Archive for 5月 2019

ロスリスバーガーがスキルポジションを別荘に招待

もうすぐ100回目のシーズン。そうなんですねー。マイク松ですこんにちは。あと100日かー。いつも意外に早くくる。たのしみです。

さて、NFLは今はミニキャンプやOTAの時期。6月過ぎるとまた人が動いてくるんですよね。

QBにとってスキルポジションはOLと並んで自分の仕事相手。そんなスキルポジションをもてなしているのがPITのロスリスバーガーです。

スティーラーズQBロスリスバーガーが別荘にチームメイトを招待

ロスリスバーガーってよくチームメイトを招待してる印象がありますが、今年は特に、アントニオ・ブラウンとリビオン・ベルが移籍してしまっただけにとても重要なんですよね。チームメイトも「ブラウンにはないしょな!」などとおもしろくしています。

チームメイトを別荘に招待。チームの絆を深めるにはいいことですが、いるかならではの強さを求めるなら、これ以上の何かがほしいですね。正直ロスリスバーガーの別荘が豪華すぎて太刀打ちできそうもありません。

やっぱりここは本物のいるかにもてなしてもらうくらいしかないですよね。お友達のシャチとかくじらとかにもきてもらって。ドルフィンズの強みはいるか。この魅力、有能なスキルポジションの選手に届け…!

「つばめ刑事」登場、とりあえず連敗を止めて

空港で足止めされがちな私。まだ足止めされたことはないのですが、ここにあるパスポートの有効期限で旅行にいけなかったことがあるマイク松ですこんにちは。他人事とは思えない。あとべつやくさんがいってる空港を間違えてるの、何回かあります。成田と羽田じゃないけど。他人事ではない。

さて、他人事ではないといえば、ヤクルトが14連敗です連敗の達人オリックからいえば、カントクを休養させても何も変わらないので、フロントはくれぐれも早まらないように。オガワカントクはがんばってほしいです。もっと相手をオリックだ、あいつらはオリックだと思い込むことが大事です。相手のロッカーにあらかじめオリックのユニをおいておいたらどうかな。

この問題を解決できるのは、もはやあいつしかいない!

つ ば め 刑 事

ヤクルトスワローズ結成50周年ということで、記念のドラマを作ったそうです。普段はさっぱり頼りになりませんが、そういえばオヤガイシャにメディア企業もってるんですよね。

あと同時につば九郎デビュー25周年だそうです。あやつそんなに歴史があるんですね。ということでドラマは、つば九郎が刑事になって事件に立ち向かうというもののようです。ライバル球団として東京ブラックカラスというのが登場していますが、東京オレンジラビッツとか、オレンジニュースペーパーズとかにすればいいのになと思います。

ストーリーにも「果たしてつば九郎はスワローズと神宮球場を守ることができるのか?」とありますが、今まさに球団は危機に直面しています。とにかく連敗をとめるよう、なんとかしてあげてください。あともとオリ戦士のサカグチさんが冷温停止しているようですので、できましたらこちらにもご対応のほど、よろしくお願いいたします。

オッキー兄さんをめぐる国家間陰謀

(大統領専用機にて)
大統領:MOGA!MOGA!
部下:またMOGAですか大統領。のどに何かつまってませんか?
大統領:もちろんだ!アザラシのことじゃないぞ。Make Okinoumi Great Againだ!
部下:アザラシはゴマちゃんですからね。
大統領:もうすぐジャパンだな…。ところで肝心のオキノウミとコンタクトはとれているのか?
部下:それはだいじょうぶです。ジャパンの首相には、オキノウミの取組の前に入場するようにいってあります。
大統領:そうでなければジャパンにきた意味がないからな。プロビデンスの謎にオレ自身が迫ってやる!
妻:それでこそ大統領だわ!
部下:未来の新エネルギーの謎を秘めたプロビデンス、もう先進国では常識ですよね。
大統領:他国に謎を解かれてはたまらん。神の摂理をこの手につかむのはこのオレだ!まってろよオキノウミ!

(こちらは日本)
首相:きみ、手はずは整ってるだろうね。
側近:もちろんです総理。決して隠岐の海を大統領と接触はさせません。
首相:プロビデンスがどこから生まれたと思ってるんだ。日本が将来リーダーシップをとるためにも、神の摂理はわれわれで管理する。シン・ゴジラのようにな!
側近:力士の顔なぞ先方はわからないと思いますので、ちょうど朝乃山の取組前あたりに入場してもらいます。優勝力士ですし、あとで問題にもならないでしょう。
首相:それでいい。ところで前の暗黒卿はどうなってる?
側近:キセさんは普通に場内を警備していますが、大統領とは遠いところに位置させました。国技館から遠ざけてしまうと、プロビデンスが隠岐の海に集まって化学反応を起こすかもしれません。分散させるように配置した方がよいでしょう。
首相:万全だな。大統領は私が常に行動に目を光らせる。あとは岡崎の焼き肉店をしっかり公安で固めておくことを忘れるな。
側近:ご安心下さい。いざとなれば日銀の金庫に閉じ込める手はずはできております。

(国技館に大統領が入場して取組を見る)
首相:大統領、あれが今場所の優勝力士、朝乃山です。
大統領:そうですか…(あれ?オキノウミはどこだ?)
妻:あなた、話が違うわ…彼はエイトセブンかセブンエイトだったはずよ。
大統領:12勝もしてるじゃないか…。
首相:優勝力士ですからね。あー、今日は負けてしまいましたね!
大統領:(解せん…あの力士からはプロビデンスが発揮されているように見えない…)
首相:そろそろ大統領杯の準備をしましょう。私についてきてください。
大統領:そうだな…。(部下に)おい、オキノウミはどうした?MOGAは?
部下:うまく隠されたようです。隠岐の海だけに!
大統領:そんなよくわからん冗談はいらん!(去る)
首相:やれやれなんとか接触は防げたな。
側近:引き続き警戒を続けます。

ボウリングにいってきたマイク松ですこんにちは。本当に疲れました。

この記事は昨日の続きです。とらんぷさんが大相撲を観戦しましたが、実際に相撲をみてもなんだか難しい顔をしてましたよね。あの背景にはこのような物語があったのです。ご存じでしたか。

夏場所はオッキー兄さんは10敗もしてしまいましたが、その裏にはハチナナやナナハチをなんとしても阻止するという国家の意思が働いていたのです。あ、ヤオチョーとかではなく、たんに「今場所は優勝して下さいね」などと初日から働きかけていればすむ話ですからね。

ということで今回はしょうがない。名古屋場所では逆襲のオッキー兄さんがみられることでしょう。まさにMake Okinoumi Great Again!!

「TM軽井沢」結成

NHKのお昼の番組でノムさんを見たのですが、1年半前に亡くなったサッチーのことを恋しがりながらも再婚したいとかもう一度プロ野球の監督をやってみたいとか語っていて相変わらずお元気そうで安心しました。最下位になると監督の打診が来るらしい(南海、ヤクルト、阪神、楽天)ですが、ここはもう、オリックの監督打診待ったなしだなと思った富井です。もうイチローも帰ってこないし、田口監督になっても火中の栗を拾わされるだけだしここはノムさんの手腕でコーチやフロントを一新してから田口監督でいいんじゃないですかね。

さて、TMレボリューションならぬTM軽井沢とはなんぞや。
答えは「Team両角」の略なんだそうです。そうです、両角兄弟が新チームの結成を発表したのです。メンバーは以下の通り。

両角友佑、両角公佑、岩井真幸、宿谷涼太郎

初めて知ったときは意外に思いましたが、確かに青木豪は大学生のチームでプレーした方がメリットが大きそう。岩井真幸が入ると完全にオーバーエイジというかいろいろ制約もあったのかな。また数年したら一緒に組むこともあるかもしれませんが確かに今は別々にするほうがいいと思います。
そう考えると、この組み合わせ、なかなかいいんじゃないですか!!

コンサドーレ1強ではつまらないと思っていたのでこのTM軽井沢の結成は大賛成。しかし山口はどうするんでしょう・・・と思っていたら、昨年からSC軽井沢カーリングクラブとして活動してたそうですね。1人SC軽井沢に残っていたとは知りませんでした。新しいSC軽井沢も強くなって日本選手権で優勝を争って欲しいですね。カーリング女子の中部電力を見ているとそういうことがあってもおかしくないので。

大相撲5月場所2019:千秋楽とプチ総括

今回の夏場所千秋楽はとらんぷさんが観戦することになりました。さて、あなたが理事長なら、大相撲をどちらに導きますか?

  • A: 中国におけるパンダのように、国賓をいつも大相撲に招待できるようにして、歓迎の証として相撲観戦をしてもらう。相撲外交時代の幕開けだ!
  • B: 大相撲をVIPが観戦するのはいいけど、あくまで一般客と同じ扱い。国家権力に逆らってこそ大相撲。不満があるやつは稽古場横綱と死ぬまで三番稽古だ!

相撲協会がどちらを選んだかは、鶴竜の相手に誰を当てたかでわかります。鶴竜が負けるとそのVIPに座布団が降りかかるからです。したがって鶴竜がかなり苦戦しそうな強敵を当てるならB、地位は高いのに誰でも倒せそうな相手ならAです。マイク松ですこんにちは。結果は~?

千秋楽。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

千代翔馬×勢。勢が幕内で。十両でも負け越しています。早くコンディションを戻してほしいです。立ち合い当たりましたが千代翔馬にはたき込まれました。

松鳳山×炎鵬。本当に激しい相撲になりました。炎鵬は勝ち越しをかけます。右に回り込んだ炎鵬、松鳳山は突き放してはたきにいきます。炎鵬もどんどん動いていきますが左四つ。投げの打ち合いにも両者残して体をぶつけあいます。寄っていった炎鵬を松鳳山が上手投げで下しました。常に動き回ったすばらしい相撲でした。炎鵬惜しかった。

千代丸×阿武咲。阿武咲が一気に押し出して勝ち越し。阿武咲なんとか勝ち越せてよかったですね。

輝×石浦。輝が一気に押し出し。石浦はもぐりこもうとしましたが、それごと押し出されました。輝は来場所この最後の方の調子ならたのしみ。

佐田の海×友風。右四つに組んで胸をあわせ、友風が押し倒しました。友風は入門以来続いている連続勝ち越し記録を更新。

大翔鵬×明生。北の富士さんがずいぶん明生を褒めています。立ち合いから前まわしをとりました。かいなをきめてくる大翔鵬ですが、かまわず出た明生が寄り切り。10勝ですか!

正代×琴恵光。差し込んだマサヨが前に出て寄り切り。マサヨも2けた。これはめでたいですね!前に出る圧力が出てきた。

徳勝龍×嘉風。突き押しで行く徳勝龍。左を差した嘉風がいい感じで攻めますが、引いて呼び込んでしまい徳勝龍の勝ち。

宝富士×志摩ノ海。志摩ノ海おっつけていきます。宝富士は上手をとりにいきますが、大学の先輩を押し出しました。志摩ノ海は敢闘賞もらいました。これは望外の結果ですね。次の名古屋はご当所、がんばりたいです。いつもこのへん微妙なんだけど、三重はご当所に入るのかな?

阿炎×玉鷲。なんと勝った方が敢闘賞という一番。玉鷲がいい押しで押していきますが、のど輪に手がかかっていた阿炎がひらりとかわして引き落としました。おもしろい勝ち方。敢闘賞がもらえてにこにこの阿炎。

千代大龍×栃煌山。千代大龍が突き出し。千秋楽は前に出て行きましたがまあ弱いヤツは寄ってこいですからね。

照強×大栄翔。照強中に入ろうとしましたが大栄翔に首をかかえられて浴びせ倒し。この2人が負け越しは残念ですね。とてもようがんばってたし。

遠藤×矢後。遠藤おっつけから右突き落とし。あっさり決まりました。遠藤はナナハチ。あと少しなんですけどねー。

隠岐の海×琴奨菊。さっぱりなオッキー兄さん。最後くらいはいい相撲みせてほしいんですが。菊にがんがんがぶられます。なるべくねばりますが結局寄り切られました。ああなるときついですよね。今場所はほんとに立ち合いがだめでした。

北勝富士×錦木。北勝富士が強烈な立ち合いからのど輪で押し出し。最後にいい相撲はみせました。ナナハチ。

おー!トランプさんがやってきました。なんか中途半端なところでした。

朝乃山×御嶽海。御嶽海が左おっつけから押し出しました。朝乃山も御嶽海の圧力はなかなか止められないですよね。御嶽海もしっかり存在感を示しました。スローでみると右差しが効いてるんですね。

碧山×竜電。竜電押し込まれますが、左上手をとって、回り込みながら強烈な上手投げで碧山を下しました。一度離れて上手をとったのがよかった。竜電は10勝で技能賞。意義深い場所になりましたね。

逸ノ城×妙義龍。おっつけてくる妙義龍を逸ノ城が突き落としました。特に盛り上がりもなく。

栃ノ心×高安。右四つになりましたが、高安が上手をとられる前に出て寄り切りました。栃ノ心に左上手をとられたら勝ち目がないだけにいい判断でした。

豪栄道×鶴竜。初日に期待の力士は北の富士さんがゴーエードー、舞の海さんが鶴竜だといっていたそうです…。それよりもここで鶴竜が負けるとトランプさんに絶対に座布団が降ってくるので負けられないです。まあ相手もゴーエードーなので安心。しっかり寄り切ってトランプさんへの座布団爆撃を阻止しました。

朝乃山は令和最初の優勝で、理事長から賜杯を、総理大臣から総理大臣杯を、そしてトランプさんからアメリカ大統領杯を初めてもらうことになりました。ほんとにラッキーマンですよね。

三賞は殊勲賞が朝乃山、敢闘賞が阿炎、志摩ノ海、朝乃山、技能賞が竜電でした。いっぱい出ましたね。

夏場所はなんだかおもしろい場所になりましたね。富山の人以外は朝乃山が優勝するどころか、優勝争いにからんでくることすら予想してなかったと思います。

それにしても朝乃山の運の強さはすごい。今回の割がどこかずれてただけでも優勝に大きな壁になったと思います。ポイントとなったのは栃ノ心。朝乃山戦で微妙な物言いの末に星を拾ったばかりか、そんな栃ノ心がライバルの鶴竜に当たってしまうのです。正直こんなに追い込まれた栃ノ心でなければ鶴竜を倒せる可能性のある力士はいないでしょう。とにかくついてました。来場所以降は注目されると思いますが、優勝した次の場所も普通にこなして普通に成績の悪かった玉鷲を見習って、自分のペースでいけばいいでしょう。

あと栃ノ心が久々に10勝して大関復帰した力士になれました。9勝からずいぶん時間かかりましたがよかったです。とにかくひざを大事にしてください。

また躍進した力士も多かった。鶴竜と栃ノ心以外に10勝した力士が志摩ノ海、マサヨ、玉鷲、阿炎、竜電、明生とこんなにいました。マサヨって10勝したっけ?と思う人いたと思いますがしてたんです。もちろん従来通りの期待の力士もがんばってほしいです。

いよいよ群雄割拠、戦国時代の様相を呈してきた大相撲。名古屋場所もたのしみです。

え?オッキー兄さんは振り返らないのかって?あんな10敗した力士とか振り返らなくてもいいでしょう!次や次!

…といっておかないといけないのです。今回のオッキー兄さんの弱さ、その背後には国家レベルの陰謀が!続きは次回!(ほんとか)

大相撲5月場所2019:14日目

ヤクルト11連敗。テットも驚くかみあわなさです。大変ですよね。盛り塩でも変わらなかったので、まあ僕らにいえるのは、相手がオリックだと思って戦えしかないです。これで勝ったらいよいよすごいなと思うマイク松ですこんにちは。

夏場所は14日目。連敗してもがんばらないと。

14日目。実況は解説は正面が陸奥親方、向正面が二十山親方。

豊ノ島×石浦。豊ノ島が幕内で。いい当たりでしたがびくともしない豊ノ島が押し出しました。石浦と入れ替わりのように来場所は幕内ですかね。

志摩ノ海×炎鵬。新入幕対決。炎鵬たぐって前まわし。おがむように寄っていきますが、土俵際で志摩ノ海が突き落としました。あそこまでいったら勝ちたかったですね炎鵬。

松鳳山×照強。照強がうまく差しましたが、松鳳山が思いきった小手投げで逆転。余裕ありましたね。このへんは経験の差。

大翔鵬×栃煌山。右四つからつかまえて寄る大翔鵬。そして返しの上手投げが決まりました。栃煌山負け越し。うーん。

輝×佐田の海。輝がおっつけから出て最後は押し倒し。輝はやっと自分の相撲がはっきりしたのか、迷いのない立ち合いでした。

錦木×矢後。相四つで左四つ。錦木がかいなを両手でがっちりきめました。矢後が右上手で寄って寄り切り。きめられても上手を離しませんでしたね。

千代翔馬×友風。千代翔馬の寄りにまわりこむ友風、つかまえて寄りました。千代翔馬の首投げをかわして寄り切り。

明生×阿炎。明生が中に入りました。阿炎が土俵際ではたき込み。物言いがついて検討も軍配通り阿炎。不意を突かれたような明生の寄りでしたが体は動いてましたね。

千代大龍×徳勝龍。もろ手からの押し合いを制した千代大龍が押し出し。あんまり徳勝龍って千代大龍に勝ってるイメージないですね。

琴恵光×玉鷲。実は初顔。琴恵光寄りをしのいで体を入れ替えましたが、逆に玉鷲がすばやく体勢を立て直して寄り切りました。動きがどんどんよくなってますねー。

遠藤×阿武咲。低く立ち合った遠藤が前まわしをとりました。阿武咲も引くしかなかったが及ばず。遠藤いい相撲。

千代丸×大栄翔。大栄翔の突き押しがどんどん出る。千代丸を押し出しました。最初から攻めが強かった。大栄翔力つけてきてますよね。

北勝富士×嘉風。頭からの立ち合いで押し込んだ北勝富士が押し出し。立ち合いで決めましたね。

妙義龍×琴奨菊。菊ががんがんがぶっていっていい体勢でしたが、妙義龍が首投げで逆転。捨て身の首投げが決まりましたが、相撲は菊でした。

碧山×隠岐の海。オッキー兄さん少しでも負け数を少なくしたい。今日は碧山の当たって引きに乗じて押し出しました。オマエも負け越させてやろうか…!

宝富士×御嶽海。御嶽海立ち合いからいいおっつけ。宝富士の突き落としにもしっかりケアして寄り切り。強い素オムです。

逸ノ城×竜電。逸ノ城のはたきにも動じず右四つ左上手。はずについて体勢を作ります。逸ノ城もなんとか胸をあわせたい。竜電はおがむ体勢。これはうまい。力を込めて寄って寄り切りました。これは見事!難しい仕事をしっかりやり遂げましたね。手順がよかった。

正代×高安。マサヨなんと大関戦が待っていましたか。やってやろうぜ!立ち合い押し込まれながらも左をのぞかせたマサヨが引き落とし。高安もあっさり負けました。ここはマサヨの相撲をほめよう。相手も弱いけど。

豪栄道×朝乃山。朝乃山勝つと優勝を引き寄せてきます。がんばれ。相手はだめな大関だぞ!立ち合い右四つでゴーエードーいい体勢。朝乃山はしっかり受け止めて右下手で出ます。そして左上手をとって寄り切りました!これは力強い相撲でしたねー!ゴーエードーが一気にもっていける体勢を作りながらも寄れなかった。逆にそこを出た朝乃山がうまかったです。上手がよかった。ゴーエードーの足浮いてましたよ。

栃ノ心×鶴竜。またいい割を組みますよね。もうほんとに追い込まれた栃ノ心、鶴竜に全力で挑みますよね。と思ったら栃ノ心左に変化ではたき込みー!あらー!朝乃山の優勝が決まりました!!これで栃ノ心も大関復帰。

いやー朝乃山のなんたる天運。優勝まで導かれた感じありますねー。

大相撲5月場所2019:13日目

軽登山してきたマイク松ですこんにちは。久しぶりだったのですごい疲れましたが、すごいたのしかったです。摩耶山いいところだな。

夏場所は13日目。すごい疲れてると思いますががんばってください。

13日目。実況は太田さん、解説は正面が高砂親方、向正面が立田川親方。

若隆景×石浦。若隆景が幕内で。負けた方が負け越し。石浦がダッキングからもぐりこもうとしますが、若隆景が不自然な体勢でもとにかく寄って寄り倒しました。石浦も考えすぎましたかねー。

徳勝龍×佐田の海。左四つになりました。徳勝龍は胸を合わせようとしますが、頭をつけて上手から寄り切り。迷いませんでしたね。

志摩ノ海×琴恵光。右四つになった。おたがいおっつけで体勢を作ろうとします。上手をとった志摩ノ海が切り返しも入れつつ寄り切り。志摩ノ海が勝ち越しました。やりましたね。序盤は苦しかったですが。本人もいうようにがまんできるようになりました。

松鳳山×大翔鵬。大翔鵬が松鳳山の当たりを受け止めて、押しからはたき込み。大翔鵬勝ち越しました。立田川親方はしっかり当たれるようになってきたと評価。幕内になれてきたとのこと。

千代翔馬×阿武咲。何度か待ったがありましたが阿武咲が一気に押し出し。最初からやろう。

輝×矢後。矢後が引いたところを輝が押し出し。こういう相撲とりたいですよね輝は。実は今日は通算出場600回でした。

錦木×照強。照強もぐって足をとりにいきますが、錦木が小手投げで逆襲、押し出しました。ちゃんと考えていたようですね。

炎鵬×明生。土俵際投げの打ち合いになりました。軍配は炎鵬でしたが、物言いで差し違えで明生の勝ち。炎鵬はハムストリングを痛めた感じでしたが、あれで取り直しよりはよかったかも。

千代丸×嘉風。突き押しあいになりますが、嘉風いい感じでおっつけていきます。もう少しというところでしたが先に土俵を割っていました。

宝富士×栃煌山。差し手争いから栃煌山もろ差しになりました。しかし宝富士が小手投げとかまわりこみとかでうまくふりほどいていきます。また差し手争いになるものの、粘り強くおっつけていった宝富士が寄り切りました。うまいですねー宝富士。

妙義龍×友風。実は大学の先輩後輩対決。妙義龍おっつけていきましたが、友風がはたき込み。妙義龍負け越しました。いい相撲はとってるんですけどねー。

千代大龍×隠岐の海。おっとオッキー兄さん登場。最近勝っていましたが、特に何もせず千代大龍に押し出されました。気迫がない。

玉鷲×琴奨菊。玉鷲が菊の立ち合いに押されながらもはたき込み。首をひねりながらも勝ちが続いてます。菊は負け越し。

北勝富士×大栄翔。こちらは高校の先輩後輩対決。突き押しあいからはたき込み。こちらは先輩の意地を見せました。大栄翔は負け越し。とてもいい相撲はとってるから大丈夫。

花道で朝乃山に付け人がすごい気合い入れてる。あの人がすごいんじゃないか。高砂親方もいい感じとのこと。

竜電×御嶽海。御嶽海はまたまわしを前の色に戻してきた。しかし竜電の立ち合いに引いてしまってあっさり押し出されました。竜電すばらしい相撲でした。

碧山×阿炎。阿炎押し込みますが碧山のはたきで崩されて押し出されました。立田川親方は碧山がうまかったとのこと。

朝乃山×栃ノ心。朝乃山が中に入りましたが、栃ノ心がひねってはたき込み。これは勝ったと思った栃ノ心ですが、物言いで栃ノ心のかかとが出ていたらしく、朝乃山の勝ち。栃ノ心は勝ったと思っただけにしょんぼりしてますね。というか朝乃山がすごいいい相撲とりましたね。

逸ノ城×遠藤。逸ノ城がすごいやさしい小手投げで勝ちました。すごいやさしい小手投げ。あんなのある?

豪栄道×正代。マサヨいつものように少しのぞかせて、ゴーエードーののど輪をこらえますが、なんとかゴーエードーが残して押し出しました。あぶない相撲ですよね。

高安×鶴竜。鶴竜頭を下げた突き押しで攻めますが、高安のいなしで崩され押し出されました。あらー。悪くない相撲でしたが負けました。これで朝乃山単独トップ。どうするよ優勝したら?

大相撲5月場所2019:12日目

日本犬!セツ子!ウギョ~!。本当によくできているなと感心するマイク松ですこんにちは。どこを切り取ってもおもしろい。ウギョ~が特にかっこいい。

夏場所は12日目。どこをみてもおもしろい日にしてください。

12日目。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が稲川親方。

徳勝龍×貴源治。貴源治が幕内で。突き押しからがばっともろ差し。寄り切りました。来場所は幕内でみられそうですね。

志摩ノ海×千代翔馬。おっつけで攻める両者でしたが、志摩ノ海が前に出ていきます。千代翔馬も肩越しの上手から上手投げにいきますが、その前に足が出ていましたね。志摩ノ海いい出足でした。

照強×矢後。下から起こしに行く照強。矢後のはたきを待って中に入り、はずから起こして寄り切りました。矢後の引きはたきを読んでましたね。

松鳳山×佐田の海。左四つになって佐田の海が出ます。松鳳山が不思議な技で逆転を狙いますが佐田の海の寄り倒し。松鳳山のアレは決まってたら何になるんだろう。

輝×大翔鵬。右四つで出たのは大翔鵬。輝なんとか残しました。両者上手を狙います。大翔鵬が上手をとって寄り切り。輝もさえないですねー。

炎鵬×阿武咲。これはおもしろい取組。炎鵬中に入ろうとしますが、阿武咲が出て寄り倒し。炎鵬ひざが入りかけてひやっとしました。あぶない。北の富士さんもなかなかじっくり仕切られるときついとのこと。悪い流れですね。

千代丸×友風。千代丸がどーんと突き放して押し込みます。そして押し出しました。これは千代丸の相撲とれましたね。あれこれ考えずにどーんといくしかない。

正代×栃煌山。差し合いになりました。マサヨをはたきこもうと栃煌山引きはたきの連続ですが、残したマサヨが押し出しました。一度右四つになりそうでしたがふりほどいた栃煌山はよかったと思います。呼び込んだのがまずかった。マサヨは3場所ぶりの勝ち越し。よかったね。

石浦×嘉風。互いに細かいステップを踏みながら、はたきあいになりました。本当に細かかったですが嘉風がはたき込み。

妙義龍×錦木。負けた方が負け越し。妙義龍がもろ差しになりました。小手投げをケアしながら寄り切り。まだまだ。

隠岐の海×琴恵光。すでに負け越しているオッキー兄さん。左四つから上手をとりにいってとりました。琴恵光は網打ちで粘りますが、しっかり頭をつけて寄り切り。ナナハチに向けてがんばろうぜ!やってやろうぜ!

朝乃山×玉鷲。1敗の朝乃山ですが、今日は差す前に玉鷲がおっつけて押し出しました。さすが空気を読まない玉鷲。ますますプロビデンスが関わっている疑いが。

北勝富士×遠藤。おっつけと突き押しでお互い攻め手を探ります。遠藤は前まわしがさがりになり、がっちりとれませんでしたが、もろ差しになれたので万全。寄り切りました。北勝富士負け越し。

千代大龍×琴奨菊。菊ぱっと入ってがぶって突き落とし。作業のように片付けました。

大栄翔×御嶽海。当たりあいから御嶽海の引きに乗じて大栄翔押し込みますが、残した御嶽海がはずから起こして寄り切り。ああいう形によくなれると御嶽海の調子をはかれますよね。

逸ノ城×碧山。逸ノ城が再出場。右四つから碧山はもろ差しをねらいます。逸ノ城が上手投げにいったところで碧山がもろ差しになりました。じっくり体勢を整えて胸を合わせた碧山ですが、相手もでかいだけになかなか。そのうち逸ノ城が巻き替えて右四つ両まわし。ここから寄り切りました。碧山は早く攻めたかった。

明生×栃ノ心。明生が中に入って押し出し!栃ノ心はタイミングが合わなくて立ち後れてしまいましたね。まあまだ3日あるから。

阿炎×高安。阿炎もろ手から引き落とし。高安もあっさり四つんばい。藤井さん「もう北の富士さんの愚痴も止まりません」。ですよね~。阿炎はこの楽な作業で懸賞23本。勝ち越しも決めました。

豪栄道×宝富士。宝富士左上手をとりました。ゴーエードーがすくいで崩して横からぶつけるように寄り倒し。あれが右上手なら宝富士よかったんですが。

竜電×鶴竜。左四つから右上手ばっちり。いい体勢で鶴竜が寄り切りました。竜電もう少し抵抗したかったですね。

大相撲5月場所2019:11日目

いまごろシャザムの威力を知ったマイク松ですこんにちは。街やテレビで流れる曲がぱっとわかるのほんとすごいし便利です。いいアーティストをみつけるのにも役立つ。

夏場所は11日。威力のある技をつかいましょう。

11日目。実況は大坂さん、解説は正面が春日野親方、向正面が舞の海さん。

千代丸×琴恵光。実は同学年。琴恵光立ち合いはたきにいきますがこれが不発。千代丸が突き押しで押し込んで引き落としました。琴恵光は悔いの残る取り口。

大翔鵬×矢後。突き押しあいから大翔鵬が押し込んでいきます。しかし引いたところを矢後が逆襲、押し出しました。引くまではよかったんですが。

照強×栃煌山。照強が立ち合いで足をとりにいきました。そして寄り倒し。炎鵬みたいな取り口ですが、小兵ならこっちが先輩ですよね。

輝×千代翔馬。輝が久々に突き押しで押し込みますが、千代翔馬がいなしてもろ差し。寄り切りました。久々だとあんまり突き押しも効果的はなかったですね。

炎鵬×友風。炎鵬中に入ろうとしますが、友風が中に入れず、腰が入ってしまいました。友風に押されながらも土俵際まで逃れようとしました。スピードはみせました。

錦木×徳勝龍。徳勝龍いなしで崩しますが、逆に錦木のいなしで土俵の外へ。負け越してしまいました。体はあるのに効果的な取り口が今場所はなかったですね。

佐田の海×朝乃山。はさみつけた朝乃山、つかまえて一気に寄り切りました。これは強い!…と思ったら物言い。つま先が出てるということでしたが、軍配通り朝乃山の勝ち。あぶなかったですがこれで2けた。強いです。

石浦×明生。これはおもしろい一番。石浦いなして崩そうとしますが、明生が正面から押して最後は押し出し。明生をあわてさせることができませんでしたね。

正代×松鳳山。あたりあう両者。気迫でぶつかりあいます。差せずに当たり合いますが、マサヨのいなしがきいて引き落としで勝ち。マサヨあと1勝で勝ち越しまできたよ。

志摩ノ海×嘉風。嘉風当たりからまわしをとってスピン。しかし落ち着いていた志摩ノ海が相手をよく見て押し倒しました。嘉風負け越し。今日の相撲は悪くなかったんですが。志摩ノ海は右おっつけが効いてましたねー。

宝富士×阿武咲。青森対決。地元もいっしょです。阿武咲まわしをとられる前に押し出したかったところですが、土俵際で宝富士が上手をとって上手投げ。微妙でしたが物言いはつきませんでした。

千代大龍×玉鷲。玉鷲は少し千代大龍に分が悪かったのですが、今日は突き押しから小手投げで崩して押し倒し。見事でした。引きはたきにもしっかりケアしてました。

隠岐の海×大栄翔。オッキー兄さんが左四つ。いいぞ。大栄翔も苦手な四つで組んでしまいました。土俵際粘りますがオッキー兄さんが寄り倒し。早くノープレッシャーになって!

北勝富士×琴奨菊。左四つで菊が寄っていきます。がぶるごとに腰が低くなる菊の相撲でした。見事見事。

遠藤×御嶽海。遠藤立ち合い押されながらも前まわしとりました。御嶽海は首投げにいきますが、しっかり残した遠藤が寄り切り。あの前まわしがとれれば強いですね。

阿炎×栃ノ心。あと1勝で大関復帰。しかし阿炎のもろ手から引きの九重メソッドで崩されてはたき込まれました。まだあるから。意外に大関の方が楽だから。実況陣も栃ノ心は肩に力が入っていたとのこと。

豪栄道×竜電。左四つで竜電右上手。ゴーエードーが左下手からどうしようかなというところで、竜電が上手出し投げで簡単に勝ちました。よわ。

碧山×高安。碧山今日は回り込んで回り込んでの逃げの相撲。しかし高安が攻めていったところで碧山にスイッチが入り、強烈なシュシュシュ突き押しで逆襲。はずから押し出しました。いいスイッチでしたね。

妙義龍×鶴竜。鶴竜が立ち合いで押し込みましたが、下からおっつける妙義龍にどん引きしてしまいました。見事な相撲で押し出し!鶴竜は立ち合いはよかったのにだめなどん引き。

5/22 ヤクルト@甲子園

オリックが大阪ドームにいるにもかかわらず、どうせ負けるやろと阪神戦を見に行ったら(というか、坂口・大引・近藤を見に)9回に3点入れるというミラクルを起こしてました。運がない富井です。でも、多分私が見に行かなかったから勝ったし、見に行っても8回で帰ったと思うのですが・・・。

さて、今年は阪神タイガースのファンクラブにも入ったので、座席指定が出来るチケットを買って甲子園に行ってきました。今日はビールが500円だったらしいのですが、何故かがらがら。3塁アルプスで観戦しましたが、3塁アルプスは特に人が少なかったです。

今日の相手、ヤクルトは現在6連敗中。4月はリーグ首位だったこともあったのに、激しい連敗の仕方ですね。DeNAがその上を行く負け方をしていたり、序盤で借金8あったカープがいつの間にか首位にいたりとセリーグはいったいどこのチームが強いのかわかりませんが、まあ、ヤクルトは・・・弱かったですね。坂口もあんまり打たなくて申し訳ないと思いましたが(でも今日はチャンスで塁にいた)、あのショートやサードなら大引さんでいいのでは?と思いました。少なくとも守備はもうちょっと上手いと思う・・・。

とはいえ、青木の1500本安打を目撃できたし、青木のダイビングキャッチも見られたし、面白かったのですが、うどんを買いに行っていたらバレンティンのホームランを見逃しました。今日は運がない日だったなあ。

大相撲5月場所2019:10日目

あとで富井も書くと思いますが、甲子園にハンシン×ヤクルト戦をみにいってきたマイク松ですこんにちは。新しいオーロラビジョンはとても見やすくて便利そう。なのになぜかハンシンの選手の写真が証明写真みたいになっていておもしろかったです。

夏場所は10日目。みやすい国技館でがんばってください。またいきたいなあ。

10日目。実況は厚井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が不知火親方。

千代丸×大翔鵬。千代丸がとても回転のいい突き押しで圧倒。大翔鵬受けてしまいましたねー。

石浦×佐田の海。石浦が当たってすぐかいなをとって小手投げで下しました。この動きはよかったですよね。炎鵬の活躍にシットしているらしい。シット!

志摩ノ海×照強。照強一度引くも右四つで組み合いました。志摩ノ海には有利。そして照強が蹴返しにいったところで志摩ノ海が出て寄り切りました。呼び込んでしまいましたかねー。

千代翔馬×矢後。千代翔馬が立ち合い動いたり蹴返しにいったりしましたが、矢後は左を差して動きを止め、上手から寄り切りました。あせらず自分の形をつくっていきましたね。

炎鵬×栃煌山。炎鵬ダッキングから中に入って起こしていきますが、栃煌山がはたき込みました。右手を出して動きを制限した感じ。

輝×徳勝龍。徳勝龍当たってすぐいなして送り出し。輝負け越し。うーんまだ場所は続くから、ダメージを少なくしてほしいですが。

琴恵光×阿武咲。琴恵光が幕内はじめての勝ち越しをかけます。調子いいですね。両者張り差しのような立ち合いで、琴恵光が思いきった引き落としで勝ちました。これで勝ち越し。琴恵光がこんなに早く勝ち越すとは。佐渡ケ嶽部屋の好調ローテにかかったんだろうか。なんにしてもめでたいです。

正代×朝乃山。朝乃山今日は突き押していきます。マサヨの差し手もかまわず出ていきました。マサヨも突き落としにいきますがその前に押し出しました。ちゃんと考えて作戦をつくってますね。

松鳳山×明生。おっつけあいといなしあい。明生が上手をとって出し投げにいきますが松鳳山残します。またおっつけあいといなしあいになり、明生が突き落としました。動きがあってとてもいい相撲。

宝富士×友風。友風立ち勝って一気に押し出し。微妙かなと思ったら物言いがつきました。宝富士も突き落としていたんですよね。物言いで差し違えになり、宝富士の勝ちになりました。

錦木×嘉風。錦木が寄っていきますが、嘉風が下がりながらももろ差しになりました。逆襲で寄り切り。まだ踏みとどまってます。

妙義龍×玉鷲。玉鷲押されながらも右から突き落とし。なんか不思議な力が玉鷲を後押ししている…?

北勝富士×千代大龍。千代大龍九重メソッドにいきますが、引いたところで北勝富士が出て寄り切り。そうそう。

大栄翔×琴奨菊。大栄翔突き押しからはたき。菊は立ち合いで少し足が流れてしまいました。組み合うかと思ったら大栄翔がよく考えてとったようですね。

碧山×遠藤。碧山もろ手からはたき。省エネ相撲。

御嶽海×栃ノ心。立ち合いで左上手をばっちりとった栃ノ心、しっかり寄り切りました。上手の取り方がいいですね。大関復帰まであと1勝。御嶽海がちょっとあっけないです。

竜電×高安。竜電がどれだけとれるか楽しみです。先に下手をとったのが高安。竜電を起こして寄り切りました。竜電はまわしをとろうとしましたがなかなか今日はとらせてもらえませんでしたね。

豪栄道×隠岐の海。なぜか横綱大関にフルで当てられるオッキー兄さん。なんの仕打ちじゃ。左四つになりました。オッキー兄さんが出てくるところで逆にゴーエードーが突き落とし。うーん。でも今日は自分から攻めていたし悪くなかった。はず。

阿炎×鶴竜。阿炎がもろ手突きで攻めますが、鶴竜こらえて突き落としました。特に問題なく。

大相撲5月場所2019:9日目

京都でゆっくりしたいマイク松ですこんにちは。今日も用事でいってきたのですが、ほんとにいって用事済ませて帰るだけ。まったく余裕がない。なんかなんもせずに帰ると損した気分になります。寺とかいきたい。

夏場所は9日目。お客さんを損した気分にさせないようにしましょう。

9日目。実況は沢田石さん、解説は正面が境川親方、向正面が粂川親方。

貴景勝が再び休場。今度こそ大事にしてほしいですね。

豊ノ島×炎鵬。豊ノ島が幕内で。相手は炎鵬です。立ち合いで右に動いて、豊ノ島も押し込みますが、ぎりぎり炎鵬がはたき込みました。あぶなかったですが動きの速さですよねー。

千代翔馬×佐田の海。がばっと左四つにつかまえた佐田の海が寄り切り。千代翔馬は足首を痛めた影響があるのか。

千代丸×照強。千代丸の突き押しをしのいだ照強がうしろにまわって、後ろから足を刈りました。決まり手は送り掛けだそうです。すごい。十両以上では初めての決まり手だそうです。

石浦×矢後。矢後は突き放し、石浦はまわりこんでいきますが、中に入って投げの打ち合い。しかし下手投げの石浦がまさりました。見事な投げでしたねー。足をおしていったのが効いたか。

志摩ノ海×大翔鵬。志摩ノ海おっつけ。大翔鵬ディフェンスになりますが、志摩ノ海が引いたところで大翔鵬が押し出しました。志摩ノ海いい形だったのに。

琴恵光×栃煌山。差し手争い。両者ともおっつけていきますが、琴恵光がのぞかせながら前に出て押し出し。なにげにパワーを必要とする取り口。

松鳳山×徳勝龍。徳勝龍差して出て行きますが、松鳳山が余裕をもって送り出しました。すてきな勢いを利用した相撲。

友風×明生。突き押しあいになります。激しい突き押し。明生が中に入って的確にヒットさせ押し出しました。友風は勉強ですね。

正代×輝。おっつけあいになりますが、輝が足がそろって流れてしまい引き落とし。マサヨもラッキーでしたね。

阿武咲×嘉風。阿武咲立ち合いで押し込みます。嘉風もブロックしていきますが、阿武咲のおっつけでひざをついてしまいました。元気がない。

宝富士×錦木。左四つから上手を狙う両者。宝富士が押し込んでいて上手もとります。錦木も残しますが宝富士の寄り切り。右上手さえとれればです。

朝乃山×竜電。朝乃山竜電をはたきますが、竜電がなんとか残しました。そして逆襲にいきますが朝乃山の次の攻めが速かった。決まり手は寄り倒し。幕内勝ち越し一番乗り。技術もありますが、立ち合いが激しいんですよね。

玉鷲×大栄翔。激しい立ち合いですが、玉鷲の手が伸びて押し出し。大栄翔の立ち合いもよかったのですが、ここはリーチの差がでましたかね。

遠藤×千代大龍。遠藤前まわしをとりにいきましたが、千代大龍の突き押しが先に当たって押し出されました。立ち合い待ったはよくない。

北勝富士×御嶽海。御嶽海が立ち合いから圧倒。北勝富士も今日はいいところみせたかったのに引いてしまいました。それではいかん。

碧山×琴奨菊。碧山が徹底したシュシュシュ突き押しで菊を寄せ付けず突き出し。菊も中に入れませんでした。

豪栄道×阿炎。阿炎もろ手でいきましたが足が流れてはたき込まれました。あっけないのう。

貴景勝×栃ノ心。貴景勝休場で栃ノ心不戦勝。これで勝ち越し。ラッキーですねー。栃ノ心は先場所貴景勝に負けて大関陥落してるので。

妙義龍×高安。妙義龍下からおっつけるとてもいい形。しかし動きが止まったところで高安が徐々に体勢をよくしていきます。巻き替えにいったところで高安が寄りますがこれは妙義龍残す。形を崩すな。起こしにいく妙義龍も高安動かず。長い相撲になってきました。妙義龍がもろ差しからすくいにいったところが呼び込んでしまい、高安が寄り切りました。いい相撲になりました。

隠岐の海×鶴竜。なぜかオッキー兄さんが横綱戦。もっと強い人(あっ)に任せればいいのに。なんでこんな仕打ちを。いい立ち合いの鶴竜が寄り切り。特に何もできませんでしたが何か?(逆ギレ)

大相撲5月場所2019:中日

両角がカーリングの新チーム結成へ。やっぱりのんびりコーチだけ(中電のコーチは継続)やってるのはもったいないですよね。メンバーがなんといっても気になります。

夏場所は中日。これはちゅーにちじゃなくてなかびです。なんか今回の放送はすごいいろいろやってるらしいのですがよくわかりません。

中日。実況は佐藤さんと三瓶さん、解説は正面が舞の海さん、向正面がもと豪風の押尾川親方。ゲストに岩崎宏美さんがいらっしゃってました。

逸ノ城と魁聖が休場。あらー。

千代翔馬×大奄美。大奄美が幕内で。いい立ち合いから千代翔馬を押し倒しました。また幕内に戻らないとですね。

照強×大翔鵬。照強が中に入り大翔鵬がおおいかぶさるようにつかまえます。何かされる前に大翔鵬が肩すかしで倒しました。照強は中に入ってそこからの攻めがなかった。

徳勝龍×琴恵光。押し込んでいった徳勝龍ですが、足が流れたところで琴恵光がまわりこんで突き落とし。しっかり粘りましたね。この一番の途中から実況が交代してる。間に合わなかったのかな。おもしろい。

千代丸×炎鵬。立ち合いいなした炎鵬。千代丸がつかまえようとしますが、すごいスピードで中に入り、足を取りました。つかまらないんですよねー。

志摩ノ海×石浦。石浦当たってまわしをとりにいきましたが、まわりこむところを志摩ノ海が押し出しました。立ち合いの当たりからよくついていきましたね。ちゃんと読んでたと舞の海さん。

松鳳山×矢後。もろ差しにいく松鳳山を押し返した矢後。しかし引いたところを中に入った松鳳山が押し出しました。引いたらあかん。

佐田の海×栃煌山。差し手争いも圧力をかけていった佐田の海が押し込みました。栃煌山も差せた頃には土俵際でしたね。寄り切り。

正代×友風。押されながらも右をのぞかせたマサヨが押し出し。またいいときのマサヨに戻ったよ。

阿武咲×明生。はずからおっつけで崩した阿武咲でしたが、明生が小手投げで逆転しました。阿武咲とても立ち合いはよかったのですが。

宝富士×朝乃山。差し手争いになるかと思ったら朝乃山が立ち合いから突き押しで押し出しました。朝乃山が差せなかったところですぐ切り替えましたね。

輝×嘉風。輝が今日は右上手。嘉風もなんとかふりほどこうとしますが、今日は輝が逃さず寄り切り。

アミーが出場歴代3位の記録を白星で飾りました。まだまだやれる。

妙義龍×魁聖。魁聖が休場で妙義龍の不戦勝。ラッキー。

錦木×竜電。実は同期生対決。竜電が左を差して出ていきました。錦木押し込まれて寄り切られました。立ち合いの激しい当たりから自分の形をつくった竜電。

千代大龍×大栄翔。大栄翔押して押して押し出し。今場所の大栄翔なら千代大龍は問題にならんでしょう。いい相撲でした。

北勝富士×阿炎。2度立ち合いが合いませんでした。ちゃんとあわせて。押しからいつ引くかという一番になりましたが、北勝富士の方がどん引きしてしまいました。阿炎はよくついていって押し出し。ん?そういえばいつの間にか佐藤さんになってて、ここから三瓶さんになってる。どうなってるんや。

逸ノ城×琴奨菊。逸ノ城休場で菊が不戦勝。ラッキー。

遠藤×栃ノ心。遠藤立ち合いから前まわしをとって、上手をとられる前に上手出し投げで勝ちました!計算通りの前まわし。サンデースポーツではキセさんが相手の立ち合いを利用してまわしをとったといっていました。

貴景勝×碧山。再出場した貴景勝でしたが、なんと碧山が変化で突き落とし。貴景勝もなかなか変化にひっかからない力士という感じですがくらってしまいました。うーん。

隠岐の海×高安。なぜかオッキー兄さん大関戦。今場所の高安なら倒せるという配剤なのでしょうか。左四つから上手を狙う両者。しかし上手をとろうとしたオッキー兄さんが起きてしまい、高安が寄り切り。なんでこんな仕打ちを受けねばならんのじゃ。

豪栄道×御嶽海。御嶽海はゴーエードーをつかまえて寄ったと思いましたが、行司さんがじゃまで寄せきれず。その間に上手をとったゴーエードーが逆に寄りきり。とはいえ上手をやったらあかん。

玉鷲×鶴竜。玉鷲いい立ち合いから強烈なおっつけで押し出しました!これは見事な相撲。すばらしいです。令和最初の不戦勝も玉鷲でしたが、令和最初の金星も玉鷲。これって神の摂理…?

大相撲5月場所2019:7日目

福井で笑いライブをみてきたマイク松ですこんにちは。関西系ではなかったのですが、自分の好きなタイプの笑いが多くてよかったです。継続的に追っていかないとですね。

夏場所は7日目。好きなタイプの相撲がたくさんみたいです。

7日目。実況は太田さん、解説は正面が北の富士さん、ゲストに百獣の王、武井壮さんでした。これはみておきたかった。

千代翔馬×石浦。石浦立ち合いでかいなをたぐっていきます。まわしをとりましたが千代翔馬もかぶさるように上手。しかし低い姿勢を崩さず、前まわしから下手ひねりで転がしました。この技はすごい。

照強×炎鵬。小兵対決。これは楽しみ。照強が頭から当たって押し込みました。炎鵬は中に入ってまわしをとっていきます。ここで照強がスピンで崩してキレのあるすそ払いで刈り倒しました。すばらしい!さすがに炎鵬も自分と同じくらいの力士ととるのはやりづらかったか。

徳勝龍×大翔鵬。徳勝龍が立ち合いで押し込むも、大翔鵬がはたき込み。なんか余裕ありましたね。

琴恵光×佐田の海。右四つから寄り合いになるも、まわしが切られて逆に琴恵光が突き押しに変化。押し出しました。切り替えがうまかったです。

松鳳山×千代丸。千代丸もろ手でいくも押し込めず。松鳳山慎重にとってます。一度引いて左四つに。しかしここでも一気にいかず。そしてもろ差しになって徐々に作っていきます。だいぶ膠着しましたが千代丸が体を開いたところで寄って寄り切りました。ずいぶん慎重にとりましたね。

矢後×阿武咲。突き押しとはたきあいでしたが、阿武咲がばっと大きくはたき込みました。思い切りのよさ。

輝×志摩ノ海。右四つになりましたが、志摩ノ海がおっつけで起こして押し出し。輝はどうも自分の相撲がとれてないですね。

栃煌山×友風。おっつけていく友風でしたが、ぱっと栃煌山がはたき込み。こちらは自分の相撲が戻ってきてる。

正代×錦木。マサヨがどしどし寄っていきましたが、土俵際で錦木が小手投げで逆転。あららマサヨがよくなくなってきた。

朝乃山×嘉風。朝乃山立ち合いから右差し。前に出て最後は押し出し。短い間でも先に先に攻めてますよね。いい相撲です。

魁聖×竜電。前に出る魁聖の押しをなんとかまわりこんでいく竜電。魁聖は押し込んでいきますが、土俵際で竜電がかいなを引っ張るような引き落としで逆転!魁聖腕を痛めたかも。がんばれ。

妙義龍×明生。当たりは互角も明生が先に先に押して押し出しました。妙義龍も1つ遅れるだけでああなるのか。

隠岐の海×宝富士。ベテラン同士。オッキー兄さんをいなす宝富士、左四つになって上手を狙います。しかし宝富士の足がわずかに流れたところをオッキー兄さんが突き落とし。なんとか2勝目です。ははー。

遠藤×阿炎。待ったもありましたが、阿炎が立ち合いからどんどん突いて突き出しました。圧倒しましたね。すごい押しの強さ。遠藤はああいう相撲とられるときついですね。

碧山×御嶽海。突き押しあいになりますが、どうも碧山は引いてしまいますね。そこを御嶽海が押して押し出し。引き癖をなおさないと。

琴奨菊×栃ノ心。菊が立ち合いからがっと押し込みますが、土俵際でまわしをとった栃ノ心ががっちりつかまえて逆襲、引きつけて寄り切りました。菊もつっていけるんですね。これはすごい。あと3つで大関復帰。

逸ノ城×北勝富士。北勝富士しっかり当たって、逸ノ城が引いたところを押し出しました。ばっちりでしたね。これが本来の相撲。早く思い出せ。

豪栄道×玉鷲。立ち合いから玉鷲が押しますが、前まわしをとったところで玉鷲が小手投げにいってしまいました。そこをでて押し出し。とればとれるじゃないのと北の富士さん。

大栄翔×高安。大栄翔がいいのど輪で押し込みますが、それをいなした高安がはず押しで押し出し。いい攻め。

千代大龍×鶴竜。鶴竜しっかり当たって押し出し。ボーナスですね。おつかれさま。

大相撲5月場所2019:6日目

福井にいってきたマイク松ですこんにちは。いやなことが続くと関西を脱出する日をつくります。福井は近いしいいところです。

夏場所は6日目。なかなか場所からは逃げられませんががんばりましょう。

6日目。実況は藤井さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が錣山親方。

大翔鵬×琴恵光。琴恵光張り差し。右四つで大翔鵬につかまりました。これは大翔鵬有利か。琴恵光投げにいきましたが、上手をとった大翔鵬が上手投げで仕留めました。

徳勝龍×千代翔馬。がばっと左四つから上手をとった千代翔馬。徳勝龍も体勢を立て直していきますが、投げの打ち合いになり、千代翔馬のすくい投げが勝りました。不利な形不利な形でとってますね。

千代丸×石浦。つかまらないようにはずからもぐりこんだ石浦。形を作られる前に出て寄り切り。石浦の相撲でしたね。

照強×佐田の海。右差しで動きを止めた佐田の海。照強もねばりますがしっかり寄り切りました。自分の形になった。

炎鵬×矢後。矢後は突き放していきたいですね。その通り突き放していきますが、炎鵬が前まわしをとりました。矢後は肩越しの上手をとりますが、蹴返しからひねって決めました。上手ひねり。いい素オムとってますね。あれだけがっちりつかまっても崩す形をつくってます。

志摩ノ海×栃煌山。実は高校の先輩後輩対決。はずからおっつける栃煌山。突き押しで攻めようとする志摩ノ海ですが、突き落としで転がされました。

錦木×松鳳山。錦木つかまえようとしますが、松鳳山逃れて逆にもろ差し。錦木も振りにいきますが松鳳山が寄り倒し。物言いがつきました。スローだと松鳳山のような。同体になりました。今度は最初から左四つ。錦木がつかまえた形から寄り切りました。

輝×友風。当たってすぐ友風はたき。輝…。

阿武咲×朝乃山。朝乃山好調ですねー。しかし阿武咲が差して起こして寄り切り。今日は阿武咲の相撲でしたね。まあこういうときもあります。

魁聖×嘉風。嘉風中にはいらせてもらえず、魁聖どーんと押し出しました。なかなか粘り強さが発揮できない。

妙義龍×正代。差してはたきのマサヨ。しかししっかりその都度残しておっつける妙義龍が今日は押し出しました。こういう相撲いつもとりたいですね。

明生×竜電。左四つになりました。立ち合いは明生でしたが、先に上手をとって体勢を作った竜電。投げの上手になりましたが、竜電の上手投げが決まりました。こういうじわじわ作っていくのもできる。

宝富士×阿炎。阿炎がどしどし攻めていきます。しかしまわりこんで残した宝富士がたぐって崩し、逆に押し出しました。師匠は取り口は悪くないとしながらも、詰めがだめだと指摘。このへんはほんとの理論的ですよね。

遠藤×隠岐の海。オッキー兄さん左四つでいい形ですが、遠藤が上手をとりました。そして出し投げ。なんかいつも出し投げでやられているような気がする。あー下手を切られてるのか。うまいな遠藤。引き立て役ゥ!!

碧山×北勝富士。なぜか北勝富士が苦手な碧山、今日も当たってすぐ引いてしまって押し出されました。藤井さんも「あんなに場所前元気だったのに」といっています。稽古場横綱…?

琴奨菊×御嶽海。がばっともろ差しになった御嶽海、菊もふりほどこうとしますが、御嶽海逃さず寄り切り。やはり詰めがばっちりですよね。

逸ノ城×栃ノ心。先に上手をとった逸ノ城。でていきますが、栃ノ心もがっぷりになりました。いつもこういう展開。逸ノ城は下手を切りにいきますが、また右四つに。粘った栃ノ心が寄り切りました。逸ノ城は投げにいくたびに自分で体勢を悪くしていった感じですね。

玉鷲×高安。突き押しあい。いい形。玉鷲がしっかり押し込んでいきます。詰めも怠らずにしっかり送り出しました。よしよし。たぐられたりして逆転されることもありますが、錣山親方はどんどん低くなっていったのがよかったと評価。この相撲覚えておいて!

豪栄道×千代大龍。ゴーエードーはボーナスのはずでしたが、千代大龍の九重メソッドにばったり。何をやってるのやら。インタビューで千代大龍はめっちゃにこにこでした。「これが千代大龍と思われる相撲をとりたい」とのことですが、今日の相撲がこれが千代大龍の相撲なんですよ。

大栄翔×鶴竜。大栄翔は思いきっていってほしいです。いい突き押しで鶴竜に引かせましたが、惜しくも前に落ちました。鶴竜のはたき込みもいい相撲はとりましたね。

大相撲5月場所2019:5日目

今日のハンシンの先発は西。最近ハンシンに入ったのですがいいピッチャーですよね。なんでもどこかから移籍してきたとか。いいピッチャーを出すんですから、もとの球団はさぞかし強豪なんでしょうね。マイク松ですこんにちは。と思いながらさんぽにでて戻ってきたら激しく逆転されていました。もとの球団ではそんなことなかったでしょうに。

夏場所は5日目。大相撲は今の部屋でしっかりがんばるしかないだけに気が楽ですよね。

5日目。実況は小林さん、解説は正面が芝田山親方、向正面が立浪親方。

貴景勝は休場してしまいました。あーあ。新大関の場所だったのですが。いつ痛めたのかいまだにわからん。

石浦×琴恵光。突き押しあいから石浦はなんとか中に入ろうとします。琴恵光は突き放していましたが、石浦が差したところをきめて小手投げ。移行が早かったです。

照強×旭秀鵬。旭秀鵬が幕内で。張り差しで照強の動きをとめて、つかまえて寄り切りました。工夫してきましたね。

千代翔馬×炎鵬。千代翔馬しっかりみてつかまえようとしましたが、炎鵬がいなしてはずから攻めてまたいなしとすごいスピードで動き回ります。そして中に入って押し出し。これはうまかった。あらゆる攻めがどんどん出てきました。立浪親方は押す力があるんだとのこと。

大翔鵬×佐田の海。立ち合いでがつんと押し込んだ大翔鵬が押し出し。佐田の海ははじかれてしまいました。

徳勝龍×矢後。左四つからあおって出る矢後。徳勝龍もすくい投げにいきますが冷静に防いで寄り切りました。矢後はバランスよく攻めてますね。

千代丸×栃煌山。千代丸変化にいきますが、栃煌山しっかり対応してもろ差し。千代丸も抱えて防ごうとしますが栃煌山が寄り切りました。千代丸は考えすぎ。栃煌山もろ差しが増えてきましたね。

志摩ノ海×阿武咲。阿武咲当たって逃さず押し込んでいきますが、土俵際志摩ノ海がはたき込み。ぎりぎり残しました。勢い的には阿武咲だったのですが。

松鳳山×友風。友風はお母さんがきています。友風がもろ手で間合いを作ってはたき込みました。よかったですね。

輝×朝乃山。朝乃山は輝を苦手にしていて1-5らしい。右を差して押し込んでいきます。輝も上手をとりましたが、まわりこむのについていった朝乃山が寄り切り。調子いいですねー。上がってきたときの調子の良さと立浪親方。

錦木×明生。明生もろ差しから寄り切り。一気に決めました。錦木元気ないですね。

正代×嘉風。差し合いになりそう。と思ったらブロックし合って押し合い。一度間があいて嘉風が低くなって押し込みましたが、土俵際でマサヨがぱっと体を入れ替えて寄りきりました。あれは旭天鵬が得意としていた体の入れ替え、キャスリングですね。よく動いてます。

宝富士×魁聖。宝富士押し込まれましたが左四つ。上手を狙います。上手をとってじっくり攻めて寄り切り。あせらずあわてず。左四つになったらいいですね。

妙義龍×阿炎。阿炎が回転のいい突き押し。妙義龍もいなしにいきますが、しっかり相手をみて押し出しました。自分の相撲がとれましたね。強烈な突き押し。小林さんも火の出るような突き押しと表現。

隠岐の海×竜電。初日の出ないオッキー兄さん。がんばれ。左四つになって、オッキー兄さんのすくいを竜電残します。竜電の上手がのびていてチャンス。しかしばてばてになっているうちに、竜電が頭をつけて出て行きます。やばい!しかし土俵際でひねりを加えた突き落としみたいなのが決まりました。ようやく初日。あぶないあぶない。

遠藤×琴奨菊。菊が一気にもっていって寄り切り。遠藤に何もさせませんでした。これは強い。

北勝富士×栃ノ心。右四つ左上手になった栃ノ心、ねばる北勝富士を力強く寄り切りました。ひざの調子がいいとここまで強い。まわしの取り方もいいですね。

逸ノ城×御嶽海。おっつけあいになりますが、逸ノ城が引いてしまったところを御嶽海が強烈に左からおっつけて起こし、寄り切りました。力強い相撲。

豪栄道×大栄翔。ゴーエードー張り差し失敗。大栄翔がどしどし押して最後は突き出しました。だめなオーゼキ相撲。若手の勢いにのまれましたね。

貴景勝×玉鷲。貴景勝の休場で玉鷲不戦勝。まーた玉鷲不戦勝ですか。不戦勝王。ひょっとしてオマエもある意味プロビデンスを…?

千代大龍×高安。千代大龍いい押しで押し込みますが、土俵際で高安がはたき込み。まあ楽な勝負ではありますよね。

碧山×鶴竜。碧山立ち合いでは押し込みますが、鶴竜が突き押しで巻き返して最後は寄り切り。

大相撲5月場所2019:4日目

録画していた「女王陛下の007」をみたマイク松ですこんにちは。知らない人がボンドをやってる作品でしたがおもしろかったです。なによりスキー、フィギュアスケート、ボブスレー、不思議なカーリングとなぜかウィンタースポーツがたくさん出てきました。ボブスレーはおもしろかったです。

夏場所は4日目。なぜか初日が出ない暗黒卿候補が出てきますがお気になさらず。

4日目。実況は船岡さん、解説は正面が尾車親方、向正面が富士ヶ根親方。

照強×千代翔馬。照強がおっつけていきますが、前に出る前に千代翔馬が肩すかしできめました。

若隆景×琴恵光。若隆景が幕内で。強烈な立ち合いで押し込みます。しかしすくいが空振りで逆に琴恵光が体を入れ替えて押し倒しました。若隆景いい攻めはできていたのですが。

徳勝龍×石浦。立ち合いでいなした石浦ですが、徳勝龍が落ち着いて突いて押し出しました。あわてませんでしたね。

大翔鵬×炎鵬。もぐりこんだ炎鵬。大翔鵬がつかまえにいくところで、足から下手に変えて下手投げ。いい攻め、いい速さでした。

志摩ノ海×佐田の海。右四つから佐田の海が自分の左上手をとりました。引きつけて寄り切り。自分の四つでしたからね。

千代丸×矢後。もろ手で立ち合いの千代丸。矢後は下がりながらももちこたえ、逆転のはたき込みが決まりました。矢後は師匠が解説でもあんまり関係ないんですよね。

輝×栃煌山。栃煌山右差しから左はおっつけで出て寄り切り。輝は差されてしまいました。どうも脇が甘い。

松鳳山×阿武咲。一度つっかけた阿武咲、立ち合いから押し込んでいきますが、松鳳山は残してまわしをとりました。中央に戻しながら強烈な上手投げで転がしました。実はまわしをとってもとれる。

魁聖×友風。魁聖の立ち合いに友風はずから攻めて、土俵際で引いてはたき込み。魁聖は落ちましたが、その前に友風の足が出ていました。押し込んでいてよかったですね。

錦木×朝乃山。右四つで朝乃山が左上手、あおって押し込んで寄り切り。朝乃山今日は積極的に起こしていったのがよかったですね。こういう相撲を毎日とりたい。

宝富士×明生。宝富士左四つから上手をねらいますが、明生つかまる前にふりほどいて、とったりで逆転しました。上手をとられたらきついですものね。

妙義龍×嘉風。いつも親方が解説だと勝てない嘉風。妙義龍を押し込みます。なんとか体勢を変えようとする妙義龍ですが、左差しから寄り切ったのは嘉風。親方ー!!

正代×竜電。差していくマサヨ。ちょっとのぞかせるだけでも今場所はパワーが出ます。寄り切りました。いい立ち合いと流れ。

阿炎×大栄翔。阿炎のもろ手突きをあてがって中に入ろうとする大栄翔。いい感じで押し込みましたが、阿炎が土俵際でひらりとかわしました。最後は上手投げ。ああいう取り口もある。

碧山×千代大龍。碧山どーんと当たって押し込みますが、千代大龍が土俵際でいなして突き落としました。あれさえ気をつけていれば勝てるのに。

逸ノ城×隠岐の海。オッキー兄さん今日は逸ノ城です。なんとかやる気をそいでいけばいいのですが、逸ノ城ががっちり差し手をブロックしてそのまま寄り切りました。やばいやばい。全然初日が出ねえ兄さん。

玉鷲×栃ノ心。玉鷲まわしをとられる前になんとか押し出したいところですが、土俵際で残した栃ノ心が下手をとりました。玉鷲巻き替えていきますが逆に上手をあげてしまいました。がっちり引きつけて動きを止めて、寄り切りました。強烈な上手。痛めている足で踏ん張れたのが大きいと富士ヶ根親方。

貴景勝×御嶽海。貴景勝今日はおっつけからもろ差しになりました。御嶽海は上手を引いてもちこたえます。投げをこらえたあとであおって寄り切り。しかしひざを痛めたのかすごいしんどそう。どこで痛めたんだろう。スローでみてもわからん。

北勝富士×高安。高安今日は回転のいい突き押し。北勝富士を寄せ付けませんでした。突き出し。

豪栄道×琴奨菊。右を抱えた菊ががぶっていきますが、ゴーエードーが右から上手投げ。転がしました。形にはなりましたが菊は立ち合いで押し込めませんでしたね。

遠藤×鶴竜。鶴竜いい押し込みのあとどん引き。遠藤もあそこまでの引きは想像してなかったか、押し出されました。さえない相撲。

大相撲5月場所2019:3日目

アウェイでオリックがロッテに勝ちました。相変わらずの援護の少なさで、決勝点はコジマのタイムリー2ゴロだそうです。記事になりづらいわ!マイク松ですこんにちは。でもサカキバラがまた完投負けとかじゃなくてよかったです。くらえ!オリック最大の奥義!決勝ゲッツー崩れ!!

夏場所は3日目。勝ってもタイムリー変化とかはだめだよ!

3日目。実況は戸部さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が三保ヶ関親方。

大翔鵬×貴源治。貴源治が幕内で。大翔鵬押し込みます。そこから左四つに。先に貴源治が上手をとって寄り切りました。貴源治いい出だしみたいですね。

千代翔馬×琴恵光。がばっとおもしろい立ち合いの千代翔馬ですが、逆にくいついた琴恵光が下手投げで下しました。

照強×石浦。小兵対決。照強が立ち合いで押し込んではたき込み。あっさり決まりましたね。

炎鵬×佐田の海。立ち合いダッキングから足をとった炎鵬、足取りで寄り切りました。あの動きは速かったですねー。99kgしかないんですからやるしかないですよね。

千代丸×徳勝龍。返り入幕同士。立ち合い押し込んだ千代丸。回り込む徳勝龍をしっかり前において突き出しました。どうも相性がいいらしいですね。

矢後×栃煌山。初顔。突き放そうとする矢後ですが、さっと差した栃煌山が逃さず寄り切り。差されたらさすがに矢後も厳しい。

松鳳山×志摩ノ海。突き押しで攻める松鳳山ですが、志摩ノ海が左右からはさみつけて動きを止め、最後は上手出し投げ。幕内初白星。土俵際で巻き替えたところからの出し投げ。これはうまかった。インタビューもしっかりしてた。

阿武咲×友風。こちらも初顔。立ち合い押し込む阿武咲ですが、友風がおっつけで崩して逆に押し出し。今日は友風落ち着いてとりましたね。

錦木×輝。立ち勝った輝、おっつけで押し込んでからの突き落とし。先手をとれましたね。

朝乃山×明生。明生の差し手をしっかりブロックした朝乃山、起こしてつかまえたところで寄り切り。明生も逃げようとしましたがばんざいさせられてどうにもなりませんでした。

正代×魁聖。マサヨの苦手な魁聖。これまでなかなかいいい相撲をとっていたのですが、魁聖にはさっぱりだめでした。相性かのう。

十両で琴鎌谷が相撲をとりましたね。ここまできてるのか。

嘉風×竜電。竜電の立ち合いに嘉風引いてしまいました。形がしっかりしていて力がよく伝わる。

妙義龍×宝富士。宝富士が妙義龍をはたいて送り出し。妙義龍も目の前から相手がいなくなってしまいましたね。

千代大龍×阿炎。阿炎が一気に押し出し。立ち後れたか千代大龍、なんもできませんでした。

碧山×大栄翔。突き押しあいになるかと思ったらあっさり大栄翔が押し出し。碧山はちょっと足を気にしているようにみえましたが、三保ヶ関親方は立ち合いがあごに当たってくらっとしたのではとのこと。

隠岐の海×栃ノ心。栃ノ心の大関復帰はみんなが期待していると三保ヶ関親方。でも相手はオッキー兄さんですぞ。立ち合いで左前まわしをとった栃ノ心、でも四つはオッキー兄さん。引きつけあいになりましたが、それで栃ノ心に勝つのはきついですよね。体を入れ替えた栃ノ心が寄り切り。胸を合わせてしまったか。春日野部屋の期待にこたえてしまったか。やさしみ。

逸ノ城×玉鷲。逸ノ城なぜか立ち合いでどん引きしてしまいました。玉鷲ついていって押し出し。さすがについていけるでしょ。

御嶽海×高安。この一番は期待できますね。御嶽海が左右からおっつけて押し込み、土俵際高安が残したところを思い切ってはたき込みました。終始高安は後手にまわりましたね。もう高安じゃなくてタキャヤスね!

豪栄道×遠藤。立ち合い左を差した遠藤、低くなって一気に寄り切りました。差し手争いでばっちり勝った遠藤でした。立ち合いは両者張り差しなんですね。

貴景勝×北勝富士。また高校の先輩後輩対決。北勝富士は先輩として負けられないです。貴景勝は立ち合いで押し込みますが、逆に中に入った北勝富士がどーんと押し出しました。はずからのおっつけが強烈でした。実は三保ヶ関親方は2人のさらに先輩。

琴奨菊×鶴竜。菊すばらしい差し手からのすくい投げ!鶴竜との投げの打ち合いになりますが、先に菊が手をついてしまいました。あらー。いい取り口ではあったんですが。

大相撲5月場所2019:2日目

昨日に続いて「バーフバリ2」みたマイク松ですこんにちは。バーフバリはみてない方が悪い。というかこれほんとに終わるのかなと思いました。

夏場所は2日目。オキノウミを頼む…(絶命するキセさん)

2日目。実況は大坂さん、解説は正面がキセさん、向正面が雷親方。

大翔鵬×千代翔馬。張り差しからもろ差しになった千代翔馬、さすがにこの体勢では勝てますね。いい立ち合いでした。

勢×石浦。勢は今十両なんですね。勢がいい立ち合いしました。石浦が中に入って寄り倒し。勢も小手投げにいきますが及びませんでした。よく動けましたね。

徳勝龍×照強。照強のソルトシェイクに大歓声。照強中に入っていきますが、正面から押した徳勝龍が逃さず押し出しました。動きを止めたのがよかったですね。

琴恵光×炎鵬。琴恵光張り差しからもろ差し。炎鵬もなんとか動いていきますが、逃さず琴恵光が押し出しました。立ち合いでもう少し押し込みたかったですね。

志摩ノ海×千代丸。千代丸突き放しますが、そこから右四つ。志摩ノ海も自分の形にしようとはしますが、しっかり四つでもとれる千代丸、寄り切りました。よく考えてましたね。

佐田の海×矢後。矢後突き放していきます。佐田の海は張り手でペースを掴み、中に入って寄りきりました。矢後も突き放しきれませんでしたね。

輝×松鳳山。突き押しあいから松鳳山もろ差し。輝もきめて振りにいきますが、しっかり残した松鳳山が寄り切りました。輝の突き押しあまり最近効き目がないですね。

栃煌山×阿武咲。阿武咲くいついてでます。栃煌山肩すかしにいきますが及ばず。阿武咲攻めの相撲がとれてますね。

魁聖×錦木。魁聖おっつけから出ますが、錦木が小手投げ。実は魁聖に強いんですよね錦木。4連勝。

友風×朝乃山。友風おっつけていきますが、朝乃山が左上手から上手投げで転がしました。友風も気をつけてはいたんですけどねー。

宝富士×正代。差し手争い。マサヨが左を差したところで宝富士がつかまえようとしますが、マサヨの引き落としが決まりました。やはりあれくらい入っただけでコントロールできるのがマサヨの強み。

明生×嘉風。おっつけていく明生をぼーんとはたき込んだ嘉風。初日でましたね。引かずにいったらこれくらいできる。

隠岐の海×妙義龍。オッキー兄さん、前暗黒卿の前で勝ちたいところでしたが、妙義龍がもろ差し、寄り切りました。オッキー兄さんさえない取り口。令和というのがプレッシャーになっているのか。まだ平成まだ平成。

竜電×阿炎。阿炎の突き放しがよく決まってますが、攻められながら差した竜電が押し倒しました。阿炎相撲は悪くないぞ。キセさんは竜電の腰のきまりがいい、いい攻めだと評価。

玉鷲×御嶽海。押し合いから頭をつけていく両者。御嶽海左を差しますがまた離れた。玉鷲も当たって押していきますが、御嶽海がどん引きではたき込み。惜しかったですねー玉鷲。こういう相撲をとっていけば道は開ける。熱戦に大盛り上がりでした。

逸ノ城×千代大龍。突き放していく千代大龍ですが、間合いを詰めて寄り切った逸ノ城。なんか余裕もってとってますね、千代大龍には。

大栄翔×栃ノ心。栃ノ心は前の紫の締め込みに戻してきてるんですね。突き押しからがばっと右四つ左上手とれました。安定の寄り切り。あの形になる工夫をしっかりしてますね。相撲が戻ってきているとキセさん。決まり手はつりだしでした。

豪栄道×碧山。右四つに組みました。胸を合わせると碧山ですが、ゴーエードーは常に動いてバランスを崩してすくい投げ。碧山は上手をやりたくなかったですねー。

貴景勝×琴奨菊。貴景勝中に入られないように突き放して引きで崩したところでどーんと押して押し出しました。リズムをつかんでますね。このままいきたいところ。

遠藤×高安。実は対戦成績は互角。高安の突き放しを遠藤いなしていきますが、休まず引かずに押した高安が押し出し。今日はいい相撲とれました。キセさんもしっかり昨日から修正してきたとのこと。よきよき。

北勝富士×鶴竜。北勝富士当たってすぐ引いてしまいました。鶴竜押し出し。うーん。

大相撲5月場所2019:初日

富井にすすめられてやっと「バーフバリ」みたマイク松ですこんにちは。これは確かに「バーフバリは見てない方が悪い」という意見も納得です。明日は続きみます。

さて、大相撲も令和最初の夏場所が始まりました。楽しみにみたいと思います。オキノウミー!!(ひざでスライディングしながら)

初日。実況は佐藤さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

白鵬は結局休場しました。まああのけがはしょうがないですよね。

千代翔馬×豊ノ島。豊ノ島はまた十両。左四つから千代翔馬下手投げにいきますが、離れたところを豊ノ島が突き落としました。また上がってきてほしいです。

大翔鵬×石浦。2人ともなんとか幕内に残りました。石浦がどんどん動いていきますが、下手を差したところで大翔鵬がきめてきめだしました。あれ強烈ですよね。

照強×琴恵光。右四つに組んでいきます。琴恵光がおっつけながら前に出ますが、土俵際で照強が突き落とし。タイミングがよかったです。最初から狙ってましたね。

徳勝龍×炎鵬。新入幕の炎鵬と返り入幕の徳勝龍。差した炎鵬をつかまえて出ようとしますが、すごいするするっとはずについた炎鵬が寄り切りました。あの動きはいいですねー。すくいで崩したんですね。見事見事。最近小兵が上がってくるようになりましたね。でも男前です炎鵬。

千代丸×佐田の海。返り入幕の千代丸、立ち合いから九重メソッドではたき込み。まあ久しぶりだしね。

志摩ノ海×矢後。新入幕志摩ノ海。こちらは大きい力士。矢後のはたきをしっかり残して突き押しあいになります。しかし矢後のリズムのいい突き押しとはたきがうまく決まりました。

松鳳山×栃煌山。松鳳山突き放していきます。栃煌山中に入られて首投げにいきましたが、しっかり松鳳山が寄り倒し。

輝×阿武咲。阿武咲がいいおっつけで起こして押し出し。立ち合いは輝に止められましたが、休まず押したのがいいですね。

錦木×友風。友風押していきます。錦木も寄り返そうとしたところで友風のはたきが決まりました。

魁聖×朝乃山。魁聖は太ももにできものができて稽古ができなかったらしい。朝乃山の投げをこらえる力がなかったです。徐々に慣れていきたいですね。朝乃山の投げも強烈。

正代×明生。明生しっかり押し込んでいきますが、マサヨ押し込まれながら左を差しました。そこから体を寄せていって寄り切り。舞の海さんはあそこですくいにいくと投げの打ち合いになってしまうからその判断がよかったとのこと。マサヨ初日白星久しぶりですね。

宝富士×嘉風。嘉風おっつけていきますが、引いたところを宝富士が出て押し出し。うまくなかったですね。

妙義龍×竜電。おっつけあいになりました。はたきで崩した竜電が送り出し。しのいだのがよかったです。妙義龍も悪い相撲じゃない。

隠岐の海×阿炎。オッキー兄さんしっかり押し込んだのですが、土俵際で残した阿炎がどーんと引いて引き落とし。あそこまでいってたのになー。まあ初日黒星くらいでちょうどよし!

碧山×玉鷲。突き押しあいになりますが、碧山が強烈な張り手!玉鷲も押し返しますがあれをまともにくらったら相撲になりませんよね。碧山にしては珍しい取り口。

千代大龍×栃ノ心。栃ノ心は10勝する必要があります。がんばれ。千代大龍いい立ち合いでしたが、栃ノ心がもろ差しからつって寄り切り。これは激しい。これが栃ノ心ですよね。取りこぼさないようにいこう。千代大龍は198kgありますが軽々とつっていました。

逸ノ城×大栄翔。立ち合いは逸ノ城だったがはたいたところを大栄翔が中に入ってどーんと突き出し。見事な相撲でした。

貴景勝×遠藤。大関になった貴景勝。いい立ち合いから中に入って押し出し。サンデースポーツでキセさんが腰がきまっているといってました。よくわかりませんがとにかく安定感ありました。初日からいい相撲とれました。

琴奨菊×高安。菊が立ち合いから押し込んでがぶりながら押し出しました。高安も立ち合いは悪くなかったのですが菊にもっていかれてしまいました。腰が高いと舞の海さん。

豪栄道×北勝富士。ゴーエードー張り差しから前まわしで一気に寄り切り。ゴーエードーの相撲でした。高校の後輩に厳しい。

御嶽海×鶴竜。ひとり横綱になってしまいましたががんばってほしいです。だいじょうぶかな。立ち合いで押し込んだ鶴竜が押し出し。御嶽海立ち後れてしまいましたねー。何にもいいところありませんでした。

オリ、3連勝で止まる

ヴィッセル神戸があまりに勝てないのでミキタニカイチョーが選手起用に介入しているんじゃないかという噂があるとか・・・まさかそんなことはないだろうと思う富井です。

サッカーはよくわからないので野球に話は戻りますが、今年、楽天イーグルスの調子がいいですよね。ドラフトでいい選手を引き当ててるし、浅村が加入するしでそりゃ、強くなるのに理由があるわけです。カイチョーが興味を失って現場介入しなくなったから強くなったわけではないですよ。平石監督が優秀なんです。

そんな楽天に対してオリックが3タテを挑んでみましたが・・・だめでした。
アルバース先生が今年は勝てませんね。テレビをつけたときにはすでに降板してしまっていましたが対策されているのでしょうか。
それでもオリックも最後のPL戦士中川や最近絶好調の大城、復調してきた吉田正尚などなど野手が上り調子です。うむうむ。

ここはひとつ、楽天を見習ってミヤウチオーニャーもサッカーチームを買って全力応援してみたらいかがでしょうか。興味を失った頃にオリック優勝なんてこともあるかもしれませんよ。

プーホールズさんが2000打点達成

ライブにいってきた帰りにヨツバカリーたべたマイク松ですこんにちは。数ある関西のカレーチェーンの1つ。なかなか好きな味でした。

さて、帰ってみると軍神オータニが今シーズン初ヒット。すぐビデオスタディした成果が出ましたね。これは介護施設のおじいちゃんたちが全員立ち上がってスリラーを踊るレベル。これからもがんがんいってほしいです。

ところでこの試合で、LALのプーホールズさんが2000打点を達成。ホームランで決めました。2000打点はハンク・アーロン、Aロッドさんに続く3人目だそうです。すごいですね。2000本安打じゃないんですよ。ちなみにプーさんはもう3000本打ってます。

試合後のインタビューではプーさん、「ハンク・アーロンやAロッドさんに並べたのは光栄やな。ところで打点っちゅうのをあんまり評価してないやつがおるらしいけど、わしゃ賛成できへんわ。野球は点とらな勝てへんのやで」といっていました。ごもっともです。

打点を評価しないやつがいるとかいうのはどういうことなんでしょうか。ホームランの方がすごいよとかいうことなんでしょうか。それとも野球のルールをよくわかってなくて、三振するのがえらいんだとか思っているってことなんでしょうか。

そんな不届き者にはぜひジャパンにきて、種いも球団オリックの試合をみせてやるといいと思います。期待の若手がすごくいいピッチングをしているのに、バッターどもは打てない魔法のかかったバットをもっているかのように凡退を繰り返し、若手ピッチャーは見殺し、あまつさえ完投負けというむごい負け方をしたりしているのです。

そんな姿をみてごらんなさい。『沈黙』のロドリゴ神父のように、一番の愛の行為が打点をあげることであることを衝撃をもって悟るでしょう。打点は愛である。今日はなんだかホームランがよく出て勝ったみたいですが、今頃今季1号を打ってるTさんとかはもっと愛がほしいところです。

オリ、山本2勝目!

長いGW疲れで長期休暇が欲しい、富井です。

さて、安定の4連敗中のオリック。連敗脱出を託されたのは山本由伸。山本は期待に見事に応え、勝利を収めました・・・・。あの・・・連敗脱出を託すのは投手なのでしょうか?
昨日の日ハム戦、ピッチャーは榊原、8回3安打1失点で完投負けでした。問題はピッチャーじゃないでしょうがーーー。

因みに現在パリーグの規定投球回数に達しているピッチャーの防御率ベスト10にオリックは3人もランクインしています。(3位山本、5位榊原、6位山岡)普通なら勝率5割ぐらいあるはずです。なのにリーグ最下位・・・。

そうです、打撃なんです。シャーロック・ホームズじゃなくてもわかります。規定打席に達しているバッターのベスト10にオリックの選手が入ってないのは当然のこと、19位に吉田正尚、23位に福田周平、33位に西浦、34位にメネセス(怪我で2軍)なんです。とほほ・・・。

打撃、どうにかなりませんかね。

軍神オータニがメジャーに復帰

調子が悪いのでわりと近くて歩いて行けるところにある銭湯にいってきたマイク松ですこんにちは。まずまずの環境で安かったです。1人でいくときはあそこにいこうと思います。タオルもって。

さて、今日は寒い日でしたが、海の向こうでは軍神オータニがメジャーに打者として復帰しました。ヒットは出ませんでしたが4打数無安打1打点でしっかり打点はあげていますね。復帰おめでとうございます。あとノーヒットなのにチームが勝ってる。さすが。

軍神オータニといえばお年寄りが生きる力をもらえると評判。いつもMLB中継ではそういうお便りが届いているのです。オータニが復帰したことで、全国のお年寄りも立ったり歩いたり散歩したり外食したり筋トレしたり労働したりボディビルしたりするようになるでしょう。試合に出るだけでお年寄りに元気を与える。それが軍神です。

ワースポMLBで打席をみましたが、ヘルメットが吹っ飛ぶような豪快な空振りだけでお年寄りが立ち上がりますね。バットに当たるだけで寝たきりのお年寄りが動き出し、打点を挙げるゴロだけで食欲のなかったお年寄りが焼き肉屋に出かけるでしょう。すごいな。

今富井が「見るすっぽん皇帝」というパワーワードを出してきました。還暦を過ぎても現役の藤原喜明にみるだけでなれる。大切なあなたにみてほしい。

そういえば種いも球団オリックは新人のサカキバラが早くも伝統を引き継ぐ完投負けを喫しました。8回3安打完投負け。しかも相手は完投負けのプロだったもとオリ戦士カネコチヒロ。魔法陣の描きようによっては、建設予定の新球場が地中から出現しそうな恐ろしい巡り合わせでした。

くれぐれも長生きしたいお年寄りはオリックファンとかはやめておいた方がいいでしょう。隣にいる中年管理職でもがっくりして無口になってしまうくらいです。命を大切にしましょうね。リヴ・フォーエヴァー!

カンフーパンダが114年ぶりのすごい仕事

靴を洗濯にいったマイク松ですこんにちは。最近のコインランドリーには、靴専門の洗濯機、スニーカーランドリーがあるらしいですね。靴を洗ってみたくなったので、探して行ってきました。すごい便利であっさり洗濯できました。しかも近くのカフェでできるまで待って、乾燥機に移してまた戻ってくるというのができました。コーヒーも飲めたしとてもよかったです。またいこう。

さて、MLBでは日本であんまりないおもしろい習慣があります。それは大差でリードされてしまって敗色濃厚なときに、リリーフピッチャーを使うのがもったいないということで、野手がマウンドにあがるというものです。もちろん敗戦処理みたいなのもあるとは思うのですが、ちょっとわくわく感もありますよね。

今回サンフランシスコ・ジャイアンツとシンシナティ・レッズの試合で、レッズ大量リードの展開になり、野手のパブロ・サンドバルがマウンドにあがりました。サードですごいでかいのになぜか俊敏で、カンフーパンダというニックネームがついています。

サンドバルは8回にマウンドに上がり、しっかり無失点に抑えました。サンドバルが無失点に抑えたのは2回目だそうで。すごいですよね。

しかしその前にサンドバルは普通に活躍していました。まず2回に7年ぶりとなる盗塁を決めました。意外にすばやい。そして6回にはホームランを打ってました。ということでサンドバルは同一試合で「無失点投球&本塁打&盗塁」を達成しました。これはMLBで114年ぶりの記録だそうです。すごいな。

日本ではまず野手がマウンドに上がることはないですよね。でもピッチャーがもったいないというのもわかります。ここはNPBで一番大差でリードされてしまって敗色濃厚なケースが多いチームともいえるオリックが、先陣を切って野手登板導入を進めていくのはどうでしょうか。あきらめてるんじゃない、次のためにピッチャーを節約してるんだと。そんなオープナーとかよりも実現すると便利だと思いますけどね。

ということでオリックの野手は明日からピッチング練習も取り入れましょう。ピッチャーがバント練習するのと同じです。ついでだからピッチャーもしっかりバッティング練習して代打に使えるようにするのです。全員二刀流。投手と野手の垣根が崩れる。みんなウィアーオリックだ。これが数年前から叫んでいた、さらにひとつになろー!の本当の意味だったのです!(強くなるとはいってない)

フィギュアスケート世界選手権2019(4):男子シングルFS

アルバース先生が9失点・・・こんなこともありますね。富井です。さて、フリースケーティング。解説は岡崎真さん、実況は小林さん。グループ3、4の12人。

ロシアのミハエル・コリヤダ。「カルメン組曲」4T+3Tは成功。続けての4Tはステップアウト。3A+2Tもいいですね。シットスピンも回転が美しい。コレオシークエンス。3Fも成功。3Aはこれも高さがあって素晴らしい。3S+1Eu+2Sはこれで良かったのかな。3Lzも美しいジャンプ。ステップシークエンスはちょっとバランスを崩すところもありましたがOK。キャメルスピンも丁寧。コンビネーションスピンは最後のレイバックがちょっと短いでしょうか。ジャンプがステップアウトした4T意外はすべて高い加点がついていました。262.44

ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「モーツァルト・ロックオペラ」4S+3Tはステップアウト。3Aもなんとか成功。3F+1Eu+3Sはコントロールされたジャンプ。3LoもOK。キャメルスピンはまずまず。コレオシークエンスもまずまず。4T+2Tも成功。ここで入るのは大きい。4Tは大きく転倒。でもすぐに立ち上がりました。3Fは成功。すごい精神力。シットスピンもいいです。落ち着いています。ステップシークエンスはややスピードがないかな。でも丁寧。コンビネーションスピンもコントロールされてます。顔を打ちそうなほど転倒したのに偉いです。240.74

ロシアのアンドレイ・ラズキン。「ロミオとジュリエット」4T+2Tは高さのあるジャンプ。4Tの単独も立ちました。3Aはフリーレッグをついてしまいました。キャメルスピンはまずまず。3FもOK。ステップシークエンスは姿勢がきれい。でももうちょっとスピードが欲しいなあ。3F+2T+2Loも美しい。3Lz+2Aのシークエンスも成功。3LoもOKです。素晴らしい出来。コレオシークエンスもいい。シットスピンはちょっと回転速度が遅いかな。コンビネーションスピンもやや疲れが見えます。しかし最後までこらえて回りました。終わった後にほっとして笑顔。ロシア人にしては珍しい雰囲気。248.74。素晴らしい成績。

フランスのケビン・エイモス。「In this shirt」4TはOK。イーグルがすてき。3Lzは素晴らしい。イナバウアーからの3Aも素晴らしい。3Loも高さがあります。キャメルスピンも見事。本当にエイモスのスケートは素晴らしい。イーグルからの3Aは残念ながら転倒。3Lz+3Tはステップアウト。3F+1Eu+3SもOK。コレオシークエンスがすてきすぎる。シットスピンは回転が足りないか。コンビネーションスピンはOK。ステップシークエンス音楽に合ったドラマチックなステップ。最後のポーズもかっこいい。しかし手が痛そう・・・と思ったら切ってしまったようですね。失敗したところもありましたが全体的にエイモスの世界に没頭して楽しめました。247.47

中国の金博洋。「Hable con ella」4Lzは成功。すごい高さ。4T+2Tも成功。3A+1Eu+3SもOK。キャメルスピンもまずまず。ステップシークエンスも工夫があります。4Tは跳ぶ前にスピードがなくて着氷がもう一つ。3Aは成功させました。3Lz+3Tも流れはなかったですが成功。3Fはいい。シットスピンは回転が速い。コンビネーションスピンもいいですね。コレオシークエンスもがんばっています。ちょっと疲れた感じだけどほぼすべてのジャンプを成功させました。262.71。久しぶりに素晴らしい金博洋が見られました。

チェコのミハル・ブレジナ。AC/DC「サンダー・ストラック」ほか。高さのある4S+2Tは成功。3A+2Tもコントロールされたジャンプ。3Fも流れのあるジャンプ。シットスピンも素晴らしい。ステップシークエンスも渋い。渋オジステップ。コンビネーションスピンもいい。3Lzもきれいな着氷。3Aも素晴らしい。3Fは転倒。流れがいいジャンプに見えたのですが。イーグルからの3Lzは素晴らしい。コレオシークエンスもロックに合ってる。コンビネーションスピンも素晴らしい。最後はロックスター。満足そうに氷を叩きました。転倒もあったけど、素晴らしかった。254.28

アメリカのヴィンセント・ジョウ。映画「グリーンディスティニー」より。4Lz+3Tは素晴らしいでは足りないぐらいのジャンプ。4Sも美しい。3Fはまずまず。4Tもコントロールされているジャンプ。美しいイーグルのコレオシークエンス。3A+2Tは着氷がもう一つでしたがOK。3AもOKです。キャメルスピンもいい。コンビネーションスピンもいいスピン。3Lz+1Eu+3Fも空中姿勢がきれい。ステップシークエンスはまあ普通かな。シットスピンは面白い形。しかし、最初のジャンプのすごさですよ。素晴らしかった・・・。全体的にもよくまとめました。出せるものをすべて出し切った演技でした。281.16。いきなり280点越え。

宇野昌磨。「月光」4Sはきれいだったんですがステップアウト。4Fも両手をついてしまいました。素晴らしいスピードの滑りなのですが速すぎるのでしょうか。4Tは素晴らしい。キャメルスピンは素晴らしい。コンビネーションスピンもため息が漏れそうな曲に合ったスピン。コレオシークエンスもすごいイーグル。あんなに長い間滑れますかね。4Tがセカンドジャンプをつけられずに単独に。3Aは素晴らしい。3A+1Eu+3Fは見事、見事。3S+3Tも素晴らしくコントロールされたジャンプ。ステップシークエンスも素晴らしい。足換えのコンビネーションスピンも回転が速い。うーん、完全にはほど遠かったですが、いつ見ても素晴らしいプログラム。270.32

イタリアのマッテオ・リッツォ。「クィーン・メドレー」ユニバーシアード優勝。4Tは転倒。3Aも軸が斜めでしたがなんとか立ちました。3Lz+3Tは成功。3Loもいいジャンプ。キャメルスピンもOK。コレオシークエンスも曲によく合ってます。3A+2Tも成功。3F+1Eu+3Sもきれいな3連続。3Lzも流れのあるジャンプ。シットスピンも回転が速くて美しい。ステップシークエンスも盛り上げますね。そのままコンビネーションスピン。最初のジャンプが上手くいきませんでしたが後半はよくまとめたと思います。最終グループでよくやりました。257.66

羽生結弦。歓声がすごすぎる。「オリジン」4Loは立ちました。すぐにイーグル。すごいです。4Sはしゃがんでしまいましたが立ち上がりました。すごい。コンビネーションスピンも素晴らしい。ステップシークエンスもプルシェンコより上手いよね。3Loは助走をほとんどつけず成功。4Tは流れのあるジャンプ。素晴らしい。4T+3Aもややバランスを崩しかけましたがこらえました。3F+3Tも流れがあります。3A+1Eu+3Sもまとめました。コレオシークエンスもなんかすごい。シットスピンもいい。コンビネーションスピンは高速回転で。終わってすぐガッツポーズ。「周りの放送席の拍手が鳴り止みません!」投げ込まれる無数のプーさん。観客の歓声もロックコンサート並み。滑るロックスター。300.97

アメリカのネイサン・チェン。「Land of all」すごく静かな表情。4Lzは素晴らしいコントロール。4Fはややバランスを崩し前傾姿勢になりましたが見事な着氷。4Tも流れがります。3Aも流れと幅のあるジャンプ。キャメルスピンも美しい。ステップシークエンスも流れるよう。4T+3Tも二つのジャンプの調和が素晴らしい。3Lz+3Tも見事。3F+1Eu+3Sもいい。コレオシークエンスもいいしその後すぐにコンビネーションスピンがまたすごい。そのあとのコンビネーションスピンも美しい。素晴らしく清浄な世界。心が洗われます。323.42。これはすごい・・・。あの羽生以上か!!

アメリカのジェイソン・ブラウン。「サイモン&ガーファンクルメドレー」4Sは転倒。3Aは着氷がつまってしまいました。3Sも着氷がもう一つ。キャメルスピンは男子で一番美しい。コレオシークエンスのスパイラルも美しい。3LoはOK。1Aとジャンプが抜けてしまいました。3F+3Tは見事。3Lz+2T+2Loも見事。コンビネーションスピンもレイバックポジションの美しさよ。ステップシークエンスはさすがに上手いですがちょっとよろけてしまいました。コンビネーションスピンもすごい回転スピード。やや苦笑いですがさわやか。254.15

○最終順位
1.ネイサン・チェン
2.羽生結弦
3.ヴィンセント・ジョウ
4.宇野昌磨
5.金博洋
6.ミハエル・コリヤダ

1位のネイサン・チェンが完全優勝。フリーの前の静かな表情が印象に残りました。平常心でしたね。対する羽生は闘志むき出しで不動明王のような激しさがありました。しかしそこがいい。その激しさあってのスター。ネイサン・チェンに負けたままでは引退できませんから来年は怪我なくシーズンを終えて欲しい。しかし、次から次へと好敵手が現れて羽生はある意味もってますね。ずっと優勝だと燃えないタイプだと思うので。年上の高橋、パトリック・チャンからはじまって、同世代のハビエル・フェルナンデス、そして年下のネイサン・チェン、宇野昌磨、まだ見ぬジュニア世代。楽しみ。

ヴィンセント・ジョウは素晴らしい出来でした。文句なしのジャンプ。4位の宇野はジャンプの失敗は残念でしたがそれでも美しいプログラム。来年こそ、優勝。5位の金博洋は復活してきました。偉い。6位のコリヤダはSPで失敗してもフリーで巻き返してきてさすがの実力をみせました。

6人ともすごかった。今年はレベルが高すぎる。来年も楽しみですね。

大相撲5月場所2019:番付発表チェック

10連休も終わりですね。マイク松ですこんにちは。僕は明日からお仕事開始です。連休が長すぎて困るというニュースをみましたが、僕はずっと休みならいいのにと思います。そこは譲れない。休みは最高。

さて、令和最初の大相撲、夏場所がもうすぐ始まります。早いもんですね。番付発表をチェックしておきたいと思います。

横綱は白鵬と鶴竜ですが、問題は2人とも出場できるのかですね。特に白鵬はなかなか無理そうです。どっちかが休場すればまた大関以下にチャンスです。

その大関ですが、1人抜けて1人入ってきました。まあゴーエードーと高安にはそこそこがんばってもらうとして、やはり注目は新大関の貴景勝ですね。大関になって気持ちに変化がなければいいのですが。がんばってほしいです。

関脇では上がってきた関脇と下がってきた関脇がいます。上がってきたのは逸ノ城。まあそこそこがんばりましょう。そして大関から下がってきた栃ノ心。ここで10勝すればまた大関に戻れる。足の調子次第ですが、がんばってほしいですね。

小結は御嶽海と碧山。御嶽海は先場所はかなり足が悪い中でなんとか勝ち越しました。そういうのが大事なんですよね。碧山は返り小結。がんばってほしいです。

幕内上位はなかなかいいメンバーが集まりました。筆頭は北勝富士と菊ですよ。いいですね。そのほかも実力者揃いです。え?オッキー兄さんがいるじゃないかって!?実力者ですよね!?令和の暗黒卿はオッキー兄さんですよ!この場所でもきっと暴れまくるはず。優勝を意識しない限り。

幕内中位はなんともいいようがないメンバー。いや実際なんといってよいのやらわからんメンバーです。名付ける才能が問われる。問題です!

幕内6枚目から10枚目は、宝富士・嘉風・マサヨ・明生・魁聖・朝乃山・錦木・友風・輝・阿武咲です。このメンバーを形容してみましょう。

幕内下位はまず新入幕、志摩ノ海と炎鵬です。志摩ノ海は苦労人だそうで。かなり努力して上がってきただけに、幕内定着したいところです。小兵の炎鵬はだそうですが、白鵬に胸を借りて強くなったのでしょうか。がんばってほしいです。あと千代丸と徳勝龍が返り入幕。

あとは正念場の力士が多いみたい。幕内になんとか残るべくがんばりたいですね。

最後にオッキー兄さんについて。先日はキセさんが稽古場横綱として無敵の強さを誇っているとお伝えしましたが、オッキー兄さんこそ田子ノ浦部屋に出稽古にいくべきです。荒磯親方はオッキー兄さんに暗黒卿として最後の修行を授けることでしょう。そうです、縛られ地蔵尊への道です。オッキー兄さんは弱いときはただ弱いだけで、自縄自縛の領域まで達していないのです。最後の修行でその領域に踏み出せるかもです。え?その領域はいかなくてもいいのではって?確かにそういう考えもありますよね。しかしハチナナを狙ってできるミッキー兄さんの真の力が自縄自縛なのですよ。必ず勝ち越せる力、力士なら誰でもほしいはずです。ふふふふふ。

そんな不穏な動向にも気を配りながら、夏場所楽しみましょう!誰が不穏やねん!(オッキー兄さん)

フィギュアスケート世界選手権2019(3):男子シングルSP

成瀬で負けました。富井です。もうこれはフィギュアスケート。野球なんかいいわ。男子のSPは35人。女子に比べると5人も少ないので全部見ます。解説は岡崎真さん、実況は小林さん。

ドイツのパウル・フェンツ。「ブルースカイズ」3Aは流れのあるジャンプ。4Tは回転不足でコンビネーションジャンプになりませんでした。キャメルスピンはまずまず。シットスピンは回転が速い。3Lz+3Tとこちらをきちんとコンビネーションジャンプに。ステップはまずまず。コンビネーションスピンはレベル4をとれていたようです。パウル・フェンツにしてはもう一つの出来かなあ。63.27

エストニアのアレキサンドル・セレフコ。初出場の17歳。「I step out for a while」すてきな入り方。身のこなしがいい。ジャンプは構えが長いけど3Aは着氷。3F+3TもなんとかOK。キャメルスピンはちょっと身体が硬いなあ。次のジャンプが1Lzになってしまったのが残念。シットスピンは手の使い方が個性的でいいスピン。ステップシークエンスはスケーティングはもう一つでも上半身の表現がいい。踊れる選手。コンビネーションスピンは最後のアップライトスピンが回転が速くていい。魅せるのが上手なのでこれからジャンプが決まると上位に入りそう。63.25

フィンランドのヴァルター・ヴィルタネン。31歳と最年長選手。「Milonga de mis amores」半分半袖。小芝居上手い。2Lzになってしまってノーカウント。イーグルからの3Lz+2TはOK。キャメルスピンはOK。コンビネーションスピンは面白い構成。2Aは慎重に。ステップシークエンスは「丁寧でいい」と岡崎さんからお褒めの言葉が(珍しい)。面白いポジションのシットスピン。ジャンプ以外はなかなか良かった。55.73

マレーシアのジュリアン・ジージエ・イー。「To build a home」高さのある3A。3Lzも流れがあります。キャメルスピンもOK。3F+3Tも成功。それからすぐのシットスピンは回転も速い。ステップシークエンスもすてきですね。音楽の盛り上がりに合ってます。コンビネーションスピンも回転が速い。急にレベルが上がりました。やっぱり上手ですね。年々上手くなってるなあ。73.63

アルメニアのスラヴィク・ハイラペティアン。「カルーソ」ミーシャ・ジーっぽい雰囲気の選手。3Aは着氷がつまってしまいました。3Lzは転倒。いい感じに踏み切れたと思ったのですが。キャメルスピンはOK。3S+3Tはまとまりのあるジャンプ。コンビネーションスピンは個性的。ステップシークエンスはまずまず。コンビネーションスピンもユニーク。60.66

イギリスのピーター・ジェイムズ・ハラム。「スムース・クリミナル」3Aはステップアウト。3Lz+3TはOK。キャメルスピンは回転が速くていいです。フライングシットスピンもいいですね。マイケルっぽい振りが面白い。3Fはオーバーターン。ステップシークエンスはスピードがあります。コンビネーションスピンは個性的だなあ。面白いステップ。滑りきってガッツポーズ。満足そうな笑顔にこちらもにっこり。バネがあってスピンで跳ぶところがすごく面白い。それが生かされたプログラムでした。66.06

スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。これで引退してしまうマヨロフ。残念だ。「Bang Bang」4Tは高さがあったのに手をついてしまいました。もったいない。3Aは軸が斜めでしたがこらえました。キャメルスピンはOK。3Lz+3Tは流れのあるジャンプ。シットスピンの回転も速い。さすがマヨロフ。ステップシークエンスもベテランぽく、スケーティングに味わいがある。コンビネーションスピンもポジションがきれい。おお、まずまず上手くいったのでは!フリー進出は間違いないのでうれしい。コーチの肩にポケモンを乗せるお茶目なマヨロフ。79.17

アゼルバイジャンのウラジーミル・リトヴィンツェフ。18歳、初出場。「Abbey road blues era」ジュニアとの掛け持ち。姿勢が美しい。スピードのあるスケーティングからの4T。3Aも美しいジャンプ。キャメルスピンも美しいポジション。この子、すごくない?3F+3Tもいいジャンプ。コンビネーションスピンも回転が速いですね。ステップシークエンスもツイズルがきれい。コンビネーションスピンも回転がとても速いし見なれない形が多い。この子はいずれメダルを取るでしょう。小林さんも「覚えておきたい選手」81.46

ロシアのアンドレイ・ラズキン。ラズキンはコフトゥンの代役だったのですが、その後、コフトゥンは怪我のために引退してしまいました・・・。うぅぅぅ。
さて、ラズキン。世界ジュニア、欧州選手権にも出場したことのない初出場の21歳。ミーシン門下生。ロシア選手権4位。「I put a spell on you」4Tは見事着氷。3Aも流れのあるジャンプ。やりますね。キャメルスピンもいいスピン。3F+3Tも軸が細くて飛距離が長い。ステップシークエンスもまずまず。シットスピンも指がかっこいい。コンビネーションスピンはまあまあかな。でも上手くまとめましたね。ノーミス。ロシア男子もレベルが上がっていますね。84.05。ジャンプの質がとても高いのでトップに立ちました。

イスラエルのダニエル・サモーヒン。「Senza parole」4T+3Tは流れのあるジャンプ。4Sは転倒。キャメルスピンはOK。3Aは大丈夫。コンビネーションスピンは回転が速い。ステップシークエンスもドラマチック。でもちょっとステップが雑に見えますがどうでしょうか。シットスピンは少し音楽をオーバーしてしまいました。でも転倒しても回転不足ではないようでいい挑戦だったと思います。82.00

トルコのブラク・デミルボガ。「I’m not the only one」構えの長い3Aでしたが成功。3Lz+3Tはステップアウト。シットスピンの回転が速い。ステップシークエンスはちょっとふらふらしています。緊張でしょうか。3Fは着氷がもうひとつでしょうか。コンビネーションスピンはOK。キャメルスピンは途中でやめてしまいました。うーん、最後がもったいなかったですね。60.79

スイスのルーカス・ブリッツギ。「Love is a bitch」3Aは流れのあるジャンプ。3Lzは転倒。キャメルスピンは回転も速いしポジションもきれい。シットスピンも回転が速い。さすがスイスの選手。3Fは飛び上がる前がかがみすぎましたかね、転倒してしまい、コンビネーションジャンプになりませんでした。コンビネーションスピンも上手、やっぱりスピン上手いです。ステップシークエンスもすばらしいのですがちょっとがっかりしてしまったようです。ジャンプがもったいなかったなあ。54.58

オーストリアのルック・マイアーホーファー。「Ponga」16歳。ダンスが上手い。アイスダンスやっても良さそうな手の動き。3Lz+3Tは流れがあっていい。2Aですが余裕があります。キャメルスピンはちょっと回転がゆっくり。3Fは着氷でこらえました。ステップシークエンスが華やか。サンバによく合ってます。シットスピンは足が長すぎて邪魔に見えます。コンビネーションスピンも足が絡まりそう。65.78

ポーランドのイーゴリ・レズニチェンコ。「Give me love」4Tは転倒。3Aも転倒。キャメルスピンはOK。1Lz+3Tになりましたが3Tはつけられました。シットスピンは上手。ステップもなかなかいいのですがジャンプがあれだけ決まらないとしんどいですね。シットスピンも足をジャンプして変えながらおもしろいですね。いいところあるんだけどなあ。50.15

ウクライナのイワン・シャムラトコ。「Domani」スピードがありますね。しかし3Aはステップアウト。3Lz+3Tもこらえきれませんでした。うーん、残念。ステップシークエンスはまずまず。キャメルスピンはきれいです。3Fは転倒。コンビネーションスピンも素晴らしい。シットスピンの回転も素晴らしい。美しいメロディーによくあった美しい滑りだったんですけど・・・ジャンプが残念でしたね。でも今後期待できそうな選手です。62.99

メキシコのドノヴァン・カリーヨ。来ました!この子を見てから一応全員見ようと思うようになったんです。埼玉なのにすごい歓声だ・・・みんな知っているんですね。「ジャズマシーン」ほか。笑顔がちょっと硬い。最初から手拍子。みんなご贔屓なんですね。構えが長いところからの1A。残念。3Lz+3Tは転倒。コンビネーションスピンは面白いポジション。ステップシークエンスは意欲的。3Fもステップアウト。こういうの続くんですよね。キャメルスピンはOK。シットスピンは回転が速くていい。なぜ、最後のポーズを上から撮るんだ・・・。四大陸に比べると硬かったなあ・・・。はじけるととても爽快なプログラムなんですが・・・。また来年だ!絶対見ます!!実況席も残念そう。54.99

オーストラリアのブレンダン・ケリー。「プレリュード・エイジ・オブ・ヒーローズ」4Tはこらえてちゃんと着氷しました。さすがブレンダン・ケリー。3S+3Tと確実にまとめました。キャメルスピンは普通ぐらい。3Aはきれいな着氷。さすがちゃんとしています。ステップシークエンスは動きにキレがあります。コンビネーションスピンもいいです。シットスピンはちょっと短いかな。でもちゃんとまとめてきました。よかった。78.26

フランスのケビン・エイモス。初出場だそうです。意外。「Horns」素晴らしい滑り。4Tはぴたっと着氷。素晴らしい加点がついています。3Lz+3Tはやや着氷が乱れましたがOK。キャメルスピンもいいですね。3Aもややつまりましたがこらえました。面白い形のシットスピン。回転も速い。コンビネーションスピンもおもしろい。ステップシークエンスは素晴らしいし独創的。緩急が自由なんですよね。音楽にめっちゃ合ってる。隣のフランス実況席が盛り上がっています。88.24。初出場でこの出来は素晴らしい。泣いちゃってます。

ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「ブラッドストリーム」4Sは転倒。3Aは流れのあるジャンプ。コンビネーションスピンは速い。ピアノを弾くマイムのあと、4T+3Tはいいジャンプ。キャメルスピンはまあまあかなあ。ステップシークエンスはいいんですがエイモズの後で見ると単調だな。シットスピンは最後のポーズがちょっと高いかな。でも転倒があっても4T+3Tをちゃんと跳んでよくまとめました。82.67

チェコのミハル・ブレジナ。「Who wants to live forever」4S+2Tはバランスを崩しましたがセカンドジャンプをつけました。3Fは流れのある美しいジャンプ。キャメルスピンもいいスピン。シットスピンも回転の美しいスピン。3Aはつまりましたが立ちました。ステップシークエンス上半身も足下もよく動いています。コンビネーションスピンも安定した素晴らしいスピン。バランスを崩したジャンプもありましたがかなりいい出来でしたね。86.96

韓国のチャ・ジュナン。プロコフィエフ「シンデレラ」美しい4S。3Lz+3Loも流れがいいですね。キャメルスピンのポジションがきれい。3Aで両手をついてしまいました。珍しい。シットスピンは回転がものすごく速い。ステップシークエンスはやや動揺しているのかな。コンビネーションスピンはポジションがどれも美しい。79.17。4Sと3Aが回転不足だったそうです。4Sきれいだったんだけどな。

田中刑事。「メモリーズ」最初のジャンプが2Sになってしまい、無得点。もったいない。3Lz+3Tは素晴らしいジャンプ。キャメルスピンはOK。シットスピンも美しい。3Aは流れのあるジャンプ。ステップシークエンスもスピードがあります。こんなに上手だったっけ?コンビネーションスピンも素晴らしい。ただ最初のジャンプが・・・もったいない。あれがせめて3回転入ればかなりいいところに行けたのですが。78.76

カナダのナム・ニューエン。フランク・シナトラ「ザッツ・ライフ」4S+3Tはサルコウがとても良かった。キャメルスピンもOK。慎重に跳んだ3Aは着氷が乱れましたがどうにかこらえました。シットスピンはまずまず。3Fはコントロールされたジャンプ。ステップシークエンスは相変わらず器用。コンビネーションスピンはコントロールされたスピン。うーん。3Aがスピードがなかったですね。それ以外は良かったですが、ニューエンはもっと出来る子だと思うんですけどね。82.51

中国の金博洋。「While my guitar gently weeps」4Lzは転倒。4T+3Tは難なく成功。キャメルスピンはいいですね。3Aも高さのあるジャンプ。シットスピンもとても回転が速い。コンビネーションスピンもポジション変化がすごい。ステップシークエンスはやや焦っているような感じ。岡崎さんが言うには会場が暑いので息苦しいのではとのこと。そうかもなあ。あと、この人、昔より足が細くないですか?気のせいだといいんですが。84.26。転倒がもったいなかったですね。

ラトビアのデニス・バシリエフス。「Papa was a rolling stone」ほか。素晴らしい足裁き。わくわくします。3Fはコントロールされてますね。3Aは構えが長すぎたせいか転倒。トレードマークの素晴らしいシットスピン。ステップシークエンスの見事なこと。2Lz+3Tになってしまいました。キャメルスピンもいいですね。足換えのコンビネーションも素晴らしい。ああ、転倒はありましたがそれ以外はとても素晴らしい。点は出ませんが私はとても堪能しました。しかしランビエールはとても残念そうだ・・・。74.74

イタリアのマッテオ・リッツォ。「ヴォラーレ」4Tは素晴らしいジャンプ。3Aもコントロールされた美しいジャンプ。キャメルスピンはちょっとゆっくり。ステップシークエンスも流れるよう。滑りがとても美しい。3Lz+3Tも素晴らしい。シットスピンも回転がとても速い。コンビネーションスピンも変化が美しいですね。すごい。完璧でしたね。93.37。なんと、ここでリッツォがトップ。見るたびにいつも予想より上手くて驚く選手。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。映画「レイクエム・フォー・ドリーム」より。一時期はやったよね。4Tはなんとか着氷。3Aは高さのあるジャンプ。足換えのコンビネーションスピン。3Lz+2Tは最初のジャンプでバランスを崩しましたがなんとかセカンドをつけました。キャメルスピンはOK。ステップシークエンスはスピードはあるのですがちょっと雑なように見えます。シットスピンはOK。77.67。今シーズンはちょっと調子が悪かったですね。でも本人は満足そう。

アメリカのヴィンセント・ジョウ。「エクソジェネシス交響曲あがない」4Lz+3Tは空中姿勢も美しい。4Sは高さがありました。シットスピンもOK。何気ないイーグルがきれい。3Aは着氷がもうひとつでしょうか。ステップシークエンスもなかなかうまい。キャメルスピンも回転が速い。コンビネーションスピンもいい。前よりジャンプ以外が上手くなってる!これは強い。94.17

ロシアのアレクサンドル・サマリン。「コールド・ブラッド」初出場とは意外。幅があったのですが2Lzになってしまい無得点。4F+2Tでコンビネーションジャンプに。キャメルスピンもダイナミック。スピードのある3Aでしたが着氷がもう一つ。コンビネーションスピンの回転も速い。ステップシークエンスはやや疲れているような感じ。シットスピンは面白いポジション。ああ、最初のジャンプ失敗で舞い上がってしまったみたいな感じですね。もう一つ実力を発揮できなかった。78.38。この辺の点数に集中してますね。

ビチェンコは今シーズンは準備が遅かったらしく、調子がもう一つだったようですが引退撤回で来シーズンはばりばりやるらしいです。嬉しい。
やっと最後のグループ。しかしメンツが豪華すぎ。

羽生結弦。「秋に寄せて」最初が2Sになってしまいました。3Aはコントロールされたジャンプ。4T+3Tも流れがあります。キャメルスピンも素晴らしい。シットスピンも美しいポジション。美しいステップシークエンスはすごい複雑。王者の力を見せつけますね。コンビネーションスピンも素晴らしくてあっという間に終わりました。最初のジャンプが珍しい失敗でしたね。なんとも言えない表情。そしてプーさんが投げ込まれています。これ、10年後に見ると意味がわからないでしょうね。94.87。それでも暫定1位なんですね。すごいなあ。

宇野昌磨。「天国への階段」4Fは転倒。続くんだなあ・・・。4T+2Tはセカンドが3回転になりませんでしたが美しい流れ。キャメルスピンも素晴らしい。3Aはすぐにイーグルでかっこいい。シットスピンもかっこいい。ステップシークエンス上手。すぐにコンビネーションスピン。フィニッシュへの流れが素晴らしい。91.40。あれ、羽生くんの上に行ったかと思いましたが、だいぶ違うものですねと思ったらフリップが回転不足だったそうです。

アメリカのジェイソン・ブラウン。「Love is a bitch」3Fは素晴らしい。3Aも流れがあります。シットスピンの回転も速い。コンビネーションスピンもポジションの変化が速い。バレエジャンプが見事。3Lz+3Tがすばらしい。キャメルスピンの回転もめちゃくちゃ速い。身体のラインも美しい。ステップシークエンスも凝ってますね。最後まで流れが途切れない演技。トップに立って欲しい。96.81。4回転なくてこれとは夢のある点数ですね。バシリエフスもこれがやりたかったんだよね。

ロシアのミハエル・コリヤダ。ミューズ「I belong to you」3Tになってしまいました。コンビネーションをどうするのか。3Lz+2Tとちゃんと計算できる子でした。キャメルスピンもポジションがきれい。3Aも高さのあるジャンプ。ステップシークエンスも素晴らしい。シットスピンの回転も美しい。コンビネーションスピンも素晴らしいですが、レイバックの姿勢がちょっと短いかなあ。84.23

カナダのキーガン・メッシング。「君は友達」素晴らしいスピード。4Tは転倒。もったいない。雄大なイーグル。キャメルスピンも回転が速くて素晴らしい。大きな3Aは着氷。ステップシークエンスはちょっと疲れてしまったのかな。シットスピンも素晴らしい。バレエジャンプも高い。3Lzはコンビネーションジャンプにしないとだめだった。残念。コンビネーションスピンも素晴らしかったのに。82.38

アメリカのネイサン・チェン。「キャラバン」ペンギンぽい衣装。3Aは高さがありますね。4Lzはなんとか持ちこたえました。キャメルスピンも素晴らしい。軽いスケーティング。余裕がありますね。4T+3Tも余裕。シットスピンもポジションがきれい。ステップシークエンスは片足で滑るところが絶妙。コンビネーションスピンも素晴らしい。隙のないプログラム。で、すぐに見直しましたが、どこも音楽の調和がすばらしい。スピンの回転まで音楽に合ってますね。振り付けはシェイ=リーン・ボーン。あんた天才だよ。(去年のネメシスもめちゃくちゃ好き)107.40

○SPを終えての順位(個人的意見です)
1.ネイサン・チェン(踊るペンギン)
2.ジェイソン・ブラウン(踊る踊り子)
3,羽生結弦(踊る神の化身)
4.ヴィンセント・ジョウ(踊るジャンプマシーン)
5.マッテオ・リッツォ(踊る予想以上)
6.宇野昌磨(踊る妖精)
7.ケヴィン・エイモス(踊る芸達者)
8.ミハル・ブレジナ(踊る男気)

1位はチェン。素晴らしかったとしか言えない。なのに衣装がまるでペンギン。足をぶるぶるさせるペンギン。一人楽しそうにしてたのも印象的でした。フリーも楽に滑っているところが見たい。2位のブラウンも完璧でしたね。完成度でいえばこちらが上で、着氷とかどこも見直すところないです。これに96点は夢があるし、ジャンプだけでは認めませんよという強いメッセージを感じます。

そして3位が羽生。こんな日もありますが、それでも94点。次元の違う選手というのは見てわかる。でもちょっと今日は気持ちの余裕がなかったかな。自国開催のプレッシャーがあったのかな。日本じゃなかったら2Sのミスはなかったような気がします。4位のヴィンセント・ジョウが滑りも素晴らしかったのがびっくり。5位のマッテオ・リッツォも予想以上に素晴らしい出来。おめでとうございます。

6位の宇野昌磨は羽生結弦のミスで動揺してしまったかと思います。勝てると思うな思えば負けよみたいなところが心の奥底でよぎってしまったかも。エイモスも素晴らしかった実力を発揮できました。ブレジナもちょっとミスはありましたがよくまとめました。フリーも期待。

キセさん、高安との三番稽古で20勝1敗

今録画した「ミッション・インポッシブル」シリーズをみているマイク松ですこんにちは。回を追うごとにひどいめにあわされるハントはかわいそうですが、それでもダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドに比べればまだましだなと思います。というかダニエルはなんであんなめにあわねばならんのじゃ。

さて、夏場所が徐々に近づいてきて、いろんな力士ががんばっている情報がぽつぽつ入ってきていますが、ちょっとがんばりすぎの力士、いやもと力士が現れましたよ。

キセさん愛のムチ!高安を圧倒20勝1敗

キセさん、今は荒磯親方ですが、こないだ引退したばかりなのでまだまだ横綱としての力は満載です。特に高安にとっては自分と同じレベルの貴重な稽古相手。出稽古にいかなくても横綱と稽古し放題はいい環境。もっと強くなってもいいはずなのですが。

そんな荒磯親方、高安を強くしようと三番稽古に臨み、なんと21戦20勝1敗だそうです。エンジェルが語りかけます、強い、強すぎる。ちょっとがんばりすぎじゃないですかね。いくらオーゼキどもの一味とはいえ現役の大関をそこまでぼこぼこにできるもんでしょうか。稽古も必要ですが、自信をつけさせるのも大事なのでは…などと思った方もいらっしゃるのでは?

仕方ないのです。これが暗黒卿のさだめなのです。キセさんはミッキー兄さんというちょっと偉大な先達の跡を継いで永世大関から横綱にステップアップしました。その代償を払わなければいけません。アレになってしまったのです。

稽 古 場 横 綱

プロビデンスを身につけた暗黒卿は、稽古場では無類の強さを誇るのに場所ではハチナナというある意味恐ろしい結果を導き出します。しかしキセさんはけがの影響で場所では思うように活躍できず無念の引退。その結果稽古場横綱の定義の前半、つまり稽古場では無類の強さを誇る稽古場横綱の部分だけが残ってしまったのです。

この令和の時代の幕開けに、キセさんはしばらく、稽古場でその強さを発揮してしまうでしょう。プロビデンスに導かれ、いくら挑みかかっても勝てない強さ。それはバーニングゴジラのように、自身をメルトダウンさせるまで続くことでしょう。安心して下さい死なないので。終わったあとは焼き肉店とかを経営できますよ。

ということで力士はどしどし田子ノ浦部屋に出稽古にいきましょう。無敵の稽古場横綱が相手してくれるはずです。学び放題ですよ。ああ高安とかは横でてっぽうでもやらせておけばいいのです。特に横綱のおふたり、オレより強いヤツに会いに行くですよ。でも今のキセさんは無敵なのでケガだけは注意して下さい。あとあまり強くない力士も申し合いに参加しない方がいいでしょう。命を大切にしましょう。

ミッキー兄さんは永世大関として大相撲に爪痕を残しましたが、キセさんは稽古場横綱として、引退してなお爪痕を残しています。かっこいいですね。場所で残せとかいってる人、わかりますがかっこいいんです。

フィギュアスケート世界選手権2019(2):女子シングルFS

連休に飽きてきたという巷のニュースを見た富井です。うん、知ってた。まだ4日もありますね☆
さーて、こんな時はフィギュアスケート。解説は中庭健介さん、実況は小林さん。

第3グループから。
カナダのガブリエル・デールマン。「サムソンとデリラ」より。3Lz+3Tは成功。3Fは着氷がややつまりましたが成功。3Lo、2AもOK。なかなかの出だしです。キャメルスピンも無難に。ステップシークエンスはもう少しスピードがあればなあ。でも曲に合っててエレガント。2A+3Tはセカンドジャンプがステップアウトかとおもったら転倒扱い。アクセルはきれいだったのですが。続くジャンプも2Lzに。気落ちしないで。しかし2S+2T+2Tと立て直せません。コンビネーションスピンはいいですね。コレオシークエンスは曲の盛り上がりにあってスピードを感じます。コンビネーションスピンはOK。192.67

アメリカのブレイディ・テネル。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」ジュリエットというよりはロミオっぽい入り。2Aは美しい。3Lz+3Tもコントロールされたジャンプです。3Fもいいですね。2Aも高さがあります。レイバックスピンの回転も速い。ステップシークエンスも雰囲気的に苦悩するロミオ。3Lz+3Tもお見事。3Lo+2T+2Loも最初が高い。3Sもしっかり着氷。コレオシークエンスも勇ましい。コンビネーションスピンも速い。続けてもう一つコンビネーションスピン。ノーミスでしたね。加点しかないです。素晴らしい。213.47

ドイツのニコル・ショット。「Pas sans toi」3F+2TはOK。3T+2Tは最初でバランスを崩しましたがよくセカンドジャンプをつけました。2Aは大丈夫。3S+1T+2Loはさっき2Tを使ったので1Tに変えて3連続ジャンプ。計算の出来る人だ。3Fは手をついてしまいました。キャメルスピンはまずまず。コンビネーションスピンもOK。3Loも着氷がもう一つ。3Sもバランスを崩しかけましたがよくこらえました。ステップシークエンスはエレガントでとても良いです。コレオシークエンスも音をよく拾っています。レイバックスピンも雰囲気あります。最高とはいきませんが、まずまず良さは出せたと思います。170.56

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。「バーレスク」今年のヨーロッパチャンピオン。3F+3Tは幅のあるジャンプ。3Lzも成功。3Loも流れがありますね。ステップシークエンスは前より大人っぽい。音楽をよく聴いて滑ってます。シットスピンは回転が速い。ここからがサモドゥロワ。3Sも成功。後半になるとスピードが上がります。2A+3Tも成功。スタミナがありますね。3Fも余裕。2A+2T+1LoもOK。コレオシークエンスも曲に合ってる。レイバックスピンもいい。コンビネーションスピンは回転が速い。あれ、でも思ったより得点が出ない・・・。3連続が最後1Loだったからかなあ。208.58

宮原知子。「ブエノスアイレスの冬」すばらしい3S。構えなく跳びますね。3Lz+3Tも高さがあります。いいですね。左右に回るコンビネーションスピンは本当に素晴らしい。3LoもOK。キャメルスピンも優雅です。ステップシークエンスもアイスダンサーのような素晴らしい足裁き。3Lzはやや低いかな。2A+3Tは幅があるジャンプ。コレオシークエンスのスパイラルがすてき。3F+2T+2Loは手をついてしまい、お客さんが悲鳴。でも何事もなかったように2A。レイバックスピンの回転が速くてずっと回ってそう。最後のガッツポーズも勇ましい。ああ、手をついてしまったのが残念。でもジャンプが素晴らしかった。215.95

紀平梨花。「ビューティフル・ストーム」素晴らしい高さの3A+3Tはすごい。3Aの単独では転倒。でも完全に回ってました。3Loも高いなあ。コンビネーションスピンも回転が速い。ステップシークエンスも複雑。ジャンプだけじゃないんだよね。3Lz+2Tも楽な感じで完璧なジャンプ。3Fも美しい。レイバックスピンの回転も高速。3Lz+2T+2Loもいい。シットスピンの回転も速い。コレオシークエンスも見事。3Sも完璧。素晴らしい流れ。ああ、3Aの転倒がなければ。そこがもったいなかったなあ。223.49

ロシアのエフゲニア・メドヴェージェワ。「Mumuki」ほか。高さのあるすばらしい3Lz。3S+3Tもすごいなあ。3F+2T+2Tも見事認定。キャメルスピンもOK。コレオシークエンスはやや淡泊。3Loは素晴らしいですね。ジャンプが良くなりましたね。2A+3TもOK。3Fも大丈夫。2Aは両足着氷か。コンビネーションスピンは回転が速い。ステップシークエンスは上手ですね。コンビネーションスピンも素晴らしい。鬼の形相でガッツポーズ。すごい迫力。見事にジャンプを修正しましたね。今シーズン最初の不調は何だったんでしょう。本当に素晴らしい。223.80

アメリカのマライア・ベル。「ピアノレッスン」ほか。2A+3Tは回転がはやい。3LoはOK。コンビネーションスピンも素晴らしい。3F+2Tもいいですね。足換えのコンビネーションスピンもOK。ステップシークエンスもいいです。でもちょっと単調かなあ。2A、3Lz+2T+2Loと成功。3Fもいいジャンプです。3Lzはバランスを崩しかけましたが持ち直しました。コレオシークエンスもスピードがあってスパイラルが美しい。これこそアメリカ。レイバックスピンも回転が速い。おお。ほぼノーミス。すごいガッツポーズ。よくまとめました。208.07

韓国のイム・ウンソ。映画「シカゴ」より。3Lzは単独に。3Loは美しいジャンプ。2A+3Tも高さがありましたが着氷でバランスを崩してステップアウト。コンビネーションスピンも素晴らしい回転。コレオシークエンスはもうちょっとスピードがあった方がよかったんじゃないかな。3Lz+3Tは見事。3S+2T+2LoもOK。3Fは転倒。もったいない!!2Aは成功。レイバックスピンはまずまず。ステップシークエンス曲の感じが良く出てる。キャメルスピンもいいですね。3Fの転倒がもったいなかったですね。でもよくまとめたと思います。205.57

坂本花織。映画「ピアノレッスン」より。素晴らしいスピード。3F+3Tは美しいですね。2Aも着氷した後にすーっと伸びていきます。3Lzも見事。シットスピンも回転が速い。スケーティングが上手い。マライア・ベルと似たような曲なのにドラマッチク。ステップシークエンスも素晴らしい。3Sもすっと入ります。2A+3T+2Tもすごい幅だ。1Fになってしまったのがもったいない。コンビネーションスピンも音楽に合った回転。コレオシークエンスもスピードのあるスパイラル。3Lo+2Tも大きなジャンプ。コンビネーションスピンも素晴らしい。あああ・・・フリップが1回転になったのが悔やまれますが、それ以外は力強いスケーティングで魅力あふれるものでした。222.83

ロシアのアリーナ・ザギトワ。「カルメン組曲」キレのあるスケーティングですね。2AはOK。3Lz+3Tは高い。3Sも素晴らしい。2Aも構えなく跳びます。キャメルスピンも回転が速い。コレオシークエンスもおしゃれだな。3Lz+3Loはバランスをやや崩しました。3F+2T+2LoもOK。3Fは高い。コンビネーションスピンもポジションの変化が多い。ステップシークエンスもいいですね。コンビネーションスピンはすごい変化。ノーミスですね。237.50。トップを守りました。

カザフスタンのエリザベット・トゥルシンバエワ。「ブエノスアイレスの秋」4Sは着氷。すごい。3Lzも着氷。3Fも姿勢がきれい。3Loも着実にいいジャンプを跳んでいます。キャメルスピンもいい。コレオシークエンスはふつうかなあ。3S+3Tも成功。2Aはステップアウト。2A+1Eu+3Sも着氷。ジャンプ構成がすごいな。コンビネーションスピンも回転が速い。ステップシークエンスも力強い。本当に力強いスケーティングが出来るようになりました。コンビネーションスピンの回転も軸が細くて速い。もう途中から笑顔でした。やりましたね。4Sはすごい。これが来季からの標準演技でしょうか。224.76

○最終順位
1.ザギトワ 237.50
2.トゥルシ 224.76
3.メドベー 223.80
4.紀平梨花 223.49
5.坂本花織 222.83
6.宮原知子 215.95

うわー、めっちゃ僅差。
1位のザギトワは完全優勝。ザギトワもシンデレラだった昨シーズンからなかなか勝てない苦しいシーズンになりましたが、底力を発揮。そして今シーズン一番伸びたトゥルシンバエワが2位。なんか、新世界の幕開けを感じます。とはいえ、ここから5位まで2点差の中にひしめいています。

メドベージェワはすごい迫力で貴乃花を思い出す雄叫び。感動しました。カナダのチームは強い女性を表現するプログラムに長けていると思うのではかなげなロシアの少女プログラムでなく、筋肉エレガントな力強いプログラムを希望します。シェイ・リー・ボーンの振り付けとかね。そして紀平。SPかFSで2Aを跳んでいれば余裕で銀メダル。どちらも3A成功したら優勝でしたね。惜しかった。坂本花織も個人的にはちょっと点が出なかったと思うぐらいジャンプが素晴らしかった。惜しかった。3Fが入れば間違いなく銀メダルだったなあ・・・。

そして宮原。FSのジャンプがとても良かった。来シーズンはもっとジャンプの点が伸びるんじゃないかな。高ささえでればこっちのものだ。

日本はメダルを逃したとはいえ、余裕の3枠。すごい。

大相撲の関取たちが「令和」の人文字を作ったよ

元号が令和になりました。令和もFalse Startをよろしくお願いいたします。「ボディビルのかけ声辞典」に出ていた「新時代の幕開けだ!」が世間で普通に使われていて困惑するマイク松ですこんにちは。

さて、大相撲はもうすぐ令和最初の場所が始まろうとしていますが、その前にめでたいイベントをやったそうです。

大相撲の人文字「令和」

関取衆70人くらいでつくったそうです。どうも昭和の日には昭和生まれの力士で「S」の人文字を作ったらしいです。でかいから人文字作りやすいんですかね。

それなら他に作った方がいい人文字があるんじゃないですかね…?

  • セツリ
  • コトミツキ
  • 光喜
  • ミッキー
  • マダイ
  • P(providence)

いやいや一度やってみて下さいよ。なんならPの文字だけでもいい。それが神の摂理を引き出す魔法陣(以下摂理陣)となり、国技館がある意味祝福されるでしょう。力士たちにも一時的に力が満ちあふれるはず。優勝を意識しないことが前提ですけど。そこから力士以外にも摂理陣が世界的に流行し、マカンコウサッポウみたいな感じでみんなが摂理を感じるのです。まさかこれが新エネルギープロビデンスをめぐる世界的な覇権争いに発展するとは。すべての鍵は、永世大関が握っているッ…!!

プロビデンスで新時代の幕開けだ!(ボディビルダーへのかけ声的に)