Archive for 21st 2月 2019

カーリング日本選手権2019 男子予選リーグ:札幌国際大学 vs. チーム東京

母による『クレイジー・ダイヤモンド』のコスプレ。そりゃ枕元にこれがいれば、自分もスタンド能力者になったと思いますよね。でもカーリングってわりとスタンド能力がいきるスポーツだなと思うマイク松ですこんにちは。

カーリング日本選手権は男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. チーム東京です。これで決勝進出チームが決まるようです。

カーリング日本選手権、男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. チーム東京。実況は飯塚さん、解説は敦賀さん。

第1エンド、探り探りと思ったら、最初からガードの後ろに縦に並ぶ展開。すごい。両角がどーんとレイズテイクアウトで形を変えました。最後はかなり遠いダブルテイクアウトがうまくいけばよかったのですが、うまくいかず東京が1点とりました。

第2エンド、ハウス周辺に微妙にどっちがナンバーワンかわからないストーンがある。最後までどっちなんかなという感じでしたが、国際大が1点とって、メジャーの末国際大が近かった。2点とりました。

第3エンド、テイクテイクでブランクエンドを狙っていきましたが、後攻の東京は残してしまって1点とりました。東京のスイーパーが転倒してそのあとうしろの方で次々転倒していました。神田にも温かい笑顔がみられました。めったにない。

第4エンド、テイクテイクでブランクエンドになりそうでしたが、偶然できたガードのおかげで、国際大が2点とることができました。

第5エンド、ガードの後ろの攻防。ひっかけたりスルーしたりしてます。国際大はテイクテイクしていましたが、最後に短かったりスルーしたりしてしまい、東京大チャンス。一気に3点とりました。

第6エンド、ハウスの前にガードがたまる展開。国際大はうまくガードの後ろに2つ並べていきます。しかし両角のいいテイクショットで後ろの構図がだいぶ変わって形勢が逆転。国際大はガードにひっかけたりテイクできなかったりしている間に、東京は1点とらせる形を作りました。国際大は1点とって同点に。

第7エンド、またガードの後ろをめぐる展開。国際大はダブルテイクアウトを危惧していいところにおくが、両角がまさかのスルー。しかしそのあとはガードの奥をダブルテイクアウトしました。シューターが残らなかったところで国際大はガードを作ってナンバーワンを守るもあまりうまくいかず。東京はブランクエンドにしたかったですが、ガードもあって1点とってしまいました。

第8エンド、コーナーガードの後ろをめぐる争い。東京の小さなミスをいかしてうまくテイクできないところに国際大は置いていきます。両角のテイクショットが自分たちのストーンを一掃してしまったので、国際大は3点チャンスも青木のショットがあまりいいところにいかず。東京はダブルテイクアウトのチャンスでしたが、神田のショットはノーズに当たって1つ止まり。国際大の3点チャンスに、東京はダブルテイクアウトじゃなくフリーズにいきました。しかしガードに当たってしまいました。4点チャンスも国際大は3点止まり。どっちもどっちですね。

第9エンド、みんなピールしたりスルーしたりとストーンが残せない。宿谷のダブルテイクアウトでストーンがなくなりました。東京はとにかくガードをつくり、国際大はテイクテイク。ブランクエンドになりました。

第10エンド、クリーンな展開になるかと思ったら、シューターが残ってガードになったためごちゃごちゃします。でもそのあとはお互いにいいところに置き合って、最後は東京が難しいダブルテイクが1つ止まりになったので、国際大が1点スティールしました。試合終了、札幌国際大学 9-6 チーム東京。

これでいろいろあって、1位札幌国際大学、2位コンサドーレ、3位名寄協会、4位チーム東京が決勝にいくことになりました。

なかなか両チームともに決め手を欠く感じでしたが、微妙な意味で最後まで目が離せない試合でした。最初はなかなかよかっただけに、アイスの変化になかなかついていけなかったのかも。チーム東京は決勝に残れてよかったです。再戦したら今度は倒したいですね。