Archive for 2019

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 フランス大会(3):男子シングルFS

胃検診にいってきたマイク松ですこんにちは。バリウムを排出するために下剤を2つ飲んだらめっちゃおなかいたくなってます。検査自体はたのしいんですが。

今日はフランス大会、男子シングルFS。レビューはしているんですが、突然おなかが痛くなったときには富井が横から参加して書いてくれてるので、時々富井っぽい文章になっている箇所があります。おなかに免じて許してください。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 フランス大会、男子シングルFS。実況は振動さん、解説は織田信成将軍。

ロシアのアントン・シュレポフ。「シンドラーのリスト」より。4Sは着氷どうだったか。3Lz+3Tは成功。無理せずいきましょう。3Aは手をつきました。3Fはダブルに。うーん。キャメルスピンはいい流れです。ステップは滑り重視で長ーくすべってますね。2Aから後半。3Lzは転倒。3Loは足ついたかどうか。シットスピンからコンビネーションスピンはいいポジションです。最後にコレオシークエンスでフィニッシュ。いつ終わったのかわかりにくい形でした。183.98。

アメリカのトモキ・ヒワタシ。ストラヴィンスキー「ペトローシュカ」。4T+3Tを最初に成功。FSは自分の滑りでいきたいですね。4Tも決めました。3Aはぎりぎりでしたが大丈夫。シットスピンは回転速い。てきぱきです。大きなバレエジャンプから3Sも決めました。ステップはリンクをいっぱい使って大きな滑り。3A+2Tをしっかり決めて、3Lz+1Eu+3Fを決めてきました!やりましたね。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。イーグルから3Loで、最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。今回は実力みせられましたね。今後がたのしみです。227.43。

カナダのニコラ・ナドー。「デペッシュ・モード・メドレー」。3A+3Tから入りました。高さのあるジャンプです。4Tは両足でしたがまずまず。3Lo+2A+SEQもテンポよく。キャメルスピンはじっくり。ステップは緩急なかなかつけてますね。終わり際にぼんやり立ってるところがあっておもしろい。つなぎの部分はしっかりやってます。3Aから後半。3Lo+2T+2Tをここでもってきました。3F、3Sと成功しました。シットスピンは回転速い。コレオシークエンス。場内を盛り上げてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。音楽に乗った楽しい滑りでした。217.68。

イスラエルのダニエル・サモヒン。映画「ピースメイカー」より。学生服のような衣装。おもしろい動きから。3Lz+3Tから決めてきました。きれいなジャンプです。4Sは挑戦しましたが転倒。きれいな転倒です。3Aも華麗に転倒。3Loも両足だったか。キャメルスピンからコレオシークエンス。演技の一部って感じですね。3Lzはあぶないところ。シットスピンはいいですね。2Aもステップアウト。続いて1Aになってしまいました。ステップシークエンスはやや簡単だったかな。コンビネーションスピンはピースをメイクしました。193.66

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。ミューズ「アイ・ビロング・トゥ・ユー」。おいおい解説がないやんか。4Tから入りました。いいジャンプですね。3A+3Tも成功。今日はいけてますね。4Sは3回転になったか。キャメルスピンはゆっくりまわってますがいいのです。ボロノフおじさんだから。イーグルからの3Loはなんとか踏んばりました。ステップは音楽をよくつかんでますね。こういう曲の方がおじさんにはいい。3Lo+2T+2Loは決まりましたが3Lzはダブルになったし、次も2S。もったいないぞ。コンビネーションスピンもじっくりみせました。そしてコレオシークエンスでかっこいい表現。何を表しているのかはわかりませんがいいですね。シットスピンでフィニッシュ。最後の方ジャンプ決まりませんでしたが、できることはやりました。220.98。

ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「コンフェッサ」。4S+3Tをしっかり跳びました。いい出来です。3Aも余裕ありますね。3F+1Eu+3Sと大きなジャンプを跳んでます。3Loからキャメルスピンを経てステップ。大きな動きはでかいだけありますね。2T+3Tと2-3になりました。4Sは回転どうだったかな。3Fはノーカウントになってますね。シットスピンからコレオシークエンス。最後は向こうを指さしてフィニッシュ。でもほんとに力ありますよね。ジョージアは大事に育てよう。あー2回目の4Sは4Tだったみたいですね。だから次の3Fもカウントされるらしい。あってるかな。236.38。

宇野昌磨。ロビン「ダンシング・オン・マイ・オウン」。まず4Sは手をつきました。おしい。4Fもステップアウト。4T+2Tは決めました。3Aも転倒。まだジャンプは仕上がってないみたいですね。がんばってほしいです。キャメルスピンで仕切り直そう。滑りの部分はいいんですけどね。4Tは転倒。3S+3Tは決めました。3Aで転倒。これはしんどいですね。ステップはそれでも宇野らしいところをみせてました。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。苦しい滑りになったけどまだまだ。最後に笑ってればいいでしょう。前向いていこう。キスクラに誰もいないのが苦しい。215.84。

フランスのロマン・ポンサール。「グレイテスト・ショーマン」より。4Tは転倒。しっかりチャレンジしました。3Aはいいジャンプ。3Lz+2TもOK。キャメルスピンはちょっと遅いかな。3Loも成功。ステップシークエンスはゆったりしています。長い助走からの3A+2Tはアクセルでステップアウト。3Lzも着氷がもう一つ。シットスピンはまずまず。コレオシークエンスはかっこいい。3S+2Tはまずまず。コンビネーションスピンはバリエーションが豊富でいいですね。キスクラでも笑顔でした。ジャンプがもっと決まればフランスでもいい選手になれそう。215.64。

ロシアのアレクサンドル・サマリン。後ろに顔がかいてある。怖い。「グッド・ニュース」。4Lz+3Tを決めてきました。このビッグジャンプもってるのは大きいですよね。4Fは転倒。ぐるぐるまわってる時間が多い。4Tは決まりました。しかし3Lzで転倒。うーん。キャメルスピンは後ろの顔がいきる技。3A+2Tは詰まりましたがなんとか。3Lz+3Tはなんとか、3Loからシットスピン。もうちょっとエレメンツの間が埋まっててほしいですね。ステップはそれでも音楽表現がいいです。全体的にこんな感じがいいな。コンビネーションスピンでフィニッシュ。265.10。キスクラで三者三様にぼんやりしてる。活動休止間際のバンドみたいだ。

フランスのケビン・エイモズ。オマエがエイモズ先輩になれるかどうかの大事な演技ですよ。「lighthouse」。さすがのっけからいい滑りしますね。4Tはステップアウト。どんまい。イーグルでしっかり世界観を表現してます。スパイラルを前からとったいい映像。かっこいいです。4T+3Tはセカンドがいかんかったですがいいジャンプ。3A+2Tはでかいジャンプ。加点つきますね。ターンから3Loもいい。さすがエイモズ、どこにも抜いたところがない。キャメルスピンはポジションも回転もきれいです。つなぎの部分の表現がうまい。そこからの3Aもばっちりです。3Lzはステップアウトで単独。3F+1Eu+3Sをここで切り替えて変更しました。これも機転の利く。コレオシークエンスはほんとに芸術的な滑り。シットスピンからコンビネーションスピンで終わりと見せかけてステップが残ってます。躍動感のある滑りとエッジワーク。アイスショーをみているかのような芸術性でした。すばらしい演技!リンクをいい雰囲気で包みました。254.64!これは表彰台確定しましたね!

アメリカのネイサン・チェン。「ロケットマン」。4Lzは詰まって単独。3Lz+2Tはかえって珍しいくらい。4T+1Eu+3Fを決めてきました。でかいジャンプですねー。コンビネーションスピンもエレメンツじゃない、表現の一部としてとらえてます。3Aは余裕を持って降ります。ステップは音楽と一体になった演技。楽しんでます。4Sは前におりました。4Tもちょっと着氷よくなかった。3A+2Tからキャメルスピン。コレオシークエンスはばりばり踊ります。アメリカ大会よりも踊りこなしてる感じしますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。まだまだ試行錯誤というか、これからまだ上がると考えるとすごいですよね。297.16。ありがとうございました。

○最終結果:(シン・ゴジラの泉修一のセリフ的に)
1. 出世は男の本懐だチェン
2. 出世してるな、いいことだサマリン
3. 先輩の後継者なら任せとけエイモズ
4. クビテラシビリも地元は大事にしとけよ
5. そこに燃えんとは、ヒワタシ、なんでスケーターになった?
6. 自国のために他国を犠牲にするのは、ボロノフです

優勝はチェン。もう30点差がついてます。すごいわ。まだまだ上がるのがまた楽しみです。サマリンはビッグジャンプで2位をゲット。ロシアも育ってきてますね。

とはいえ今回はエイモズでしょう。このFalse Startが認めます。サンデュ先輩の後継者はオマエだ。長いこと探しましたよ。アモーディオがいっぺんそうなりかけたのですが、そうはならなかった。エマニュエル・サンデュ先輩への道は険しいのです。だからエイモズはがんばってほしい。国が違うとか関係ない。芸術的な滑りを極め、ヨーロッパチャンプを目指しましょう。がんばれエイモズ。

クビテラシビリは4位。今日はよくなかったですがちゃんと4位。まだまだ発展途上の選手ですよね。たのしみです。ヒワタシは5位。FSで自分の滑りができました。そしてなぜかボロノフおじさんが6位。いつの間に滑り込んだのか。赤坂さんの抜け目ない采配なのか。

【超便利】お湯を入れてすぐ食べられる!野外で非常食を食べよう!【2種レビュー】 (関西学生フットボールの情報もあるヨ)

先日ワークマンプラスにいってきたのですが、すごい賑わってて驚いたマイク松ですこんにちは。でもわかります、ワークマンの製品はいろいろなアパレルがすごい手軽な価格で、何より安いのに超丈夫です。遠慮なく着倒せるし、ポケットが破れて穴が開く心配もない。きてますよワークマン。

さて、今日はこのサイトにしては珍しく、実用性のある記事ですよ!最近富井副部長がはまっているもの、それはこれです!

お 湯 で 作 る 料 理

初めて一人暮らしをした大学生みたいな言いぐさですが違うのです。みなさん、お湯ってすごいと思いませんか?寒いこの時期は飲めば体があったまるし、何よりお湯を注ぐと料理ができるのです。

もちろんカップラーメンとかスープとか、日頃から便利な液体お湯で何か作っている方もいらっしゃるでしょう。でもみなさんが思われている以上にお湯でできる料理は多いのです。今日はたべてきた2つの料理をレビューしてみたいと、思います!

ということでわれわれは万博記念競技場にやってまいりました。ここで何かのスポーツイベントが行われるようです。そのスタンドでお湯を入れて作る料理を試してみようと思うわけです。本日はこの2種類!

作り方は超簡単!パックをあけて中のスプーン(入ってないこともあるよ)と乾燥剤を取り出し、中の線までやけどに注意しながらお湯を注いで、かきまぜてから所定の時間待つだけです。ちなみにカルボナーラは3分、ドライカレーは15分です(だいたいパスタものとごはんものは時間が違うらしい)。いっしょにつくって、先にパスタから食べ始めるのが吉です!

ということでまずはカルボナーラ。開けてみるとちょっとスープパスタっぽい感じになっています。たべてみるとこれがおいしい!一般的なカルボナーラのクリーミーな感じよりはスープっぽいですが、パスタっぽいいい弾力もあるし、味はばっちり。何よりあったかいのでいいです。富井と交代ですぐ食べきりました。

そして少し待つとドライカレーが完成。パックを開けると思いの外ドライカレーです。こちらはまったくおかゆ感もなく、ばっちりごはんです。たべてみてもおいしい!普通のごはんほどじゃないにしてもごはんの感じもあるし、結構ボリュームもあってもりもりたべられました。なにしろお湯だけでできるとするとほんとすごいです。

日頃から貧乏と災害に強い極東事務所を志向する極東事務所では(貧乏はいやです)、このような非常食や備蓄食をたべようといっていたのですが、今回ようやくたべられました。一度たべておけば本当の災害時でもだいじょうぶです。みなさんもぜひ試してみてください!

あ、みにいったスポーツイベントとは、関西学生フットボールリーグ、ファイターズ vs. パンサーズだったのですが、ファイターズは完敗でした。OLがディフェンスのラッシュをまったく止められず、ランはロスタックル、パスはQBが追いまくられて決められず。ディフェンスは前半はさっぱり、後半は改善したのですが、いかんせんオフェンスが点を取らないと勝てません。いいところなく負けました。メモ帳を忘れて携帯でメモをとっていましたが、途中でやめました。ラン×、パス×、パス×でパント、とかもう書き飽きたわ。

教訓!いろんな意味で寒い寒い試合に備えて、お湯とお湯で作るあったかいものをたくさんもっていこう!

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 フランス大会(2):女子シングルSP

緩衝材を自分で必要なだけ作れるマシン。めちゃくちゃほしいマイク松ですこんにちは。というかこれいい買おうとすぐに思いましたが、結構高かったので思いとどまっています。あれがばんばん作れるとかすごい。いいなー。

GPSはフランス大会、女子シングルSPです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 フランス大会、男子シングルSP。実況はカクザワさん、解説は荒川姐さん。

フランスのレア・セルナ。地元ですね。「エクスペリエンス」。2Aから入ります。いいジャンプ。3Lz+3Tも決めました。キャメルスピンもまずまず。あと1つ決めたい。スパイラルからの3Fもいけました。コンビネーションスピンはI字スピンが早かったです。フランス選手権4位だったらしいですが、結構実力つけてきてるのかも。ステップは体を大きく使えてます。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。これはいい演技できましたね。62.43。パーソナルベスト更新。ってコーチジュベールお父さんじゃー!

ドイツのニコル・ショット。スピードスケートみたいな衣装で出てきました。「コート・アウト・イン・ザ・レイン」。3T+3Tをもってきました。2Aは難しいステップから。コンビネーションスピンもしっかりまとめてます。昨年のドイツチャンプらしい。3Loは転倒してしまいました。もったいない。ステップは上下の動きもつけてがんばってますね。キャメルスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプ転倒はありましたがしっかり演技はできましたね。54.43。

アメリカのスター・アンドリューズ。「ユー・ロスト・ミー」。相変わらずカクザワは適当なこといってますね。3T+3Tは流れよく成功。スパイラルをはさんで2Aもいいつながりです。キャメルスピンからのつなぎもいいし、3Loもしっかり。ジャンプそろえましたね。コンビネーションスピンもいいし、ステップもがんばってる。レイバックスピンは曲が終わりそうでしたががんばりました。全体的にまとまりがあるいい演技。66.59。

ロシアのアリョーナ・コストルナヤ。新型MSですね。16歳でも体も大きくてよさそうな選手。「残された世界」より。スピードにのった助走から3Aを決めてきました。高さもありましたね。もう3Aは特別ではないのか。3Lzもいけました。3F+3Tは手あげで成功。さすがの新型の力。コンビネーションスピンも難しいポジションを難なくこなしてきます。これがシニア1年目とは。ジュニアGPファイナルの金メダリストですからね。レイバックスピンで締めました。これはすごい。なんだか今までの新型と違って長くいい選手になりそうな気がする。76.55。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。派手な衣装もってきました。こういう方がいいわ。今日の演技どうですかね。「マシュ・ケ・ナダ」ほか。2Aをしっかり成功。リズムにものってますね。次大事やで。3F+3Tはセカンドで回転足りませんでした。わかりやすく足りなかった。コンビネーションスピンもおもしろいポジションやってる。音楽が好きそうでいいことです。レイバックスピンは止まりそう。3Lzも回転微妙でした。キャメルスピンからいいステップに。これはほんとにメイテに向いてるプログラムだし、きわめてほしいです。56.35。

白岩優奈。白いきれいな衣装。「コンチェルティーノ・ビアンコ・フォー・ピアノ」。3Lz+2Tから入りました。2Aもしっかり。ランビエールさんの振り付けですが、確かに白岩らしい、やさしい雰囲気の振り付けでいいですね。ありがとうございますランビエールさん。シットスピンをしっかりやって、ステップにいきます。ピアノの旋律をよく表現してます。3Loもステップからの流れがよかった。コンビネーションスピンを軽やかにこなし、キャメルスピンでフィニッシュ。いい演技でした。自分らしいのが一番ですよね。すごいでかいぬいぐるみをもらってました。

ロシアのマリア・ソツコワ。久しぶり。「トゥ・ビルド・ア・ホーム」。3Loは単独になりました。深いエッジからの2Aは手をつきました。モロゾフの振り付けらしい。キャメルスピンとかで体を大きく使うのもモロゾフっぽいですね。3Fは転倒してコンビネーションになりませんでした。うーん。コンビネーションスピンは大きなI字スピンにもっていってます。ステップもエッジが深くていいエッジワーク。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプが決まりませんでしたね。まだまだ序盤、じっくりやりましょう。50.38。

アメリカのマライア・ベル。おでこもずいぶん絞って、大人っぽい演技にチャレンジしてきましたね。「ブリトニー・スピアーズ・メドレー」。2Aから、3F+3Tをしっかり決めてきました。コンビネーションスピンもしっかりいろんなスピンを組み合わせてる。技術あげてきましたね。3Lzも成功。自信をもって跳んでいると荒川姐さん。そしてこの振り付けはリッポンさんだそうです。なるほどわかりました。リッポンさんがこの自信をもたせているのか。おでこだけじゃなかったか。新たな一面を引き出しました。シットスピンでフィニッシュ。70.25。いい点でました。

樋口新葉。アメリカ大会に続いて。「バード・セット・フリー」。2Aもリンクを大きく使って成功。シェイリー・ボーンの振り付けだそうです。3Lz+3Tも流れがあってスムーズ。コンビネーションスピンは音楽にあわせたようないいスピン。このへんの技術はありますよね。3Fも高さ出てました。レイバックスピンは軸ばっちりですね。ステップにしても振り付けの意図をよく理解してます。パワーと表現力でロシアの新型に対抗しないと。いい演技でした。64.78。あれ?もうちょっと出てほしかった。

坂本花織。「ノー・ルーツ」。のっけからスピードに乗って、そこから3F+3Tを決めてきました。加点もついてるぞ。キャメルスピンもてきぱき。つなぎもしっかり解釈してましたが、なんと2Aで転倒。もったいないー。めずらしいですね。コンビネーションスピンで落ち着こう。3Loは着氷でバランスを崩しました。弱いステップアウトみたいになった。ステップはとてもパワフル。音楽もとらえてるし見栄えがします。レイバックスピンでフィニッシュ。64.08。あの2Aは痛かったですねー。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。また足が長くなってる。「Me Voy」。3Lz+3Loはあぶないところですが成功。2Aは軽々と。キャメルスピンは難しいポジションで回転速度もあります。スパイラルから3Fを手あげで成功。すごい技術です。レイバックスピンも加速する。ステップは細かいところとエッジを深くするところと。これが物語をうまく作れています。すぐにコンビネーションスピンにつなげてフィニッシュ。いやーどしどし表現力を上げてきてますね。いいことです。なぜかコーチがキスクラででかいハートをだっこしてます。74.24。あれで1位じゃないのか。

○SP終わっての順位:(シン・ゴジラのカヨコ・アン・パタースンのセリフ的に)
1. コストルナヤはどこ?
2. ザギトワがbetterな選択、不服でも?
3. それはベルが決める
4. アンドリューズの国では誰が決めるの?
5. この国で樋口が好きを通すのは難しい
6. さすが坂本の国、仕事が早い

コストルナヤがトップにきました。3Aの分だけ上にいったところですね。やはり強力です3Aは。今十分体が大きくなっているところであの演技は期待がもてますね。長く活躍できる選手になってほしいです。ザギトワは2位。表現力で十分逆転可能でしょう。世界チャンプですから。

なにしろベルが3位にきたのが驚きでした。かわいらしいおでこにとどまらない新しい世界を切り開いています。これもリッポンさんの力よ。おもしろいことをやってくれる。アンドリューズもいい滑りで4位。アメリカ女子も結構力つけてますね。樋口が5位にきました。パワーのあるジャンプは健在。FSでも上を狙いましょう。坂本はぎりぎり6位ですが、FSでどーんといい点出してほしいものです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 フランス大会(1):男子シングルSP

フォルス・スタート商会極東事務所では従業員の健康管理のため、休日に自転車でサイクリングを推奨しています。今日は富井とお湯をもって海辺に行ったのですが、コンビニに売ってるカップつきのインスタントコーヒーありますよね?アレがあるとお湯だけでリッチな気分になれますよ。お試しあれ。マイク松ですこんにちは。

GPSはもうフランス大会です。今日は男子シングルSP。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 フランス大会、男子シングルSP。実況は振動さん、解説は織田信成将軍。

ロシアのアントン・シュレポフ。GPSデビュー。ロシアのちょんまげみたいな感じのヘヤーです。ジョジョ立ちっぽいポーズからスタート。「コール・アウト・マイ・ネーム」。4Sに挑みますが転倒。助走のスピードが落ちてました。3Aは手をつきました。キャメルスピンはいいポジションです。体の動きもいいし。3Lz+2Tはオーバーターン気味でしたがなんとか。シットスピンから衣装の前をはだけてステップ。最近こういうのはやってますね。ステップも技術あるし、ジャンプさえ決まればいい戦いできそうです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。63.67。

フランスのロマン・ポンサール。地元でいい滑りしたいですね。「ポエタ」。4Tを決めました。ポンサールも跳ぶ4回転。3Aはステップアウトでした。それではなー。キャメルスピンはいいポジションでした。アメリカ大会の予定でしたがコンディションがよくなくてキャンセルしたらしい。3Lz+3Tは成功。シットスピンもポジションが低くて質が高い。ステップはよく体が動いてます。これ1発だけですからね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。まずまずいい滑りでした。77.48。

イスラエルのダニエル・サモヒン。「ホワイトナイツ/白夜」より。3Aはステップアウト、4Sに挑みますが転倒。うーん。キャメルスピンで落ち着こう。すごい曲が歌い狂っている。3Lz+3Tはそれに助けてもらったか成功。シットスピンからステップ。がんばってますが、もう歌しか気にならなくなりました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。70.84。盛り上がっていたのは場内じゃなくて歌じゃないですかね。

フランスのケビン・エイモズ。おもしろい感じです。プリンス「ザ・クエスチョン・オブ・ユー」。さすが表現力はおもしろいくらいありますね。4Tを決めてきました。つなぎ部分もしっかり。3Lzはすんごい軸が傾いて転倒。コンビネーションにできませんでした。キャメルスピンで切り替えようぜ。ステップからの3Aはばっちりでした。つなぎ部分がすばらしい。シットスピンへの切り替えも見事です。コンビネーションスピンでもただのエレメンツ感がない。そしてステップはダンスの要素が見事。みていて飽きない。これはすごい。ひょっとしてエマニュエル・サンデュ先輩の後継者がやっと現れたんじゃないですか。あのジャンプさえきめてれば完璧でした。これからはエイモズ先輩と呼ぶべきかもしれない。82.50。

カナダのニコラ・ナドー。カナダ大会に続く出場。「ドント・フォール・イン・ラブ」。印象的な滑り出しですね。3Aは手をつきましたね。これ解説ないやん。3T+2Tは決まりました。シットスピンからキャメルスピンと丁寧にこなしていますね。1つ1つやってる。3Loは大きなジャンプもなかなかこの構成では苦しい。ステップも丁寧ですがもう少しスピードを出してほしいですね。コンビネーションスピンは高速スピンでフィニッシュ。がんばりましたね。69.42。

ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「オールウェイズ・ウォッチング・ユー」。4S+3Tは成功しました。つなぎ部分はあっさりしてるけどジャンプは決めてるからね。3Aも決めました。キャメルスピンはまずまず。4Tは転倒しました。もったいない。シットスピンはこちらはいいポジションです。ステップはしっかり練習してあって動きがある。これが全体に行き渡ればいいのに。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いずれにしてもジョージア期待の選手ですね。78.79。

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。ボロノフおじさん出てきましたね。最年長記録伸ばしていこうぜ。クイーン「サムバディ・トゥ・ラブ」。4T+3Tは助走のスピードががっくり落ちたけど決めてます。あぶないぜ。次は3Lzがダブルに。なぜ。キャメルスピンは曲にあわなさそう。3Aはちょっとあぶなかったです。コンビネーションスピンはまずまずまとめてます。ステップはいいエッジワークなのですが音楽とはあってないですね。このちぐはぐさもボロノフおじさんの魅力です。そうなんです。76.60。

アメリカのトモキ・ヒワタシ。神戸出身のご両親ですがアメリカ生まれだそう。19年の世界ジュニアチャンプです。ワンリパブリック「ラブ・ランズ・アウト」。やはりいい滑りしますね。4Tはステップアウト。だいぶ緊張してるかも。3Aはシングルに。シットスピンは安定してます。キャメルスピンもいい。3Lz+3Tはうまくいきました。ステップは柔軟性をアピールできてる。コンビネーションスピンではビールマンスピンまでみせてました。本来の滑りではなかったですが、将来性を感じさせます。68.70。

宇野昌磨。宇宙っぽい衣装。宇宙ユニみたいだ。「グレート・スピリッツ」。のっけからスピンぽい動きで攻めます。4Fをばっちり決めました。すばらしいな。加点もついてる。4Tは転倒してコンビネーションにならず。シットスピンはしっかり。つなぎ部分もかっこいいです。3Aも転倒しました。2転倒はきつい。キャメルスピンで落ち着こう。コンビネーションスピンからステップでフィニッシュですが、今回はうまくいきませんでしたね。どんまい。79.05。

アメリカのネイサン・チェン。シャルル・アズナブルによる「ラ・ボエーム」。めずらしい曲調ですね。4T+3Tを確実に成功。3Aは手をつきました。めずらしい。キャメルスピンから4Fにいきます。2週間前から構成を変えたらしいですが、きっちり成功。ステップはほんとに情熱的で、曲調をしっかり表現できてます。このへんの表現力もすばらしい。シットスピンからコンビネーションスピンまで、最後まで表現できてました。これがチャンプですよね。キスクラではおもしろいヘヤーになってましたが102.48。

ロシアのアレクサンドル・サマリン。「ブルース・フォー・クルック」。久しぶりですねこの曲。4Lz+3Tを最初に決めてきました!でかいですね。4Fも成功。連発ですね。キャメルスピンは安定してます。次の3Aが決まるとほんとにでかいですがステップアウトでした。シットスピンは難しいポジション。コンビネーションスピンをここでもってきてます。この単調な曲でしっかりみせてますね。ステップはリズムをとらえてました。ジャンプ決まったのは大きいですね。やるじゃないですかサマリン。98.48。パーソナルベスト大幅更新。

○SP終わっての順位:(シン・ゴジラの泉修一のセリフ的に)
1. 出世は男の本懐だチェン
2. 出世してるな、いいことだサマリン
3. 先輩の後継者なら任せとけエイモズ
4. 宇野、まずは君が落ち着け
5. クビテラシビリも地元は大事にしとけよ
6. 首を斜めに振らないポンサールを集めて渡すよ

トップはネイサン・チェン。横綱相撲ですね。SPでちょっと悪いくらいがちょうどいいのですが、チェンの場合はかなり悪いくらいでないと。2位はサマリン。ビッグジャンプをしっかり決めてきました。でもFSではどうかな。上を追うより2位キープでいいでしょう。

3位はエイモズ。結構踊れると聞いてはいましたがあれほどとは。エマニュエル・サンデュ先輩の後継者の3つの資格の1つ、めちゃ踊れるというのを満たしました。ちなみにあと2つはおもしろいことをする、あんまり練習しない、ですが、3つめは満たさなくて結構です。FSではより力を発揮できる。上を狙いましょう。宇野は4位。まだコンディションが整ってない感じですね。でもせっかく海外にいるんですから、ピークコントロールも海外的でいいでしょう。5位はクビテラシビリ、ジョージアのためにがんばろう。6位はポンサール。地元をもりあげました。

全敗からの卒業 NFL2019 week9 NYJ@いるか

国際報道2019でみましたが、インドもラグビー人口は日本と同じくらいで、その4割が女子ラグビーらしいですよ。女性の社会進出の象徴になっているそう。近い将来インドも強くなってくるかもしれないなと思うマイク松ですこんにちは。イギリスに関連深いですしクリケットも強いので。

さて、全敗警察に目をつけられているいるか、今日はNYJ戦です。ホームやし、NYJやし、ひょっとしたらがあるかも。小さい期待をもってみましょう。

と思ったらNYJの最初のドライブでいきなりTDをとられます。ダーノルドやるじゃないですか。しかも相手にはRBベルもいるんですよね。暗雲。(始まる前から)

いるかは最初のドライブはパントでしたが、NYJがFGをミスってくれて助かりました。そこから次のドライブでTDをとります!ウィリアムズにパスが通りました。やらせはせんぞ。そして次のドライブでもパーカーにTDパスを通します。わーい!リードリード!

そして次のNYJのドライブではエンドゾーン前でわちゃわちゃしている間に結果的にINTになりました。失点阻止!と思ったらエンドゾーン1yd前でタックルされてセーフティをとられました。このへんから暗雲が。(ずっとやって) NYJにFGを決められ(よく守ったとも言えます)、前半はNYJ 12-21 いるか。

後半はいるかがFGを外した(サックされたから)あとは、お互いにFGをきめあう展開。そしてパントパントの展開。しかし4Qに入って今度はいるかがセーフティを奪います!ほんとはスナップミスでエンドゾーンに転がっているボールをおさえればTDだったのですが、おさえきれず外に出てしまったからなのですが。この辺からボールコントロールを始めます。

終了間際にNYJがFGをきめますが、オンサイドキックは失敗。試合終了、NYJ 18-26 いるか。

連敗からの卒業 (もとねた 歌詞)

スタジアム 芝生の上
すいこまれる空
無力さとリアルな危機 感じていた
ホイッスルが鳴り 地区順位のいつもの位置につき
何が悪く どうするべきか考えていた
ざわめく心 今俺にあるものは
意味なく思えて とまどっていた
レギュラーシーズンふらつき
俺達は風の中
虚無 瞳にうかべ 寂しく歩いた
うめき声とため息の飽和した店で
ファンタジー・フットボールのハイスコア 競い合った
退屈な心 得点さえあれば
何でも大げさにしゃべり続けた

圧倒的に強くなんて出来やしなかった
オフの時間 主力選手放出してまわった
逆らい続け あがき続けた
早く1勝したかった
信じられぬ他チームとの争いの中で
点を取られ いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでもプレーした
ひとつだけ解ってたこと
この連敗からの卒業

ということでいるかは全敗から脱出しました!めでたいです。昨年のweek14以来の勝利だそうです。相手がNYJでよかった。

いるかはフィッツパトリックさんが24/36, 288yds,3TD。今日は効果的にTDとれましたね。ランはトータル50yds。これでよく勝てた。パスはいろんな人がいろいろがんばってます。ウィリアムズとパーカーがTDキャッチ。あと今日はターンオーバーがなかったのです。セーフティはありましたけど。これが大きい。今までは華麗なターンオーバーの連続で負けてましたからね。ディフェンスは3sck,1INT。得点も低かったしえらいです。

NYJはダーノルドが27/39,260yds,1TD,1INT。病み上がりでしたっけ。でもそんなに悪くない。むしろランがトータル83ydsしか出なかったのをなんとかすべきでしょう。ベルも66ydsですからね。レシーブはほどほど。あとペナルティが10回105yds罰退でしょ。だいたいいるかの倍です。すごい。ディフェンスは4sckあびせてますし、いるかにそんなにとられてないことを考えれば今日はよくやったでしょう。

ともかくこれで全敗警察のマークからはずれます。でも最終的にドラフト全体1位はいるかのものだぜ★(黒星)