Archive for 9th 8月 2019

改名効果でオリックを浮上させよ

明日から本社を探しにアメリカにいってきます。マイク松ですこんにちは。ちょうどシャキーン!も再放送ウィークに入っていていいのですが、高校野球みられないのがきついです。

さて、昨日の記事で、カネコチヒロが移籍先で雑に扱われたりあまり勝てなかったりするのは改名が原因じゃないかといっていました。なるほど。風水的にはいい名前なのかもしれませんが、何かの要因で逆に働いているんですね。

プロ野球で改名きっかけにすごいいい方向に向いたぞ!みたいな話は聞かないのですが、種いも球団オリックにそんなのを疑う余裕はありません。何でもやりましょう。

実は当サイトではオリックの改名を以前にも取り扱っているんですよね。そのときはナカジさんの改名きっかけで扱っているのですが、懐かしい名前が多いばかりか、あれから上向きになっている人はまったくいないという惨状。ティーオさんとか一軍にいられなくて、今一軍でみられるのはシュンタとアダチとニシノだけということに。やっぱり改名してないからだ。

がっつり運気を変えるには、以前の記事のようにがっつり変えた方がいいのかもしれませんが、とりあえず松井稼頭央みたいに音を残して利便性を高めましょう。それでいこう。今日のスタメンでは…

負苦蛇
煮死飲
世死蛇
露眼露
喪矢
南蚊蛾輪
死油無他
亜駄血
環蚊突

だめだだめだ。相手に恐怖を与えるヤンキッシュな当て字は、相手を威圧する効果は少しあるかもしれませんが、運気が上がりそうにない。だいたい音が同じなのが裏目に出ている。味方のメンバー表とかでも普通にカタカナとかで書かれそう。

栃福田
朝西野
吉田鵬
ロメロ海
千代モヤ
玉中川
琴シュンタ
安達山
若月里

一度オリックにしこ名をつけるというのをやったことがあるので、改名もしこ名風にやってみました。しこ名のいいところは名前がそのまま残るので、日常生活も支障ありません。もともと運気を上げる意味もしこ名にはありますよね?本当に上がるかどうかはわかりませんが、成績が上がったら琴タミヤから琴光喜に変わったように、本当のしこ名をつければいいのです。問題は角界から苦情がこないかということなのですが。

ラッキーライスフィールド
ウェストフィールド
ハッピーライスフィールド
ロメロ
モヤ
ミドルリバー
シュンタ
ピースアチーブメント
ヤングムーン

強引に英語っぽいカタカナにしてみましたが、まず誰かよくわからなくなるし、ロメロとモヤは変更がないのが痛い。運気が上がるよりも弊害の方が大きいです。

「足の速い種いも」
「小さな種いも」
「よく打つ種いも」
「アメリカ種いも」
「プエルトリコ種いも」
「PL種いも」
「種いも」
「守備のうまい種いも」
「ボールを受ける種いも」

イケメン魔術師みたいに愛称をつけてみたらどうかと思いましたが、全部種いもで終わるだけに区別がつけづらい。「種いも!」って読んだら全員返事をしてしまいます。それ以前に種いもを脱しようとして改名を考えているのに、名前が種いもになってしまったら何のための改名なのかわからなくなります。

何のためにやったのかわからなくなったという、当サイトにとって最高の結論に達したのでこのへんで。わかったことが1つ。改名って難しいんですね。