Archive for 26th 2月 2019

カーリング日本選手権2019 男子決勝:コンサドーレ vs. チーム東京

思いついて朝スーパー銭湯にいってきたマイク松ですこんにちは。とてもすかっとしましたが、一日中眠かったです。善し悪しですね。サウナならそんなことないのかもしれませんがサウナは苦手です。

カーリング日本選手権はついに男子決勝です。どっちが勝っても初優勝です。

カーリング日本選手権、男子決勝、コンサドーレ vs. チーム東京。実況は曽根さん、解説は敦賀さんと小笠原さん。

第1エンド、後攻コンサドーレもガードをおいて攻めていきますが、途中からブランクの流れ。無事ブランクエンドになりました。小笠原さんは両チームともまだ慎重にいったとのこと。

第2エンド、コンサドーレはコーナーガードをおいてきました。東京はストーンをためていたのですが、両角がシューターも含めて全部出してしまいました。コンサドーレはうまくストーンを離して並べてテイクしづらい形を作り、最後は3点とりました。

第3エンド、清水の強力なテイクショットが正確にどしどしダブルテイクしていき、ストーンがなくなりました。強いです。コンサドーレは1点とらせる形を作り、東京が1点とりました。

第4エンド、東京はホックラインオーバーでコンサドーレが先に形を作ります。東京はなかなかダブルテイクアウトができない。コンサドーレはいろんなところに3つめをおいていきます。なんとか最後のショットでダブルテイクアウトできました。コンサドーレはヒットアンドステイで2点でしたが、松村がピールにして1点止まり。あー。

第5エンド、コンサドーレがまたストーンをためるが、今度は両角がダブルテイクアウトを決めました。がんばらないとな。しかしコンサドーレはガードの後ろにきっちり隠した。そして横に並べてプレッシャーをかけました。東京のラストストーンはその並んだストーンにひっかけてしまい、コンサドーレが1点スティールしました。スティール!?

第6エンド、いい位置に強いストーンを置いたコンサドーレはガードをおいてきた。そしてテイクされたところで松村が全部ストーンを出してしまいました。ブランクエンド。

第7エンド、コンサドーレはまたいいところ、Tライン上のコントロールゾーンにどしどしおいてくる。小笠原さんの教え通りだ。テイクもあわせて1点をとらせる万全の形。しかも松村のテイクでハウスの中央に1つある。東京のラストストーンは真ん中に入れたのですが、惜しくもほんのちょっと足りず、コンサドーレが1点スティールしました。

第8エンド、谷田がコーナーガードのウィックを狙うもスルー。コーナーガードのウィックも狙う時代になってきたと小笠原さん。5ロックルールの影響。そのあとはしっかりガードをダブルテイクアウト。東京はフリーズで対抗するも、松村にすっかりテイクされてしまいました。もう8エンドということで東京は1点とりました。

第9エンド、阿部さんのウィックは1投目は出てしまいましたが、2投目はばっちり。なんとかスティールの形を作りたい東京ですが、清水にテイクテイクされる。さすがうまい。でもなんとか2つの形を作りましたが、最後のガードはずれてしまいました。コンサドーレが最後のストーンをピールしてブランクエンド。

第10エンド、また阿部さんのウィックは1投目は成功するが、2投目はスルー。でもまあ10エンドは残るよりはスルーですよね。あとはテイクテイクを確実に決めて、ストーンがなくなったところで東京がコンシード。試合終了、コンサドーレ 6-2 東京。

コンサドーレがあぶなげない戦いができましたね。東京もプレーとして悪くはなかったのですが、コンサドーレにつけいる隙がなかったです。でも今回のメンバーで、SC軽井沢もいなくて優勝できなかったら本当に大変でしたからね。松村がインタビューの第一声はほっとしたというのもわかります。そのあとは最高のどやでしたが。

長らく苦労していたこのチームが優勝できてほんとによかったです。阿部さんおめでとうございます。冬眠明けのくまみたいになったかいがありましたね。