Archive for 12月 2019

第74回甲子園ボウル ファイターズ vs. ビッグベアーズ

いだてん終わりました。ドラマを見続けるのが苦手で離脱しましたが、富井は最後までみました。本当におもしろいドラマだったと思います。総集編があるらしいのでみてあげてください。

さて、今年も甲子園ボウルがあります。ファイターズは本当に今年は心配で、勝てるかどうか五分五分とみました。考えようではおもしろい甲子園ボウルになりそうです。

第74回甲子園ボウル、ファイターズ vs. ビッグベアーズ。実況は浅井さん、解説は米倉さん、リポートとインタビューは澤田さん。

KGオフェンス。3rd&ロングになりますが、阿部にロングパスを通してダウン更新。三宅のランで進みます。奥野のオプションも効いてる。次のパスは浮いてしまってFGトライ。奥野のパスは最初浮いてますね。結構長い距離でしたが安藤がしっかり決めました。KG先制。

WUオフェンス。最初はラン。難しいスクリーンをやってきましたがこれは不発。そこで柴崎がロングパスをWR小貫に通して1stダウン。次のダウンはパスがうまくいかず、パントになりました。

わかりやすくするために「4thダウンとは?」「2nd アンド ○とは?」みたいに説明が出て便利です。甲子園ボウルってフットボール入門としても最高ですよね。

KGオフェンス。鈴木に通します。パス浮かないようにしてね。横投げで1stダウン獲得。QBランも入れてきます。3rdダウンのパスは通りませんでしたが、とってるくさかったです。パント。

WUオフェンス。ワイルドキャットとスクリーンを読んでロスタックル。三村がいい読みです。3rdダウンロングでドローで1stダウン。RB荒巻がいい走り。KGもパスインターフェアで援護。止めて。DB松本がいいブリッツでロスタックル。WRブレナンがランアフターキャッチで1stダウン。KGディフェンスもミスタックル。確かにトリッキーなプレーをよく使ってますね。パスを通して残り2yds。QB吉村が突っ込んでTD!WU逆転しました!特にあっさりとられましたね。弱い。

KGオフェンス。前田のランで進んで、阿部のパスで1stダウン。今日はパスで散らしてくるんですかね。そして阿部にもう1つパス。三宅や齋藤のドローで進みます。今日はラッシュがくる前に投げたり渡したりしてしまおうという作戦。いいことです。ロングが残りましたが阿部に通してエンドゾーン前7yds。阿部に通してTD!今日は阿部とあってるみたいですね。

副音声のわかりやすいアメフトでは、「にわかファン大歓迎!」って書いてあります。誰もが最初はにわかファンです。でもメインの浅井さんもわかりやすくしてくれています。

WUオフェンス。フォルススタートもあってパントに。リターナーがファンブルしてあぶないところでした。なんとかリカバー。

KGオフェンス。三宅のランで進んでTE小林にパスで1stダウン。これはうまいコール。そして阿部にロングパスが通りました。今日はもう阿部阿部でいこう。今日は奥野は丁寧にターゲットを探していると米倉さん。ジェットスイープからまっすぐ三宅が上がるランでエンドゾーン前。QB中岡がブロッカーに入るおもしろいランプレーを出してきましたが、止められました。最後はやっぱり阿部に通してTD!オープンでしたねー。

WUオフェンス。またフォルススタート。気をつけて。KGディフェンス藤本はWU柴崎は落ち着いているのでプレッシャーをかけようといってるらしい。いいことです。すごい長く残りましたが、ロングパスがWR伊藤に通りました。ああいうのなんでとられるんだろう。時間がないところでしたが、ブレナンがすごいすごーいワイドオープンになっていて、TDパスを通しました。おかしいわ。そしてオンサイドキックにいきますが、キックオフアウトオブバウンズになりました。

KGオフェンスは40ydsから。サイドライン際のパスを2連発で通しました。こういうのはうまいですね。レッドゾーンにきますがここでフォルススタート。やめて。いいパスでTDとったようにみえましたが、ホールディングでノープレイ。つらい。めちゃくちゃ下がってます。そしてここでサック。そこからは少し進んで、FGで加点はしました。ださいですが加点はした。このまま前半終了、WU 14-20 KG。

後半、WUオフェンス。ランランをしっかり止めたのですが、サイドライン際のパスを通されました。あれをやられてしまう。次のダウンはワイルドキャットを止めてパント。ここでスペシャルプレーにいきましたが、しっかり警戒していたディフェンスが止めました。よしよし。

KGオフェンスは中央から。前田が一気に走ってTD!ちょっとWUがギャンブル失敗で気落ちしたところをしっかり突きましたね。米倉さんのいうようにちょっと浮き足立ってたかも。

WUオフェンス。ブレナンがビッグリターンで75yds戻してレッドゾーンに行きました!なんでこういうの許す。勢いに水を差しますよね。そしてエンドゾーン奥のパスをブレナンがスーパーキャッチ!TDとりました。ブレナンもすごいけどあのビッグリターンがなければ起こらないわけですからね。完全に勢いを取り戻しました。米倉さんも大味な試合になってきたと言い出しました。

KGオフェンス。WUのDLが押し始めて奥野が追いまくられてる。自分のランで1stダウン。ディレイとかしてます。しっかりして。阿部にパスを通して1stダウン。助かった。そしてTE小林にパスを通します。いろいろがんばっているのですが、ドローを読まれてFG。しかし45ydsFGをはずしてしまいました…。ちょっと手にかかりましたかね。

WUオフェンス。ブレナンにパスを通してランアフターキャッチで1stダウンとりました。ランパスで押されてる。柴崎も追われながらもTE高瀬に通して1stダウン。3rdダウンまではいけるのですがそこからのパスが通る。そしてブレナンに通してTD!xpとって逆転しました!あーあ。

KGオフェンス。さっきから全然ラン使わない。ロングパスも通らずパント。雰囲気悪。

WUオフェンス。ワイルドキャットで進んだあとパスにいきますが、ここはディフェンスがパスをディフレクト。パントに。

KGオフェンスはいいところから。三宅へのスクリーンで前進。セカンドエフォートが効きました。TE小林へのショベルパスが出た。これはうまい。ランが出てます。2年生RB前田のランが効いてる。1st&goalからQBランで前進、最後は鶴留から前田のダイブでTD!逆転しました。こういうランで最初からいけばよかったんや。2ptを狙って三宅へのヒッチパスから飛び込んで2pt成功。これはうまい。

WUオフェンス。ブレナンのリターンは今回はしっかりケアしました。そういうの大事。ランパス止めて3rd&10。やっぱりサックはできませんでしたが、惜しくも通らずパント。あぶなかった。

KGオフェンス。前田が第1列を抜けてロングゲイン!今日覚醒した感じですね。一気にレッドゾーン。三宅の粘り強いランで進んで、阿部にパスを通しましたが惜しくも通らず。FGになりました。安藤が今度は楽に成功。ちょっとホールド危なかったけど。

WUオフェンス。DLはOLを抜けるんですがどうも柴崎まで届かない。パスが通りました。ロングパスを狙ってます。3rdダウンでは裏をかいたランで1stダウン。米倉さんもKGのOLが全然届いてないとのこと。そうなんですよ。3rdダウンで止められてももちろんギャンブル。柴崎が走るかもしれないと思いましたが、ブレナンを松本がしっかりマークしていてギャンブル失敗。助かりました。

KGオフェンス。ランでもちろん時間を使います。そして1ydをしっかりとって1stダウン。時間を使って試合終了、WU 28-38 KG。

なんとか勝てました。ほんとにぎりぎりでした。実力は拮抗してました。よく勝てました。あちこちぎりぎりだったし、流れをつかんだかと思ったら手放して。最後までぎりぎりでした。

ライスボウルはきっとこてんこてんにやられると思いますが、鳥内監督は「おもろいことやります」といってました。おもろいことやってもらいましょう。それが楽しみ。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 ファイナル(4):女子シングルFS

職場の人たちに手料理を振る舞う機会があったマイク松ですこんにちは。以前富井に作ってあげて好評だったハッシュドビーフを作ったのですが、なにしろみんなすごいおなかすいてて、玉ねぎをいためるだけで「なんかめっちゃおいしそう!」とかいってました。もちろん好評でよかったです。

ファイナルは女子シングルFSです。そりゃ好評でしょうよ。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、女子シングルFS。実況は三上さん、解説は荒川姐さん。

アメリカのブレイディ・テネル。いきなりテネってきましたか。がんばれ。「ニュー・シネマ・パラダイス」。3Lzは踏切が明確できれいにテネったジャンプでした。2Aもテネったあと3Sも成功。イーグルからの2Aと堅実にテネってきます。レイバックスピンからステップ。優雅に世界観を表現。このテネり具合がアメリカらしいです。3Lz+3Tから後半。今日は安定感あります。ファイナルだけど。3F+2T+2Loをテネって3Lo。音楽の変化もうまく表現。コレオシークエンスもテネってます。コンビネーションスピン2連発でフィニッシュ。今日は最高レベルのテネりができましたね。212.18。

紀平梨花。「イン・ア・モーメント・オブ・グレートネス」ほか。4Sに挑みますが転倒。でもナイスチャレンジですよ。3A+2Tは成功。あのあとで決めましたか。3Fは手あげ。キャメルスピンをしっかり回ったあと、3Aをまた決めました。自分のものにできてますね。ステップはもっとエンジンかけていきたいところ。3F+3Tから後半。2A+1Eu+3Sという組み合わせ。いいですね。コンビネーションスピンもてきぱき。コレオシークエンスも力抜いてないです。手あげの3Loからレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技でした。今後につながりそうですね。216.47。

ロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ。上を狙っていこう。ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」より。4Fを決めてきました!回転のキレがありますね。加点もついてます。4Sはダブルになりました。うーん。4Lzも普通に成功。入り方にも工夫あったし。2A+3Tと難しさを感じさせない軽やかさ。コンビネーションスピンもてきぱき。コレオシークエンスはものすごいイーグルがでてます。あれはすごいな。4T+1Eu+3Sを入れてきてますよ。これが新型MSの実力か。4Tは転倒。三上さんとやらは新時代新時代うるさいですね。3Lz+3Tからキャメルスピン。そしてステップもがんばってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。堪能しました。新時代新時代うるさい。233.18。

ロシアのアンナ・シェルバコワ。「グノシエンヌ第1番」ほか。4Lz+3Tはすごい助走からどーんと成功。強いです。4Fに挑みますが転倒。コレオシークエンスもじっくりみせて、終わり際に2A。助走スピードが速い。4Lzは回ってたか。キャメルスピンもいいスピードです。そして衣装の色が変わって、ストラヴィンスキー「火の鳥」へ。おもしろい。3Lz+3Lo、3F+1Eu+3Sとビッグジャンプをどしどし。3Lzは手あげでジャンプおわり。コンビネーションスピンも音楽をうまく使ってますね。ステップは笑顔で滑ってますが難しいステップ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。すばらしい演技でした。すごい新型がまだいるとか信じられないですね。240.92。

ロシアのアリョーナ・コストルナヤ。期待したいですね。「ニュームーン/トワイライト・サーガ」ほか。3A+2Tはしっかり成功。もちこたえました。3Aは流れもよかった。2Aはステップの1つとして。スパイラルから3Loもエレメンツ感がない。コンビネーションスピンは表現力の一端をみせつけます。ステップは見事。しっかり世界観をつくってきます。3F+3Tはセカンドで手あげ。技術とスピード、そして表現力。3F+1Eu+3Sも決めました。つなぎの部分も丁寧です。3Lzでジャンプおわり。コンビネーションスピンのポジションも難しいな。コレオシークエンスのあとレイバックスピンでフィニッシュ。こりゃやりましたね。ほぼノーミスでした。247.59。世界最高得点だそうです。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。「フィーリング・ビギンズ」ほか。3Lz+3Loは着氷がちょっとよくなかった。2Aで手をつきました。まじか。3Sは成功。スパイラルからの2Aも決めました。キャメルスピンは難しいポジションもやってます。コレオシークエンスのスパイラルは大きな演技。3Lz+3Tは少し回転が足りなかったかも。3F+2T+2Loもテンポよくなかった。3Fでジャンプおわり。コンビネーションスピンからステップ。大きな演技です。メリハリもありますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。NHK杯のようにはいきませんでしたがしっかりがんばりました。205.23。うーんもうちょい出てもよかったのに。

○最終結果:(シン・ゴジラの矢口蘭堂のセリフ的に)
1. コストルナヤ、まるで進化だ
2. 10年先にもシェルバコワを残す方が重要だ
3. トゥルソワはどう動いても人事査定に影響はない
4. あきらめず、最後まで紀平を見捨てずにやろう
5. 戦後は続くよ、どこまでも。だからテネルんですか
6. ザギトワはまだまだやれる、そんな気がするよ

ロシアの新型MSが力を見せつける結果になりましたね。それぞれの良さがあっていいんですが、コストルナヤが1位なのはとてもよかったと思います。他の2人みたいにどしどし4回転があるわけではないですが、どうせそのうち身につけるし、そうなると表現力の差が出ますよね。とにかく長い選手になってほしいです。シェルバコワも技術はもちろん、衣装チェンジで楽しませるスピリッツはある。トゥルソワはさすがの大爆発。あれだけジャンプきたらすごいですよね。

紀平は4位。やはり上を狙ってどしどしきますね。次につながる演技になったし、課題もまだありそう。テネルはあんなに安定感あるいい演技なのに。ザギトワは惜しくも6位でしたがまだ大丈夫。シーズンは長いし、NHK杯の演技ができたらもっと上を狙えるでしょう。新型にはないものをもってるんやで。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 ファイナル(3):男子シングルFS

マイナーリーグのチーム名。われわれも腎臓ズから始まって球団名を考えたことがありましたが、ほんとにおもしろいですよね。なんでも球団名になる。そう、種いもでもね。

ファイナルは男子シングルFSです!

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、男子シングルFS。実況は振動さん、解説は織田信成将軍。

中国の金博洋。FSで盛り返そうぜ。「ザ・パス・オブ・サイレンス」より。4Lzは転倒。高かったです。4T+2Tは決まりましたがやや止まり気味。4T単独は手をつきました。うーん。3A+1Eu+3Sはきっちり成功。こういうジャンプでのっていきたいですね。コレオシークエンスをはさんでキャメルスピン。加速する形。後半に入って3Aは成功。3Lz+3Tも決めました。4回転がなくなったら普通にいけますね。3Fからステップへ。エッジワークはよくなってるところか。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。4回転だけですね問題なのは。ヘヤーのもじゃもじゃをなんとかしたら復活するかも。241.44。

ロシアのドミトリー・アリエフ。相変わらず衣装に工夫がない。「サウンド・オブ・サイレンス」。4Lzをしっかり成功。いいジャンプです。4Tは転倒。ちょっと助走が乱れたか。4Tからのコンビネーションに挑みましたがダブルに。そして3Fで転倒。うーん。次のキャメルスピンも途中で終わりました。がんばれ。3Aは軸が傾いて手をつきました。3Lz+3Tはやっと成功。3Lo+1Eu+3Sとテンポよく。このへんはいけるんでしょうけど。ステップは勢いがないかなあ。やっぱり最初が続いてないから。シットスピンからコンビネーションスピン…と思ったら途中で転倒してしまいました。いっちゃわるいですがひどい滑りでしたね。こういう日もあると思って切り替えて。220.04。お通夜キスクラ。というかお通夜会場。

ロシアのアレクサンドル・サマリン。相変わらず怖い衣装。なんかいいことあるんか。「グッド・ニュース」。4Lz+3Tを最初に決めてきました。パワフルですね。4Fはステップアウト。4Tにいきますがダブルに。ジャンプ大会ならミスなくいってほしいんですよ。キャメルスピンは回転速い。3A+2Tはセカンドがあぶなかったですがなんとか。コレオシークエンスとはあんまりいえないのを経て3A+2T。3Lzは手あげ。3Loと安定してきました。このへんは。シットスピンからステップ。これくらいつなぎの部分もやってほしいなあ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。このスピンもよかったですが、肝心のジャンプが。248.83。

フランスのケビン・エイモズ。がんばれエイモズ。サンデュ先輩スピリッツや。「ライトハウス」。スピードある滑りから4T+3Tを決めました。加点ありますね。つなぎの部分も充実。4Tは転倒。跳べてましたけどね。スパイラルから3A+2Tも成功。3Loはツイズルから入りましたね。もう難しいジャンプは終わって、自分の滑りやろう。キャメルスピンは軸いいです。イナバウアーから3A。流れもあっていいジャンプです。3Lz+1Eu+3Sはあぶなかったですがもちこたえました。3Fと跳ぶたびに完成あがってますね。コレオシークエンスはすばらしいイーグル。そして新しいイナバウアー的な動き。将軍も注目といってます。シットスピンからコンビネーションスピンまでしっかり表現して、最後にステップ。片足での滑りも長いし、軽やかに滑ってました。やったやった。やっとフィギュアスケートがみられた。これですよこれ。これがサンデュ先輩スピリッツを受け継いだエイモズですよ。275.63!大喜びのエイモズ。表彰台確定!

羽生結弦。ご安全に。「オリジン」。4Loを決めてきました。あの難しいループを軽々と。4Lzは久しぶりですがばっちりでした。いいですね。コンビネーションスピンで落ち着こう。つなぎ部分も充実したままステップに。これがまた静と動のメリハリがすばらしいんですよね。大きなエッジワークが物語を作ります。3Lzは大きなジャンプ。4Sはあぶなかったですがリカバー。4T+1Eu+3Fはステップアウトですがすごい。4T+2Tを決めました。難しい入りからの3Aはシングルに。うーん。コレオシークエンスからシットスピン、そいsてコンビネーションスピンでフィニッシュ。あのアクセルだけでしたね。最後は疲れてましたね。でもけがはなくてよかった。あとプーさんの量がすごい。あれで新エネルギーとか作れないのかな。291.43。悔しがるハニューもかっこいいよ。

アメリカのネイサン・チェン。斬新な解釈の衣装です。「ロケットマン」より。4F+3Tはばっちり。軽々と跳んでますねー。4Lzもいい流れです。4T+1Eu+3Sも決めてきましたね。ジャンプばっかりでもこれはすごいといえますよね。キャメルスピンも音楽にあってます。3Aは降り際もかっこいい。ステップはほんとに軽々とした浮遊感。見事です。4Sもまだもってます。4Tも決めました。ここまでしっかり4回転決められたら文句ないです。3Lz+3Tでジャンプ終わり。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。よく作ってあります。ステップシークエンスよりも難しい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いやー完璧完璧。やりましたね。なにげに音楽と一体になった滑りがすごい。335.30。世界最高得点。

○最終結果:(シン・ゴジラの大河内清次首相のセリフ的に)
1. え?ネイサン・チェンに!?
2. 羽生が伝わらんだろう!
3. 自衛隊の弾を、エイモズに向けることは出来ない!
4. サマリンだ。サマリン中止!
5. 今金博洋に決めるのか?聞いてないぞ!
6. 私には、このファイナルのアリエフを見守る義務がある!

チェンがすごいスコアで優勝。パワフルですがジャンプにかかるパワーが少ないんですよね。ハニューは2位ですが、ジャンプはすごいんですが跳ぶのが大変そう。あとで疲れちゃいますよね。なんとか乗り越えてほしいです。ご安全に。

というか今回はエイモズでしょう。久々のフランスのファイナル表彰台。正直4回転に挑むあまり、つなぎもなにも関係なくなってジャンプ大会になってしまうんですが、エイモズはそんなの関係ない。4回転をしっかり跳んだらあとは滑りの良さでアピール。ダンスもしっかり。サンデュ先輩が練習したらこうなる的なのが魔族大隔世でやっと出てきた感じです。殿上人たちの戦いは楽しみですが、僕はエイモズもたのしみです。サマリンと金博洋とアリエフはジャンプをがんばらないとね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 ファイナル(2):女子シングルSP

飲み会に代わるなにかを見つけ出す。ほんとにわかりみが深いマイク松ですこんにちは。忘年会スルーもいわれてるし、飲み会の代わりを本気で探すときがきているのではないでしょうか。おかしとコーヒーでええやんと思います。

ファイナルは女子シングルSP。えらいメンバーそろいました。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、女子シングルSP。実況は三上さん、解説は荒川姐さん。

ロシアのアリョーナ・コストルナヤ。いきなりファイナルにきましたね。フランスとNHK杯で勝ってます。「残された世界」より。スピードに乗った滑りから3Aをばっちり決めました。パワフルなジャンプです。3Lz単独できました。これも流れがある。キャメルスピンはすごい遠くからとってますね。近くでみせて。やっぱりコンビネーションはあとにとってあるんですね。3F+3Tも余裕をもって成功。3A含めての安定感あります。コンビネーションスピンは回転速度あります。ステップはディープエッジ。ステップはまだ伸びそうなんですよね。レイバックスピンでフィニッシュ。1番滑走でいい演技できましたね。85.45は世界最高得点。

ロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ。カナダとロシアを勝ってます。「ペール・ギュント」より。3Aに挑みますが転倒。でも3Fはしっかり。コンビネーションスピンはポジションチェンジがてきぱき。そして衣装の色がチェンジ。確かに黒が似合う曲調。すごいみなごろしイーグルを挟んで3Lz+3Tを成功。キャメルスピンのポジションも難しい。音楽の激しさにあわせたステップもがんばってます。質の高いレイバックスピンでフィニッシュ。さすが新型、もりもり技術で攻めてきます。71.45。

ロシアのアンナ・シェルバコワ。アメリカと中国で勝ってます。また背が伸びたんかな。「パフューム ある人殺しの物語」より。すんごい難しい入りからの2A。堅実です。つなぎ部分もしっかり。3Fも成功。3人とも構成はそんなに変わらないんですね。キャメルスピンは難しいポジション。3Lz+3Loを決めてきました。レイバックスピンは柔軟性をいかしたポジション。ステップはぐんぐん進んでいく滑りのよさ。コンビネーションスピンは最後はすごいI字スピンでフィニッシュ。というかなんで遠くからとるんだろう。近くでみせて。78.27。パーソナルベスト更新。

紀平梨花。この中で戦うの大変だろうなー。「ブレックファスト・イン・バグダッド」。3Aはちょっとタッチがありました。めずらしい。3F+3Tは降りたあとで転倒。おしかった。キャメルスピンはいいスピン。3Loは手あげ。コンビネーションスピンはいいI字スピン。柔軟性いかせてますよね。ステップは音楽のニュアンスをよく表現していると姐さん。紀平そういうところありますよね。スピンも。レイバックスピンでフィニッシュ。がんばりましたが今日はジャンプよくなかったです。70.71。

アメリカのブレイディ・テネル。なんと!テネってファイナルでしたか。「メカニズム」ほか。3Lz+3Tはなんとか。あぶなかったですが無事テネりました。イーグルからの2Aはしっかり成功。堅実にいこう。レイバックスピンも軸がテネってました。不思議な振り付けから後半。ステップからの3Fは決まりました。ステップはキレのある動き。コンビネーションスピンでフィニッシュ。十分テネってはいたものの、なかなか難しいですよね。72.20。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。「メ・ヴォイ」。3Lz+3Loを最初に成功。セカンドもしっかり上に上がりましたね。2Aも余裕をもって成功。キャメルスピンは正確なドーナツポジション。スパイラルから3Fは手あげ。ジャンプそろえました。レイバックスピンもいいポジションです。ステップは音楽のとらえ方がうまいですよね。ちびっことは違うぞということをみせてます。コンビネーションスピンも1つ1つしっかりまわってました。すばらしい滑りです。79.60。十分いい戦いはしました。

○SP終わっての順位:(シン・ゴジラの矢口蘭堂のセリフ的に)
1. コストルナヤ、まるで進化だ
2. ザギトワはまだまだやれる、そんな気がするよ
3. 10年先にもシェルバコワを残す方が重要だ
4. 戦後は続くよ、どこまでも。だからテネルんですか
5. トゥルソワはどう動いても人事査定に影響はない
6. あきらめず、最後まで紀平を見捨てずにやろう

なんか4回転を連発するトゥルソワやシェルバコワが上にいくかと思いましたが、トップはコストルナヤでした。PCSの高いコストルナヤは新型MSの中では気に入ってるのですが、トップでしっかりいい演技しました。ザギトワが2位にきましたね。堅実な演技。新型に負けてられないですよね。3位はシェルバコワ。このくらいの方がFSやる気が出ますよね。テネルはファイナル出たんや的に新鮮だったのですががんばってます。テネってます。トゥルソワは5位。大きな巻き返しが期待されます。紀平は転倒があって6位でしたが、FSは上を目指してチャレンジあるのみ。というかレベルの高いファイナルですよね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 ファイナル(1):男子シングルSP

「腰洗い槽」2001年に廃止されていた。いざその事実を突きつけられると動揺するマイク松ですこんにちは。今はあれはないのか。プールに入る前になんでこんな仕打ちを受けねばならんのです的な気持ちに、今の子どもたちはならないのか。シャワーも温水になりつつあるとか。今の子どもはこの世の不条理をどこで学ぶんだろう。

さて、GPSはファイナルに入りました。男女シングルだけだと思いますが、みていこうと思います。今日は男子シングルSP。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、男子シングルSP。実況は振動さん、解説は織田信成将軍。CMの前に必ずストレッチしているハニューが映されます。

フランスのケビン・エイモズ。プリンス「ザ・クエスチョン・オブ・ユー」。しかし違う曲がかかったり、タイミングがあわなかったりとアンラッキー。会場も応援します。ようやく始まって4Tを成功。いいぞ。3Lz+3Tを決めました。曲間違いの影響はないか。キャメルスピンも安定してます。ちゃんとファイナルに進んだだけある。難しい入りからの3Aも決めてジャンプそろえました。シットスピンのポジションも見事。コンビネーションスピンも足の替え方がかっこいい。そしてステップはこれぞエイモズというダンスセンス。最後まできっちり踊りきりました!やるなエイモズ!がんばりました。96.71!いい点出ました。キスクラも大喜び。

中国の金博洋。ややもじゃもじゃしたヘヤー。「ファースト・ライト」。4Lzはバストでトリプルになりました。回転足りてたか。しかし次に4T+3Tで巻き返しました。3Aも成功。キャメルスピンは回転も速くていい出来。難しい入り方からのシットスピンもこなれてます。ステップはよくがんばっているのですが、ちょっと順番が悪かったか。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ちょっと首をひねっていましたが、悪くない出来。でも80.67。そんなにエイモズよかったのか。

ロシアのドミトリー・アリエフ。「ロックオペラ モーツァルト」。4Lz+2Tになりました。4T単独は成功。キャメルスピンはまずまず。3Aはやや斜めになりましたが持ちこたえました。ステップはちょっとバランス崩したか。でも表現はうまくできてる。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん悪くはないんですがぴりっとしない感じです。88.78。だいぶお通夜キスクラ。

アメリカのネイサン・チェン。「ラ・ボエーム」。最初のつなぎ部分でしっかり引きつけます。さすがのスピードから4Lzを決めました。高さもキレもばっちり。GOEがすごい。3Aもしっかり本番では成功。キャメルスピンから4T+3Tを後半でしっかり決めてジャンプそろえました。この難しくない曲をしっかり確実に演じることが余裕にもつながってますよね。ステップではディープエッジで質を上げ、シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。完璧でしたね。110.38。すごい点でました。

ロシアのアレクサンドル・サマリン。「ブルース・フォー・クルック」。4Lzは高さも距離もありましたが手をつきました。惜しいな。4F+2Tはなんとかコンビネーションにしたものの前向いて降りました。キャメルスピンで落ち着こう。そのあとの3Aはまずまず。シットスピンからコンビネーションスピンは軸しっかりしてる。得意なんですね。ステップは長身をいかした上下の動き。これでフィニッシュ。もう少しジャンプがうまくいってれば。81.32。

羽生結弦。集中して入りました。「秋によせて」。難しい入りから4Sをきっちり成功。みるたびに入り方が難しくなってる。ツイズルから3Aそしてツイズル。すごい技だわ。つなぎの部部もしっかりみせます。しかし次は4Tでコンビネーションにならず。おしいー。キャメルスピンはポジションがすばらしい。スターしかできないポジションです。シットスピンもまわるたびに地域の悪霊が死に絶えるレベル。ステップはリズムをつかみながらも躍動感がすごい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。あのコンビネーションジャンプだけでしたね。十分トリノの悪霊は退治されましたよ。97.43。

○SP終わっての順位:(シン・ゴジラの大河内清次首相のセリフ的に)
1. え?ネイサン・チェンに!?
2. 羽生が伝わらんだろう!
3. 自衛隊の弾を、エイモズに向けることは出来ない!
4. 私には、このファイナルのアリエフを見守る義務がある!
5. サマリンだ。サマリン中止!
6. 今金博洋に決めるのか?聞いてないぞ!

トップはチェン。あの滑りをばっちりやられたらそりゃ1位ですわ。ハニューは2位。あのコンビネーション決めてたら1位でしたね。勝負は時の運。FSもがんばりましょう。

でも3位エイモズってすごくないですか?あのメンバーで。アリエフよりもサマリンよりも、あの金博洋よりも上だったってすごい。この調子でFSいきましょう。表彰台や。もう上の2人よりも興味出てきた。アリエフもサマリンもよくがんばっているんですが、ぴりっとしなかった。金博洋もがんばってたのですが、エイモズのあとだったのがよくなかったかも。もうこのファイナルはエイモズファイナルです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 NHK杯(8):男子シングルFS

ケラさんがパラリンピックの開会式の演出と聞いて驚愕している富井です。日本で一番意外な人選・・・とも思いましたが、そういえばケラさんて、紫綬褒章も受章してたな(これも驚いたけど)・・・と思って了解しました。音楽と光の演出がとても上手なので楽しみ。電気グルーヴかからないかな(わくわく)。閉会式は小林賢太郎ってこっちもびっくりな人選。楽しみ。

さて、NHK杯の最後は男子シングル。解説はホンダバン、実況は船岡さん

カナダのコンラッド・オーゼル。「レ・ミゼラブル」より。4Sは着氷。3Loもスピードはありませんでしたが成功。4Tは両足着氷に見えましたがどうでしょう。3A+2Tも成功。シットスピンはまずまず。ジャンプが成功したからか落ち着いてきてスケートにスピードが出てきました。3A+1Eu+3Sはコンビネーションジャンプになったかな。3Lzは転倒。続く3Lzはステップアウトでコンビネーションにならず。キャメルスピンは止まりそうなスピード。ステップシークエンスは一生懸命さが伝わります。コンビネーションスピンは最後がトラベリングしてしまいました。うーん。でもまあまあだったみたい。196.34。コーチは笑顔。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。4Tはステップアウトで手をついてしまいました。3Aはなんとか着氷。3Lz+3Tも何とか成功。3Loはいいジャンプ。シットスピンはやや腰が高い気も。コレオシークエンスをはさんで2A+2T。3Aになりませんでしたね。3F+1Eu+2Sでしたが3Fは高かった。3Fも流れのあるジャンプ。キャメルスピンもいい。ステップシークエンスは楽しそうでいい。コンビネーションスピンもまずまず。197.63。悪いなりにまとめました。ビチェンコはいい年と悪い年とはっきりしているから来年はいい年になるはず。

アメリカのトモキ・ヒワタシ。「ペトルーシュカ」より。美しい4T。着氷はやや危なかったけど。4T+3Tも流れのあるジャンプ。さすが元ジュニアグランプリチャンピオン、高い技術です。3Aは流れが止まりましたがこらえました。シットスピンのポジションも美しい。バレエジャンプからの3Sもいい。ステップシークエンスもまずまず。1Aになってしまったのは残念でしたが3Lz+1Eu+3Fはきまりました。コンビネーションスピンはOK。3Loは着氷がもう一つ。コンビネーションスピンは最後のビールマンポジションがいい。207.30

アメリカのジェイソン・ブラウン。映画「シンドラーのリスト」より。3A+2Tは最初が両足着氷でしたがコンビネーションジャンプに出来て偉い。3Tは美しいジャンプ。3Aは転倒。3Fは流れのある美しいジャンプ。すぐにコンビネーションスピン。回転速度が速くてきれい。3Lo+1Eu+3Sも流れがある。3F+2Tになりましたが流れがあります。代名詞とも言える美しいスパイラルを含むコレオシークエンス。しかし3Loは転倒。もったいない。しかしフライングコンビネーションスピンはポジションの変化の仕方が花が開くように優雅。ステップシークエンスはスピードのチェンジもバイオリンと合っていて素敵。キャメルスピンはやっぱり素晴らしい。心が洗われる・・・世界平和を願っているというメッセージは伝わりました。231.27

山本草太。「In this shirt」4S+2Tは成功。しかし次が2Sに。もったいない。4Tは着氷姿勢も美しい。3Aは両足着氷。シットスピンは回転も速くてきれいな姿勢。コレオシークエンスは情熱的でかっこいい。3A+2Tはコンビネーションに出来ました。3Lzは3連続の予定でしたが手をついてしまいました。でも次を3F+1Eu+3Sにしました。やりますね。コンビネーションスピンもOK。ステップシークエンスは非凡なものを感じますね。足換えのコンビネーションスピンもいい。この曲、かっこいいか退屈か選手によって大きく分かれるところですが、表現に色気があってかっこよかった。後はジャンプをコンスタントに入れるだけですね。226.27

ロシアのアントン・シュレポフ。映画「シンドラーのリスト」より。3Fは成功。3Lz+3Tもきれいなジャンプ。3A+2Tも幅のあるジャンプ。2Aはもう一つかな。キャメルスピンは足換えのところがもうちょっとかっこいいといいのに。ステップシークエンスはうーん、ジェイソン・ブラウンがさっき滑ったばかりだからな・・・。3Aは幅のあるいいジャンプ。3Lz+1Eu+2S、3Loも成功、シットスピンはOK。コンビネーションスピンも面白い形がある。ジャンプはよくまとまっていました。218.38

島田高志郞。映画「アーティスト」より。4Tは転倒。惜しかった。3A+2Tは着氷。3Loもいい。3Fも成功。キャメルスピンは終わった後がかわいいですね。ステップシークエンスも軽快。3Lz+3Tは成功。3Aはオーバーターン。3Lz+1Eu+2SもOK。コレオシークエンスは若々しくていい。コンビネーションスピンはポジションチェンジも素晴らしい。続いてのコンビネーションスピンも素晴らしい。やっぱりランビエールはスピン教えるのが上手いな。でも、みんながみんな恋をもモチーフにすると表現しやすいわけではないということはわかって欲しい。213.65

カナダのローマン・サドフスキー。映画「シンドラーのリスト」より。またこの曲か!なんだこの祭りは。4Sは大きなジャンプ。3Fもきれいなジャンプ。3A+2Tはまずまず。3Loもいいジャンプ。ステップシークエンスは上手。4S+1Eu+3Sはバランスは悪かったですがきちんとコンビネーションジャンプに。3Aはステップアウトとアクセルが苦手なんですね。3Lzもステップアウトになってしまい枚stア。コンビネーションスピンは回転が速い。キャメルスピンも素晴らしいスピン。コンビネーションスピンもチェンジの仕方がきれい。247.50

ロシアのマカール・イグナトフ。映画「トロイ」より。4Sはステップアウト。美しい4Tは流れがいい。3Aも見事。3F+3Tも回転軸が美しい。キャメルスピンはまずまず。3Lz+3Tも成功。3Lzは両足着氷でコンビネーションにならず、次を3Lo+1Eu+2Sと次のジャンプを3連続に。ステップシークエンスはツイズルがものすごく上手。足換えのコンビネーションスピンで転倒しましたが、次のコンビネーションスピンはすごくきれい。ああ、いろいろもったいない。でも今後伸びそうな選手。ジャンプに癖がなくて美しいし、ほかも上手。いい振り付けと曲に出会ったら大化けしそうな予感。楽しみ。222.45

羽生結弦。もう出てくるの?最終滑走にしましょうよ。「origin」4Loは何とか成功。4Sは本当に美しい。コンビネーションスピンもすばらしい。ステップシークエンスは神事が行われているような・・・。3Lzの完成度のすごさときたら。4Tも成功。2Tになってしまいましたがここでより燃えたような感じ。4T+3Tを成功とはさすがそして、その後の3A+1Eu+3Sが美しい。コレオシークエンスも鳥肌もの。シットスピンも手の動きがおもしろい。コンビネーションスピンもすごい。投げ込まれるプーさん。ごらん、まるで・・・いえ、何でもありません。305.05

フランスのケビン・エイモズ。「Lighthouse」素晴らしいスピード。4Tはオーバーターン。続くジャンプが3Tになってしまいました。3Aも着氷がもう一つ。3Loは見事。足換えのキャメルスピンがなんとまあ美しい。3A+3Tは成功。ジャンプに入る前も良かった。3Lz+1Eu+2Sは何とか成功。3Fはオーバーターン。しかし美しいコレオシークエンス。シットスピンの回転が速い。コンビネーションスピンも回転が速くて美しい。ブレードが音楽を奏でているような素晴らしいステップシークエンス。あああ、最後まで魔法のような美しさ。今日は失敗も多かったですが、フィギュアスケートのスピード、美しさが詰まったプログラム。やっぱりエイモズが好きだ。250.02

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。「I belong to you」4T+3Tは高い。ああ、エイモズの後とは順番が悪い。ジャンプの間が特になにもなく感じます。1Aになってしまいました。3A+2Tは成功。キャメルスピンはまずまず。3LoもOK。ステップシークエンスはよくからだが動いています。3Lzも成功ですが、次が2Lzに。残念。しかしあきらめず3S+2Tはサルコウがきれい。コンビネーションスピンもOK。コレオシークエンスもエネルギーにあふれています。シットスピンまで集中してました。ボロノフの良さがよくでていました。いい表情をしています。239.05

○最終順位(もうすぐクリスマスなのでケーキにちなんで)
1.羽生モンブラン
2.エイモズザッハトルテ
3.サドフスキーロールケーキ
4.ボロノフシフォンケーキ
5.ジェイソン・ブラウンアップルパイ
6.山本フルーツトルテ

1位の羽生はちょっと調子が悪かったけど50点以上の差をつけての1位。今日もありがたい気持ちで見ました。いっこうに衰えないスターの輝き。とにかく怪我だけはしないで欲しい。2位のエイモズは緊張してましたね。でも、やっぱり良かった。ジャンプとジャンプの間の滑りがいいんですよ。そして最後のステップなー。

3位のサドフスキーはシンドラーのリストじゃなかったらもうちょっと記憶できたんですけどジャンプは良かった。4位のボロノフは最後まできちんとやりきったのが良かった。来年もまたNHK杯で。そして、5位のジェイソン・ブラウンは「シンドラーのリスト杯」優勝者です。滑るだけどメッセージがある。6位の山本は魅力全開のFS。カメレンゴさんのプログラムがあれだけかっこよく滑れるって貴重。全日本がとても楽しみ。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 NHK杯(7):女子シングルFS

東京いって肉の万世いってきたマイク松ですこんにちは。ずっとビル(肉ビル)の前は通っていたのですが、今回富井を接待する形でいってきました。やはりおいしかったです。富井はハンバーグもおいしかったけど、セットについてくるお新香が最高だったといっていました。肉の万世ですから。肉たべよう。

遅れているNHK杯ですが、女子シングルFSみました。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、NHK杯、女子シングルFS。実況は星野さん、解説は荒川姐さん。

オーストラリアのカイラニ・クレイン。「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」。いいテンションで入ってますね。3Fから。まずは単独で。3Lz+2Tもなんとか。2A+1Eu+3Sをここで跳んでます。3Loからコンビネーションスピン。前半のジャンプは予定通りだったみたい。3Lzと跳べてます。じっくりやってますね。3Lo+2Tを跳んで最後は2A。コンビネーションスピンは間にジャンプ入れてますね。ステップはちょっと疲れてますががんばれがんばれです。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプをしっかりそろえたのは上出来でした。オーストラリアからいい選手出してほしいです。165.46。シーズンベストです。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。アデル「ホームタウン・グローリー」。2A+3Tは大きく成功。3Lz+2Tは3-3の予定でした。キャメルスピンは回転速度あります。3Fからステップに入ります。このへんがもっとうまくなれば。3Loはぎりぎりでした。3Sはあぶなかった。3Lzで転倒。疲れてきたのかな。2A+2Tは決めました。もう少しで全部そろうところでしたが。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。これは見せ場なんですよね。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプをまずまずそろえられたのがよかった。159.98。シーズンベスト出ました。

アメリカのメーガン・ウェッセンバーグ。「プレリュード」ほか。手あげの3Lzはダブルに。3Tは転倒。がんばれ。3Sは前向きにおりました。ステップでちょっと落ち着こう。大学で生物学も勉強してるらしい。コンビネーションスピンはポジションチェンジスムーズです。2Aはシングルに、3T+2T+2Loは決まりました。よかった。シットスピンから2S+2T、コレオシークエンスを経て2Aは転倒。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーんジャンプが決まらなかったですね。なんとか勉学と両立してほしいです。キスクラはお通夜になってました。131.73。

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。「ムーラン・ルージュ」より。3F+3Tから入りました。3Lzは決まりましたが全体にスピードがほしいですね。3Loからシットスピン。回転がこれは速い。ステップはリンクを大きく使って。3Fも成功。2A+3Tは手あげ。いい感じでジャンプきてますよ。3S+2T+2Loもここで決めました。コレオシークエンスもじっくりやって、2Aからレイバックスピン。これは回転がいい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプをしっかりそろえてよかったです。これでもぜんぜん悪くはないんですが。183.27。

横井ゆは菜。「オペラ座の怪人」より。2Aはどーんと音楽にあわせて成功。そういうの大事。3Lzはダブルに。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションしっかり。シットスピンにつなげました。ステップは鈴木明子に習ったそうです。確かにメリハリの付け方が似てますね。3Loは成功。コレオシークエンスでも音楽表現がうまい。3Fを決めて、3S+3Tからコンビネーションが続きます。3Lz+2T、2A+2T+2Tを決めました。レイバックスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね。189.54。ここでトップにきました。キスクラでも大喜び。いいことです。

アメリカのスター・アンドリュース。シュトラウス「7つのヴェールの踊り」。コレオシークエンスから入ります。この印象的なシークエンス。3T+3Tはセカンドで転倒。おしい。3Fは決めました。ジャンプ力はある。2Aは成功、3Lzは転倒。コンビネーションスピンは工夫した形。3Lo+2Tは決めてます。2A+1Eu+3Sをここで決めました。3Loは前向きにおりました。ジャンプがうまくいってるようでいってないようで。ステップはなかなか音楽表現もあるしてきぱきしてる。これくらいつなぐ部分も動けていればいいんですが。コンビネーションスピンからキレのあるレイバックスピンでフィニッシュ。もう少しジャンプ決めておきたかったですね。166.72。

山下真瑚。今回のFSはどうかな。「セント・オブ・ウーマン」より。3Lz+3Tから決めてきました。2Aも続けて成功。スピードのある助走から3Loはとてもいいジャンプ。質が高いです。3S+2T+2Loをここで。キャメルスピンからコレオシークエンス。足のけがもだいぶよくなってきたそうです。3Lz+2Tから後半。3Fもうまく上にあがってます。シットスピンをてきぱきやってステップに。ステップは結構長くやってますね。2Aを流れよくきめてジャンプおわり。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい滑りでした。シーズンでしっかり出来を高めてるみたい。189.25。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。上を狙いましょう。「フィーリング・ビギンズ」。3Lz+3Loを最初に決めてきました。さすが。2A+3Tもとても質が高い。回転のキレありますね。3Sからスパイラルをはさんで2A。レベル高いです。キャメルスピンからコレオシークエンス。3Lzは入り方が難しい。3F+2T+2Loをここでもってきました。3Fとジャンプを確実に。コンビネーションスピンはポジションがとてもきれい。ステップは音楽変わってキレよく。コンビネーションスピンでフィニッシュ。こうやってジャンプが決まればまだまだいける。あれだけの素質がもったいないわ。じっくり新しい力をつけていってほしいです。217.99。いい点でましたよ。

韓国のイム・ウンス。「麗しのサブリナ」より。いい助走から3Lzはだいぶ軸が傾いて転倒。あぶない。3Loはステップアウト。3F+2A+SEQを決めました。2Aは事前の構成を変えてるみたいですね。キャメルスピンは音楽にもあわせて。3Sとジャンプは安定してきました。3F+2Tはタッチがあったかも。コンビネーションスピンでもちゃんと音楽聴いてる感じはあります。スパイラルから3Lzはまた転倒。今日はルッツがよくないみたいですね。ステップは終盤にきて疲れてますががんばって。もうちょい。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。雰囲気はつくれてます。もう少しですね。172.47。コーチが悪の幹部みたいな前髪をしてます。

紀平梨花。「イン・ア・モーメント・オブ・グレートネス」ほか。たくさん曲が使ってあります。最初は3Sにしました。いいと思います。3A+2Tは全然普通に跳んできます。3Fは手あげ。キャメルスピンを経て、3Aをばっちり。ステップは意欲的な振り付け。3F+3Tは着氷どうだったかな。2A+2T+2Loを決めてコンビネーションスピン。軸安定。コレオシークエンスもしっかり取り組んでます。3Loを手あげで決めてジャンプおわり。レイバックスピンでフィニッシュ。231.84。新しいとりくみでこれだけいってるんですから、まだまだ上がりそうです。

ロシアのアリョーナ・コストルナヤ。「ニュームーン/トワイライト・サーガ」ほか。3A+2Tはすごいジャンプ。高さありました。3Aは少し助走速度が足りなくて回転不足。2Aはいけました。3Loは決めてコンビネーションスピン。回転速度あります。ステップは自由自在のエッジワークからしっかり曲表現も行ってます。難しい入り方から3F+3Tはまた手あげです。3F+1Eu+3Sもテンポよく。音楽が変わって表現も変えてくるのがこころにくいですね。3Lzも音楽にあわせて跳んできます。コンビネーションスピンはほんと軸がしっかり。コレオシークエンスからレイバックスピンでフィニッシュ。いやー見事でした。完全ではなかったですがしっかり力はみせました。240.00。あぎゃー。

アメリカのカレン・チェン。順番が悪いですががんばって。「イルミネーション」。3Lzは高いジャンプ。3Fはあぶなかった。次は2A+1Tになりました。3Sもダブルに。うーん。コンビネーションスピンはそつなく。ステップはリンクを大きく使ってますね。いいことです。2A+3Sはオイラーがはさめなかったか。3Lzは転倒。がんばれ。3Loも転倒。ちょっと跳び急いでるか。コレオシークエンスで持ち直そう。ここはアメリカの伝統。コンビネーションスピンはいつも軸がばっちり。レイバックスピンでフィニッシュ。もう少しジャンプ決めたかったですが、じっくり復活していきましょう。だいじょうぶやで。165.70。

○最終順位:(井上陽水トリビュート的に)
1. 飾りじゃないのよコストルナヤは HOHOHO
2. ワインレッドの紀平
3. ザギトワ時代
4. Make-up横井
5. ジャスト山下
6. サモドゥロワの中へ

コストルナヤが優勝。力を見せつけましたね。3Aが跳べるパワーと技術、表現力に今が旬の若さもロシアにしてはいい方向にいかしてますね。いい調子でファイナルにいけそうです。紀平は2位。十分だと思います。ファイナルに向けていい流れができてます。3位にザギトワさんがきました。新型がじゃんじゃん出てきて大変ですが、粘り強くやっていきましょう。

NHK杯での収穫といえば横井でしょう。ついに4位にまできました。まだまだのびしろがあるだけに、この4位を収穫にしていってほしい。まだまだいける。山下も5位。けががよくなっていけばもっといけますから無理しないように。サモドゥロワは6位。最終的にロシアと日本勢だけになりました。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 NHK杯(6):ペアFS

楽天payと楽天エディの違いがよくわからず、ぬか喜びが絶えない富井です。なんで楽天payって楽天エディのことじゃないの?やっとエディを作ったらもうあんまりお得じゃないってどういうことですか。いったい自分が何を言っているのかもよくわかりません。

さて、ペア。久しぶりのペアのレビューも難しく、時々意味不明のところももあるかもしれませんが、レビューしている人は楽天payと楽天エディの区別のつかない人だから許して下さい。実況は鳥海さん、解説は川口さん。

アメリカのタラ・ケイン&ダニー・オシェイ。「レ・ミゼラブル」より。3Twはやや高さがなかったですね。3S+1Eu+2Sはややジャンプのタイミングがずれたように思いましたが成功。2Aも女性がやや詰まりましたが耐えました。グループ4のリフトはイーグルが素晴らしい。3SThは飛距離もあっていいジャンプ。デススパイラルもOK。ペアスピンもポジション変化がスムーズ。コレオグラファーシークエンスは肩に乗せるリフト。3LzThはステップアウト。もったいなかった。グループ5のリバーすらっそーリフトはきれい。グループ5のアクセルラッソーリフト。リフトは上手だなあ。178.73

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。「Pilgrims on a long journey」ほか。イタリアらしい選曲。3Sは女性がステップアウト。3Twは美しい。3LoThはお尻をついてしまいました。デススパイラルはポジションが美しい。2T+2Tは男性がカメラからいなくなってしまいわからなかった。グループ5のリバースラッソーリフトは成功。コレオシークエンスはイマイチよくわかりません。3SThは両足着氷。グループ5のアクセルラッソーリフトはきれい。グループ4のリフトは力強い。ペアスピンはポジション変化が多彩でいい。美しいプログラムでした。171.43

三浦璃来&木原龍一。コールドプレイ「Fix you」3Twは高さがあります。3T+2T+2Tは見事に揃いました。グループ5のアクセルラッソーリフトもOK。3LzThは着氷。ペアスピンはシットポジションの三浦のフリーレッグが美しい。グループ5のリーバースラッソーリフトもいい。3SThは転倒。もったいない。しかし2Aは揃ったいいジャンプ。デススパイラルもスピードがあっていい。グループ4のリフトも難しいポジション。コレオシークエンスは低い位置のいいリフト。終わって二人とも笑顔。フリーも素晴らしい出来。三浦のジャンプレベルの高さが生きています。組んだばかりと思えないほどのリフト。すごいなあ。木原もこんなに上手になるなんて。点数が出てもとても嬉しそう。179.94。今後もとてもとても楽しみ。

アメリカのアレクサ・シメカ・クリエリム&クリス・クリエリム。「Drop of Fragnance」ほか。高い3Tw。3T+1Tと男性のセカンドジャンプがシングルに。美しい入り方のデススパイラル。しかし3Sも男性が転倒。グループ5のリバースリフトは流れが美しい。3FThは高さはあったのですが両足着氷。3LoThも両足着氷で手をついてしまいジャンプが決まりません。グループ3のリフトもレベルが高い。下ろしかたもきれい。コレオシークエンスは美しいイーグル。グループ5のアクセルリフトは途中で下ろしてしまいました。ペアスピンは回転も速くてきれい。実力の高さはよくわかりましたがジャンプが決まらなくて残念。ちょっと体調が悪いのでしょうか。173.33

ロシアのアナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリアモフ。「巨匠とマルガリータ」より。3Twは高さもあって美しい。3FThは見事な着氷。3S+1Eu+3Sもいいですね。3Tもタイミングが完璧。グループ5のリバースラッソーリフトも見事。コレオシークエンスも面白い。スパイラルからのグループ4のリフト。面白い入り方からのグループ5のバックワードラッソー。珍しい。3LoThの入りも工夫されていてジャンプの飛距離もすごい。デススパイラルも男性の位置が低い。ペアスピンもおもしろい。川口さんもハラショーとべた褒め。203.35。

ロシアのアリーサ・エフィモア&アレキサンダー・コロビン。「サウンド・オブ・サイレンス」3Twは美しい。3Tは何とか成功。3S+1Eu+2Sも女性がなんとかコンビネーションジャンプをつけました。3LoThは距離があります。コレオシークエンスはわかりやすくていい。グループ5のアクセルラッソーリフトも成功。3SThも見事に着氷。美しい。グループ5のリバースラッソーリフトも見事。デススパイラルはちょっと短い?ペアスピンはまずまず。グループ3のリフトもポジション変化がいい。ソロジャンプはイマイチでしたがスロージャンプはとても良かったですね。189.34

カナダのキルスティン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ。「Carry you」3Twはまずまずというか、カメラがよくわからない。3S+2T+2Tもよく合っています。3LoThもきれいな着氷。グループ3リフトもいい。ペアスピンもポジションが美しい。終わりかたも工夫がある。3Tもタイミングがぴったり。デススパイラルは女性が美しい。コレオシークエンスもロマンチック。からの3SThも流れがいい。静と動の変化がいい。リバースラッソーリフトも女性のポジションがいい。アクセルラッソーリフトもプログラムにとけこんでいます。これすごい。いいプログラムだなあ。サフチェンコ&マッソーを思い出しました。208.49

中国のウェンジン・スイ&コン・ハン。「Rain in your black eyes」独創的な始まり方。3Twは移動距離がすごい。3Tからのコンビネーションジャンプは女性が転倒でコンビネーションになりませんでした。しかし3SThは入り方からすごい。デススパイラルもいい。ペアスピンも個性的。終わり方も素晴らしい。3Sはちゃんと揃いました。アクセルラッソーリフトもスピードがある。3FThも高さがあるのと着氷と同時に音楽が鳴るのがいい。コレオシークエンスも素晴らしいステップ。こんなにちゃんとするペアいなかった。リバースラッソーリフトも曲に合ってる。やっぱり速い曲が上手。グループ3のリフトもスピードがある。盛り上がりが素晴らしい。最初は何でこんな曲???と思いましたが最後がらしい。さすがすごい。226.96。ぶっちぎり。

○最終順位:(ダイエッター典子的に)
1. ダイエッタースイ・ダイエッターハン
2. ダイエッタームーア=タワーズ・ダイエッターマリナロ
3. ダイエッターミーシナ・ダイエッターガリアモフ
4. ダイエッターエフィモア・ダイエッターコロビン
5. ダイエッター三浦・ダイエッター木原

ほとんど順位に変動なし。1位のスイ・ハンは貫禄勝ち。転倒などなんと言うことないわ、的な。スピードが違いますね。でも、今回の収穫はムーア=タワーズ・マリナロ。女性が妖精のように美しく、男性は黒子に徹するペアの王道プログラムでロマンティック部門優勝です。もっと重力を感じなくなったら世界一になれる気がします。3位のミーシナ・ガリアモフもジュニアから上がってきたばかりとは思えない素晴らしいペア。4位のエフィモア・コロビンはソロジャンプに苦しみましたがいいライバルだと思うのでこれから一緒に上手くなっていきそう。

それより、特筆すべきは三浦・木原ペア。もう奇跡のようなペア。三浦のジャンプの巧さ、木原の積み上げた技術でこのままいけば北京オリンピック出場だけでなく結構いいとこ行くんじゃないですか?まだ組んで3ヶ月なんて伸びしろしかないじゃない。10歳差という年齢差がいい具合にかみ合っているのかもしれません。ほんとに今後が楽しみ。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 NHK杯(5):アイスダンスFD

会議っていつでも早く終わってほしいんですが、用事があって本当に早く終わってほしいときに限って長くなると思うマイク松ですこんにちは。もちろん今日の会議も長くなる厄介な問題はあった。だけど普通だったら早く片付く問題にとてつもなくでかい爆弾が仕掛けられていたというのは本当に本当に勘弁してほしいです。

NHK杯はアイスダンスFD。アイスダンスがみられるほんとに貴重な大会です。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、NHK杯、アイスダンスFD。実況は澤田さん、解説は宮本さん。

カナダのキャロラン・スシース&シェーン・フィルス。トム・ジョーンズ「よくあることさ」ほか。いい雰囲気からスタート。これトム・ジョーンズなのか。OfStはよくあってます。雰囲気もあるし。ツイズルは最初はずれてましたがしっかりリカバー。スライディングがとてもうまくできました。StLiは独創的。最近StLiってはやってますね。ゆっくりしたリズムでCiSt。これもいい雰囲気。曲もきっと2人にあってるんですね。SlLi+RoLiは少しつなぎがうまくいかなかったか。でもリフト自体の豪快さはありますね。ダンススピンはかっこいいですが、最後の曲はあのプル様もお使いのセックスボムですね。この曲もおしゃれに踊りこなしてます。コレオリフトでフィニッシュ。自分たちの演技はできましたね。172.01。

アメリカのロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター。「レスキュー」ほか。いきなりStLiに入ります。降り方がうまかったです。いったん持ち上げるのが難しいと宮本さん。OfStからMiStは曲の静けさをよく表現しながらも大きな動きです。CuLiは軌跡がきれいだし、ダンススピンはとてもポジションが独創的で美しいです。やりますね。ツイズルはとてもよくそろってましたが距離ができてしまいました。RoLiはきれいな回転。コレオスピンでフィニッシュ。曲もよかったし解釈も進んでる印象。170.21。

ロシアのソフィア・シェフチェンコ&イゴール・エレメンコ。若手の演技注目ですね。「メカニズム」ほか。StLiから入ります。ツイズルは間に軽くリフトも入れつつおもしろい見せ方。このプログラム自体もおもしろいです。SlLiは一度降ろしてからまた上げるパワーもあります。MiStはもう少し滑ってほしいですが曲にはあわせてますね。OfStはよくあわせてるし、CuLiへのつなぎが見事。ダンススピンはシェフチェンコのポジションが超きれいです。最後までとても芸術的なプログラムでした。これはいいですねー。キスクラではコーチと全員でポーズ。そういうのいいですよね。178.08はシーズンベストです。

中国のシンユエ・ワン&シンユー・リュー。「ブラック・スワン」。またStLiから入りました。最初高かったけどちゃんと低くしたと宮本さん。チェックポイントですね。OfStをしっかりあわせてダンススピンにつなげます。スピンの終わり方が工夫。DiStは王のアピールがうまい。コレオスピンはジャイアントスイング的な大きさ。SlLiは曲にしっかりあわせて高々とあげます。柳のパワーがいきるCuLiです。ツイズルはもう少し合わせたかったですね。コレオステップでフィニッシュ。最後はちょっと疲れたかもですが、がんばりました。183.11。

イギリスのライラ・フィアー&ルイス・ギブソン。マドンナメドレー。いい曲選んできますねー。ツイズルも一工夫していていい感じにできました。途中のツイズルは少しずれましたが、MiStは途中にダンスも入れていて見栄えがすると宮本さん。そしてCuLiは芸術的な上に降ろし方も見事。スロージャンプにいきそうな形からスライディング、そしてダンススピン。回転が速いです。デススパイラルにいきそうなところからStLi+RoLiは斬新な組み合わせ。コレオステップは2人よくそろってました。よく踊れますね。肩車の形でのコレオリフト最後はスライディングでフィニッシュ。マドンナの勉強も進めているし、それをしっかり振り付けに入れていました。193.01。いい点出ました。

アメリカのクリスティナ・カレイラ&アンソニー・ポノマレンコ。アメリカの若手。「ファルーカ」。ツイズルは途中でずれましたがなんとかリカバー。コレオスピンをはさんでダンススピン。ここでもフラメンコの雰囲気をキープ。OfStはうまくあわせてきてます。RoLiは入る前にスピードが落ちてしまったか。CiStはちょっと難しい音楽になってしまいましたが、がんばって踊ってました。曲が難しいな。CuLi+StLiという組み合わせ。うまくこなしてました。最後はコレオリフトでフィニッシュ。技術はあるなというところですが、フラメンコはもう少し経験が必要だったかも。182.26。

イタリアのシャルベール・ギニャール&マルコ・ファブリ。「スペース・オディティ」ほか。ギニャールが白目みたいなすごいメイクしてきましたね。StLiはワンフットでのローテ。きれいなポジションでした。OfStはそつなくいけました。ツイズルは回転の速いローテでした。いいユニゾン。コレオステップは音楽が変わってしっかり切り替えますし、RoLiはうまくいってましたがちょっと降ろし方がうまくいきませんでした。ダンススピンも回転が速くててきぱきいけました。DiStは大きなエッジワーク。リンクを大きく使えてます。豪快なスライディングから最後は静かにフィニッシュ。曲の構成もうまく使って、ダイナミックなプログラムにしてきました。198.06。RDの貯金がいきましたね。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。「プリマヴェーラ」ほか。いつものようにツイズルから。うまく合わせました。回転の速さよりも浮遊感を演出。ダンススピンも同じ見せ方ですね。技術感じます。SlLiはポジションチェンジでみせたあとで、回転のキレがすごいRoLiにつなげました。OfStは片足でもスピードが落ちない。DiStはなめらかなエッジワークをアピール。必殺のコレオツイズルでみせたあと、StLiにいきました。滑りにメリハリがあるから演技全体も見栄えがします。スライディングでフィニッシュ。うまくいきましたね。208.81。ファイナルを決めました。

フランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン。自然体で入ってきましたね。「ダニー」ほか。RoLiから入ります。緊迫感を表現する回転。詩を表現するという芸術的な振り付け。すごいな。その中にエレメンツが織り込まれてる感じ。ツイズルは普通のステップと融合してる。CiStはスピード感あるステップの中でも物語表現が分厚く。ちょっと顔を見合わせたりするだけでいいんですよね。StLiは安定感ある。StLiへの入り方もフライング気味の豪快さ。OfStはリンクを大きく使うし、コレオリフトからダンススピン。1つ1つのエレメンツに意味を感じてしまうような出来。最後まで静謐かつ動態的でした。チャンプの滑りでした。226.61。ありがとうございました。全部で世界最高得点だそうです。

○最終順位:(プリン的に)
1. パパダキス・シゼロンプリン
2. ステファノワ・ブキンプリン
3. ギニャール・ファブリプリン
4. フィアー・ギブソンプリン
5. 王・柳プリン
6. カレイラ・ポノマレンコプリン

パパダキス・シゼロンが優勝。別次元ではなくほんとに別物の滑りというか演技でした。ファイナルはもっといい戦いができそうです。ステファノワ・ブキンもファイナルが楽しみ。もっとあげていけるでしょう。ギニャール・ファブリはファブリにもすごいメイクを施してみるのはどうでしょうか。

今回おもしろかったのはやはりフィアー・ギブソン。相変わらずいいプログラムを作っていますが、マドンナの解釈がほんとに進んでいる感じ。みていてほんとに楽しいです。王・柳もカレイラ・ポノマレンコもまだまだのびしろたっぷり。誰でも最初からうまかったわけじゃないんですからね。

大相撲11月場所2019:千秋楽とプチ総括

松坂が西武に復帰。これはめでたいマイク松ですこんにちは。西武ではキャリアの最後をいい形で飾ってほしいですね。また西武も必要としてますしね。

九州場所は千秋楽。今年の大相撲もこれで終わりです。最後を飾ろう。

千秋楽。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

三賞は殊勲賞に大栄翔、技能賞は朝乃山、敢闘賞は今日勝てばマサヨだそうです。

大奄美×錦木。大奄美が幕内で。右上手をとって錦木を寄り切りました。錦木はほんとに今場所はしんどかったですね。

石浦×大翔鵬。石浦左にずれながらはずから攻めて左を差しました。大翔鵬がきめにいきますが、それよりも下手投げが決まりました。石浦の形ができてきましたね。

志摩ノ海×千代丸。上手をとりにいった志摩ノ海、千代丸がまわりこむのをしっかり離さず追って、なんとか寄り切りました。千秋楽は志摩ノ海いい相撲がとれましたね。

千代大龍×豊山。激しく当たって引いた千代大龍。九重メソッドで最後は勝ちました。豊山もくらわないようにしたかったですね。

松鳳山×輝。頭で当たってどしどし押す輝。松鳳山を逃さず押し出しました。これで輝は10勝目。やっと輝の強さが戻ってきた感じですね。

大翔丸×琴恵光。負けが込んでいる両者。張り差しが失敗して大翔丸の逆襲をくらう琴恵光ですが、なんとか土俵際で引き落としました。大翔丸おしかった。

剣翔×照強。剣翔もろ手から引き。剣翔もシャバイ取り口が多くなってきましたね。

碧山×琴奨菊。菊当たりからいなしていきますが、碧山が残して組み止めました。しかし菊が自分の形になって、碧山が出るところを突き落としました。菊は最後はいい相撲とれましたね。場内も大喜び。

玉鷲×佐田の海。7-7同士。佐田の海はご当所なのですが九州場所で勝ち越せない。今日も玉鷲の強烈な出足で押し出されてしまいました。残念。逆に玉鷲は九州場所8年連続で勝ち越し。こっちは験がいい場所なんですね。

宝富士×明生。名絵師左から攻めて左差しを警戒。差されても巻き替えますが、そこで宝富士の上手投げが決まりました。強烈でした。最後に強さみせつけましたね。

妙義龍×阿武咲。立ち勝った妙義龍、いなしで崩して押し出し。今日はばっちりの相撲でしたね。阿武咲は負け越し。

隆の勝×隠岐の海。もう今日の楽しみはオッキー兄さんのナナハチしかないぞ。立ち合い左からおっつけていきます。隆の勝の寄りをしのぎますが、隆の勝がどん引きで引き落とされました。豪快な負けで6-9。ロックじゃ!

大栄翔×炎鵬。炎鵬も上の方でとることになってますね。勝ち越しをかける一番、もぐって左を差します。大栄翔かまわず寄っていきますが、すくい投げで土俵際逆転!炎鵬が勝ちました。これで勝ち越し。よかったですね。北の富士さんもご満足で「先に帰らせてもらおうか」といってました。

正代×朝乃山。マサヨ敢闘賞をもらうために勝たなければならない相手が朝乃山でした。ついてないなと思いましたが、今日は立ち合いいい踏み込みから、左上手をとって引きつけて寄り切りました。これはいい相撲!こういう大きな相撲もとれるんですよね。

北勝富士×竜電。立ち合い下に入って起こした北勝富士が押し出し。ナナハチでとどまりましたね。

琴勇輝×遠藤。勝った方が勝ち越し。琴勇輝頭からいって、突きが入って突き出しました。会心の相撲で勝ち越し。遠藤はああいう取り口はそんなに強くないんですよね。

御嶽海×阿炎。御嶽海の圧力をかわして、突き放していく阿炎。間合いを詰められましたが、土俵際ではたき込み。物言いがつきましたがあれは普通にさばいてほしかったです。阿炎はなんやかんやで勝ち越す。御嶽海は6-9ですか。オッキー兄さんと同じだぞ。

貴景勝×白鵬。白鵬は一度待ったしました。張り差しから回り込んで右四つ左上手。万全の形にしましたが、慎重に呼吸を読んで、えらい長い間膠着しました。北の富士さんも時間が余ってるからかなとかいってましたが、引きつけて寄り切りました。

今場所は白鵬の優勝。余裕の優勝でしたが、そりゃあれだけ横綱大関が休場したらどうにもならないですよね。白鵬もせっかくがんばったのにそんな見方されそうだし、平幕も普通に優勝できないし、誰も得してない。ほんとにあいつらなんとかしてほしいです。土俵を務めることの大切さを痛感します。

まあ若手がのびのびと相撲がとれて、大きくなるのはいいことですかね。阿炎、朝乃山、マサヨ、隆の勝、輝といったところはしっかり力をつけてますね。マサヨが一時の強さを取り戻したのがよかった。あれくらいとれる力士ですからね。来場所も大事です。

オッキー兄さんはなんと6-9。まあ筆頭まであがってしまうと相手も強いですが、先述の通りあれだけ上位陣が休場してるんですからね。実はゴーエードーに不戦勝、御嶽海に勝利と、上位陣をもう少ししのいでいければハチナナもあったと思うんですが。終盤戦の負けが痛かったです。これもプロビデンスのなせるわざですかね。

また全体的に総括することもあるかもしれませんが、今年の大相撲はこれで終わり。若手が育ってきたいい年になった気がします。大関がもう少し入れ替わると思ったのですが。

大相撲11月場所2019:14日目

流行語大賞は「ONE TEAM」。昨年のそだねーに続いてスポーツで流行語大賞が2年連続で出ていいことだなと思うマイク松ですこんにちは。闇営業とかが大賞になったらいろいろ大変ですもんね。

九州場所は14日目。プロビデンスが流行語大賞とっちゃうぞ!(とりません)

14日目。実況は佐藤さん、解説は正面が尾車親方、向正面が立浪親方。

千代翔馬×大翔鵬。千代翔馬幕内でとりますが、華麗に変化。これで勝ち越し。大翔鵬さんざんですね。

志摩ノ海×隆の勝。隆の勝はしっかりあたって中に入って寄りきり。いい立ち合いからのいい相撲といういい流れを作れてますね。

琴奨菊×大翔丸。ふわっと立ちましたが大翔丸がうまく左が入って寄り切り。菊は当たれないし差されるしでいいところなし。

輝×豊山。豊山がおっつけていきますが、輝もリーチをいかして突き放し、起こして押し出しました。豊山もあれがよかったのかは微妙なところ。

石浦×佐田の海。佐田の海いい当たりからおっつけて出ます。石浦うまく相手の力をいなして突き落とし。立浪親方は佐田の海が勝ち越しを意識して固いとのこと。石浦は右からのおっつけで崩したみたいですね。

剣翔×錦木。剣翔もろ手からもろ差しになりますが、錦木の強烈な小手投げで逆転しました。剣翔は悪い流れのままですね。

千代大龍×琴恵光。琴恵光もろ手から引いてしまいました。それは相手がやることやって。千代大龍勝ち越しました。

照強×炎鵬。小兵対決。これは盛り上がりますね。立ち合い炎鵬が左差し前まわしのばっちりの体勢。下手投げ2発で仕留めました。これは炎鵬の相撲でした。相手が小さいから下手投げも効きますね。

宝富士×千代丸。千代丸がどしどし突いていきますが、宝富士がまわりこんで左を差そうとしたところで千代丸が突き落としました。どうも今まで一度も宝富士に勝っていなかったらしく、支度部屋では暗かったそうです。よかったね。

十両は4敗で6人が並んでるらしい。今は十両がおもしろい。

妙義龍×正代。実は優勝争いにからんでいるマサヨ。差し合いで妙義龍が左を差し勝ち、一気に寄り倒しました。妙義龍も負ければ負け越しだっただけに必死ですよね。

松鳳山×明生。激しい突き押しあいになりました。双方いい動きといい突き押し。しかし松鳳山が低くなったところを明生が押しつぶすようにはたき込みました。

大栄翔×阿武咲。大栄翔が阿武咲の立ち合いを受けて逆襲の突き押し。押し出しました。見事です。

琴勇輝×隠岐の海。オッキー兄さん6-7で順調に例のアレに近づいていると思いましたが、今日は琴勇輝に押し出されてしまいました。筆頭だったからかなあ。こうなったらもう一つのアレを目指してふぁいと!

竜電×朝乃山。朝乃山左上手をとりましたが、竜電も前まわし。しかし引っ張り上げるように起こしてなんとか寄り切りました。なんとか白鵬の取組前に優勝が決まることはなかったようです。

北勝富士×碧山。頭から当たっての押し合いでしたが、今日は北勝富士がいい足の運びで押し出しました。碧山は負け越し。うーん。

玉鷲×遠藤。遠藤がもろ差しになりかけますが、玉鷲の強烈な小手投げ。なんとかこらえてついていって、最後は寄り倒し。あの小手投げ強烈なんですが、ちゃんと対応できたのは技術ですね。さすが。

貴景勝×阿炎。阿炎がもろ手から引きで貴景勝土俵の外へ出て行きました。阿炎は勝ち越し。見事見事。なんやかんやで勝ってますもん。

御嶽海×白鵬。張り差しから左を差した白鵬、胸をあわせかけましたが、そこから外掛けで刈り倒しました。これで白鵬の優勝。同じ取り口でどんどんやられてる御嶽海もなんとかしないと。

関西学生フットボールリーグ西日本代表決定戦2019 ファイターズ vs. パンサーズ

今日は天王寺から梅田まで歩いて帰ったマイク松ですこんにちは。よく歩けました。みなさん通ってはいけない通路を通ろうとしてだめですよといわれることはあると思いますが、通ったあとで「ここ通ってはいけない場所ですから」っていわれたことって普通ないですよね?そんなむしゃくしゃした出来事も忘れるいい歩きでした。

お芝居をみにいくせいで、関西学生フットボールリーグの西日本代表決定戦はみにいけなかったのですが、NHKでやってくれたのでみられます。関立戦をみてるといい試合はあんまり期待できないと思いますが。

関西学生フットボールリーグ西日本代表決定戦、ファイターズ vs. パンサーズ。実況は松野さん、解説は浜田さんと、神戸大学の監督増田さん。

KGオフェンス。いきなりキックオフアウトオブバウンズから始まるものの、相変わらずラインが押し込まれてパント。課題が解決してない。パントはよかったです。

RTオフェンス。最初のパスはよく出たのですが、ランが2つ止められてパント。

KGオフェンス。ワイルドキャットで抜けた三宅が一気に75yds走ってTD!セーフティ置いてなかったみたいですね。KG先制。なんか僥倖ですね。

RTオフェンス。キックオフをファンブルしてリターンできず。大竹のスクリーンを読んだロスタックルが決まりました。ランもパスも止められパント。パントもよくない。

KGオフェンスは相手陣から。阿部にパスを通します。関立戦よりは難しいプレーを出してきてますね。3rd&3でパスは通せずパント。またおもしろいパントで押し込みました。

RTオフェンス。特にディフェンスのプレッシャーはかかってなさそうなのにドロップがあったりしてパント。

KGオフェンス。鶴留へのショベルパスで1stダウン。そして三宅のジェットスイープから一気に抜けてTD!これは助かります。QBを中岡に代えて、オプションで分散させたのがよかったみたいですね。しかもリードブロッカーになってる。たすかります!

RTオフェンス。ランで1stダウンとりました。そしてロングパスを案下駄ところで、DB宮城がINT!これはナイスプレー!でもWRは抜けてましたけどね。

KGオフェンス。INTとはいえ結構押し込まれる形にはなってる。そして例によってラインが押し込まれてる。パント。どうもブラインドサイドブロックという反則ができたようで、パーソナルファウルになったようです。あかんで。

RTオフェンス。TEが全然マークされてなかったです。よくランが抜けてるしオフェンスつながりはじめてます。しかしDL板敷が荒木をサック!これが効いてパントに。

KGオフェンス。奥野がゆっくりできてるときが全然ない。守られてパント。

RTオフェンス。QB荒木がどんどん走ってくるのでどんどんタックルしよう。パント。パントはどんどんよくなってますね。

KGオフェンス。だいぶ押し込まれてます。阿部にやっとパスが通りました。しかしQBになった山中がうまくプレーできず結局パント。オフェンス何もしてない。

RTオフェンス。こっちのオフェンスはうまくいってるんですよねー。ここでエンドアラウンドを出してきて前進。ここでしっかりとろうとしてますね。なんとかKGも止めて、FGにしました。しっかりFG成功。ようやくRTもスコア。

KGオフェンスは残り33秒ですがまさかのニーダウン。へたにオフェンスするよりはということですかね。前半終了、RT 3-14 KG。

後半、KGがキックオフ側でしたが、まさかのオンサイドキック!さすが奇襲のKG。桶狭間ファイターズ。

KGオフェンス。RB鶴留へのパスで1stダウン。スクリーンで進んだあとパスを阿部に通して1stダウン。準備したプレーを連続で出してますね。おもしろい鶴留のランで前進、三宅へのヒッチパスで1stダウン。最後はRBダイブフェイクから、ロールアウトでTE亀井に通してTD!やはり相手の裏をかいてこそKG!

RTオフェンス。ディフェンスパスインターフェアで相手を助けます。しかし板敷がまたQBサック。そしてもう1回さらにQBサック!パントにしました。板敷やってくれますね。

KGオフェンス。同じようにOLが破られ、同じように奥野がプレッシャーを受け、やっぱりパント。

RTオフェンス。ディフェンスは精度が高まってる感じがする。どうも前回の関立戦はきれいに止めようとしすぎていたとのこと。とにかく止めるというのを徹底しているという感じですね。ここで4thダウンギャンブルにいきます。荒木が自分でいきますが止められギャンブル失敗。わーい!QBラン読んでましたね。

KGオフェンスは相手陣から。でも奥野が落ち着いて投げられずパント。QBそういうんじゃないから。OLに守られてなげるんやから。

RTオフェンス。スクリーンで前進。ランで時間を使ってくれるのは助かります。そして壮大なミスタックルがあって荒木のQBランで大きく前進。ちゃんとしよう。3rd&12でエンドゾーンにTDパスが通りました。フェイクにDBがひっかかったよう。追い込まれてきたよ。

ここでRTもオンサイドキックを敢行してきたがここは冷静にKGリカバー。

KGオフェンスは相手陣から。RTのプレッシャーがすごくて全然プレーできない。もりもり下がってパント。よく押し込みました。

RTオフェンス。ちゃんとタックルしてればパントでしたが、ランアフターキャッチを許して1stダウン。しかしロングパスをDB松本がINT!それそれ!一番ほしかったやつでした!助かります。

KGオフェンス。三宅のダイレクトスナップで進みます。せっかく時間を使いたいのに自分たちの負傷者で時計を止めてしまっています。4th&1でギャンブルにいきます。QBスニークでいきました。メジャーで止められていることが判明。どこまでも…。

RTオフェンス。またロングパスにINTを松本が狙いましたがこれは惜しくも届かず。ここでQB荒木が痛んでしまいました。しかし代わったQB野沢がパスを通します。また成功。こいつが救世主ってこと…?荒木はかなり足を痛めてしまった様子。ここでまたディフェンスのパスインターフェア。どういうことや。サイドライン際のパスをどんどん投げてきます。なんとかして。ってところで次のパスを貝崎がINT!たすかりましたー!!攻めさせておいてこれは大きい。まあ普通に攻められていただけなんですが。

KGオフェンス。一度はランで1stダウンとりますが、あとは時間を使うだけでした。パント。

RTオフェンスはあと28秒。パスは通りますが、しっかりおさえて試合終了。RT 10-21 KG。

なんとか勝てましたね。

ランを改善してたのが効いたといいたいですが、あれもスキームでとったというよりも三宅の個人技もあったような。OLは2TDを生み出すことはできましたが、奥野の投げる機会をほとんど作れなかったのを考えるともうちょいがんばらないといけないですね。

ディフェンスはほんとによくがんばっていたのですが、監督のいうように致命的なミスタックルが起こってました。とはいえディフェンスで今日は勝ったので、ディフェンスほめたいです。

浜田さんは「KGが勝てたのは、奥野がINTをしなかったからだ」といってました。ほんとにその通りだと思います。関立戦のときにあったターンオーバーがなかったですからね。INTされるくらいなら素直にダウンするし投げ捨てると。でも本来ばんばんパスを投げてもらえれば問題ないんですけどね。

甲子園ボウルはいい戦いになるといいんですが。

大相撲11月場所2019:13日目

天王寺でお芝居をみた帰りに、都そばにいってきたマイク松ですこんにちは。関西の立ち食いそばです。関東の方が蕎麦自体はおいしいですが、こっちではにしんそばとか鴨そばとか、おいしいのがたくさんあります。関東の方はうどんでためしてみてほしいです。

九州場所は13日目。九州のおいしいものも試したい!

13日目。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が立田川親方。

大翔丸×東龍。東龍が幕内で。大翔丸立ち合い動きますが、東龍の素首落としをくらってしまいました。

志摩ノ海×錦木。立ち合い志摩ノ海が遅れましたが、はたき込みで勝ちました。錦木立ち合いはよかったんですが今場所は足が出ないですねー。

大翔鵬×豊山。豊山が左からおっつけて崩しました。豊山の相撲もいいですが、大翔鵬踏んばりきれないですね。攻めがよみがえってきたと立田川親方。

琴奨菊×石浦。立ち合い石浦はたき込みにいきましたが、菊がかいなを抱えてつかまえました。動こうとする石浦ですが、菊がそのままきめだし。場内大歓声。

輝×佐田の海。頭から当たって突き押し。輝が押し込みますが、もちこたえた佐田の海が右四つに組み止めて寄り切り。輝もおしかったのですが。

松鳳山×千代丸。千代丸が中に入らせない突き放しですが、松鳳山が中に入って距離を詰めて押し出し。中に入ってからははやかったです。

照強×琴恵光。照強が張って潜り込みました。琴恵光が徐々に起こして出て行きますが、土俵際で照強が突き落とし。うまかったです。

剣翔×千代大龍。千代大龍がもろ差しから寄り切り。なんか四つで相撲とってる。さすがの剣翔も驚いたかも。

正代×炎鵬。まさかのマサヨコール。すごい。さすがご当所。というか優勝争いしてるんですよね。炎鵬もぐっていきました。マサヨ上からおしつぶすようにつかまえて、体ごと振り回して、最後は押し倒し。スローで見ると左を差してるんですよね。炎鵬もなんとかしようとがんばってました。

ついに照ノ富士が幕下優勝。十両に戻ってきますね。苦労してます。

阿武咲×隆の勝。阿武咲強烈に当たってすぐはたき。隆の勝もこれは勉強するしかないですね。

碧山×竜電。立ち合いで押し込む碧山。こらえながら竜電が上手をとりました。前まわしもとって寄り切り。

明生×隠岐の海。明生の当たりと突き押しをこらえるオッキー兄さん。そのうち右四つに組み止めました。やった。土俵際で投げの打ち合いになりますが、今回は顔から落ちることを決めていたように、がんばって明生に勝ちました。最初明生に軍配があがってどういうプロビデンスかと思いましたが差し違えでした。あぶない。

大栄翔×妙義龍。大栄翔が立ち合いから押しで圧倒。妙義龍も引いてしまい回り込めませんでした。

琴勇輝×朝乃山。突き押しあいでも朝乃山が積極的に前に出て押し出し。琴勇輝に突き押しで勝てるとは。リーチですかねー。

北勝富士×玉鷲。実は今年の初場所は玉鷲が優勝したんですよ。ご存じでした…?北勝富士の立ち合いを受けて後退しますが、左おっつけで崩して逆に突き出しました。北勝富士の調子の悪さを立田川親方も心配。

宝富士×遠藤。遠藤が宝富士に対して突き押しからもろ差し。寄り切りました。前まわしは左四つにされるということですかね。作戦考えました。

貴景勝×御嶽海。貴景勝にとっては御嶽海はけがをしたいやな相手。今日はその分もどしどし突いて突き出しました。完勝で雪辱を果たしましたね。

阿炎×白鵬。阿炎の突き押しより前に白鵬の踏み込みで距離を一気に詰めていました。その圧力で押し出し。見事でした。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 NHK杯(4):男子シングルSP

ボロノフがシニア14シーズン目と聞いて、このサイトとほぼ同じ長さだなと感慨深くなった富井です。そうか、ルタイも、ガチンスキーも、コフトゥンすら先に引退してしまったのにまだグランプリシリーズに出続けているボロノフさん、偉大です。若い頃はさしてやる気がなさそうで、確かリプニツカヤの練習を見て心を入れ替えたんですよね・・・。そのリプニツカヤも引退して久しいです。解説はホンダバン、実況は船岡さん。

カナダのローマン・サドフスキー。「Fly me to the moon」4Sは成功。3Aはステップアウト。キャメルスピンは美しいですね。3Lz+1Tは間にターンが2回ぐらい入りました。シットスピンも回転が速い。ステップシークエンスも情感があるけどスピードが欲しい。しっとりした曲だとスピードがないともったりしてしまう。コンビネーションスピンもきれいなんだけどな。78.51

ロシアのアントン・シュレポフ。「Call out my name」単独の3F。3Aもなかなかいいジャンプ。足換えのキャメルスピンはもう一つかな。3Lz+3Tは高さはないけどちゃんと着氷。シットスピンは途中で引っかかって終わってしまいました。衣装をチェンジしてステップシークエンス。衣装チェンジはロシアで流行ってるよね。コンビネーションスピンは手を開いたりして面白い。71.76

カナダのコンラッド・オーゼル。「In my blood」振り付けはジェフリー・バトル。大きな4Tでしたが転倒。3Lz+3Tは成功。シットスピンは普通。3AはOK。ステップシークエンスはバトルっぽい。でももっとスピード欲しい。キャメルスピンも入り方がどうかと思いましたがちゃんと回れました。コンビネーションスピンは最後ちょっとトラベリングしてしまいましたが回転は速かった。70.35

山本草太。「エデンの東」より。滑りがいいですね。4S+3Tは詰まってしまいましたがちゃんと立ちました。いい出来。しかし続くジャンプが2Tに。もったいない。キャメルスピンはちょっとスピードが落ちてしまいました。3Aもややバランスを崩しました。シットスピンはいい。ステップシークエンスもすごく丁寧。美しいイーグルからのコンビネーションスピンは難しい。74.88

ロシアのマカール・イグナトフ。期待の星らしいです。「In this shirt」4S+3Tは成功。4Tも幅のある大きなジャンプ。キャメルスピンもポジションが面白い。3Aは大きく転倒。大丈夫だったでしょうか。でもシットスピンは何の影響も感じさせませんでした。ステップシークエンスも上手。コンビネーションスピンも個性的なチェンジの仕方。うーん、アクセルの転倒が残念ですね。78.47

島田高志郞。「Stay」3Aは着氷しましたが、4Tは転倒。シットスピンは回転が速い。キャメルスピンも美しい。ランビエール仕込みですね。3Lz+3Tとちゃんとコンビネーションジャンプに出来たのですが、ステップシークエンスで転倒。最初の方だったから大目に見てもらえないでしょうか。コンビネーションスピンもランビエールっぽい。75.98

アメリカのトモキ・ヒワタシ。昨シーズンの世界ジュニアチャンピオン。「Love runs out」元気があっていい。4Tは着氷したのですが膝をついてしまいました。3Aも手をついてしまいました。シットスピンも回転が速くていい。キャメルスピンはやや短いかな。3Lz+3Tは成功。ステップシークエンスは工夫のある振り付け。コンビネーションスピンもおもしろい。ジャンプがもう一つでしたがジュニアチャンピオンの雰囲気は大いに感じました。みんな転倒してるから氷が難しいのでしょうか。64.54

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。3年連続のNHK杯。むしろNHK杯の顔ですね。「Somebody to love」4T+2Tは美しいジャンプ。3Lzも成功。前よりよく曲を聴いている。キャメルスピンは丁寧に回りました。3Aも流れはありませんでしたが着氷。コンビネーションスピンの後もステップシークエンスが良くなってる。おお、これはクィーンの曲だわ。シットスピンもOK。最後のガッツポーズも決まった!すごい、NHK杯はツキがあるのかな。88.63。羽生結弦がいなかったら優勝しそう。(このときは、エイモズもジェイソン・ブラウンもでるのを知りませんでした、ごめんなさい)

フランスのケビン・エイモズ。「The question of U」上手いスケーティング。ボロノフが先でよかった・・・。4Tはステップアウトでしたがその後のイーグルとかかっこいい。3Lz+3Tも成功。キャメルスピンもきれいだなあ。3Aは流れがあって美しい。シットスピンもかっこいい。コンビネーションスピンは個性的。即興で踊っているようなステップシークエンス、かっこいいぞ。最後はアクロバットなフィニッシュ。素晴らしい。生まれ変わったらエイモズになりたい。91.47。

アメリカのジェイソン・ブラウン。「I can’t go on without you」3Fは美しいジャンプ。すごいスピード。なのに失速して3Aは転倒。シットスピンの回転の速さ、やばい。そして3Lzも転倒してしまいました。キャメルスピンは満点あげたい。ステップシークエンスはロックだなあ。コンビネーションスピンもすごい。が、2転倒とは。最初のジャンプがすごく良かったのでもったいない。73.73

羽生結弦。「秋に寄せて」4Sは空中の時間が長く感じる。ターンからすぐの3Aも映画のように完璧。4T+3Tも危ないかと思いましたがちゃんとセカンドで3回転をつけました。キャメルスピンも、シットスピンもながいな。ステップシークエンスもすごい。その奥でフラワーガールたちがジャージを脱いで準備。コンビネーションスピンも音楽とぴったり。さ・す・が。顔色が悪かったので心配しましたがコンビネーションジャンプも見事に合わせましたね。ミスターパーフェクト。109.34

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。「Words」最初のジャンプが1Aに。4Tも転倒。キャメルスピンはまずまず。3Lz+2Tは成功。ほっ。シットスピンはおもしろい。ステップシークエンスはかっこいい。でも意外に進んでない。氷が合わないのかな。コンビネーションスピンもおもしろい。うーん残念。61.97。ショックでもおどけてみせてくれるビチェンコ。大人だわ。

○SPを終えての順位(もうすぐクリスマスなのでケーキにちなんで)
1.羽生モンブラン
2.エイモズザッハトルテ
3.ボロノフシフォンケーキ
4.サドフスキーロールケーキ
5.イグナトフチーズケーキ
6.島田ガトーショコラ

1位の羽生は完璧ではありませんでしたがだいたい完璧としか言い様がない。コンビネーションジャンプでセカンドジャンプの前に深く沈み込んだのに3回転をつけるところに痺れました。2位のエイモズは今一番好きな選手。今回も見事にプリンスの曲を表現していました。素晴らしい。

3位のボロノフはほんとにNHK杯と相性がいいですね。今年もいい出来でした。前回は曲が合ってないと思いましたが滑り込んできていい味出してました。気持ちが大切なんだな。4位のサドフスキーは地味にいい選手。もっとスピードがでるようになればなあ。5位のイグナトフはアクセルさえ決まればだったからFSの巻き返しに期待。6位の島田もランビエールのいいところを受け継いでいる。選曲もランビエールっぽいし。これからもっと素敵になるために自信になる順位をとって欲しい。

大相撲11月場所2019:12日目

今日は京都で結婚式です。混んでるんだろうなー。おじけづいているマイク松ですこんにちは。ほんとは紅葉とかみにいきたいんですが。

九州場所は12日目。もう秋も深まってまいりました。もうちょっとやで。

12日目。実況は太田さん、解説は正面がキセさん、向正面が舞の海さん

矢後×大翔鵬。矢後がまた幕内で。というか矢後だいぶ負けが込んでるんですね。けがかな。大翔鵬が右差しから寄り切りました。矢後大変やな。

石浦×輝。変化して中に入った石浦。くいついて足を取ってスピン。動き回って寄り切りました。逆の方から入ったのがよかった。舞の海さんも小兵の真骨頂と評価。最後は切り返しでした。

照強×千代大龍。ダッキングで中に入った照強。寄り倒しました。初顔なので千代大龍もみたことないみたいな反応でした。いいですね。

大翔丸×正代。右からおっつける大翔丸ですが、かまわず差したマサヨが寄り切り。今場所はできるだけ勝ち星を伸ばそうぜ。

琴奨菊×錦木。左を差した菊、がぶって寄り切りました。攻めが早かった。これが菊の相撲ですよね。残り全部勝とうぜ。キセさんも菊との対戦はほんとに多くて、まだまだいけるといっていました。

松鳳山×志摩ノ海。松鳳山張り差しから上手をとりにいきました。そしてスピンしながら上手投げ。終始攻めてました。

千代丸×佐田の海。なぜか佐田の海に強い千代丸。今日は差し手一気に出て寄り切りました。佐田の海も考えてとったんですが、おなかがじゃまでうまくとれなかったそう。千代丸勝ち越し。力士は腹も武器ですよね。

阿武咲×豊山。実は阿武咲が強いこの割ですが、今日は豊山が張り差しでつかまえて出ました。ところが阿武咲の捨て身の首投げが決まって最後は浴びせ倒し。相性ってありますね。

隆の勝×炎鵬。ダッキングから中に入った炎鵬。くいついていい形を作りますが、一度止まったところで隆の勝が体勢を作ってはたき込みました。絞って動きを止めたのがよかった。舞の海さんは下手をとった方がよかったとのこと。これで隆の勝が勝ち越し。うれしそうでした。

碧山×剣翔。碧山頭から当たってはたき込み。対戦が少ないとあれは効きますよね。

宝富士×琴恵光。負けた方が負け越し。宝富士が左を差しにいくのに対して琴恵光が巻き替えます。しかし上手をとっていて寄り切り。体をいかしましたね。

大栄翔×琴勇輝。激しい突き押しあいになり、大栄翔が押し込みますが、琴勇輝がひらっとかわして引き落とし。大栄翔も思いきっていってただけに残せませんでした。

妙義龍×隠岐の海。妙義龍が立ち合い押し込みます。兄さんもつかまえますが、左右に動きながら起こしていく妙義龍。兄さん小手投げも及ばず寄り切られました。これ勝ってれば五分だったのですが。まだまだ終わっちゃいねえぜ…。

北勝富士×明生。明生が突き放していきます。北勝富士をいなして一気にいきますが、後ろを向いていた北勝富士がスピンしながら突き落としました。土俵際の逆転で北勝富士連敗を止めました。キセさんも立ち合いはよかったとのこと。

阿炎×玉鷲。突き押しあいになりますが、阿炎がいなして突き出しました。あのリーチがやっかいですよね。結局立ち合いだと思うのですが。

御嶽海×朝乃山。御嶽海の立ち合いを受けつつも上手をとった朝乃山、寄りをしのぎますが、上手が切れてしまいました。御嶽海の寄り切り。大関への足がかりは作らせねえという強さでしたね。

貴景勝×竜電。竜電変化で貴景勝ばったり。竜電の変化なかなかないイメージ。みんなが足を引っ張り合ってますね。

遠藤×白鵬。白鵬張り差しは不発でしたが、かちあげからはたき込みました。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 NHK杯(3):女子シングルSP

久しぶりに銭湯にいってきたマイク松ですこんにちは。交互浴でかなり整ったら、ストレスもいい感じに溶け出しました。これでよかったんや。

NHK杯は女子シングルSP。盛り上がってますねー。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、NHK杯、女子シングルSP。実況は星野さん、解説は荒川姐さん。姐さんの解説の安定感たすかります。

アメリカのメーガン・ウェッセンバーグ。「tainted love」。最初に手あげの3Lzに挑みますが転倒。スピードはあったのですが。3Tは転倒でコンビネーションにならず。次のスピンはシットスピンかな。2Aはしっかり成功。コンビネーションスピンもポジションがいいですね。ステップは悪くない動き。ジャンプがしっかり跳べればまだまだ点を伸ばせそうです。レイバックスピンでフィニッシュ。44.78。

横井ゆは菜。シニアデビューではじめてのNHK杯だそうです。「黒い十人の女」より。3Fはステップアウト。レイバックスピンをここでいれていきます。曲の変化にもうまく対応。キャメルスピンで雰囲気をうまく出したあとで、2Aは流れよく成功。3Lz+3Tを決めてコンビネーションもリカバー。がんばりましたね。ステップは音の取り方がうまいですね。顔芸もしっかり入れられる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。おもしろい演技で好感度高いです。いいぞ。62.67。

オーストラリアのカイラニ・クレイン。中国大会に出てます。「アイ・ライク・イット・ライク・ザット」。最初は3Lo+2Tできました。めずらしいですね。3Lzは回転足りてるか微妙。コンビネーションスピンは姐さんのいうように軸がしっかりしてます。ステップはよく動けてますね。動きの多さでアピール。レイバックスピンでフィニッシュ。終始気合いの入った踊りでがんばってました。でもキスクラが1人。誰かついてあげて。55.82。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。相変わらず衣装が派手です。よくあってる。「マシュ・ケ・ナダ」ほか。2Aは余裕ありますね。助走から3Fにいきますが、上にあがる力に変えられず転倒。コンビネーションスピンからつなぎの部分の踊りがさすがの出来。ああいうのがうまいんですよね。レイバックスピンにつなげて、3Lz+1Tは手をついてしまいましたが、やらないよりはよいとのこと。キャメルスピンからのステップはよく盛り上げていました。まだジャンプは調整中か。49.77。

アメリカのカレン・チェン。けがから徐々に復帰しているよう。「ユー・セイ」。3Lz+2Tは3-2になりました。2Aはばっちり。キャメルスピンは軸が安定。3Loはまずまずです。コンビネーションスピンも質が高いですね。あとはジャンプがしっかりいけてれば、このスパイラルの質もいかせる。そのままステップにいきました。リンクを大きく使ってる。レイバックスピンでフィニッシュ。カレン・チェンがもっとアメリカスケートを盛り上げていく。67.21。

アメリカのスター・アンドリュース。日本にもきましたね。「ユー・ロスト・ミー」。じっくりつなぎ部分を入れて、3T+3Tで最初のエレメンツ。スパイラルをはさんでの2Aもいいですね。キャメルスピンはよく安定してます。3Loはシングルになりました。うーんもったいない。コンビネーションスピンからステップ。このへんの動きはいいんですけどねー。レイバックスピンでフィニッシュ。あのジャンプ抜けが大きい。58.92。

韓国のイム・ウンス。アメリカ大会から音楽と構成を変えてきたそうです。映画「ある日どこかで」より。前に戻したんですね。3Lz+3Tはステップアウト。勢いが足りませんでした。スピンはやはり雰囲気出してる。ステップを前のものに戻してレベルを上げてるらしい。3Fを跳んで、イーグルからの2Aとジャンプも安定しました。レイバックスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。プログラムを変えて自信もって滑ってましたね。65.28。

山下真瑚。「セビリアの理髪師」より。日本でいい演技みせてほしいです。「今の歌声は」。3Lz+3Tはばっちり成功。2Aも助走からスムーズに跳べました。いいぞ。キャメルスピンは難しいポジションも。3Loも決めてジャンプそろえました。シットスピンをてきぱきまわってステップへ。のびのび滑っていていいですね。それが一番。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技できました。65.70。シーズンベスト。

ロシアのアリョーナ・コストルナヤ。日本で新型MSの滑りがみられるとは。「残された世界」より。いい雰囲気をつくってジャンプにいきます。3Aを余裕をもって成功。高い。すごい。3Lzは入る前のエッジワークも難しい。キャメルスピン。は難しいポジションで。難しいステップから3F+3Tはセカンドで手あげ。これはすごいジャンプ。コンビネーションスピンはまた難しいポジション。スピン得意そうですね。ステップは動きのキレが今日一番ですね。バレエの動きも自然。レイバックスピンでフィニッシュ。さすがの演技です。85.04。えらい点出ましたね。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。また足が長くなってる。「Me Voy」。3Lzはコンビネーションの予定でしたが単独。スパイラルからの2Aもしっかり。キャメルスピンはみせる構成。ゴージャスです。3F+1Loはセカンドでタイミングがあいませんでした。レイバックスピンも回転が速い。エレメンツの質はもってるんですよね。世界チャンプですから。そしてステップの表現力も高い。コンビネーションスピンも情感たっぷりに回っていました。素晴らしい演技です。66.84。うーん。

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。はじめてのNHK杯。ジプシー・キングス「バンボレオ」。3F+3Tはまずまずの出来。ちゃんと跳べてる。3Loも成功。レイバックスピンの質も高いですね。ちゃんと跳んでるんですが、順番が悪い。イーグルからの2Aも決めました。ステップは音楽に乗ってるし動きもいいんですが。コンビネーションスピンでフィニッシュ。なんか損してる演技な気がする。ちゃんとできてるのに。63.85。

紀平梨花。赤い衣装になってますね。「ブレックファスト・イン・バグダッド」。3A大きなジャンプで決めました。高さあります。3F+3Tもしっかり。テンポもいいです。キャメルスピンも回転が速い。基本的に技術はしっかりしてるんですよね。けがの影響で3Loにしてます。コンビネーションスピンはきれいなI字スピン。ステップはさすがのパワー。ぐんぐん滑るし。そのままレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技でした。これはすばらしい。79.89。

○SP終わっての順位:(井上陽水トリビュート的に)
1. 飾りじゃないのよコストルナヤは HOHOHO
2. ワインレッドの紀平
3. リバーサイド カレン・チェン
4. ザギトワ時代
5. ジャスト山下
6. イム・ウンスのニュース

コストルナヤがトップ。技術力と安定感がはんぱないですね。それに次ぐのが紀平。3Aの質もさることながら、演技全体の表現力が見るたびに上がってます。いい指導されてます。カレン・チェンが3位にきました。ちょっとたなぼたですが復帰のご褒美ですね。ザギトワさんが4位。ジャンプが抜けたのが痛かったですが、上を狙いましょう。山下は5位。このメンバーで5位は自信になります。イム・ウンスはもう少し高くてもよかった。あと8位の横井も気になるスケーターです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 NHK杯(2):ペアSP

最近なんだか気分が晴れず、ストレスがたまっている感じがあるので、どうにかならないかと考えて、出した結論が宿坊に泊まる、だったマイク松ですこんにちは。少し先ですが予約してきました。富井には絶対寒いといわれましたが強引に。楽しみに毎日を送りたいです。なんならフライングで写経でも始めようかな。

NHK杯はペアSPです。ペアもっともっと盛り上がってほしい。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、NHK杯、ペアSP。実況は鳥海さん、解説は川口さん。原稿通りですがうまく話せてますよ。

三浦璃来&木原龍一。「ノクターナル・アニマルズ」。少しずつ進んでいこうと木原はいっているそうです。いいことですよね。3Twは高さありましたね。3LzThもしっかり跳べましたね。グループ5リバースラッソーリフトはそつなくいけましたね。そして3Tはよくあってたし。ソロスピンもユニゾンばっちり…と思ったら最後はずれました。どんまい。ステップは等間隔で滑れたし、ホールドがついても雰囲気出してる。Dsも入りがスムーズでした。このカップルはフィーリングがあってるし、三浦の技術も高いです。がんばってほしい。62.41。

ロシアのアリーサ・エフィモア&アレキサンダー・コロビン。「カルミナ・ブラーナ」。最初は多少ぎこちなくてもだいじょうぶ。3Twもふわっとキャッチできましたね。ソロジャンプはエフィモアが手をつきました。3LoThは成功。グループ5リバースラッソーリフトはポジションチェンジできました。ソロスピンは前半ずれてましたね。ステップは2人のシンクロがかっこいい。ここは結構練習してますね。Dsはもう少し速度ほしかった。いい演技できました。64.94。川口さんがおもむろにロシア語でほめてました。

アメリカのアレクサ・シメカ・クリエリム&クリス・クリエリム。「キャデラック・レコード」よりビヨンセ「アット・ラスト」。3Twはそつなく。3Tは夫が派手に転倒。ソロスピンはずれましたが速度ありました。ステップはエッジワークはMazumazu。ここは要練習か。3FThはタッチがあったらしい。グループ5リバースラッソーリフトはうまくいきました。Dsは夫がピボットの姿勢にならずにノーカウント。今日はミスが多かったですね。どんまい。63.63。しょんぼりしてます。

ロシアのアナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリアモフ。18/20という若いカップルですが、ジュニアのタイトル総なめ+今シーズンはフランス大会で優勝してます。注目ですね。ララ・ファビアン「je suis malade」。3Twは回転もきれい。3FThはあぶないところでしたがしっかりランディング。3Sはガリアモフがステップアウト。グループ5リバースラッソーリフトは実施がてきぱき。ステップはダンスのような雰囲気をもちながらユニゾンもしっかり。どうもミーシナがリードしているらしい。ソロスピンもチェックしてましたね。Dsまでしっかりいけました。いつもよりもミス多めのような気がしますが、やはり強さは感じました。69.00。

中国のウェンジン・スイ&コン・ハン。貫禄でてきてますね。「ブルース・デラックス」。入りから雰囲気つくってる。スピードに乗ったソロジャンプは3T。しっかり降りました。3FThは大きく高いジャンプ。その中でもブルースを感じさせると川口さん。中盤で3Twをきめます。つなぎ部分もしっかり演じてますね。ステップはほんとに演技ですね。細かく表現を入れてるからエレメンツ感がない。Dsもさらっと流れの中で。軽くRoLiを入れてソロスピン。少し離れました。リバースラッソーリフトからフィニッシュまでばっちり。たすかります。81.27。世界最高得点です。趙宏博兄さんもお喜び。

アメリカのタラ・ケイン&ダニー・オシェイ。「リンクル・イン・タイム」より。3Twはだいぶ低く上がってかついでしまいました。イーグルからの3Sはケインがステップアウト。ここでDs入れてきます。おもしろいところで。スパイラルからの3LoThはツーフットでしたね。あまり調子はよくないみたい。ソロスピンは回転速かったです。ステップは動きがあって曲にもあってる。リバースラッソーリフトはローテもスムーズ。最後はアクロバティックな動きでフィニッシュ。がんばりましたがミスが多かったです。どんまいやで。58.70。

カナダのキルスティン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ。「ラブ・オン・ザ・ブレイン」。スピードあります。最初は3Twはいいキャッチ。つなぎからの3LoThは流れてたしレベル高いジャンプ。Dsも流れにすっと入れてきます。回転も速い。3Tは当たり前のように跳べます。グループ5アクセルラッソーリフトはポジションがきれいで安定してます。今日はソロスピンずれましたが修正。ステップはマリナロのホールドがとてもきれい。最後もかっこいいポーズ。71.21。

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。「クレイジー・イン・ラブ」。最初に小リフトから。3Tはなんとか成功。3Twはまずまずの出来。リフト的なつなぎ部分がクールです。3LoThはちょっとタッチあったかも。リフトは上にあがりませんでした。うーんもったいない。Dsで落ち着こう。ステップはほんとにダンス的な動きもはさんでがんばってます。ソロスピンはばっちりあってました。見事見事。でもリフトがノーカウントなのはきつい。57.55。そりゃそうか。

○SP終わっての順位:(ダイエッター典子的に)
1. ダイエッタースイ・ダイエッターハン
2. ダイエッタームーア=タワーズ・ダイエッターマリナロ
3. ダイエッターミーシナ・ダイエッターガリアモフ
4. ダイエッターエフィモア・ダイエッターコロビン
5. ダイエッタークリエリム夫妻
6. ダイエッター三浦・ダイエッター木原

スイ・ハンは世界最高得点でトップに。だいぶ離れましたね。1組だけほんとに芸術作品としての演技でした。ムーア=タワーズ・マリナロが2位。もうちょい出てもよかった。新鋭ミーシナ・ガリアモフが3位にきました。このまま表彰台はなんとかしたいですね。4位はエフィモア・コロビン。たなぼた的ですが自信にしてほしいです。クリエリム夫妻は5位。DsがノーカウントなのでしょうがないですがFSはいけるでしょう。そして三浦・木原が6位。これまたたなぼた的ですが、木原のいうように1つ1つ上がっていくためには必要でしょう。三浦がんばって。

大相撲11月場所2019:11日目

ジェニーハイ「ジェニーハイストーリー」聞いたマイク松ですこんにちは。自由な音楽でおもしろいです。かなりおすすめ。「ダイエッター典子」がすごい。

九州場所は11日目。力士はダイエットからは自由だ。すてき。

11日目。実況は三輪さん、解説は正面が陸奥親方、向正面が宮城野親方。

照強×勢。勢が幕内で。勝ち越しをかけています。照強の出足につい引いてしまいましたが、まわりこんでまわりこんではたき込みました。これで勝ち越し。早く戻ってこないとですね。

志摩ノ海×大翔丸。大翔丸いいおっつけ。志摩ノ海がたまらず引くと押し出しました。立ち合いからしっかり圧力かけてた。

千代丸×豊山。今日は千代丸突き放していきますが、豊山もよくみて突き押し、千代丸が引いたところを出て押し出しました。豊山落ち着いてましたね。

琴奨菊×千代大龍。行司さんははっけよいといいましたが、審判が止めました。今日は右差しからすぐに下手投げにいってこれが決まりました。まあ差せましたからね。これで通算800勝。

正代×佐田の海。熊本出身対決。がばっともろ差しになったマサヨ。しかしまわしを引いた佐田の海が出て行きますが、マサヨの強烈なうっちゃりが決まりました。佐田の海も見回しましたが物言いなし。あれは見事でしたね。マサヨ勝ち越し。インタビューでは固くなってた固くなってたといっていました。

松鳳山×隆の勝。立ち勝った松鳳山ですが、逆に隆の勝の突き押しをまともに受けてしまって押し出されました。会場に鳥みたいな声の人がいる。

石浦×琴恵光。石浦のいい立ち合い。ふりほどいた琴恵光ですが、下手を差した石浦がすぐに下手投げ。スピード相撲いいですね。

剣翔×輝。剣翔が張り差しにいきましたが、輝ひるまず出て押し出し。いい気迫で輝勝ち越し。めでたいです。

大翔鵬×炎鵬。大翔鵬のかいなをたぐって攻める炎鵬。大翔鵬の張り手をかわして中に入り、寄り切りました。立ち合いのかちあげをくらっても前に出たのがよかったです。

錦木×琴勇輝。突き押す琴勇輝とあてがう錦木ですが、琴勇輝休まず攻めて押し出しました。いい相撲。

玉鷲×阿武咲。立ち合いを止めた玉鷲が突き押しで一気に出て押し出し。さすがの出足ですね。できたら立ち合いから押し込んでください。

大栄翔×明生。突き押しあい。激しい相撲になりました。明生いなしにいきますが、大栄翔の出足を止めきれず押し倒されました。大栄翔は明生に強いみたい。

阿炎×隠岐の海。オッキー兄さんがつっかけた。そのあとの立ち合いは不思議な力でなぜか阿炎の足がもつれてしまい、オッキー兄さんがはたき込み。5-6まで戻してきた。どうも阿炎が横に動こうとして自滅したんですね。摂理のなせる技ァー!

宝富士×朝乃山。立ち合いで差し合いに勝った朝乃山がぱっと寄り切り。宝富士も全然左が差せませんでしたね。

北勝富士×妙義龍。締め込みを変えてきた北勝富士。あてがって出る北勝富士をいなして攻める妙義龍。そして左おっつけから妙義龍が突き落としました。実は大学の先輩後輩対決。

御嶽海×遠藤。立ち合いで押し込んだ御嶽海。しかし遠藤が左を巻き替えて右上手もばっちり。御嶽海も巻き替えたところを出た遠藤が寄り切りました。御嶽海は10勝したかったのですがこれで消えました。四つの技術で勝ちましたね。

貴景勝×碧山。碧山も突き押しからはたきにいきますが、読んでいた貴景勝が突き押して押し出し。問題にしなかったですね。貴景勝は大関で初の勝ち越し。一時はどうなるかと思いましたが、これで一安心。

竜電×白鵬。竜電がもろ差しを狙いましたが、入ったときには白鵬が両上手をばっちりとってました。あおって寄り切り。気迫が違いましたね。