Archive for 10th 3月 2019

フィギュアスケート欧州選手権2019(2):女子シングルFS

侍Jでヨシダが大暴れヤマモトもいいピッチングだったそうで。わかってると思いますが、自分のチームでもちゃんと活躍してほしいマイク松ですこんにちは。

欧州選手権は女子シングルFSです。

フィギュアスケート欧州選手権2019、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は岡崎さん。今日は第3グループからみます。それまでのトップはトート。

フィンランドのエミ・ペルトネンから。「SAYURI」より。3T+3Tはファーストは余裕ありましたがセカンドで詰まりました。3Lzはダブルに。3Sもダブルになりました。がんばれ。2A+1Eu+3Sは決まりました。シットスピンでとりあえず落ち着こう。つなぎの部分の表現力はあります。手の動きがいいのかも。次は1Lo、3Lo+2Tは決まりました。2Aからステップに。滑りはきれいなんですよね。ジャンプが抜けるのをなんとかすればよくなりそう。フィンランドやし。コンビネーションスピンも出来がいい。コレオシークエンスはイナバウアーをしっかりやってました。印象的。レイバックスピンでフィニッシュ。キスクラではしょんぼりしてますがランビエールさんに励まされています。170.03。トップにきました。

ロシアのスタニスラワ・コンスタンティノワ。このタイミングで滑るのは不本意でしょう、がんばれ。「アンナ・カレーニナ」より。3Lz+3Tを片手あげで成功。歓声もあがっています。2A+1Eu+3Sをここで跳んできました。3Loも決めていい入りです。ステップは音をよくとれてますね。エッジワークにも緩急がきいてる。2Aも成功。3F+2Tはなんとか。ちょっとスピードあげたい。3Lzはダブルに。レイバックスピンは少しトラベリング。スパイラルからの3Fは決まりました。コンビネーションスピンは多様なポジション。いい武器です。コレオシークエンスからキャメルスピンでフィニッシュ。いい演技できました。見事見事。189.72。本来の力出せました。

チェコのエリスカ・ブレジノワ。「トゥームレイダー」より。かっこいい衣装にしてます。こういうのがあうのかも。静かな立ち上がり。3Lz+2Tはセカンドで手あげ。3Fは回転不足かも。3Tからコンビネーションスピン。難しいポジションやってます。ステップをここで入れてきます。もっと激しい動きがほしいですね。3T+2Tとジャンプは決まってます。3Lzはツーフット。2A、2A+1Eu+2Sと決めました。シットスピンからコレオシークエンス。がんばれがんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よくがんばりました。シーズンベスト30点近く更新。すーごい更新してるんですよね。166.77。喜んでいます。

アゼルバイジャンのエカテリーナ・リャボワ。プルさんの弟子です。「オーロラ」ほか。3Lzはダブルに。イーグルをはさんで3Loは成功。コンビネーションスピンがんばってます。やっぱりちょっと緊張してるみたいですね。3Sまでスピードがぐんぐん落ちてます。ステップで勢いを取り戻したい。2A、2A+2T+2Loと跳んできます。3Lzは回転足りないかも。3F+2Tはなんとか。コンビネーションスピンからコレオシークエンスは結構技もってますね。レイバックスピンでフィニッシュ。よくがんばりました。何事も経験ですからね。これからこれから。163.17。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「ミッション・インポッシブル2」より。3Loはオーバーターンでコンビネーションにならず。3Lz+2Tは成功。3Fはあぶないところでした。2A+3Tでコンビネーションをリカバー。コンビネーションスピンはいい出来です。年々スピンはうまくなってる。ステップはもっとどしどしアピールしたい。2A+3Tをもう一度。いい出来でした。コレオシークエンスは大きなスパイラル。3Lzは手をつきました。3Sからキャメルスピン。ラストはレイバックスピンで締めました。まあいい演技ではあるんですが、どこかよくなるとどこか悪くなる。177.10。

ブルガリアのアレクサンドラ・フェイギン。チャイコフスキー「くるみ割り人形」。2A+3Tはスピード落ちてましたが成功。やはり軽さはありますね。3Lzはあぶないところでした。3Fは回転足りてたかな。ステップはもう少し音楽にあわせてほしい。2A+3Tをもう1回。コンビネーションスピンは1つ1つしっかり回ってます。3Lo+2T+2Loは跳びましたが3Loはあぶない。3Sからコンビネーションスピン。雰囲気は出せているんですが。コレオシークエンスからシットスピンでフィニッシュ。少しタイムオーバーかも。回転不足をだいぶとられてしまいました。164.20。

最終グループ。

フランスのロリーヌ・ルカブリエ。ベス・ハー「アイル・テイク・ケア・オブ・ユー」。見せ方がだんだんうまくなってますね。2A+3Tはセカンドで回転不足。3Fもなんとか。スピード上げていこう。3T+1Eu+2Sはタイミングが合いませんでした。リズムが悪い。コンビネーションスピンからステップ。ちょっとステップで勢いつけよう。いい感じ。キャメルスピンはいいポジションでいけました。2Aはすぐ終わりにジャンプ。3Lz+2Tはうまくいきましたが、3Lzはステップアウト。コレオシークエンスはぐるぐるまわってるだけでした。3Loからレイバックスピンでフィニッシュ。うーん本人も思ってるようにいまいちでしたね。でもがんばりました。キスクラに虎がいるぞ。ってジュベールお父さんでした。あんまり満足してない様子。180.05。

スロバキアのニコル・ラジコワ。大学を卒業して今はフルタイムで働いているそうです。それで最終グループか。「ドクトル・ジバゴ」より。3Lzは手をついてコンビネーションにならず。3Lo+2Loは回転足りてたかな。3T+2T+2Loを跳んでキャメルスピンはいいポジション。回転も速いです。コレオシークエンスをここでもってきます。まずまず。つなぎ部分でもう少しスピードほしい。3Loは成功。3Tからコンビネーションスピン。2Aは転倒。ステップはいい表現力でみせてますね。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。コーチのお父さんも喜んでますね。もっと国も支えてあげて。169.03。

フィンランドのヴィヴェカ・リンドフォース。「レ・ミゼラブル」より。真っ赤な衣装です。勇壮な始まり。すごい。3Lz+3Tを決めてきました。高さもあります。3Loはステップアウト。3Fは成功。キャメルスピンはいいポジション。音楽にも心なしかあってるような。コレオシークエンスも雰囲気作れてます。3Lz+2Tは3-3の予定でしたが自重。2Aは成功。ステップは体全体をよく使ってます。3Sはちょっと前におりました。2A+2T+2Loを跳んで、レイバックスピンはいいポジション。得意のスピンで店とっていこう。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これはよくがんばりました。今の力はしっかり出せましたね。194.40。トップに来ました。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。横綱登場。ビゼー「カルメン」。またこれがいいんですよね。始まりから手拍子。2Aは流れがあって質が高い。3Lz+3Tはセカンドで転倒。これは惜しい。3Sは降りました。2Aも音楽のタイミングあわせてます。キャメルスピンはいいポジションでてきぱき。コレオシークエンスもいい表現を入れながら。3Lzは回転足りてないですね。3Fはタイミングが合わずにコンビネーションにならず。3F+2T+2Loもうまくいかない。ちょっとコンビネーションスピンで落ち着こう。ステップは難しいエッジワークをこなしています。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん横綱にしてはよくない演技でしたねー。キスクラもお通夜です。うわーFS3位。198.34。貯金でトップにはきましたが浮かない顔。

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。これは大チャンス打線きましたね。「バーレスク」より。3F+3Tを決めました。いいぞ。3Lzも成功。3Loと決めてつなぎの部分もしっかり。ステップはよく雰囲気作ってます。安定感ある。堅実にいこう。シットスピンは音楽の終わりにうまく入れました。音楽変わってのっていきたい。3Sも成功。2A+3Tも決めました。これは大きい。3Fから2A+2T+2Loも決めてジャンプ終わり。コレオシークエンスはスライディングで盛り上げます。レイバックスピンも楽しそう。最後までがんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後までやりましたね。これはいったでしょう。こんなにうれしそうなサモドゥロワはじめてみたわ。ミーシンがキスクラでしゃべってるぞ。これもはじめてみた。213.84。トップにきました。

また最終滑走はスイスのアレクシア・パガニーニ。リンクに落ちているものをしっかり拾う。冷静ですね。「ラ・ラ・ランド」より。入りも洗練されてきてる感じ。3Lzはなんとか降りました。でも大きなジャンプ。ウォーレンから3T+1Eu+2Sはまずまず。3Lo+2Tはクリーンですね。2Aもいいジャンプ。跳び終わりがきれいです。コンビネーションスピンはじっくり回りました。つなぎ部分もうまくなってますね。3Loもいけました。3T+2Tを決めて音楽は明るくなってます。2Aからレイバックスピン。おもしろい入り方。ステップはメインテーマで。徐々に音楽をとらえるようになってます。みるたびにうまくなってきてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよし!いい演技できました。みるたびに成長してる。ほんとに。スイスの希望ですね。でもあんまり点が出てない。179.90。2つ回転不足とられてるんですね。うーん。

○SP終わっての順位:(世界の焼きそば的に)
1. サモドゥロワ塩焼きそば
2. ザギトワソース焼きそば
3. リンドフォース炒麺
4. コンスタンティノワかた焼きそば
5. ルカブリエパッタイ
6. パガニーニミーゴレン

横綱に土!…といっても鶴竜とかの話じゃなく、ザギトワが1位を守り切れませんでした。そういうこともある。そのチャンスをサモドゥロワがつかんで優勝しました。SPのときも妙に安定感あるなと気にはなっていたのですが、横綱が負けるのがあんまり想像できませんでした。いずれにしてもおめでとうございます。3位にリンドフォースが入りました。フィンランドの選手が表彰台に戻ってくるとは。セレブコルピやレピストやポイキオとか、妙に強かったフィンランドが帰ってくる。4位はコンスタンティノワ。やっぱり沈んだまま終わらないですよね。ジャンプアップしました。5位のルカブリエもこれは自信になるでしょう。まだまだジュベールお父さんの力でうまくなる。とりあえず007と背中に書くところからがんばりましょう。パガニーニは6位ですがうまくはなってる。あせらず進もう。サラ・マイヤー以来の選手なんですから。