Archive for 8th 3月 2019

フィギュアスケート四大陸選手権2019(8):女子シングルFS

オリックスのドラ1、太田が怪我をしてしまい、全治3ヶ月だそうです。本当にがっかり、富井です。今日先発したディクソンも怪我で開幕絶望だそうです。いいニュースないなー。
さて、気を取り直してフィギュアスケート。解説は岡崎真さん、実況は小林さん。第3、第4グループのみのレビューです。

カナダのラーキン・オストマン。20歳の初出場。「オペラ座の怪人」より。3Lo+2Tは成功。スピードのないところからの3Fは回転が足りてなさそう。2A+2AのシークエンスはOK。シットスピンもいいですね。3Loは着氷がもう一つ。3S+2T+2Loはいいジャンプ。コンビネーションスピンもまずまず。ステップシークエンスももう少しスピードが欲しいですね。緊張しているんでしょうか。3Tはコントロールされたジャンプ。2Sになってしまいましたがコレオシークエンスはきれいですね。足換えのコンビネーションスピンのあと頭を抑えて残念そう。165.21

カナダのベロニク・マレ。「Let me go」ほか。イーグルからの2Aは高さのあるジャンプ。3Sもいいジャンプ。3Lo+2Tも成功。シットスピンの回転が速くていい。ステップシークエンスもきびきび動いています。3T+2T+2Loもいい流れ。2Loはちょっともったいない。3Tは成功。コンビネーションスピンはもう少しスピードが欲しかった。コレオシークエンスは曲に合ってます。2Aは幅のあるジャンプ。足換えのコンビネーションスピンはポジションがユニーク。ジャンプのレベルは低いですがよくまとめました。2Loがもったいなかったですね。170.46

オーストラリアのケイラニ・クレイン。「シング・シング・シング」ほか。3Fは回転不足のよう。3F+2Tは着氷がもう一つですね。3Lo+1Eu+3Sももう一つの出来。2AはOK。コンビネーションスピンはまずまず。3Lzは転倒してしまいました。続くジャンプも1Lo。コレオシークエンスもちょっと元気なくなってきてしまいました。1A。足換えのコンビネーションスピンはいいです。ステップシークエンスも身体が動かない。レイバックスピンはポジションが美しい。最後のスピンはとても良かった。149.52

韓国のキム・イェリム。「タイスの瞑想曲」3Lz+3Tはコントロールされたジャンプ。3Sもいいですね。3Loはもうちょっと幅があればなあ。コンビネーションスピンはスカートの裾がひらひらしてとても優雅。2Aも美しい。ステップシークエンスも優雅ですね。なんか急に村主章枝を思い出しました。2Aは着氷でバランスを崩しかけましたが持ち直しました。3Lz+2T+2LoはOK。コレオシークエンスはスパイラルが曲にマッチしています。3FはOK。キャメルスピンは形が美しい。シットスピンも回転が速い。187.93

アメリカのティン・ツゥイ。16歳。初出場。「ジゼル」スピードがありますね。2Aは流れがあるジャンプ。3Lz+3Tはオーバーターンが入りましたがコンビネーションにしてきました。3Fは転倒。2A+2Tもバランスを崩しかけましたが持ちこたえました。足換えのコンビネーションスピンは美しいポジション。キャメルスピンもきれい。3Lzは転倒。2転倒はもったいないですね。コレオシークエンスのスパイラルが見事。3Loは回転不足のよう。3Fも転倒。ステップシークエンスはポジションがすごくきれいなところがあります。これからが伸びそう。コンビネーションスピンはちょっとポジションの回転が足りないところがあるよう。164.84

三原舞依。映画「ミッション」より。3Lz+3Tは流れのあるジャンプ。コレオシークエンスは鳥のようなスパイラル。2Aも流れがあります。3LoもOK。コンビネーションスピンも回転速度が変わって美しい。3Fも素晴らしい。2A+3Tも素晴らしいコントロール。シットスピンも回転が速い。3Lz+2T+2Loも成功。3Sで笑顔。ステップシークエンスのツイズルがきれい。コンビネーションスピンも素晴らしい。これはすごい演技。207.12

カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワ。「ブエノスアイレスの秋」4Sは転倒しましたが挑戦してきました。3Lzは両手上げ。3Fも両手をあげて。もう、ロシアのエテリ組一員という感じですね。3Loも成功。キャメルスピンも回転が速い。コレオシークエンスもおもしろい。3S+3Tも最初が両手上げ。2A+3Tはセカンドで両手上げ2A+1Eu+3SもOK。コンビネーションスピンも回転が速い。ステップシークエンスが力強い。カウントの取り方が上手。足換えのコンビネーションスピンも素晴らしい。4回転で転倒しましたが、回転はちゃんとしているみたい。力強いなあ。ほんとうにあのロシアのエテリ先生が合っているんでしょうね。207.46

韓国のイム・ウンソ。映画「シカゴ」より。3Lzはオーバーターンでセカンドがつきませんでした。3Loはコントロールされています。2A+3Tはセカンドジャンプがややつまりました。足換えのコンビネーションスピンは曲によく合ってます。コレオシークエンスも曲によく合ってますね。2度目の3Lzも単独になってしまいました。3F+2Tは3連続になりませんでした。3F+2Tは3つめを狙ったようでしたがだめでした。2Aは成功。レイバックスピンはOK。ステップシークエンスはやや音に合ってないような。でも途中から合わせました。キャメルスピンはOK。191.85

紀平梨花。「ビューティフル・ストーム」3Aは美しい。加点もすごい。2A+3Tにしてきましたが、こちらも流れのある美しいジャンプ。3LoはOK。足換えのコンビネーションスピンも素晴らしい。ステップシークエンスも動きがいい。3Lz+3Tも美しい。3Fも鮮やか。レイバックスピンもすぐに入ります。片手をあげた3Lz+2T+2Loも素晴らしい。シットスピンの回転も速い。コレオシークエンスのあと3S。あっという間に嵐が過ぎていきました。すごい大きい熊が投げ込まれてそれを拾って滑る姿がかわいかったです。221.99。こんなの抜けない・・・。

アメリカのマライア・ベル。「ピアノ」ほか。2A+3Tは流れのあるジャンプ。3Loは転倒。足換えのコンビネーションスピンはポジションが短いのがあるよう。3F+2Tはなんとか持ちこたえました。コンビネーションスピンはまずまず。ステップシークエンスはまずまず。2Aはいいジャンプでしたが、次が2Lzになってしまいました。3FはOK。3Lz+2Tは成功。コレオシークエンスはマライア・ベルらしい。レイバックスピンはスピードがあって美しい。最後が盛り上がっていってよかったですね。中盤がちょっと焦り気味だったな。193.94

アメリカのブレイディ・テネル。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」。最初がちょっと決闘してそうな振り。2Aは成功。3Lz+1Loとセカンドジャンプが上手くつきませんでした。3Fは回転が足りないかと。2AはOK。レイバックスピンはポジションが美しい。ステップシークエンスはドラマチック。テネルはステップが上手なんだな。3Lz+3TはOKかな。3Lo+2T+2Loは回転が気になるそう。3Sは成功。コレオシークエンスはおもしろい。コンビネーションスピン。はポジションがユニーク。次のスピンもすぐに入り、素晴らしい回転スピードでした。202.07。珍しく回転不足が4つもあり、伸びませんでした。

坂本花織。映画「ピアノレッスン」より。素晴らしい3F+3Tが力強い。2Aも流れがいい。3Lzはまずまず。シットスピンもポジションが素晴らしい。ステップシークエンスもディープエッジでいい。3SもOK。1Aになってしまったのがもったいない。3F+2Tはいいですね。コンビネーションスピンも素晴らしい。コレオシークエンスからの3Lo+2Tもバランスを崩しかけても見事に着氷。コンビネーションスピンも良かったですが、1Aからコンビネーションジャンプが抜けたのが残念でした。206.79。うわー、あのジャンプが入れば2位でしたね。僅差で4位。

○最終順位(温泉に行きたいので)
1.紀平温泉
2.トゥルシンバエワ温泉
3.三原温泉
4.坂本温泉
5.テネル温泉
6.ベル温泉

すごく順位が変動しました。1位の紀平はフリーで出せる得点がダントツ。本当に美しい嵐ですね。お見事。2位のトゥルシンバエワはまさか4Sを跳んでくるとは。まだものになるまでには時間がかかりそうですが、ジャンプ以外も力強くなってきて今後が楽しみ。できればもう少し筋肉がつくといいと思うのですが。

3位の三原は素晴らしかった。この混戦は三原が起こしたものでしょう。2位との差もわずか。4位の坂本は残念なフリーでしたが、1つだけのミスだったとも言えます。世界選手権はきっとやり返す。5位のテネル、6位のベルはSPの出来が良かっただけにきんちょうしてたよう。これは経験でカバーできるようになりますよね。