Archive for 23rd 12月 2018

大相撲11月場所2018:千秋楽とプチ総括

高校駅伝ずっとみていたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。スーパーボウルと並んで、必ずリアルタイムでみたいスポーツです。

さて、だーいぶおそくなりましたが、やっと九州場所千秋楽まできました。なるべくリアルタイムでレビューするの大事です。

千秋楽。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

阿武咲×豊山。いい立ち合いの阿武咲。しっかり押し込んで押し出しました。これで阿武咲は敢闘賞。十分な活躍でした。もっと上でやるべき力士ですからね。

佐田の海×大翔丸。佐田の海が頭で当たって一気に押し出し。佐田の海にしては珍しいですがこういう取り口も覚えたのかも。ナナハチです。

琴奨菊×明生。勝った方が2けた。左を差した菊が出ていきます。明生も下手から逆転を狙いますが、しっかり寄った菊が寄り倒し。あー決まり手はすくい投げですね確かに。まあこの番付なら当然ですが、よくがんばりました。

千代の国×宝富士。千代の国押し上げました。宝富士がまわしをとりますが張り手でふりほどく千代の国。しかしまた上手をとって上手出し投げ。コントロールされましたね。

勢×千代丸。千代丸が起こしていきますが、差した勢が寄り切りました。最後にいい相撲とれましたね勢。

阿炎×千代翔馬。阿炎突き放していきますが、土俵際で千代翔馬の突き落とし。阿炎も前に落ちる相撲が多くなりましたね。

貴ノ岩×遠藤。張り差しの貴ノ岩ですが、右下手をとってくいついた遠藤が寄り切りました。あのいいところをとれば遠藤ですね。

大奄美×朝乃山。右四つから朝乃山が左上手。がっちりつかまえてあおって寄り切りました。大奄美負け越し。うーん悪くなかったのに。

碧山×嘉風。突き放す碧山。シュシュシュ突き押しをあてがう嘉風ですが、手数に勝る碧山が押し出しました。細かい突き押しよかったですよね。嘉風は負け越し。

大栄翔×竜電。大栄翔突き放しますが、両下手からはさみつけた竜電。大栄翔ふりほどこうとしますが、逃がさない竜電が寄り切り。見事です。

隠岐の海×玉鷲。オッキー兄さんはすでに10勝してるのになぜ三賞じゃないのかと思いましたが、みんなやっぱり暗黒卿として警戒しているのかもしれないなと思いました。大関や横綱になればみんな警戒しないのに。オーダーは兄さんを認めてない。左を差して玉鷲を起こし、返しの右からの突き落とし。優勝へのプレッシャーがなくなればこの強さ。グゥゥゥゥッド!

栃煌山×正代。お互いに差し合い。しかしマサヨが差して出て押し出しました。互角な中で、地元パワーのあるマサヨが上回ったか。勝ち越しです。

隆の勝×北勝富士。はじけるような起こしあいからうまい北勝富士の引きから突き落としが決まりました。まあまあですね。

妙義龍×千代大龍。7-7同士の対戦。勝った方が勝ち越し、負けた方が負け越し。千代大龍がつっかけたあとで引いてくるかと思いましたが、2回目で逆にプレッシャーがかかったか、妙義龍の当たりをまともに受けて押し出されました。自滅ですねー。妙義龍勝ち越し。よかったです。

貴景勝×錦木。貴景勝はまず勝たないといけないですね。お父さんもきてるぞ。錦木が押し込んで貴景勝が足が少し流れましたが、しっかり押し返して逆にはたき込みました。さすがに2日連続で負けませんでしたね。錦木もいい当たりで押し込んだんですが引いてしまいましたね。だめだめ。

輝×逸ノ城。輝押しからのど輪。逸ノ城につかまりかけましたが、最後まで押し切りました。最後にいい相撲とれましたね。

松鳳山×栃ノ心。一度栃ノ心がはたきこみますが、その前に審判長が手つき不十分で手を上げてました。気づかずにそのまま相撲とってましたが。やり直しもそれは呼吸あいませんよね。当たったと思ったらまた待った。しっかり手つこう。栃ノ心が突き押しますが、松鳳山が右上手から出し投げ。残した栃ノ心の足がすでに出ていました。物言いで軍配通り松鳳山の勝ち。栃ノ心はハチナナになってしまいました。あーあ。松鳳山は流血しながらがんばりました。

御嶽海×高安。高安勝てば優勝決定戦。御嶽海が左差しから出て行きます。高安残して押し返す。御嶽海は左かいなを返して起こしに行きます。高安は上手が遠い。少しずつ胸をあわせにかかります。御嶽海は右はさがりをとってますね。お互いに上手を狙うか。そして高安が上手をとりにいったところを御嶽海がすくい投げで勝ちました。意地を見せましたね。これで貴景勝の初優勝が決まりました。

実際ずっと優勝争いをリードしてきただけに、貴景勝が優勝してよかったですね。あいつがだめならオッキー兄さんが優勝するところでした。あぶなかった。22歳で優勝はほんとによかったですね。

貴景勝の優勝はほんとによかったです。栃ノ心、御嶽海、貴景勝と、横綱大関どもが軒並み休場したときにニューヒーローが生まれる。これが角界の活性化策なのかと勘ぐってしまうところです。でも生まれないよりはいい。

初場所はたくさんの横綱大関が出場する場所になってほしいです。というか当然やから。出場するのは。なんでみんな連鎖的に休むの。

今場所は三賞に選ばれたのが貴景勝と阿武咲だけというように、大勝ちする力士が少なくて。きっと三賞が少ないのはオッキー兄さんが11勝してるからだと思いますが、横綱大関どもが軒並み休場してるのにもう少しがんばりたかったですよね。期待の若手たちがさっぱりだめだったのもあります。このままでは期待の暗黒卿だけが目立ってしまうことになりますよ。奮起して下さい。

などと上から目線でいえるのも(僕が上から目線で話す理由はないのですが)、オッキー兄さんが11勝してるからなのです!これまでナナハチかハチナナみたいな、オッキー上がらず下がらずを実践していつまでもパダワンでいたい的な、誰も求められていないピーターパンシンドロームという感じでしたが、ようやく存在感をみせましたね。あんなに素で驚いている北の富士さんはじめてでした。

まあこれも当サイトでしっかり主張している神の摂理、プロビデンスの存在を強く意識させるものになりましたね。キセさんが休場してから急に強くなる。ザ・プロビデンスこと琴M喜さんのときもそうでした。ミッキー兄さんは休場しませんが(見習いなさい現横綱大関)、ハチナナになったときは菊かカロヤンが強いという珍現象を巻き起こしました(見習うな)。オッキー兄さんもそのあおりを受けて勝ちまくったわけですが、来場所はどうなるかですね。そうなのです。オッキー兄さんが真の暗黒卿になるための最後の修行が始まるのです。

これまでは最後の修行?そんな場合じゃねえ的に忘れられるほどしょんぼりな結果に終わっていたのですが、このあたりで最後の修行をクリアしてみてはいかがでしょうか。きっともっとおもしろいことが起きますよ。期待してます!あ、期待するとだめだから…見守ります!