Archive for 16th 2月 2019

カーリング日本選手権2019 男子予選リーグ:札幌国際大学 vs. 名寄協会

夏木マリがDr.くれは。これはなるほどのキャスティングだなと思うマイク松ですこんにちは。なるほどー。

カーリング日本選手権は男子予選リーグ。札幌国際大学の試合たのしみです。

カーリング日本選手権、男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. 名寄協会。実況は西阪さん、解説は敦賀さん。

札幌国際大学は鎌田、宿谷、青木、岩井。というかもとTEAM IWAIで、みんなの進学に従って変わりました。名寄協会は長澤、藤井、板垣、竹田。ほとんど名寄の職員だそうです。

第1エンド、国際大はハウスに入れましたが、名寄はガードにしてきました。いきなりフリーズ合戦。名寄は強いショットで形を変えて、どんどん出してきました。お互いにダブルテイクアウトがうまくいかず、名寄はダブルテイクアウトで2点のところが、結局1点スティールされました。だー。

国際大はインフルが蔓延しているらしい。だいじょうぶかな。

第2エンド、名寄は長澤ホックラインに届かず。しっかりして。その間に国際大がいいセットアップ。結構慎重に投げてアイスをつかもうとしているみたいですね。青木のテイクアウトショットもミス。今回のシートはすごく曲がる設定になってるらしい。名寄が2点を取りにくる中で、国際大はダブルテイクアウトできず。名寄が2点とりました。

第3エンド、コーナーガードはありますがハウスの中をテイクテイクする展開。結局ハウスの中にストーンがなくなり、これはブランクエンドかなと思ったら、竹田がヒットアンドロールでばっちりガードに隠しました。国際大も1点とるしかなかった。

第4エンド、ハウス中央とガードをめぐる戦い。と書いたけどだいたいのカーリングはそうですよね。いまいち国際大がうまくテイクできないのに対し、しっかりテイクできた名寄。竹田が自分のショットでみんなでどうするか相談してる。敦賀さんもいいチームだといってました。岩井が投げるときにバランスを崩しつつもなんとか投げたりしてます。結局名寄が2点とりました。竹田がしっかり帳尻合わせた。

第5エンド、途中まではフリーズ合戦みたいになっていたのに、スキップのショットがうまくいかず、でもクリーンな展開になり、国際大が2点とりました。前半は4-4。

インターバルでは名寄はおまんじゅうみたいなの食べてる。

第6エンド、インターバルをはさんでお互いショットに狂いが出てくる。ところが結果的にフリーズ合戦になり、ハウスにストーンがごちゃごちゃしてきました。そんな中で岩井が難しいダブルテイクアウトを成功!敦賀さんも提案したショットを決めました。ここで名寄は勝負にいって複数点を狙いますが、それとは逆になんと国際大が4点スティールしました!えらいことになった…。

第7エンド、国際大はクリーンな展開を狙う。名寄はストーンをためますが、青木のダイナミックなテイクアウトショットが決まりました。シューターが上に上がるような。しかしその後は名寄が2点とりました。とったはとったけど。

第8エンド、宿谷が前のガード2つと中のストーンを全部トリプルテイクアウト。すばらしいショットになりました。でかい。ブランクになるかと思いましたが、国際大が1点とりました。

第9エンド、ぽんぽんハウスに放り込んでくる国際大。名寄はガード置いたあとでテイクにいくが、華麗にストーンの間をスルーしていった。最後はギャンブル的にドローを狙うが、これもスルーしてしまって国際大が4点スティール。ここで名寄がコンシード、国際大 13-6 名寄。

前半は結構いい勝負だったのですが、後半に崩れてしまいましたね。名寄はむしろ前半はリードしていたくらいだったのに、ちょっとギャンブル的なコールで崩れてしまいました。国際大も敵失に助けられたところもあったかも。そんなに力に差はなかったです。