Archive for 10月 2019

なろうなろう、さらにいるかは弱くなろう

ペイペイホークスのインパクトぱないなと思うマイク松ですこんにちは。実際はペイペイドームだとしても、払え払えドームですからね。ペイペイホークス本当に弱そう。実際は金銭面でも戦力面でもめちゃ強いのに。

いざゆけキャッシュレス軍団 (もとねた 歌詞)

(決済しろ!ペイペイホークス!)

限界までも支払いに
鍛えし技術たくましく
疾風のごとく さっそうと
購入めざし 決済せよ
(ペイペイで!)
いざゆけ 無敵のキャッシュレス軍団
いざゆけ 炎のキャッシュレス軍団
我等の 我等のペイペイホークス

(アプリ起動しろ!)
(バーコード表示しろ!)
(お店の人に見せろ!)(後略)

さて、金銭面でも戦力面でもめちゃ弱い、いるかことマイアミ・ドルフィンズ。全敗警察といっしょに僕もみたのですが、14-0の時点でこれは全敗警察には早々にお引き取り願おうかなと思っていました。ところがターンオーバーに次ぐターンオーバーで敗戦。全敗キープです。うそみたいな華麗な負け方です。

そんないるかが現在何していると思います?さらに弱くなろうとしているのです。なろうなろうさらに弱くなろうです。もう十分弱いのに、念には念を入れて、さらに弱くなろうとしているのです。信じられますか…?

以前にはSフィッツパトリックをPITにトレードしました。QBにフィッツパトリックはいますが、同じ名前だからでしょうか。ちなみに先日の試合でこのフィッツパトリックにINTをくらっています。因果応報です。こんな痛い目をみているのにさらに弱くなろうとしているのです。

まずRBドレイクをARZにトレードしました。ドレイクはいるかの中でもましな選手で、オリックでいえばヨシダマサタカとかヤマオカとかをトレードに出すようなものです。どうもARZがRBに困っているからといって、来年のドラ6かドラ5で差し出しています。ほしいのは今役に立つ選手なのです。

それと、LARからCBタリブを獲得したそうです。なるほど、たくさんTDもとられてるしいい補強だなと思ったら、タリブと来年のドラ5と引き替えに、再々来年のドラ7と交換。やけにタリブほどの選手がお得に獲得できたなと思ったら、タリブは肋骨のけがで今シーズンはプレーできず、今季が終わったらFAになるそうです。重ねていいますが、ほしいのは今役に立つ選手なのです。

とにかく長期的な補強を見越して、どしどしドラフト指名権をかき集めているいるか。もう今シーズンはあきらめムードです。喜んでいるのは全敗警察だけですね。

ヤフオク!ドームからペイペイドームへ

体重管理のアプリを使い始めて1ヶ月、2キロ痩せた富井です。

いきなりですが、ヤフオク!ドームがペイペイドームへ名称変更するそうですね。Yahoo!ジャパンドームがヤフオク!ドームへ変わったときも斬新だと思いましたが、ペイペイドームはすごすぎますね。もういっそうペイペイホークスに名前を変えてもらったら勝てそうな気がするんですが。

♪いざゆけー むてきのー ペイペイ軍団
 いざゆけー ほのおのー ペイペイ軍団

 われらの われらの ペイペイホークスー

勝てそう。少なくとも今は勝てそう。

ペイペイドームはやっぱりペイペイが使えるんでしょうね。というか楽天生命パーク宮城は完全キャッシュレスで現金が全く使えないらしいのですが、そこまでペイペイドームもやるんでしょうか。個人的に完全キャッシュレスはいやだなあと思います。知らずにきたおじいちゃんとかやるせない。

その点、京セラドームなんかほぼ現金しか使えません。売り子さんへ現金を手渡しする昔ながらの光景が広がっています。いいなあ。京セラドーム。
あとは、チームが強ければな。

予告された敗戦の報告☆リターンズ Week8 いるか@PIT

どうも、全敗警察副所長こと富井です。全敗警察は昨年、その前年(2017)に全敗してしまったクリーブランド・ブラウンズを見守っておりました。しかしメイフィールドというなかなかのQBに交代してからは連敗を脱出して最終的には7勝8敗1引き分けという成績を残したのでブラウンズは全敗警察の観察を外れました。

全敗・・・言うのは簡単ですがなかなか出来るものじゃありません。今年はラグビーにうはうはしていてNFLをあまり見てなかったのですがそんな全敗警察に喝を入れるチームが誕生していました。マイク松が応援しているマイアミ・ドルフィンズさんです。うん、ドルフィンズならあり得る。あってもおかしくない。ここまでの成績を振り返ると

Week1 ●いるか 10 × ○レイブンズ 59
Week2 ●いるか 0 × ○ペイトリオッツ 43 ←マイク松のレビュー
Week3 ●いるか 6 × ○カウボーイズ 31 ←マイク松のレビュー
Week4 ●いるか 10 × ○チャージャーズ 30
Week5 いるか・試合なし
Week6 ●いるか 16 × ○レッドスキンズ 17 ←マイク松のレビュー
Week7 ●いるか 21 × ○ビルズ 31

これは!全敗のにおいがする!!ちょっと遅い気もしますが、ここにきて全敗警察出動命令が下りました。
早速Week8を見てみましょう。

1QはドルフィンズのQBフィッツパトリックのパスが順調に決まり、またディフェンスもインターセプト&ターンオーバーを奪い、14-0とドルフィンズの圧勝。スティーラーズとはいえ、ロスリスバーガーが怪我で欠場していていつものスティーラーズではありません。全敗警察が乗り出してきたものの、いきなり解散か・・・と内部では会議が開かれる有様。しかし2Qになると逆にスティーラーズオフェンスが機能し始めてスティーラーズのフィールドゴール&インターセプトからのタッチダウンを決められて14-10。ハーフタイムで会議はとりあえず取りやめられました。

3Qになると完全に流れはスティーラーズ。とはいえ、FGをミスしたりしてまだつけいる隙がありそうだと思ったところでドルフィンズがインターセプトを決められ、その流れからのスティーラーズのタッチダウン。ターンオーバーからのタッチダウンと1Qでやったところをそのまま返されてしまい、14-24。4Qはドルフィンズがファンブル2回、ターンオーバー1回もしてしまい、どんどん悪くなる一方。最終的には14-27と完敗でした。

14点もリードを奪いながら見事に負ける。いるかは本当に全敗してしまうのか。全敗警察と一緒にいるかの今シーズンを見届けよう!

<今シーズンの成績 7敗>

関西学生フットボールリーグ2019 ファイターズ vs. カイザース

どこも「iモード」および「FOMA」をサービス終了へ。とうとう発表されましたか。こないだポケベルが終了しましたが、あと7年くらいですね。今から契約しようかなと思ったマイク松ですこんにちは。

さて、いつもいつの間にか始まっている、関西学生フットボールリーグ。ちょうど忙しい時期に始まるんですよね。ということでレギュラーシーズンはあと2試合になってましたが、ちょうどおれたちのサンテレビで中継がありました。ラッキーや。ということでファイターズ vs. カイザースです。

関西学生フットボールリーグ2019、ファイターズ vs. カイザース。実況は湯浅さん、解説は濱田さん。

どうも今日勝った方がかなり有利なんだそうです。ファイターズはこれまで全勝で、カイザースはパンサーズに前節で勝ったそうですが、レイヴンスに負けたらしいです。国公立のチーム強くなってるんですよね。(詳しくはこちら)

ファイターズはあんまりむちゃくちゃ強いという話は聞かないし、レイヴンスに苦戦を強いられたらしいので、今日はどんなのかみてみたいです。

KGオフェンス。スターターQBは奥野です。しかしパス3つ失敗でパント。はー。

KUオフェンス。スターターQBは日野上。最初のパスが通りました。ランも交えていきますが、ロングパスは通らずパント。

KGオフェンス。普通にランを止められてる。しかし#4鈴木にパスを通して1stダウン。よしよし。#21三宅のランがよく出ました。複数のRBを使い分けて前進しています。WRは鈴木がよく使われてる。しかし3rdダウンでプレッシャーが強くてパント。おもしろいパントにしましたがタッチバック。

KUオフェンス。WR小川へのパスが通りました。結構いいQBですね日野上。ワイルドキャットを読んでパントにしますが、PRがミスしてすごい押し込まれた位置でタックルされました。

KGオフェンス。ランとショートパスで危険地帯脱出。#6渡辺のランで1stダウン。ちょこちょこ進んでいきます。ロングも投げたいですけどねー。#81阿部にパスが通りました。エースWRらしい。阿部にまた通した。いいところにいましたね。相手陣で4thダウンギャンブルにいきますが、ランをロスタックルされました。あららー。

KUオフェンスはいいポジションから。#51大竹がすばらしいQBサックしました。#92今井もサック。パント。

KGオフェンスはとばされましたが得点できず。

KUオフェンス。RB廣田がいいラン。小田に通して1stダウン。しかしそこからは通らず、このまま前半終了、まさかの0-0。

後半、KUオフェンス。パスは通りますがすぐにタックルしてダウン更新させず。パントにしました。

KGオフェンス。鈴木にパスが通りました。いいところに走り込んでる。#39鶴留が粘り強いランで1stダウンとりました。そういうのいいぞ。いい感じで前進しますが、レッドゾーン前で止められました。しかし#8安藤の42ydsFGでようやく得点。

KUオフェンス。得点したことでKGディフェンスが元気になりました。しっかりランを止めてパントに。パントはよかったです。

KGオフェンス。スクリーンを読まれてパント。フェイクパントにいこうとする動きを見せながら結局パント。しかもとばず。ダイブした方がよかったわ。

KUオフェンスはすんごいいいポジション。WR小田にどしどし投げてきます。そのあとは守りますが、FGは楽に入れられました。

KGオフェンス。奥野がはじめてQBランで1stダウンとりました。やっぱりけがしてもしょうがないですからね。3rdダウンで#1糸川にパスが通りました。まだ1年生。プレッシャーかけなかったので十分パスプロもちました。そして三宅のクイックスクリーンで大きく前進!こういうのがみたかった。#27齋藤も粘り強いラン。RBがよく走れてます。そして阿部に山なりのパスでTD!やっとTDとりましたか。

KUオフェンス。ブラインドサイドから#40しげじがサック!いいサックでした。時間ないので4thダウンギャンブルにいきますが失敗。しょうがないか。

KGオフェンスはいいところから。鶴留が一気に抜けてTD!終盤に突き放しました。よしよし。

KUオフェンス。意外に時間残ってる。パスパスで攻めますが、#25竹原がINT!これで勝負ありですね。

KGオフェンス。時間を使ってパント。

KUオフェンス。#50板敷がサック!なんとか進みますが4thダウンでギャンブル失敗。あとはKGがニーダウンして試合終了。KG 17-3 KU。

試合はとてもクリーンな、フェアな試合になりました。いいことです。

カイザースはなかなか強いディフェンスで、得点するまで時間かかりましたが、キャプテンがいってたようにディフェンスを粘り強くやってオフェンスの得点を待っていた感じでした。いつの間にかディフェンスのチームになってます。まあいいか。がんばってほしいです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 アメリカ大会(3):男子シングルFS

ダルビッシュさん、約2週間に及ぶ激闘の末にゲーミングPC購入PC watchがからんでいるのがおもしろいマイク松ですこんにちは。意外に何かにはまるときってこういうもんですよね。

アメリカ大会、今日は男子シングルFSです。SP?富井が録画をミスってしまいました。大相撲なら想像で書いてもいいんですが、フィギュアスケートは無理です。というか普通はやらない。

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、男子シングルFS。実況はカクザワさん、解説は織田信成将軍。

島田高志郎。背伸びましたね。「アーティスト」。4Tは転倒。どんまい。3A+2Tは決まりました。3Loのあと3Fも決めました。まずまずですぞ。キャメルスピンはポジションはいいですね。ランビエールが振り付けしてるらしいです。ステップは軽やかなエッジワーク。もっとスピードはほしいです。3T+2Tは自重ですね。3Aは成功。アクセルは得意なんかな。3Lz+1Eu+3Sは決まりました。ここまでできるのになんで11位やったんやろう。コレオシークエンスはよく盛り上げてます。最後はコンビネーションスピン2連発でフィニッシュ。よくがんばりましたね。シニアでの挑戦はこれからです。216.03。

ロシアのロマン・サボシン。世界ジュニアで銀メダルだそうです。チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」。3Lz+3Tから入りました。4回転は構成に入れてないそうです。3Sも流れよく。2A+3Tを決めてシットスピン。いいポジションです。3Fはまずまず。3Loは難しい入り方も出来はいまいち。2A+2T+2Tと決めてはいるんですが。3Lzからキャメルスピン。ステップは音楽はまずまずとらえてますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。まずはジャンプのレベルをあげていきましょう。じっくりやろうぜ。182.16。

アメリカのアレクセイ・クラスノジョン。SP10位。「華氏451」。4Fに挑みますが激しく転倒。激しくいきましたねー。どんまいや。3Aは大きなジャンプでした。3A+2Tはなんとかコンビネーションにしました。3Sからキャメルスピン。ジャンプは結構得意そうですね。ステップは途中で音楽が変わって、雰囲気も切り替えてますね。3F+3Loはビッグジャンプ。回転足りてたかな。3Lz+2T+2Loも決めました。ループは得意なんかも。シットスピンから3Lzでジャンプおわり。コレオシークエンスは激しくがんばってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。と思ったらもう少し踊ってフィニッシュ。パワーで押し切りましたね。216.59。キスクラではおもしろげなやつでした。

友野一希。SP8位。存在感を出していこうぜ。「ムーラン・ルージュ」より。ミーシャ・ジーが振り付けてるらしい。4T+3Tを決めました。そろーっと跳びましたね。4Sは転倒もまずまず。3Aはステップアウト。ステップはミーシャ・ジーの振り付けを情熱的に踊ってますね。確かにパワー増してる感じ。これは見応えある。ストップアンドゴーもいいです。シットスピンから後半。3Loは成功。3A+3Tも決めました。いいぞ。コンビネーションスピンから3Lz+1Eu+2S。3-1-3の予定でしたがまずまず。3Fからコンビネーションスピン、最後にコレオシークエンス。しっかり滑りきりました。いい滑りでしたね。気迫を感じました。229.72。なんかキスクラででかいふくろうをもってる。

韓国のチャ・ジュナン。「the fire within」。4Fは転倒。でもまだまだクワドルプルを入れていくらしい。4Sはまわってましたが転倒。おしいです。4Tはダブルに。キャメルスピンで落ち着こう。がんばれ。ステップはリンクを大きく使って。3A+1Eu+3Sをもってきました。3Aも成功。3Lz+1Loになりました。なかなかジャンプうまくいきませんが、コレオシークエンスはちゃんと盛り上がってました。3Lo+2Tを跳んで最後はシットスピンから、コンビネーションスピンでフィニッシュ。スピンはさすがの出来でした。219.67。

中国の金博洋。SP9位かー。「the Path of Silence」より。クワドルプル4つらしい。4Lzは転倒。キレはあるんですけどねー。4T+2Tは決まりました。3A+1Eu+3Sもテンポよくいけましたね。助走から4Tは転倒でコンビネーションにならず。ここでコレオシークエンスを入れてきます。キャメルスピンはポジションもいいですね。3Lz+3Tは成功。4回転じゃなければしっかり決められるんですね。3Aもなんとかこらえました。3Fからステップ。これはキレのあるいいエッジワーク。ちょっと疲れたけどシットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。4回転さえうまくいけばだいじょうぶ。224.98。ぎりぎりでまだ友野がトップ。

アメリカのジェイソン・ブラウン。いい歓声に迎えられてます。ヘヤーがだいぶ変わってますが。「シンドラーのリスト」。FSも4回転は入れないそうです。3A+2Tから入りました。ちょっと着氷よくなかったですが。ステップからの3Fもきれいに決めました。スピードもあるしみやすいです。3A単独もしっかり。つなぎで表現力をしっかりみせていこうぜ。3Sからコンビネーションスピン。軸が安定してます。すばらしい。3Lz+3Tから後半。3T+2T+2Loからきれいなスパイラルを出しました。次の3Loはダブル。レイバックスピンからステップ。これもまた芸術的。音楽をよくつかんでるし、物語を紡ぐ意思があります。最後は高速キャメルスピンで決めました。すばらしいですねー。ジェイソン・ブラウンも復活の時を迎えてきてます。このままがんばろう。255.09。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。今大会最年長。「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。4Tはまわってたかな。でも降りてはいます。3A+2Tは成功。ステップからの3Lzも決めました。いいぞビチェンコ。3Loからシットスピン。もうちょい速く回ろうぜ。こうみるといちおう海賊なのかもしれませんが、海賊じゃない何かに見えます。3Aは転倒してしまいました。もったいない。3F+2Tは決めた。疲れたけどがんばれ。3F+1Eu+2Sを決めました。キャメルスピンはゆっくりまわってます。ステップはほんとに疲れてますががんばれ。うわー疲れてる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やりきりました。上出来ですね。219.70。あんまり出なかった。どこか回転不足とられたかな。

チェコのミハル・ブレジナ。ビートルズメドレー。この黄色いシャツはあんまりビートルズっぽくないけど。4Sはダイナミックですがステップアウト。3A+2Tはでかいジャンプです。3Fは自重しましたね。シットスピンは低い姿勢。ステップシークエンスは「Let it be」ですね。コンビネーションスピンから後半戦。3Lzはダブル。2Aは本当はトリプル。2F、2Loとダブルジャンプが続きます。ブレジナの悪いときの演技ですね。コレオシークエンスではよく盛り上げていました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やっぱりジャンプが抜け続けるとどうにもならんですね。だいじょうぶ、次いこう。213.17。

カナダのキーガン・メッシングさん。ひさしぶり。SP3位ですからね。ガンズ・アンド・ローゼズ「november rain」。3Lzは4回転の予定でした。もう4Lz跳べるようになってるんですね。4Tは手をつきました。よく滑ってますね。3Aはオーバーターン。ところどころのつなぐ演技はさすが。キャメルスピンから3Lo。1つ1つ積み重ねや。つなぎを経て後半。3T+2Tは4回転の予定でした。イーグル入れてます。3S+3Tは決まりましたが、最後は1A。うーん。まあまだ序盤ですからね。徐々にあげていこう。ステップは最後まで元気に滑ってました。コレオシークエンスで盛り上げてから、コンビネーションスピン2つでフィニッシュ。ジャンプうまくいかないときもありましたが、自分らしい滑りはできてましたよ。239.34。

ロシアのドミトリー・アリエフ。SP2位です。上下黒。「サウンド・オブ・サイレンス」。4Lzに挑みますが前向きにおりました。4Tはきれいに決めてます。エッジワークがきれい。4T+3Tも決めましたね。3Fからキャメルスピン。もっとスピードあげていきたい。コレオシークエンスをここで入れます。いい構成。3Aはシングルに。3Lz+3Tは成功。3Lo+1Eu+3Sを決めてジャンプ終わり。ステップは手足の長さをいかしてます。コンビネーションスピン2発でフィニッシュ。いい演技で点もとれそうですが、なんか個性がないです。もっと印象に残る演技をしてほしいなあ。がんばってるんですが。キスクラでおそろしいピンクの鳥を抱いてました。253.55。

アメリカのネイサン・チェン。なんかミナミのブティックで買ったような不思議な色のシャツを着ています。なんばで仕入れたんか。この服で「ロケットマン」を演じます。3Lz+3Tから入ります。ふわっと降りますね。4Fも高さがあるし、降り際にイーグル。ばっちりですね。4T+1Eu+2Fもいいですね。コンビネーションスピンも1つ1つのポジションが難しいし印象的。3Aも大きなジャンプですね。ステップものびるスケーティングに加えて手の動きで物語を紡いでます。ネイサン・チェンはこういう曲を滑るといいわ。4Sもばっちり。4Tはダブルになりました。どんまい。3A+2Tを決めてキャメルスピンでエネルギーをためてる感じ。ステップではおもしろダンスも入れて場内をめちゃ盛り上げます。ホームですからね。コンビネーションスピンから最後は高速スピンでフィニッシュ。横綱相撲でしたね。299.09。あの4回転がダブルにならなかったら300点でしたね。圧倒的でした。

○最終結果:(ディスコ風に)
1. ネイサンディスコ
2. ブラウンディスコ
3. アリエフディスコ
4. メッシングディスコ
5. 友野ディスコ
6. 金ディスコ

ネイサン・チェンが優勝。あらゆる意味で優勝でした。技術、表現に加えて地元をしっかり盛り上げる演技。よきよきです。これでも完全じゃないんですからね。ハニューを見据えたらまだまだ伸びていかないと。

今日はジェイソン・ブラウンがよかったです。そりゃ4回転はないけど、スケートには他にも大事なことがある。まずは本来の力を取り戻すことが大事で、その日は近そうですね。このままのペースでいきましょう。アリエフは技術でなんとか3位を守りましたが、もっとがんばれそう。メッシングさんは惜しくも4位ですが、まだ序盤です。友野が5位。なにげに収穫ですね。いいところをしっかり出せば結果もついてくる。金博洋はジャンプ修正で十分上を狙える。

ラグビー決勝戦はイングランドと南アフリカ

先日北九州市へ行ってきたのですが北九州市はウェールズのキャンプ地だったので、いたるところにウェールズの旗がはためいていて、ウェールズを応援していたにわかファンとしてはテンションが大いに上がりました富井です。ウェールズ人かどうかわかりませんが、欧米の人たちもたくさん見かけました。

この一ヶ月ですっかりラグビー好きになり、準々決勝からはすべての試合を見ましたが日本も含めどの国も強くて面白かったですね。ウェールズも予選プールではオーストラリアを倒して全勝でプールDを勝ち上がりましたが、準々決勝ではフランスにミスが多くてなんとか勝った感じになりました。これにはあんなに強かったのに!と驚きました。よく考えてみるとフランスの試合は1試合も見ていませんでした。NHKで中継がなかったのかな。そんなだったので南アフリカには勝てないだろうと最初は思っていたのですが、後半でさっさとペナルティゴールをとろうとせず、トライをとろうとぶつかっていったのはさすがはウェールズと胸が熱くなりましたが、あれだけ止めた南アフリカがすごかったということですよね・・・。でも、よかった。ウェールズ、かっこよかった。まだ3位決定戦があるのでがんばって下さい。相手はニュージーランドだけど。

決勝戦で対するチームはイングランド。まさかニュージーランドが負けるとは思いませんでした。イングランドが強いというのはラグビー好きのマイク松の友達から聞いていたのですが、まさかこんなに強いなんてなあ。今までの試合の感じからいうとイングランドが優勝しそうですが、南アフリカの方が場慣れしているので南アフリカなのかな。
あと2試合楽しみたいと思います!

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 アメリカ大会(2):女子シングルFS

本田とディティクティブが交通事故。ほんとに大事なくてよかったと思うマイク松ですこんにちは。もうディティクティブタイホしといて!

アメリカ大会は女子シングルFSです。半分だけにしようかなと思ったら、おもしろくて結局一気見。

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、女子シングルFS。実況は大西さん、解説は荒川姐さん。

香港のクリスティ・レオン。「シルク・ドゥ・ソレイユ」より。3Lz+3Tは今回はきっちり成功。3Fも大きなジャンプ。1つ1つ決めよう。3Loも成功、いい出だしです。レイバックスピンからステップをはさんでの2A。今日はジャンプよさそうですね。ステップはもっとスピードがほしいですががんばってます。2A+1Eu+3Sはなんとかかんとか。3Lzもなんとか。1F+2Tになりました。もうちょいやからがんばって。シットスピンからコレオシークエンス。コンビネーションスピンでフィニッシュ。滑りきりました。163.68。喜んでええんやで。

山下真瑚。FSはがんばってほしい。「セント・オブ・ウーマン」より。3Fは高さがありましたが転倒。2Aは成功。ここからいこう。3Loはしっかり。2Aと流れに乗ったいいジャンプ。キャメルスピンは難しいポジションもこなしてますね。コレオシークエンスで会場をわかせます。後半のジャンプも決まってほしい。3Lzはステップアウト。本当はコンビネーションスピンでした。3Lz+2Tはぎりぎり。シットスピンもまとめてステップへ。このへんは疲れてますががんばれ。3Sもなんとか粘りました。やっぱりけがなんですね。足の甲を痛めてるらしい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よくがんばりました。142.40。

ロシアのスタニスラワ・コンスタンティノワ。「ムーラン・ルージュ」より。真っ赤な衣装です。2A+3Tはゆっくりですが高さがあります。3F+2Tも手上げで成功。もっと全体にスピードアップしてほしいですが、3F、3Loも決めていってます。キャメルスピンはドーナツポジションでスピードアップ。コレオシークエンスもがんばってます。3Lzはダブルで転倒。コンビネーションの予定でした。2Aは手をつきました。ここでジャンプが乱れてきた。がんばれ。3Lzは転倒。次のスピンも入り損ねてる。落ち着いて。ステップは迫力ある動きできてます。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプ序盤の調子でいきたかったですね。しょんぼりしてますが大丈夫やで。143.39。

アメリカのアンバー・グレン。笑い方は余裕がある感じなんですけどね。「Gravity」。3Fはなんとか踏んばりました。滑りはなかなかいい。2A+3Tはしっかり成功。3Lzはシングルに。うーん。ジャンプでリードしたいところです。3Loは入り方もきれいでした。シットスピンの質も高いです。3Lo+2Tも成功。ループは得意なんかな。3Fはちょっと跳び急いで転倒。ステップは緩急をつける形。コレオシークエンスも場内にアピール。2Aはシングルになりました。コンビネーションスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。まだまだ改善の余地はあるけど、のびのびすべってました。169.93。よく出ましたね。

カナダのベロニク・マレー。「Flashlight」。3Fは助走をしっかりパワーに変えてました。3Tはあぶなかったです。3Loも力強い。マレーはそんな感じの選手でした。3Loは単独に。レイバックスピンから後半。3T+2Tは成功。2A+2Tもいけた。ジャンプ立て直してます。シットスピンからコレオシークエンス。2Aからステップに。ちょっと疲れてきた。がんばれがんばれ。でも笑顔も忘れず。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後までよかったです。GPSは4年ぶり。よく戻ってきました。161.75。

韓国のイム・ウンス。「麗しのサブリナ」より。3Lz+3Tはセカンドで乱れましたが高さありましたよ。3Loは成功。スピードに乗った助走から3F+2A+SEQも流れありました。韓国ってジャンプシークエンス得意な印象。キャメルスピンから演技パート。いい雰囲気作れてます。3Sを決めて3Fはステップアウト。3連続ジャンプの予定でした。コンビネーションスピンは難しいポジションがんばってます。コレオシークエンスから2Aは決めました。ステップは細かく動いて物語を作ってます。レイバックスピンでフィニッシュ。いい演技できました。ミーシャ・ジーが作ってるんですね。184.50。

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。かっこいい衣装です。圧倒的。「キャラバン」。3A+2Tをゆっくりした助走から成功。すごいな。3A単独も余裕です。すごいな。ステップから3Lz+2A+SEQ。ふわっと跳んでます。3Fもいいですね。今日はジャンプよさそう。レイバックスピンはなんだかわからん表現力がある。ステップはゆっくり表現も入れながら。なんだろうこのスピードもないのに見応え十分なのは。2A+3T+2Tの3連続もしっかり。3Lzも高さがありました。3Loもなんとか。コレオシークエンスはもう場内を盛り上げる盛り上げる。シットスピンからおもしろステップを入れて、最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。トゥクタミさん最高っす!己の道を行く。205.97。すばらしいでんなあ。

アメリカのカレン・チェン。FSもがんばろう。「イルミネーション」。いいスピードから3Lzは高さありました。いい入りだ。3Fはまずまず。2A+2Tは確実に。3Sは少し跳び急いで転倒。コンビネーションスピンは回転速かったです。ステップはてきぱきしたエッジワーク。2A+1Eu+3Sは最後にツーフット。惜しいな。3Lzも転倒。がんばれがんばれ。3Loも高さが足りない。コレオシークエンスは正統派のいいポジションです。コンビネーションスピンから最後はレイバックスピンでフィニッシュ。最後までがんばりました。まだまだシーズンは始まったばっかりです。165.67。

ロシアのアンナ・シェルバコワ。どんな滑りをみせるんだろう。「グノシエンヌ第1番」ほか。4Lzを跳んでくるみたいですよ。スピードに乗って4Lz+3Tを跳んできました。回ってますねー。すごい。4Lzも成功。すごいわ。結構普通に。2Aは普通に跳んでます。2Aもう1回。キャメルスピンはいいポジションです。と思ったら衣装の色が変わりました!すごい。4Lzばりにびっくりしました。へー!3Lz+3Loも成功。ルッツによほど自信があるんでしょうね。3F+1Eu+3Sもぽんぽんと。3Lzもばっちりでした。コンビネーションスピンをはさんでステップ。全然スピードも落ちません。レイバックスピンでフィニッシュ。いやーでましたね新型モビルスーツ。えらいことやってくれました。222.76。

樋口新葉。「ポエタ」。とても集中してますね。いい顔してます。大きな2Aでスタート。3Lzは転倒。大きなジャンプだったのですが。3Sはしっかり。コンビネーションスピンはまだがんばれそうですね。3Loはシングルに。スパイラルから1Aになりました。なんとか立て直したい。3F+2T+2Loはきっちり成功。3Lz+2T、今度はルッツ決めました。キャメルスピンからステップ。フラメンコということでステップはがんばってるみたいですね。緩急がある。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプにミスは出ましたが、がんばってましたよ。これからこれから。181.32。

坂本花織。かっこいい衣装ですねー。と思ったら「マトリックス」です。わーい!かっこいい!スパイラルから2A。曲をよくつかんでますよ。スピードに乗って2F+3Tになりました。3Lzも跳び終わりがいいですよね。次は2S。ステップは力強く。ここはまだいけそうですよ。コンビネーションスピンもまずまず。3Lo+2Tを跳んできました。工夫されたプログラムです。2A+3T+2Tはしっかり成功。シットスピンからいよいよ盛り上げてきます。コレオシークエンスから3Lo。コンビネーションスピンでフィニッシュ。このプログラムいいですねー!完成型がみたい。これはおもしろそう、注目のプログラムです。202.47。

アメリカのブレイディ・テネル。ここはテネっておきますか。お願いします。「ニュー・シネマ・パラダイス」。3Lz+3T、しっかりテネルことができましたね。2Aからのつなぎもいいです。3Sのあともしっかり表現。イーグルからの2Aもいい。レイバックスピンはさすがのテネり具合。好調ですね。ステップは音楽をよく聴いてるしリズムをとらえてます。3Lz+3Tをここで成功。いいですね。3F+2T+2Loも決まった。あとひとテネルですよ。3Loからコレオシークエンス。よくテネったスパイラルにイナバウアー。コンビネーションスピン2連発でフィニッシュ。しっかりテネることができましたね。216.14。

○最終順位(夏フェス的に)

1. ライジングシェルバコワ
2. サマーテネル
3. トゥクタミシェワ大作戦
4. カウントダウン坂本
5. ウンスウンスこんにちは
6. ロックイン樋口フェス

シェルバコワが優勝しました。そりゃあれだけの新兵器があれば勝てますよね。でもできれば長持ちする選手であってほしい。きたるべき成長期をしっかり乗り越えてまた会いたいですね。なにしろみんないなくなって、レオノワしか残ってない的な感じでしたから。みんなレオノワを見習うんだ。トゥクタミさんもいるけど、見習えといわれても見習えないから。

2位はテネル。しっかりテネって優勝というところでしたが新型がいました。引き続き1試合1試合テネっていきましょう。トゥクタミシェワさんは3位。とにかくしっかりみてしまう演技。なんでしょうねあれは。なんだというか熟女パゥワーなのですが、もうオマエたちのルールで滑ったりはしない、トゥクタミかトゥクタミじゃないか、それが問題なのです。

坂本は4位。いいプログラムつくってもらいましたね。今ピークじゃなくてもいいんですから。いいプログラムの完成型をみたいです。イム・ウンスは5位。しっかり世界観つくれる選手ですね。樋口は6位。ロシアの新型か樋口かでいえば、樋口の方が長く滑ってくれそうですよね。それが大事です。

神がかった負け方のいるかが見守られることに

(この世界のどこかにある、フォルス・スタート商会極東事務所)

松:いるか6連敗か…今のところフィッツパトリックとローゼンでは焼死か溺死かみたいになってるな…誰かいいQBくれんかな…

PiPiPi!

松:誰やねん
ポリス:いるかは調子が悪いそうだね
松:誰がみても悪いね、0-6だからね
ポリス:そう!まだいるかは1勝もしてない!全敗なんだねえ
松:怒っても結果は変わらないからね、そうだね全敗だね、それが何か?
ポリス:わたしは全敗チームを見守る会、人呼んで全敗警察だよ

GAAAAAN!

松:なんですって!
敗警:この世に全敗チームがある限り、全敗警察はどこへでも現れる!
松:あのクリーブランド・ブラウンズを見守った全敗警察…?
敗警:あの弱かったCLEも、今はプレーオフ争いしてるらしいねえ
松:そ…その全敗警察が一体何の用だ!
敗警:わからないのかい?
松:わかります、いるかを追ってきたんですよね
敗警:その通り!どうもいるかは逆パーフェクトシーズンも狙えるそうじゃないか、いっしょに見守ろう!
松:見守ったら勝てるかもしれませんものね…
敗警:いや!そのまま全敗かもしれないよ!
松:なんでですか!応援しましょうよ!
敗警:私たちはただ見守るだけ…それが全敗警察!
松:全然力にならんやん…というかこの人誰…?どこかでみたような…

八村ダブルダブル。ドラ1とはいえいい活躍でした。これからもがんばってほしいですが、BS1でみたいマイク松ですこんにちは。どこかが独占契約を結んでるせいですが、かんべんしてほしいです。

ということで現在絶好調に不調な(どっちやねん)いるかはついに全敗警察に目をつけられてしまいました。これからはなんと、どんなしんどい試合でもレビューすることになってしまったのです。おつきあいください。記事のスキームはこちらの会といっしょなので、裏でつながってるのかもしれません。

ちなみにweek6のいるかはなかなかいい試合をしていて、スペシャルチームがFGフェイクから1stダウンをとったりしていました。フィッツパトリックが特攻的なQBランで追いすがりますが、オンサイドキックをなんとリターンTDまでもっていかれるというキセキでとどめをさされました。すごいでしょ?神がかってます、負け方が!

伊藤光が評価されてあたしゃうれしいよ・・・

メジャーリーグではワールドシリーズがナショナルズ×アストロズで始まり、なんとなんとアストロズのホームでナショナルズが2連勝というスタートを切りました。ワシントン・ナショナルズはナショナルリーグチャンピオンシップでスイープして休養が長く勝負感が失われているので、アストロズが有利とかいう下馬評も何のその。ナショナルズの意外な強さが嬉しい富井です。そろそろシャーザーさんがチャンピオンリングをもらってもいい頃ですよね。

さて、日本シリーズはあの伝説のロッテ×阪神戦に勝るとも劣らない壮絶な試合だったわけですがその陰でひっそりと伊藤光がFAを行使せずに残留し、DeNAと4年4億5000万円という契約を結びました。高城と白崎の交換でDeNAに行った伊藤でしたがすごい評価ですね。本当に良かった。この契約に満足せずもっともっと活躍して日本一になってオリ何とかいう古巣に煮え湯を飲ませて欲しい。ほんとにほんとに応援してます。

腹立たしいと言えばオリックの黒木優太も戦力外。育成契約を結ぶ予定だそうですが、新人の年だけだったとはいえ、あんなに活躍した黒木をすぐに育成契約なんて、なんちう薄情な球団なんだろうかと情けなくなります。怪我なんだからあと2年ぐらいは支配下登録して様子をみてくれてもいいじゃないですか。なんだかなあと歯がゆい思いです。黒木もさっさと復活してはやくFA資格をとれるようにがんばって欲しいです。鈴木昂平もがんばれ。

夢がある!ゲンダがアイドルと結婚

♪じゃーんじゃーん じゃんじゃらじゃんじゃん じゃんじゃんじゃんじゃんじゃん てーてれって てっててって てーてれーてれー

ケータイを修理に出したら、新品になってかえってきてうれしいマイク松ですこんにちは。そんなに無茶な修理を依頼したわけじゃないんですが…。

さて、今日は朝寝坊してしまってのんびりしていたら、衝撃のニュースが飛び込んできました。

元乃木坂46・衛藤美彩、西武・源田壮亮と結婚発表

やりましたねゲンダ!おめでとうございます!4月に交際宣言をしていましたが、てきぱきとゴールインしたようです。うまくいくのを祈ってました。地元が一緒というのはとてもいいことです。おんなじ味噌、おんなじしょうゆ、おんなじ郷土料理があるというのはなにかといいことですからね。

それにしてもやはりプロ野球は夢があります。NPBはパチンコのCMくらいふわっとしたCMで「野球の夢。プロの誇り。」というスローガンをかかげていますが、誰か心に響いてるんですかね。プロ野球の夢とはアイドルと結婚できるということでしょう。ゲンダは正直プロ野球選手の中でもイケメンの類にはあまり入りづらいと思いますが(婉曲)、それでもアイドルと結婚できました。これが夢です。ディスイズザドリーム。なぜゲンダがアイドルと結婚できたのか。それは野球がうまいからです。守備がうまいからです。走塁がうまいからです。打撃がいいからです。ロックバンドが失いつつある夢をプロ野球はまだもっている。マ・クベじゃなくてもプロ野球はあと10年は戦える!といいたいでしょう。

これを好機にしてNPBはもっと夢をアピールすべきです。散髪屋さんにいっても隣のお客さんが案の定「ラグビーの方がおもろいなあ」「なんやあのシリーズは」などといっていました。夢を与えてこそスポーツ。ふわっとしたスローガンはやめて「キミもアイドルと結婚できる」にしたほうがいいでしょう。

なんだか熱くなってしまいましたが、ともかくいいたいのはゲンダおめでとうということです(そうやったんや)。今一番好きな選手の1人ですからね。心からお祝いしたいです。

ちなみに最初の不思議な音楽は軍艦マーチです。小さい頃にテレビで競輪や競艇のミニCMが流れていて、そこで軍艦マーチとともに「夢がある!観音寺競輪!」といわれていたので、夢がある!といわれると軍艦マーチが流れるのです。競輪も競艇もいったことないし、観音寺競輪はもうなくなりましたけどね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 アメリカ大会(1):女子シングルSP

ソフバン球団初3年連続日本一。おめでとうございますマイク松ですこんにちは。オリックなんか何年連続Bクラスかと。偉業です。黄泉瓜はなんもできんかったですね。和田さんの言うとおり。あっさり日本シリーズが悪影響を与えなければいいんですが。

さて、スポーツの秋はスポーツイベント目白押し。今日からフィギュアスケートグランプリシリーズをみていきます。まずはアメリカ大会。本当は富井にみてもらおうと思ったのですが、かぜがぶり返してしまいました。上司よおだいじに。

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、女子シングルSP。実況は大西さん、解説は荒川姐さん。ラスベガスだそうです。ベガス。

香港のクリスティ・レオン。GPS初出場。真っ赤な衣装です。「Whatever Lola wants」ほか。3Lz+3Tにいきましたがセカンドは回転不足。キャメルスピンからステップ。もう少しぐんぐんいきたいところ。四大陸とかは出たことあるみたいですね。ずいぶん時間かかった。2Aは回転不足ぽい。3Fはうまくいきました。レイバックスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。見せ方もうまいし経験を積んでいきたいですね。54.25。

アメリカのアンバー・グレン。盛り上がっています。「Scars」。3F+3Tはセカンドはツーフット。勢いはまずまずありますよ。コンビネーションスピンは回転速度あります。2Aはしっかり。3Loも決まりました。ジャンプ終わって元気になってます。ステップは体全体を使えてます。シットスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技できたみたいですね。キスクラではおもしろい顔してます。64.71。

カナダのベロニク・マレー。GPSは2015年ぶりに復帰したそうです。「True Colors」。3F+2Tは堅実に。ステップからの3Tは大きなジャンプです。レイバックスピンは回転速く安定してます。できることをやればいいんですよね。2Aでジャンプそろえました。コンビネーションスピンも安定。ステップは丁寧にがんばってます。まだまだスピードがあがる余地はあるけど、堅実な演技でした。コンビネーションスピンでフィニッシュ。キスクラでいぬのぬいぐるみをもっています。56.69。

アメリカのカレン・チェン。久しぶり。気合い入ってます。「You Say」。リンクを大きく使う入りです。3Lz+2Tは3-3の予定だったか。でもまとめました。2Aは大きなジャンプ。こういうジャンプでしたそういえば。キャメルスピンは回転速いです。キレがある。3Loはステップからしっかり。いちおう全米チャンプだったんですよね。コンビネーションスピンもてきぱきまとめて、スパイラルからステップに。ステップはまだいけそうな気がする。レイバックスピンでフィニッシュ。いい演技でした。堅実かつレベル高く。66.03。トップにきました。

山下真瑚。「セビリアの理髪師」より。昨シーズンと同じです。3Lzはコンビネーションになりませんでした。2Aもシングルに。あかーん!スピンから次でコンビネーションにしたい。3Lo+2Tをなんとかつけました。シットスピンからステップ。緩急のあるいい構成になってます。これをしっかり仕上げていきたい。レイバックスピンの入りがゆっくりになりました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん出来がばっちりじゃなかったですね。荒川姐さんのいうようにジャンプで勢いをつけると演技のよさがでるんですけどね。46.21

ロシアのアンナ・シェルバコワ。16歳。はじめてみます。「パフューム ある人殺しの物語」より。2Aから入りました。細っこいです。スパイラルをはさんで3Fを両手あげで。キャメルスピンはゆっくりですね。スパイラルから3Lz+3Loは回転どうだったかな。レイバックスピンはポジションがすごい。ステップは1つ1つのポジションが組み合わさっていい演技ですが、途中で転倒してしまいました。難しくしすぎたかな。コンビネーションスピンでフィニッシュ。音楽が終わってもずーっとやってました。すごいな。67.60。転倒してトップにきてます。

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。久しぶりっす!「Drumming Song」。いきなり3Aをばっちり成功。もっと助走にスピードがないとと思ったのですが普通でしたね。3T+3Tはセカンドでステップアウト。あぶねえ。シットスピンはゆっくり。いつも通りですね。おもしろい形のスパイラルから3Lz。しっかり決めました。レイバックスピンからステップ。さっきから曲のボリュームがいやに小さいけどトゥクタミ先生の指導だろうか。ステップは誰もできない全体的に独特です。こういうおもしろいスケーターがほんと最近減ってますよね。個性出していこうトゥクタミ先生みたいに。コンビネーションスピンでフィニッシュ。おつかれさまっす!67.28。

韓国のイム・ウンス。「スペイン奇想曲」。最初は3Lz単独にしました。慎重でいいですね。2Aは垂直方向に高いジャンプでした。キャメルスピンからステップからの3F+2Tはセカンドでツーフットでした。でもコンビネーションにはしましたからね。コンビネーションスピンはちょっとスピードダウンしてます。ステップは丁寧に滑ってますが躍動感はまだ出せそう。レイバックスピンでフィニッシュ。63.96。

樋口新葉。リンクサイドはなんだか緊張して人相が悪かったけど大丈夫かな。「Bird Set Free」。充実した下半身から迫力ある2Aが繰り出されました。いいぞ。キャメルスピンから3Lz+3T。これもパワフル。コンビネーションスピンも1つ1つ丁寧に。ステップからの3Fも余裕ありましたね。レイバックスピンは軸ばっちり。手の演技も効いてます。ステップは表情豊かにテンションを伝えてます。もっと練習すればエッジも伸びていくでしょう。いい演技できましたね。71.76。これでいいのです。

アメリカのブレイディ・テネル。テネっときましょう。「メカニズム」ほか。さすがスピード出てます。3Lz+3Tはジャンプが軽いです。テネってます。イーグルからの2Aもしっかりテネってます。レイバックスピンは見せ所。足長いですからね。なんだか微妙な切り替えの振り付けがあって、3Fはステップからの流れがよかったです。ステップは長いことやってます。コンビネーションスピン2連発は回転速かったです。初戦からテネってましたねー。安定感ありました。75.10。

坂本花織。「No Roots」。相変わらず貫禄ある滑り。これですよね。3F+3Tはビッグジャンプ!でかいです。キャメルスピンは安定してます。エッジワークもキレあります。2Aもその流れから。コンビネーションスピンも1つ1つのポジションでしっかり回ってます。堅実ですね。つなぎ部分もしっかり演じて、3Loも高さありました。全体的にキレがあってパワフル。レイバックスピンからステップ。今日いちの躍動感と力感。ステップを完全に武器にできてますよね。音楽にも調和してるし。ステップ終わりのプログラムでした。いい調子ですね。73.25。

ロシアのスタニスラワ・コンスタンティノワ。19歳になりました。「February」。2Aはあぶない感じですが成功。しかし次が2Lz+3Tで転倒してしまいました。無理せんでいいのに。コンビネーションスピンはさすがの質があります。3Fも転倒。どこか痛いのかな。ステップは体全体をよく使えてますね。たんにジャンプの調子がよくないだけか。まだまだ始まったばっかりやし。キャメルスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。いいところはみせられました。48.27。顔が虚無をみています。

○SP終わっての順位(夏フェス的に)

1. サマーテネル
2. カウントダウン坂本
3. ロックイン樋口フェス
4. ライジングシェルバコワ
5. トゥクタミシェワ大作戦
6. チェンバッシュ

テネルさんがテネってトップです。まあテネるという動詞にあまり意味はないのですが、一度声に出していってみてください。テネる。いつも安定してますが、今日はそれが幸いしましたね。坂本は2位。FSになったら十分逆転可能でしょう。樋口は3位ですが、もっと評価されてもよかった。パワースケーティング。シェルバコワはロシアの新モビルスーツですが、トップいけるかは微妙とみました。

トゥクタミシェワさんは4位。シーズン序盤のいつものトゥクタミという感じですね。自分の演技を良くも悪くもやってる。いや悪いことはないです。FSもそれでお願いします。ほら、熟女っていわなくてもレビューできるんですよ!(いうてもうてる)チェンはFSは奮起してがんばるでしょう。

エマニュエル・サン…ダースがSFにトレード

ナショナルズが敵地で先勝。シャーザーおじさんが勝てたのも大きいですが、コールを攻略できたのはより大きい。明日が大一番になりそうなマイク松ですこんにちは。

さて、MLBはワールドシリーズ、逆にNBAは開幕というアメリカですが、NFLはファイヤーセールが起こっているようです。MLBでもありますが、もうシーズン半ば。成績の上がらないチームはそろそろ来季に向けて選手をトレードする時期にさしかかっているようです。ぼつぼつトレードニュースが出てきました。

SEAはSディッグスを獲得。ディッグス+ドラ7とドラ5をDETとトレードしたようです。HOUはCBコンリーを獲得。ドラ3と引き替えにOAKから獲得したようです。

そしてDENはWRエマニュエル・サンダースをSFにトレード。サンダース+ドラ5と引き替えに、SFからドラ3+ドラ4をゲットしたようです。なかなかDENも厳しいですからね。それよりも衝撃なのは今SFは6-0で地区トップということです。ガロポロがんばってるようですね。

サンダースはフィギュアスケートの気のいい先輩、エマニュエル・サンデュ先輩と名前が似ているので、ニュースサイトの短縮されたリンクなら、エマニュエル・サン…などと表示されてうっかりクリックという事態を引き起こします。ですがいいWRなのです。エマニュエル・サン…ダースにとってもいいトレードですよね。新天地でもがんばれ。

ちなみにweek6も勝てずにSFとは逆に0-6のいるかですが、彼らにファイヤーセールを行う余裕はありません。お先真っ暗だからです。知ってた。

LACが地元人気の獲得に悩んでるらしい、奇遇ですね

スピッツのDVDみてるマイク松ですこんにちは。すごいかっこいいし音がでかい。そりゃスピッツに誰も追いつけないわけです。鍋の中でイジイジかきまわしてたんじゃ本当のチャーハンはできないんだよ!(山岡)

さて、スポーツビジネスはシビアなものですが、NFLでちょっと衝撃的な写真の記事がありました。

地元人気の獲得に悩むチャージャーズ

NFLのロサンゼルス・チャージャーズ(LAC)は、ちょっと前はサンディエゴにいたのですが、いろいろあって今はLACになっています。そのスタジアムは今人気のある敵チームで埋め尽くされているそうです。

記事の写真はピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)のファンがぎゅうぎゅうで、時々見える水色のユニを着ている人がLACファンです。PITファンはいいたとえだとプロ野球のハンシンファンみたいな人たちで、どこからともなくやってきます。ハンシンファンは普段はお地蔵さんに封じられていて、試合のときになると出てきますが、それといっしょです。ただでさえ目立つのに、彼らは応援のときに黄色いタオルを振り回します。それがまた他ファンにはうっとうしいのです。

あいていればいつでも入れるMLBとかと違って、NFLは基本的にシーズンチケットで、敵チームはチケットが余ってないとなかなか入れないはずなので、あれだけPITファンがいるということは、かなりチケットが余ってるということを意味します。なのですごい衝撃的な写真なのです。

記事ではこともあろうに冗談で、PITの応援歌を場内に流してしまった(冗談の一環で)そうで、LACの選手はめっちゃ怒っていたそうです。甲子園に黄泉瓜の応援歌を流したらと考えたらいいと思います。特攻服に改造して選手の応援歌を刺繍したユニ(もはやユニじゃなくて戦闘服)を着たオールドタイプのハンシンファンがどんな行動に出るかを想像すると怖いです。

同じロサンゼルスのラムズと共同で建設している新スタジアムも営業成績ははかばかしくないようで。がんばってほしいです。

奇 遇 で す ね

いきなりなんですが、そういうチーム、僕ら知ってます。交流戦とかだとハンシンファンやカアプファンにホームが埋め尽くされる球団。あれ?ここってセ・リーグの球場だったっけ?みたいな。まあオリックなんですが、あの種いも球団はLACに勝ってるところと負けてるところがあります。

まず勝ってるところは、オリックはパ・リーグの中ではめちゃ弱いんですが…ごめんなさい手加減しました、本当に本当に弱いんですが、それでも営業成績は結構健闘しているらしいのです。それも同じ関西を本拠地とするハンシンという、お地蔵さんに封じられた無数のファン(ほんとに無数です)を擁する球団がいるのにです。あれだけもう石臼にすりつぶされて粉になるくらい弱いのにそんな成績ということは、よほど有能なオリック企画部が努力しているのでしょう。

それに比べたらLACはラムズは別のリーグでそんなにめちゃ人気があるわけでもないし(スーパーボウルには出てますけどね)、同じ地区でも近所のレイダースはもうすぐラスベガスにいってしまうので、これからいいこともありますよ。ビジネス面でがんばりましょう。

もういわなくてもいいなと思ったのですが、いちおう勝ってるところもいっておくと、LACはプレーオフに出たこともあるし、昔は結構強かったのです。オリックもがんばれ。

【相談】いるかが勝てません

福岡にいってきたマイク松ですこんにちは。ちょっとご無沙汰のうちに忘れかけていましたが、そういえばそうでした。福岡(九州)の食べ物はなんでもおいしい。ほんとにおいしかったです。またいかなければ。

えーっとですね、そんないい思い出を語ったところでご相談です。

い る か が 勝 て ま せ ん

NFL開幕から順調に5連敗。いつ勝てるのかなと思ったところできました。全敗対決。同じく勝てていないWASと直接対戦しました。大相撲でも連敗が続いているもん同士が対決すると、どっちか勝てるんですよね。当たり前ですけど。双方にとって大チャンス打線です。

ということでweek6, WAS@いるか。

ところがそんな大チャンス打線なのに、始まりから6連続パント。どういうことや。大チャンスやいうてるのに。1Q終わりにようやくTDがでましたが、それはWASの方でした。がんばるなキーナム。

次はいるかの番やー!と思ったらINT。オマエはがんばってくれローゼン。なんとか次にFGは入れたのですが雲行きはあやしいです。

3Q、WASがTD、FGときめていくのに対して、いるかはINT、パント。もうだめです。しかしWASもFGをはずしておつきあいしてくれたのを機に、QBをフィッツパトリックに交替させます。

これが幸か不幸かあたりました。ランTDで追いすがります。しかしここから両チームとも怒濤の5連続パント。追いつく気があるのか。と思ったら終了ぎりぎり間際にフィッツパトリックがTDパスを通しました!よっしゃー!これでxpで延長戦やー!

…と思ったらここで2ptを選択し、それが失敗。1点差で負けてしまいました。うそやん。

いるかはローゼンが15/25, 85yds, 2INTという地獄のような成績。そりゃフィッツパトリック投入しますよね。フィッツパトリックは12/18, 132yds, 1TDも、最後の2ptははずしてしまいました。というか普通にキックでよかったやろ。ランもパスも良くも悪くもない感じ。いるかはどうしたら勝てるんでしょうか。

なんであそこで2ptいった。いるかはパーフェクトシーズンを記録したことがありますが、このままだと逆パーフェクトシーズンになりそうな予感満載です。

ようこそ、オリのなかまたち

マラソン・競歩の札幌開催が決まったそうですね。10月開催は全く検討もされなかったんでしょうか。どさくさに紛れてオリック日本一の夢も潰えるのか・・・いやいや、まだ逆転あると思いたい富井です。

さて、夜になるまで知らなかったのですが、ドラフト会議があったそうで新たにオリックスに収監いや、入団される選手が決まりました。

1位の宮城大弥は興南高校の左腕。なんでもダルビッシュが「あんなピッチャーになりたかった」と言ったとか。そういえばダルビッシュは高校時代の山岡(オリのピッチャーですよ)の評価も高かったですね。ダルビッシュのお墨付きとあれば間違いありません。くじで言うと外れ外れ1位ですが、大当たりに違いありません。思う存分オリで活躍して大きな家を建てて欲しい。活躍すればお金は出すチームですから心配しないで。その辺は。

5人指名のうち、3人がピッチャー、2人が内野手。まあ妥当な指名ですかね。打てる内野手になってほしい。

ほかのチームに行きたかったという人も多いと思いますが、活躍したらFAでどこでも行けますから。トレードでも他チームで活躍する人多いですから。特にピッチャーでオリックに入るのはいいスタートだと思いますよ。どうか拒否しないで。

ピピピピピ!またオリックが外れ外れ1位

元オリ監督が評価する19年ドラフト逸材たち。モリワキさんのことですが、Full-Countにももとオリの文字が躍るようになったのですね。マイク松ですこんにちは。もとオリ戦士について知りたい球団はフォルス・スタート商会に研究費をください!

さて、今日はそのドラフト会議が開催されました。各球団どしどし指名していったわけですが、きっと種いも球団オリックの指名は富井がまとめてくれるので、ここは注目の事実をふれておきましょう。このように各球団が1位指名をしたわけですが、1位指名といえば競合のくじ引きですよね。オリックはどうなったのかな…?

外 れ 外 れ 1 位

またくじを2回はずしているじゃありませんか。今回1回はずしたのはハンシン、西武、ソフバン、ハム、ラクテン。2回はずしたのは黄泉瓜とオリックだけです。黄泉瓜はこれまでの因業がめぐってきているのだと思いますが、オリックは特に何も悪いことはしてない、ただただ弱いだけじゃありませんか。

というかエスパーはどうしたんですか。ノーモアゴトウシュンタを掲げて球団の地下施設で日々研究に励み生み出してきたエスパーたちは。あやつらの力でニシムラカントクに幸運をもたらすんじゃなかったのですか。

ひょっとしたらニシムラカントクが引く手を間違えたのではないかと疑ってしまいます。てぶくろをかいにみたいに、のろい力を授けた方とは別の手で引いたとか。親切なてぶくろやさんと違い、ドラフト会議はただはずれるだけですよ。

あとはそうですね、そういえばイギリスのEU離脱の条件でイギリスとEUが電撃的に合意したとニュースが出ていました。悲観的な見通しも流れていた中での合意、ひょっとしたらそっちにいっていた可能性もありますね。ジョンソン首相のヘヤーがおもしろいことになってたのってそのせいなのか。まあ欧州の将来を左右する交渉に比べたら、外れ外れ1位もやむを得ないのかもしれません。おつかれエスパー!宮城とやらがんばって!

IOCついに乗り出す、マラソンと競歩は札幌で?

「いだてん」の大ファン、富井です。

突然ですが東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌で開催するという案がIOCから出されたらしいですね。「え、今更」というのが正直な感想ですがドーハの陸上世界選手権の結果にびびったんでしょうね。実際現地に行った方もいらっしゃっただろうし、今やっているラグビーも9月の試合では湿度が高いことでボールが滑りやすいという声もありました。今更ですが「8月の東京まずいんじゃないの」という話がIOCででたんでしょうね。

「いだてん」見てるとそういうこともあるんだろうなという感じ。
その頃のIOC内の日本の立場なんて本当に小さなもので、その頃は基本ヨーロッパのものでしたから。それに対しての嘉納治五郎や副島伯爵の奮闘なんてもう、もうそりゃすごいものでした(ドラマの中の話だけど)IOC会長のラトゥールを日本に招待したり・・・。そういえば今の会長は真夏の東京を視察したのかな。

まあIOCがいろいろ言うのはドラマでもありました。それなら思い切って10月開催にするのが一番いい方法だと思いますがね。これなら東京でのマラソンや競歩も問題ない。早朝とかにしなくてもそこそこ涼しいので棄権者続出と言うことはないと思います。

そりゃプロ野球は日本もアメリカも一番盛り上がってますけど日本シリーズがオリックス×阪神なら問題ありません。オリックス×広島でも問題ありません。

よし、来年は日本国民のためにもオリックが優勝だ!
あと「いだてん」はめちゃくちゃ面白いのでみんな見よう!!
がんばろう東京オリムピック!!!

ナショナルリーグチャンピオンはナショナルズ!

久しぶりに風邪を引いたら10日ぐらい経ってもまだ治りません。・・・しゃきっとせんのです。こういうとき大谷翔平がホームランを打ってくれたら咳も止まるような気がします。富井です。今シーズンのメジャーリーグは大谷がいなくなって日本では盛り上がらなくなりましたね(というか、盛り上がらない一人が私なのですが)。といってもまーさんのヤンキースはアメリカンリーグのチャンピオンシップを戦っていてまーさんの力で勝ち進んでいるんですよ。まーさんは本当に偉大です。

さて、ワールドシリーズに進出するナショナルリーグチャンピオンはなんとワイルドカードから上がってきたナショナルズ。今年はチームの顔だったブライス・ハーパーがフィリーズに移籍してすっかり弱くなったと思っていたのにシーズン終盤から8連勝でワイルドカードプレーオフに乗り込みブルワーズを下すと、絶対負けると思っていたドジャースもなぎ倒し、その勢いのままカージナルスを4連勝でスイープしてしまいました。どう考えてもナショナルズはドジャースだと思ったんですけどね。

ナショナルズといえばシャーザー。豪腕の上に右目と左目の色が違うというところがたまらなくかっこいい(典型的な中二病の中年)ので密かにファンなんですが、そのシャーザーもついにワールドシリーズに進出ということで試合後ぶるぶると震えていました。あんなベテランでも震えるぐらい嬉しいのですね。おめでとうございます。

どうでもいいことですがシャーザーのゴーグルも右目と左目の色が違うんですけど奥様が探してプレゼントしてくれたそうです。次のシャンパンファイトでは是非注目して下さい。

相手はヤンキースなのかアストロズなのか・・・アストロズのバーランダーとシャーザーが投げ合うという元デトロイト・タイガース対決が見たいような気がしますがまーさんと大トロ打線こと反則的な強打者たちのヤンキースも見たい。どっちにしてもナショナルズが不利に見えるぐらいの圧倒的戦力のチームなのが心配ですが、きっとまたナショナルズがやってくれるに違いありません。楽しみだな。

あつまる!種いもピーポー

最近タコライスを作っているマイク松ですこんにちは。タコスミートを作るとあとは簡単なので。

さて、ややこしい仕事が続いてなかなか記事が進まないのですが、種いも球団オリックの来シーズンの布陣が決まったよというニュースが出ていました。

こうみると田口は残留、コマツ、G-光尊、サタケ、キシダ、コヤノさんなどなど、もとオリ戦士がだいぶ集まってきましたね。もちろん厳密にはほとんどがもとオリ戦士ですが、最近までオリックだったみたいなやつが増えてきたということです。G-光尊とか一軍打撃コーチになりましたもんね。

こうなるとオリック自体にもとオリパゥワーが充満してくるのかもしれません。これがオリックを強くするのか、他球団のもとオリ戦士を強くするのか、研究が必要ですね。あつまる!種いもピーポー!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!potato!えっびっばーっでぃっ!

計20ペナルティ NFL2019 week5 GB@DAL

日本が史上初8強入り。すごい試合でした。マイク松ですこんにちは。スコットランドめちゃ強かった。まさに死闘という感じで、試合見ていてこのスポーツ尋常じゃないなと我に返りました。台風の被害に言及する選手もいて、意識高いです。スポーツはそうでないと。

今日はこの試合の前に録画していたNFL、week5, GB@DALをみました。

・week5, GB@DAL。実況は、解説は大橋さん
・前半はとにかくGBペース
・いきなりDALのパスがとれなかったところをINTして、返しのオフェンスでRBアーロン・ジョーンズがTDラン、ジョーンズカットバックがいいRBですね
・その後もGBはジョーンズのTDラン、DALはINTされたりサックされたりパントだったりFGミスだったりと散々、GBディフェンスのWスミスがいい活躍
・このままひどいことになるのではと思わせました
・しかしさすがにこのままで終わらないDAL、FGからTDの取り合いになります
・DALはプレスコットのQBランで流れをつかみ、ギャロップにTDパスを通します、そのあとはエリオットのTDランも出ていつものDALぽく
・しかしどうもプレーが落ち着かず、変なタイミングでスナップしたりINTされたり(反則でノープレイ)大変そうでした
・ただGBもオフェンスが止められて流れを手放した感じでしたが、INTで息を吹き返し、FGを決めて突き放します
・もうこれで安心と思ったら、3プレイでDALがクーパーのTDパスに結びつけ、まだまだ終わってないという感じ
・DALはなんとか1TD差にするため、FGを蹴りに行きますが、一度フォルススタートで蹴り直しになったあと、33ydsFGをはずしてしまいました、これでGBはニーダウンして試合終了、GB 34-24 DAL

・DALがミスが多すぎました
・GBはロジャースが22/34、TDパスはなかったけどよくゲームを作りました
・ランはジョーンズが19att,107yds,4TDと大活躍、パスキャッチでも7rec, 75ydsでした、ええの入ったんですね
・レシーブはいろんな人が頑張ってる様子、みんなロジャースを支えるのじゃ
・この試合は20ペナルティあったのですが、GBも大事なところで9ペナルティやってて78yds下がってます、気をつけよう
・ディフェンスは3sck,3INTといいプレッシャーをかけてました、ディフェンスでも流れを引き寄せましたね

・DALはプレスコットが27/44,463yds,2TDも3INT、反則がなかったらあと2INTくらい増えてました、何があったんじゃ
・エリオットは12att,62yds,1TD、もうちょっといけたかも、レシーブはクーパーが11rec,226yds,1TDと大暴れもINTにつながるのもありました、ギャロップも7rec,113yds
・しかし反則が11ペナルティ、124yds下がってますからね、これはあかん
・ディフェンスは2sckありましたが、ランでずいぶんやられてしまいましたね

オリのかけらを探しに行こう作戦のご提案

ヤマモトがミヤザキに感謝。いい話ですがミヤザキはまだチームに必要だったような気がするんですよね…。マイク松ですこんにちは。

さて、記事を書くために最もアクセスが少ないと思われる種いも球団オリックの記事を探してみたのですが、Tさんは残留するようですね。生涯オリ宣言とかいってますが、これでトレードしたらおもしろいんですが…。

ニシムラカントクも2年目。全てが課題といってます。ニシムラカントクは間違ったことはいわないのですが、本当のことしかいわないので、盛り上がりにはなりませんよね。

当サイトで未知のエネルギーとして取り扱っているもとオリパゥワー。今は他球団に利用されてばかりなのですが、ここにきてオリック自身も、もとオリパゥワーを活用することを模索しているようです。

オリ、小谷野氏招へいへ 今季楽天打撃コーチでAクラス進出に貢献

実はもとオリ戦士のコヤノさん。お世話になりました。今年はラクテンのコーチになり、実はチームを強くしてるんですね。しかしヒライシカントクが辞任するということで自身もおやめになったそう。お仕事がないならきてほしいです。

というかもとオリ戦士のコヤノさんをコーチとして招聘すると、コヤノさんはもとオリ戦士だったオリック民ということになります。もちろん阪急時代も入れればたくさんのもとオリ戦士だったオリック民はできているわけですが、当サイトとしてはもとオリパゥワーの探究に向けて、コヤノさんを活用したいところです。

あれです、オリのかけらを探しに行こう作戦です。出て行ったり放逐したりしたもとオリ戦士を集めるのです。当サイトでは以前なぜかヨシダを9人集めるというオリック九吉田伝を提唱したことがありました。この記事でもいっていますが、ヨシダを9人集める理由がないのです。ただおもしろそうだから、くらいです。でももとオリのかけらを集める理由はある。もとオリパゥワーを集めるのです。

もうこうなったらオービキさんも集めるし、冷温停止されておられるサカグチさんも呼び戻しましょう。イトーヒカルも偽書疑心の計で呼び戻しましょう(だまして連れてくるともいう)。さっきのミヤザキもなんかで呼び戻しましょう。ぶらぶらしているもとオリも集めましょう。

この世に負けのはびこるとき、8人のもとオリ戦士が集まるでしょう…

こっちの方がもとオリパゥワーという面では合理性がありますよね。畑のすみの方にころがっている小いもを集めるように、集めよう!もとオリ戦士!

オリのかけらを探しに行こう Again (もとねた 歌詞)

今宵 オリのかけらを探しに行こう
ドームはもう屋根が動かない
勝ち忘れたことがあったから
もう一度 向い合せで野球しよう

初めてのシーズンみたいね こんなに負けが込んでる
夜空と街灯り輝いて最下位になる
宇宙ユニフォームが目印 勝ち上がりそうになっても
抱きしめて 両手で この順位で待ってる

きっと 遠すぎて 遠すぎて
少しずつ見えなくなった
だけど今 素直に呼べる気がする

みんな オリのチームをくぐりぬけて
他チームの波間に揺られてる
話し足りないことがあったから
もう一度 向い合せで野球しよう

NFL2019 week5 NE@WAS

台風きてますね。こっちも大変ですが、みなさんお気をつけて。マイク松ですこんにちは。

土曜日なのもあって今日はずっと家にいました。今週は忙しかったので、こちらも追いつきたいと思います。NFLのweek5、NE@WASをみました。

week5, NE@WAS。

WASオフェンス、最初はパス通ったのですがそのあとはランもパスも守られてパント。

NEオフェンス。最初に1stダウンとったのですが、ブレイディさんへのプレッシャーがきつい。パント。

WASオフェンス。ジェットスイープからシムズがそのままエンドゾーンに走りきりました!これは意外!WAS先制です!

NEオフェンス。山なりのパスでTE勢にパスを通していきます。また新しいTEが出てきてるな。グロンカウスキーさんの穴はみんなで埋める。ミシェルへのパスでエンドゾーン前にきて、最後はエデルマンに通してTD!追いつきました。と思ったらxpはずした。

WASオフェンス。プレッシャーがかかって全然オフェンスにならない。パント。

NEオフェンス。今度はWR勢を使って前進。いやいろんな人かな。反則で下がって4thダウンギャンブルにいくも、ランを止められました。WASのディフェンスがんばってる。

WASオフェンス。マッコイもいろんな手を使って進めてる。がんばってますね。しかしブーツレッグを読まれてパント。

NEオフェンス。ランとショートパスで攻めていたらどーんとパスを投げてパスインターフェアとられた。WASもチャレンジするが覆らず。そのあとは止められてFG止まり。

WASオフェンス。OLが全然プレッシャーを止められない。いつもマッコイが追い回されてる。パント。

NEオフェンス。エデルマンがサイドライン際でシュアなキャッチ。サックされてだいぶ下がってしまい、次もパスは通ったが届かずパント。

WASオフェンス。いきなりレシーバーがファンブルロストしてしまいました。

NEオフェンスはもうエンドゾーン前。しかしプレッシャーを受けて投げたパスをWASがインターセプトしました!これはすばらしい!

WASオフェンス。フォルススタートしたWRマクローリンがいいキャッチ。しかし反則しまくってあっという間に戻ってきました。反則なんとかせんと。パント。

NEオフェンス。ブレイディさんが走ったりしましたが、ホールディングで下げられてパント。前半はオフェンスうまくいかないですねー。

WASオフェンス。いきなりパスをマコーティがINT!ぎゃー。

NEオフェンスはまたエンドゾーン前。しかしプレッシャーで投げられず、なんとかFGはとりました。

WASオフェンス。このまま前半終了、NE 12-7 WAS。

後半、NEオフェンス。ホワイトへのロングパスが通りました。ランもでてる。アジャストが効いてるのかな。そしたら長髪のFBにパスが通ってTD!こうきましたかー。

WASオフェンス。進みはするんですがあいかわらず反則は多いですね。パント。

NEオフェンス。エデルマンへのパスで危険地帯脱出。ミシェルのランも大きく出ました。アジャスト力ですねー。エデルマンを軸に攻めて、ミシェルがそのままエンドゾーンまでディフェンスをかわしてTD!徐々に離してきましたね。

WASオフェンス。トンプソンのランがでます。しかしそこからは進まずパント。うーん。

NEオフェンス。いつもそうですが、今回は投げ分けてきてます。しかしサックされてパント。

WASオフェンス。どーんとサックされました。スクリーンを狙うもキャッチの瞬間どーんとタックル。パント。

NEオフェンス。ランで時間を使いに行きます。またよくオフェンスが続く。ショートパスもまじえて前進。最後はイゾーにTDパス。なんやかんやで勝つ。

WASオフェンス。マッコイもなんとかスクランブルで1stダウンとってますね。しかし激しくサックされてパント。

NEオフェンス。時間を使います。パント。

WASオフェンス。いろいろやってますがなかなかヤードがとれない。反則のせい。パント。

NEオフェンス。時間を使ってパント。

WASオフェンス。いろいろやってるんですが、どうもNEディフェンスにやることなすこと読まれてる感じ。ええ感じで時間を使わされて試合終了。NE 33-7 WAS。

NEはブレイディさんが28/42, 348yds, 3TD,1INT。NEにしてはブレイディさんが4sckされてしまいましたが、ちゃんと前半のいまいちなのをアジャストしてきました。ランはミシェルが16att, 91yds,1TD。ホワイトもいい活躍してました。レシーブはやっぱりエデルマンが1TDとってましたが、ホワイト、ミシェルに加えてFBボールデンも1TDとってました。ディフェンスはよくプレッシャーかけてました。6sck, 1INTはさすがです。

WASはマッコイが18/27, 122yds, 1INT。うーん。みたところマッコイはとてもよくがんばっていたのですが、プレッシャーは全然おさまらないし、反則は多いし、がんばりが報われてなかったです。ランはトータルではよく出てますが、唯一のTDだったシムズのジェットスイープが含まれているので、純粋なランはもうちょっとがんばらないと。レシーブはヤードが足りない。ディフェンスは4sck, 1INTかましていい出だしだったのですが、後半はだいぶやられました。ブレイディさんにプレッシャーはかかっていたので悪くはない。とにかくペナルティが多い印象。個数はNEの方が実は多いんですが、ヤードはだいぶ多く下がってました。

なんというマエダ

でかいでかい台風がやってきているのですが、明日のバイトはなくなりそうにないマイク松ですこんにちは。台風の中出かけるのはいやですが、かといってバイトがなくなるのもいやですよね。

さて、ラグビーワールドカップに加えて、プロ野球はプレーオフ、Jリーグも予定通りなどなど、今はスポーツイベント花盛りです。

NHKのBS1はそれでなくてもいろんな番組があるのですが、ラグビーに人をとられて大変そう。大忙しです。ということでいろんな人がかり出されていておもしろいです。

今日はMLB、NLリーグ優勝決定シリーズ、WAS@LADの第5戦が放送されていて、いつもは相撲の吉田さんもかり出されていました。そりゃそうですよね。基本的にはなんでもできるはずなのです。

しかしなんとなく相撲の感じが出てしまうのは仕方ないところ。今日はLADのピンチにPOではリリーフを担当しているマエケンさんが登場。3者三振で向こうの流れを断ち切りました。このすばらしい活躍に吉田さん。

「なんというマエダ」

相撲をごらんの皆様なら、これは「強い魁皇」とか「ここで出た伝家の宝刀内無双」とか「まったく問題にしない白鵬」とか「コトミツキ」とかと同じニュアンスだなとすぐわかってしまうのです。この試合も両チームの死闘をエンターテインメントとしてしっかり実況していました。さすが吉田さんでした。

嶋はさすがに飛ばしでしょ

風邪を引いてなかなか治りません、富井です。

さて、サンスポによるとオリックは楽天の嶋を獲得調査しているらしいです。ハイハイ、飛ばし、飛ばし。飛ばし乙!

だってあれですよ。去年、ゴールデンバッテリーに輝いた伊藤光をベイスターズの高城と交換した上に中日からも松井雅をもらったあげくに高城を戦力外ですよ。これ以上捕手をどうしようというんですか。問題は捕手じゃないんです。バッテリーコーチなんです。リードをあげつらう首脳陣なんです。リードより打撃を重視しない首脳陣なんですってば。そもそも日高を干したぐらいからオリックはおかしいのです(もう10年以上前の話だ・・・)

まったく、まったく。。。
さすがに嶋はないと思いますが、そのことよりも若月を正捕手候補とか書くのやめて下さい。

白鵬、ぶつかり稽古をいやといわれる

虎丸名人位獲得!おめでとう虎丸!さすがオレたちの虎丸や。10代での名人位獲得も驚きですが、わりと話せるようになってるのがさらなる驚きだったマイク松ですこんにちは。これからもがんばれ。

さて、大相撲は現在秋巡業ですが、おもしろいエピソードがあったようですね。

白鵬苦言「強くなりたいのか」異例ぶつかり拒否受け

白鵬が地元出身の豊山に胸を貸していて、「もういっしょ!」と要求したら豊山はギブアップしたそうです。「イヤですと言われたのは初めてだった。思わず笑ってしまったよ」とのこと。

まあ普通は横綱が胸を貸してくれてるんですから、横綱がいいというまで続けないといけませんよね。それでなくても白鵬は地元力士を鍛えて会場を盛り上げようとしていたらしいので。がんばれ豊山。あとで白鵬は豊山に「強くなりたくないのか?」と声を掛けると「強くなりたいです」と返ってきたそうです。このあたりプロレスっぽくていいですね。

でも横綱、よく考えてください。「強くなりたくないのか?」と声を掛けて「強くなりたいです」と返ってきたというのは素敵なことです。ご存じかわかりませんが、種いも球団オリックという球団があります。彼らに「強くなりたくないのか?」と声を掛けると「どうやったら強くなれますかね?」と返ってくると思います。彼らも強くなりたくないわけではないのですが、やり方がわからないのです。そこで「そりゃ四股と鉄砲と…」などと口ごもったりするとがっかりするでしょう。

こちらもご存じかわかりませんが、NFLにマイアミ・ドルフィンズ、通称いるかというチームがいます。いるかに「強くなりたくないのか?」と声を掛けると「ブレイディさんを毒殺するしかないです」と返ってくると思います。横綱と同じくむちゃくちゃ強いチームがいて、いつまでたっても勝てないばかりか、自分たちは一進一退を続けています。そこで「ブレイディさんも毎日四股と鉄砲を…」などと口ごもったりするとがっかりするでしょう。

豊山はとりあえず四股と鉄砲を続ければ強くなる素質をもっています。やり方もわかってるのです。これから若い世代はそういう感じの力士が出てくるかもしれませんが、黙って転がすか、苦笑いで見守ってあげてください。よろしくお願いいたします。

ファンブル祭 NFL2019 week4 KC@DET

富井がかぜをひきました。そういうこともあります。マイク松ですこんにちは。

今日はNFL、KC@DETなのですが、この試合をみたのがよくなかったのかなと思います。

・week4、KC@DET
・ここまで無敗のKC、DETは軽く蹴散らすんじゃないかという予想でしたが
・いきなりDETがFG成功、KCは失敗、DETはTD、KCはFG止まり、どういうことや
・2QにやっとマッコイのランでゲインしてマッコイのTDランが決まるのですが、前半は同点でした、細かいミスが多すぎる
・後半3Q始まって、ファンブル、ファンブル、ファンブル、ファンブル、FG、ファンブルというさらに荒れた展開、おつきあいしすぎですよ
・先にTDとったのはDETで、パスTDを決めるのですが、KCもウィリアムズがTDラン、追いすがります
・4QもTD取り合って、なんとかKCが逃げ切りました、ぐだぐだと

・勝つには勝ちましたが
・KCはマホームズが24/42,315ydsもなんとTDパスなし、めずらしい
・ランは全部で123ydsですが、マッコイが1TD、ウィリアムズが2TDと、ランでとってます、レシーブはいつものようにケルシーさんなどみんながんばっているんですが
・やっぱりファンブルロスト3つがやばすぎる、反則も7回51yds罰退
・ディフェンスはランでかなりやられました、4sck,2FFは効いた

・DETはスタッフォードが21/34,291yds,3TD、しっかりリードしてますね、今シーズンはがんばってる
・ランはトータル186yds、TDはないですがランで勝ってます、レシーブはいろんな人、ゴラデイとやらが2TD
・でもファンブルロスト2つ、反則8回罰退48ydsがきつい
・ディフェンスはパスで進まれたけど、ランは止めてる、サックがほしい

・KCだいじょうぶなのか、心配になって富井はかぜひいたのかも

NFL2019 week4 CLE@BAL

ラグビーばかりみていて記事がなかなか進まないマイク松ですこんにちは。さすがに記事が書けるほど詳しくないので。おもしろい名前の選手がいるとかそういうのしか書けそうにありません。

ラグビーもおもしろいですが、フットボールもおもしろいです。やっと注目の試合をみたいと思います。CLE@BALです。

・week4, CLE@BAL。実況は厚井さん、解説は生沢さん。
・メイフィールドとジャクソン、2018ドラ1同士の対決ということで注目されていました
・序盤は両チームともディフェンスがよくて進みませんでしたが、CLEが最初にTDとります、反則で苦労しながら最後はシールスジョーンズにTDパス
・しばらくパントパントになりますが、メイフィールドがいいところでINTされ、それをいかしてBALがTD、ジャクソンがボイキンにTDパスを通しました
・CLEは流れをつかめず、なんとかFTを入れて前半はなんとかリードして終了
・そういえばベッカムがフリーフリッカーからロングパスを投げて、惜しくも通らなかったのですが、めちゃくちゃいいパスで才能感じました
・後半になるとジャクソンのランを使い始めて、BALがFGで追いつきます
・CLEはシールスジョーンズにロングパスを通して前進し、チャブがTDランを決めました、チャブのランがドライブを進めています
・BALは普通にもりもり進めていたのですが、イングラム(NOより移籍)がファンブルロスト!助かります、イングラムは意外にボールセキュリティ高くない
・返しのオフェンスでまたチャブのTDラン、引き離しにかかります、いいぞ
・しかしBALもパスで攻めて最後はアンドリュースにTDパスを通します、ジャクソンってほんとにパスよくなったんですね
・これはまずいと思った矢先、チャブが88ydsTDラン!チャブさ~ん!!一気にいきましたね
・BALはその後は4thダウンギャンブルで誰もいないところにパスを投げたり、2つINT決められたりとうまくいきませんでした
・CLEはとどめにヒラードがTDランを決めて勝負あり、ジャクソンは終了間際に50ydsTDパスを決めますが反撃はここまで、CLE 40-25 BAL

・CLE勝ちましたー!そしてこの時点で地区首位!テレビ画面を保存しておいてください
・CLEはメイフィールドが20/30, 342yds,1TD,1INT、試合作りましたよ
・ランはトータル193yds、4TDの活躍、ランゲームで試合作れました、ハントが合流するまではなんとかチャブさんを中心にいきたい
・レシーブは途中まではランドリーが大活躍、シールスジョーンズも活躍してくれてます
・ディフェンスはヤードはとられましたが、4sck,2INT,1FFで流れをもってきてくれました、これは助かる、けがをしてるDBが戻ってきたらもっとよくなるかも

・BALはジャクソンが24/34, 247yds,3TD,2INT、もちろん9att,66ydsもついてていい活躍してるんですけどね、4sckを受けてました
・ランはイングラムが12att,71ydsも1ファンブルロスト、あれが流れを変えた感じです、レシーブはいろんな人ががんばっててパスゲームはうまくいってた
・ディフェンスは1sck,1INTも意外にミスタックルが多くて助かりました

・うそじゃないですよ、CLE今の時点で地区首位!

タカジョー戦力外事案を何にたとえればよいのか

ペットボトルを落としたら、穴が開いてぴゅーって飲み物が出ていました。今のペットボトルって薄くなってるんだなと思ったマイク松ですこんにちは。ぷりぷりしますよね。

さて、今富井がぷりぷり怒っていることが2つあります。1つはなんだか時代錯誤な贈賄事件、もう1つはオリックの戦力外です。

みんなよくがんばってくれたと思いたいですが、その中にタカジョーが入っているのが問題です。現役続行希望らしいのでがんばってほしいのですが、ちょっとまってくださいと。彼はイトーヒカルとのトレードでやってきたと思うのですが、イトーヒカルが横浜で先発捕手なのに、タカジョーは戦力外です。どういうことなんでしょうか。そりゃぷりぷりしますよね。

ということで、この事案を何かにたとえたいのです。どういうたとえ話がふさわしいか考えながら、この事案の謎を考えてみましょう。

富井:これって詐欺事件じゃないのか?通報しないと!
松:まあ待って下さい。タカジョーだってがんばったかもしれないじゃないですか。
富井:オリックは基本いい捕手が足りないんだよ。そんな中でイトーヒカルを出すことになり、代わりにとっていたのがタカジョーだったのに。もう戦力外ってある?
松:確かにイトーヒカルは球団ともめてたかもしれませんが、ヘルシーではありましたからね。タカジョーも26歳なのに。どういうことなんでしょうか。
富井:タカジョーだと思ってもらったけど、実はタカジョーじゃなかったということなんかな?
松:贋作ですね。フジタの「贋作ですよ!」ですね。いったい誰なんでしょうか。タカジョーじゃないとしたら。
富井:巧妙に用意された贋作なんだよ。球界のファン・メーレヘンだよ!
松:そっち用意する方が高くつきそうですよ。クローンタカジョーとか。
富井:とにかく!この事件をうまくたとえて記憶にとどめないと。何がいいかな?
松:不平等な約定といえば日米和親条約ですね。オリベイ和親条約
富井:不平等だよなー。かたや先発捕手、こなた戦力外。なんかオリックは横浜に借りでもあったのかな?
松:借金ならいっぱいありましたけどね!
富井:そういうんじゃないんだよ。ほかにたとえ話は?
松:オリックは捕手で困っていたわけで、そこにタカジョーをもらったわけですから、敵にタカジョーを贈るってことですかね。塩みたいに
富井:本当にしょっぱいものをってことか!そういうことじゃないよ!普通のおいしいのをくれよ!
松:結局中日からマツイをもらってるわけですからね。フシミの骨折があったとはいえ、もうその時点でタカジョーはしょっぱかったということですかね。
富井:あるいはもらった時点で価値がなくなるみたいな。バンクシーの絵みたいな芸術作品だったのかなタカジョーは?
松:すごいですね!もはやオリックのトレードは現代美術になるんですね。風刺だ。誰か13億円で買い取ってほしい。
富井:つらい…。ほかにないのかたとえ話?
松:もらったもらったと思ったら一瞬でなくなるみたいなの…仮想通貨みたいな話ですかね?
富井:どこで引き出されちゃったんだろう。でも同じ引き出すなら他の選手の方がいいような気がするよ。
松:じゃあタカジョーは埋伏だったってことですかね?だとしたら立派につとめを果たしてますよね。
富井:何の恨みがあるんだオリックに!?あんなに弱いのに!めちゃめちゃ無害だよ?そもそも別リーグだし。
松:これは何かの陰謀があるのかもしれませんね…。
富井:もっとみんな無害なオリックにやさしくなってほしい。他にない?
松:物々交換でいえばさるかに合戦とかどうですかね。ちなみにこの皆川さんのプレゼンがめちゃくちゃおもしろいです。
富井:早く芽を出せタカジョー、出さぬとはさみでちょん切るぞ!ということか。
松:芽を出すどころか発芽しませんでしたね。あ!わかった!!タカジョーもベイでは種いもだったということか!
富井:そうかそうか納得!種いも球団だからうちには種いもがぴったり。横浜さん、イトーヒカルあげますから誰かいませんか種いも?
松:それならタカジョーという選手がいるんです、うちでもとびっきりの立派な種いもですよ!
富井:そうですか!それならいただきます!よーしこれでまた種いも球団としての地位を確固たるものにできたよってあほー!!!!
松:壮大なのりつっこみでしたね…。
富井:もう全力だよ!ぜいぜいいいながらがんばってのり部分やったよ!
松:ですよね…。種いもコレクションなら、わざわざ主力と交換しなくても、金銭とかでいいんですもんね…。
富井:現代の不条理だなこれは。そりゃお菓子の下に金製品を入れて渡す人もいるわ。
松:わかりやすい悪よりも謎が多いですもんね…。

ということでこの事案は誤ったさるかに合戦ということにしようということになりました。さるもかにも等価交換の基本がわかっているのに…。

CSの注目はもとオリ戦士対決ですよね

健康診断が近づいているので体重を落としているマイク松ですこんにちは。すぐ戻しては意味がないのはわかってます。

さて、3位以内に入ることに意味があるクライマックスシリーズがもうすぐ始まります。ちょっとスポーツいっぺんにやり過ぎじゃないです?

なぜかパ・リーグはNHKで全部やるのに、セ・リーグは1試合もやらないみたいですね。やっぱりメディア企業がついてるからかなあ。そんな1試合もNHKでやらない横浜×ハンシンは、注目の対決があります。そう!もとオリ戦士対決です!ニシユーキとイトーヒカルの対決。今ニシを変換したら煮死って出たんですけど、そんな変換したことないわ。どうなってんねん。

ともかく黄泉瓜以外の2チームにもとオリ戦士が入ってるということは、やはりもとオリパゥワーの存在を強く意識させますよね。軽減税率のわからなさを痛感しますよね。(関係ない)

両者の激突が楽しみです。そのとき凶世羅ドームで何が起こるのか。むしろ試合外の出来事に注目したいです。

バレット3兄弟が全員先発&全員トライ

他にフルマラソンが98回目の人はいない。すごいです。オリンピック出てほしいなあ。マイク松ですこんにちは。川内好きなんですよね。

さて、ラグビーワールドカップみているのですが、ルールを覚える上で反則は大事ですよね。フットボールも数多くの反則があって、それさえわかればルールはラグビーよりシンプルなのでいいのですが、ラグビーもいろいろあっておもしろいです。ショルダータックルはだめなんだ。防具がないですからね。

そんなワールドカップで、ニュージーランド代表のバレット3兄弟が同時に先発。そして全員がトライゲットしました。これはすごい。3兄弟がワールドカップでそろって先発で出ることがすでにめちゃくちゃ珍しいのに。ちゃんととらせてくれた感じです。

どのくらい珍しいか、他の例で考えてみました。たとえば種いも球団オリックなら、種いも3兄弟、シュンタ、ニシノ、コジマがそろって先発し、全員が打点をあげる、みたいな感じです。難しい~!珍しい~!!

角界の摂理3兄弟といえば、ミッキー兄さん、キセさん、オッキー兄さんですが(当サイト認定)、3人がそろって幕内上位に顔をそろえ、全員がウッパッピー(内無双)で勝つという感じです。みてみたい~!でも1人引退、1人トゥイホーされてる~!!

軽減税率が難しいのでスポーツに取り入れよう

菓子折底に金貨。時代劇みたいだという声ごもっともですが、実際これを時代劇の中で考え出した人はイノベーターだなあと思うマイク松ですこんにちは。賄賂はもっとしゃれた感じで渡した方がいいだろうと思ったんですよね。少なくなった今の時代劇はわりと直接小判を渡すことの方が多い印象ですが。悪のイメージを植え付ける演出。僕なら菓子折の下に別のお菓子を敷き詰めますね。ハッピーターンとか。

さて、消費税が10%になったのですが、富井がぷりぷりしながらやってきました。消費税が2%上がったにもかかわらず、キャッシュレスで払うと少し割引になる、これって何がなんだかわからんよ!というのです。確かにあまぞんでも注文するとちょびっと安くなってましたが、そのからくりはいまいちわかりません。

それよりも超難しいのは軽減税率。適用の条件がわかりません。ちょっとでも軽減税率を勉強しようと、クイズでおぼえる軽減税率をやってみたのですが、さっぱりわかりませんでした。これって誰がわかるんでしょうか。みんなわかってるのかなあ。

もやもやしながら寝ていたら、これは新しいスポーツにしたらいいんじゃないかと思いました。まずはeスポーツ。難しい問題をお互いに出し合うのです。さっきのクイズでいうと、「テーマパークの売店でハンバーガーを買います。店から離れたベンチで食べた場合、軽減税率の対象?」みたいな。

あとはバイアスロンですね。今のバイアスロンはクロスカントリーと射撃ですが、射撃で1つはずすと、ペナルティループを1周しなければなりません。それと同じで、軽減税率クイズにとりかかって、1つ間違えたらペナルティループ1周です。もうペナルティループ大混雑なところが目に浮かびます。

クロスカントリーと軽減税率のバイアスロン。トライアスロンなら、スイム、軽減税率、ランですね。軽減税率オリンピックや!