップ。大きくリンクを使って2Aにつなげます。キャメルスピンもいいです。スピードが出てますね。3Lz+3Tを決めてきました。3Loは単独になりました。3Fから2A+2T+2Loを決めてます。ステップはよく体が動いてます。これも武器ですね。コレオシークエンスからレイバックスピンでフィニッシュ。最後のスピンも質が高かったです。あとはジャンプをばっちりにしていくだけですね。181.29。

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。熟女モードで逃げ切りたい。カロ・エメラルド「ユー・ドント・ラブ・ミー」ほか。いつも通りの雰囲気ですね。3Aはスピードが落ちてしまって転倒。どんまい。3Lz+2Tは高さ出てました。3Lzは流れありましたね。落ち着いていこう。レイバックスピンは落ち着くのに便利。また熟女モードに入った。手の表現力はさすが。ステップもとてもいいですね。しっかり動けているのに雰囲気も作れる。熟女モードは他の誰も使わないですからね。2A+3Tを決めてきました。幅があるジャンプ。3Loも流れがあるし手の使い方もいいです。3Sも高さあります。コレオシークエンスからみなごろしイーグルで場内を盛り上げています。2A+2T+2Loから熟女ダンスミュージック。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。軸ばっちりでした。グレイト熟女。203.32。やりましたね!

山下真瑚。プッチーニ「蝶々夫人」。いいスピード出てます。3Lz+3T+2Tからスタート。すばらしい、質の高いジャンプです。滑りもいい。3Fもしっかり。2Aはイーグルにもっていきます。コンビネーションスピンの回転速度もある。コレオシークエンスではいいイナバウアーとスパイラルも入れてます。クラシカルな部分もできる。2Aからキャメルスピン。つなぎ部分も滑りのよさでアピール。3Lz+3Tをここで決めてきました!これは大きい。3Loも成功。ステップは緩急をよくつけられてますね。多彩なエッジワークをがんばってますね。3S+2Tでジャンプおわり。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やったやった。堂々たる演技です。これはすごい。ジュニアのときに演じたプログラムらしいですが、それにしてもですね。203.06。2位に入りました。

○最終順位:(横山光輝のまんが風に)
1. 鉄人トゥクタミシェワ号
2. 山下マーズ
3. 仮面のスケーター メドベージェワ
4. 魔法使いベル
5. ジャイアントトゥルシンバエワ
6. バビル樋口

トゥクタミシェワが優勝。なんとか逃げ切りました。あとジャンプ1つでもミスしてたら抜かれてました。そこは熟女モードの落ち着きで乗り切りましたね。この優勝はいいニュース。うれしいです。山下が2位。これは衝撃でした。滑りもとてもいいしジャンプは質が高い。山田先生の弟子なんですかね。期待したいです。メドベージェワは3位。SPで出遅れましたが力を出したらこんなもんですね。それよりもメドベージェワの上にいった山下をほめたいです。あとマライア・ベルの4位も喜ばしい。まだまだいけますよ。トゥルシンバエワはごはんたべてください。樋口を見習って。

予告された敗戦の報告 week8 ビリーブランド@PIT

007といえばブライアン・ジュベールですが、トリノオリンピックの頃、ジェームズ・ボンドはダニエル・クレイグじゃないんですよね。と、ショーン・コネリーのゴールドフィンガーを見て思い出した富井です。昔のボンドって牧歌的でいいですね。

さて、残念ながらこれはフィギュアスケートじゃなくてブラウンズの話です。
なんとWeek8はBS1でブラウンズ×スティーラーズの試合が放送されました。のっけからクイーンの「ボヘミアン・ラプソディー」がかかり、救世主・メイフィールドがクローズアップされます。救・世・主?・・・ま、今年の全米ドラフト全体No1ですし、そりゃすごいのですが・・・救世主かというとやや言いすぎかも。ブラウンズの小さな希望ぐらいじゃないですかね。しかし、メイフィールドが加入した今年は2勝したんですから大したものです。

そういう盛り上げからはじまったので、今日はじっくりブラウンズを見るぞ!と思ったのです。最初の攻撃でFGがきまり、3-0と先制点をとって幸先いいなって思ったんです。スティーラーズの攻撃を抑え、自陣にさえ入れず、次の攻撃で6-0とまたFGを決めたんです。え、ここはTDにして欲しかったなーと思いながらも次のスティーラーズの攻撃も防いで今日のブラウンズはもしかしたら勝つんじゃないかと思ったんです。次のFGをキッカーが外すまでは・・・。

それからはもうスティーラーズにやられる一方でした。ディフェンスは頑張ったんですけど、スティーラーズのディフェンスも強力でランが全くでなくなり、メイフィールドもサックされて・・・。最終的には18-33と大敗でした。なんでも、スティーラーズのQBロスリスバーガーが15年前に入団以来スティーラーズのホームゲームでブラウンズが勝ったことはないんだそうです。15年無敗。今年も記録がつながりました。もう全勝のまま引退してしまうんでしょうか。

BS1の放送ではブラウンズが最後に敵のホームで勝った2015年からの3年で起こったことをまとめていました。

・アラバマ大フットボール部、ヴィラノバ大バスケ部、ウォーリアーズ、ペンギンズ…複数回優勝
・NYG、ニックス、サンズ…4人のヘッドコーチが交代
・クリーブランド・インディアンス…3回地区優勝
・クリーブランド・キャブス…3回NBAファイナルに出てる
・スター・ウォーズ…新作が4つ劇場公開
・マーベルコミックスシリーズ…新作が8つ劇場公開

・・・いろいろあるなあ、この負け続ける間に。

ここまでの成績、2勝5敗1引き分け。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 カナダ大会(3):男子シングルFS

寒くなってきましたね。布団カバーが欲しいのですが、綿100%で暖かくてそこそこ安いものを探すとものすごいデザインのしかないんですけど、どうしてですか、富井です。そこそこのデザインでいいんですけど・・・無地しかないんですかね。でも無地だと色が悩むのですよ・・・むぅ・・・。

悩むと言えばカナダ大会の男子。SPはすごくいい出来でした。FSも頑張って欲しいです。
解説は織田信成さんと実況は森下さん。

アメリカのジェイソン・ブラウン。ジャンプは残念だったけどSPもすてきでしたよ。でもまさか第一滑走とは。「サイモン&ガーファンクル・メドレー」慎重になりすぎて2Sになりましたが、3A+3Tは美しいジャンプです。次の3Sは成功。キャメルスピンはポジションがきれい。コレオシークエンスはスパイラルもきれい。3Loもゆっくりで心配でしたが成功。2A+2T+2Loになってしまったのが残念。3F+3Tはなんとか着氷。3LzはOK。フライングコンビネーションスピンは回転が速い。曲のスピードも上がってステップシークエンスが素晴らしい。バレエジャンプも見事。コンビネーションスピンも音楽に合ってて気持ちいいですね。うーん、FSもジャンプが決まりませんでしたね。オーサーのところに行って、ジャンプを直しているところなのかな。234.97

フランスのケヴィン・エイモズ。「In This Shirt」4Tは成功。高さのある3Lz+3T。イナバウアーからの3Aはステップアウト。3LoはOK。キャメルスピンはちょっとゆっくりかな。イーグルからの3A+2Tは幅があっていいジャンプです。3Lz+1Eu+3S、3FもOK。コレオシークエンスも魅せますね。シットスピンもポジションが面白い。コンビネーションスピンも面白いんですがちょっとゆっくり。ステップシークエンスはドラマチックな振り付け。でも、ジェイソン・ブラウンに比べるとエレメンツとエレメンツのつなぎがあまりないなあ。でもエレメンツはほぼ完璧にこなせました。素晴らしい。230.09

カナダのロマン・サドフスキー。映画「シンドラーのリスト」ほか。4Sは大きなジャンプですね。4Tはステップアウト。3A+3Tは最初のジャンプが大きすぎました。ステップシークエンスはもうちょっとスピードが欲しいな。4S+1Eu+3Sと、サルコウ大好きですね。3Aは手をついてしまいました。コンビネーションスピンは回転が速くていいです。3Loは回転が止まってしまい単独に。2Aもなんとか着氷。疲れてきたかな。キャメルスピンはきれいなドーナツスピン。コレオシークエンスはちょっと短すぎると思いますが。足換えのコンビネーションスピンもいいですね。失敗もありましたが、成功したジャンプは見事でした。210.60

カナダのナム・ニューエン。「ラ・ラ・ランド」より。失望したところから。メロディが暗いよ。4S+2Tはもう一つでしたが次の4Sはまずまず。3A+3TはOK。フライングシットスピンは上手。ステップシークエンスは上手ですね。でも音楽がねー。3AもOK。3Lzも成功。3F+1Eu+3Sも成功。コンビネーションスピンもOK。お客さんに手を振ったりするコレオシークエンス。3Loはステップアウトだけど入りました。コンビネーションスピンのあと、いい顔で終わりました。先週に比べたらかなり良くなりましたね。2週続けては疲れもあると思いますが、地元カナダでいい結果を残せましたね。240.94

友野一希。「リバーダンス」より。4Sは手をついてしまいました。次の4Sも転倒でコンビネーションジャンプになりませんでした。もったいない。3A+1Eu+3Sは成功!シットスピンも頭を抱えるような個性的なスピン。ステップシークエンスはきびきび動いてリバーダンスっぽい。3Loも成功。3Aは高さがあったのですが、転倒してしまいました。3F+3TもOK。フライングコンビネーションスピンも回転が速い。3Lz+2TもOK。コレオシークエンスもいいですね。コンビネーションスピンはちょっと疲れてしまった感じでしたがやりきりました。220.83

オーストラリアのブレンダン・ケリー。映画「グリース」より。4Tはステップアウト。4Sは素晴らしいジャンプ。イーグルからの3A+2Tもいいジャンプ。しかし、次が1Loになってしまいました。シットスピンもいいですね。コレオシークエンスは音楽には合ってますが止まりそう。3Lz+2T、2Lz+1Eu+3S、3Aとなんとか着氷。キャメルスピンは最後が足をつく感じなったけど、あれで良かったのかな?ステップシークエンスもちょっと疲れた感じ。でもこのステップ大変そう。コンビネーションスピンはちょっと音楽と合いませんでした。220.08

スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。映画「マスク」より。冒頭、額をアップしすぎでしょう・・・。4Tは着氷はもう一つですが、大きなジャンプ。3Aもステップアウト。2Lz+3Tもちょっと残念。フライングコンビネーションスピンはOK。3Fは上手くまとめましたね。ステップシークエンスはねっとりしたステップ。あれ、フラワーガールよそ見してる。3A+1Tもちょっと残念。2A+2Tも高さはあるのにな。シットスピンもちょっと止まりそう。3Sはいいジャンプ。コレオシークエンスは謎ステップで良し。コンビネーションスピンもいいですね。すごく疲れてますね。短くなってるはずなのに・・・シーズンのはじめだから調整がもう一つなのかな。220.30

ロシアのアレクサンドル・サマリン。映画「グレイティスト・ショーマン」4Lzは着氷がもう一つ。4Tもステップアウト。3A+3Tは成功。シットスピンはユニークですね。3Loは構えがなくて跳んで成功。ステップシークエンスはもう少し躍動感が欲しい。振り付けはいいんだけど。3Aは成功。3Lz+3Tは簡単に飛びますね。3F+1Eu+2Sになってしまいました。疲れた感じ。キャメルスピンももうちょっと曲に合えばな。コレオシークエンスも頑張っています。コンビネーションスピンはおもしろいけどな。ドラマチックな曲の流れなのでもっと技術が伴って情熱が伝わる滑りになるとかなり上位に行きそう。優勝してもおかしくないプログラム。248.78

イスラエルのダニエル・サモーヒン。映画「レジェンド・オブ・メキシコ」より。4Tはややバランスを崩してコンビネーションにならなかったけど成功。4Sは転倒。3Loも両手をついてしまいました。フライングキャメルスピンは普通かな。コレオシークエンスは曲によくあっています。3Lz+2TはOK。足換えのシットスピンはいいですね。4Tの予定が2Tに。3A+1Eu+3Sは成功。3Aは両足着氷。コンビネーションスピンはちょっとフェンスに近すぎたかな。ステップシークエンスは曲のテンポに合ってて見てて爽快。うーん、力を出しすれずうなだれるサモーヒン。上位が見えてきて緊張してしまったようですね。225.89

韓国のチャ・ジュナン。映画「ロミオ+ジュリエット」より。4Tは転倒。4Sは美しいジャンプ。3Lz+3Loは流れはなかったけど成功。ステップシークエンスも音楽のとらえ方が上手。フライングキャメルスピンもポジションが美しい。コレオシークエンスのイーグルやイナバウアーがきれい。3A+2Tも成功。3Aはいいジャンプ。3F+1Eu+3S、3Loと成功させました。コンビネーションスピンも美しい。足換えのシットスピンも回転が速い。エレメンツのつなぎもいいしレベルが高くまとまった選手ですね。254.77

宇野昌磨。「月光」4Sは美しいジャンプですね。音楽と合っててぞくぞくしました。4Fも見事。4Tも幅のあるジャンプ。キャメルスピンも素晴らしいスピード。フライングコンビネーションスピンも回転が速い。静謐な音楽によくあったコレオシークエンス。スピードがある滑りがまるで月の光のようです。4T+2Tも難なく成功。3Aも成功。3A+1Eu+3Fは手をついてしまいましたが演技の流れは途切れないです。美しく戻ってきました。3S+3Tで転倒。ちょっと残念かな。ステップシークエンスピアノの音によくあってますね。多少ずれてしまっただろうに。コンビネーションスピンも回転速度が速い。素晴らしい。ジャンプミスはありましたがこの世のものとは思えないような滑りでした。宇野昌磨らしい素晴らしいプログラムですね。宇野昌磨もすごいですが、毎年宇野の魅力を100%引き出す樋口美穂子先生がすごいと思います。すべて名古屋で完結している!277.25

カナダのキーガン・メッシング。「チャップリン・メドレー」3Lzは高い。4Tも見事なジャンプ。3A+2Tはやや流れがありませんでした。フライングシットスピンの入りのジャンプがすごい。3Loはきれいですね。ステップシークエンスはメッシングの持ち味の軽さがでていていい。4Tは転倒。ちょっと緊張してますよね。3S+3Tは持ち直しました。3Aもいいジャンプ。美しいイーグルからのコンビネーションスピン。コニカルなコレオシークエンス。コンビネーションスピンも素晴らしいスピード。回転数も多い。うーん、勝ちを意識しましたよね。宇野が転倒して優勝のチャンスが見えただけにコントロールが出来ないところがあったかな。これが課題かもしれませんが、大きく崩れることなく持ち味は発揮しました。これから世界選手権のメダル争いに入りそうです。265.17

—-

○最終順位:(萩尾望都のまんが的に)
1.宇野の一族
2.半メッシング
3.ジュナンの娘
4.サマリンがいる!
5.11月のナム・ニューエン。
6.残酷なジェイソン・ブラウンが支配する

1位は宇野。素晴らしい!ミスはありましたが世界観を壊すことなく、ただただうっとり。特に何もせず滑っているところも絵になるというか、宇野がベートーヴェンに重なるような音楽を奏でるような滑りが出来ますね。すごい。
2位のメッシングも惜しかった。でも勝ちを意識してはだめでしたね。宇野は別格だからねと気楽にやったらもしかしたら優勝だったかも。ほんとうにいい選手になりました。若い頃はジャンプマシーンみたいな選手だったとは思えません。今シーズンも期待。

3位のジュナンも楽しみな選手。これからオーサーのところでいい感じに育ちそう。韓国もピョンチャンオリンピックで強化が進みましたね。4位のサマリンもあのフリープログラムが仕上がったら上位を脅かしそうです。ジャンプは4Lzがありますからね。5位のナム・ニューエンもアメリカ大会からよく持ち直しました。あとは・・・あの鬱っぽい「ララランド」に改良を加えて欲しい。陽気なハビエル・フェルナンデスなんかが滑ると皮肉で色っぽいかもしれないけど、ニューエンがやると悲壮感がすごすぎます。6位はジェイソン・ブラウン。髪型が変わりすぎてバランスがとれなくなってるってことはないでしょうか。嘘です。ジャンプを変えているところでちょうど大変な頃でしょう。上手く乗り切って欲しいです。

3とると7とられるものなーんだ week7 いるか@HOU

焼きおにぎり茶漬けをたべたマイク松ですこんにちは。こんなにおいしいものだとは。家でもつくってみたいです。

そんなおいしいものをたべたあとみるフットボールの試合といえばいるか戦ですよね。フットボールの試合ならいいのですがいるかの試合。あれ?梅茶漬けのようにすっぱい試合になっちまうぞ!

・week8, いるか@HOU
・最初から4thダウンギャンブルに失敗する展開に頭を抱えますが、そのあとのドライブではドレイクのランでTDとれました、いい展開になるかな
・と思ったのはつかの間、ワトソンがいいポケットワークでなかなかつかまらず、ミラーのランで取り返されました
・そしてINTされたあとすぐTDをワトソンにとられ、主導権を握られました、にぎにぎ
・後半になってフリーフリッカーからアメンドラがドレイクにTDパスを投げて決めました、これは盛り上がる!
・と思ったのはつかの間、ワトソンに73ydsTDパスを決められました、これは盛り下がる
・そしているかがうまく守られてFGをとると、そのあとのドライブでHOUがTDとるというのが2回繰り返されてリードを広げられました
・結局いるか 23-42 HOU

・HOUはワトソンが16/20,239yds,5TDと大暴れでした、ランはもといるかのミラーが18att,133yds,1TD、レシーブはホプキンス、フラー、トーマスがTDキャッチとってます
・ディフェンスはそんなにいいとはいえませんでしたが、TDをしっかり止めたのが勝ちにはつながりましたね
・いるかはオスウィーラーが21/37,241yds,1INT、アメンドラがTDパス決めてます
・ランはドレイクもゴアもがんばったのですが、もう少しだけ増やしてもよかった
・レシーブはパーカーが6rec,134ydsなどがんばったのですがTDにはつながりませんでした
・ディフェンスは6TDとられてます、うふふ
・すっぱいな