Archive for 3月 2019

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. フィンランド

自転車を買いにいったマイク松ですこんにちは。夢が広がります。うれしい。

カーリング世界選手権はフィンランド戦。今日は勝ってほしい。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. フィンランド。実況は田中さん、解説は両角弟さん。

前日のデンマーク戦はコミュニケーション不足から4回、5点スティールされて惨敗。レビューしてたけどやめました。今日はしっかりコミュニケーションするそう。頼むよ。フィンランドはイモネン、サルシオビルタ、ユハス、カウステ。

第1エンド、ハウスの中のストーンを打ち合って様子見。両チームとも慎重です。日本がドローの時に使っていないラインのところにストーンをおいたら、フィンランドのラストストーンはハウスに残ってしまいました。1点とりました。

フィンランドのコーチはカウステのお兄さん。

第2エンド、コーナーガードをめぐる争いで、最初はフィンランドのストーンがたまっていたが、徐々に日本は2点パターンを作りました。最後はヒットアンドステイで日本が2点とりました。今日は確実に2点とった。

第3エンド。たくさんストーンを入れていい感じで進めていたが、カウステがすばらしいヒットアンドロールでいいところに置きました。日本のラストストーンは微妙に伸びてナンバーワンとれず。フィンランドがいいドローを決めて2点とりました。

第4エンド、フィンランドはハウスの中、日本はコーナーガード。フィンランドはユハスが2つ連続でスルー。やばい。日本はコーナーガードの後ろに2つ隠してきました。カウステのラストストーンもスルー。どうした。日本はドローで3点とりました。

第5エンド、日本はセンターガードに隠してきました。スイープでしっかり伸ばしてばっちり隠したりしています。今日はよさそう。日本はどしどしガードしてきます。しかしダブルテイクアウトを決められて、ブランクエンドになりました。

カウステはヘアドレッサーでメイクアップアーティストでもあるらしい。

第6エンド、センターガードから攻めていく日本。後攻のフィンランドはどうも後手にまわってしまいます。日本はスティールのチャンス。がっちりガードしてフィンランドのラストストーンを待ちます。こういう戦い方ですよね。フィンランドのヒットアンドロールはうまくいかず、日本が1点スティールしました。

第7エンド、日本がセンターガードとその後ろに入れていい形を作りました。フィンランドはタイムアウトで考えます。日本もフィンランドもガードをごちゃごちゃおいてくるし、ハウスの中も混み合ってきた。フィンランドはなんとかドローで形を作ろうとしますが、日本はガードガード。フィンランドはレイズテイクアウトしかなくなりますが、うまくいかず日本が1点スティールしました。

第8エンド、ここから日本はストーンを減らすセーフティな展開。フィンランドはうまくヒットアンドロールで1点。さらに微妙な位置はメジャーしますが、ナンバーツーは日本で、1失点にとどまりました。

第9エンド、フィンランドはセンターガードを置きますが、中嶋がダブルテイクアウトに成功。周辺にストーンを置いて、フィンランドのラストストーンは伸びすぎました。日本がばっちりドローして3点とりました。ここでフィンランドがコンシード、日本 10-4 フィンランド。

やっぱりしょんぼりしてコミュニケーションがなくなると勝てる試合も勝てないですよね。切り替えが早いのも若いチームだからこそか。今回は強い中電という感じでした。

大相撲3月場所2019:12日目

輪行の記事を読んで自転車に乗りたくなっています。マイク松ですこんにちは。いいなー。

春場所は12日目。気がついたら結構終盤ですね。

12日目。実況は解説は正面が舞の海さん、向正面が宮城野親方。

炎鵬×豊ノ島。炎鵬が幕内で。右肩を痛めてるんですね。豊ノ島が押し込みますが、炎鵬が出し投げで崩し、最後は押し出しました。はじめての懸賞。

友風×石浦。石浦必死に回り込みますが、友風逃さず詰めて押し出しました。友風はこれまでカスタネット状態だったのですがやっと連勝。

琴恵光×輝。右四つから輝が右を強烈におっつけて寄り切りました。おっつけで琴恵光の動きを封じましたね。輝は勝ち越し。久しぶりです。

豊山×嘉風。差し手争いから嘉風がはたき込み。あっさり決まりました。豊山よくないですねー。

千代翔馬×明生。千代翔馬組んですぐに小手投げにいきますが、もろ差しの明生が寄り倒し。反応がよかったですね。明生は勝ち越し。舞の海さんも力をつけてきていると評価しています。

大翔鵬×勢。大翔鵬肩越しの上手から上手投げ。勢はいい立ち合いはしてます。

碧山×竜電。シュシュシュ突き押しから引き落とした碧山。これで10勝目。

矢後×宝富士。左四つになりました。宝富士の四つ。しっかり上手も取って寄り切りました。さすがに矢後もつかまってしまっては。

隠岐の海×松鳳山。オッキー兄さん登場。手を出していって左四つ右上手。がっちり引きつけて寄り切りました。そういう技もあるのか。でも有効でしたね。

照強×阿炎。阿炎もろ手から引き落とし。照強も中に入れませんでしたね。

千代大龍×琴奨菊。実はこの対戦は菊が11連勝中。突き押しをもろともせず左四つから突き落としました。今場所の菊はほんとにいい立ち合いしてる。

佐田の海×阿武咲。いい当たりから出る阿武咲。佐田の海も突き落としを狙いますが及ばず。阿武咲いい立ち合いでした。これが本来の相撲ですよね。

朝乃山×逸ノ城。立ち合い左上手をとった逸ノ城、すぐに上手投げでつぶしました。簡単な相撲でしたね。

大栄翔×栃煌山。栃煌山頭から当たって差しにいきますが、大栄翔がまわりこみながら突き落としました。大栄翔の動きよかったですね。

魁聖×正代。マサヨ立ち合いから小手投げにいきますが、魁聖体を寄せて残し、寄り切りました。マサヨの攻めも悪くない。

御嶽海×妙義龍。御嶽海押し込みますが、妙義龍がこらえてのど輪で崩し、もろ差しから寄り切りました。

錦木×北勝富士。北勝富士は朝おなかが痛かったりしたけど負け越したらなくなったそう。今日も下から起こして押し出しました。これが北勝富士の相撲。最初からこれができていればねー。

遠藤×玉鷲。なぜか遠藤には玉鷲は10連勝中。遠藤のいなしにあやうく土俵を割るところでしたが、なんとか残して押し出しました。遠藤ほんとにもう少しでしたね。

貴景勝×豪栄道。ゴーエードーしっかり当たってはたき込み。貴景勝もこれは残せませんでしたね。立ち合いで負けてはやっぱり。

白鵬×栃ノ心。右四つがっぷりになりました。これは力相撲かと思ったら、白鵬がしっかり上手を切りました。そのあとはしっかり遠ざけて、引きつけて寄り切り。上手を切る技術の有無が勝敗を分けたと舞の海さん。その通りですね。あれは栃ノ心離したらあかん。

高安×鶴竜。高安右四つ左上手。上手でぶんぶん振り回して豪快な上手投げ!強烈でしたねー。

大相撲3月場所2019:11日目

イチローさんの引退会見みました。まじかー。なんか信じられないマイク松ですこんにちは。平成の終わりにイチローさんも引退か。1つの時代が終わる感がすごいある。すごいさみしくなりそうです。

春場所は11日目。いつかはみんな引退する。そのときまでみんながんばろう。

11日目。実況は沢田石さん、解説は正面が芝田山親方、向正面が舞の海さん。

大奄美×琴恵光。大奄美が幕内で。琴恵光がもろ差しになって出て行きます。大奄美はきめようとします。琴恵光が出たところを小手に振って小手投げ。なんとか踏みとどまってます。

照強×千代翔馬。動いて上手をとった照強。出し投げで崩して寄り切りました。考えてとりましたね。千代翔馬は因果応報です。

豊ノ島×輝。豊ノ島のもろ差しをブロックした輝が突き落とし。豊ノ島負け越してしまいました。あせらず幕内の地力をつけて戻ってきてほしいです。

大翔鵬×明生。明生が立ち合いからしっかり突き放します。大翔鵬土俵際であてがってしのぎますが、しっかり明生が詰めて押し出しました。

豊山×矢後。突き押しあい。お互いいなして突き押します。矢後がどん引きではたき込み。まげで物言いがつきましたが反則はなかった。

佐田の海×友風。友風当たってどん引き。佐田の海追いますがなんとか友風がはたき込みました。なんか相撲がよくないんですよね友風。勝ったけどいやな感じです。

石浦×琴奨菊。石浦をしっかり追った菊が動きに対応して押し出し。体も動いてるしとてもいいですね。

朝乃山×竜電。朝乃山の突き押しをかいくぐった竜電が右四つ左上手。朝乃山も右四つはいけるのですが竜電いい体勢。頭をつけました。上手を遠ざけてます。朝乃山は巻き替えてもろ差しになりますが、竜電は左を絞って引きつけて寄り切り。あれでは朝乃山も下手が効きませんでした。

松鳳山×阿炎。阿炎の突き押しをあてがう松鳳山ですが、回転よく突いた阿炎が押し出しました。松鳳山消極的ですね。

隠岐の海×勢。勢立ち合いで下手を差しますが、オッキー兄さんが小手投げで転がしました。暗黒卿としてしっかり転がすことも修行のうちなのです。勢がんばれ。もう少しだ。大丈夫、今のでプロビデンスがね。

嘉風×阿武咲。阿武咲の当たりを受けながら差そうとする嘉風。どんどん圧力をかけて最後は引き落としました。嘉風勝ち越し。今場所はとてもいいですね。そろそろ本来の相撲をとってもらわないと。

碧山×逸ノ城。1敗対決。碧山の突き押しに対して受けながらまわしを探る逸ノ城。碧山も差しをすごく警戒していましたが、逸ノ城が圧力かけて最後は突き落とし。前に出られているのがいいですね。

栃煌山×宝富士。栃煌山左を差されてはたきにいきますが、宝富士がそのままついていって寄り切りました。栃煌山流れが悪いわ。

正代×妙義龍。妙義龍のおっつけに対して差しながら出るマサヨ。マサヨが寄り切りました。相撲やっと思い出してきたかな。

魁聖×錦木。錦木の差し手をブロックしてこれからという魁聖でしたが、バランスを崩して倒れてしまいました。もったいない。

遠藤×北勝富士。右四つになりました。北勝富士それでいいのかと思ったら、遠藤がしっかり体勢を整えて寄り切りました。北勝富士うっかり差してしまいましたね。

御嶽海×大栄翔。大栄翔の当たりをしっかり止めて出た御嶽海が押し出し。最近好調の大栄翔に全然相撲をとらせませんでした。

高安×栃ノ心。大関同士の対戦。一応ね。高安が右上手をとりました。栃ノ心が巻き替えにいったところを出た高安が出て、最後は突き落とし。栃ノ心も上手がとれないばかりか上手をやってしまいましたね。

千代大龍×豪栄道。ゴーエードーしっかり当たって押し出し。引きに警戒しながら攻めましたね。

玉鷲×鶴竜。突き押しで出る玉鷲を鶴竜が突き落としましたが、同時に鶴竜もダイブしました。物言いがつきましたが鶴竜の勝ち。

白鵬×貴景勝。今日の好取組。貴景勝はたきと押しで白鵬を追いつめますが、土俵際で白鵬にまわしをとられてしまいました。上手投げで一回転させました。はたきが多すぎた。もっと突いて押して出ないと。

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. 韓国

イチローさん現役引退を表明。まだまだ信じられないです。マイク松ですこんにちは。古巣はもろ手を挙げて迎えてくれるのでは…?全然ポジションあいてますよ…?

カーリング女子世界選手権は韓国戦。韓国めっちゃ強いんですよね。がんばれ。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. 韓国。実況は塚本さん、解説は両角弟さん。

韓国はキム・ヤン・キム・キム。全員19歳で、パシフィックアジア選手権、ワールドカップでも優勝しているそうです。強い。中電はいつものメンバー。

第1エンド、様子見かと思ったら簡単な構図ながらも攻め合いに。松村のすばらしいテイクショットが決まりました。ラストストーンは両チームともうまくいきませんでしたが、なんとか日本が2点とりました。

第2エンド、今度もシンプルながらガードの後ろの戦い。日本はいいペースできていましたが、ラストストーンをガードに引っかけてしまい、韓国が2点とりました。

第3エンド、ガードが並ぶ中後ろに置きに行く形。韓国は後ろにいれますが、松村のダブルテイクアウトがまた決まりました。素晴らしい。しかしランバックに失敗し、ラストストーンもガードに引っかけて、韓国が2点スティールしました。あやうく3点になるところでした。

第4エンド、韓国はほんとに技術ある。どしどし置きたいところに置いてきますね。日本も食い下がっているのですが。韓国はガードの間をすり抜けて2つみせてきました。これは難しいショットを強いてきます。日本のラストストーンは北澤がいいところに置きました。すばらしいです!日本が1点とりました。

第5エンド、ほんとに韓国はぎりぎりをしっかり狙える技術がある。日本はどうもガードをかわせない。韓国は早くもタイムアウトをとって最善策を探す。日本はプッシュしますが十分に押せず、韓国が3点とりました。

第6エンド、日本はどうもガードに引っかけてしまう。韓国はよくフリーズしてる日本のストーンも楽々テイクしてる。韓国は3つみせて日本に1点とらせる形を作り、日本は1点とるしかありませんでした。しかし楽にとれると思っていたら意外に伸びて、韓国が2点スティールしました。まじか。

第7エンド、韓国は日本のガードストーンをウィック、奥の方まで押し込んでしまった。そこまでやるか。ランバックもしっかり決めてくるし。日本は粘り強く置くしかないんですが、スルーしてしまいました。韓国はスティールではなく自分たちのストーンもガードとしてテイク。そしてランバックでシューターもハウスに入れて2点パターンを作りました。まじか。日本は1点とりました。

第8エンド、ガードを置きにいきますがホックライン超えられず、次はハウスに入ってしまいます。セットアップできない。韓国はもうストーンはいらないとばかりにスルー。ガードはてきぱきテイクするし、残すときは必ずシューターも残してくる。韓国が2点とったところで日本がコンシード。日本 4-11 韓国。

いやー韓国めっちゃ強いですね。これはすごい。隙がない戦い方。中電もまだまだ成長の余地がありますね。でも今日はさっぱりアイスが読めなかった。次いこう次。

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. カナダ

CDTVで私の平成No.1ソングという企画をやっているのですが、若いやつが生まれた年の曲を紹介していました。それぞれの曲があるんだなあと思ったマイク松ですこんにちは。ポータブルCDプレーヤー知らんとか言われたらもう何もいえんわ。まだあるで。

カーリング女子世界選手権はカナダ戦。強いぞーカナダ。がんばれ。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. カナダ。実況は田中さん、解説は石崎さん。

カナダはブラウン、ファーガソン、ウィルクス、キャリー。中電と比べてもでかいですね。パワーありそう。コーチはキャリーのお父さん。LSDで日本が後攻とりました。

第1エンド、ハウスの中のストーンをはじきあって様子見の展開。ブランクエンドになりました。

このあと中電の紹介VTRが。あれを紹介した2試合は勝ってるんですよね。吉兆。一番準備してた中嶋が微妙に遅れるやつ。

第2エンド、ガードを置いて戦闘開始。うまく日本はガードの後ろに隠れましたが、カナダがランバックでダブルテイクアウトを成功!さすがうまいです。クリーンな展開でヒットアンドロール合戦でしたが、カナダがうまくガードに隠しました。日本は1点とりにいきますが、うまくテイクできず、カナダが2点スティールしました。うーん。

中電のおひるごはんはおそらく清水が作ったであろうおにぎりだったそう。また田中さんのごはんチェックが。

第3エンド、前にストーンがたまってきました。両チームともにガードの間をすり抜けていきますが、カナダが先にひっかけてしまい、日本は2点パターンを作ります。最後は簡単なドローになって、日本が2点とりました。

第4エンド、コーナーガードをめぐる争い。日本はハウス周辺に散らしたところで、北澤のダブルテイクアウトが決まりました。カナダは次にドローで後ろに隠れて、日本はフリーズ。カナダのラストストーンはガードに当たってしまい、日本が1点スティールしました。これは僥倖!

第5エンド、ロングガードの後ろをめぐる争い。わりと後ろに通しやすかったが、カナダがひっかけてしまって日本チャンス。北澤のラストストーンでうまくガードの後ろにワンツー作りました。カナダはとても難しいショットでしたが、ドローはわずかに曲がらず、日本がまた1点スティールしました。これは戦略でとった1点ですね。

第6エンド、ガードストーンがハウス前にごちゃごちゃしてきました。日本はいいナンバーワンを作って、それをいろいろな形で守ろうとします。カナダもナンバーツーまではつくってくるのですが、日本のラストストーンはガードではなくフリーズになりました。2つ出すのは難しそう。カナダのラストストーンはその並んだストーンにそっと当ててナンバーワンをとりました。すごい技術!1点止まりでもすごい。

第7エンド、ハウス後ろの方にカナダのストーンが固まってきた。日本はその前のガードをはずして、その前にフリーズしてきました。カナダもそこに近づけてきました。まだ日本はナンバーワンで、2点目をとりにいきますが少し長すぎました。日本が1点とりました。

第8エンド、カナダはセンターガードをウィックしてシューターをロールインしてきた。これがすごいんですよね。日本はコーナーガードをテイクテイク。カナダのドローが少し伸びすぎてるようで、日本は1点とらせる形を作りました。カナダはスイープで引っ張ってなんとか1点。もう少しその前のショットで難しくしておきたかったです。

第9エンド、日本は石郷岡のウィック。うまく当ててはいるけどコーナーガード気味。カナダはガードを置いて、日本はテイクテイク。カナダのストーンをなるべく残さないようにします。とてもいいこと。うまくテイクできませんでしたが、カナダもガードに引っかけてしまったので、日本はドローでばっちり後ろに隠しました。カナダのヒットアンドロールはうまく決まらず、日本が2点とりました。これは大きい!

第10エンド、日本は普通に入れて、カナダはコーナーガードおいてきました。日本はさらにガード置いてきます。ファイブロックになって逃げ切る作戦はなかなか難しくなるそう。少しカナダのプッシュがあってまずい形になってきましたが、日本はタイムアウトをとって考えます。そして北澤のすごい狭いルートを通ったダブルテイクアウトを決めました!これはすばらしい!カナダは最後さらにすごい狭いルートを通ってテイクショットを決めますが、出し切れずに1点止まり。すごいチャレンジでした。試合終了、日本 7-5 カナダ。

カナダに勝てました。よかった。今回は勝負所でうまくショットを決めて、スティールを2点とることができました。なぜかカナダの調子もそんなによくなかったし、でもすごいショットをどしどし決めていました。技術はすごい。勝ててよかったです。

大相撲3月場所2019:10日目

BSPの偉人たちの健康診断は新しい歴史番組でみているマイク松ですこんにちは。今日の嘉納治五郎の回はほんとによかったです。そういうことになってたんかと。

春場所は10日目。力士がいるのも部屋で食べていけるからなんですよね。

10日目。実況は戸部さん、解説は正面が境川親方、向正面が立田川親方。

大翔鵬×千代丸。千代丸が幕内で。黄緑のまわし。押し込んでおいて思い切って引き落としました。もう少しで勝ち越しですね。

友風×千代翔馬。はたきにいった千代翔馬を押し込みにいきましたが、引いたところで千代翔馬が逆襲。最後は意味わからん感じで押し倒しました。

照強×輝。照強は足取りを狙いにいったのですが、立ち合いが不成立。照強いい感じで足がとれていたのに。3回目でようやく成立しましたが、輝はしっかりブロック、押し出しました。無念。

竜電×琴恵光。琴恵光とったり気味につかまえますが、竜電が徐々に上手をとって形を作ります。がっちり前まわしにして拝みながら寄り切り。琴恵光はもろ差しになりかけたのですが。

豊山×明生。明生しっかり立ち合いで間合いを詰めて、突き押しから押し出しました。明生の相撲も安定してきましたね。

豊ノ島×矢後。豊ノ島もろ差し!矢後も抵抗しますが、今日はしっかりもろ差しにこだわって寄り切り。絶対この取り口の方がいいですよね。

嘉風×勢。潜り込もうとする嘉風を必死にブロックする勢ですが、嘉風もしっかり動いて中に入って寄りきり。でもみんな勢のけがは知ってるんですよね。やさしい。

朝乃山×石浦。中に入ろうとする石浦。そしてとったりから振り回しますが、その勢いで崩れたところを朝乃山が突き落としました。スピードもあるし石浦悪くなかった。

碧山×松鳳山。碧山一度引いて下がりますが、松鳳山が出てきたところを出迎えるようにシュシュシュ突き押し。押し倒しました。下半身が安定してますね。

佐田の海×阿炎。阿炎いい突き押し。佐田の海なんとかつかまえようとしますが、阿炎が突き出しました。今日は自分の相撲とれましたね。

千代大龍×宝富士。千代大龍のど輪から引き落とし。はいはい。

琴奨菊×阿武咲。立ち合い差せなかった菊ですが、はさみつけてつかまえ、おっつけながら寄り切りました。つかまえてぱっぱと出たのがよかった。

栃煌山×隠岐の海。オッキー兄さん上手はとったのですが、栃煌山がすくいで崩して引き落とし。フットボールのようにセットしました。相撲では手ついちゃだめ!

錦木×正代。マサヨがもろ差しから寄り切りました。ようやく初日。よかったですね。錦木は負け越してしまいました。

魁聖×妙義龍。妙義龍が脇の下あたりをばっちりおっつけて寄り切り。魁聖の体浮いてましたよ。これが妙義龍の相撲なんですよね。めったにできませんけど。

御嶽海×遠藤。差しに行った遠藤、突き押しにいきます。御嶽海のはたきをなんとか残しましたが、続いた押しは残せませんでした。御嶽海しっかり粘れてます。

大栄翔×北勝富士。高校の先輩後輩対決。激しい突き押しあい。お互いにはたきますが残します。一歩も引かないという気迫を感じました。決まり手は大栄翔の突き落としでしたが、とてもいい相撲でした。

栃ノ心×豪栄道。ゴーエードー左上手をとりにいきました。栃ノ心に上手を与えず、上手ひねりで転がしました。いい勝負勘。

高安×逸ノ城。右四つになりました。高安が出て行きますが、逸ノ城が体を開いて突き落としました。これが決まるんですよね。

白鵬×玉鷲。白鵬がつかまえにいきましたが、玉鷲がふりほどいて小手投げから一瞬後ろにつきかけました。大チャンスと思ったら白鵬が後ろを向いたまま体をかわして突き落とし。まじかー。後ろが見えるんかな。

貴景勝×鶴竜。突き押しあいになりますが、貴景勝が中にぱっと入って最後は引き落とし。この突き押しの力ほんとにすごいです。引いていく鶴竜を逃しませんでした。

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. ロシア

今使ってるHDDレコーダーは時々機嫌を損ねて録画しないときがあります。今回それに当たってしまったのですが、後継機がだめだめで、モデルチェンジするたびに改悪されるという感じです。そんなメーカーあります?このメーカーのこのHDDレコーダーはめっちゃ使いやすいというのが心底知りたいマイク松ですこんにちは。

ということでロシア戦は途中からです。無念。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. ロシア。実況は塚本さん、解説は両角弟さん。

レコーダーの調子が悪くて、第5エンドの途中からしか録画できてませんでした。第4エンド終わって日本 2-4 ロシア。

第5エンド、日本のガードストーンがハウスの前にある。ロシアはハウスの中に2ついれていって、日本はそれをダブルテイクアウトしにいきます。2つは動いたのですが、1つはハウスから十分に動かず、ロシアが1点スティールしました。出てしまえば2点とれたのですが。

第6エンド、日本はストーンをハウスにおいていたのですが、ロールした位置が悪くてロシアにダブルテイクアウトされました。こういうときはミスしないですね。

第7エンドはクリーンな展開。なんとか日本は2点みせることができ、待望の2点とりました。やっととれた。

第8エンド、日本はガードの後ろに隠れますが、ロシアはランバックからダブルテイクアウト。強いわ。どうも日本は自分たちのストーンを残せない。最後のフリーズを狙ったショットもスルーしてしまいました。ロシアが2点とりました。

第9エンド、中嶋のウィックショットっぽく、ハウスの両サイドに散らせるショットがまた決まった。これはうまい。しかしそのあとはミスもあってロシアは1点とらせる形をつくりました。日本はまたウィック気味に2つのストーンを入れるショットにチャレンジ。1点とっても難しいですからね。しかしうまくいかずロシアが1点とりました。ここで日本がコンシード、日本 4-8 ロシア。

後攻でやっぱり2点とることができなかったのがつらかったですね。ロシアはミスもありながら、次のショットで必ず挽回してくるし、なんやかんやで日本に難しいショットを強いる。何よりセットアップがばっちりなのが強さのひけつでした。

大相撲3月場所2019:9日目

外国の切手に興味がでてきたマイク松ですこんにちは。おかねのかかる趣味ですよね切手集め。

春場所は9日目。テレビならおかねもかからない。でもいきたいです。

9日目。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面がもと豪風の押尾川親方。

志摩ノ海×豊山。志摩ノ海が幕内で。突き押しあい。豊山ののど輪が聞いてますね。しかし志摩ノ海はひるまず中に入って寄りきり。これで志摩ノ海勝ち越し。来場所は幕内ですね。めでたい。

大翔鵬×豊ノ島。豊ノ島いい出足からあと一押しで押し出しだったのですが、大翔鵬が持ち直して逆襲。押し倒しました。

千代翔馬×嘉風。左四つでまわしをとった嘉風。しっかりとったところで千代翔馬が小手投げでくずそうとします。しかし嘉風踏みとどまって最後は引き落としました。よく粘りましたね。流血。

琴恵光×明生。明生がいい踏み込み。琴恵光まわりこもうとしますが、がんばってついていった明生が寄り切りました。今日はいい立ち合い!あれがいつもできればいいですね。

竜電×石浦。石浦引きながらまわりこみます。竜電つかまえようと出たところを引き落とし。これは動きの速さで翻弄しましたね。

照強×矢後。突き押しあい。照強張り手にいきますが、矢後が突き落としました。張り手は一手遅れるんですよねー。

松鳳山×輝。松鳳山うまく中に入りますが輝が突き放します。しかし松鳳山がぱっとはたいてはたき込み。タイミングよかったです。

友風×宝富士。なんとかつかまえようとする宝富士ですが、友風がどしどし突き押し。引いてしまいますが、出られたところをはたき込み。動きがよかったです。だんだん幕内にも慣れてきましたかね。

碧山×勢。勢今日は負けずに出ますが、碧山が肩すかし。勢なんとかがんばってほしいです。けが人には優しい碧山。

琴奨菊×阿炎。阿炎の突き押しをあてがっていく菊。ぱっとかわされて菊も土俵をでかけますが、阿炎の体勢もよろよろしてしまい突き出されました。

隠岐の海×佐田の海。オッキー兄さんいい出足も佐田の海もろ差し。オッキー兄さんはきめてしのぎ、出られたところを逆転の小手投げ!なんと4連勝です。何が起こっているんだ。サカイマッスル的にいえばオッキーツースリーだな。

朝乃山×阿武咲。阿武咲突き押していきますが、朝乃山の突き落としにまた前に落ちました。うーんリズムが乱れると阿武咲は連敗があるんですよね。

大栄翔×錦木。突き押しあいですが、大栄翔が引いたところを錦木が出て行って押し出し。連敗を取り戻していかないとですね。

妙義龍×遠藤。妙義龍張り差しでいきましたが、遠藤がひるまず突いていく。妙義龍逃げますがしっかり押し出しました。立ち合いは迷ってはだめ。

魁聖×北勝富士。魁聖がおっつけて出ますが、北勝富士なんとか逃げます。魁聖負けずに出ますが、北勝富士がはたき込み。圧力に負けませんでしたね。

貴景勝×千代大龍。同タイプの力士。当たりあいになりますが負けない。貴景勝引きますが、しっかり出てきたところを落ち着いて突き落としました。北の富士さんも意外な抵抗といってますが、貴景勝もこんなところで負けてはだめですよね。

逸ノ城×豪栄道。好調同士の対決。逸ノ城が左上手をとりました。ゴーエードーも下手から投げにいきます。もろ差しにして出ようとしたところ、逸ノ城が上手を離して右からの小手投げ!これが決まりました。左上手にゴーエードーの意識が集中してましたかね。これはうまい。

高安×玉鷲。突き押しあいになりますが、玉鷲のおっつけがきいていい感じ。しかし高安が押し返して、玉鷲の張り手が空振ったところを押して押し出しました。玉鷲は押しに徹するべきだった。

栃ノ心×正代。栃ノ心押し込みますがマサヨもろ差し。栃ノ心は左上手のみ。これはマサヨの体勢ですね。栃ノ心は左上手でしのぎます。投げの打ち合いになりますが、栃ノ心が上手投げで投げ勝ちました。しのぎましたねー。

栃煌山×鶴竜。鶴竜頭から当たって押し出し。強さみせましたね。

白鵬×御嶽海。白鵬張り差しから左四つ右上手。しっかり引きつけます。御嶽海が巻き替えにいくところを出て寄り切り。万全でしたね。

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. アメリカ

サカイマッスル。ぜんぜんチェックせずに出してたのかな。むしろおいといて味わう企画でもやってほしいマイク松ですこんにちは。弊社は「フォルス・スタート・イントロダクション」とかになるのかな。僕はマイクウェイトかな。マイクウェイトですこんにちは。

カーリング世界選手権はアメリカ戦。がんばってほしいです。アメリカも強いんですよね。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. アメリカ。実況は塚本さん、解説は両角弟さん。

アメリカはウォーカー、テイラー・アンダーソン、サラ・アンダーソン、シンクレア。アンダーソン姉妹はふたごで、サラがお姉さんです。中電はいつものメンバー。

第1エンド、最初は様子見でしたが日本がコーナーガードおいてきました。積極的ですね。アメリカはSアンダーソンがすばらしいカムアラウンドでガードの後ろにおきました。日本はなかなかどうしようという感じでしたが、ラストストーンがハウスの上にとどまってしまい、北澤のダブルテイクアウトが成功。日本が2点とりました。

第2エンド、アメリカが作ったガードの後ろをめぐる戦い。日本がぽいぽい入れたストーンに対して、ハウスの前にガードが増えてきたので、日本は入ったストーンをガードにいきます。さらにガードをプッシュしていいところに置きました。アメリカに難しいドローをしいていきます。アメリカのラストストーンはガードに当たってしまい、日本が1点スティールしました。いいですね。

第3エンド、最初はハウス中央でフリーズ合戦だったのですが、また前にガードがごちゃごちゃしてきたので日本はガードを作ってきます。アメリカはガードをなんとかしたいのですが、一気に崩せず、日本はてきぱきとガードを再構築。アメリカは最後にダブルテイクアウトを決めますが、結局1点止まりでした。でもダブルテイクアウトすごい。

第4エンド、お互いにガードの後ろのストーンをソフトウェイトでテイクしていく展開。クリーンな展開ですね。しかし日本のショットがピールになってしまい、アメリカがガードの後ろに隠れました。押して1点とるかと思ったら、曲がりが悪く、アメリカが1点スティールしました。少し強かった。

第5エンド、スルーがあって日本流れがよくないですね。しかしやっときたチャンスで、アメリカのストーンをダブルテイクアウトして、日本のストーンが周辺に散らばる展開。シューターが出そうでしたが念力で残しました。アメリカは遠いストーンをダブルテイクアウトしようとしますがスルー。日本のラストストーンはのびすぎましたがなんとか残しました。日本3点とりました。

第6エンド、ブレイクあけで両チームともアイスリーディングに苦労しているみたい。日本のストーンはハウス後方でごちゃっとしていて、1投で出されそう。日本はガードの意味で前の方に置きます。しかし日本のラストストーンがのびすぎてしまい、アメリカはそれを押して2点とりました。

第7エンド、中嶋のガードのダブルテイクアウトでできたコーナーガードの後ろをめぐる争い。日本はワンツーとったところでアメリカは時間をかけて考えました。昨日の試合はフィンランドが持ち時間切れで敗れることがあったらしい。初めて聞いた。日本は2点パターンを作りました。アメリカのラストストーンはピールになりましたが、ラストストーンは伸びてしまって日本は1点止まり。

第8エンド、日本はたてに3つ並べて、アメリカはコーナーガードおいてきました。アメリカのコーナーガードがすごいごちゃごちゃしてきたが、日本はセーフティファーストでアメリカのストーンをレイズテイクアウトで減らします。簡単な形にはありましたが、アメリカは1点止まり。

第9エンド、日本のウィックは最初はスルー。しかしアメリカのガードが並んでしまったので、一投は入れて次にダブルテイクアウト。うまいですね。日本は2つストーンをみせていきます。アメリカはダブルテイクアウトをねらいますが、1つは出し切れませんでした。日本は2点とりました。ここでアメリカがコンシード、日本 9-5 アメリカ。

なかなかアイスリーディングがうまくいかず、北澤のショット精度もあがりませんでしたが、それでも勝負をものにできました。松村のショットがチームをいい方に向かわせてくれました。あと戦略もよかった。やっぱり相手のストーンを減らすのに越したことはない気がするんですが。

大相撲3月場所2019:中日

ちょっとした立食パーティーみたいなのに出たのですが、参加者がすごい勢いで食べるのをみたマイク松ですこんにちは。まずは腹ごしらえとばかりにめっちゃ食べてました。会話とかはあとまわしの精神に感服しました。

春場所も中日。まあたべるといえば力士ですからね。腹ごしらえはばっちり。とりあえず。

中日。実況は解説は正面が舞の海さん、ゲストに大谷亮平さん。軽量力士が好きらしい。

千代翔馬×徳勝龍。徳勝龍が幕内で。そういえば奈良出身ですね。しかし千代翔馬の肩すかしで転がされました。うーん。

照強×豊山。照強いい立ち合いで下から押し込み、はずから一気に押し出しました。ゲストの大谷さんも感服。

友風×琴恵光。右四つに組み合いました。琴恵光がどしどし寄っていき、下からあおって寄り切りました。友風は後手にまわってしまいましたね。もうちょっと最初からなんとかしたかった。

大翔鵬×嘉風。大翔鵬当たってすぐはたきも嘉風がついていって押し出しました。大翔鵬安易な取り口。それじゃあかん。

竜電×豊ノ島。竜電右上手を立ち合いでとりました。豊ノ島半身になってしまい苦しい。竜電いい形から引きつけて寄り切りました。上手をやったらいかん。

松鳳山×石浦。下にもぐろうとする石浦ですが、松鳳山それをブロックして、押し出しました。

輝×矢後。矢後の突き押しから引いたところを、輝が出て寄り切り。矢後は引き癖がついてますね。

明生×勢。勢がどんどん攻めていきますが、明生なかなかしのいでいきます。徐々に体勢を作っていく。勢は小手投げにいきますが不発で突き落とされました。いい相撲はほんとにとってるんですけどね。

碧山×佐田の海。碧山が立ち合いもろ手からはたき。省エネ。

隠岐の海×琴奨菊。オッキー兄さん好調の菊と。左四つで菊があおっていきますが、兄さんが上手をとって引きつけて寄り切り!おおー好調の菊をがっちり寄り切りました。何があったんだ。あ!そういえば今日寒かったもんね!(なんとか理由を探す)

朝乃山×阿炎。阿炎間合いを詰められて差してしまい、朝乃山ががっちりつかまえて寄り切り。阿炎は自分の相撲がとれませんでした。

宝富士×阿武咲。実は同郷対決。阿武咲立ち合いで押し込みますが、うまくまわりこんだ宝富士がはたきから突き落としました。同郷だけに負けたくないのかも。

錦木×千代大龍。千代大龍九重メソッドにいきますが、引いたところを錦木がついていってついに初日が出ました。冷静にとってましたね。ここから大逆転や。

大栄翔×妙義龍。妙義龍引いてしまい、そこを大栄翔が出て押し出し。先輩何やってるんすか。自分の相撲とっていこう。

御嶽海×魁聖。魁聖立ち合いから御嶽海を押し込んで寄り切り。ようやくこちらも初日。御嶽海はけががしんどいのかも。

貴景勝×遠藤。貴景勝今日はどしどし突いて突き出し。遠藤はだめな負け方ですね。何もできませんでした。

高安×正代。高安前まわしはとれませんでしたが、突き押しから押しだし。マサヨは8連敗で負け越し。立ち合いで受けてるんですよね。

栃ノ心×逸ノ城。栃ノ心左上手をとりにいきました。がっちり引いてますが逸ノ城はまだ上手がとれない。膠着しましたが栃ノ心が寄り切り。さすがにあの上手をがっちりとれたら強いですね。

玉鷲×豪栄道。玉鷲のど輪で押し込みますが、ゴーエードーが前まわしをとって引きつけて寄り切り。前まわしとりましたか。これはいい攻めでした。

白鵬×栃煌山。栃煌山がいい立ち合いから後ろにつきました。大チャンス大チャンス!しかし白鵬がいい反応からかいなを抱えて逆転の小手投げ!あの体勢から勝てるとはさすがですね。

北勝富士×鶴竜。突き押しあいですが、北勝富士をいなした鶴竜が押し出し。突き押しの北勝富士に勝てるんですから鶴竜の突き押しもかなり威力はあるんでしょうね。

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. スコットランド

今日は兵庫県立美術館にいってきたのですが、そこで展示されていた(本当です)、しりあがり寿アニメ「地蔵マンZ」が最高だったマイク松ですこんにちは。これは主題歌だけですが、これだけでもすごさがわかっていただけると思います。勇み足にみせてみたのですが、Mikeは「こういう曲が作れるようになりたいよね!」と絶賛していました。

さて、今日からカーリング世界選手権をみていきます!カーリングのある毎日が戻ってきただ。まずは女子、いきなりスコットランド戦です。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. スコットランド。実況は塚本さん、解説は石崎さん。

中電はいつものメンバー。スコットランドはシンクレア、スミス、ブラウン、ジャクソン。中電よりも若いチームです。全員学生らしい。

第1エンドは様子見になって、テイクテイクの展開になりました。スコットランドのサードがスルーしてしまい、日本は2点とる形をつくりますが、次のストーンがピールになってしまい、ブランクの気配。しかしラストストーンがハウスに残ってしまい、日本が1点とりました。まあとられるよりいいか。まだアイスを読んでいる途中。

第2エンド、日本がガードをおいて、後ろに入ってきたスコットランドの前につけました。いい形を作っていたが、スミスのレイズテイクアウトが決まった。やっぱうまい。なかなかガードに自分たちのストーンを隠すことができず苦しい展開。しかし北澤がダブルテイクアウトを狙っていい形を作りました。ガードの後ろにきっちり隠した。スコットランドのラストストーンは横のストーンにかかってしまい、日本が1点スティールしました。ほー!スコットランドのビッグエンドになりそうなところを救いました。

第3エンド、日本のストーンがハウスのはじっこに散らばっている展開。スコットランドはそれを自分たちのバックガードにする作戦。それが功を奏しています。しかし松村がダブルテイクアウト、北澤もラストストーンでダブルテイクアウトに成功!日本のストーンが5つあって、1点とらせる形をつくりました。ばっちりですね。スコットランドが1点とりました。

第4エンド、スコットランドのガードの後ろに隠しました。そのあとは日本はピールになったり、スコットランドがスルーしたり。日本はいいところにおいて、2点とりました。おー順調!

第5エンド、ガードの後ろに日本が複数並べていきます。1点とらせればいいですからね。でも自分たちのストーンを残せる力が発揮されてます。うまくいっていたのですが、最後のストーンが開いてしまいました。それをずらしてスコットランドが2点とりました。途中までよかったんですが。

第6エンド、スコットランドのショットがショートしてガードになった。日本はその後ろにぽいぽい置いてきます。ごちゃごちゃしてきました。これはすごい。日本は比較的いい形で作っていたが、日本がTライン前になかなかおけず、スコットランドにナイスポケットを作ってしまった。大ピンチだったがスコットランドのラストストーンはガードにひっかけてしまいました。日本はそのままでも3点でしたが、絶妙なチップをしてもう1点加えました。日本が4点のビッグエンド!すごい!

第7エンド、スコットランドはコーナーガードを置きます。日本はぽいぽい入れてきます。しかしスコットランドをアシストするようなショットが続いてしまいます。スコットランドはタイムアウトをとって考えます。しかし北澤がダブルテイクアウトを決めて、日本のバックガードも出しました。すごいな。日本は1点とらせる形を作りました。スコットランドはなんとか2点とろうとしてレイズでのダブルテイクアウトを狙いますが、結局1点でした。

第8エンド、なぜか前がごちゃごちゃして、その後ろで作り合う展開ですが、日本はうまく押すショットを使ってきます。スコットランドはレイズテイクアウトにいきますが、自分たちのストーンがバックガードになってしまいました。日本は手堅く2点をとったところでスコットランドがコンシード。試合終了、日本 10-4 スコットランド。

初戦をしっかり勝てたのは大きいですね。まだまだアイスの読みがうまくいかないところもありましたが、ストーンをためにいく中でもリスクを減らす戦い方ができていたと思います。この先も少しでも勝っていきたいですね。

大相撲3月場所2019:7日目

また温泉いってきたマイク松ですこんにちは。そこは医学的に気をつけているのか、水風呂が夏の海くらいの温度でした。確かに心臓発作とかは防げるのかもしれませんが、エンターテインメントには力不足ですよね。ヘルスとエンタの間。

春場所は7日目。エンターテインメントでもありますが、ヘルシーな状態はキープしてください。

7日目。実況は三瓶さん、解説は正面がなんと、もとキセさんの荒磯親方!向正面が雷親方。

大翔鵬×琴恵光。大翔鵬押し込んではたきましたが、琴恵光が右差し。ひねってから寄り切りました。大翔鵬も差されて動きが止まってしまいました。

石浦×豊ノ島。石浦まわりこんでもろ差しから寄り切りました。豊ノ島もスピードについていけてないですね。キセさんは攻め急いでいるとのこと。なるほど。

照強×貴源治。貴源治が幕内で。毎回激しいこの対戦ですが、照強がのど輪で押し込みます。貴源治が引いたところを出ますが、貴源治がつかまえて小手投げで投げ倒しました。

千代翔馬×輝。キセさんの太刀持ちだった輝、今日は立ち合いからしっかりつかまえて寄り切りました。いい相撲みせましたね。

友風×豊山。豊山が突き押しにいきますが、友風が差して下手投げで勝ちました。お互いなんだか違う取り口。

竜電×明生。頭で当たって押し込んだ明生。もろ差しになりました。竜電も必死に残しますが、明生が寄り切りました。気迫を感じましたね。

松鳳山×嘉風。松鳳山突き押しで押し込みますが、あてがって対応する嘉風。松鳳山が引いたところを寄り切りました。キセさんは踏み込み足がすぐ地面につくから圧力が伝わりやすい、2本の足で攻めているとのこと。なるほど。

佐田の海×勢。勢押し込みますが、佐田の海がもろ差しから寄り切り。立ち合いはいいんですけどねー。

矢後×琴奨菊。菊が左差し。矢後も上手をとりますが、強烈にがぶって、左からのすくい投げで崩して寄り切りました。元気に動けてますねー。

碧山×宝富士。碧山強烈なおっつけから押し出し。宝富士も圧倒されてしまいましたね。

隠岐の海×朝乃山。なぜかオッキー兄さんに強い朝乃山。しかし今日は解説にキセさんがいますからね。プロビデンスが味方になるはず。右四つで攻める朝乃山ですが、オッキー兄さんが巻き替え。朝乃山が巻き替えようとしたところをオッキー兄さんが出て寄り切りました。大気が…大気が摂理に満ちておる…!

千代大龍×阿武咲。九重メソッドで千代大龍。阿武咲はキセさんが期待しているといっていただけに、自縄自縛が影響したのでしょうか。引退してもなお。

阿炎×逸ノ城。回転のいい阿炎の突き押しを冷静にしのいだ逸ノ城が突き落としました。阿炎もなんともできませんでしたね。

栃煌山×妙義龍。2人ともキセさんと同学年らしい。おっつけあいになりました。妙義龍が差して出た。栃煌山は捨て身の首投げにいきますが、しっかりしのいだ妙義龍が送り倒しました。がんばりましたね。

魁聖×玉鷲。玉鷲のど輪で強烈に押し込みます。魁聖懸命に残しますが、的が大きいだけに押して押して押し出しました。確かに自分の相撲が戻ってきてる。

貴景勝×大栄翔。お互いに突き押しですが、貴景勝の突きが先に入って突き出しました。引かなかったのはよかったですね。引いてばかりだと行く先は九重メソッドですからね。キセさんも下に入っているので大栄翔の突き押しが無力化されているとのこと。

栃ノ心×遠藤。遠藤さっと差して一度引いたあともろ差しになりました。最後はあおって寄り倒し。いい取り口でしたね。先に攻めてます。遠藤のインタビューは鼻息ばかりでしたが、これに対してキセさんが「現役のときはわたしもずいぶんインタビュアー泣かせでした」といってました。

御嶽海×豪栄道。ゴーエードー張り差しからもろ差し。最後は送り出しました。いいときは張り差しもうまく決まりますね。キセさんも大関の相撲だといってました。

高安×北勝富士。北勝富士いい立ち合いからのど輪にいきますが、高安しのいでいきます。低くはずから攻めますが、高安は本当によく残します。右差しからいなして逆に送り出しました。粘り腰がよかった。キセさんもがまん勝ちといってました。腰高くらいが高安が一番力が出るらしい。

錦木×鶴竜。鶴竜いなしいなしで最後ははたき込み。まあこういう相撲でしのいでしのいでがこの横綱ですからね。錦木はよくがんばりました。

白鵬×正代。一度動きが止まったところで、張り手からかちあげのように突き倒しました。乱暴なようですがあれで吹き飛ばされたらいかんわマサヨ。

大相撲3月場所2019:6日目

7日目の解説はもとキセさんの荒磯親方でしたが、軽妙かつ積極的な語り口に、現役時代のあれなんやってんという盛り上がりが起きていますね。無理もないです。遠藤の無口な受け答えに「私も現役時代は困らせました」といっていました。でもずっと無口よりはいいですよね。これからは楽しく話せそうでよかったです。マイク松ですこんにちは。

春場所は6日目。軽妙かつ積極的な相撲とりましょう。

6日目。実況は太田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が錣山親方。

石浦×千代翔馬。千代翔馬突き押しからはたき。九重メソッドですね。

照強×大翔鵬。新入幕同士。下から当たっていった照強でしたが、大翔鵬が突き放したあと、かいなをきめて小手投げ。照強もたまらずかいなを自分から抜きました。

大奄美×豊ノ島。大奄美が幕内で。右四つになりましたが、豊ノ島が巻き替えるところを大奄美出ました。豊ノ島も土俵際で突き落としにいきますが及ばず。豊ノ島今は辛抱ですね。

豊山×輝。豊山の出足をおっつけて止めた輝が体を開いて引き落とし。うまく決まりました。立ち合いがよくなってますね。

琴恵光×嘉風。嘉風が両かいなを浅くのぞかせておっつけから押し出し。今日は嘉風の相撲とれましたね。

竜電×友風。友風いい突き押しで押し込みます。さすが尾車部屋。しかし土俵際で左下手をとった竜電が逆転の下手投げ!さすが差すと強いですね。友風相撲はよかったんですが。錣山親方も次につながる相撲と評価。

松鳳山×明生。明生立ち合いは押し込みましたが、下がった松鳳山が逆襲、突き出しました。強さをみせましたね。

佐田の海×矢後。突き放していた矢後ですが、左四つになったところで佐田の海が起こして寄り切りました。矢後もそのままいってたらよかったのに。

朝乃山×勢。右四つになりましたが勢いい形でも踏ん張りがきかないか。朝乃山が上手をとって寄り切りました。

碧山×琴奨菊。今日は碧山が一気に押し出しました。中に入れませんでしたねー。さすが碧山のパワー。

隠岐の海×宝富士。オッキー兄さんが左四つに組みました。あぶない!と思ったらしっかり上手をとって寄り、返しの上手投げ!おー宝富士に左四つで、わりと正々堂々と勝ちました。そういえば今朝冷え込んでたからなー。

千代大龍×阿炎。阿炎が待ったしました。さすがよく考えていますね。そして変化から突き落とし。すごい豪快な技でした。そうそう、そういう因果応報を千代大龍には教えてあげてもいいでしょう。

栃煌山×阿武咲。お互いに差し手争い。しかし栃煌山がどん引きしてしまい、阿武咲が押し出しました。あそこは引きどきじゃないやろ。

逸ノ城×遠藤。逸ノ城当たって当たってはたき込み。立ち合いにしっかり当たれてるのが好調の要因かも。

貴景勝×魁聖。貴景勝当たってすぐ突き落としから送り出し。いいタイミングでした。当たり切れてないのが気になる。

北勝富士×玉鷲。北勝富士の突き押しに後退した玉鷲だったが、土俵際で逆襲。北勝富士もまわりこんでしのごうとしますが、今日はしっかり追って押し出しました。自分の相撲とれてきましたね。

大栄翔×豪栄道。ゴーエードーの立ち合いの手が仕切り線から出ているといわれたのが悪かったか、大栄翔の突き押しに引いてしまいました。大栄翔の押し倒し。でも大栄翔の立ち合いが角度よく当たりました。

高安×妙義龍。妙義龍押しにいきましたが、高安がはさみつけて動きを止め、そのまま出て押し出しました。なるほど。

栃ノ心×御嶽海。御嶽海出て行きますが、上手をとりにいった栃ノ心が上手投げ。正面から受けるよりも肩越しでも上手をとりにいった方がいい。

白鵬×錦木。右四つになりました。錦木は白鵬の下手を抱えにいきます。強烈な小手投げにいきますが、しのいだ白鵬がもろ差しから寄り切り。錦木うまい攻めでしたが及びませんでしたね。

正代×鶴竜。鶴竜前まわしをとって一気に寄り切りと思ったら、マサヨが残してしっかりまわりこみました。鶴竜にあとは引かせるだけだったのですが、そこから鶴竜がはたき込み。マサヨよく残しました。

大相撲3月場所2019:5日目

昨日定年退職する先生の送別会を仲間内でやったのですが、今日は部署全体の送別会で、しかも昨日と今日、同じ会場でやるというおもしろい感じになりました。料理はだいたいいっしょだったのですが、マイク松は同じ料理を毎日食べ続けられる能力をもっているので平気でした。こんにちは。

春場所は5日目。力士もちゃんこばっかりで飽きないのかとかいう人いますが、力士は食べるのは仕事なので。毎日毎日同じ仕事で飽きないのかといってるようなもんです。

5日目。実況は三輪さん、解説は正面が春日野親方、向正面が甲山親方。

豊山×琴恵光。好調の両者。豊山が一気にもっていこうとしますが、残した琴恵光がはずについて最後は押し出し。土俵際の粘りというか。すくい投げで崩していきました。

石浦×白鷹山。白鷹山が幕内で。中に入ろうとした石浦でしたが、白鷹山がしっかりみて押し倒しました。

千代翔馬×豊ノ島。豊ノ島は押し込んではいるのですが、いなしから押し出されてしまいます。あのいなしさえ崩せばいいのですが。

大翔鵬×輝。大翔鵬はずっと千葉で相撲をとっていたらしい。大翔鵬が差しにいきますが、輝がいなしておっつけの体勢。小さくなって押し出しました。初日にも出たこの形。

友風×照強。新入幕同士。照強立ち勝ったのですが、足が流れたところを友風がはたき込みました。低くくると読んでいたのか。

竜電×嘉風。嘉風当たったあとで引いてしまいました。竜電寄り切り。嘉風はちょっとくらっときたのかも。

明生×矢後。突き押しあいから左四つがっぷりになりました。矢後は上手を切りにいきますがきれない。しかし明生の上手が一枚まわしで、矢後がしっかり寄り切りました。

佐田の海×松鳳山。松鳳山張り差しから上手をとって、豪快な上手投げで仕留めました。得意な相手なんですよね。

勢×琴奨菊。勢差しにいきますが、菊がいなして送り出しました。足が悪いのはありますが、菊も今場所は強いですね。

碧山×朝乃山。右四つになりました。朝乃山は逆の四つ。その前に碧山が小手投げで崩してのど輪から押し倒しました。力強い一番。これはのっていけそう。まあ先場所から碧山は好調をキープしてるんですよね。

宝富士×阿炎。阿炎は宝富士の左差しを警戒しながらどしどし突いていったのですが、押し込もうとしたところで宝富士の左からのいなしで崩され、宝富士が突き落としました。作戦と取り口は悪くなかった。

千代大龍×隠岐の海。千代大龍あたりには勝っておきたいところ。オッキー兄さんがもろ手からどん引きしたのですが、軍配千代大龍。しかしスローでみると明らかに千代大龍の手をつくのが早かったです。うそやん。物言いくらいつけてもよかったやん。ああいう微妙な一番は確認くらいせなあかんやん。でもこれでプロビデンスがいい方にまわっていくかもしれへんやん。うひひやん。

阿武咲×逸ノ城。逸ノ城当たってすぐはたき。5連勝だそうです。

栃煌山×遠藤。右の上手を立ち合いすぐにとった遠藤、これまた速攻で巻き落としました。珍しい決まり手。でもキレありました。

御嶽海×北勝富士。立ち合い御嶽海が押し込みますが、北勝富士がしっかり残して土俵中央へ。御嶽海が引いたところを北勝富士出て押し出しました。御嶽海も万全ならもっといけたかもしれませんね。

貴景勝×玉鷲。これはいい取組。お互いに押し合う展開。はたきもありつつ玉鷲が前に出て押し出しました。玉鷲らしい相撲がとれましたね。貴景勝も中に入れたのですが、はたきにいったところで玉鷲の逆襲をうけてしまいました。玉鷲はこれでのっていきたい。

高安×錦木。高安当たりから左差し。錦木を逃さず出て寄り切りました。立ち合いがよかったですね。

栃ノ心×魁聖。また栃ノ心に厳しい相手が続きますね。右四つがっぷりにすぐなりました。引きつけあい。存分に力比べが楽しめますね。しかし栃ノ心がうまく下手を切って、引きつけて寄り切りました。もっと長くなるかと思いましたが。

正代×豪栄道。立ち合いがばっともろ差しになったゴーエードーが寄り切りました。もろ差しの対決で負けたらあかん。

大栄翔×鶴竜。鶴竜当たってすぐはたき。はいはい。

白鵬×妙義龍。当たってお互いのいなしあいから突き押し。そこから白鵬がいなし、突き落としました。しかし白鵬が終わったあと首をひねっていました。痛めてないといいのですが。

大相撲3月場所2019:4日目

薬物なんて必要ありません!筋トレしましょう!。まじでかっこいいと思うマイク松ですこんにちは。聞いてるか!

春場所は4日目。薬物なんていらん!ギャンブルなんていらん!(あっ)

4日目。実況は厚井さん、解説は正面が鏡山親方、向正面が粂川親方。

千代翔馬×豊山。千代翔馬がいなして突き起こしいなしていきます。豊山しっかりついていって、粘り強く押して押し出しました。よく引かなかった。見事。

炎鵬×琴恵光。炎鵬が幕内で。中に入っていく。いい形をつくっていたが、左差しを琴恵光が右からの小手投げ!土俵にたたきつけました。しかし炎鵬よくとった。いい相撲でした。

友風×大翔鵬。新入幕同士。友風のはたきを残した大翔鵬が逆にはたき込みました。

石浦×輝。輝の圧力に下がった石浦でしたが、はたきから送り出しました。輝も悪くなかったのですが。

豊ノ島×嘉風。巨体で押し込んだ豊ノ島、全盛期を思わせる差し手でもろ差しから寄り切りました。これが豊ノ島の相撲ですよね。忘れてない。

照強×明生。照強が下から起こしたあとでたぐって崩し押し出し。なんたるスピード。これが照強の力ですか。やっと初日が出ました。はきはきしたインタビュー。

佐田の海×竜電。左四つでこれから竜電が形を作るかと思ったら、佐田の海が一気に寄り切りました。腹の上にのせる取り口。

朝乃山×矢後。矢後がもろ差しになりました。これはいけるだろうと思ったら、朝乃山が粘り強くとって最後は寄り切り。矢後もあそこまでいったら勝たないと。

松鳳山×琴奨菊。松鳳山うまく差しましたが、菊があおって寄り倒しました。松鳳山のひざが心配でしたがだいじょうぶそう。相撲が速いのがいいです。

勢×宝富士。勢は足のけがが大変そう。当たりはいいですがなかなか踏ん張れない。左四つになった宝富士が寄り切りました。

千代大龍×碧山。碧山突きから寄っていったのですが、土俵際で千代大龍が突き落とし。もうちょっとだったのに。詰めがよくないです。決まり手はすくい投げか。

栃煌山×阿炎。阿炎今日は立ち合いからどしどし突いて突き出しました。やっと自分の相撲で初日。ここからですよね。

隠岐の海×逸ノ城。オッキー兄さんは逸ノ城と。暗黒卿の技で逸ノ城をつっかけさせました。いひひひ。しかし立ち合いで上手をとられ、なんだかよくわからない回転で上手投げられました。ぐひひひ。(死)

阿武咲×正代。阿武咲が起こして起こして押し出し。マサヨは受けになってる悪いところを突かれてますね。

貴景勝×北勝富士。これは注目の一番。一度貴景勝がつっかけました。貴景勝いい当たりで押し込み押し合いになりますが、はたきあいになるとタイミングのよさで貴景勝でした。そんなにいい相撲ではないのですが。立ち合いで押し込んではいますからね。

御嶽海×玉鷲。のど輪でいく玉鷲ですが御嶽海まったく下がらない。ぱっと差した御嶽海が寄り切りました。玉鷲うまくいかないですねー。でも相撲をとろう。自分の相撲を。

栃ノ心×錦木。右四つになりました。栃ノ心が左上手を引きますが、錦木がもろ差しになって応戦。引きつけた栃ノ心が土俵際に寄りますが、錦木もなんとか残します。結局栃ノ心が寄り倒しましたが、錦木最後まで粘りましたね。明日につながる。

魁聖×豪栄道。ゴーエードー待った。魁聖がうまく寄ったのですが、ゴーエードーが逆転の上手投げ。いい動きはできています。

高安×遠藤。突き押しあいになりますが、遠藤が引いたところを高安が押し出し。遠藤はもう少し突き押しで崩したかったところですが。

白鵬×大栄翔。大栄翔白鵬に挑みます。白鵬は張り差し。大栄翔の突き押しに対して白鵬が引きましたが、なんとかはたき込みで勝ちました。ぎりぎりでした。なんとか勝ちました。でも大栄翔よくやりましたね。

妙義龍×鶴竜。妙義龍のど輪で押し込むのですが、鶴竜は弓なりになってこらえ、引いたところを押し出しました。

大相撲3月場所2019:3日目

ピエール瀧タイホのニュースが。ほんとにショックで立ち直れないマイク松ですこんにちは。どこにいってもニュースで出てるし。世間に遅れても当分はニュースサイトは見ないようにしないと。フルカウントデイリーポータルZだけみます。

春場所は3日目。ドラッグはダメ、ゼッタイ。ギャンブルもダメ、ゼッタイ。(あっ)

3日目。実況は吉田さん、解説は正面が陸奥親方、向正面が若藤親方。

大翔鵬×琴勇輝。琴勇輝が幕内で。いい感じで押し込んだが、大翔鵬がいなして押し出しました。大翔鵬やっと初日。よかったですね。

千代翔馬×琴恵光。千代翔馬のど輪で一気に押し込みますが、琴恵光が土俵際であみうち気味の突き落とし。おもしろい決め方でした。

石浦×豊山。石浦とったり気味に立ち合い、突き放しておいて引き落とし。よく動いてますね。そこから白星を拾っていこう。

友風×豊ノ島。当たって引いた友風。豊ノ島寄っていきますが回り込んだ友風がはたき込みました。引いてだめかと思いましたが。

照強×嘉風。照強のソルトシェイクに盛り上がります。立ち合いいなした照強。うまくついていった嘉風が出て行きます。照強とったりにいきますが、嘉風がうまく寄ってわたしこみ。これがうまかったです。

輝×明生。今日は突き放していく輝。うっかり組んだところで明生がいなして押し出しました。あのまま押していれば。

松鳳山×矢後。突き押しから松鳳山が張っていきます。矢後つかまえにいきますが、引いたところを松鳳山が押して押し出しました。矢後も前に出て行かないと。ちょっと遠慮がちでした。

竜電×勢。おっつけていく勢。竜電が上手を引いて形を作ります。勢が小手投げにいきますが、しっかり予測した竜電が起こして寄り切りました。展開をちゃんと読んでいましたね。

朝乃山×琴奨菊。けんか四つですが、菊が前まわしをとってがぶりにいきます。朝乃山踏んばろうとしますが足が流れて土俵を割ってしまいました。立ち合いがよかったです。今場所いいですね。

佐田の海×宝富士。佐田の海いい立ち合いでしたが、左をのぞかせた宝富士が出て寄り切り。うまかったですね。

隠岐の海×阿炎。阿炎がどしどし押していきます。いなしと押しで翻弄されるオッキー兄さんでしたが、土俵際で突き押しから逆とったりで引き倒しました。みましたか暗黒卿の暗黒の技逆とったり!若手には出せないこの味よ。

英乃海と翔猿って兄弟だったんですね。びっくり。

碧山×阿武咲。阿武咲いい当たりだったのですが、碧山がすぐはたき込みました。いい当たりで間合いがあいてしまいましたね。

栃煌山×逸ノ城。逸ノ城上手を取りに行きます。栃煌山出て行きますが、逸ノ城が上から押しつぶすような突き落とし。

千代大龍×正代。マサヨは引くのを待っていたようですが、なんか攻めないと千代大龍ははたかないんですよね。そういうの勉強して。

妙義龍×玉鷲。妙義龍おっつけから引き落とし。最後は突き落としでしたか。若藤親方はまだ上半身と下半身がかみ合ってないとのこと。片男波親方は相手を見すぎているといってるみたいです。

貴景勝×御嶽海。こんなところに今日の注目の一番が。貴景勝当たっていきますが、ばっちり止めた御嶽海がもろ差しから起こしていきます。貴景勝は御嶽海に5連敗してます。合い口が悪いのかな。

錦木×豪栄道。なぜか過去2戦は錦木が勝っているこの取組。今日は左上手をとったゴーエードーが寄り切りました。まあそううまくはいかない。

高安×大栄翔。大栄翔いい当たりから押して押し出しました。あれ?高安押し出されてますよいい相撲で。正面から勝ったのは自信になりそう。自信にしていい。

栃ノ心×北勝富士。北勝富士の突き押しに栃ノ心引いてしまいました。北勝富士押し出し。いい相撲とれました。

遠藤×鶴竜。遠藤もう少しで鶴竜を押し出せたのですが、鶴竜の土俵際のいなしで逆転。惜しかったですねー。でもこういうあぶない相撲を拾って調子をあげていくのが鶴竜なのです。ほんとに横綱?

白鵬×魁聖。魁聖は上手がとれず、白鵬は上手。前まわしもとって最後は寄り倒し。手順がよかったです。魁聖は横綱戦37連敗だそうです。そんだけとってるのも強い証拠ですけどね。

フィギュアスケート欧州選手権2019(4):男子シングルFS

何故かFolder「パラシューター」を聞いているのですが、いつも想像より三浦大知が上手くて驚きます。ほんとすごい。フィギュアスケート男子もそういうの希望(強引な展開)。解説は中庭健介さん、実況は小林さん。

イタリアのマッテオ・リッツォ。「クィーン・メドレー」4Tは美しいジャンプ。3A+2TもOK。3Lz+3Tはステップアウト。頑張れ。3Loは成功。キャメルスピンは回転が速くていいですね。コレオシークエンスも曲に合っててエレガント。3Aは手をついて止まってしまいましたが続く3F+1Eu+3Sもとてもいいジャンプ。3Lzも大丈夫。シットスピンも回転が速くていい。ステップシークエンスはノリノリ。スピードが落ちずに素晴らしい。コンビネーションスピンまであっという間。素晴らしい出来にコーチの方が嬉しそう。フリーのプログラムを変えてきたのですが、そうとは思えないリッツォの魅力を引き出すプログラムでした。247.08

ラトビアのデニス・バシリエフス。熱い応援団が来ています。映画「ラストサムライ」より。4Tの予定が3Tになってしまいました。3Aは転倒。続く3Aも転倒でコンビネーションジャンプになりませんでした。コレオシークエンスは素敵。キャメルスピンもOK。3Lo+2T、3Lz+1Eu+3S、3Lzとジャンプを持ち直します。3Fはやや両足着氷だったでしょうか。コンビネーションスピンはすごい。ステップシークエンスも素晴らしいツイズル。フライングコンビネーションスピンもいいですね。ああ、ジャンプがもったいなかったですが、後半調子が上がったのでとても盛り上がりました。219.50

スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。今シーズンで現役を引退するそうです。残念・・・。まだ上手くなりそうな感じなんだけどなあ。しかし長い間頑張りました。後は弟に頑張ってもらいたいですね。映画「マスク」より。4Tは高さがありました。3Aも高さはあったのですが転倒。3Lz+3TもOK。コンビネーションスピンもいいです。3Fは着氷が乱れましたがどうにか転倒せずにすみました。ステップシークエンスは動きがも白い。3Aも着氷が乱れコンビネーションになりませんでした。2A+3Tはいい。シットスピンもまずまず。3Sは軽快なジャンプ。コレオシークエンスも愉快でマヨロフらしい。コンビネーションスピンも最後のポーズになんとかつなげました。途中でネクタイの色が変わりましたが小林さんに言われるまで気づきませんでした。225.38

チェコのミハル・ブレジナ。「サンダー・ストラック」ほか。4Sはやや着氷が乱れましたが大丈夫。3A+3Tはいいジャンプ。4S+2Tは途中手をつきましたがコンビネーションになりました。すごい。シットスピンも回転が速い。ステップシークエンスはなかなか。コンビネーションスピンで音楽がかわって盛り上がります。3Lzも成功。1Aになってしまいますが、その後も1F+2T+2Loになります。もったいない。3Aも転倒。うーん、攻めたプログラムなんだけどな。コレオシークエンスはロックっぽい。足換えのコンビネーションスピンは良かったんだけどなあ・・・。ああ、シングルジャンプになってしまったのが残念。234.25

イタリアのダニエル・グラッスル。「Dance pieces」4Lzは転倒。回転もどうでしょうか。4Loは成功。3AもOK。3LoもなんとかOK。足換えのコンビネーションスピンはスピンの途中で音楽が変わりましたがこれは狙い通りなのかな。ステップシークエンスはちょっとスピードがないのかな。動きは面白いですが。3Lz+3TはOK。3F+1Eu+3Sも3Lz+3Tもなんだかぎりぎりな感じ。もうちょっと着氷の後がのびればなあ。コレオシークエンスのあとのシットスピンはポジションがユニーク。足換えのコンビネーションスピンのポジションも面白いし、シットポジションが得意ですね。今回はちょっと緊張したようですね。でも16歳でこれなら将来がとても楽しみ。236.70

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。映画「ドラキュラ」より。4Tは手をついてしまいました。スピードはあったんだけどな。3Lz+2TはOK。3A+2Tとこちらもセカンドが2回転ですね。3Loは成功。コンビネーションスピンもまずまず。ステップシークエンスはスピードがあっていいと思います。3Aは背中から転倒。2Lz+1Eu+2Sになってしまいました。もったいない。キャメルスピンもぼちぼち。コレオシークエンスはOK。3Fは成功。シットスピンでフィニッシュ。うーん、やっぱり怪我の影響なのかな。もっとジャンプがいい選手なんですが。それでも4回転が入れられるぐらいに回復したそうです。220.50

ロシアのマキシム・コフトゥン。兄さん!今日の兄さんは強い兄さんなのか、弱い兄さんなのか。「カルメン」4Tはややバランスを崩しましたが着氷しました。4Sは転倒。もう1本3回転を入れるかと思いましたが2Tになってしまいました。キャメルスピンはいいですね。カルメンぽい動きからのステップシークエンス。音楽に合ってます。3Aはステップアウト。2度目の3Aもコンビネーションになりませんでした。続くジャンプも2Loに。2Lz+1Eu+2S・・・これでは点は伸びないな。コレオシークエンスも元気ない。コンビネーションスピンはなかなか素晴らしい。足換えのシットスピンもいいのですが。コーチが大きくため息をつきました。うーん。演技中に足を痛めてしまったんでしょうか。216.18

フランスのケビン・エイモズ。「In this shirt」4Tはいいジャンプに思えたのですが転倒。3Lz+3Tは幅のある美しいジャンプ。3Aも高さがあります。3Loはステップアウト。足換えのキャメルスピンも美しい。イーグルからの3A+2Tも素晴らしいですね。3Lz+1Eu+3SもOK。3Fもいい。コレオシークエンスもドラマチック。シットスピンもいいですが、足換えのコンビネーションスピンも素晴らしい。そしてステップシークエンスがまた美しいのですよ。躍動感があって音楽の美しさと相まって芸術的。最後のポーズもいいです。おお、素晴らしい。最初の転倒を忘れるぐらいの出来でした。246.34

イスラエルのダニエル・サモーヒン。「Once upon a time in Mexico」飛距離のある4Tでしたが転倒。4Sも転倒。もったいない。3Loは成功。キャメルスピンはまずまず。コレオシークエンスはスピードがあっていいです。3Lz+2Tはなんとか成功。シットスピンはOK。2Lzは手をついてしまいました。次のジャンプも1Aに。3Aは成功。コンビネーションスピンは回転が速い。ステップシークエンスは曲に合っててすてき。最後のポーズもかっこよかったのですが、ちょっとジャンプの失敗が多すぎましたね。ジャンプは得意なのにな。217,17

ロシアのアレクサンドル・サマリン。映画「グレイティスト・ショーマン」より。4Lzはオーバーターンになってしまいました。でも、着氷。4Tは成功。3A+2T+2Loも成功。シットスピンもとてもいいですね。3Loは着氷がもう一つ。ステップシークエンスは慎重。でも、これだけジャンプで得点が入ればいい戦略。3Aも成功。3Lz+3TもOK。3Fもいいですね。キャメルスピンも丁寧。コレオシークエンスは身体が良く動いています。コンビネーションスピンもすごい盛り上がり。おお、やりました。最初のジャンプをよくまとめました。269.84。うれし泣き。いいシーンです。

スペインのハビエル・フェルナンデス。「ラマンチャの男」4T+3Tはセカンドジャンプがステップアウトでしたが最初のは素晴らしいジャンプ。4Sは完璧。イーグルからの3A+2Tも素晴らしい。コレオシークエンスも貫禄。シットスピンも素晴らしい速度。流れのある3A。イナバウアーからの3Loも美しい。2F+1Eu+3Sのあと、もう一度3S。続けてアップライトスピン。この辺つまっててレビューが難しいぐらい。ステップシークエンスは優雅。コンビネーションスピンはまた美しい。素晴らしい。さすがに完成度が高いですね。これで引退なんて信じられない。271.59

ロシアのミハエル・コリヤダ。「カルメン組曲」動きがいい。4Sは転倒。4Tは持ちこたえました。3Aも転倒。動きは悪くないのですが。シットスピンの回転も速い。コレオシークエンスのあと3Loで手を痛めたようです。3Tは成功。アクセルが1Aに。しかし3Lzは着氷。ステップシークエンスは手が痛いだろうに身体を大きく使っています足換えのキャメルスピンの回転も速い。コンビネーションスピンも素晴らしい。しかし終わった直後にやはり手を気にしています。残念。240.87

○最終結果(カレー的な感じで)
1.フェルナンデスキーマカレー
2.サマリン唐揚げカレー
3.リッツォチーズカレー
4.エイモズ薬膳カレー
5.コリヤダスープカレー
6.グラッスルゴーゴーカレー

コリヤダがもう一つの調子だったこともあり、大逆転でフェルナンデスが優勝。有終の美を飾りました。欧州選手権7連覇。素晴らしい最後でした。おめでとうございます。

2位はサマリン。今日もビッグジャンプを決めました。ジャンプ以外もブラッシュアップして来年は欧州チャンピオンの有力選手ですね。そして、3位がリッツォ。素晴らしい出来でした。これも国内で猛烈な追い上げがあるからですね。これからイタリアが熱い!

とはいえ、私はエイモズ推しです。芸術的なフィギュアスケートをこれからもきわめて欲しい。世界選手権も頑張って欲しいなあ。5位のコリヤダは実力はあるのですが、今日はコリヤダの日ではありませんでした。ロシアは古墳兄さんことコフトゥンといい、コリヤダといいちょっと波がありすぎですね。そこをもうちょっと工夫して欲しい。そしてイタリアの新星グラッスルが6位。次世代のスター候補。リッツォと次のオリンピックまで競い合いながら伸びていって欲しいです。羽生・宇野みたいになれば最高ですね。

大相撲3月場所2019:2日目

沖縄そば買ってきたマイク松ですこんにちは。2ヶ月にいっぺんくらいのペースで、駅ナカに特設コーナーが設けられるので、それを逃すとなかなか買えません。ミニサイズのこーれーぐーすがあるのもいいんですよね。

春場所は2日目。平成最後なので見逃すとなかなか。

2日目。実況は三瓶さん、解説は正面が高砂親方、向正面が玉垣親方。

大翔鵬×千代翔馬。千代翔馬もろ差しになりました。大翔鵬は巻き替えにいきますが、そこで千代翔馬が出し投げで崩して送り出しました。

千代丸×豊山。千代丸が幕内で。突き押しあいになりました。豊山押し込まれますが、おっつけに切り替えて、左から押し込んで寄り切りました。差さなかったのがよかったと高砂親方。

照強×石浦。小兵対決。しかし石浦変化ではたき込みました。照強も小さい相手だから当たってくると思ったところの裏をかきましたかね。

琴恵光×豊ノ島。豊ノ島いい当たりから一気に出ますが、琴恵光が土俵際突き落としました。豊ノ島の当たりをなんとかしのぎましたね。3年もたてば豊ノ島の相撲も変わりますよね。

輝×嘉風。輝今日はおっつけから押し出し。小さくなって押し込みましたね。

友風×明生。激しい当たりから突き押しあい。明生いなして思い切った当たりで押し倒しました。友風の相撲も悪くなかった。

松鳳山×竜電。松鳳山左差しから上手を狙います。竜電も粘って左を差し、右前まわしから寄り切りました。不利な体勢からよくねばって形を作りましたね。こういう相撲が大事でしょう。

矢後×勢。勢の中に入ろうとするところを矢後がはたき込み。タイミングよかったです。

朝乃山×佐田の海。突き押しあい。そこから朝乃山が土俵の丸みをつかったはたき込み。佐田の海もあれは残しづらいですよね。師匠は突き押しが使えるようになって相撲の幅が広がったとのこと。

琴奨菊×宝富士。菊がどしどし左から押し込んでいきます。宝富士もなんとかふりほどこうとしますが、しっかり追っていった菊が寄り切りました。今場所は動きがいいですね。やはり豊ノ島帰ってきたのが刺激になってるかな。

隠岐の海×碧山。オッキー兄さん登場。碧山の胸をどしどし突いていい感じでしたが、碧山の引きに崩されて押し出されました。押し出される瞬間は立ちくらみみたいにふらふらしてました。イルな負け方。

阿炎×阿武咲。今日は阿武咲が阿炎のもろ手をかいくぐって下から起こして押し出し。いい相撲とれましたね。

栃煌山×千代大龍。千代大龍九重メソッド。あっさり相撲に盛り下がる大阪。

逸ノ城×正代。マサヨ中に入ったと思ったら逸ノ城が小手投げでつかまえるようにして、体を寄せて寄り切ったような形。マサヨの相撲も悪くない。

貴景勝×錦木。貴景勝どーんと押して押し出し。今日もいい相撲とれています。前に出られてますね。

大栄翔×玉鷲。大栄翔いい当たり。玉鷲押し返しますが、はずから押した大栄翔が押し出しました。うーん。高砂親方はもう1回優勝したらいいとかいってたんですが。

高安×御嶽海。いきなり御嶽海は厳しい相手が序盤に続きますね。高安当たっていきますが、御嶽海は左を差して形を作ります。右はなぜか高安のひざあたりに置いてます。さがりをとってるんですね。高安も徐々に左を差していきます。膠着しました。長い相撲になってます。そして御嶽海がどん引きしたところで高安がついていって押し出し。あれだけ粘ってどん引きとは。もうちょい何かあったでしょ。

栃ノ心×妙義龍。栃ノ心にとっても簡単な相手ではない。左からの強烈なおっつけで右差しを封じた妙義龍が押し出しました。完璧な相撲ですねー。栃ノ心もまったく形作れませんでした。

北勝富士×豪栄道。またいつものようにつっかけさせておいて、当たって一気に押し出し。もうちょっときれいにいかんもんですかねー。

白鵬×遠藤。白鵬の当たりを遠藤組み止めます。そこからどんどんはたいて、出てくるところをいなして崩して押し出し。攻める相撲ではないですが省エネではあります。

魁聖×鶴竜。鶴竜左前まわしから起こして寄り切り。今日は形作れましたね。まあ作れたら倒せる相手でもないし。

フィギュアスケート欧州選手権2019(3):男子シングルSP

「いだてん」にはまってます。富井です。いだてん、異国での孤独を余すことなく描き出していて涙なくしては見られなかったです。フィギュアスケーターたちもこんなに苦労しているんでしょうね。さて、解説は中庭健介さん、実況は小林さん。男子シングルは37人滑走だそうで・・・無理無理、そんなに見られない。第6、第7グループ+マキシム・コフトゥン(ここを逃すともう見られなくなるかもしれないから)です。

ロシアのマキシム・コフトゥン。何故か3年ぶり4回目のロシア選手権優勝を果たしたコフトゥン。もうミッキー兄さん、オッキー兄さんと同じにおいしか感じないので古墳兄さんと呼んでもいいかもしれない。面白スケーターが絶滅しつつあるこの頃、最後の希望、最後の暗黒卿めいています。まだ23歳というのにも驚き。ナット・キングコール「L-O-V-E」ほか。ダイナミックなジャンプでしたが4Sは転倒。4T+3Tは成功。加点も素晴らしい。足換えのシットスピンの回転もはやい。3Aはランディングがつまりながらも成功。足換えのコンビネーションスピンもいいです。男性的なステップシークエンス・・・ちょっと元気がないかな。キャメルスピンは普通かな。最初のジャンプがだめだったのにもかかわらずコンビネーションジャンプは上手くいって持ち直してはいたんですけど・・・残念。でも復活してきているようで嬉しいです。87.70

チェコのミハル・ブレジナ。Queen「Who wants to live forever」4S+2Tは成功。3Fは跳べたのですが、手をついてしまいました。キャメルスピンはきれい。フライングシットスピンもかっこいい。3Aも手をついてしまったのがもったいない。ステップシークエンスは曲のビートによく合ってます。コンビネーションスピンはポジション変化が素晴らしい。取りこぼしはありましたが、よくまとめてきました。83.66。おや、まだコフトゥンがトップ!意外!

フランスのケビン・エイモズ。「Horns」動きがシャープ。4Tはバランスを崩しかけましたが持ちこたえました。3Lz+3Tも成功。ややあぶなかったけど。足換えのキャメルスピンも素晴らしい。3Aは入り方がかっこよかったのですが、両足着氷。シットスピンの回転もはやい。続けてコンビネーションスピン。ややバランスを崩したところがありましたが評価は悪くないよう。ステップシークエンスは曲によく合っているしアクロバティックなつなぎがかっこいい。動きがキレてました。ノーミスとはいきませんでしたが、いい出来に嬉しそう。88.02。コーチと抱き合っています。

イタリアのダニエル・グラッスル。16歳のイタリアチャンピオン。「レイン」ほか。いい滑り。高さのある4Lo!成功です。3Aは着氷が両足でした。しかし高さがあります。シットスピンも個性的なポジション。ステップシークエンスは丁寧。3Lz+3Tも着氷。キャメルスピンも身体が柔らかくてポジションが美しい。コンビネーションスピンも股関節の柔らかさを生かした独特の形。へええすごいなあ。これからが楽しみですね。81.69

イスエラエルのダニエル・サモーヒン。「Senza parole」4T+3Tは最初のジャンプで手をついてもコンビネーションジャンプに出来たのが大きい。4Sもバランスを崩しながら転倒を逃れました。キャメルスピンはまずまず。3Aは流れのあるジャンプ。足換えのコンビネーションスピンはとてもいいです。乗ってきました。ステップシークエンスの動きも素晴らしい。シットスピンまで流れが途切れませんでしたね。すごい。86.48

スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。「Bang Bang」今年は弟のニコライも出場しているそうです。見てなくてごめん。4Tは着氷。3Aは手をついてしまいました。キャメルスピンはOK。3Lz+3Tはバランスを崩しながらも持ちこたえました。シットスピンはなかなかです。ステップシークエンスもおもしろい。回転の速いコンビネーションスピン。渋いいいプログラムなんですがちょっとジャンプミスが多かったかな。79.88

イタリアのマッテオ・リッツォ。「Volare」素晴らしい3A。流れがありました。3Lzはステップアウト。キャメルスピンもポジションがきれい。ステップシークエンスも上手。3F+3Tも流れのあるいいジャンプでした。シットスピンもOK。コンビネーションスピンも素晴らしい。大技はありませんが、よくまとまっていました。ステップアウトがもったいなかったかな。81.41

ロシアのアレクサンドル・サマリン。「Cold blood」素晴らしい4Lz+3T。完璧でした。4Fは回転不足ですね。もったいない。キャメルスピンの回転もいいですね。3Aも見事なジャンプ。コンビネーションスピンもレベル4。ステップシークエンスも音楽によく合ってます。生き生きしてますね。足換えのシットスピンは最後ちょっと音楽に合いませんでしたが、最初のコンビネーションジャンプが素晴らしかったですね。あれは大きい。91.97。4Lz+3Tは19.64だったそうです。大きい・・・。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。30歳の最年長。「レクエム・フォー・ドリームス」素晴らしい4T。あまりに普通に跳びすぎて3Tと表示されていました。3Aはステップアウト。足換えのコンビネーションスピンもOK。3Lz+3Tも成功。キャメルスピンはポジションチェンジが欲しかったな。ステップシークエンスは頑張っているのだけど、レベル2になっていましたね。シットスピンもまずまず。84.19

ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「Bloodstream」4S+3Tは成功。3Aは着氷したかに思えましたがその後転倒。もったいない。コンビネーションスピンは回転が速い。4Tの予定が2Tになってしまい、ノーカウント。キャメルスピンはおなかがちらり。ステップシークエンスはちょっと元気がありません。足換えのシットスピンももう一つ。うーんシットスピンの終わりがいまいちだったからおしゃれな終わり方が生きませんでした。73.04

ロシアのミハエル・コリヤダ。「I belong to you」4T+3Tは成功。3Lzも簡単に決めてきます。さすがコリヤダくん。足換えのキャメルスピンも美しい。3Aも成功ですが、流れが少し止まりましたかね。ステップシークエンスも素晴らしい。シットスピンも回転が速い。コンビネーションスピンも歌っているよう。素晴らしい出来。なのにさほど喜ばないコリヤダ。100.49

ラトビアのデニス・バシリエフス。「Papa was a rollin stone」自信を感じます。スターのオーラかな。3Fは流れのあるジャンプ。慎重に跳んだ3Aでしたがなんとか着氷。すばらしいシットスピン。ステップシークエンスも上手になりました。でもコリヤダくんのあとだとちょっとスピードがないように見えます。素晴らしい3Lz+3T。キャメルスピンも素晴らしい。コンビネーションスピンもポジション変化がいいですね。順番が悪かったな・・・。でも良さは伝わりました。78.87

スペインのハビエル・フェルナンデス。この大会を最後に引退だそうです。「マラゲーニャ」。素晴らしいスピードからの4T+2Tはバランスを崩してもコンビネーションジャンプにしてきました。4SもOK。フライングアップライトスピンも回転が速い。フラメンコの振り付けもばっちり決まってます。3Aはステップアウトしてしまいましたがジャンプはまずまずです。コンビネーションスピンのポジションが素敵。足換えのシットスピンも回転が速い。ステップシークエンスは会場も拍手で大盛り上がり。滑りが素晴らしいですね。ノーミスではありませんが、上手くまとめました。さすが世界選手権優勝2回ですね。91.84

○SPを終えての順位(カレー的な感じで)
1.コリヤダスープカレー
2.サマリン唐揚げカレー
3.フェルナンデスキーマカレー
4.エイモズ薬膳カレー
5.古墳カレー
6.サモーヒン欧風カレー

1位のコリヤダは完成度の高さ。ミューズの曲も大好きなのでうっとり。曲に合ったスピン、ステップも素晴らしかったです。2位のサマリンも20点近くをたたき出すコンビネーションジャンプがすごすぎました。まさに唐揚げがのったカレーのような存在感にうっとり。

フェルナンデスは技とその間があまり差がないまさにどこを食べても旨いキーマカレーのような出来。エイモズもアクロバテイックな動きがキレキレでかっこよかったです。より上手くなった。

そして5位が古墳兄さんことコフトゥン。転倒があってもこの位置。やっぱり持ってるものはすごいんですよね。あとは集中力を切らさずフリーもやっていただきたい。なんと最終グループで滑ることが出来るとは。楽しみ。サモーヒンも出来不出来が激しくフリーに進めないことがあっても攻めた姿勢がこの成績につながったのでしょう。フリーも攻めて。

大相撲3月場所2019:初日

ろじぱらワタナベさんインタビュー。そういえば当サイトもいちおうテキストサイトですからいろいろ参考になります。マイク松ですこんにちは。ネタがないときはネタがないことを書けばいいんですね。ない!さっきまでなかった!

さて、今日から春場所が始まりました。大阪なのに今年も見に行けそうにないですが、がんばってほしいです。

初日。実況は大坂さん、解説は正面が北の富士さん、向正面は舞の海さん。

千代の国は休場。大事にしてほしいです。

千代翔馬×志摩ノ海。志摩ノ海が幕内で。初めてなのに千代翔馬は立ち合い変化。初日から。満員御礼なのに。危機感ないですねー。

大翔鵬×豊山。新入幕大翔鵬の初日です。突き押しで攻める豊山。大翔鵬はつかまえようとしますが、豊山は徹底して突き放し、引いたところを押し出しました。

石浦×琴恵光。石浦が帰ってきました。左四つで琴恵光出ますが、うまくかわした石浦がまたおっつけあい。琴恵光が一気に出たところを、後ろ向きだった石浦が背中からとったりで逆転しました。小兵同士のエキサイティングな一番。これは盛り上がります。

照強×豊ノ島。新入幕照強は久しぶりのソルトシェイカー。盛り上がります。豊ノ島はついに幕内に戻ってきました。久しぶりだとだいぶ大きくなってます。どんどんいなしていく照強ですが、豊ノ島は落ちず、押し込んでいって逆にはたき込みました。幕内復帰を白星で飾りましたね。3年ぶりのインタビューもうれしそうでした。

友風×輝。新入幕友風に輝。しっかり当たりを止めた友風がはたき込みで初日白星。やりましたね。実は同世代の2人。前2人の新入幕が負けたので土俵見ないようにしていたそう。おもしろいやつですね。

嘉風×明生。嘉風完全に立ち後れましたが、当たりをしっかり止めてはたき込みました。弟弟子の友風に続きましたね。

竜電×矢後。おっつけあいから左四つになりました。矢後が上手をとりましたが、その前に竜電が下手投げで転がしました。

松鳳山×勢。松鳳山少し左に動きましたが、しっかり対応した勢が押し出し。ご当所でいい相撲みせましたね!

佐田の海×琴奨菊。左四つになった菊、佐田の海が引いたところを腹を出して出て押し出しました。佐田の海も逆の四つですが組んでしまいましたね。

朝乃山×宝富士。実は近畿大学の先輩後輩対決。左四つになりました。しかし朝乃山もあおって崩して、最後は下手投げ。左四つで先輩に勝ちましたね。

碧山×阿炎。阿炎がどんどん突き押していくところ、碧山がタイミングよく突き落としました。阿炎はすねを肉離れしているらしい。

隠岐の海×阿武咲。オッキー兄さん登場。今場所の初日はどうかな。と思ったら阿武咲に一方的に押し出されました。誰も注目してないよ?

千代大龍×逸ノ城。逸ノ城はまわしをとれず、どしどし突き押しておいて突き落としました。こういう相撲もとれる。

栃煌山×正代。差していったマサヨに対して左差しで対応していった栃煌山。まわりこみながら崩して最後は肩すかしを決めました。左差しであれだけコントロールされるとねー。

錦木×玉鷲。優勝力士玉鷲。使えるうちに使っておこうこの称号。錦木のおっつけに苦戦しますが、のど輪で起こして押し出しました。まずまずの相撲でした。

貴景勝×妙義龍。兵庫同士。実は高校の先輩後輩同士。強烈な貴景勝の当たりに、太もも軽い肉離れの妙義龍は受け止めきれず。押し出されました。貴景勝はいい相撲で初日出せましたね。

栃ノ心×大栄翔。カドバンローテの栃ノ心。強烈なおっつけで大栄翔が押し込みますが、左にはたき込んだ栃ノ心が勝ちました。うーんそんなにいい相撲じゃない。

遠藤×豪栄道。ゴーエードー張り差しから押し出し。ご当所パゥワーですね。

高安×魁聖。魁聖の差しに高安上手をとれませんでした。左四つで両者上手を狙い、高安が起こして寄り切りました。落ち着いてましたね。

御嶽海×鶴竜。御嶽海はまだ足は万全ではないそう。おっつけあいになりますが、いなしからどん引きの鶴竜についていった御嶽海が送り出しました。よくついていけましたね。圧力がしっかりかかっていましたね。

白鵬×北勝富士。白鵬当たってすぐかっぱじいて突き落とし。省エネ相撲。北勝富士ももう少し粘りたかったですね。

フィギュアスケート欧州選手権2019(2):女子シングルFS

侍Jでヨシダが大暴れヤマモトもいいピッチングだったそうで。わかってると思いますが、自分のチームでもちゃんと活躍してほしいマイク松ですこんにちは。

欧州選手権は女子シングルFSです。

フィギュアスケート欧州選手権2019、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は岡崎さん。今日は第3グループからみます。それまでのトップはトート。

フィンランドのエミ・ペルトネンから。「SAYURI」より。3T+3Tはファーストは余裕ありましたがセカンドで詰まりました。3Lzはダブルに。3Sもダブルになりました。がんばれ。2A+1Eu+3Sは決まりました。シットスピンでとりあえず落ち着こう。つなぎの部分の表現力はあります。手の動きがいいのかも。次は1Lo、3Lo+2Tは決まりました。2Aからステップに。滑りはきれいなんですよね。ジャンプが抜けるのをなんとかすればよくなりそう。フィンランドやし。コンビネーションスピンも出来がいい。コレオシークエンスはイナバウアーをしっかりやってました。印象的。レイバックスピンでフィニッシュ。キスクラではしょんぼりしてますがランビエールさんに励まされています。170.03。トップにきました。

ロシアのスタニスラワ・コンスタンティノワ。このタイミングで滑るのは不本意でしょう、がんばれ。「アンナ・カレーニナ」より。3Lz+3Tを片手あげで成功。歓声もあがっています。2A+1Eu+3Sをここで跳んできました。3Loも決めていい入りです。ステップは音をよくとれてますね。エッジワークにも緩急がきいてる。2Aも成功。3F+2Tはなんとか。ちょっとスピードあげたい。3Lzはダブルに。レイバックスピンは少しトラベリング。スパイラルからの3Fは決まりました。コンビネーションスピンは多様なポジション。いい武器です。コレオシークエンスからキャメルスピンでフィニッシュ。いい演技できました。見事見事。189.72。本来の力出せました。

チェコのエリスカ・ブレジノワ。「トゥームレイダー」より。かっこいい衣装にしてます。こういうのがあうのかも。静かな立ち上がり。3Lz+2Tはセカンドで手あげ。3Fは回転不足かも。3Tからコンビネーションスピン。難しいポジションやってます。ステップをここで入れてきます。もっと激しい動きがほしいですね。3T+2Tとジャンプは決まってます。3Lzはツーフット。2A、2A+1Eu+2Sと決めました。シットスピンからコレオシークエンス。がんばれがんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よくがんばりました。シーズンベスト30点近く更新。すーごい更新してるんですよね。166.77。喜んでいます。

アゼルバイジャンのエカテリーナ・リャボワ。プルさんの弟子です。「オーロラ」ほか。3Lzはダブルに。イーグルをはさんで3Loは成功。コンビネーションスピンがんばってます。やっぱりちょっと緊張してるみたいですね。3Sまでスピードがぐんぐん落ちてます。ステップで勢いを取り戻したい。2A、2A+2T+2Loと跳んできます。3Lzは回転足りないかも。3F+2Tはなんとか。コンビネーションスピンからコレオシークエンスは結構技もってますね。レイバックスピンでフィニッシュ。よくがんばりました。何事も経験ですからね。これからこれから。163.17。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「ミッション・インポッシブル2」より。3Loはオーバーターンでコンビネーションにならず。3Lz+2Tは成功。3Fはあぶないところでした。2A+3Tでコンビネーションをリカバー。コンビネーションスピンはいい出来です。年々スピンはうまくなってる。ステップはもっとどしどしアピールしたい。2A+3Tをもう一度。いい出来でした。コレオシークエンスは大きなスパイラル。3Lzは手をつきました。3Sからキャメルスピン。ラストはレイバックスピンで締めました。まあいい演技ではあるんですが、どこかよくなるとどこか悪くなる。177.10。

ブルガリアのアレクサンドラ・フェイギン。チャイコフスキー「くるみ割り人形」。2A+3Tはスピード落ちてましたが成功。やはり軽さはありますね。3Lzはあぶないところでした。3Fは回転足りてたかな。ステップはもう少し音楽にあわせてほしい。2A+3Tをもう1回。コンビネーションスピンは1つ1つしっかり回ってます。3Lo+2T+2Loは跳びましたが3Loはあぶない。3Sからコンビネーションスピン。雰囲気は出せているんですが。コレオシークエンスからシットスピンでフィニッシュ。少しタイムオーバーかも。回転不足をだいぶとられてしまいました。164.20。

最終グループ。

フランスのロリーヌ・ルカブリエ。ベス・ハー「アイル・テイク・ケア・オブ・ユー」。見せ方がだんだんうまくなってますね。2A+3Tはセカンドで回転不足。3Fもなんとか。スピード上げていこう。3T+1Eu+2Sはタイミングが合いませんでした。リズムが悪い。コンビネーションスピンからステップ。ちょっとステップで勢いつけよう。いい感じ。キャメルスピンはいいポジションでいけました。2Aはすぐ終わりにジャンプ。3Lz+2Tはうまくいきましたが、3Lzはステップアウト。コレオシークエンスはぐるぐるまわってるだけでした。3Loからレイバックスピンでフィニッシュ。うーん本人も思ってるようにいまいちでしたね。でもがんばりました。キスクラに虎がいるぞ。ってジュベールお父さんでした。あんまり満足してない様子。180.05。

スロバキアのニコル・ラジコワ。大学を卒業して今はフルタイムで働いているそうです。それで最終グループか。「ドクトル・ジバゴ」より。3Lzは手をついてコンビネーションにならず。3Lo+2Loは回転足りてたかな。3T+2T+2Loを跳んでキャメルスピンはいいポジション。回転も速いです。コレオシークエンスをここでもってきます。まずまず。つなぎ部分でもう少しスピードほしい。3Loは成功。3Tからコンビネーションスピン。2Aは転倒。ステップはいい表現力でみせてますね。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。コーチのお父さんも喜んでますね。もっと国も支えてあげて。169.03。

フィンランドのヴィヴェカ・リンドフォース。「レ・ミゼラブル」より。真っ赤な衣装です。勇壮な始まり。すごい。3Lz+3Tを決めてきました。高さもあります。3Loはステップアウト。3Fは成功。キャメルスピンはいいポジション。音楽にも心なしかあってるような。コレオシークエンスも雰囲気作れてます。3Lz+2Tは3-3の予定でしたが自重。2Aは成功。ステップは体全体をよく使ってます。3Sはちょっと前におりました。2A+2T+2Loを跳んで、レイバックスピンはいいポジション。得意のスピンで店とっていこう。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これはよくがんばりました。今の力はしっかり出せましたね。194.40。トップに来ました。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。横綱登場。ビゼー「カルメン」。またこれがいいんですよね。始まりから手拍子。2Aは流れがあって質が高い。3Lz+3Tはセカンドで転倒。これは惜しい。3Sは降りました。2Aも音楽のタイミングあわせてます。キャメルスピンはいいポジションでてきぱき。コレオシークエンスもいい表現を入れながら。3Lzは回転足りてないですね。3Fはタイミングが合わずにコンビネーションにならず。3F+2T+2Loもうまくいかない。ちょっとコンビネーションスピンで落ち着こう。ステップは難しいエッジワークをこなしています。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん横綱にしてはよくない演技でしたねー。キスクラもお通夜です。うわーFS3位。198.34。貯金でトップにはきましたが浮かない顔。

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。これは大チャンス打線きましたね。「バーレスク」より。3F+3Tを決めました。いいぞ。3Lzも成功。3Loと決めてつなぎの部分もしっかり。ステップはよく雰囲気作ってます。安定感ある。堅実にいこう。シットスピンは音楽の終わりにうまく入れました。音楽変わってのっていきたい。3Sも成功。2A+3Tも決めました。これは大きい。3Fから2A+2T+2Loも決めてジャンプ終わり。コレオシークエンスはスライディングで盛り上げます。レイバックスピンも楽しそう。最後までがんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後までやりましたね。これはいったでしょう。こんなにうれしそうなサモドゥロワはじめてみたわ。ミーシンがキスクラでしゃべってるぞ。これもはじめてみた。213.84。トップにきました。

また最終滑走はスイスのアレクシア・パガニーニ。リンクに落ちているものをしっかり拾う。冷静ですね。「ラ・ラ・ランド」より。入りも洗練されてきてる感じ。3Lzはなんとか降りました。でも大きなジャンプ。ウォーレンから3T+1Eu+2Sはまずまず。3Lo+2Tはクリーンですね。2Aもいいジャンプ。跳び終わりがきれいです。コンビネーションスピンはじっくり回りました。つなぎ部分もうまくなってますね。3Loもいけました。3T+2Tを決めて音楽は明るくなってます。2Aからレイバックスピン。おもしろい入り方。ステップはメインテーマで。徐々に音楽をとらえるようになってます。みるたびにうまくなってきてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよし!いい演技できました。みるたびに成長してる。ほんとに。スイスの希望ですね。でもあんまり点が出てない。179.90。2つ回転不足とられてるんですね。うーん。

○SP終わっての順位:(世界の焼きそば的に)
1. サモドゥロワ塩焼きそば
2. ザギトワソース焼きそば
3. リンドフォース炒麺
4. コンスタンティノワかた焼きそば
5. ルカブリエパッタイ
6. パガニーニミーゴレン

横綱に土!…といっても鶴竜とかの話じゃなく、ザギトワが1位を守り切れませんでした。そういうこともある。そのチャンスをサモドゥロワがつかんで優勝しました。SPのときも妙に安定感あるなと気にはなっていたのですが、横綱が負けるのがあんまり想像できませんでした。いずれにしてもおめでとうございます。3位にリンドフォースが入りました。フィンランドの選手が表彰台に戻ってくるとは。セレブコルピやレピストやポイキオとか、妙に強かったフィンランドが帰ってくる。4位はコンスタンティノワ。やっぱり沈んだまま終わらないですよね。ジャンプアップしました。5位のルカブリエもこれは自信になるでしょう。まだまだジュベールお父さんの力でうまくなる。とりあえず007と背中に書くところからがんばりましょう。パガニーニは6位ですがうまくはなってる。あせらず進もう。サラ・マイヤー以来の選手なんですから。

フィギュアスケート欧州選手権2019(1):女子シングルSP

ねほぱほスターハニューに出会って人生が変わった人が取り上げられたの、ごらんになりましたか?さすがスターですよね。まあ僕らも演技で世界の邪気が祓われるとかいろいろたたえてましたが、人生が変わる人があれだけいるならそれくらいできますよね。マイク松ですこんにちは。

さて、もうすぐフィギュアスケートも世界選手権が待ってますが、その前に欧州選手権みたいと思います。今日は女子シングルSPです。

フィギュアスケート欧州選手権2019、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は岡崎さん。

グループ3まで終えて、トップはエカテリーナ・リャボワ。プルシェンコアカデミーの選手で最年少15歳。でも結構背が高くていい滑りしていました。さすがいい選手です。プルさんはどうもまたヘルニアの手術を受けてるみたいで、キスクラにはいらっしゃいませんでした。第4グループから。

イタリアのルクレツィア・ジェンナーロ。「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」より。スピードある入りから3Loを成功。3S+2Tはファーストでタッチありました。キャメルスピンはしっかりコンビネーションスピンもスピンは得意そうですね。のびのある滑りから2Aも決めました。ステップは大きく身体を使ってます。レイバックスピンでフィニッシュ。なかなかうまくできました。52.91。コストナーのあとは大変でしょうけどまあ17歳ですから。TESが世界選手権にいける点になって喜んでました。

チェコのエリスカ・ブレジノワ。以前にくらべてメイクがかっこよくなってます。「アルビノーニのアダージョ」。慎重な入りから3T+2T。もとは3-3の予定だったかも。ステップからの3Lzはなんとか。キャメルスピンは難しいポジション。2Aは決めました。コンビネーションスピンはポジションチェンジがよかった。ステップは持ち前の身体の大きさをいかしてますね。レイバックスピンでフィニッシュ。しっかりまとめました。55.85。

ブルガリアのアレクサンドラ・フェイギン。16歳。背は高いですがもう少しごはんたべてほしい。「シンドラーのリスト」。3T+3Tをしっかり成功。身体軽そうですものね。3Loも問題なし。キャメルスピンはもう少し回転速度ほしいかな。2Aも決めましたが回転微妙。コンビネーションスピンも安定してます。ステップはエッジがきれいでじっくり構築してます。レイバックスピンは上から見てもいいスピンでした。これでようやくトップが入れ替わりそうだと思ったら58.80。

スロベニアのダシャ・グルム。今回最年長27歳です。トキオ・マイヤーズ「ブラッドストリーム」。ベテランらしい表現力でスタート。3Fを跳んできました。慎重に成功。3T+2Tもしっかり確実に。キャメルスピンは少しトラベリングしました。2Aはおっけー。シットスピンは姿勢が低くてしっかり回転。ステップはメリハリのある振り付けでスピードにも変化が。コンビネーションスピンでフィニッシュ。堅実な滑りでした。ようがんばってる。53.50。

イギリスのナターシャ・マッケイ。パトリシア・カース「小雀に捧げる歌」。鍛えられたアスリート体型。でも3Loは転倒。タイミングが合いませんでした。3S+2Tでコンビネーションをリカバー。冷静ですね。2Aもおっけー。内省的な滑りなんだけど表現力は見た目ほどないですね。キャメルスピンからステップ。いつも手がまっすぐに伸びてます。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ。実はイギリスチャンプ。48.20。

ドイツのナタリー・ヴァインツィアール。なかなかいい衣装。ララ・ファビアン「カルーソ」。滑りが速いですね。3T+3Tは回転不足ですが3-3に挑んでます。2Aは転倒。さらっと転倒しました。コンビネーションスピンは軸安定してます。3Lzも転倒しました。どこか悪いんかもしれないですね。ステップはリンクを大きく使って躍動感出してました。シットスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。前はもっとジャンプいけてたので、調子を戻してほしいですね。46.09。FSはぎりぎりいけたみたいです。

第5グループ。

スウェーデンのアニタ・オストランド。ウクライナ生まれ。ララ・ファビアン「ジュテーム」。高さのある2Aから成功。3Loはダブルに。少しタイミングあいませんでした。ノーカウント。シットスピンはちょっとゆっくり。3T+3Tを決めてきました。がんばりましたね。レイバックスピンは手足の長さをいかしてます。ステップはよく動いてますがスピードがほしい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプが抜けたのはもったいなかったです。52.76。

フィンランドのヴィヴェカ・リンドフォース。「オペラ座の怪人」より。スピードある。3Lz+3Tを決めてきました。やりますね。3Fはオーバーターン。キャメルスピンはてきぱき。ステップはもう少しがんばりたいところ。あんまり得意じゃないのかも。2Aは成功。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションがきれいでした。レイバックスピンでフィニッシュ。スピンのポジションは全部よかったです。ジャンプの構成がレベル高かったです。65.61。ようやくトップが入れ替わりました。

ハンガリーのイヴェット・トート。カラフルな衣装ですが、曲はブルーノ・マーズ「アップタウン・ファンク」ほか。3T+3Tはちょっと回転足りなかったかも。3Lzはこちらも微妙。跳べてはいるんですけどね。キャメルスピンからコンビネーションスピン。もう少しスピードほしいな。2Aは抜けてしまいました。ノーカウント。ステップは盛り上げてほしかった。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。2Aが抜けたのは大きいですね。54.95。

ドイツのニコル・ショット。ドイツチャンプ。ミュージカル版の「ゴースト」より。手の動きは表現力ありますね。3Loはいい流れで跳べました。3Tはステップアウトでコンビネーションにならず。うーん痛い。キャメルスピンからのステップはわりとクラシカルな感じでかえっていいですね。2Aは転倒。しんどい。コンビネーションスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。他のウィンタースポーツはドイツは隆盛を誇っているんですが。50.68。

フィンランドのエミ・ペルトネン。フィンランドは世界選手権は1人しか出られないので、リンドフォースに勝たないといけません。「カルーソ」。3T+2Tはだーいぶ軸がぶれてしまいましたがなんとか降りました。かえっておもしろい。3Loはステップアウト。シットスピンからレイバックスピンで落ち着こう。2Aは決まりました。ステップは体を大きく使えてる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。もともと構成でリンドフォースには勝てそうになかったのですが。ランビエールの弟子なんですね。いいコーチにあえてる。58.06。

スロバキアのニコル・ラジコワ。フランシス・レイ「ある愛の詩」。3Lz+2Loを決めました。こんなのもってたのか。でも滑りのスピードがあまり速くないですね。3Loは成功。慎重に滑ってる。キャメルスピンからレイバックスピンは手足の長さをいかしてます。2Aは成功。ジャンプはそろえました。ステップは元気に滑ってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。64.08。しっかりいい滑りできました。まじか!2位とは。

最終グループ。知ってる選手。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。いきなり横綱きましたね。すごい応援。「オペラ座の怪人」。3Lz+3Loを決めてきました。今まではいったいなんやったんや。キャメルスピンもいいポジションですね。ステップはエッジワークに加えて軽やかさと複雑さ。スパイラルからダイレクトに2Aを決めました。すごいな。レイバックスピンは回転が速い。3Fはなんとかもちこたえました。しっかり。イナバウアーをはさんでコンビネーションスピンでフィニッシュ。はーいありがとうございます。75.00。今までに比べたら150点くらいありそうな。あー3Loが回転不足とられてるんですね。

ロシアのスタニスラワ・コンスタンティノワ。「マラゲーニャ」。いい入り。いいスピードからはいったのですが2Lzになってしまいました。まじかー。レイバックスピンはちょい短かったです。キャメルスピンはドーナツポジションがとてもきれい。ばっちりです。2Aは流れがありました。3F+3Tはコンビネーションをリカバーしたのですが転倒。うーん。コンビネーションスピンもいい出来。てきぱきポジションチェンジ。ステップは滑りののびが違いますね。しっかり滑ってフィニッシュ。今日はジャンプがうまくいきませんでしたねー。56.76。

フランスのロリーヌ・ルカブリエ。久しぶりよだれかけ!「マクトゥーブ」。相変わらずインパクトある入り。3T+3Tはセカンドが微妙。まあインパクトでごまかそう。3Lzはオーバーターン。勢いで。コンビネーションスピンは妙に雰囲気ある。ステップはあやうく熟女枠に入りそうな表現力。いっそそうした方がいいのかも。ステップからの2Aも決めました。最後はキャメルスピンからレイバックスピンで最初のポーズでフィニッシュ。63.29。なんとかインパクトでごまかせたよう。ってコーチにジュベールお父さんがついてるー!!久しぶりやん!確かにジュベールお父さんの弟子ならあのおもしろポーズも納得です。すん。(腑に落ちた音)

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。リアーナ「ステイ」。いいスピードから3T+3Tを決めました。高さあります。3Lzは軸が傾いて手をつきました。うーん。キャメルスピンはまずまず。コンビネーションスピンも堅実に。ステップはもう少し前に進んでほしい。スパイラルは雄大でよかったです。2Aは成功。レイバックスピンでフィニッシュ。まずまずですね。58.95。3Lzに回転不足とられてるんですね。

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。「ミッション・インポッシブル2」より。会場から手拍子。3F+3Tは片手あげ。いいですね。キャメルスピンも質が高いですね。ステップはフラメンコの雰囲気を1人でよく出してます。きびきびしたエッジワーク。3Loも片手あげ。きれいなジャンプ。2Aも決めました。レイバックスピンもばっちり堅実に。コンビネーションスピンでフィニッシュ。今日の選手で一番堅実な滑りみせました。すばらしかったです。72.88。これは納得。

最終滑走はスイスのアレクシア・パガニーニ。がんばってほしいです。「私はマリア」。3Lz+3Tを決めました。3Loも入り方含めていい流れ。キャメルスピンも軸安定。とりこぼしてないです。2Aもきっちり決めてジャンプそろえました。レイバックスピンもきっちり。ステップはエッジが深いしよく身体が動いてます。しばらくみないうちにまた力あげてる感じ。じっくりステップのあとコンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね!65.64。3位に入りました!

○SP終わっての順位:(世界の焼きそば的に)
1. ザギトワソース焼きそば
2. サモドゥロワ塩焼きそば
3. パガニーニミーゴレン
4. リンドフォース炒麺
5. ラジコワビーフン
6. ルカブリエパッタイ
7. リャボワ焼きパスタ

いやーなかなか欧州選手権ってロシア以外がレベル上がってこないですね。がんばってほしいです。

1位はザギトワ。最終グループでいきなりどーんとみせてくれました。新型モビルスーツらしい性能の高さをみせてくれました。それに対して2位のサモドゥロワは特にすごいというより堅実で手堅くスコアをとる演技でした。いいですね。

何より驚きはパガニーニ。ぎりぎりで3位ですよ。スイスの期待を背負ってもりもり成長してる。まだまだ荒削りですが伸びてますね。4位はぎりぎりリンドフォース。やっと最初にリャボワをかわしました。リンドフォースもフィンランドの希望ですかね。ラジコワはちょっと慎重すぎたかも。

6位のルカブリエはおもしろかったです。前々から熟女トゥクタミシェワに続く若女将的ポジションを提案していたのですが、なんとコーチにジュベールお父さんがついてるじゃありませんか。これは追い風。悪い追い風。おもしろくなってきやがった。あとレビューはしてないのですが、結局プルさんの弟子のリャボワは7位に入りました。誰か一歩間違えたら最終グループに入るところでしたよ。いい演技してますし有望です。

フィギュアスケート四大陸選手権2019(8):女子シングルFS

オリックスのドラ1、太田が怪我をしてしまい、全治3ヶ月だそうです。本当にがっかり、富井です。今日先発したディクソンも怪我で開幕絶望だそうです。いいニュースないなー。
さて、気を取り直してフィギュアスケート。解説は岡崎真さん、実況は小林さん。第3、第4グループのみのレビューです。

カナダのラーキン・オストマン。20歳の初出場。「オペラ座の怪人」より。3Lo+2Tは成功。スピードのないところからの3Fは回転が足りてなさそう。2A+2AのシークエンスはOK。シットスピンもいいですね。3Loは着氷がもう一つ。3S+2T+2Loはいいジャンプ。コンビネーションスピンもまずまず。ステップシークエンスももう少しスピードが欲しいですね。緊張しているんでしょうか。3Tはコントロールされたジャンプ。2Sになってしまいましたがコレオシークエンスはきれいですね。足換えのコンビネーションスピンのあと頭を抑えて残念そう。165.21

カナダのベロニク・マレ。「Let me go」ほか。イーグルからの2Aは高さのあるジャンプ。3Sもいいジャンプ。3Lo+2Tも成功。シットスピンの回転が速くていい。ステップシークエンスもきびきび動いています。3T+2T+2Loもいい流れ。2Loはちょっともったいない。3Tは成功。コンビネーションスピンはもう少しスピードが欲しかった。コレオシークエンスは曲に合ってます。2Aは幅のあるジャンプ。足換えのコンビネーションスピンはポジションがユニーク。ジャンプのレベルは低いですがよくまとめました。2Loがもったいなかったですね。170.46

オーストラリアのケイラニ・クレイン。「シング・シング・シング」ほか。3Fは回転不足のよう。3F+2Tは着氷がもう一つですね。3Lo+1Eu+3Sももう一つの出来。2AはOK。コンビネーションスピンはまずまず。3Lzは転倒してしまいました。続くジャンプも1Lo。コレオシークエンスもちょっと元気なくなってきてしまいました。1A。足換えのコンビネーションスピンはいいです。ステップシークエンスも身体が動かない。レイバックスピンはポジションが美しい。最後のスピンはとても良かった。149.52

韓国のキム・イェリム。「タイスの瞑想曲」3Lz+3Tはコントロールされたジャンプ。3Sもいいですね。3Loはもうちょっと幅があればなあ。コンビネーションスピンはスカートの裾がひらひらしてとても優雅。2Aも美しい。ステップシークエンスも優雅ですね。なんか急に村主章枝を思い出しました。2Aは着氷でバランスを崩しかけましたが持ち直しました。3Lz+2T+2LoはOK。コレオシークエンスはスパイラルが曲にマッチしています。3FはOK。キャメルスピンは形が美しい。シットスピンも回転が速い。187.93

アメリカのティン・ツゥイ。16歳。初出場。「ジゼル」スピードがありますね。2Aは流れがあるジャンプ。3Lz+3Tはオーバーターンが入りましたがコンビネーションにしてきました。3Fは転倒。2A+2Tもバランスを崩しかけましたが持ちこたえました。足換えのコンビネーションスピンは美しいポジション。キャメルスピンもきれい。3Lzは転倒。2転倒はもったいないですね。コレオシークエンスのスパイラルが見事。3Loは回転不足のよう。3Fも転倒。ステップシークエンスはポジションがすごくきれいなところがあります。これからが伸びそう。コンビネーションスピンはちょっとポジションの回転が足りないところがあるよう。164.84

三原舞依。映画「ミッション」より。3Lz+3Tは流れのあるジャンプ。コレオシークエンスは鳥のようなスパイラル。2Aも流れがあります。3LoもOK。コンビネーションスピンも回転速度が変わって美しい。3Fも素晴らしい。2A+3Tも素晴らしいコントロール。シットスピンも回転が速い。3Lz+2T+2Loも成功。3Sで笑顔。ステップシークエンスのツイズルがきれい。コンビネーションスピンも素晴らしい。これはすごい演技。207.12

カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワ。「ブエノスアイレスの秋」4Sは転倒しましたが挑戦してきました。3Lzは両手上げ。3Fも両手をあげて。もう、ロシアのエテリ組一員という感じですね。3Loも成功。キャメルスピンも回転が速い。コレオシークエンスもおもしろい。3S+3Tも最初が両手上げ。2A+3Tはセカンドで両手上げ2A+1Eu+3SもOK。コンビネーションスピンも回転が速い。ステップシークエンスが力強い。カウントの取り方が上手。足換えのコンビネーションスピンも素晴らしい。4回転で転倒しましたが、回転はちゃんとしているみたい。力強いなあ。ほんとうにあのロシアのエテリ先生が合っているんでしょうね。207.46

韓国のイム・ウンソ。映画「シカゴ」より。3Lzはオーバーターンでセカンドがつきませんでした。3Loはコントロールされています。2A+3Tはセカンドジャンプがややつまりました。足換えのコンビネーションスピンは曲によく合ってます。コレオシークエンスも曲によく合ってますね。2度目の3Lzも単独になってしまいました。3F+2Tは3連続になりませんでした。3F+2Tは3つめを狙ったようでしたがだめでした。2Aは成功。レイバックスピンはOK。ステップシークエンスはやや音に合ってないような。でも途中から合わせました。キャメルスピンはOK。191.85

紀平梨花。「ビューティフル・ストーム」3Aは美しい。加点もすごい。2A+3Tにしてきましたが、こちらも流れのある美しいジャンプ。3LoはOK。足換えのコンビネーションスピンも素晴らしい。ステップシークエンスも動きがいい。3Lz+3Tも美しい。3Fも鮮やか。レイバックスピンもすぐに入ります。片手をあげた3Lz+2T+2Loも素晴らしい。シットスピンの回転も速い。コレオシークエンスのあと3S。あっという間に嵐が過ぎていきました。すごい大きい熊が投げ込まれてそれを拾って滑る姿がかわいかったです。221.99。こんなの抜けない・・・。

アメリカのマライア・ベル。「ピアノ」ほか。2A+3Tは流れのあるジャンプ。3Loは転倒。足換えのコンビネーションスピンはポジションが短いのがあるよう。3F+2Tはなんとか持ちこたえました。コンビネーションスピンはまずまず。ステップシークエンスはまずまず。2Aはいいジャンプでしたが、次が2Lzになってしまいました。3FはOK。3Lz+2Tは成功。コレオシークエンスはマライア・ベルらしい。レイバックスピンはスピードがあって美しい。最後が盛り上がっていってよかったですね。中盤がちょっと焦り気味だったな。193.94

アメリカのブレイディ・テネル。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」。最初がちょっと決闘してそうな振り。2Aは成功。3Lz+1Loとセカンドジャンプが上手くつきませんでした。3Fは回転が足りないかと。2AはOK。レイバックスピンはポジションが美しい。ステップシークエンスはドラマチック。テネルはステップが上手なんだな。3Lz+3TはOKかな。3Lo+2T+2Loは回転が気になるそう。3Sは成功。コレオシークエンスはおもしろい。コンビネーションスピン。はポジションがユニーク。次のスピンもすぐに入り、素晴らしい回転スピードでした。202.07。珍しく回転不足が4つもあり、伸びませんでした。

坂本花織。映画「ピアノレッスン」より。素晴らしい3F+3Tが力強い。2Aも流れがいい。3Lzはまずまず。シットスピンもポジションが素晴らしい。ステップシークエンスもディープエッジでいい。3SもOK。1Aになってしまったのがもったいない。3F+2Tはいいですね。コンビネーションスピンも素晴らしい。コレオシークエンスからの3Lo+2Tもバランスを崩しかけても見事に着氷。コンビネーションスピンも良かったですが、1Aからコンビネーションジャンプが抜けたのが残念でした。206.79。うわー、あのジャンプが入れば2位でしたね。僅差で4位。

○最終順位(温泉に行きたいので)
1.紀平温泉
2.トゥルシンバエワ温泉
3.三原温泉
4.坂本温泉
5.テネル温泉
6.ベル温泉

すごく順位が変動しました。1位の紀平はフリーで出せる得点がダントツ。本当に美しい嵐ですね。お見事。2位のトゥルシンバエワはまさか4Sを跳んでくるとは。まだものになるまでには時間がかかりそうですが、ジャンプ以外も力強くなってきて今後が楽しみ。できればもう少し筋肉がつくといいと思うのですが。

3位の三原は素晴らしかった。この混戦は三原が起こしたものでしょう。2位との差もわずか。4位の坂本は残念なフリーでしたが、1つだけのミスだったとも言えます。世界選手権はきっとやり返す。5位のテネル、6位のベルはSPの出来が良かっただけにきんちょうしてたよう。これは経験でカバーできるようになりますよね。

君は「T-お茶だバイト」をやりたいか

WOWOWでクイーン「ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム」みているマイク松ですこんにちは。まさにスタジアム・ロックの創始者。あの時代にウェンブリーをここまで埋めて、ここまで歌わせるってどういうことだ。富井はフレディ・マーキュリーの大ファンなのですが、映画のフレディはかっこよすぎるんだそう。本物はかっこよすぎて笑ってしまいます。

さて、かっこいいクイーンの話をしたところで、こちらの話題にふれたいと思います。

宮崎で実現した「T-お茶だバイト」

anが募集したおもしろバイト企画で、選ばれたおふたりの女性がTさんにお茶をご馳走するというものです。結構いいバイトで、日給5万円、交通費・宿泊費全額支給。さらに、サイン入りグッズもプレゼントだそうです。記事では実際にTさんのファンという奇特な方とお茶を作っているおうちの方が選ばれ、Tさんにお茶をご馳走したということでした。みなさんはこのバイトやってみたいですか?ということで僕の感想を書いたあとで、富井にあとで書き足してもらおうと思います。

<マイク松の場合>

Tさんはそもそもこのだじゃれ企画を受けている場合なのでしょうか。数少ないスポーツ新聞のオリックニュースをみても、ニシムラカントクが守備に怒っているニュースか、新人がアピールしているニュースしかないじゃありませんか。どのあたりでレギュラー安泰という話になっているのかさっぱりわかりません。ゆっくりお茶を飲んでいていいのでしょうか。

しかしこれはanの御接待企画と称して、実際はオマエはベンチ裏でお茶でも飲んでろというメッセージなのかもしれません。ますますTさん浮かれてる場合じゃない。はよアピールせんと。

僕がこのバイトをやるとしたら、お茶を飲ませたあとで、「オマエはこのお茶を飲んでる場合なのか」「そもそも野球は楽しいのか」「何のために野球をやっているのか」「オリックはもうだめなのか」などとしっかり問い詰めるバイトにしたいと思います。そしてバイト代5万円をたたきつけて帰る。「(今のままではレギュラーは)Toutei-無茶だ」バイトにして広告企画の体裁も整えておきますね。

<富井の場合>

アダム・ランバートは認めん!と、Queen+アダム・ランバートを今まで見ていなかったのですが、偶然見てしまい、2分で認めた富井です。アダム・ランバートはいい。認める。

さて、私がこのバイトをやるとしたら落合博満のお面(007とか、ミッションインポッシブルで見るようなやつ)をかぶってお茶を入れたいですね。岡田彰布の方がいいのかな。とにかくやる気を引き出したいです。

フィギュアスケート四大陸選手権2019(7):アイスダンスFD

キヨハラさんが依存症啓発イベントに登場。こういう機会をどしどしあげてやってほしいマイク松ですこんにちは。

四大陸選手権はアイスダンスFDです。

フィギュアスケート四大陸選手権2019、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は滝野さん。

中国のシーユエ・ワン&シンリュー・リュー。エリザベータ「メント」。最初はStLiを軽く入れたあと、SlLiはすごい上げ方。リューの後ろから背負い込むように上げてました。すごい。ツイズルはうまくいきました。DiStは動きもスムーズ。やっぱりRDより動けてますね。RoLiはいいキレのあるローテ。1FStはちょっと短かったかも。コレオリフトはちょっと津kら得たか。もっと元気だそう。ダンススピンは軸しっかりしてました。コレオステップは振り付けもよかったです。CuLiはワンがいいポジションでした。コレオリフトでフィニッシュ。よくがんばりました。169.11。ワンがキスクラで花冠もらってる。

中国のホン・チェン&ジャオミン・スン。RDはみてませんでしたが中国2位。「シェルブールの雨傘」。ダンススピンはポジションがきれいと滝野さん。つなぎの動きもいいし。ツイズルはよくあわせてました。SlLi+RoLiはつなぎもスムーズでしたし2人の関係性もみえます。DiStは音楽によくあわせた振り付けができてます。わかりやすい音楽だ。コレオステップはいいアクセントになってます。ジャッジ側からスタートする。コレオスライディングは印象的なところで使いました。StLiをはさんで最後のコレオスピンがよかったです。わかりやすいのもありましたが、関係性をよく表現できてました。156.89。シーズンベスト更新。

アメリカのケイトリン・ホワイエク&ジャン=ルック・ベイカー。「トランポリンのテーマ」。全然トランポリンぽくないけど。ツイズルは回転速度もあるし流れもいい。スピードがよくでてますね。CuLi+StLiは組み合わせがよかったし、すんなりStLiにしっかりつなげられるのが技術感じます。SlLiはイーグルから一部がリフトになるという構成。1FStは思ったより長くできました。ダンススピンはまずまず。MiStは大きなエッジワークでパワーを感じますね。ここからコレオシークエンス。ステップとスライディングはとてもかっこいい最後はツイズルでフィニッシュ。要素をきゅっとまとめてあった感じでしたね。おもしろかったです。189.87。

カナダのローレンス・フルニエ=ボードリー&ニコライ・ソレンセン。ドアーズ「スパニッシュ・キャラバン」ほか。ソレンセン腕の筋肉すごいですね。StLiはペアのようにぶんぶん回してます。ツイズルはすごい近くてぶつかりそうですがしっかりできてます。見事。MiStはフラメンコの雰囲気だしてましたがちょっと離れた。スライディングでよろっとしました。ダンススピンはトラベリングか。うーんちょっとずつとりこぼしてますが表現はすばらしいです。つなぎ部分でしっかり演じてからCuLiは難しいポジション。後半になってもスピードは維持。RoLiは安定したポジションチェンジでした。1FStはすぐ終わった。コレオステップで盛り上げてコレオスピンでフィニッシュ。チャレンジをとても感じましたね。キスクラで近くで見てもソレンセンの腕すごい。186.91。
カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。「S.O.S.」ほか。デニス・テンに捧げるプログラムだそう。サンキュー。StLiはすごいポジション。これは2人オリジナルですね。1FStも結構長い。SlLiはいいポジション。すごい難しいのに簡単そうにやってます。やっぱ力ありますね。DiStはエッジもきれいでスムーズ。ツイズルは距離があいたところもありましたがおっけー。ダンススピンは難しいポジションで軸ばっちり。RoLiは不安定なのにポジェのホールドがいいですね。コレオシークエンスはコレオスピンはまたウィーバーが逆さになったり。スライディングも印象的。最後は短いSeLiでフィニッシュ。これはいいプログラムですね。やりきりました。これはぜひみてほしいです。203.93。

カナダのパイパー・ギルス&ポール・ポワリエ。「スターリー・スターリー・ナイト」。ゴッホがテーマになってて、ギルスの衣装がすごいきれいです。ダンススピンはポジションもいいし回転がめちゃ速い。きれいです。難しいつなぎからのツイズル。すごい。間にもステップを入れています。すばらしい。滝野さんも「クリエイティビティとはこういうことだ」といってます。CuLiは難しいポジションで、どっちのリフトかなという導入がいい。コレオスピンをはさんで軽快な曲とともにRoLi。途中でローテしながらポワリエがワンフット。1FStからDiSt。メリハリがあってエッジもスムーズ。なめらかです。コレオステップからスライディングを最後にもってきました。そしてギルスを横に回すようなStLiでフィニッシュ。いやーこれはすばらしい。アートです。このプログラム。見事見事。202.45。なんか減点があったみたい。

アメリカのマディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。エルビス・プレスリー・セレクション。いい二度見からスタート。ツイズルも質も高いし、間にステップをはさんでます。SlLiはとてもスムーズ。すごい軽々とやってますね。1FStはエレメンツ感が全然ない。DiStはステップの質と音楽との調和でみせます。CuLi+CuLiはチョックだけじゃなくベイツの演技も見事。ダンススピンは回転が速いです。最後はしっかり盛り上げます。コレオリフトはチョックがランドセルみたいになりました。コレオステップは盛り上げる動き。スライディングでフィニッシュ。いや盛り上げましたねー。アメリカにはアメリカの戦い方がある。207.42。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。クレイグ・アームストロング「ロミオ+ジュリエット」。StLiは入り方が大変そうでしたしのっけからテンション高いですが、トラベリングするとだいぶ減点されるかも。コレオステップからSlLi+CuLiは長いリフトをどしどし続けてきます。まったく揺るがない。1FStから音楽変わります。DiStは滑りののびがありますねー。さっきからちょっとずつぐらついてますが大丈夫かな。ツイズルも少しずれました。調子悪いのかな。ダンススピンは回転速度を上げていくやつ。コレオリフトは効果的に使いました。フィニッシュ。いい演技でしたがうまく逃げ切れるかな。大丈夫かな。あーやっぱりStLiがかなり引かれてしまいました。201.66。

○最終結果:(昨日パスタつくったので)
1. チョックとベイツのアラビアータ
2. ウィーバーのボンゴレポジェ風味
3. ギルスバジリコポワリエソース
4. ハベルカルボナーラダナヒュー添え
5. ハワイエクミートソースにベイカースープ
6. ボードリーペペロンチーノソレンセン風デンマークの香り

大逆転が起きてしまいました。優勝はチョック・ベイツ。RDのリードもありましたが、地元の声援も味方につけて、しっかり盛り上げるプログラムでした。あれは盛り上がるわ。2位はウィーバー・ポジェ。情感豊かなプログラムをしっかり演じました。3位にギルス・ポワリエが入りました。これがまたすばらしいプログラム。ヴァーチュー・モアの若い頃やってた印象的なプログラムみたいな。3位に入ったのはよかったです。RD1位だったハベル・ダナヒューは表彰台を逃しました。これまでよかっただけに、世界選手権の前に負けておいてよかったと思いましょう。ハワイエク・ベイカーは全体的にダンスステップの部分が多くて見応えありました。フルニエ=ボードリー・ソレンセンはソレンセンの腕の筋肉がすごかったです。

フィギュアスケート四大陸選手権2019(6):アイスダンスRD

近所のスーパーが瀬戸内フェアで、オレたちの金ちゃんヌードルを売っていてうれしかったマイク松ですこんにちは。なかなか関西では売ってないので売ってるところを探して買っているのですが、近所で手に入るとは。うははは。

四大陸選手権はやっとアイスダンス。今日はリズムダンスです。

フィギュアスケート四大陸選手権2019、アイスダンスRD。実況は小林さん、解説は滝野さん。会場はアナハイムのホンダセンター、課題はアルゼンチンタンゴです。

日本の小松原美里&ティム・コレト。このカップルが今日本の唯一のカップルになります。うーん。ギドン・クレーメル「エル・ソル・スエノ」。ツイズルはちょっと回転がずれてしまいました。あとで持ち直しました。パターンダンスはよく雰囲気は作れてますよね。エッジはあまりよくなさそう解説を聞いてる限り。確かにスピードが落ちてる。音楽が変わってもタンゴの雰囲気はできてる。DiStはコレトなかなかいいリードしてる。CuLiはスムーズにローテできました。しっかりがんばって滑れました。54.94。パターンダンスのレベルが上がらなかった。

カナダのローレンス・フルニエ=ボードリー&ニコライ・ソレンセン。以前はデンマークのカップルでしたがいつの間にかカナダになってます。すごいな。だから四大陸初出場。「アディオス・ノニーノ」。急にレベルが上がった感じ。入りからしてスムーズですね。パターンダンスも余裕あります。エッジも深い。音をとにかくよくとれてる。振り付けもいいんでしょうね。ちょっとリフトっぽいのを入れてからのツイズル。難しそう。DiStはスピードもあってあっという間に横断。CuLiは長いリフトでした。いい演技です。73.30。減点は音楽が長すぎたのかも。

アメリカのケイトリン・ホワイエク&ジャン=ルック・ベイカー。ディフェンディングチャンプです。「ロス・アミーゴス」ほか。導入が雰囲気たっぷり。ツイズルは構成に工夫もあってたんに3つ並べるとかじゃない。うまいです。パターンダンスはスピードがある。でもセクション2は少し落ちたか。しかし演技全体の物語性はよく作れてます。MiStはスピードの変化にもしっかり対応するしストップが効果的。イーグルの入れ替わりからCuLi。エレメンツ感がなかったです。てきぱき演技。キレありました。74.42。減点の分上回りましたね。

中国のシーユエ・ワン&シンリュー・リュー。中国のナショナルチャンプ。ワンの衣装がいい衣装です。あらゆる意味で。「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。パターンダンスは前組よりはスピードはないけどしっかりレベルを上げている感じ。ツイズルはずれてしまいました。もったいない。MiStは躍動感をよく出せてます。このところタンゴが続いていたので新鮮。CuLiは大きなリフト。得意分野です。ペアっぽい演技ですがそういうこともある。64.37。

というか12組のうち7組がモントリオールでデュブレイユ・ロウゾンの指導を受けているそう。

最終グループ。

カナダのパイパー・ギルス&ポール・ポワリエ。ギルスのドレスはオレンジです。新鮮。「アンジェリカ・タンゴ」。「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。パターンダンスはエッジがきれいですね。なめらかでキレもある。スピードもキープしてる。終わりもスムーズ。ツイズルはポジションが難しくて見事。メリハリがある。富井はポワリエのリードを高く評価しているのですが、CiStはそれがよくいかされています。パワーもいかしたダイナミックかつビューティフル。RoLiはギルスのポジションがよかった。いい演技でした。ギルスもよく努力してレベルを上げてきましたね。78.05。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。全米チャンプです。「アレヴァーレ」ほか。のっけからテンション高く演じています。ツイズルは速くてダイナミック。重力が伝わってきます。パターンダンスは引き続き迫力がある。解説の通り2人の距離が近い。音楽の変化とあわせて演技が移行。CuLiをここでもってきました。終わりもきれいで流れが途切れない。MiStは音をよくとれてるしパワーを感じます。パワーダンス。見事でした。81.95。

アメリカのマディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。チョックは手術明けだそうです。がんばれ。「アサシンズ・タンゴ」ほか。いきなりCuStから。男女の激しい駆け引きというのを演技の重みで表現してます。かっこいい。パターンダンスは正確さをアピール。ベイツがしっかりリードしてる。最初から最後までスムーズでした。ツイズルは手堅く。クライマックスに向けてテンションあげて、RoLiはすばらしいローテでした。最後も向かい合う姿勢。いいですねー。81.17。惜しいですねー。

カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。カナダチャンプ。GPSはおやすみしていたそう。「リベルタンゴ」。導入はモロゾフの教えかロシアっぽいですね。パターンダンスは手の動きも印象的。エッジワークがほんとにきれいですね。よどみないとはこのこと。SlLiはポジションチェンジが激しくかつ安定。ツイズルはセカンドでずれてしまいました。もったいない。DiStはウィーバーの素早い足さばきが本場感を出す。クライマックスまでてきぱきしていました。解説は「演技がハンサムですね」とのことでした。全然違う演技をみせましたね。80.56。ウィーバーはうれしそうでした。モロゾフとシュピリバンドが組んでいるんですね。

○SP終わっての順位:(パスタつくったので)
1. ハベルカルボナーラダナヒュー添え
2. チョックとベイツのアラビアータ
3. ウィーバーのボンゴレポジェ風味
4. ギルスバジリコポワリエソース
5. ハワイエクミートソースにベイカースープ
6. ボードリーペペロンチーノソレンセン風デンマークの香り

タンゴのリズムということでキャリアがそのまま順位につながりやすいですよね。特に最終グループはそれぞれのタンゴの解釈がみられてよかったです。同じようなリズムでもカップルの個性出てましたね。

大相撲3月場所2019:番付チェック

「文豪ストレイドッグス」がサンリオコラボ。サンリオはなんでもかわいくできるんだなと思うマイク松ですこんにちは。KAWAII!!

さて、のんびりしている間にもう春場所が始まろうとしています。春はすぐそこなのか。早くきてほしいです。ということで今日は番付チェックです。

横綱はキセさんが引退して白鵬と鶴竜の2人。今回は無事に務められるでしょうか。もうそういうところにきてる。大関はいつもの3人。今場所のカドバン担当は栃ノ心です。もうカドバンローテに組み入れられているぞ。奮起してほしいです。

関脇は先場所優勝の玉鷲と貴景勝。そうなんですよ玉鷲は先場所優勝したんです。白鵬も大関は力があればなれるといっているので、ここはいい形で場所を送ってほしいものです。もちろん貴景勝もね。小結は御嶽海と北勝富士。ついこないだまではこの2人が大関候補だったのですが。上を狙いましょう。特にようやく念願の悲願の三役になった北勝富士はやる気十分でしょう。まずは定着や。

前頭上位はまず筆頭が魁聖と遠藤。なるほどです。それどころかわりと前頭上位は納得の面々。力のある力士が多く、荒れる春場所を演出してくれそうです。楽しみだ。

前頭中位はまずオッキー兄さん。なるほどじゃねえ。西は阿炎です。そして中位もあなどれない面々が並んでいます。あれ?いつの間にこんな精鋭感が出てきたんだろう。世代交代してないのはオーゼキだけなんですかね。

前頭下位は今回トピックが多いです。まず新入幕が3人。友風・照強・大翔鵬です。友風はしこ名の通り尾車部屋。また場所を盛り上げてくれそうですよ。照強は伊勢ヶ濱部屋で出身は兵庫県。また地元が盛り上がりそう。そうでなくても期待されている力士ですからね。大翔鵬は追手風部屋のモンゴル力士。という感じで3人新入幕は多いですよね。これだけでもわくわくします。

そして再入幕は2人、豊ノ島と石浦です。そうなんです、あの豊ノ島です。豊ノ島が幕内に帰ってきたのです。別のじゃない、2代目じゃない、あの豊ノ島です。一時は幕下まで転落しても幕内復帰をあきらめませんでした。最近にないいい話。関脇経験者が幕下陥落後幕内復帰は昭和以降3人目だそうですが、あと2人は琴風と鳳凰です。石浦もがんばって戻ってきました。2人ともけがなくがんばってほしいです。

その他の面々もなんかバラエティ豊かで、こいつが幕内かいという力士がほんとに減ってきましたよね。いい場所になりそうな予感がします。

最後に形だけは暗黒卿の座を引き継いだオッキー兄さんについて。今場所は東前頭6枚目です。先場所はいい形で序盤勝っていたのに終わってみればナナハチ。がっかり。でもこれも暗黒卿の奥義の1つ、自縄自縛(しばられ地蔵)を会得したともいえるでしょう。歴代暗黒卿はみんな優勝のプレッシャーに自縄自縛になっていたのです。今場所は先述の通り話題が多いですので、ノーマークといういい環境に置かれることでしょう。こっそり勝ち星を重ねましょう。知らず知らずのうちに白星を重ねてこそ暗黒卿。うっかりあれ?オッキー兄さんいい調子じゃね?などと見つからないようにしてくださいね。

フィギュアスケート四大陸選手権2019(5):女子シングルSP

世界選手権のジャンプ混合団体でイラシコ姉さんの素晴らしいジャンプを見てとてもうれしい富井です。35歳、まだまだ頑張るでー。さて、途中で終わっていたフィギュアスケート四大陸選手権。今回は女子シングル。解説は岡崎真さん、実況は小林さん。第3、第4グループのみのレビューです。

オーストラリアのブルックリー・ハン。映画「レ・ミゼラブル」より。23歳。3Lo+2Tは最初のジャンプで詰まりましたがセカンドを上手くつけました。3Lzは転倒。キャメルスピンは回転が速いですね。2Aは回転はどうだったかな。ステップシークエンスは曲のドラマチックな雰囲気によくあっています。コンビネーションスピンからレイバックスピン。ポジションがきれい。54.22

オーストラリアのケイラニ・クレイン。20歳。「アダージオ」3Lo+3Loのコンビネーションはセカンドの回転が足りない。2AはOK。コンビネーションスピンは回転が速い。みんな上手だね。3Lzも大丈夫。シットスピンも回転が速い。ステップシークエンスの動きもきびきび。途中の振り付けが休んでいるように見えるのはどうでしょう。レイバックスピンのポジションも美しい。60.64はシーズンベスト更新。

韓国のイム・ウンソ。大会最年少の15歳。映画「いつかどこかで」より。韓国期待の星だそうです。アルトゥニアンコーチ門下らしい。3Lz+3Tは最初のジャンプの幅がありすぎたせいかセカンドジャンプでつまりましたね。キャメルスピンのポジションがきれいですね。ステップシークエンスは優雅ですが、岡崎さんによるといろいろミスがあるようです。3Fは流れのあるジャンプ。イーグルからの2Aも見事。レイバックスピンもポジションがきれい。足換えのコンビネーションスピンもポジションがいい。69.14

韓国のキム・ハヌル。16歳。「River flows in you」コンビネーションジャンプの予定が2Lzになってしまいました。コンビネーションスピンはポジションチェンジが上手。フライングシットスピンも美しい。でもイム・ウンソに比べるとスピード感がないな。3Lo+2Tとこちらをコンビネーションに。2Aは流れのあるジャンプ。ステップシークエンスはさっきの選手より上手。レイバックスピンはスピードが上がって個性的。岡崎さんも「レベル4を超えた構成」と高評価。最初のジャンプが残念でしたね。51.44

カナダのアレーン・チャートランド。カナダ選手権のチャンピオン。「Paint in black」2Aはコントロールされたいいジャンプ。2Lz+2Tはルッツが無得点になってしまうようです。シットスピンはまあまあ。2Loになってしまってこちらも無得点。ステップシークエンスはさすがに上手。レイバックスピンは周り方が面白い。コンビネーションスピンも複雑。あー、ジャンプが残念でした。それ以外は見応えがあったのですが。45.89

香港のイー・クリスティ・リャン。16歳の初出場。サラ・ブライトマン「Scent d’amour」3Lzは転倒。キャメルスピンもOK。ステップシークエンスも全身を使って丁寧に滑っています。手をついたのはいいのかな?2Aも流れがあります。両手を挙げた3F+2Tとセカンドは片手上げ。ビールマンスピンもまずまず。コンビネーションスピンもいいです。53.93

カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワ。ベートーベン「月光」滑りが大きくなりましたね。3Lzは両手をあげて。イーグルからの2Aはやや乱れました。コンビネーションスピンはスピードがすごい。3S+3Tはセカンドで両手をあげました。キャメルスピンもOK。ステップシークエンスもスピードのチェンジが素晴らしい。レイバックスピンも回転が速い。おお、ノーミスと思ったら2Aでステップアウトがありました。すごく上手になりました。モスクワに拠点を移して正解でしたね。68.09

アメリカのマライア・ベル。「To love you more」スピードがありますね。2Aも流れのあるジャンプ。3Lz+3Tも流れがあっていいジャンプ。コンビネーションスピンも回転が速い。シットスピンも音楽とあってて素晴らしい。3Fもいいジャンプですね。レイバックスピンも回転が速い。本人も小さくガッツポーズ。上機嫌のステップシークエンス。曲がマライア・ベルによく合っていて、地元の声援もあり、素晴らしい出来でした。70.02

紀平梨花。衣装が前より豪華になっているような気がします。3Aの予定が1Aに。3F+3Tは美しいジャンプ。シットスピンもOK。3Lzも高さのあるジャンプ。コンビネーションスピンも美しい。ステップシークエンスも上手ですね。レイバックスピンも回転が速い。68.85

坂本花織。「フロム・マイ・ファースト・モーメント」3F+3Tは幅のある大きなジャンプ。2Aも流れがあって大きい。コンビネーションスピンも素晴らしい。ステップシークエンスは滑りが大きい。3Loもいいジャンプだなー。キャメルピンもスピードが落ちません。レイバックスピンは途中でバランスを崩しかけたのがもったいない。それにしてもジャンプの素晴らしさが群を抜いています。73.36

アメリカのブレイディ・テネル。「Rebirth」3Lz+3Tはいいジャンプ。キャメルスピンもポジションがいい。ステップシークエンスは動きが素晴らしい。バレエジャンプからの2Aも幅のあるジャンプ。3Fも成功。レイバックスピンの回転速度が速い。シットスピンはポジションチェンジが上手。73.91

三原舞依。映画「洋上のロマンス」より。3Lz+3Tはセカンドジャンプがもう一つ。2Aはきれいなジャンプ。シットスピンも素晴らしい。3Fも流れのある美しいジャンプ。キャメルスピンも上手。ステップシークエンスはとりわけ優雅。レイバックスピンも素敵。ああ、コンビネーションジャンプがもったいなかった。65.15

○SPを終えての順位(温泉に行きたいので)
1.テネル温泉
2.坂本温泉
3.ベル温泉
4.イム温泉
5.紀平温泉
6.トゥルシンバエワ温泉

1位のテネルは特にどこがすごいというところはなかったのですが、ノーミスでよくまとめました。2位の坂本はジャンプが素晴らしかった。レイバックスピンでバランスを崩さなければ1位だったのにな。わずかな差の2位。

3位のベルはパフォーマンスが良かった。あれだけ爽快に滑ってくれたらおまけで加点してしまいそう。私の気分としては優勝。4位のイムはスター性を感じますね。フリーも頑張って欲しい。そしてアクセルが入らなかった紀平が5位。2Aが入っていたら1位だったんだろうな・・・すごすぎます。6位のトゥルシンバエワはコーチを変えて大正解ですね。ジャンプも大きくなったし、滑りも力強くなりました。

新戦力歓迎には海パン一丁で掃除をしよう

スペシャル番組をみたのですが、ワールドスポーツMLBはプロ野球も扱うことになるんでしょうか。それは助かるマイク松ですこんにちは。実現してほしい。プロ野球だって世界のスポーツだー!!

少しおやすみをいただいておりました。われわれは先日までウィーンにフォルス・スタート商会の本社を探しにいってきました。ウィーンには世界の富を凝縮したような工芸品の数々はありましたが、本社はありませんでした。ハプスブルク家はんぱないわ。あれが本社なら世界中にバイトテロのテーマパークを作るなんぞおちゃのこさいさいや!(以前の首領の考えです)

でも冬のヨーロッパはウィンタースポーツ真っ盛り。ノルディック世界選手権も毎日やっていました。向こうのスポーツチャンネルは今スマホでもみられるというのをおしていましたが、オーストリアも強豪ですからね。こっちと違って結構フランクな感じの中継、野球中継みたいな感じでした。こっちに進出してこないかな。

さて、僕らがウィーンで本社を探していた頃、MLBでは巨額の契約が実現したようですね。LADのマチャドはSDに、CORのアレナドは残留、そしてWASのハーパーはPHIに移籍したようです。3人で契約金や年俸あわせて1000億円だそう。すごい額ですが、まあハプスブルク家の財宝に比べればたいしたことないですね!知らんけど!

そんなハーパーが移籍したフィリーズ。超強力な戦力の加入はほんとにうれしい限りですよね。そんなにチーム状況ももとから悪いわけじゃなかったPHI、来シーズンはハーパー効果で躍進を期待していいんじゃないでしょうか。でも喜んでいるのはファンだけじゃないようです。

ハーパー加入をCY賞右腕が熱烈歓迎

PHIには15年のサイ・ヤング賞投手のアリエッタがいるのですが、もちろん強力な援護をしてくれそうなハーパーの加入は大喜びで、不思議なインスタグラム更新をしていたそうです。海パン一丁で部屋を掃除していたそう。なんかよくわかりませんが喜びは伝わってきます。

どうせいいニュースはないんだろうなと思いながらもいちおう種いも球団オリックのニュースをみてみると、西武との練習試合で新1,2番・福田&西浦けん制死でニシムラカントク怒という想像を超えたしょんぼりニュースがありました。西武ファンの人とウィーンで偶然知り合いましたが、強いチームにはファンがいるんですね!

ということでオリックはもう種いもどもに海パン一丁でいろんなところを掃除させてはいかがでしょうか。いろんな人が掃除は成果を上げるのに役立つといっているのです。まずは種いもどもは強くなろうとか考える前に掃除だ。するときれいなクラブハウスに強い助っ人とかがきてくれるかもしれません。なんだかわからんがよく掃除されている球団。なぜか海パン一丁で掃除をすることから始まる球団。うん、セカンドキャリアには役立ちそうですね!

カーリング日本選手権2019 女子決勝:LS北見 vs. 中部電力

カーリングの結果をスポーツ新聞サイトが見せようとするのでしばらくみられませんでした。みてない間にオリックにすごいいいニュースが飛び込んできて一躍パ・リーグの台風の目とかいわれてないかないわれてないなと思って先ほどみてみたら、契約したナルセが肉離れでリハビリというニュースが飛び込んできました。さすがオリックだなと思ったマイク松ですこんにちは。期待に違わぬだめさ。

期待に違わぬといえば今日の決勝です。めちゃくちゃたのしみ。両チームともグッドカーリング!

カーリング日本選手権、女子決勝、LS北見 vs. 中部電力。実況は田中さん、解説は石崎さんと金村さん。ダブルだ。

第1エンド、LSはガードを置いてきました。戦闘開始。ハウスの周囲にあるストーンはおいておいて中電はガードのうしろにおいてくるが、吉田姉のダブルテイクアウトが決まりました。いきなり好調。ハウスの前部分のストーンをテイクテイクしていくが、結局ハウス後ろの中電のストーンより強いストーンは作れず、中電が2点とりました。

第2エンド、吉田妹はもうウィックショット。きっちりずらして自分のストーンをハウスに入れます。両者スイープでだいぶ伸ばせますね。金村さんによるとハウス付近のアイスは最後に思ったほど曲がらない感じらしいとのこと。吉田姉がダブルテイクアウトを決めるが、返しの中電が狙ったダブルテイクアウトは間をスルーしてしまいました。これは痛恨。次はしっかり決めるあたりさすが北澤。LSは2点とりました。

昨日の藤澤がブラシを折った件は、やはり小野寺コーチが踏んだやつをうっかり使ってしまったために起こったそう。さすがに女子でブラシを折ったのは初めて見たとのこと。石崎さん金村さんはいい感じで解説しています。

第3エンド、両者ガードから始まります。中電はレイズテイクアウトはうまくいかず。しかしそのあと1つずつレイズテイクアウト(ランバック)でどしどしテイクしていきます。しかし吉田姉がまたレイズテイクアウトを決めて、これほんとに女子の試合?みたいに解説も盛り上がっています。次はガードの後ろに中電がドローしたら、LSは藤澤がきっちりフリーズ。レベル高い。LSは1点とらせるようにガードおいてきました。中電はそれもあって1点止まり。

第4エンド、せまーいガードの間を鈴木も中嶋もきっちり抜けてテイクショットを決めます。解説も感心するコントロール。ガードの後ろにばっちりどんどん回り込んでいきます。お互いがお互い刺激し合っていいショットを決めています。ごちゃごちゃしてきました。しかしスキップに入ってあまりうまくいかず、ショートが続いて、結局LSも1点止まり。

第5エンド、ガードを置いてその後ろというのは変わらないが、どちらも大きなミスなく中央にストーンを集めてくる。吉田姉のフリーズがばっちり決まってまた局面が変わる。ほんとにごちゃごちゃという言葉がぴったりくる複雑な局面。LSのラストストーンはガードにひっかけてしまい、中のストーンを直接さわれる状態に。解説陣は2あるいは3点といっていましたが、北澤のパワーショットは相手と自分のストーン1つずつを出して、なんと中電は4点とりました!これはすごい!孔明の計ですねー。

第6エンド、コーナーガードから始まるエンド、またしっかり中央に置いてくる。いちいちショットが正確。そんなに悪くなかったのに少しコントロールができなかっただけで、中電は北澤のダブルテイクアウトが決まり、しかもいいところにロール。最後のLSのショットはかなりラインが狭くなったところで、ショートしてしまいました。中電が3点スティールしました。どうも急激にウェイトが落ちてしまうのをLSが読み切れてないところがあるらしい。

第7エンド、中電はクリーンな展開を目指します。松村がホックラインオーバーでLSチャンスも、LSがガードにいったところで、中電はとてもいいところにナンバーツーを置きました。自分たちのストーンがバックガードになっているのもあって、ダブルテイクアウトをなんとか狙いますが、テイクが1つで、中電が1点スティールしました。

第8エンド、LSは相手を尊重してガードを作らず、テイクテイクの展開に。決勝戦は8エンドまでやらないといけないそうです。最後の藤澤のショットはあの、回転しながら投げるショット!スウェーデンのエディンがやったやつ。その割には結構強いショットで、ノースイープでハウスにしっかり届きました。LSだからこそやっていい、相手を認めるラストショットでした。試合終了、中部電力 11-3 LS北見。

まさかここまでの点差がつくとは思いませんでしたね。5ロックルールの影響なんでしょうか。でも両チームが攻めの姿勢を崩さなかったのが結果的に大量得点につながったのかもしれません。それだけの試合でした。LS北見もほんとに強かったです。中電にしか負けてないんですからね。それにしても中部電力は強いチームになりました。適材適所がばっちり決まってる。世界選手権でも活躍してほしいです。

世界選手権は3/16から女子、3/30から男子だそうです。まだまだカーリングのシーズンは続きます。たのしみです。めっちゃ。

日本選手権に出場した選手のみなさん、スタッフのみなさん、運営に携わったみなさん、そして実況解説の方々、おつかれさまでした。