Archive for 19th 1月 2019

大相撲1月場所2019:5日目

矢後は新しいしこ名を蜻蛉(とんぼ)にしたらいいんじゃないかと富井がいってました。勝ち虫だし縁起がいいぞといっていましたが、矢後は本名ですから。実現したら歴史的におもしろいしこ名だなと思うマイク松ですこんにちは。遠藤は追手風部屋で大がつくから大豆(おおまめ)じゃないかといっています。

初場所は5日目。出世して新しいしこ名つけましょう!

5日目。実況は船岡さん、解説は正面が宮城野親方、向正面が春日野親方。豪華ですね。

栃ノ心が休場。まーじーかー。1人ずつどんどんいなくなっていくぞ。

大奄美×琴恵光。ちょっと引いた形での立ち合いの琴恵光だったが、しっかりつかまえた大奄美が上手投げ。消極的な立ち合いでしたね。

豊山×千代翔馬。千代翔馬肩すかしで豊山を下しました。キレありましたね。豊山はどうも後手に回ってしまいます。

大翔丸×琴勇輝。もろ手からいった琴勇輝に対して引いてしまった大翔丸、押し出されました。波に乗れない。

矢後×千代の国。いい当たりあい。千代の国が押し込みますが、矢後がつかまえました。千代の国もしっかり残していきますが、最後はよくわからない形で矢後が引き落とし。土俵際はよくわかりませんでした。

輝×明生。輝今日はしっかり突き押しで押し込みましたが、明生が土俵際で逆転のとったり。見事でした。

宝富士×勢。少しばんそうこうが小さくなった勢。それもあってか今日は頭からいって押し出し。気迫みせましたね。宝富士も頭からくるとは思ってなかったかも。

佐田の海×遠藤。遠藤もろ差しになりましたが、佐田の海は寄りをしのいで逆襲。遠藤が今度はしのいで最後は寄り倒しで決めました。攻防のあるいい一番。佐田の海は外四つでいい寄りをみせましたが、遠藤よく残しましたね。決まり手は浴びせ倒し。

魁聖×阿炎。阿炎突き押しでいきますが全然魁聖下がらない。なんとか攻め手を探そうとする阿炎でしたが、魁聖が押し出しました。今場所はしっかり相手をみてます。

朝乃山×大栄翔。朝乃山当たっていきますが、間合いがあいたところで大栄翔が引き落とし。最近はやってる形ですね。

阿武咲×嘉風。阿武咲速い突き押しで嘉風を中に入れず、突き出しました。どうも差し手をしっかりブロックされているのもあるかも。でも今日は阿武咲の相撲でしたね。

碧山×竜電。シュシュシュ突き押しで押し込む碧山、竜電が負けずに出たところをはたき込みました。相撲に迷いがない。

千代大龍×隠岐の海。オッキー兄さんが四つに組み止めて上手投げ。キセさんが引退した翌日から…。さすが次期暗黒卿!

琴奨菊×北勝富士。北勝富士突き放しますが、両はずをのぞかせた菊が出て最後は押し出し。間合いをしっかり詰めましたね。

御嶽海×玉鷲。玉鷲しっかり突き放しますが、御嶽海押されながらも右をのぞかせて最後は寄り切り。玉鷲は御嶽海苦手なんですよね。今場所もやられて7連敗。

貴景勝×妙義龍。貴景勝しっかり当たって妙義龍のおっつけを許さず。下から起こして押し出しました。妙義龍はどうも貴景勝苦手みたい。

高安×正代。いい当たりの高安、マサヨはなんとか差そうとしますが、押し返す高安。しかし徐々にもろ差しを作っていくマサヨ。それを嫌って小手投げに行った高安が呼び込んでしまいました。マサヨ寄り倒し。見事でした!

松鳳山×栃ノ心。栃ノ心休場で松鳳山不戦勝。ラッキー。

栃煌山×豪栄道。今日はゴーエードー右を差して寄り切り。珍しくいい相撲。

鶴竜×逸ノ城。逸ノ城右四つ左上手をがっちり引きました。いい体勢。でも鶴竜もなんとか体勢を作ろうとします。しかしがっちり上手を引いた逸ノ城が寄り切りました。鶴竜もわざわざ万全の形をやらなくてもいいですよね。逸ノ城大暴れです。

錦木×白鵬。実は全勝対決。白鵬がつっかけたかと思ったら、両手をついた錦木に待ったしました。なぜ。左四つになりました。そして白鵬が出たところを錦木が小手投げ!軍配は錦木でしたが、物言いで取り直しになりました。すごいな。また突っかけてる。突き押しあいから押し込んだ錦木が出ましたが、土俵際で白鵬が上手投げでなんとか白星。でも錦木よくやりました。こちらのイメージ以上に強くなってますね。

NFL2018 AFCディビジョナルプレーオフ IND@KC

『FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実』読んだマイク松ですこんにちは。『炎と怒り』に比べると取材もしっかりしてるし何より分量が多いです。全体的にはホワイトハウスはとらんぷさんのせいで仕事が滞っているという内容です。

フォルス・スタート商会極東事務所はここまで丁寧に証拠や取材を集め、丁寧に記述するまでもなく仕事はいつも滞っています。それどころかおかねを生み出す仕事はそもそもありません。LOVE&PEACE!

NFLはAFCディビジョナルプレーオフ。KCは勝利につながる仕事を滞りなくがんばってください。

・AFCディビジョナルプレーオフ、IND@KC、実況は別井さん、解説は生沢さん
・INDはプレーオフで28点差を逆転されて負けた怨敵、今年はしっかりやり返したいところですが、INDは波にのっています
・アローヘッドは雪が降る氷点下の天気、これはKCに有利か
・前半はKCペース、INDはオフサイド連発、どうもカウントにひっかかってるらしく1stダウンとれず
・KCはマホームズのいいパスがでて、ランTD2つでリード
・マホームズのお父さんはピッチャーで横浜で活躍したらしい
・十分リードしても安心できないなと思ったら、パントブロックからリターンTDを決められました
・やっぱりやばい
・2Qの終わりにマホームズがTDランを決めて大きくリード
・INDもFGのチャンスでしたが、ヴィナティエリがまさかのミスで前半はKC 24-7 IND
・後半はINDディフェンスもアジャストしたか、KCのオフェンスがうまく機能しません
・おまけにファンブルロストしたりしてピンチでしたが、逆にファンブルさせて攻撃権を奪い返しました、今日はディフェンス頑張った
・INDはなかなか点が入らず、ようやく終わり際にTDパスをヒルトンに決めるのですが、逆にKCも終了間際にウィリアムズがTDランを決めてだめ押し
・31-17でKCが勝ちました

・今日はとてもいい勝ち方でした、殴り合って勝つというよりしっかり守って勝った、よく準備していましたね
・KCはマホームズが27/41,278yds、TDパスはありませんでしたがランTDを決めて試合をしっかり作っていきました
・ランはダミエン・ウィリアムズが25att,129yds,1TD、ダレル・ウィリアムズとヒルも1TDラン、今日はTDはすべてランでした
・パスはヒルが8rec,72yds、ケルシーさんが7rec,108ydsとしっかり支えましたね
・ディフェンスは3sck,1FF、INDをトータル266ydsに抑えました、ラックのパスをディフレクトすることをよく徹底した感じでしたね

・INDはラックが19/36,203yds,1TD,1FLとよく抑えられました、イージードロップがあったのでほんとは2TDくらい
・ランはなかなかコール自体少なくてトータル87yds、レシーブはいろんな人ががんばってましたがヒルトンをしっかりマークしていました
・ディフェンスは序盤は反則もありましたが4sck,1FFといい活躍、でも序盤にアホアホオフェンスを止めきれませんでした

・KCは次のチャンピオンシップはチーム史上初めてホームで戦えるそうです
・どっちがくるんだろう、いずれにしてもベテランQBがやってきます