Archive for 27th 11月 2019

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 中国大会(4):男子シングルFS

中国大会にも出ている田中刑事さんですが、FSの曲は映画「シャーロック・ホームズ」のサントラです。どうせならBBC制作の「メグレ警部」か「刑事コロンボ」のテーマでやって欲しいなと思う富井です。シャーロック・ホームズって、探偵ですよ。いいんですか、それで。解説は佐野さん(久しぶり!)実況は山崎さん。

台湾のソウ・シイ。「朝日のあたる家」ほか。3Aは転倒。3A+2Tはコンビネーションになりました。3Lzも手をついてしまいました。キャメルスピンはちょっとスピードがないかな。ステップシークエンスももう少しスピードが欲しいところです。3S+3Tは成功。3F+2T+2LoもOK。フライングシットスピンは少し短いような。コレオシークエンスのあとの3Loは着氷が乱れました。3Fは着氷をこらえました。コンビネーションスピンはレベルをとれたようです。186.82

カナダのコンラッド・オーゼル。「レ・ミゼラブル」ほか。3Lzになってしまいましたが4回転の予定でした。3LoはOK。4Tは何とか着氷。4T+2Tは間にターンが入りましたがコンビネーションにしてきました。シットスピンは回転がゆっくり。続くジャンプは2Aになってしまいましたが次のアクセルは3Aに。しかし転倒。3Lz+1Eu+2Tはちょっともったいない。キャメルスピンは大きい。ステップシークエンスはまずまず。コンビネーションスピンは回転も速いしいいですね。192.60

韓国のチャ・ジュナン。「the fire within」4Tはいいジャンプ。4Sはステップアウトで3Lz+3Tもステップアウト。キャメルスピンはポジションがきれい。ステップシークエンスもややゆっくり。ちょっと不思議な間がありましたが大丈夫かな。3A+2Tは成功。単独の3Aも成功。3F+1Eu+3Sも成功。コレオシークエンスも美しいイナバウアー3Loも成功。シットスピンもOK。コンビネーションスピンも曲によく合ってます。フリーは実力を発揮できました。222.86

ロシアのアンドレイ・ラズキン。イル・ディーヴォ「アランフェス協奏曲」。大きな4Lzでしたが手をついてしまいました。もったいない。4Tも転倒。3Aは成功。スピードのあるキャメルスピン。4Tは着氷でブレーキがかかってしまいました。ステップシークエンスは上手。もっと点が出そうなのにいろいろ惜しい。3F+1Eu+3Sは流れのあるジャンプ。3Lz+2TもOK。コレオシークエンスのあと3Fは成功。コンビネーションスピンもポジションがきれい。シットスピンもおもしろい。もっとジャンプがきちんと入るとかなり上位に入りそうなポテンシャルは感じるのですが。210.01

オーストラリアのブレンダン・ケリー。映画「シャーロック・ホームズ」より。4Tは見事な着氷。しかし次が2Sになってしまいました。3A+2Tは単独の予定がコンビネーションジャンプに。キャメルスピンは姿勢がいい。ステップシークエンスは丁寧でいいですね。3Loもきれい。不思議なマイムの後1Aになってしまいました。3Aは成功。3Lz+1Eu+3SもOK。ステップシークエンスは腕をぐるぐる回して何かを表現。コンビネーションスピンもユニーク。シットスピンも味がある。220.31

田中刑事。映画「シャーロック・ホームズ」より。まさかのシャーロック・ホームズ2連発。4S+2Tは成功。大きなジャンプ。3Sも本来は4Sだったようです。3A+3Tもいいジャンプ。コレオシークエンスは明智小五郎っぽい。キャメルスピンは美しい。3Fも成功。4Tはステップアウト。ここまでいい感じにきてただけにもったいない。シットスピンも回転が速い。1Aになってしまいました。残念。3Lz+1Eu+3Sはいい。コンビネーションスピンの回転もいい。ステップシークエンスが始まるタイミングが絶妙。怪しいポーズでフィニッシュ。233.62

アメリカのカムデン・プルキネン。「ラスト・エンペラー」。眉毛の角度がすごい。3Loは成功しましたが4回転の予定だったようです。3Aは転倒してしまいました。次も2Loに。3Lz+1Eu+3Sは着氷がもう一つ。コンビネーションスピンはいい。ステップシークエンスはなかなかすてき。3A+2Tはプルキネンらしい高さのあるジャンプ。3LzもOK。3F+2Tも成功。コンビネーションスピンの後、シットスピンは両方とも速い。218.67

カナダのキーガン・メッシング。ガンズ・アンド・ローゼズ「november rain」。3Lzは本来4Lzの予定だったそうです。4Tは手をつきましたが着氷。スケーティングにスピードがあります。3A+2Tも大きい。シットスピンも回転が素晴らしい。めちゃくちゃ加点がつきました。3Loも幅のあるジャンプ。4T+2Tは最初のジャンプで手をついてしまいました。素晴らしいイーグルの後3S+3Tも幅がある。3Aは転倒。残念。ステップシークエンスは味わいがあります。その後のコレオシークエンスは最高に盛り上がりました。コンビネーションスピンも素晴らしいスピード。足換えのコンビネーションスピンもシットポジションがいい237.36。

中国の張鶴。「Skin」ほか。3Aはステップアウト。次の3A+3Tは素晴らしいジャンプ。3Lzも成功。3Loは真上に飛び上がったみたいになりました。キャメルスピンはまずまず。コレオシークエンスはインパクトがなかったな。3Fも成功。3Lz+2TもOK。2A+1Eu+2Sはあまり得点にならないような・・・。シットスピンもまずまず。ステップシークエンスはやや疲れた感じ。コンビネーションスピンはポジションチェンジが豊富でいい。よくまとめました。2年前に最下位だったとは思えない出来。217.42

中国の金博洋。「the Path of Silence」より。大きな4Lz。見事です。4T+2Tも成功。続いてのジャンプは2Tになってしまいましたが大収穫。3A+1Eu+3Sも美しい。コレオシークエンスの後キャメルスピンは背中が柔らかい。3Aもきれいなジャンプ。3Lz+3Tも成功。今日はジャンプがすごい。3Fも加点のつく素晴らしいジャンプ。ステップシークエンスも動きがいいです。シットスピンもOK。コンビネーションスピンも素晴らしかったのですが、最後のポーズでややバランスを崩してしまいました。あそこがきまればかっこよかったですが、ジャンプがすごく良かったですね。もうアーティスティックな面は捨ててこのジャンプを生かしたプログラムでいいですね。261.53

中国のハン・ヤン。もはや髭ダンディズムと呼びたい。映画「ララランド」より。ポケットに手を入れて滑るところから映画っぽい。3A+3Tは素晴らしい。3Lzも軽いタッチ。3F+2Tも見事。キャメルスピンもおもしろい。あのしけた歌によくあったコレオシークエンス。スケーティングに男の苦みがある。3Sも高さが素晴らしい。3Loはややステップアウト気味。3Lz+2Tももう一つですがジャンプは成功です。3Fは手をついたかな。シットスピンの回転も素晴らしい。ステップシークエンスは流れるようなスケーティング。ハン・ヤン独特のコンビネーションスピン。おおおぉぉぉぉぉ。良かった。こんなに盛り上がらない曲で盛り上がる!ハン・ヤン素敵。249.45

イタリアのマッテオ・リッツォ。「ガリシア・フラメンカ」ほか。振り付けはマッシモ・スカリ。3Loは成功。4Tも幅のあるジャンプ。3A+3Tも成功させました。3Lz+2Tも成功。キャメルスピンも軸がきれい。ステップシークエンスも足元が見事。上半身のフランメンコポーズも決まっています。3Aは転倒してしまいました。3F+1Eu+2SはOK。3Lzもいい。シットスピンはポジションが素晴らしい。コレオシークエンスもいいフットワーク。コンビネーションスピンも回転が速くて美しい。流れが良かったなあ。やっぱりリッツォは上手い。241.88

○最終順位(愛する餃子にちなんで)
1.金博洋焼き餃子
2.ハン・ヤン水餃子
3.リッツォ揚げ餃子
4.メッシング羽根つき餃子
5.刑事の餃子
6.チャ一口餃子

1位は金博洋。ジャンプが決まればあら素敵。もう誰かのまねなんかしないで。ジャンプが決まれば芸術点なんて気のせいです。金博洋らしい演技が見られて良かった。しかし、やっぱり2位のハン・ヤンを推したい。そうです、プログラムコンポーネンツなんて気のせいなのです。が、しかし。その蜃気楼みたいなものを愛するファンもいるのです。ポケットに手を突っ込んで滑るだけで「ララランド」の男のほろ苦い人生を感じました。華やかな音楽を使わなくても退屈しない滑りができる、それがハン・ヤン。四大陸を楽しみにして待ちます。

3位のリッツォもらしい演技で良かった。得点からすると3Aの転倒がとてつもなく痛かったですが、素晴らしさは伝わりました。4位のメッシングもスピンがすごかった。加点もついてましたね。内なるロックが伝わりました。願わくば衣装は黒じゃなくていいんじゃないですか。あれでは外見がロックスターじゃなくてファンだ。

5位の田中刑事は前より素敵になったなと思います。もっと外連味を強めてはいかが。6位のチャ・ジュナンも去年のがまぐれじゃないと思わせるFS。いったいSPは何だったのか・・・まあ、調子が悪いときもありますよね。