Archive for 19th 2月 2019

カーリング日本選手権2019 男子予選リーグ:札幌国際大学 vs. コンサドーレ

清水音泉を救済したい。音泉魂は関西のイベントとしてもかなり質がいいし、がんばってほしいマイク松ですこんにちは。でもいつも日程が合わない。このKSRはいけるといいな。

カーリング日本選手権は男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. コンサドーレです。でも解説も注目ですよ。

カーリング日本選手権、男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. コンサドーレ。実況は曽根さん、解説は小笠原さん。まじで?!小笠原さん解説やってくれるんですね。

第1エンド、すごいてきぱきストーンを投げていきます。かなりブランクエンドになりそう。その間に小笠原さんがてきぱき情報を提供。増田さんみたいになってる。阿部さんは昔はリードだった、谷田、宿谷は将来性がある、青木はカーリング一家出身、松村は自覚が出てきている、岩井もいい顔してるとのこと。ガードの後ろに隠したりしましたが結局ブランク。

第2エンド、鎌田が2投目をスルー。なにやっとんねん。コンサドーレがストーンをためてきます。小笠原さんは明るい解説で今までにない感じ。それでいいと思います。コンサドーレは先攻でガード、国際大はテイクテイク。結局国際大は1点とらされる展開になりました。

第3エンド、センターライン上のストーンをどうやって残すかという感じの展開。宿谷は国際大の大学院生らしい。次第にストーンが減って、ブランクエンドになりました。

第4エンド、阿部さんは第2子がお生まれになったらしい。小笠原さんすごいたくさん情報入れてきますね。ハウスのセンターライン上にストーンが集中してきた。ハウスの中の3,4あたりがコントロールゾーンといって、この辺にストーンがあると相手にはじゃまになるらしい。コンサドーレはそこに並べてきて、国際大は割り込もうとしている。ごちゃごちゃしてきました。こうなる前になんとかしたかった。国際大は少しでも減らそうとするが減らない。

第5エンド、阿部さんの無精度、いや武将度が高まってきてます。コンサドーレはラストストーンに向けて難しいシチュエーションの罠を仕掛けます。岩井にプレッシャーがかかる。ラストストーンはほんの少しのびて、コンサドーレが1点スティールしました。惜しかった。

第6エンド、お互いの6エンドで悪くなる感はそんなになかった。コンサドーレは1点でおさえようとしますが、ナンバーワンを死守した国際大がラストストーンをドローして、2点とりました。同点に。

第7エンド、青木のパワフルなレイズのダブルテイクアウトが決まりました!これは強いですねー。その後はクリーンな展開になり、ブランクエンド。

第8エンド、ハウス中央に固まった国際大のストーンを谷田がトリプルテイクアウト。またクリーンな展開。ブランクになりました。

第9エンド、ハウス中央に両チームのストーンが並んでる。国際大はガードしたほうがいいんじゃないかと小笠原さんいっていたが、テイクにいったところで流れが変わり、お互いにテイクテイクしたらストーンがなくなりました。コンサドーレは自分たちが後攻で10エンドにいきたい。

第10エンド、コンサドーレはハウスに入れたあとガードをはずしてきます。でも国際大も負けずにフリーズしてごちゃごちゃしてきました。コンサドーレはタイムアウトをとってハードに形を変えようとしたら、中央に国際大のストーンだけが残りました。国際大もタイムアウトとってガードにしました。コンサドーレのラストストーン、少し押すイメージで投げましたが、ガードにかかってしまいました。試合終了、札幌国際大学 4-3 コンサドーレ。

意外な結末になりました。終始コンサドーレが押しているように思えていたのですが、終わってみれば惜敗。どうも相性的なものがあるんでしょうか。両チームとも技術高かったし、これは決勝でもいい戦いになりそう。

小笠原さんの解説おもしろかったです。情報がとても多い。自分で指示しているのもおもしろかったです。聞こえないし動かないし。ゲームみたい。