Archive for 3rd 2月 2020

第54回スーパーボウル KC vs. SF

おはようございます!マイク松ですこんにちは。がんばって起きました。

今日はスーパーボウル!どっちが勝ってもうれしいですが、KC勝てるんですかね!

第54回スーパーボウル、KC vs. SF。実況は厚井さん、解説は大橋さん、リポーターは生沢さん。

今日に向けてのレジェンドの紹介やスペシャルムービーが豪華すぎる。オールタイムプロの紹介でベリチックが出てきたときはおもしろかったです。ここはマイアミやから。ブレイディさんもさすがにレジェンドの中では若造ですからね。

KCオフェンス。最初はウィリアムズのランから入りました。しかしパスインコンプリートで3&OUT。むしろ吉兆!パントはPRがファンブルしましたが自分でリカバー。

SFオフェンス。キトルのキャッチに加えてサミュエルのエンドアラウンドで前進。コールマンも元気になりましたね。スペシャルプレーも入れてどうしてもスコアしたいという意気込みを感じます。なんとかレッドゾーン前で止めました。ゴールドがしっかりFGを決めて、SF先制。

KCオフェンス。ランとパスで1stダウンを更新。ケルシーさんへのパスも通り始めた。リズム出てきました。エンドゾーン前ではよく守られ、マホームズのスクランブルで1stダウンを狙いましたが、4th&1。ギャンブルは成功!1ydをマホームズのランでTDとりました!KC逆転!

SFオフェンス。サンダース先輩へのパスで前進。しかしジョーンズがヒットして、ブリーランドがINT!これは大きい!投げ捨てが届きませんでしたね。

KCオフェンスはいいポジションから。ワトキンスに通して1stダウン。フォルススタートとオフサイドの応酬のあと、4th&1をしっかりランでギャンブル成功。もう全部ギャンブルしていこう。エンドゾーン前は守ってFGになりました。バトカーがしっかり決めて3点追加。

SFオフェンス。サミュエルのエンドアラウンド効いてます。そしてモズタートのランが出始めた。コールマンのランも出てます。そしてユーズチェックのキャッチからTD!ユーズチェックのパスキャッチは想定してませんでした。これで同点!

KCオフェンス。ランパス混ぜて前進。このまま前半終わりそうですね。なんとかスコアして終わりたい。しかししっかり守られてパント。時間も使えませんでした。

SFオフェンスは時間流して終わり。かと思ったらKCがタイムアウトとるんか。しかし1stダウン更新されて、今度はSFがタイムアウト。やばい。しかし次のキトルのキャッチはパスインターフェアをとられました。ソレンセン(なぜかFS)のディフェンスが効いた。このまま流して前半終了。10-10ですか。

ハーフタイムショーはジェニファー・ロペスさんシャキーラさん。ダンサーのクオリティがすごい。気合いを感じました。

後半、SFオフェンス。サンダース先輩にパスをヒットさせます。正面のランを出さないですね。うまくディフェンスの裏をかいている。しかし真ん中くらいで止めました。42ydsFGを成功。

KCオフェンス。マホームズがロールアウトからワトキンスへパス成功。じっくりいこう。ランパスのバランスがよくなってきたなと思ったらボサのファンブルフォースがあって大きくロス。そしてマホームズのパスをワーナーがINT!ぎゃー!!なんかいやな予感がしたんですよねー。

SFオフェンスは中央から。サミュエルにパスを通しました。サミュエルよく働きますねー。そしてピンチに今まで投げてなかったボーンに通しました。ユーズチェックのキャッチのあと、モズタートのランでTD!突き放しましたー。

KCオフェンス。元気出していこうぜ。ケルシーさんへのパスで前進。そうこうしているうちに3Q終わりました。サックされますがマホームズのランで挽回。しかし次のパスをヒルがはじいて、ムーアがINT!ぎゃー…。これは痛すぎるー。レッドゾーン前まで進んでたのに。パスが逆リードになってました。

SFオフェンス。ランかなと思ったらキトルへのパス。なんとかKCもよく守ってパントに止めました。でもよく時間も使った。

KCオフェンス。強烈なパスラッシュでなかなか時間がかかります。ヒルへのパスが決まったと思いましたが、チャレンジで覆りました。3rd&15でマホームズがヒルにロングパス成功!さすがです!ケルシーさんへのパスでインターフェアがあって1ydから。ケルシーさんへのパスでTD!3点差に迫りました!起死回生のロングパスが決まった。

SFオフェンス。時間を使いたいところでしたが、3&OUTでパント。ここはディフェンスがんばりました。いいぞスパグニョーロ!

KCオフェンス。マホームズがラッシュをかわしてケルシーさんへのパスを決めます。ジョン・リンチがサイドラインに降りてきてる。そしてワトキンスにパスをとおしてレッドゾーンへ!マホームズのランで進んで、ウィリアムズへのパスでTD!KC逆転!これがアホアホオフェンスやー!

SFオフェンスはあと2:39。KCファンがすごい元気になってきてる。大橋さんはランプレーを切りすぎないようにすることが大事と何度もいってる。不吉だ。オフェンスもよく進んでますが、ディフェンスもよく守ってる。4thダウンギャンブルでガロッポロをサックしました!よっしゃー!

KCオフェンスは時間を使います。SFはタイムアウトで時計を止めます。そしたらウィリアムズが一気に抜けてTDをとりました!これは望外!これは僥倖!ウィリアムズやってくれましたね!アホアホパワーすごい!

SFオフェンス。ガロッポロのロングパスをフラーがINTしました!ここでやってくれますか!

KCオフェンスはニーダウンにいきますが、シャナハンは勝負をあきらめずタイムアウトで時計を止めます。最後は5秒残して、マホームズが大きなロングパスで時間を使って試合終了!SF 20-31 KC。KCがスーパーボウルを制しました!アホアホチャンプや!アンディ・リードおめでとうー!ケルシーさんありがとう!

KCはマホームズが26/42,286yds,2TD,2INT。普段あまり出ないINTが出て苦労はしましたが、2TDパスに加えて9att,29yds,1TDランも。見事にチームを優勝に導きました。ランはウィリアムズが17att,104yds,1TD。1人で100yds走りましたし、パスキャッチでも4rec,29yds,1TD。これでなかなか名前を覚えない富井にも名前を覚えてもらえますよ。レシーブはヒルが9rec,105yds、ケルシーさんは6rec,43yds,1TD。ワトキンスも5rec,98yds。いい活躍してました。ディフェンスはランもパスもやられましたが、ほんとに大事なところでよく止めてました。2INTしてるし上出来。

SFはガロッポロが20/31,219yds,1TD,2INT。カンファレンス・チャンピオンシップでは8回しか投げませんでしたが、しっかり投げたらこんなもんですよね。よくがんばりました。ランは全員で141ydsも走ってるし、サミュエルはパスでも5rec,39yds。レシーバーはたくさんの人がキャッチしてました。ディフェンスは4sck,2INTとしっかりプレッシャーをかけてマホームズを苦しめました。きつかった。

ついにKCがスーパーボウルを50年ぶりに勝ち取りました。富井も喜んでいます。

思えばわれわれがKCを好きになったのは、ディック・ヴァーミール率いる第1次アホアホオフェンスのときでした。トレント・グリーン、プリースト・ホームズ、ダンテ・ホール、ジョニー・モートンなどなどが死ぬほど点を取るオフェンス。今のヤードをたくさん稼ぐオフェンスの走りでしたし、今のKCの第2次アホアホオフェンスのもとになっています。第1次と第2次のアホアホオフェンスの違いは、第1次はむちゃくちゃ点を取るのにそれ以上に点を取られて負けるというものでしたが、第2次はディフェンスも強くて勝てるということでした。

第1次アホアホオフェンスのあとしばらく低迷が続きますが、現在のアンディ・リードをHCに招いて復活。そのために伝説のQB、アレックス・スミスを呼び寄せます。このあたりのくだりを話すと富井が首をひねるのが謎で仕方ないのですが、今に続く強さの基盤はアレックス・スミスが作っているのです。本当です。ジャマール・チャールズとかもがんばってましたが、このあたりからプレーオフには出るもののなかなかスーパーボウルにいけず、しんどい時期が続きました。

そこでですよ、アレックス・スミスを人柱に(死んでない)、マホームズをはじめとするアメイジングウエポンの数々が入ってきて、第2次アホアホオフェンスが始まるのです。そんなにアンディ・リードがアホアホパワーをもっているとは思えないので、スパグニョーロの力もあってなんとディフェンスも強いというチームを作ることができました。そりゃ序盤は点とられますが、アホアホオフェンスがあればすぐ取り返せる。腐海になってもすぐ焼き払える的な自信をつけてスーパーボウルを制したわけです。

ディック・ヴァーミールの変なテンションに導かれKCファンになったという稀有な存在の富井。そんな富井の悲願が叶えられるとは思いませんでした。50年ぶりですからね。おめでとうございます、アンディ・リード。おめでとうございます、富井副部長!