Archive for 3月 2020

イトーヒカルがオンライン取材を受けました

新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう。感染抑制に協力するのも大事ですが、デマや誤った情報に惑わされないことも大事ですよね。マイク松ですこんにちは。

毎日毎日うつうつした日々が続いていますが、当サイトはできるだけスポーツのトピックを取り上げて、おもしろい記事を書いていきたいです。富井はフィギュアスケートをゆっくりレビューしていますがおつきあいください。なんといってもスポーツの試合がまったくないんですからね。僕も書きます。

さて今日は自分的にタイムリーな記事です。

DeNAオンライン取材対応 伊藤光「初めての形」

ころなういるすのせいでスポーツの取材もなかなか大変みたいですが、さすがDeNA、選手の取材をオンラインでやってみたそうです。僕も先日zoom使ってみたんですが、1対1でネットがしっかりしてれば便利なんですよね。

で対応しているのがもとオリ戦士イトーヒカル。たぶんこういうところで一番使われるんですよね。トゥトゥゴーもいなくなったし、手堅く場をまとめてくれるイトーヒカルは選ばれてます。

種いも球団オリックでもそのうちオンライン取材があるかもしれませんね。ところでzoomって、背景を自分の好きなものに変えることができるんです。極東事務所でやると、マイク松が買いそろえたまんがの本棚が背景になってしまうので、便利なんですよね。オリックも好きな背景にすればいいでしょう。

四大陸フィギュアスケート選手権2020(4):男子シングルSP(第3、4、5グループ)

サラメシを見たのですが、アスリートの食事って大変ですね。野菜サラダをノードレッシングで、タンパク質をとるためにニラ玉、ヨーグルト、納豆と・・・もっとカロリーのあるもの食べたい、富井です。お昼に食べたマクドのフライドポテトおいしかったな・・・。
解説は中庭さん、実況は小林さん。

香港のハリソン・ジョンイェン・ウォン。「Lay me down」2Aはなんとか成功。3Lz+2Tもギリギリな感じ。キャメルスピンは回転も速いしポジションがきれい。3Loもギリギリだったかな。シットスピンもいいですね。スピンが上手な選手。ステップシークエンスは丁寧。コンビネーションスピンも個性的。滑りきって舌を出しました。すごく緊張していたみたいです。56.98

台湾のチンイー・ツァオ。「Je suis malade」ツイズルが上手なので最初に入れています。3Aは手をついてしまいました。3S+3Tは流れのあるジャンプ。足替えのキャメルスピンもきれい。ステップシークエンスもゆっくりですが曲にあってます。フライングシットスピンのジャンプの入り方が上手。3Fはもったいない転倒。コンビネーションスピンも凝った作り。62.50

中国のハン・ヤン。「A thousand years」会場からものすごい声援。やっぱり人気があります。中庭さんも「大好きな選手が戻ってきましたね」3Aは着氷が乱れましたが滑りが美しい。素晴らしいスピード。3F+3Tは成功。キャメルスピンもいい。3Lzも素晴らしい。シットスピンも回転が速い。ステップシークエンスも浮遊しているような・・・そこからすぐにコンビネーションスピン。あっという間に終わってしまいました。少々ミスはありましたが特別な選手です。82.32。笑顔がうれしい。

カナダのロマン・サドフスキー。査読好きーと聞こえるのは私だけでしょうか。なんだ、査読って。「Fly me to th moon」新しいカナダのナショナルチャンピオンだそうです。最初が2Sになってしまいました。3Aも転倒。キャメルスピンは体の柔らかさを生かして美しいポジション。3Lz+3Tはなんとか成功。シットスピンも足の長さが美しく映えます。ステップシークエンスはさすがに上手。ナショナルチャンピオンだからな。コンビネーションスピンも回転が速くて美しいです。ああでも、ジャンプがなあ・・・もしかして今のパトリック・チャンが出場したらナショナルチャンピオンだったのでは?カナダ、心配。65.87

鍵山優真。ドラマ「砂の器」より「ピアノ協奏曲『宿命』」。素晴らしいスピードですね。4Tは高さもあって美しいジャンプ、お手本みたいだ。3Aも完璧。キャメルスピンも素晴らしい。3Lz+3Tもすごい。完璧にジャンプをそろえました。ステップシークエンスも身のこなしが美しい。ハン・ヤンのような浮遊感はありませんがまだ16歳なんて思えません。シットスピンもいい。コンビネーションスピンもポジションチェンジが多い。見事。ノーミスどころか非常にレベルの高い演技でした。うーん、こんなに日本男子黄金期が続くとは。すごすぎる。91.61。大喜びですが、それぐらいは出るよね・・・ジャンプが見事。

カナダのナム・ニューエン。「ブルース・フォー・クルック」4S+3Tは成功。3Aも着氷がもう一つに見えましたが着氷。そのまますぐにキャメルスピン。3Fは流れのあるジャンプ。コンビネーションスピンの回転も速い。シットスピンはもう一つかな。ステップシークエンスはジャンプが全部成功しているので余裕ですね。さすがにうまい。ジャンプでミスがなかったのはよかったですね。85.24

アメリカのトモキ・ヒワタシ。「Love runs out」4Tは余裕がある。3Aもいいですね。難しい入りからのシットスピンも回転が速い。キャメルスピンも躍動感がある。3Lz+3Tも素晴らしい。ステップシークエンスもバレエジャンプが高い。エネルギーと躍動感が素晴らしい。コンビネーションスピンはちょっとトラベリングしてしまいましたが若さがあっていいです。88.09。無邪気なキスクラが実況陣に大受け。たしかに修学旅行の中学生かっというノリ。嫌いじゃないです。

アメリカのカムデン・プルキネン。「カルーソ」4Tはなんとか耐えて座った姿勢から立ち上がりました。3A配意ジャンプ。キャメルスピンもOK。シットスピンの回転も速いし姿勢が良い。3Lz+3Tは着氷が乱れてしまいましたがセカンドジャンプをつけました。ステップシークエンスはスピードがありますね。コンビネーションスピンも個性的でいい。デニス・テンに捧げるにふさわしい美しいスケートでした。84.66

オーストラリアのブレンダン・ケリー。「踊るリッツの夜」4T+2Tは途中迷ったようでしたがセカンドジャンプをつけました。4Sの予定でしたが3Sに。キャメルスピンもOK。楽しい振り付けがはいっての3Aでしたがオーバーターン。ステップシークエンスも面白振り付け。足替えのコンビネーションスピンはポジションチェンジが豊富。シットスピンはさいごがちょっと止まりそうでした。76.70

友野一希。「クローマ」宇野の代打出場。4T+3Tは幅のあるジャンプ。4Sも成功。これは大きい。シットスピンの回転も速い。コンビネーションスピンはまずまず。3Aも成功。ステップシークエンスも緩急がある。キャメルスピンもOK。最後まで気迫がありました。でも、ちょっと曲に追われていたような雰囲気。そこがなくなったらもっともっとよくなると思う。ぐんぐん成長している。宇野の代打出場なんてレベルじゃない、素晴らしい友野。88.22。ちょっと悔しそうな表情ですがそれだけの選手になってきたってことですね。

カナダのキーガン・メッシング。エド・シーラン「パーフェクト」結婚式で奥様と一緒に滑った曲らしいです。4T+3Tは成功。スピードのある滑りですね。ものすごいディープエッジ。3Aも成功させました。キャメルスピンもいい。3Lzは軽く成功させました。おお、ノーミス久しぶり。シットスピンも姿勢が良い。ステップシークエンスも難しい。コンビネーションスピンも難易度が高い。さすが結婚式の思い出の曲。見事な出来でした。94.03。良い点でました。フリーも頑張ってほしい。

韓国のチャ・ジュンファン。「ミケランジェロ70」国内では4連覇達成。素晴らしい4S。高さも幅も素晴らしかった。3Lz+3Loも成功。シットスピンもOK。3Aはややバランスを崩しかけるかと思いましたがちゃんと着氷。キャメルスピンも良い。ステップシークエンスも流れるようなスケーティング。コンビネーションスピンも美しいです。おおー、こちらもノーミス。90.37。3Aが回転不足だったとのこと。

羽生結弦。ショパン「バラード第一番」4Sは滑りと溶け込んでいて素晴らしいです。これが羽生。4T+3Tもスキップのように入りますね。キャメルスピンもずっとスピードが同じ。3Aもすっと入ります。シットスピンも手の使い方がドラマチック。ステップシークエンスもOK。コンビネーションスピンもすごい。始まったら最後まで高いところから低いところへ水が流れるようにすっと終わりました。傷のないプログラム。これそ羽生結弦という演技ですね。もちろん1位だけどそれ以上の演技。そしてプーさん拾いに参加。もうフラワーガールだけじゃなくて黒いジャージ姿の大人も拾ってます。111.82(歴代最高得点)
アメリカのジェイソン・ブラウン。「I Can’t Go On Without You」素晴らしいスピードからの3F。これもすごい。3Aも高さがあります。シットスピンも回転が速い。3Lz+3Tも流れのある美しいジャンプ。キャメルスピンは花が開くようです。ステップシークエンスもスピードのコントロールが自由自在。コンビネーションスピンもレイバックポジションが美しい。これもあっという間に終わってしまいました。94.71

中国の金博洋。「First light」4Lz+3Tは最初のジャンプで沈むように降りましたがセカンドジャンプをつけました。4Tは高さがある。キャメルスピンもきれいですね。3Aはややバランスを崩してしまいました。シットスピンも姿勢が低い。ステップシークエンスはスケートが伸びる。ジャンプ以外もうまくなりましたよね。コンビネーションスピンも見応えのあるスピン。ジャンプは完璧ではありませんでしたが、叙情のあるプログラムでした。やるなあ。95.83

○SPを終えての順位
1.羽生結弦
2.金博洋
3.ジェイソン・ブラウン
4.キーガン・メッシング
5.鍵山優真
6.チャ・ジュンファン

1位は貫禄の羽生。羽生らしい、見事な演技でした。難しいジャンプを成功させたいというのはわかりますが、この美しい流れを途切れさせるようならばこれ以上難しいジャンプは必要ないんじゃないかというコーチの気持ちはわかります。

2位の金博洋も確実にうまくなっています。ハン・ヤン贔屓の私ですがそれは認めざるを得ない。そしてジェイソン・ブラウン。そうそう、ジャンプだけじゃない。やっぱりフィギュアスケートはスケーティングの技術ですよねー、とジェイソン・ブラウンを見ると思います。それを言えば、4位のキーガン・メッシングも最高なのです。なんでカナダで優勝できなかったのかさっぱりわからない。こんなに素敵なのに。ぜひ、フリーもそろえてほしい。力はある。ただ意識すると力を出し切れない。ファンからしたら今日のもちょっとステップぐらいから動きが硬かったなー。禅とかやってみてはいかがだろうか。

もう最高、最高の連発になりますが、鍵山優真も素晴らしすぎる。あの流れのあるジャンプ!世界選手権でメダルを取るのも時間の問題という気がしています。6位のチャ・ジュンファンも自国開催を盛り上げました。3Aの回転不足だけでしたね。あれもぱっと見良いジャンプに見えましたが。

7位には友野一希がつけています。さなぎから蝶に変わる瞬間を見ているようです。

ハニューの演技をいろんなところで流してみよう

さよなら志村。ころなういるすが憎いマイク松ですこんにちは。まだまだ生きていてほしかった。みんな志村の死を無駄にしてはいけない。志村のためにウイルスに打ち勝とう。

さて、ウイルスの消滅を願うにはアマビエの絵を描くなどの方法がありますが、NHKはこの方法を選びました。

羽生結弦 10年間の軌跡~NHK杯フィギュア~

アマビエのエピソード的にいえば、「感染症がはやったときは私の映像を多くの人に見せなさい」ですよね。安倍晴明の演技では会場の邪気を祓いまくる演技をみせていたハニューであれば、ウイルスも浄化できるはずです。

さあ老いも若きも夜の街に行くのはやめて、ハニューの演技をみんなでみましょう。そしたら外出もしなくなって効果的。できたらついでに過去のフィギュアスケートの名演技も加えて毎日流しましょう。40分ハニュー、10分ホンダバン的な感じで。なんでもいいからウイルスなくなれ~!!

ミッキー兄さんの写し絵をいろんな人にみせてみよう

なんか最近、古い友達からメールがくることがあるんですが、これも自粛の効果なのかなと思うマイク松ですこんにちは。こういうのはいいですよね。

さて、ころなういるすのせいで大変な毎日が続いています。感染抑制のためにみんなでがんばりたいところですが、今とある妖怪が話題になっているようですね。

疫病よけの妖怪「アマビエ」SNSでのイラスト投稿が活況

あー知ってますアマビエ。水木先生が描いておられたと思って、決定版 日本妖怪大全で確かめてみました。水木先生も分厚くて枕になるとおっしゃってる、情報量の多いお得な本です。ちゃんとアマビエものってました。画像検索するとぴかぴかしてるのが出てくると思います。

アマビエは熊本県の妖怪というか妖精に近い存在で、住民がなんかぴかぴか光るものがあるのでいってみたら、「オッスオラアマビエ!これから6年くらい豊作が続くけど、疫病がはやったら、オラの姿を絵に描いて、人々にみせてくれよな!」(意訳)とおっしゃったそうです。ということで今SNSでアマビエの絵を描いてシェアするというのがはやっているそうです。

でもこの話聞いて、わたくしマイク松は思いました。「これってミッキー兄さんじゃね?」と。もちろんミッキー兄さんは妖精でも妖怪でもなく、永世大関あるいは稽古場横綱なのですが(まあこれもある意味妖怪ですよね)、なんだか通じるものがあるのです。

まずアマビエは自分からアマビエと名乗ったそうなのですが、この率直さ、フランクさって、「スランプ、もうヤダ」につながりますよね。ね。そしてぴかぴか光る人魚みたいなのって、兄さんが釣った真鯛なんじゃないですかね。

そして「これから6年くらい豊作」は、「これから6場所くらい8勝7敗」という伝説に通底するものがあります。ただでさえ高い確率で勝ち越してしまうありがたい存在なのに、そんな伝説まであるとなると。もはや絵姿をうつす準備を始めてしまいます。

ちなみにミッキー兄さんがトゥバークでトゥイホーされた年は2010年なのですが、実はその前年に、新型インフルエンザが流行してるんですよね。例のあの子は谷を守ったのじゃ的なエピソードですが、ミッキー兄さんは大相撲を守るかたわら、実は新型インフルエンザを鎮めた可能性があります。ほら、あのときミッキー兄さんの写真が連日スポーツ新聞に載ってたじゃないですか。犯罪者的に。

こうしんどい日々が続くと、ころなういるすを鎮めるために役立つなら、なんでもやってみたいじゃないですか。絵心のある方は、アマビエをうつして人に見せて下さい。僕はミッキー兄さんの記事を書いてネットに流します。なので絵に自信のない方は、アマビエとミッキー兄さんを画像検索するといいでしょう。なんでもいいからウイルスなくなれ~!!

四大陸フィギュアスケート選手権2020(3):男子シングルSP(第1、第2グループ)

スポーツがないのでこの男子から丁寧丁寧丁寧にやりますよ。サカナクション、いいですよね、富井です。今まで飛ばしていた第1、第2グループからですが、続きの3、4、5はまた日を改めてやります。丁寧丁寧丁寧にやります。
解説は中庭さん、実況は小林さん。

オーストラリアのジョーダン・ドッズ。26歳初出場。「アディオス・ノニーノ」3T+3Tは間にターンが入りました。3Sは成功。シットスピンはちょっと短すぎないかな。キャメルスピンはゆっくりたっぷり回りました。2Aはなんとか着氷。ステップシークエンスもゆっくりですが楽しそうでいいです。コンビネーションスピンはOK。初出場、一番滑走をなんとかまとめられました。50.74

韓国のイ・ジュンヒョン。「エターナリー」3Aは幅のある良いジャンプ。3Loはステップアウト。キャメルスピンもまずまず。3F+3Tも成功。シットスピンはポジションが良いですね。ステップシークエンスも音楽に合った振り付け。さすが出場8回目ともなると貫禄があります。コンビネーションスピンも変化が多彩。よいできでした。72.74

フィリピンのクリストファー・カルーザ。懐かしい。6年ぶりの出場だそうです。ドビュッシー「月の光」。2Aは成功。3Lo+3Loは転倒。足替えのキャメルスピンもまずまず。3Lzは高さがありました。ステップシークエンスはスピードがある。自分の振り付けだそうですがよく音を拾っています。シットスピンも姿勢が低い。コンビネーションスピンも音楽の終わりによく合わせました。一度引退をしていたらしいですがその分、意識が高い演技でした。良いもの見たなー。60.70

タイのマイカ・カイ・リネット。「アメクサ」ほか。動きがシャープ。3Aは転倒。ステップシークエンスも姿勢が美しい。3Lzは成功させました。足替えのキャメルスピンは途中でバランスを崩しかけました立て直しました。3Fもステップアウト。シットスピンはOK。コンビネーションスピンは上手。50.77

オーストラリアのジェームズ・ミン。ベートーベン「月光」3Aは着氷がもう一つ。3Lz+3Tは成功。キャメルスピンは姿勢が良いし回転も速い。シットスピンも素晴らしいですね。3Fは転倒。ステップシークエンスはなかなかスピードもあって良いです。コンビネーションスピンも回転が速くて良い。フリップの転倒がもったいなかったけどこれから上手になりそうですね。59.71

韓国のイ・シヒョン。ジュニアとの掛け持ち。「Elena&Lila」ほか。3Aはステップアウト。3Fは流れのある良いジャンプ。シットスピンの回転も速い。3Lz+3Tは成功。キャメルスピンもドーナツの形が優雅。ステップシークエンスは身のこなしがいいですね。コンビネーションスピンもすばらしい。韓国男子も層が厚くなってますね。67.00

台湾のマイカ・タン。アメリカ生まれの20歳。「フィーリング・グッド」高さはありましたが2Aに。3F+2Tはよくセカンドジャンプをつけました。シットスピンはちょっと止まりそう。2Sはカウントになりません。もったいない。ステップシークエンスは曲にあったおしゃれなステップでしたが途中で転倒してしまいました。面白い入り方のキャメルスピンは個性的。コンビネーションスピンも回転が速くてよかったのですが、2Sが残念でしたね。ポテンシャルが高い選手だと思うのですが・・・。45.91

中国の張鶴。「Don’t stop the music」高さのある4S。流れはありませんでしたが着氷しました。3Aは良いジャンプ。キャメルスピンは回転が止まりそう。3Lz+2Tはターンが入りました。シットスピンもゆっくり回転。ステップシークエンスは激しい動き。ツイズルが上手なのでスピンももっと回転速くて良いと思うんですが。コンビネーションスピンはまずまず。すごく良いところとおやおやと思うところと差が激しい。71.58

フィリピンのエドリアン・ポール・セレスティーノ。カルロス・サンタナ「ブラックマジックウーマン」以前はカナダの選手で今回初出場。スピードのあるスケーティング。3Lz+3Tはきれいなジャンプ。2Aになりましたが流れはありました。コンビネーションスピンも回転軸がきれい。3Loは足をついてしまったかな。アップライトスピンは回転が速い。ステップシークエンスはおもしろい。足替えのシットスピンもまずまず。65.11

メキシコのドノバン・カリーリョ。きました、美しい笑顔のカリーリョ。小林さんが「応援したくなる・・・」という選手ですよ。韓国でも人気があるようです。「インザムード」ゆっくりと入った3Aは成功。3Lz+3Tは高さがなかったけど着氷できました。足替えのコンビネーションスピンは体が柔らかい。ステップシークエンスはスケーティングは重いですが上半身が楽しい動き。3Fもなんとか成功。キャメルスピンもポジションが素敵。コンビネーションスピンもよかったですね。良い出来にやっぱり小林さんがうれしそう。リンク閉鎖で家族で移ったとか、メキシコ国内で練習しているとか情報が細かい。73.13。パーソナルベストで暫定一位。よかったですね、小林さん。

気分が良いのでつづきはまた今度♪

リアルに日本を救った話

無観客の大相撲は開催されましたが、フィギュアスケート世界選手権もカーリング世界選手権もプロ野球もMLBもなくなり、完全にネタが尽きました、富井です。(とはいいながらまだフィギュアスケート四大陸選手権がありました、このあとやります)

さて、阪神の藤浪選手が嗅覚障害を訴えて検査したところコロナウイルス陽性反応が出たというのがニュースになりましたが、実はそのニュースを見てた国立がんセンターの看護師さんがもしかして自分も感染しているのではないかと検査したところ、陽性だったらしいですね。

それまで嗅覚障害、味覚障害がコロナウイルスによって引き起こされるとは広く知られていませんでしたが、藤浪選手が公表したことで国立がんセンターがクラスターとなってしまうことを防いだわけです。もうこれはリアルに藤浪選手が日本を救っています。

この年末どうなるかわかりませんが、早速フォルススタートアワードにノミネートしたいと思います。

朝乃山は大関に、蒼国来は親方に

フジナミさん、ハヤタ、長坂が入院。おだいじにしてください。マイク松ですこんにちは。必ずしも症状じゃないみたいですが、ごはんがおいしくたべられるとうれしくなります。

さて、春場所が終わりましたが、春場所までの成績が評価され、朝乃山が大関になりました。おめでとうございます。口上は「謹んでお受け致します。大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」とのことでした。「正義を全うする」というのはいい言葉ですね。もちろんトゥバークとかに手を出さないとかは大事なのですが(なんでやミッキー兄さん関係ないやろ)(ありますよ)、朝乃山にとっての正義を全うしたいという意志を感じます。大関にとっての正義とは、勝つこと、勝ち越すことは当然のことです。優勝争いに毎回からむ、優勝する、そして横綱になるということです。くれぐれもカドバンローテの一員になるとか勘弁して下さいね。

そんな快挙の裏で、これまた大快挙を達成した人がいました。蒼国来が引退し、荒汐親方として部屋を継承するとのことです。

もちろん引退なので寂しいところもありますが、蒼国来は中国からやってきて力士になり、一度ヤオチョー問題で解雇されたのに、そこから解雇無効を勝ち取って復帰したという、ある意味偉人です。ミッキー兄さんも復帰させたかった。そんな蒼国来が引退して国に帰るとかじゃなく、親方になって部屋を継承するとか熱い展開ですよね。いつの間にか日本国籍もとっていたのです。

もう相撲がとれないミッキー兄さんとか、そういう意味で荒汐親方よりも苦労した人はいるかもしれませんが、その苦労をもって親方になった人は荒汐親方だけ。いわば平成で最も苦労した親方とある意味いえるでしょう。根性、我慢、努力、あきらめない。本当の意味でこれが口にできる親方なら、いい弟子を育てられるでしょう。期待しています。

大相撲3月場所2020:千秋楽とプチ総括

さっきネットでミンポーのニュースみたのですが、自粛要請に従わない若者をモザイクで次々ととりあげる内容でした。むちゃくちゃ悪意満載。オマエらに緊張感がないんじゃないかと思うマイク松ですこんにちは。ちゃんと守ってる人を励ましていこうぜ。

おそくなりましたが、春場所は千秋楽です。トピックは3つ。優勝は横綱の相星決戦で決まる、朝乃山は大関になれるのか、そしてオッキー兄さんのハチナナです。

千秋楽。実況は解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

石浦×碧山。石浦まわしをとりました。碧山につかまらないように動き回って、ぶんぶん振り回して寄り切りました。碧山は技能賞をとったんですが、惜しかったとしょんぼりしてました。

大奄美×照強。照強どんどん中に入って攻めるが、大奄美もかかえてつかまえます。しかしがんばって寄り立てた照強が寄り切りました。よくがんばった。

千代大龍×志摩ノ海。千代大龍九重メソッドですが、残した志摩ノ海がおっつけて寄り切りました。9勝目。今場所はいいところみせましたね。

佐田の海×錦木。佐田の海が前まわしをとりましたが、錦木がつり出しました。幕内残留に届いたか。

琴ノ若×栃ノ心。突き押しあいに。おっつけから琴ノ若が右四つ左上手。栃ノ心は上手をとりにいくと琴ノ若が出し投げで応戦。栃ノ心はなんとか形を作ろうとします。琴ノ若は下手もとって上手ひねりで倒しました。栃ノ心に勝ったのは自信になるかも。

明生×輝。勝ち越しをかけての一番。明生よく戻してきました。輝の突き押しをたぐっていきますが、輝が押し出しました。輝は実は7-7だったんですね。明生は負け越しもよくがんばりました。

妙義龍×栃煌山。もろ差しになった栃煌山、妙義龍が首投げにいきますがすっぽぬけて介護みたいな決まり手になりました。不思議。

竜電×東龍。竜電がもろ手から右上手をとりました。前まわしもとって寄り切り。東龍は後手後手で形を作れませんでした。

魁聖×阿炎。阿炎がもろ手で突き放して、崩したところを押し出しました。結果は7-8。

炎鵬×勢。中に入った炎鵬が引っ張るような形での下手投げ。勢も体を預けていきますが及ばず。炎鵬負け越しましたが6-9にできましたね。

十両は琴勝峰が優勝。新しい佐渡ケ嶽部屋の力士ですね。三段目は宇良が優勝!はやく幕内に戻ってほしいです。地元ですしね。

阿武咲×御嶽海。阿武咲の圧力に御嶽海引いてしまいました。阿武咲押し出しで9勝目。いい相撲とれました。さすが殊勲賞。

豊山×千代丸。7-7同士。おっつけて出る千代丸ですが、土俵際で豊山が突き落とし。物言いで豊山の勝ちになりました。千代丸も2日休場でもがんばったんですが。今場所は災難でしたね。

玉鷲×徳勝龍。玉鷲どんどん突いていきます。徳勝龍いっぺんつかまえましたが、玉鷲がのど輪で押し出しました。終盤は本来の相撲を取り戻した玉鷲、来場所は期待したいです。徳勝龍はこんなもんです。落ち込んでもいないでしょう。いつも通りや。

隠岐の海×琴奨菊。さて!オッキー兄さん登場です。ハチナナをかけた一番。相手は菊ですがだいじょうぶでしょう。プロビデンスはオマエに味方している!左四つで菊がどんどん攻めていきますが、不思議な上手投げでなんとか勝ちました。菊惜しかった。最後の相手がオッキー兄さんでさえなければ。

大栄翔×霧馬山。大栄翔どんどん押していきますが、霧馬山が土俵際で突き落とし。このあたりの勘がいいですよね霧馬山。

宝富士×遠藤。遠藤前まわしをとろうとしますが、宝富士が待ってたようにおっつけて押し出しました。遠藤負け越し。宝富士が差してくると思ったかもしれないですね。

北勝富士×松鳳山。松鳳山変化も北勝富士残してどんどん押していきます。しかしそのたびに松鳳山がまわりこんで、なんとか送り出しました。この動きができるんですからまだまだできる。今場所は2人とも負けが込んでましたが。

隆の勝×正代。はずからおっつける隆の勝。マサヨに差させず押し出しました。まじか。隆の勝敢闘賞にふさわしい活躍でしたね。今場所は飛躍の場所になりました。

貴景勝×朝乃山。貴景勝は勝ち越し、朝乃山は大関に向けて、どちらも負けられない一番になりました。貴景勝押し込んではたきますが、朝乃山が下がりながらも左を差して逆に出て行きます。最後は朝乃山押し倒しました。貴景勝は負け越し、来場所はカドバンです。朝乃山なんとか最後は勝てましたね。来場所はどうなるのかな…?北の富士さんは「よし!あげよう!」と認定してました。

白鵬×鶴竜。勝った方が優勝です。横綱の千秋楽相星決戦は7年ぶりだそうです。鶴竜が立ち合いで上手をとりますが、白鵬が巻き替えて左四つ右上手。鶴竜が巻き替えにいったところを肩をねじ込んで寄り切りました。白鵬は見事な取り口でした。これで優勝。

白鵬もモチベーションの持って行き方が難しかったとのことでした。でも場所を盛り上げてくれてほんとに助かりました。なんもなかったらほんとにつらかった。最後の表彰式は力士が砂かぶり席に並んでました。

そして場所が終わって、朝乃山の大関昇進が事実上決まったそうです。よかったですね。

無観客場所という非常事態は、白鵬の優勝で幕を閉じました。そりゃ不思議な感覚ですよね。でも相撲のいろんな価値があらためてわかった気がします。次はお客さん満載の場所がみたいんですが…。

みんなが苦労した場所でがんばった力士もいました。三賞もらった3人は輝いてましたね。碧山はほんとに優勝に近づいたのですがもったいない。阿武咲は本来の力を出してましたし、隆の勝がすばらしかったです。あれだけできるとは。

朝乃山は物足りないとは思いますが、この場所で11勝は立派といえるのかもしれません。あとは幕内下位に9勝が多いのですが、その中でも琴ノ若は立派でした。佐渡ケ嶽部屋黄金期をつくろう。

今場所は大負けする人が多かったです。反省反省とか思いますが、お客さんがいないと盛り上がりませんよね。めちゃくちゃ塩まいてるのにしーんってなってる照強はほんとにがんばりました。

来場所は本当に開催されるのでしょうか。やってほしい。相撲がある日常はほんとに貴重です。国技としての価値を再確認しました。それまで力士のみなさんはしっかり稽古して、土俵をどんどん踏みしめて下さい。

最後にオッキー兄さんについて。オッキー兄さんはハチナナでした。関西の感染拡大を防ぐためのハチナナ、清めのハチナナですよ。プロビデンスにそんな力はない?オッキー兄さんがどこ出身の力士かお忘れですか?この期に及んでまだ感染者を出さない島根出身ですよ。

島根の友人によると、島根は飛沫どころか人も寄せ付けない中国山地という高い壁と、出雲大社のご加護があるからだといっていました。そんな島根を体現するオッキー兄さんですよ。その人がハチナナですよ。清めるはずです。しかも先場所に続いて2連続です。あの子は谷を守ったのじゃ。

5月場所の頃に収束していればいいのですが、もしまだ収束していなければ、むしろオッキー兄さん場所として、オッキー兄さんを優勝させるというのはどうでしょうか。もはや神事みたいな感じで優勝したとたんに世界からウイルスが消滅するというシナリオ、十分考えられます。来場所もとにかくやってほしいなあ。

大相撲3月場所2020:14日目

東京のサイトみたいに、どこでもあのフォーマットでグラフにまとめてほしいマイク松ですこんにちは。兵庫県は生データもってるのに、未だにテーブルで律儀にまとめています。富井なんか自分でグラフつくってるんですよ。エクセル上で。

春場所は14日目。どの場所でも同じフォーマットの大相撲です。

実況は三瓶さん、解説は正面が尾車親方、向正面が稲川親方。

琴ノ若×錦木。右を差した琴ノ若。前に出て錦木が足が流れたところを上手出し投げで倒しました。やっと琴ノ若勝ち越し。苦労しましたがよかったですね。

石浦×明生。両者いい当たり。明生が出るところを石浦が小手投げでなんとか勝ちました。明生おしかった。

志摩ノ海×勢。勢が押し込みますが志摩ノ海は押し返す。もろ差しになって出ますが、勢も残してまた中央へ。勢がはたいて差したところで逆に志摩ノ海が突き落としました。なんとか勝った志摩ノ海勝ち越し。

千代大龍×琴奨菊。千代大龍を得意とする菊ですが、今日は千代大龍の変化ではたき込み。7-7になりました。

千代丸×照強。勝った方が勝ち越し。千代丸が突き押していくが、はずから照強が押し返して、まわりこむ千代丸を追って押し出しました。はずからのおっつけが効きましたね。地元で幕内として初の勝ち越しらしい。

東龍×栃煌山。左を差した栃煌山、もろ差しになったところで東龍がふりほどこうとしますが、そこで栃煌山が突き出しました。まだ2勝目。

松鳳山×佐田の海。松鳳山張り差しにいきますが、佐田の海が気にせず寄り切り。松鳳山の張り差しも読まれてますよね。

大奄美×玉鷲。玉鷲のど輪からおっつけで押し出し。やっと自分の相撲がとれてきましたね。おそいけど。

炎鵬×妙義龍。妙義龍よくみて上手をとりました。でていくところで炎鵬が下手投げにいきますが、なんとか上手投げで勝ちました。あそこまでやられないうちに勝ちたいところ。

豊山×栃ノ心。突き押しあいになりますが、栃ノ心が肩すかし。豊山足が出ませんでした。でも今日は栃ノ心がいい突き押しでした。

隆の勝×御嶽海。負けた方が優勝のかのうせいがなくなるらしい。立ち合いは隆の勝。あおるように押し込んで寄り切りました!御嶽海あっけないですね。隆の勝に完全に起こされて押し出されました。隆の勝いい相撲でした。

隠岐の海×霧馬山。オッキー兄さん右を差して右四つ。上手をとっていい形にもっていきたいところでしたが、先に霧馬山に上手ひねりをくらってしまいました。まあ摂理的には計算通り。これでころなういるすを消滅させようというわけだな…。(ゴクリ)

魁聖×徳勝龍。徳勝龍のど輪も左四つに。魁聖が出たところを徳勝龍が土俵際で体を開いて突き落としました。例のやつですね。でもあんまり今場所は決まってない。

大栄翔×竜電。竜電いい踏み込みですが、大栄翔がどんどん押してくる。竜電はおっつけやたぐりで対抗するが、どんどん押してくる大栄翔がのど輪から押し倒しました。休まない攻めが勝利のひけつ。やっと勝ち越しました。

北勝富士×輝。低い立ち合いの北勝富士がおっつけから押し出し。終盤になって輝の調子よくないですね。

阿炎×遠藤。阿炎もろ手から起こして引き落とし。遠藤またしてやられたという感じですかね。

宝富士×正代。マサヨもろ差しから寄り切り。宝富士の差し手はブロックしていました。マサヨ三役で初めての勝ち越し。いいことです。

貴景勝×阿武咲。貴景勝が突き押し。阿武咲も引いてしまい、貴景勝が押し出しました。今日はいい相撲とれました。千秋楽に勝ち越しをかけるのですが相手は朝乃山です。

白鵬×碧山。碧山ここで勝てば大きいのですが、差せず押していくと白鵬がいなして突き落としました。うーん。昨日の負けが大きかったなー。

朝乃山×鶴竜。なんとか横綱に勝ちたいところ。右四つになりました。両者上手を狙いますがその前に朝乃山が寄っていきます。鶴竜はまわりこんで、投げの打ち合いになりました。物言いでチェックして、朝乃山のひじが先についていました。鶴竜の勝ち。結局横綱決戦になりました。朝乃山は大関昇進に向けて黄色信号。

大相撲3月場所2020:13日目

富井とウォーキングをしながら、「懐が深い人」というのは相撲のことで、度量がある人は大きいか広いじゃないか、といっていたのですが、広いも大きいも誤用ぽく、深いが正しいようです。でも第1の意味は相撲のことなんだそうです。結構相撲って日本語に影響大きいなと思うマイク松ですこんにちは。

春場所は13日目。懐の深い力士の優勝はあるんでしょうか。

13日目。実況は太田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が雷親方。

琴ノ若×勢。差し手争いから左四つになりました。勢は逆の四つでしたが、右上手をとって寄り切りました。琴ノ若プレッシャーか勝てないですね。まだまだある。心配しないで。

石浦×志摩ノ海。石浦前まわしをとったが、志摩ノ海落ち着いて切って、押し出しました。

千代大龍×明生。千代大龍変化しましたが、しっかりくいついた明生が寄り切りました。みっともな。お客さんいないからってみっともない相撲をとっていいわけじゃない。

千代丸×栃煌山。千代丸が突き放します。しかし栃煌山もいい感じで押していく。押し込みますが、千代丸が引き落としました。勝てないときは何をやってもうまくいかないですね。

佐田の海×大奄美。大奄美頭から当たって押し込みますが、佐田の海が下がりながら上手をとって、上手投げで勝ちました。

琴奨菊×栃ノ心。立ち勝った栃ノ心ですが、なぜか押し込んだのが菊。がぶって寄り切りました。菊らしい相撲。栃ノ心は負け越し。

隆の勝×碧山。北の富士さんが「今日は引いちゃだめだよ」といったのが効いたのか、碧山立ち合いからどん引き。隆の勝が押し出しました。全然だめでしたね。心の弱さが出た。オマエもプロビデンスの影響下にあるのか…?あそこで勝っていれば…。

魁聖×霧馬山。霧馬山まわしをとりにいって横にくいつきました。寄っていって最後は送り出し。魁聖も何もできませんでした。

東龍×玉鷲。玉鷲一気に押し出し。やっと玉鷲らしい相撲が出ました。遅いけど。

妙義龍×錦木。右をねじこんだ妙義龍でしたが、錦木が土俵際ですくい投げで逆転。なんともなあ。

照強×阿武咲。照強どうしたかったのかわかりませんが、なぜか阿武咲にはずから押されにいく感じでした。謎展開で阿武咲押し出し。

宝富士×御嶽海。優勝ラインが下がってきて御嶽海にもチャンスが。宝富士は引いて組もうとしましたが御嶽海が押し出しました。まだあきらめない。

松鳳山×徳勝龍。松鳳山が差したところで、徳勝龍がそのかいなをもってとったり気味に出ます。微妙でしたが物言いで、松鳳山が引っ張られながらも俵の上で残していて勝ちました。よく残しましたね。

隠岐の海×豊山。なぜか豊山に強いオッキー兄さん。左からはさみつけて動きを封じ、右から突き落とし。いいぞいいぞ。順調にハチナナに近づいていますが、摂理を破ることはできるのか。できないのか。

大栄翔×炎鵬。大栄翔が一気に出ましたが、炎鵬が土俵際小手投げ。物言いがついて同体取り直しになりました。手をついたのは大栄翔でしたが、炎鵬の体がなくなっていました。取り直しは大栄翔がどんどんでていきますが、土俵際でぱっと体をかわした炎鵬が引き落としました。今日の動きはキレありましたね。

輝×遠藤。石川対決。遠藤左差しでいい体勢。輝も上手をとりたいですが、遠藤がしっかりケアしてとらせず寄り切りました。今日は輝も後手にまわってしまいましたね。

北勝富士×竜電。北勝富士がいい当たりからおっつけで出ます。竜電上手が切れましたが、かまわず出て寄り切り。北勝富士立ち合いはよかったんですが。

阿炎×正代。阿炎の突き押しを受けながら必死にあてがうマサヨ。引くまで耐える感じで、阿炎が引いたところを押し倒しました。これがマサヨの相撲。阿炎は負け越し。

貴景勝×鶴竜。貴景勝当たっていなすが鶴竜崩れず、上手をとって寄り切りました。貴景勝馬力がないですね。

白鵬×朝乃山。朝乃山にとってはどっちか横綱を倒すととても印象がいいですよね。がんばってほしい。しかし白鵬右四つ。朝乃山土俵際で突き落としにいきますが、白鵬が寄り切りました。これで3人が2敗で並ぶ展開。

タネヒルさんが長期契約ゲット!でも他もいろいろ動いてる

オリンピック延期。しょうがないですよね。延期するのも大変だと思いますが、1年またオリンピックをたのしみにしましょう。マイク松ですこんにちは。

さて、ブレイディさんがTBに移籍というビッグニュースがあったNFLですが、他にもたくさん動きがありました。まずこの人をとりあげさせてくださいませ。

QBタネヒルとタイタンズが4年の契約延長に同意

記事のリード文に「晴れてライアン・タネヒルはナッシュビルで家を購入することが可能になった」とあるのがまた泣かせますよね、いるかファンにとっては。いるかからTENにいったタネヒルさんはなぜかプレーオフ出場の原動力となり、プレーオフでもいい活躍みせました。そのかいあって、TENと4年契約だそうです。おめでとうございます。これからもがんばってくださいね。いるかはどうなるかわかりませんが。

この契約が成立したので、TENは今回の最重要課題、デリック・ヘンリーにフランチャイズタグを貼ることができました。ヘンリーはどうせいい契約そのうちあるから。ちょっとまってて。なおはじき出される形になったマリオタはOAKに移籍するそうで、いるかにくることはなかったようです。

同じくタグといえば、DALはプレスコットを独占的フランチャイズタグに指定だそうです。いいんじゃないですかね。

契約といえばブリーズさんがNOと2年53億円で契約延長。よかったですねセインツ。まだまだブリーズさんはやれる。でもブレイディさんが同じ地区にきてしまいましたね…。テイサム・ヒルはどうなったんだろう。MINがQBカズンズと2年70億円で契約延長だそうですね。カーク船長もがんばったし、いいと思います。LACを出たヤジくんは1年27億円でINDと契約しました。ラックの穴埋めですが、まだヤジくんも意気軒昂ですからね。INDで一花咲かせよう。

なにげにビッグニュースなのが、CARがキャム・ニュートンにトレード許可を出しました。最近けががちだったニュートンですが、代わりはNOからブリッジウォーターを連れてきたのです。ブリーズさんがけがしていた間にしっかり代役を務めて、もうけがは完治したことをアピールできましたよね。ということでニュートンは事実上お払い箱になりました。なんか東の方のあったかいところにQB足りないところがあるらしいですよ…?

フォールズがトレードでJAXからCHIへもビッグニュースですよね。CHIはトゥルビスキーでいくんじゃないのかと思ったのですが、どうも昨シーズンはあまりよくなかったみたいで。フォールズでもトゥルビスキーでもどっちでもいける上に、競争させていい感じになるし、もしフォールズが先発になったらますますCHI強くなりますよね。そういうQB陣いいな。JAXはミンシューがものになるということで、フォールズをバックアップでもっとくよりはということのよう。トゥルビスキーはバックアップなんですかね。なんてもったいないことするんだ。

あとはDENがフラッコをリリースくらいですかね。フラッコも東の方にQB足りないところがあるらしいとお伝えしたい。なんかみんないいなー。フランチャイズQBって大事ですよね。

大相撲3月場所2020:12日目

外に出づらいので巣ごもり消費が盛り上がるんですかね。マイク松ですこんにちは。僕らはサカナクション「SAKANAQUARIUM 2019」みてます。すごいクオリティのライブ。レコ初ツアーなので充実してるし、新しい曲があると前の曲の聞こえ方も違ってきますね。

春場所は12日目。実は↑のリード文を考えているうちにアップするの忘れてました。

12日目。実況は解説は正面がハライソ親方、向正面が舞の海さん。

琴奨菊×錦木。菊いい立ち合いで押し込むのですが、錦木のいなしで崩れてしまいました。引き落とし。ひざが心配です。

石浦×琴ノ若。石浦を正面において突いていく琴ノ若ですが、石浦がいなしからもろ差しになって崩しました。決まり手は押し倒し。石浦勝ち越しですか。いいことです。

明生×照強。照強変化から送り出し。すばやい動きで明生も何もできませんでした。つらい。

佐田の海×東龍。佐田の海が左差し。東龍が上手とったり小手に振ったりしましたが、佐田の海は崩れず、左から寄りきりました。力強い四つ相撲。

大奄美×栃煌山。左上手をとった大奄美が寄り切り。栃煌山もつかまえられてしまいましたね。

千代丸×栃ノ心。千代丸のもろ手を受けながらも差した栃ノ心でしたが、あごが上がったところを千代丸の突き落としをくらってしまいました。

松鳳山×魁聖。松鳳山もろ差しになりました。魁聖は外四つで胸をあわせます。松鳳山も動きがとれなくなり、魁聖の寄り切り。松鳳山作戦自体は悪くないのですが、その後の展開で悪い方に持ち込まれますね。どうも緊張していて、間違えて力水を飲んでしまったらしい。おもしろい。でも勝ち越してとてもうれしそう。

志摩ノ海×霧馬山。霧馬山が前まわしと左上手。頭をつけて寄り切りました。とてもいい形を作れましたね。

宝富士×千代大龍。勝ち越しのかかる両者。千代大龍突き押して出ますが、宝富士が右から突き落としました。勝ち越し。珍しいパワー相撲でしたね。まだこれからもがんばるとのこと。

勢×玉鷲。右を差そうとする勢に対してどんどん突き押していく玉鷲ですが、足が出てない。勢がはたき込みました。なんで足出ないのかなー。

豊山×阿炎。阿炎がどしどし突いて出ますが、豊山があまり崩れず、はたき込みました。阿炎は手だけになってるのかなあ。

碧山×御嶽海。碧山シュシュシュ突き押し。御嶽海もまわりこみますが、逃さず押し出しました。これはいい相撲。前にも落ちないし、相手をよくみてます。

隠岐の海×輝。輝もろ差しを狙います。オッキー兄さんもブロックしようとしますが、ねじ込んだ輝が寄り切り。NO~!!

妙義龍×徳勝龍。妙義龍張り差しから出ますが、徳勝龍が突き落とし。徳勝龍の好きな流れでしたね。

大栄翔×阿武咲。大栄翔立ち合いで押し込みますが、突き押しをかいくぐって中に入った阿武咲が一気に寄り倒し。両者持ち味をみせましたが阿武咲がいい取り口。見事。

北勝富士×炎鵬。実は初顔。そうですよね。もぐっていく炎鵬がもろ差しになりましたが、北勝富士が両かいなをきめて出て最後はきめ倒し。炎鵬負け越してしまいました。でも久々の負け越しなんですね。

朝乃山×隆の勝。隆の勝がなんとか差そうとしますが、朝乃山がその前に右差しから出て、しっかり差し手をブロック。差せないうちに朝乃山が押し倒しました。

貴景勝×竜電。両者激しく当たったあとで貴景勝が突き落としました。竜電さすがに押し込めませんでしたね。

白鵬×正代。白鵬張り手で攻めますが、マサヨひるまずもろ差しにいって寄り切りました!いい相撲でした。白鵬もなんで張り手にいったのかわからん。ハライソ親方も雑だといってましたが、張り手にきたところを下からあてがって入ったと、教科書通りの攻め方と評価。見事見事。

遠藤×鶴竜。お互い呼吸があわず、3回目で立ったところで遠藤が前まわしをとりました。いい形と思ったら、鶴竜が肩越しの上手で上手投げ。あれはくらってはいかん。

大相撲3月場所2020:11日目

今日のNHKスペシャル、とてもいい内容でした。いたずらに危機感をあおらず、しかし予断を許さない状況で、新しい情報もありました。今NHKプラスがあるので、ぜひみてほしいマイク松ですこんにちは。ずーっと暗い番組ばかりもいやですが、今旅行番組とかみてもどうせ行けへんやんってなるし。正しい情報と世界ネコ歩きでいいんじゃないかと思います。

そして大事なのは大相撲。毎日楽しませてもらってます。

11日目。実況は船岡さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が粂川親方。

琴ノ若×碧山。琴ノ若も好調碧山とどう戦うかでしたが、今場所はほんとに碧山体が動いてる。回り込みを逃さず押し出しました。

琴奨菊×千代丸。千代丸発熱して休場しましたが戻ってきました。好調だったのに。再出場しましたが菊に寄り切られました。

大奄美×勢。右四つで組み合いました。大奄美は上手をとりましたが、勢も右下手。そこから出し投げで崩して押し出しました。お互い十分だと勢強いですよね。

東龍×照強。照強が中に入っていいところをおっつけて押し出し。いい相撲でした。

千代大龍×魁聖。千代大龍どしどし突き押しますが、魁聖落ち着いて受けてつかまえて寄り切りました。余裕ありましたね。

佐田の海×明生。佐田の海いい当たりでしたが、明生がいなして送り出しました。明生盛り返してはきましたね。

隆の勝×石浦。石浦張り差しにいきますが、隆の勝が右差しから寄って寄り切り。隆の勝は張り差しにもまったくひるみませんでした。

錦木×霧馬山。霧馬山立ち合いで後ろにつきました。最後は送り投げ。あっさりにみえていい相撲。

松鳳山×志摩ノ海。突き押しあいになりましたが、志摩ノ海はあてがって出て押し出し。松鳳山は張り差しで損するときも多いですよね。

栃煌山×玉鷲。栃煌山頭で当たってはたき込み。ようやく栃煌山初日が出ましたが、玉鷲は負け越しました。

栃ノ心×輝。栃ノ心変化。輝も豪快に土俵の外に飛び出していきました。あーあ。いい一番になるところだったのに。

豊山×宝富士。宝富士の左をケアする豊山。そのままおっつけていって押し出しました。宝富士の左四つをしっかり警戒できましたね。

炎鵬×徳勝龍。徳勝龍一気に出て行きますが、炎鵬が土俵際で突き落とし。物言いがついて検討しましたが、炎鵬のつま先はぎりぎり残ってました。あぶなかったです。

隠岐の海×妙義龍。オッキー兄さん登場。差し手争いから左四つにがっちり妙義龍を組み止めました。しっかり寄り切り。いい相撲とれてます。これでまた島根のウイルス感染は守られた…!

大栄翔×御嶽海。大栄翔いい突き押しで御嶽海を圧倒しますが、土俵際で突きがすっぽ抜けて御嶽海が送り出しました。大栄翔もったいない。ほんとにもったいない。

阿武咲×遠藤。遠藤前まわしはとれませんでしたが、阿武咲がはたいたところを右を差して寄り切りました。阿武咲引いてしまいましたね。舞の海さんからも根気がないといわれています。

朝乃山×竜電。朝乃山がばっと二本差して寄り切りました。竜電もいい立ち合いからの流れでしたが、力で制した感じ。強くなってます。

貴景勝×阿炎。貴景勝はどこか痛めてると舞の海さん。立ち合いでは阿炎を押し込むのですが、残した阿炎がまわりこんで逆に押して押し出しました。調子悪すぎますよね。

正代×鶴竜。突き押しあいになりました。マサヨはなんとか差したいところでしたが、鶴竜が押し出し。よく考えて相撲とってますね。

白鵬×北勝富士。白鵬立ち合いから一気に出て、北勝富士を吹き飛ばしました。すごい当たりです。

うわー!!ブレイディさんがTBに移籍!

富井がつくったお弁当をもって自転車のってきたマイク松ですこんにちは。急に上司にお弁当ブームがきたので作ってもらったのですが、これは助かります。僕がお弁当をつくると、暖色系と白以外の色がないようなお弁当になります。お弁当はそれでいいのです。

さて、びっくりニュースが飛び込んできました。すごいニュース!というかNFLのオフシーズンはちゃんとみておかないととチェックしていたのですが、なんとなく見逃していた1週間弱の間にすごいニュース多すぎません?なんか悔しい!すごい悔しい!

ブレイディがバッカニアーズと正式契約

NEの不動のQBだったブレイディさん。来シーズン契約するかどうかという問題がありつつも、どうせ残るんだろと思っていたのですが、17日にNEに戻らないことを表明したんだそうです。サラリーの問題かもしれませんが、いやー超意外でした。NFLってよくできたシステムなんですね。

そしてブレイディさん獲得にLACとTBが関心を示していたらしいのですが、先日TBと原則合意、そして今回正式契約に至ったそうです。

いやーTBとは意外でした。TBはウィンストンがいるし、それよりもLACとかいるかとか、あといるかとかが必要でしょう。どのあたりが気に入ったのかわかりませんが、NFCでやってみたかったのかな。もちろんブレイディさんが加入することでFAのウィンストンは移籍することになるでしょう。NEはいらないみたいですし、今のロースターでいけるといってるみたいですが。

TBはオフェンスのスキルポジションに結構いい人材がそろっていて、ブレイディさんが加わればいいオフェンスができるそう。というかTBってオフェンス3位やったんや。全然そんなイメージなかったのに。

何より今回の移籍がすばらしいのは、TBならわれわれのサポートチームに何の影響もないということです。NFC南地区はそりゃNOに活躍してほしいですが、正直どこが勝ってもだいじょうぶです。AFC西とか北とか東とか(いるか以外)、NFC北とかだと困ったのですが、NFC南ならいくら活躍してもだいじょうぶ。心からブレイディさんを応援します!

そうなのです!この10年以上、いるかはブレイディさんに煮え湯を飲まされてきたのです。まだ煮え湯を飲まされる方がましな事態に置かれてきたわけなんですが(たまにはちょっと暑くておいしいスープくらいは飲ませてたけどね☆)、もうだいじょうぶです。呂布さえいなけりゃオマエたちなんて怖くねえ的な感じで、ちょっと粉々にしちゃおうかなと手ぐすね引いて待っています。だいじょうぶ、BUFもNYJも同じような怨念をもってるはずですからね!来シーズンはNE最下位や!

ということでブレイディさんがんばってください。クラフトオーナーもベリチックHCもこれまでの貢献に感謝してますし、クラフトオーナーは絶対最後はNEで引退させたるといってるみたいですので、安心して7つめのチャンピオンリングをとりにいってください!

大相撲3月場所2020:10日目

MLBは開幕が遅れて、いつ始まるかわからないらしいのですが、ワースポ×MLBは来週から毎日やるんだそうです。チャレンジングなスケジュールがすごいと思うマイク松ですこんにちは。MLBも野球もやってないのに。がんばってほしいです。

春場所は10日目。こちらもお客さんいないのに毎日やってます!

10日目。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が錣山親方。

琴勇輝×大奄美。琴勇輝が幕内で。予想通り突き押しあいになりましたが、琴勇輝が中に入って押し出しました。はよ戻ってこよう。

琴奨菊×東龍。東龍いい立ち合い。もろ差しから右四つになりました。菊は右下手で苦しい形。東龍が上手投げで転がしました。立ち合いよかった。

志摩ノ海×碧山。碧山強烈なシュシュシュ突き押しで押し出し。志摩ノ海全然突き押しが届きませんでした。

石浦×魁聖。石浦が魁聖のかいなをとってなんとかしようとしますが、魁聖は落ち着いて前に出て押し出しました。

明生×勢。明生のいなしに乗じて勢が前にでましたが、明生が突き落としで勝ちました。明生も少しでも挽回しよう。

琴ノ若×照強。照強ダッキングから足をとりにいって倒しました。見事な足取り。照強の本寮発揮ですね。

錦木×栃煌山。栃煌山もろ差し。いい形になりましたが、錦木がねばったところできめて出ました。きめだし。栃煌山もろ差しになれたんですが。

松鳳山×栃ノ心。両者張り差し的な感じで立って、突き押しあいになりますが、栃ノ心が中に入れずに押して最後は突き落とし。上手にこだわらなかったのもよかったですね。

千代大龍×霧馬山。千代大龍当たってすぐはたき込み。でも今日は霧馬山の足が流れてしまいました。

宝富士×隆の勝。隆の勝が右差しにいきますが、宝富士がいなして突き落としました。

佐田の海×玉鷲。佐田の海が突き押しといなしで攻めます。玉鷲もなかなか攻め込めませんでしたが、うまく肩口を押して崩して突き落としました。なんでも今は勝てばいいです。

豊山×輝。注目の一番。おっつけといなしで攻めますが、輝が右差し。これでいけるかと思ったら豊山がいなして突き落としました。輝も形よかったんですが。

隠岐の海×徳勝龍。上位でなかなか勝てないことを家賃が高いっていうらしいですね。ぱっと左四つになってオッキー兄さんが突き落とし。あっさり勝ちましたね。でも順調に例の数字に近づいてるよ。

大栄翔×阿炎。大栄翔突き押しで阿炎を押し出し。阿炎の手が伸びる前に大栄翔が間合いを詰めましたね。

北勝富士×妙義龍。頭で当たる強烈な立ち合い。すごい。妙義龍おっつけから引き落としが決まりました。妙義龍今日はいい相撲でしたが、北勝富士が負け越し。

御嶽海×遠藤。遠藤を一気に押し出した御嶽海。遠藤は前まわしをとったと思いましたが、御嶽海の圧力をまともに受けてしまいました。

朝乃山×炎鵬。本来ならすごい場内が盛り上がる割ですよね。炎鵬もぐっていきます。朝乃山がどんどん押していく。炎鵬もなんとかくいつこうとしましたが、その前に足が出てしまいました。

貴景勝×正代。貴景勝がとんでもないことになっていると北の富士さん。貴景勝立ち合いはよかった。マサヨは押し込まれてもまわりこんで、豪快にはたき込みました。錣山親方は負けるときはあごが上がってるか体がのびきってるかのどっちかだとのこと。

白鵬×阿武咲。立ち合いが少し上に流れた感じ。阿武咲が突き押しますが、白鵬が引いてしまって、お互いに体が流れたりしながら、阿武咲が強烈に押し出しました。すごい厳しい相撲でした。いなしを残したところで白鵬の右脇のいいところに押しが入った。

竜電×鶴竜。鶴竜左四つから寄り切り。最後は切り返し気味。

大相撲3月場所2020:9日目

ワシントンポストのころなういるす記事、おもしろいなと思うマイク松ですこんにちは。このシミュレーションは百聞は一見にしかずの格言通り。こういうの作れるようになったら楽しいやろうなー。

春場所は9日目。毎日ほんとにありがとうの気持ちです。当たり前じゃないですよね。

9日目。実況は三輪さん、解説は正面が高砂親方、向正面が佐渡ケ嶽親方。

琴ノ若×英乃海。英乃海が幕内で。右四つになりました。しっかり組み合っていますが、琴ノ若が左上手をとって、上手は切れましたが小手投げで勝ちました。師匠もまだまだといいながらもうれしそう。

東龍×大奄美。大奄美が左上手を立ち合いでとりました。引きつけて寄り切り。いい相撲でしたね。東龍ちょっと勢いが落ちてきたか。

魁聖×明生。明生当たっていきますが、魁聖がはじきとばして押し出しました。明生がんばって当たったんですが。

石浦×勢。石浦立ち合い変化。勢もしっかり対応しおっつけていきますが、石浦が土俵際で体をかわし、送り出しました。勢もいい攻めだったんですが、差せなかったのがよくなかったと高砂親方。

志摩ノ海×照強。照強なんか呼び込みそうな立ち合いでしたが、志摩ノ海のしっかり当たった立ち合いに呼び込む形になりました。寄り倒し。

千代大龍×碧山。碧山当たりで起こして押し出し。千代大龍に相撲をとらせませんでした。かちあげが効きましたね。勝ち越しインタビューでも自分の相撲がとれた、無観客でも集中できているとのこと。

琴奨菊×栃煌山。菊立ち合いで左を差して、あおって寄り切り。栃煌山初日がでませんねー。これで菊は幕内勝ち星数で武蔵丸に並びました。

松鳳山×錦木。松鳳山張り差しにいくも不発、錦木が寄り切りました。錦木は2勝目。

隆の勝×玉鷲。玉鷲立ち合いからいい当たりでしたが、隆の勝がすくいでいなして押し出しました。隆の勝も勝ち越し。稽古の番数がとれてるのがいいとのこと。

宝富士×霧馬山。左四つ。霧馬山もろ差しを狙おうとしますが、宝富士は差されたところで強烈にきめてきめ出し。あれは痛い。

佐田の海×輝。輝今日はどんどん回転よく突き押して突き出し。ああいう相撲もできます。

妙義龍×栃ノ心。立ち合い当たっていなして崩した妙義龍、横から押して押し出しました。栃ノ心も翻弄されてました。

阿武咲×徳勝龍。阿武咲の立ち合いを受けても胸をあわせて徳勝龍が寄り切りました。阿武咲もったいないぞ。

大栄翔×隠岐の海。好調大栄翔と対するオッキー兄さん。三役以上の取組は終えてますからね。これからは白星を…ってのど輪ー!しっかり押し出されました。ごめん兄さん!期待したばっかりに!

炎鵬×遠藤。先輩後輩対決。炎鵬まわりこんで攻め手を探りますが、パイセン遠藤がよくみて突き出し。

北勝富士×御嶽海。ライバル対決。立ち合いから突き押しで御嶽海が出て、最後は体をぶつけるように押し出しました。北勝富士もいいところがなかったですねー。佐渡ケ嶽親方は御嶽海が今場所手も足も出てると指摘。手も足も出せないのが自縄自縛です。知ってるよ。

朝乃山×正代。マサヨいいおっつけで形を作りますが、朝乃山がまわしをとって寄ります。土俵際でマサヨ突き落としにいきますが、しっかり残した朝乃山が寄り切り。なかなか攻防のある相撲でした。マサヨは差せなかったのがすべて。

貴景勝×豊山。貴景勝押していきますが、豊山も押していきます。そして貴景勝のかいなをとって動きを止め、そのまま出て押し出しました。豊山も工夫がありましたね。貴景勝は中に入れているのに、あのかいなをとるのは見事。豊山も本来の強さが戻ってきましたね。

阿炎×鶴竜。阿炎の突き押しに鶴竜も突き押しで応戦。崩して押し出しました。横綱クラスには引いてしまう阿炎の取り口をわかってましたね。

白鵬×竜電。白鵬いい踏み込みで押し込んで寄り切り。強い相撲が続いています。

大相撲3月場所2020:中日

わーい!20日予定がない!と思ったら祝日だったマイク松ですこんにちは。なんか損した気分です。

そんな20日も無観客で相撲やってます。みんなもっと相撲みよう。

中日。実況は三瓶さん、解説は正面が春日野親方、向正面が玉垣親方。

明生×千代丸。千代丸が発熱で休場。熱発したら今場所は強制休場なのです。だいじょうぶかな。この頃はころなういるすというウイルスがはやってたのです。(のちに読んだときの補足)

琴奨菊×志摩ノ海。いい菊の辺りでしたが志摩ノ海もろ差し。出足を聞くこらえて巻き替えにいきます。志摩ノ海攻めますが菊もよく残します。なんとか志摩ノ海が寄り切りました。実は合い口がいいんですよね。

大奄美×碧山。頭から当たって碧山が突き落とし。あっさり相撲でしたがあれは結構大変そうな当たり。

石浦×錦木。石浦立ち合いですぐ左をのぞかせて、肩すかしで倒しました。少し動き気味の立ち合いでしたが判断がよかった。

東龍×勢。勢が立ち合いから一気に電車道で押し出し。東龍ちょっとあっさり負けましたね。

千代大龍×琴ノ若。琴ノ若が押し出し。千代大龍の引くのをしっかり待って突き出し。よくわかってますね。頼もしい。

魁聖×照強。照強右を差しにいきましたが、差せたときには魁聖ががっちりつかまえていました。寄り切り。

松鳳山×栃煌山。左四つになりました。松鳳山が右上手をとって、回転しながら上手投げ。栃煌山は中日で負け越してしまいました。うーん。

宝富士×佐田の海。佐田の海は右下手か上手かを迷った感じ、そのすきに宝富士が出て押し出しました。どっちでもよかったのに。

栃ノ心×玉鷲。突き押しあいから玉鷲のすくい投げ。しかし栃ノ心が残して、右下手からの下手出し投げで逆転。今日は栃ノ心うまくとれたし、パワーみせましたね。師匠が解説にいるからかな。

妙義龍×隆の勝。妙義龍突き放しますが、間合いがあいて隆の勝が突き落としました。調子の悪さに実況席もどうなってるんだろうという感じ。

霧馬山×輝。輝いいおっつけですが、霧馬山が下手をとって応戦。しかし前に出続ける輝が押し出しました。

炎鵬×阿武咲。炎鵬八艘跳びでいきました。阿武咲調子がよくてなんとか残しますが、下から攻める炎鵬。そして思い切った肩すかしで勝ちました。それにしても見事な動き、見事な八艘跳びでした。

大栄翔×徳勝龍。大栄翔がどんどん押して押し出し。大栄翔の相撲です。

隠岐の海×遠藤。遠藤に対してすぐ左四つ右上手のオッキー兄さん。引きつけて寄り切りました。これが無観客パゥワーですよ。プロビデンスが完全にいい方に働いてる。あの遠藤も吸い込まれるように組んでしまいました。引きつけも強い、寄りも万全。無観客パゥワーや!マジ無観客!

朝乃山×豊山。ライバル対決。突き押しあいからぱっと差した豊山が、はじきとばすようなすくい投げで勝ちました。力強い相撲。あー朝乃山引いてしまったんですね。

竜電×正代。竜電上手はとったのですが、その前にマサヨが差して出て寄り切り。かえってマサヨの形にしてしまいましたね。

貴景勝×北勝富士。貴景勝引いたりもしましたが、お互いなんとか残している間に、貴景勝が突き放して押し出し。でもあぶなっかしいですねー。

白鵬×阿炎。阿炎つっかけたあと、もろ手で攻めますが、白鵬がたぐって崩しました。決まり手はとったり。

御嶽海×鶴竜。鶴竜当たって御嶽海がどん引き。何もせずに鶴竜が押し出しました。あらー。

大相撲3月場所2020:7日目

BS1のミニ番組で、謎のファッションブランド「NISHINARI YOSHIO」を特集していました。すごい芸術性。自分では着ないと思っても、部屋に飾っておきたいくらい衝撃でした。ころなういるすが落ち着いたらアトリエいってみたいマイク松ですこんにちは。

春場所は7日目。自分ではあんなに太らないと思っても、相撲はみてみたいですよね。

7日目。実況は解説は正面がもとゴーエードーの武隈親方、向正面が。はやいですねーゴーエードー解説デビュー。

東龍×志摩ノ海。志摩ノ海いいおっつけで出て行きます。土俵際で東龍が組んでいい形を作りました。志摩ノ海はきめだしにいこうとしますが、残した東龍が寄り切り。粘りましたね。

大奄美×錦木。錦木小手投げにいきましたが、かえって呼び込んでしまい、大奄美が寄り切りました。武隈親方はコメントが暗いです。

魁聖×琴ノ若。琴ノ若もろ差しになりました。魁聖も外四つでつくろうとしますが、琴ノ若がうまく左右に振って上手を切って寄り切り。スローでみると右四つから巻き替えてるんですね。技術もあるな。

琴奨菊×明生。菊頭から当たっていきます。明生に体勢を作らせる前にどんどんあおってすくい投げ。いい相撲とれましたね。

石浦×千代丸。石浦突き押しといなしで攻めますが、千代丸が落ち着いて突き出しました。あわてませんでしたね。

碧山×照強。碧山の連勝は驚くにはあたらないと武隈親方。しかし今日は照強が前まわしをとって、くいつて下手投げ。豪快に投げましたが、照強はひじをぶつけて痛そう。あの重さ投げるんですからね。

千代大龍×勢。千代大龍九重メソッド。なぜかけがをして強くなってるといわれてますが、遠慮なく九重メソッドにいけますからね。

佐田の海×栃煌山。栃煌山両方のぞかせて出て行き押し出し。と思ったら佐田の海が土俵際で佐田の海が突き落とし。物言いで佐田の海が残っていました。

宝富士×栃ノ心。栃ノ心変化して上手をとりにいきましたが、宝富士もろ差し。栃ノ心も肩越しの上手をとっていきます。そして投げの打ち合いになりましたが、なんとか栃ノ心が勝ちました。上手投げ。宝富士も慣れないもろ差しだとしんどいですよね。

隆の勝×輝。実は同期生。輝って若いんですよね。隆の勝のいなしから右差しで出て寄り切り。でも隆の勝も強いですよね。

妙義龍×玉鷲。玉鷲の突き押しに妙義龍もおっつけていきますが、引いたところを玉鷲が押し出しました。どっちもどっちの今場所。

霧馬山×阿武咲。阿武咲今日はおっつけていきますが、阿武咲が上手出し投げ。あれ?どうなってるんやっけ?スローで見るとおっつけから右上手をとって上手出し投げしてるんですね。四つ相撲では霧馬山と思っていたので意外。

竜電×松鳳山。突き押しあいから右四つ。松鳳山が前まわしをとられて小手投げにいこうとしますが、竜電が前に出て倒しました。決まり手は浴びせ倒し。

大栄翔×豊山。大栄翔のど輪で攻めます。大栄翔のペース。豊山もあてがいにいきますが、大栄翔が粘り強く攻めて押し出しました。休まず攻めるのが大栄翔。

北勝富士×阿炎。阿炎変化にいきますが、北勝富士全然ひっかからず出ます。阿炎もどん引きではたき込みにいきます。物言いで長いこと検討しましたが、北勝富士が先に落ちたという判断。取り直しでもよかった。

隠岐の海×正代。オッキー兄さん登場。左四つで攻める兄さん、マサヨはもろ差しになって攻め返そうとしますが、また左四つにしてオッキー兄さんが寄り切りました。いよいよのってきましたね兄さん。上位も終わってるしここはこっそり大勝ちやー!こっそり!

朝乃山×遠藤。遠藤もろ差しになりますが、そこで低くなったところを朝乃山が押しつぶすような小手投げ。合い口のよくない遠藤になんとか朝乃山勝てましたね。

貴景勝×徳勝龍。徳勝龍頭から当たりましたが、貴景勝が突き落とし。まあこういうもんですよね。

炎鵬×鶴竜。炎鵬もぐりこもうとしますが、鶴竜が突き放し押し倒しました。

白鵬×御嶽海。差し手争いから御嶽海が引いたところを白鵬が出て押し出しました。この一番にしてはあっけないですね。

大相撲3月場所2020:6日目

各部屋ちゃんこ番が手作り弁当。ころなういるすのせいで外に出られない力士のために、部屋のちゃんこ番がお弁当を作っているそうです。かなりおいしそう。相撲協会のTwitterにもちょいちょい出てきてます。おもしろい盛り上がりだなと思うマイク松ですこんにちは。

春場所は6日目。お弁当たべてがんばろう。

6日目。実況は佐藤さん、解説は正面が芝田山親方、向正面が立浪親方。

琴ノ若×千代丸。琴ノ若好調ですねー。立ち合いは微妙で、千代丸の突き押しをまともに受けてしまいました。千代丸の押し出し。

魁聖×東龍。東龍圧力負けで引いたところを魁聖が追って寄り切りました。立ち合いで決まりましたね。

志摩ノ海×錦木。立ち勝った志摩ノ海、左を差そうとします。しかし引いたところを錦木が出て寄り切り。錦木ようやく初日出ましたね。相撲は悪くなかったしこれからです。

琴奨菊×大奄美。菊が前に出てもろ差し。大奄美も首投げにいきますが、落ち着いて寄り切りました。今日みたいな相撲が理想ですよね。

明生×碧山。碧山の突き押しとはたきをかいくぐる明生ですが、碧山が迷わず押して返しのはたき込み。碧山好調です。

勢×照強。ご当所同士。照強右からいなして崩そうとします。しかし勢が得意の右差しをきめてすくい投げで倒しました。これはいい取り口。

佐田の海×千代大龍。千代大龍押し込んで返しのどん引き。なんとかはたき込みました。静寂が似合う。

隆の勝×栃煌山。隆の勝のど輪で押し込み、栃煌山後退も差せました。ここからというところで隆の勝が巻き替えて右四つから寄り切り。反応がいいですよね。

石浦×栃ノ心。石浦変化から上手投げ。静かですね。

松鳳山×霧馬山。松鳳山がのど輪で攻めますが、霧馬山が右上手をとって上手投げで倒しました。体勢は悪くなってましたが上手で踏みとどまりましたね。

妙義龍×輝。妙義龍の再三の突き押しにも揺るがない輝。逆におっつけから押し出しました。輝の状態はかなりいいですね。

竜電×玉鷲。突き押しあいになりました。しかし竜電の差し手を玉鷲かかえてしまい、呼び込んでしまいました。竜電の寄り切り。

宝富士×阿武咲。阿武咲いい立ち合い。宝富士まわりこんで体勢を作ろうとします。左からのおっつけから突き落としで宝富士の勝ち。

隠岐の海×阿炎。阿炎の突き押しから引きにもオッキー兄さんついていきます。突き押しに戻っても間合いを詰めて、最後は寄り切り。終始落ち着いてましたね。さすが優勝へのプレッシャーがいろんな意味でない!理想的ね!

北勝富士×遠藤。北勝富士突き押しているのに、遠藤に間合いを詰められて下がっています。最後は遠藤の押し出し。ちょっと北勝富士流れが悪くなってきましたね。

朝乃山×御嶽海。これは好取組。御嶽海差し勝ってもろ差しになりました。朝乃山上手をとって振り回しますが、御嶽海動じず最後は寄り切り。御嶽海のいい相撲でした。上手投げの連発をよく残した。

大栄翔×正代。大栄翔の突き押しをあてがっていくマサヨですが、回転のよい突き押しにあてがいきれず。大栄翔いい相撲とれてます。

貴景勝×炎鵬。炎鵬もぐりこもうとしますが、貴景勝落ち着いて突き放し、突き出しました。炎鵬なんとか中に入ってこそなのですが。

白鵬×豊山。白鵬立ち合いからもろ差し。寄って寄り切りました。万全の相撲で勝利。

徳勝龍×鶴竜。左四つから徳勝龍が胸をあわせて、最後は左を突きつけながら寄り切りました。徳勝龍初金星!鶴竜もちょっと甘くみてたかもしれないですね。それで先場所はみんなやられているのです。

大相撲3月場所2020:5日目

確定申告の手続きしていたマイク松ですこんにちは。一度入力したデータが消えて、一気に免疫力が下がった気がしました。なんなんでしょうねあのしんどさ。確定申告は1ヶ月期限がのびましたが、そういう意味でもあるのかも。

春場所は5日目。力士のみなさんは相撲のことだけ考えてください。確定申告のことは考えないで。

5日目。実況は大坂さん、解説は正面が鏡山親方、向正面が小野川親方。

高安が休場。痛そうでしたもんねー。あと剣翔も。

東龍×琴ノ若。琴ノ若がもろ差しになって寄り切り。これは力強い相撲ですね。

大奄美×千代丸。立ち合いは互角でしたが、大奄美が右おっつけから押して寄り切りました。大奄美今場所はいい感じか。

明生×錦木。明生左を差して右を狙っていきます。錦木はディフェンシブですが形をつくろうとします。明生あせらず錦木が動いたところを寄り切りました。

魁聖×志摩ノ海。魁聖今日は左からおっつけて押し出し。最初は引っ張り込んでいましたが、おっつけに変えたのがよかった。

剣翔×碧山。剣翔休場で碧山不戦勝。剣翔しんどそうでしたもんね。碧山は5連勝。

石浦×琴奨菊。石浦離れてとろうとしますが、菊が圧力をかけてつかまえたところを寄り切り。菊は石浦に合い口がいいんですよね。

佐田の海×勢。勢いい立ち合い。差し手争いになりますが、右四つになったところで投げの打ち合い。軍配は勢でしたが、勢の手が先についてました。あそこは粘りたかったですけどねー。佐田の海が上手投げで勝ち。

照強×栃ノ心。照強がもろ差しになりましたが、栃ノ心がつりだしで勝ったと思いましたが、照強が残して、くいついた照強が下手投げで逆転しました。あそこまでいったら栃ノ心も勝ちたかったですが、足を痛めたか。

隆の勝×千代大龍。千代大龍が出足よく出て、まわりこんだ隆の勝をはたき込みました。

栃煌山×霧馬山。霧馬山がしっかり両まわしをとって寄り切りました。栃煌山はキレがないですね。うーん。

妙義龍×松鳳山。妙義龍張り差しでいきましたが松鳳山残して突き押しあい。妙義龍がおっつけから押し出しました。ようやく初日。ご当所でも無観客は力が出ないですよね。

玉鷲×阿武咲。阿武咲当たって引いておっつけ。玉鷲も後手にまわってしまいました。

竜電×宝富士。左四つになった。両者上手を狙います。巻き替えあいになって、右四つでもかまわず出た宝富士が寄り切り。

輝×阿炎。実は同世代。阿炎のもろ手が不発だったところで引いてとどめに上手投げ。なんだかよくわからんというのが輝の気持ちでしょうね。

隠岐の海×炎鵬。期待の若手を迎えるオッキー兄さん。炎鵬右に動きますが、オッキー兄さん残す。そしたら炎鵬が肩すかしで崩して送り出しました。おいおいK.W.B.パゥワーはどうしたんじゃい。決まり手はひっかけだそうです。

北勝富士×大栄翔。どんどん突き押しの両者の対戦。激しい相撲になりますが、ダメージを恐れず押していく大栄翔が最後は押し出しました。激しいようにはみえないのに圧力はすごい大栄翔。

遠藤×正代。遠藤がもろ差し。かまわず出たマサヨですが、もろ差しで残した遠藤が逆に寄りきりました。うーんマサヨのとりたい相撲をとられましたね。

朝乃山×高安。高安休場で朝乃山の不戦勝。これはラッキーですね。

貴景勝×御嶽海。注目の一番。当たりは互角でしたが、御嶽海が両おっつけから寄って寄り切り。貴景勝元気ないですねー。

豊山×鶴竜。立ち合いは鶴竜。どんどん突き押しで攻めて押し出しました。豊山はあまり突き押しは考えてなかったか、後手に回りましたね。そういうところあるんですよ。

白鵬×徳勝龍。白鵬いい立ち合いでしたが徳勝龍左四つで胸を合わせました。これはチャンスでしたが、形を作った白鵬が下手投げで勝ちました。左四つになってもあわせませんでしたね。

大相撲3月場所2020:4日目

カーリング世界選手権中止。恐れていたことが現実になってしょんぼりしているマイク松ですこんにちは。スポーツがなくなるのとかほんと悪夢。

春場所は4日目。大相撲は興行だけじゃないやる意義があるんですよね。ほんとありがとう。

4日目。実況は吉田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が立田川親方。

東龍×明生。明生いい立ち合いでしたが、東龍が引き落とし。明生もなかなか相撲が好転しないですね。

剣翔×琴ノ若。琴ノ若がもろ差し。剣翔と胸をあわせて寄り切りました。北の富士さんは琴ノ若は巻き替えがうまくて器用だとのこと。

志摩ノ海×千代丸。千代丸九重メソッドにいきますが、志摩ノ海が残しておっつけていきます。まわりこむ千代丸を寄り切りました。志摩ノ海はいい調子。

魁聖×大奄美。今日は魁聖両おっつけから寄り切り。大奄美起こされてしまいました。

錦木×碧山。錦木は実は聖火ランナーらしいです。そうなんや。右差しの錦木に対して碧山が小手投げ。きめて小手投げで仕留めました。あのきめはほんと危険。

千代大龍×石浦。石浦ダッキングからもろ差し。千代大龍にくいついて寄って最後は切り返しで土俵の外に落としました。千代大龍は足を痛めたみたいですね。

琴奨菊×照強。照強は中に入ろうとしますが、徐々に菊がつかまえにいきます。しっかり組み合ったところで菊の形かなと思ったら、逆に照強が出て下手投げで勝ちました。投げの打ち合いで勝った。

勢×栃煌山。栃煌山肩すかしにいきますが、読んだ勢が出て寄り切り。肩すかし効かないですね栃煌山。

隆の勝×栃ノ心。栃ノ心肩越しに上手をとりましたが、下に入った隆の勝がくいついて肩を入れて寄り切りました。栃ノ心ももっと豪快な素オムとってほしいよ。

佐田の海×霧馬山。右四つからもろ差しになった霧馬山。佐田の海も出て行きますが、霧馬山の下手投げが決まりました。パワーあります。

宝富士×玉鷲。おっつけで出る玉鷲。右上手もとって出ますが、宝富士がまわりこんで突き落とし。決まり手はすくい投げですか。玉鷲はあれだけいい形なのにもう一歩足が出ない。

松鳳山×輝。松鳳山の中に入ろうとするところをつかまえるようなかまわず出るような形でとにかく輝が寄り切りました。未完の大器と吉田さんが評価。

竜電×阿武咲。竜電がはさみつけて出ると思ったら、阿武咲が右から強烈におっつけて吹き飛ばしました。竜電いい立ち合いだったんですが。

妙義龍×阿炎。突き押しあいから阿炎の引き落とし。

豊山×御嶽海。突き押しから右を差した御嶽海が、もろ差しになって寄り切り。完勝にも北の富士さん「やる気になりゃ強いんですよ」。やる気やる気。

徳勝龍×遠藤。遠藤が土俵を足ではく音すら聞こえる。頭から当たってもろ差しになった遠藤。徳勝龍も首投げにいきますが、遠藤が寄り切りました。まあ徳勝龍はこんなもんでしょう。

朝乃山×北勝富士。これは好取組。右四つから出る北勝富士ですが、朝乃山下がらず、右からすくい投げ。落ち着いてたし下がりませんでしたね。

炎鵬×正代。炎鵬前まわしをとりました。マサヨ肩越しの上手をとって、前に出て寄り切りました。炎鵬いい形を作りましたが、マサヨ落ち着いてましたね。

貴景勝×大栄翔。貴景勝いい立ち合いでしたが、大栄翔に下に入られて引いてしまいました。あっさり大栄翔が押し出し。

白鵬×隠岐の海。白鵬は3/11に震災以降一度も負けていないそう。特別な思いで迎えるこの日の相手はオッキー兄さん。なぜ。なぜこの日に。白鵬も四つで組み合いますが、白鵬が上手投げで出しました。わりとやさしく。まあこうやってオッキー兄さんが生け贄になることで復興が進めば。

高安×鶴竜。右四つ左上手で高安が出ます。一度出ますが鶴竜が残して、高安は右前まわしもとって出ます。しかし鶴竜が土俵際で突き落とし。こうやって鶴竜は勝っていくんですが、高安がどこか痛めて痛そうに叫んでいます。こういうのもよく聞こえます。

大相撲3月場所2020:3日目

所用で沖縄いってきたマイク松ですこんにちは。どこも人がそんなに多くないですが、全然観光客がいないわけではなかったです。いろんなところまわりやすくてよかったです。

というわけで更新遅れてますが、春場所3日目からみます。無観客で開催するのほんと大変だと思いますが、僕らはほんとにありがたいと思ってますよ。

3日目。実況は解説は正面が舞の海さん、向正面が甲山親方。

明生×大奄美。明生先手はとりましたが、大奄美を押し切れず、大奄美が押し出しました。明生なかなか圧力が伝わらないですね。

琴ノ若×志摩ノ海。志摩ノ海が左を差していい形で出ましたが、土俵際で琴ノ若のすくい投げと体を入れ替えるような踏み込みで逆転しました。これはスキルありますね。

剣翔×千代丸。千代丸もろ手から押し込んで最後ははたき込み。剣翔は腰がしんどい。

東龍×錦木。錦木左を差して出ていきますが、東龍がふところが深くはたき込まれました。あの取り口が出てくると東龍強いです。

琴奨菊×碧山。あまり碧山に分がよくない菊。碧山がもろ手から一気に押し出しました。今日はちょっと見てしまいましたね。

魁聖×勢。右四つからお互い上手をケアしますが、魁聖が上手をとりました。出て行きますが勢残して、魁聖の上手が切れたところで寄り切りました。魁聖はいい形になったかと思ったのですが、上手を離してしまいましたね。

千代大龍×照強。千代大龍九重メソッド。肩越しの上手がかかったので上手投げになりました。

石浦×栃煌山。栃煌山肩すかしにいきますが、石浦なんとか残します。石浦動きながら形を作り、前まわしから下手ひねりで勝ちました。栃煌山必殺の肩すかしもばたばたしてしまいました。石浦の下手ひねりは頭をつけたのがよかったと舞の海さん。

隆の勝×佐田の海。佐田の海が左が入ったかと思ったら、隆の勝がブロックしてそこからもろ差しになりました。そこから寄り切り。立ち合いの当たりで相手を起こせましたね。

栃ノ心×霧馬山。左の上手をとった栃ノ心。外四つになりかけましたが、そこは右四つから寄り切りました。さすがにあの左上手ばっちりだと勝てます。

宝富士×松鳳山。松鳳山とったりにいきますが、宝富士が左四つに組み止めようとします。上手がとれるかと思ったら松鳳山がいなして送り出しました。松鳳山よくふりほどいて、上手をやりませんでした。

玉鷲×輝。玉鷲突き押しにいきますが、輝両おっつけから押して押し出し。輝のいい相撲でした。玉鷲も当たりはよかったんですがそのあとに続いてない。

竜電×妙義龍。妙義龍おっつけで崩そうとしますが、竜電が全然崩れない。そこから右上手をとった竜電が寄り切りました。竜電の下半身いい出来のようですね。

阿武咲×阿炎。突き押しでリーチのある阿炎がリード、引き落としました。こういう相撲が続けばいいんですけどねー。

豊山×炎鵬。高校の先輩後輩対決。ふわっと立つ立ち合い。豊山もよくみていきます。炎鵬いなしにいきますが、豊山はほんとによくみてプロレスの力比べみたいになりました。豊山はあせらずみていきます。炎鵬は後の先をとろうとしてます。また力比べ。豊山は張り手で攻め口を探り、最後は押し倒しました。長い相撲になりました。

北勝富士×徳勝龍。北勝富士押し込んでいきます。徳勝龍いなしていなしてぎりぎり残そうとします。物言いで検討しましたが、徳勝龍が先に出ていて行司軍配通り北勝富士の勝ち。北勝富士的には負けられませんよね。

御嶽海×正代。御嶽海が立ち合いで押し込みます。マサヨもいなして左を差しにいきますが、継続して前に出る御嶽海が押し込んで押し出しました。マサヨも起こせなかったけど、御嶽海が右おっつけで絞ってマサヨの差し手を封じてましたね。

朝乃山×大栄翔。大栄翔押していきますが朝乃山も押し返し、堂々と押し出しました。大栄翔も足が出てしまいましたが、正面から大栄翔と押し相撲で勝ちましたね。

貴景勝×遠藤。遠藤いなして組もうとしますが、貴景勝が休まず突いて押して突き出しました。遠藤まわしがとれませんでしたね。

隠岐の海×鶴竜。オッキー兄さん横綱戦。なぜか鶴竜の攻略法を語る舞の海さん。逆でしょ。鶴竜が前まわしをとって寄り切り。いうた通りになりました。弱い者の味方をせよ!

白鵬×高安。白鵬張り差しから突き押しとはたきの荒っぽい相撲。高安も高安でそれに全然ついていけず、つかまえた白鵬が寄り切りました。高安なんでこんなところでとってるの。

大相撲3月場所2020:2日目

トリタニ兄さんがロッテに。さすがロッテ、いい補強しますね。よかったよかった。もう一花咲かせてほしいマイク松ですこんにちは。今年はロッテ戦見に行こう。

春場所は2日目。お客さんはいないけど、一花咲かせていきましょう。

2日目。実況は厚井さん、解説は正面が伊勢ヶ濱親方、向正面がもと豪風の押尾川親方。

明生×琴ノ若。実は同い年。いい立ち合いで差し手争い。明生の突き押しがうまく押し込んで、返しの肩透かしが決まりました。琴ノ若はつかまえようとしたのですが、下から起こされてしまいました。

大奄美×志摩ノ海。志摩ノ海が右おっつけから突き落とし。いい立ち合いでした。

剣翔×東龍。立ち合いは互角。右四つになりました。東龍が上手をとって寄り切り。剣翔は腰がよくない。

千代丸×錦木。千代丸が押して引き落とし。九重メソッドですね。静まりかえる土俵ではますますね。

琴奨菊×魁聖。菊少し左に動いてはずから左差しで寄り切りました。こういうやり方もあるのか。幕内勝ち星数で単独9位になりました。

碧山×勢。勢いい立ち合い。碧山のシュシュシュ突き押しをよくみて出て行きますが、碧山のはたき込みが決まりました。勢もなんとかもっと押し込みたかった。

佐田の海×石浦。佐田の海が引っ張り込んでつかまえようとしますがうまくいかず、引いたところを石浦が寄り切りました。

照強×栃煌山。栃煌山はこの日が誕生日だそう。栃煌山が差しにいきましたが、照強が中に入って押し出しました。スローで見るとお互いちょっとみて立ってますね。

千代大龍×栃ノ心。千代大龍立ち合いからもろ手で押し出し。栃ノ心元気ないですね。

松鳳山×隆の勝。松鳳山張り差しにいきましたが、足が流れて隆の勝が突き落とし。あっけない相撲。静まりかえる土俵。

霧馬山×玉鷲。霧馬山が玉鷲の当たりをいなして送り出し。あっけなく玉鷲送り出されました。うーん。

妙義龍×宝富士。妙義龍差しにいきますが、宝富士下がりながらも回り込んではたき込み。妙義龍攻めはいいんですが届いてない。

輝×阿武咲。突き押しからおっつけあいに鳴りましたが、阿武咲がはたき込み。輝はもう一歩足りませんでした。押し込んではいます。

炎鵬×竜電。炎鵬が変化も、竜電はなんとか持ちこたえます。炎鵬が中に入ってくいついて、下手投げで転がしました。竜電はしっかりつかまえていたのですが、炎鵬の差しと投げがよかったと伊勢ヶ濱親方。

阿炎×御嶽海。御嶽海が下から押していって阿炎を起こして押し出し。今日はまったく問題にしませんでしたね。阿炎も完全にのけぞるくらい起こされたし。

豊山×遠藤。遠藤が押し込みます。豊山も押し返しますが、中に入った押しが効いて遠藤の押し出し。まわしをたたく音がすごい響いてる。

朝乃山×徳勝龍。徳勝龍立ち合いからのとったりにいきますが、しっかり対応した朝乃山が最後は上手出し投げ。まわしに手が届いてました。

高安×正代。立ち合いで押し込んだ高安でしたが、右を差したマサヨがすくい投げ。押し込まれても問題にしませんでしたね。

貴景勝×隠岐の海。結構懸賞がかかってますね。立ち合いオッキー兄さんが右上手をとりました!これはいい形。絶対離さないで!貴景勝もふりほどけず、投げの打ち合いでしっかり上手投げで潰しました。おおー!大関に勝った。さすがお客さんのプレッシャーがないと強いぞ!

白鵬×大栄翔。白鵬張り差しからもろ差し。あおっていったあとですくい投げで最後は重ね餅。厳しい攻めでした。

北勝富士×鶴竜。北勝富士の当たりで鶴竜いなしも、しっかり寄った北勝富士が寄り倒し。鶴竜も普通に押し込まれてましたね。決まり手は送り出し。

フィギュアスケート欧州選手権2020(8):アイスダンスFD

プロ野球開催延期。まあ仕方ないですよね。MLBは予定通り開幕らしいので、なんとか全試合行われるようがんばってほしい。マイク松ですこんにちは。

さて、インドネシアにいく前にやっておきたかったのですができなかった、欧州のアイスダンスFDです。

フィギュアスケート欧州選手権2020、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は滝野さん。

スペインのサラ・ウルタード&キリル・ハリアヴィン。「オロブロイ」ほか。得意のフラメンコですね。最初の部分がよく練られた芸術性の高いものですね。しかしツイズルで足をついてしまいました。だいじょうぶか。OFStは丁寧なステップで、RoLiはスムーズな実施。コレオステップではしっかりフラメンコを表現。またおもしろい構成。ミラーの動きがいいですね。コレオスピンからダンススピンに入ります。このカップルすごく芸術性追求してますね。CuLiもシームレスに入れてきます。DiStは曲にあわせた表現。続けてSlLiにつなげています。コレオリフトでフィニッシュ。まだまだ成長中だけど、これに技術がついてきたらかなりいい演技ができそう。ズーリンがついてるからだいじょうぶ。185.84。

イギリスのライラ・フィアー&ルイス・ギブソン。マドンナメドレーですよ。たのしみ。写真を撮る振り付けとかほんとにかっこいい。そしてツイズルは間にちょっと振り付けを入れるとか。すばらしい。OFStはなめらかで曲もしっかり表現できてる。続けてMiStにつなげます。エッジも深いしその間のダンスもキレあります。CuLiは上げ方もうまいしポジションも。滝野さんも見せ方がうまいと評価。ダンススピンの入り方にもつなぎ部分がうまい。うまい入り方からSlLi+RoLiという離れ業を披露。これは珍しいし、すぐコレオステップで会場を盛り上げます。コレオリフトは肩車でマドンナっぽい動き。ギブソンのダンス技術もいいな。最後まで盛り上げました。ばっちりばっちり!これはすごい!イギリスのアイスダンスここにありですね!この伝統本当に守ってほしい。192.34。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。「プリマヴェーラ」ほか。ツイズルはばっちりあってました。完璧です。すぐダンススピン。ステファノワの見せ方をよくわかってます。SlLiはノーハンドで持ち上げる。と思ったらRoLiを組み合わせたロングリフトです。なんたる芸術性。OFStはよくあってるしリズムの取り方もいい。DiStはエッジも深いし丁寧なスケーティング。得意のコレオツイズルからStLiまでつなげる。やっぱり必殺技はみせないと。コレオステップでフィニッシュ。ポジションがほんとにきれいに作ってあります。211.29。

ロシアのティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレーロ。「サバイバー」。RoLiへの入り方はうまいですねー。徐々に盛り上げる感じ。OFStは同調性が高い。CuLiはポジションもいいしパワフル。物語をつくってますね。ツイズルは終わり際を次の展開にもっていってる。DiStは2人の動きをあわせたり、別の動きにしたりという構成がうまい。SlLiはあぶない入り方。ようできるな。ダンススピンはしっかり空気を変えて。しかし滝野さんが指摘していたようにスピードが落ちてきたかも。コレオステップではがんばって踊ってます。コレオリフトでフィニッシュ。最後までスピードを維持してればよかった。188.03。

ロシアのヴィクトリア・シニシナ&ニキータ・カツァラポフ。「わが母の教え給いし歌」ほか。静かな入りで引き込みます。ツイズルは高速ツイズルで魅了します。OFStは音楽の美しさにベストマッチ。会場がウイルスで満ちてても浄化されそう。SlLiはカツァラポフのホールドがいい。コレオスピンからCuLiはかなりの力業。がっつり演じます。SeStはちょっとつまづいたけど終わりに幸福感を出しています。クラシカルなよさを存分に表現。RoLiはこれまた愛そのものの表現。ダンススピンの余韻もうまいです。スライディングでフィニッシュ。いやー見事見事。ロマンの境地がありました。こういう演技、みんな待ってましたよね。220.42。実況席も絶賛してました。

フランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン。フォレスト・ブラック「ファインド・ミー」。RoLiから入ります。いいキレです。コレオステップでは2人の関係性をダンスで表現。独創性しかない。ツイズルはまずまず。少し離れたか。CiStは滑りの質が高い。スピードもあるしまったく動きに引っかかりがない。StLiはポジションが独創的。StLiにつなげます。抽象的なテーマをすばらしく表現。OFStもまずまず。スライディングがすごい。ダンススピンから最後はコレオリフトでフィニッシュ。最後の視線でさまざまな表現を入れてました。220.28。おー!2位になった。新しく使った曲が規定に合わないんじゃないかと議論になったらしい。そうなんかな。

イタリアのシャルベール・ギニャール&マルコ・ファブリ。機材トラブルで待たされたらしい。「スペース・オディティ」ほか。StLiの入り方もいいし、ナチュラルに終わってる。OFStはよく合わせてます。てきぱきした印象。ツイズルはリフトっぽいのを入れて実はツイズル。コレオステップはしっかり踊ってます。ダンスうまいな。RoLiはキレあるし安定もしてる。CuLiはその流れでパワフル。ダンススピンとのコントラストがいいですね。DiStはスピードが落ちないと滝野さん。大事な要素ですよね。コレオスピンでフィニッシュ。いい余韻でした。持てる力は出せましたね。205.58。

○最終結果:(麒麟がくる的に)
1. シニシナ・カツァラポフがくる(2人で)
2. パパダキス・シゼロンがくる(2人で)
3. ステファノワ・ブキンがくる(2人で)
4. ギニャール・ファブリがくる(2人で)
5. フィアー・ギブソンがくる(2人で)

ついにシニシナ・カツァラポフが欧州を制しました。なぜかここだけ表彰台にもあがってなかったのですが、今回はアイスダンスのよさを存分にみせてくれましたね。2位はパパダキス・シゼロン。ほんとに少しの差でしたがよくわかりません。どっちもよかった。ステファノワ・ブキンが3位。実力をのばしてきてます。ブキンが伸びればスコアが伸びる。ギニャール・ファブリは逆転されましたがしっかりよさは出せてました。機材トラブルが影響もしたかも。

でも今日はフィアー・ギブソンがすばらしかった。別の意味でアイスダンスの可能性を感じました。イギリスのアイスダンスはこうでなくちゃ。それでいいところまできてますからね。めざせ欧州の表彰台!

大相撲3月場所2020:初日:無観客場所をテレビで体感しよう

インドネシアにいってきたマイク松ですこんにちは。インドネシアには世界遺産のヒンドゥー教の移籍はありましたが、フォルス・スタート商会の本社はありませんでした。ヒンドゥー教の三大神ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの像が合体して本社ビルになるという情報を得ていたのですが、情報源がゴッドマーズと間違えていたんでしょうか。

さて、寒い日本に帰ってきたら、大相撲春場所が始まります。でも今回は史上初の無観客場所。技能審査場所みたいにある意味貴重と前向きにとらえ、無観客場所をテレビでじっくり体験してみることにしました。

初日。実況は佐藤さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

ころなういるすのせいで場所は無観客でおこなわれることになりました。かなり厳密な健康管理ができてる。大相撲だから雑にやるのではと思った人もいるかもしれませんが、それどころか他のスポーツの見本になりそうなくらい。

想像ですが、あれだけ法律家や政治家のいうことはきかないのに、いつもお世話になっているお医者さんのいうことはきくんじゃないでしょうか。たぶん大相撲は最もお医者さんの世話になっているスポーツの1つだし、引退してからの健康管理も大事ですからね。そうでなければ理事長か事業部長の尾車親方の手腕かも。尾車親方のインタビューも非常に立派な、理想の会見という感じでした。

富井も戸惑うくらいでしたが、本当はざわざわしている間にそーっと最初の力士が入ってくるのですが、なにしろお客さんがいないので、ちゃんと入ってくるところが目立ちます。

そして土俵入りの力水は形だけでやらないらしい。

琴ノ若×大奄美。琴ノ若の名前が番付に出るのは12年ぶりらしい。立ち合いで右をとってもろ差しから寄り切り。立ち合いがしっかりしてます。インタビューではしっかりした受け答え。吉田さんもマスクしてインタビューしてます。

勝っても負けてもしーんとしてます。でもこの間に何が行われているのかがほんとによくわかります。

北の富士さんも「まわしをたたく音がすごいねえ」と。とにかく音がすごく響くんですよね。

明生×志摩ノ海。明生がいいおっつけで攻めましたが、志摩ノ海がおっつけで崩して引きも交えて寄り切りました。

東龍×千代丸。千代丸が突き放します。東龍防戦一方で押し出されました。あんまり合い口がよくないんですかね。舞の海さんは東龍の立ち合いがもっとよくないととのこと。千代丸は前の相撲をみて集中して入ったとのこと。

剣翔×錦木。剣翔がもろ差しに。錦木が引っ張り込もうとしたところで出た剣翔が寄り切りました。すごいでかいサポーターとテーピングを巻いてますが、相撲は元気いっぱいじゃないかと北の富士さん。錦木は無観客はやりづらいとのこと。

実況解説の話がすごく聞こえてくるし集中できます。ほんとに誰もいないな…。

魁聖×碧山。碧山が立ち合いから右おっつけで崩し押し出し。いい相撲がとれました。

佐藤さんが「こういうときは稽古場で強い力士が力を発揮するのでは…」といっていました。きた!稽古場横綱の時代や!ミッキー兄さんが現役なら優勝でしたね。

琴奨菊×勢。菊は連続幕内在位場所数で師匠に並んで、師匠は喜んでいたそうです。佐渡ケ嶽親方も今場所は喜び続きですね。左四つになりましたが、右上手をとった勢が寄り切りました。菊は今日はがっつり起こされてしまいましたね。

ゴーエードーの引退会見。武隈親方になるそうです。次の取組で一度中断。そんなのでだいじょうぶです。確かに次の場所はご当所でしたが、どうせ無観客になりますからね。おつかれさまでした。

石浦×照強。照強が中に入ろうとしましたが、石浦がいなして送り出しました。あっさり。照強はソルトシェイクをやってもしーんとしていたので、気持ちが盛り上がらなかったそう。

千代大龍×栃煌山。待ったがありましたがすごい静かな反応。こりゃ待ったしにくいですね。北の富士さんもそういってる。しっかり栃煌山の当たりを受け止めた千代大龍がはたき込みました。

佐田の海×栃ノ心。左上手を先に取った栃ノ心。胸をあわせに行く栃ノ心ですが、引きつけて起こした佐田の海が寄り切り。体勢を整えられると逆転もあるので、佐田の海は速く攻めましたね。

隆の勝×霧馬山。いい立ち合いで霧馬山に後ろを向かせた隆の勝。反撃を許さず送り出しました。うまいおっつけ。

松鳳山×玉鷲。静まりかえった会場にものすごいぶちかましの音が響き渡ります。どんどん押し込んでいった玉鷲が、いなして突き落としました。松鳳山にまわりこまれないよう慎重に攻めましたね。

貴景勝は場所前の意気込みについて「形だけ責任といわず、勝っていくことが責任につながる」とのこと。ほんとにその通り。やはり貴景勝はいいこといいます。口だけの大関がみんないなくなったし、新しい時代を作ろう。

実況席はブースを作って、声が土俵に聞こえないようにしているそう。まあ確かに「隠岐の海?だめだろ」などと伝わってくるかもしれませんからね。北の富士さんの調子もよくなってきたぞ。行司さんの呼出もよく聞こえます。

宝富士×輝。当たりあいから宝富士がいなしましたが、輝がそこから受け止めて、体を入れ替えて寄りきりました。右差しからすくいで崩したのがよかったです。輝は相撲がよくなったねとのこと。

ここまでの場所運営のダイジェスト。検温は毎日、すべての場所から報告されるよう徹底されてて、2日連続で体温が高い場合は原則休場になるらしい。徹底していますね。

妙義龍×阿武咲。ゴーエードーの引退で部屋頭になった妙義龍。左四つ。差されたところで小手投げにいきますが、阿武咲がそのかいなを抜いて投げました。不思議な投げになりましたが決まり手は下手投げだそうです。

竜電×阿炎。いきなりライバル対決。激しい突き押しあいになりました。竜電はあてがいながらはたき警戒。そしてはたき込みで勝ちました。

炎鵬×御嶽海。懸賞はあるんですね。無観客で懸賞の数は少なくなっても、変わらず出してくれるというところもあるんですね。ありがたいです。実は初顔、下に潜り込もうとする炎鵬ですが、前でつかまえた御嶽海が出て最後は寄り倒しました。炎鵬はなんとか潜ろうとしましたが及ばず。

北勝富士×豊山。突き押しあいから豊山がいいところを突いて押し出しました。北勝富士にこの相撲は自信になりますね。手数も足りないし、稽古が足りてないんじゃないかと北の富士さん。親指を痛めていたそうです。あと北勝富士は引きを警戒しすぎたそう。

徳勝龍×正代。先場所の優勝を争った2人がいきなり対決。徳勝龍が引っ張り込もうとしますが、中に入ったマサヨが押し出し。マサヨの完勝でしたが、先場所でできればこれやりたかったですね。本来の実力通り。

朝乃山×隠岐の海。朝乃山に対して北の富士さんが「下位に取りこぼさないように」といっていましたが、今日の対戦相手はオッキー兄さんです。相性も朝乃山に有利みたいだし。オッキー兄さんは無観客パゥワーを利用するんだ。オッキー兄さんが前まわしをとりましたがすぐ離し、朝乃山が左上手をがっちりとって、粘るオッキー兄さんを寄り切りました。ほらしーんとしてるでしょ?(オッキー兄さんが勝ったら天使が騒ぐ)

貴景勝×高安。貴景勝はご当所で初めて大関として臨む場所になるらしい。そうなんか。突き押しから常に先手をとって押していった貴景勝が押し出し。気合い入ってました。いなしがききましたね。

大栄翔×鶴竜。大栄翔突き放して一気に出ましたが、鶴竜がいなして送り出しました。押し込まれてはいるんですが。

白鵬×遠藤。白鵬先場所は遠藤に負けましたが、今場所は強烈な張り差し。そこから崩そうとした突き落としが決まりました。あっさり。

無観客場所、力士のみんなは違和感ばりばりだったのですが、テレビでみるといろんな発見があって思ったより有意義でした。しーんとしていると普段聞こえない音も聞こえるし、ぶつかる音や押し合う音、いろんな人の声も聞こえてよかったです。と考えようぜ。

外に出られないみなさんは、これを機会に大相撲に親しんでみるといいと思います。

四大陸フィギュアスケート選手権2020(2):女子シングルFS

あれから本気になってマスクを探してみたのですが、さすがにもうマスクは2枚しか見つかりませんでした。しかし代わりにトイレットペーパーが24ロール見つかりました、富井です。あんな大きなもの、どうして忘れられるんだろうな・・・。
さて、フィギュアスケート。解説は岡崎真さん、実況は足立さん。
グループ3、4のレビューになります。

カナダのアリシア・ピノー。「Woman」3Lzは成功。2A+3Tはオーバーターンが入りましたがこれもOK。3Lo+2Tもまずまず。シットスピンは回転が速くてきれいなスピン。3Tは手をついてしまいました。3Loはいいジャンプ。3Sも流れのあるジャンプ。2A+2T+2Loも成功。コンビネーションスピンも回転がきれい。コレオシークエンスはイナバウアーとスパイラル。ステップシークエンスはスピードがあって上手。足換えのコンビネーションスピンも回転が速い。173.55。

中国のホンイー・チェン。「Dance for me wallis」踏切で止まったようになり、2Lzになってしまいました。2A+3Tは高さのあるジャンプ。3Loは両足着氷のよう。コンビネーションスピンは個性的。ステップシークエンスはやはり美しい。3Lz+1Eu+3Sも成功。3F+2TもOK。3Fもいい。2Aも成功。コンビネーションスピンもポジションが美しい。コレオシークエンスも大きな鳥のよう。手が長いからかな。レイバックスピンもいい。ジャンプは岡崎さんによると細かいミスが多いようですが全体的にはとても良かったと思います。167.26
韓国のキム・イェリム。フランシス・レイ「Love story」3Lz+3Tは大きなジャンプ。2A+3Tもふわっと跳びますね。3Fも流れがあります。3Loは跳ぶ前に氷が大きく散りましたがまずまずの着氷。キャメルスピンもOK。コレオシークエンスも美しい。2AもOK。ステップシークエンスはとっても丁寧。3Lzはややつまりましたがちゃんと降りました。3S+2T+2LoはOK。コンビネーションスピンも回転が安定しています。シットスピンも美しい。しっとりと滑りきりました。202.76。これが韓国の3番手とはレベルが上がりましたね。

アメリカのアンバー・グレン。「Gravity」3F+3Tは大きなジャンプ。1A+1Eu+3Sとアクセルをミスしてもがんばりました。3LzはOK。3Lo+2Tもいいですね。シットスピンもさすがに上手。3Loはステップアウトしそうになりながらも持ちこたえました。3FはOK。ステップシークエンスはスピードもあっていい。続けてコレオシークエンス。2Aは転倒。アクセルが上手くいきませんね。コンビネーションスピンはこれも見事。続けてレイバックスピンもいい。190.83

アメリカのカレン・チェン。「Slow dancing in the big city」3Lzは素晴らしい。2A+3Tも高い。3FもOK。3Loも高さがあります。コンビネーションスピンは回転が速い。ステップシークエンスも動きがパキパキしてて気持ちいい。3Lz+1Eu+3SもOK。2Aも成功。3Lo+2Tも成功させました。コンビネーションスピンもきれい。コレオシークエンスのスパイラルもスピードがあって美しい。レイバックスピンも素晴らしいスピード。これは会心の出来では。201.06。本人もとても嬉しそう。

韓国のイム・ウンソ。映画「サブリナ」より。3Lz+2Tになってしまいましたが最初のジャンプが高い。3Loもコントロールされたジャンプ。2A+3Tは転倒。しかし3Fは流れのあるいいジャンプ。キャメルスピンもシンプルだけど美しい。3Lzも成功。3F+2T+2Loも流れがある。足換えのコンビネーションスピンもいい。コレオシークエンスのあと2Aは成功。ステップシークエンスも丁寧でいいけどちょっとうつむいている姿勢が多いのがもったいない。レイバックスピンも美しい。転倒がもったいなかったですがこれもいい出来。200.59

樋口新葉。「ポエタ」3Aは高さはあったのですが転倒。3Aを入れてきましたね。3Lz+3Tは余裕があります。しかし次が2Sになってしまいました。足換えのコンビネーションスピンはOK。3Loは高さのあるジャンプ。コレオシークエンスはもうちょっとスパイラルが長いといいのにな。2A+3Tは間にオーバーターンが入りましたが成功。3F+2T+2LoもOK。3Lzは幅のあるジャンプ。キャメルスピンもOK。フラメンコの雰囲気のあるステップシークエンス。コンビネーションスピンもOK。トリプルアクセルに挑戦したのは良かったですね。世界選手権も楽しみ。207.46。満足そうな笑顔。

坂本花織。映画「マトリックス」より。4Tに挑戦してきましたが転倒。3Fも着氷が流れてしまいました。3Lzは流れのあるジャンプ。3S+3TはOK。ステップシークエンスはちょっと元気ない?しかしコンビネーションスピンは素晴らしい。3Lo+2Tも成功。2A+1T+2Tはちょっともったいない。シットスピンもOK。コレオシークエンスはかっこいい。迫力がある。3Loもステップアウト。あそこの流れ、決まればめちゃくちゃかっこいいんだけど。コンビネーションスピンもいい。完璧ではありませんでしたがいい挑戦でしたね。岡崎さん、私も来シーズンもこのプログラムを見たいです。202.79

アメリカのブレイディ・テネル。映画「ニューシネマパラダイス」より。3Lz+3Tは間にターンが入りましたがセカンドをつけてきました。2Aは流れのあるジャンプ。3Sもいいジャンプですね。2Aも成功。レイバックスピンも回転が速くて美しい。ステップシークエンスは複雑。3Lz+3Tは高さもあって美しい。3F+2T+2Loもいいですね。3Loも成功。コレオシークエンスは見事なスパイラル。コンビネーションスピンも回転が速い。足換えのコンビネーションスピンも回転が速くて盛り上がります。素晴らしい。さすがテネル。222.97

韓国のユ・ヨン。映画「エビータ」より。3Aは素晴らしい出来。3Lz+3Tも流れのあるジャンプ。3Loもいい。レイバックスピンも回転が速い。ステップシークエンスはスピードがありますね。3Lz+1Eu+3Sも大きなジャンプ。コンビネーションスピンも速い。2A+3Tも成功。3Fはやや着氷が悪かったですね。2AはOK。コレオシークエンスはイナバウアーで盛り上がる。キャメルスピンも回転が速い。素晴らしい得点にキスクラも会場も盛り上がります。223.23

紀平梨花。「International angel of peace」3Sは流れのあるジャンプ。続いてが1Aに。3Lzは大きなジャンプ。キャメルスピンも素晴らしい。3A+2Tも大きなジャンプ。ステップシークエンスもとても工夫があります。3F+3T+2Tもすごいジャンプだ。3F+3Tも素晴らしい。コンビネーションスピンも回転が速い。コレオシークエンスも迫力があります。3Loもコントロールされたジャンプ。レイバックスピンも回転が速い。3アクセルを失敗して3Tを2回入れるってすごいですね。232.34

○最終順位(私が好きなミスド)
1.紀平ダブルチョコレート
2.ユ・ヨンオールドファッション宇治抹茶
3.テネルシナモン
4.樋口チョコリング
5.坂本ハニーディップ
6.キム・イェリムチョコファッション

1位の紀平はアクセルを失敗しても1位ってすごいです。計算の出来る子ですね。最初、3-2-2だと思ってました。あまりにも簡単にやり過ぎてて。紀平のすごさに恐れ入りました。2位のユ・ヨンも良かったんですけどねー。ジャンプ以外も上手い。
3位のテネルも優勝できるかと思うぐらいのフリー。今日もテネってました。
そして意欲的な4位樋口と5位坂本ですよ。トリプルアクセル、クワドトゥにそれぞれ挑戦しててまだこれ以上進化していくのかとぞぞぞとしました。確かにどちらか入れないと世界選手権で優勝は不可能。次を見据えています。特に坂本は今年は苦しいシーズンでしたが来年はすさまじい進化をしそうな予感。
そして、6位にキム・イェリムが入りました。フリーは素晴らしかった。3人とも高い実力を見せつけていて、キム・ユナを見てフィギュアスケートを始めた世代がシニアに揃ってきたんだと思うと震えます。

四大陸フィギュアスケート選手権2020(1):女子シングルSP

生まれた頃からルーズで、出先でいろんなものを買っては忘れてまた買い、そのまま鞄の中に放置する癖があるのですが、今回それが生まれて初めて役に立っています。なんといろんなポケットから中途半端に使ったマスクが出てきているんです。まるで化石のようです、富井です。まだどこかから発掘できるはずだ・・・。
さて、放置していた四大陸です。なぜか2回録画しています。解説は岡崎真さん、実況は足立さん。21人出場だそうですが、4組中、グループ3、4のレビューになります。

アメリカのカレン・チェン。「You say」動きにキレがある。3Lz+3Tは成功。2Aも幅がある。キャメルスピンも回転速度が速い。3Loはスピードがあったのですが、回転が足りなかったようで宇s。コンビネーションスピンもスムーズ。ステップシークエンスの前のスパイラルで会場が沸きます。きれい。ステップも身体が動いている。レイバックスピンも回転が速くていい。これはいい出来!ルッツもきれいに入りました。67.28

オーストラリアのケイラニ・クレイン。「I like it like that」3Lo+2Tは成功。3Lzは踏切がどうでしょうか。シットスピンはOK。スパイラルを短く入れてからの2Aはいいですね。コンビネーションスピンも面白くていい。曲に合ってます。ステップシークエンスも曲に合わせて軽快。レイバックスピンは回転がいい。ジャンプが慎重になりすぎましたね。でもスピンとかは良かったです。54.93

アメリカのアンバー・グレン。「Scares」3F+3Tは成功。回転のはやいコンビネーションスピン。素敵です。1Aになってしまったのがもったいない。いい感じで踏み切っていたように見えましたが。3Loは素晴らしいジャンプです。ステップシークエンスも緩急があっていい。シットスピンも回転が速くていい。レイバックスピンもいい。アクセルだけがもったいなかった。それ以外は高いレベルでまとまってました。シックなカラーの衣装もおしゃれ。65.39

中国のホンイー・チェン。「G線上のアリア」高さのある3Lz+3Tは流れは良かったですが、踏切がどうかと岡崎さん。3Fも両手をあげたきれいなジャンプ。コンビネーションスピンは最後の形がユニークですがちょっとスピードが落ちてしまいました。2Aもやや回転不足気味。シットスピンは腕が美しい。ステップシークエンスはよくからだが動いていて浅田真央のような品を感じます。レイバックスピンも美しい。もったいないところもありますが上品な雰囲気が素敵なのでこのまま成長していって欲しい。56.81

韓国のキム・イェリム。映画「ブラックスワン」より。すごい歓声。3Lz+3Tは何とか成功。2Aは流れのあるジャンプ。キャメルスピンは曲に合ってていい。3Fもコントロールされたジャンプ。コンビネーションスピンも美しい。ステップシークエンスはもう少しスピードが欲しい。シットスピンは回転が速くていいスピン。よくまとめました。68.10。カレン・チェンを抜いてトップに立ちました。

アメリカのブレイディ・テネル。「Medley Kirill Ricther」3Lz+3Tは素晴らしいジャンプ。イーグルからの2Aも流れがあります。レイバックスピンも素晴らしい。3Fもいいジャンプ。そこからすぐにステップシークエンス。テネった動きに痺れます。シットスピンも回転が速い。その後のコンビネーションスピンも回転が速い。今日も見事にテネりました!とはいえ、全米に比べるとちょっとお疲れ気味だった気も。75.93

韓国のユ・ヨン。「ロミオとジュリエット」背が伸びましたかね。大人っぽくなりました。3Aはステップアウト気味。高さのある3Lz+3Tはすごい迫力。キャメルスピンも素晴らしい。3Fも幅のあるジャンプですがエッジが気になると岡崎さん。ステップシークエンスもドラマチック。レイバックスピンの回転も速い。コンビネーションスピンはさいごどうにか間に合わせたみたいな終わり方。母国開催で緊張していたでしょうか。73.55

紀平梨花。「ブレックファスト・イン・バグダッド」3Aは大きなジャンプ。流れもいい。3F+3Tもまとまったジャンプ。キャメルスピンもOK。3Lzもきれいな着氷。コンビネーションスピンも素晴らしい。ステップシークエンスも身体が良く動きますね。レイバックスピンも回転が速くて素晴らしい。ノーミスであっという間に終わりました。81.18

韓国のイム・ウンソ。「Somewhere in time」3Lz+2Tは最初のジャンプはとても大きかったのですが。キャメルスピンは優雅。ステップシークエンスもスピードがあっていい。3Fは流れのある大きなジャンプ。イーグルからすぐの2Aも成功。レイバックスピンも回転が速くていい。足換えのコンビネーションスピンもポジション変化が大きくて素晴らしかったですね。最初のコンビネーションジャンプがもったいなかったな。68.40

樋口新葉。「Bird set free」2Aは予備動作なしで跳んでていいですね。キャメルスピンもOK。3Lz+3Tは最初のジャンプが高かったですね。コンビネーションスピンもダイナミック。3Fも高さがある。レイバックスピンの回転も速い。ステップシークエンスもダイナミック。最後までパワフルで素晴らしかったです。72.95。あれ、もうちょっとでるかと思いました。

坂本花織。「No roots」素晴らしいスピード。3F+3Tは素晴らしい高さと幅。キャメルスピンも回転が速い。2Aもコントロールされたジャンプ。コンビネーションスピンもスピードがある。3Loはちょっと回転不足かな。レイバックスピンも回転が速い。ステップシークエンスも力強い。ループがちょっともったいなかったなあ。でも最初のコンビネーションジャンプは素晴らしかった。73.07

○SPを終えての順位(私が好きなミスド)
1.紀平ダブルチョコレート
2.テネルシナモン
3.ユ・ヨンオールドファッション宇治抹茶
4.坂本ハニーディップ
5.樋口チョコリング
6.イム・ウンソポン・デ・黒糖

紀平はジャンプが揃いましたね。少しジャンプ重視だったような感じでまとめてきたなと言う印象です。これを見る限り無敵のロシア三人娘に割って入る準備が出来てるなと思いました。2位のテネルは全米選手権ほどじゃないけど安定のテネり。もうちょっとスケーティングにスピードがあると良かったな。
3位のユ・ヨンはトリプルアクセルが残念でした。しかしそれなりにまとめたのは偉い。4位の坂本は最初のコンビネーションジャンプに鳥肌が立ちました。3Loは残念だったけど坂本の良さは堪能しました。5位の樋口はパワフルでいい演技でした。個人的にはもうちょっと得点が出ても良かったと思うのですが。6位のイム・ウンソはセカンドジャンプが2回転だったにもかかわらずいい点が出てます。いや、ほんと良かった。それだけにジャンプミスがもったいなかったな。

フィギュアスケート欧州選手権2020(7):ペアFS

明日はひなまつり。ころなういるすで暗いニュースしかない中で、ローカルニュースで小野市の「ビッグひな祭り」のニュースがありました。今こそローカルニュースをみるのがいいと思ったマイク松ですこんにちは。

欧州選手権はペアFSです。

フィギュアスケート欧州選手権2020、ペアFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

イタリアのレベッカ・ギラルディ&フィリッポ・アンボロジーニ。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」より。3Twはキャッチがいまいち。3Sはギラルディが転倒。グループ5リバースラッソーリフトはキャリーに変化。がんばって上げていました。3LoThはステップアウト。あまりいい序盤じゃないですね。ペアスピンはいい出来でした。ここからいこう。3FThはなんとか着氷。コレオシークエンスから2A+1Tはまた転倒。ジャンプ決めたいですね。グループ5アクセルラッソーリフトはてきぱきできました。グループ3リフトは降ろし方もよかった。Dsでフィニッシュ。いつもより出来はよくなかったみたいですね。156.74。

ドイツのミネルバ・ファビアン・ハセ&ノーラン・ジーゲルト。「ハウス・オブ・ザ・ライジング・サン」。3Twはきれいなキャッチでした。グレイト。3T+2Tはしっかり成功。いい出だし。3Sは転倒。グループ5リバースラッソーリフトは長いリフトでした。降ろし方もがんばってる。グループ5アクセルラッソーリフトはワンハンドできれいにあげました。3LoThはステップアウト。ペアスピンは音楽を表現しようとしてますね。グループ4リフトは最後にもってくるあたり自信作ですかね。3SThはツーフット。スロージャンプ決まりませんね。コレオシークエンスからDsでフィニッシュ。つなぎ部分がちょっともっさりしてますががんばってました。186.39。すごいがっかりしてるぞ。だいじょうぶや。

オーストリアのミリアム・ツィーグラー&ゼベリン・キーファー。「ブロークン」。いい雰囲気から3Twはあぶなかったです。3T+1T+2Tになりましたがジャンプじたいはいけてます。3Sは転倒。だいじょうぶか。グループ5リバースラッソーリフトはイーグルでキャリーという力業。3LzThはクリーンでした。いいぞ。Dsからスムーズにペアスピンに入ります。これはおもしろい構成。つなぎもがんばってます。グループ5アクセルラッソーリフトは上げもスムーズでした。コレオシークエンスでCuLiを入れてる。3SThはちょっとスローがうまくいかず転倒。最後はグループ3リフトは上げるのにパワーがいりました。ハイレベルな技にしっかりチャレンジできましたね。177.41。

最終グループ。

ロシアのエフゲニア・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。「テ・アモ」。チャーリー・ホワイトの振り付けらしいですよ。3Twはさすがのクオリティ。3Sはダブルになりました。3Tも転倒しました。ソロジャンプでここまでうまくいかんとは。3LoThはさすがの幅。でかいジャンプです。コレオシークエンスからグループ5リバースラッソーリフトは降ろし方に工夫あり。あれはペアの醍醐味。3SThはぎりぎりがんばりました。Dsはわりと短め。アイスダンスのようなステップを入れて、グループ5アクセルラッソーリフトはローテがすばらしい。グループ3リフトはかなり危ない体勢でまわしてきました。すごいな。ペアスピンでフィニッシュ。ソロジャンプがうまくいかなかったですがそれ以外はさすがの出来。でもキスクラはお通夜ですね。208.64。

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。「ピルグリムス・オン・ア・ロング・ジャーニー」。3Sは転倒。3Twは高さありました。SlLiのようなつなぎから3LoThはタッチあったか。Dsを間髪入れずやってきます。流れありますね。2つめのソロジャンプは2T+2Tになりましたね。うまくいってない。グループ5リバースラッソーリフトは降ろし方が難しい。いつもあれどうやってるんだろうと思います。コレオシークエンスはもう少しできるかも。3SThはステップアウト。グループ5アクセルラッソーリフトはスピードをキープしてる。降ろし方も優しい。グループ4リフトはキャリーからワンハンドでローテ。パワーみせますね。ペアスピンでフィニッシュ。うーん本来の出来ではなかったですかね。上を追いたかったんですが。でもシーズンベストは更新。194.44。

ロシアのダリア・パブリュチェンコ&デニス・コディキン。「トロン・レガシー」より。未来的な衣装で最初から世界観作ってる。3Fはタッチがありましたが挑んできました。3T+2T+2Tをなんとか成功。大きいですね。ここで3Tw。いい出来です。3FThは降りたんですが転倒。もったいない。すごい難しい入り方のグループ5リバースラッソーリフトは空中の姿勢もすごい。Dsも世界観作ってます。コレオシークエンスから3LoThは流れのあるいい着氷。グループ5アクセルラッソーリフトは降ろし方が難しい。工夫入れてます。グループ4リフトはこれも難しい。技術で攻めてきます。ポジションのいいペアスピンでフィニッシュ。また背中で映してました。206.53。おしい。

ロシアのアレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー。ジェームズ・ボンド・セレクション。ほぼ「スペクター」の音楽ですね。3Sをばっちり成功。3T+2T+2Tはなんとかもちこたえました。しっかり降りてる。3Twは片手あげ。音楽にもあってる。グループ4リフトは上げ方もうまいし、音楽のさびにうまく合わせてる。3FThは高さもあったし着氷もよかった。音楽よく使ってるなー。Dsもかっこいい。コレオシークエンスから3LoThもばっちり。質が高い。これは勝ちましたね。グループ5アクセルラッソーリフトはポジション変化も効いてる。グループ5リバースラッソーリフトは空中姿勢がよかった。勝利のペアスピンでフィニッシュ。見るまでもなく勝ちました。完璧な出来。234.58。

○最終結果:(麒麟がくる的に)
1. ボイコワ・コズロフスキーがくる(2人で)
2. タラソワ・モロゾフがくる(2人で)
3. パブリュチェンコ・コディキンがくる(2人で)
4. デラモニカ・グアリーゼがくる(2人で)

ボイコワ・コズロフスキーが新チャンプになりました。FSの「スペクター」はほんとによかったです。007好きだから余計にそう思うのかもしれませんが、2位に30点つけての優勝はやばいです。タラソワ・モロゾフもちょっとショックかも。今日はジャンプがよくなかった。パブリュチェンコ・コディキンも着氷してたスロージャンプがそのままいってれば逃げ切ってました。デラモニカ・グアリーゼは表彰台惜しかった。

大相撲3月場所2020:無観客場所になりました

ついに近くにころなういるすがやってきました。マイク松ですこんにちは。フォルス・スタート商会極東事務所に引きこもらないと、巣ごもり消費や~!と一瞬盛り上がりましたが、よく考えるといつも通りでした。

さて、ころなういるすのせいでいろんなスポーツイベントが中止や無観客試合になってますが、大相撲も春場所が無観客で行われることになりました。NHKでの中継はあるらしいので、僕ら的にはこれまたいつも通りですが、やはり残念ですよね。

とはいえプロ野球のオープン戦も無観客試合になって、選手やスタッフはいろいろ考えることがあるそう。お客さんがいない場所は力士にとっても考える機会になればいいなと思います。

そうなんです、別にこんな異常事態は初めてではないのです。2011年3月場所(こっちも春場所なんだ)は本場所ではない、技量審査場所だったのです。このときは興業としての本場所じゃなく、お客さんは無料で入れますが、NHKの中継はなかったのです。今回はいちおう本場所で中継もありますが、お客さんは入れないのです。

どちらもお客さんあっての大相撲だということを痛感する機会になるでしょう。もうそう考えるしかない。僕らはテレビで応援するだけです。幕内・十両の力士には、プロになった当時を思い出すこともあるかもですね。

災い転じて福となすという格言を考えると、今回お客さんがいないので、優勝へのプレッシャーがないということがあるかもしれませんね。そうすると何が起こるか。オッキー兄さん優勝です。プロビデンスのマイナスの影響を最小限にすれば、あとはプラスの影響しかない。優勝してしまうわけですよ

まあこの「優勝してしまうわけですよ」という言葉がミヤウチオーニャーのものだということが示すとおり当てにならないですが、個人個人で楽しいことを考えて相撲を見ましょう。きっと相撲は楽しいですから。

フィギュアスケート欧州選手権2020(6):アイスダンスRD

球辞苑はついに選球眼がテーマでしたが、よく考えると難しい概念だなと思うマイク松ですこんにちは。本当は速すぎて見えないんですもんね。その世界が垣間見えて有意義でした。

欧州選手権はアイスダンスRDです。今回はいっぱいみました。

フィギュアスケート欧州選手権2020、アイスダンスRD。実況は小林さん、解説は滝野さん。27組がエントリーしてるそう。

フィンランドの折原裕香・ユホ・ピリネン。日本人がフィンランド代表で出てます。「メリー・ポピンズ・リターンズ」。ツイズルはなかなかいい出来。パターンダンスはフィンステップ。表情がとてもうまくできてます。なかなか滑りのスピードもある。MiStは勢いがある。RoLiは大きなローテでした。がんばってます。64.49。

リトアニアのアリソン・リード&サウルス・アンブルレビシウス。リードはまだ25歳なんですね。「バンドスタンド」。MiStはホールドはセパレーション。まずまずのスピード。RoLiは実施はよかった。ツイズルはよくあってますね。パターンダンスは丁寧にやってるみたい。なかなかがんばってました。73.22。

ウクライナのアレクサンドラ・ナザロワ&マキシム・ニキティン。「四十二番街」。ナザロワの衣装きれいですね。選曲がいいと実況陣。ツイズルはまずまず。ニキティンがんばれ。パターンダンスはもっと丁寧にいこうぜ。後半は勢いつけてやってました。SlLiはすごい難しいポジション。これがこいつらの武器なんですね。入り方も工夫あった。MiStも最後にアクロバティックな終わり方してました。ペアの方がいいんじゃないかな。71.54。ミキティンがすごい疲れてる。海洋遭難して助けられた人みたいになってる。

ロシアのティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレーロ。「グレイテスト・ショーマン」より。パワフルな導入。曲をいかしてますね。ツイズルはばっちりあわせてましたね。ロシアとは思えない。パターンダンスは正確さはともかくリズムに乗った流れはある。エッジが深く使えてましたがツイズルでミスがありました。でも全体はオッケー。ちゃんと物語を作れてるし、MiStはよくあわせてる。久しぶりの欧州選手権で張り切ってます。RoLiでフィニッシュ。がんばりましたね。75.10。

ポーランドのナタリア・カリシェク&マキシム・スポディリエフ。「キンキー・ブーツ」。確かにカリシェクがブーツっぽい衣装。ツイズルは工夫された入り方。つなぎ部分からすぐ入ってます。RoLiはこれまた入り方をうまくしてますね。MiStは2人の動きがよくあってて、音楽を盛り上げてます。パターンダンスはまずまず。丁寧にやっててスピードが落ちてますね。71.96。

イギリスのライラ・フィアー&ルイス・ギブソン。「ブルース・ブラザーズ」より。かっこいいポーズからスタート。さすがですね。ツイズルはばっちり。種類の違うツイズルを3つともばっちり、しかも音楽に調和。パターンダンスは勢い重視。エッジは丁寧にいきたい。音楽が変わってもただたんに滑ってるだけのパートがない。RoLiはキレあります。MiStはここはエッジが深いしちゃんと関係性表現できてますね。最後のポーズもよかった。これはいいプログラム。もっとよくなりそう。74.26。

スペインのオリビア・スマート&アドリアン・ディアス。「グリース」より。MiStから入ります。なんかさっきから撮り方がよくないな。遠くからでよくわからない。ツイズルはちょっと離れたか。パターンダンスはエッジを深く使うのを意識してますね。終わったら盛り上げていきますね。つなぎの部分でかっこよくしてRoLiにつなげる構成がいいです。かっこよい終わり方。基本ダンスがめっちゃ踊れるみたいですね。72.19。

イタリアのシャルベール・ギニャール&マルコ・ファブリ。また「グリース」より。こちらは最初から2人の関係をしっかり表現していく。滑りがほんとによくのびます。MiStはエッジが深く、終わり際にぱっとStLiを入れて印象づけます。これはいい構成。ツイズルは高速ツイズルでアピール。パワフルですね。パターンダンスは全部イエス。それでいてスピード出てます。後半も盛り上げてきます。エレメンツ感なしのままフィニッシュ。これはいい演技!84.66。というかカッペリーニちゃんがもうコーチでいますね。優しく見守ってる感じ。ようフーザルポリの下で働いてるな。

フランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン。またエアロビっぽいおもしろ衣装です。ちょっとずつ変えてるんですね。「フェーム」より。最初からフィンステップ。速いしうまいしまったく規定感ないやん。音楽にもカウントとってるからよくあってる。後半もその後のつなぎの部分もハイレベル。DiStもその流れで表現していきます。ツイズルもやるぞーみたいなのがない上にハイレベル。SlLiはポジションチェンジがなめらかで安定。最後は踊りまくってフィニッシュ。いやー見事見事。88.78。ええんちゃうかくらいですね。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。ステファノワの衣装がすごい。豪華。「ムーラン・ルージュ」より。ツイズルは最初のつなぎからスムーズに入って出来はばっちり。パターンダンスは切れ目なく前半と後半をつなげ、音楽にぴったり。だからスピードも落ちないですね。MiStは距離感で物語を表現。この関係がいいですね。CuLiでフィニッシュ。すばらしいです。いい雰囲気出せてました。さすがこのプログラムはいいですね。83.65。おーあんまり出てない。

スペインのサラ・ウルタード&キリル・ハリアヴィン。「ハロー・ドリー」。ツイズルはファーストで少し乱れました。あぶない。MiStはナイスなエッジワーク。ズーリンが指導してるんですね。パターンダンスは前半は正確じゃなかったか。後半は丁寧。RoLiはとても見せ方が上手できれいなターンでした。なかなかいい演技でした。73.44。

ロシアのヴィクトリア・シニシナ&ニキータ・カツァラポフ。きましたね。「雨に唄えば」。わかりやすい音楽表現。ツイズルはよくあってますが回転がスムーズじゃないかも。いいんですけどね。MiStは表現がほんとに洗練されていてクラシカルかつ技術がある。パターンダンスは規定の中でもカツァラポフが張り切っていると実況陣。確かに。いいことあったんかな。RoLiはぶんぶんまわしてました。いい演技でしたねー。貫禄をうまく反映してました。小林さんはジャケットを脱いだのがよかったのではとのこと。88.73。パパダキス・シゼロンに肉薄してます。

○RD終わっての順位:(麒麟がくる的に)
1. パパダキス・シゼロンがくる(2人で)
2. シニシナ・カツァラポフがくる(2人で)(ジャケット脱いで)
3. ギニャール・ファブリがくる(2人で)
4. ステファノワ・ブキンがくる(2人で)

パパダキス・シゼロンが1位。エアロビっぽい衣装はなにげにアスリートとしての肉体をしっかりアピールできますよね。死角なしと思ったらシニシナ・カツァラポフが僅差で追ってます。やっとカップルとして成熟してきたという感じ。いやできてるんですよ。でもさらにという。FD楽しみです。ギニャール・ファブリはいい演技できてるしがんばれやと思ってましたが、カッペリーニちゃんコーチを喜ばせてやって下さい。お願いします。ステファノワ・ブキンは4位。上は狙えるんですが。

オープン戦は無観客試合に、種いも球団には関係ないぜ

とにかくたのしいことがしたいので、NFLプレーオフみているマイク松ですこんにちは。MLBが始まるまでこれでしのぎたいです。やっぱりフットボールはすごい楽しくなるようにできてるんですよね。

さて、本当ならこの時期はいろんなお仕事やイベントで忙しいのに、ころなういるすのせいでいろいろ中止になったりして大変です。舞台やライブもどんどん中止になってるし。スポーツでもたくさん無観客試合になってます。大相撲もそうなるんじゃないかといわれてますよね。カーリング世界選手権が待ち遠しいです。

そんな中でプロ野球のオープン戦も絶賛無観客試合で開催されています。中日の試合はどあらが1人でいる写真が衝撃でした。オープン戦でよかったと思うしかないですよね。

しかし種いも球団オリックならこんな事態も乗り越えられるはず。オリックにはそんな強さがあります。なんたって交流戦では敵チームのファンにスタンドを乗っ取られるし、普段から敵チームのファンに圧倒されてるし、弱いし。(最後は観客関係ない)

むしろ両チームのファンがいない状況は有利とさえいえます。この苦境をこれほどポジティブにとらえられる。これこそ種いも力です。本にしてみんなに配りましょう。

そんなポジティブパワーで今日のハム戦はTさんがホームランを打ったみたいですが、サタデースポーツではふれられませんでした。無観客ですからね。ヤマオカはいい結果だったみたいですよ。

フィギュアスケート欧州選手権2020(5):ペアSP

軍神オータニOP戦初安打初打点。今日本はころなういるすのせいでほんとに沈滞ムードですが、患者のお年寄りがこの映像をみたらよくなるんじゃないかと思うマイク松ですこんにちは。どんどんみせてあげて。オータニさんがヒットだよ!

とにかくたのしいことがしたいので、フィギュアスケートのレビューします。今日は欧州選手権のペアSP。

フィギュアスケート欧州選手権2020、ペアSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。今回は19組。前回キセキの優勝を果たしたジェームズ・シプレは今回は出てないそうです。グループ3から。

イタリアのレベッカ・ギラルディ&フィリッポ・アンボロジーニ。ジェイソン・デルーロ「キス・イン・ザ・スカイ」。ピンクのラインが印象的な衣装。3Twはキャッチがかなりあぶなかったです。3Sは回転不足だそうです。タイミングはあっていたのですが。グループ5アクセルラッソーリフトは上げ方がなかなかスムーズ。3FThはツーフット。ジャンプがなかなかですね。Dsからステップはエアロビっぽい雰囲気。よく合わせてます。このへんは武器になりそう。ソロスピンはなかなかあいませんでした。56.85。

ドイツのミネルバ・ファビアン・ハセ&ノーラン・ジーゲルト。ドイツチャンプです。イングリッド・ミカエルソン「オープン・ハンズ」。3Twは高さがあってよかったです。3Tはタイミングもあって成功。いい出だしです。Dsも入り方が工夫あってよかった。グループ5リバースラッソーリフトは空中のハセのポジションが難しい。3SThは高さも幅もありました。よく足をもってますね。DiStからソロスピン。これもよくあわせてました。いい演技できましたね!実力を十分出せたでしょう。70.43。大喜び。

オーストリアのミリアム・ツィーグラー&ゼベリン・キーファー。実は7年目。地元の大歓声を受けています。「サンシャイン 歌声が響く街」より。3Twはまずまず。3Tもばっちり。ジャンプうまいです。Dsは最後に謎のガッツポーズ。ソロスピンはずれをリカバーしました。3FThは高さがありました。ステップもまずまずです。最後しっかりきめてフィニッシュ。がんばりましたね。67.90。シーズンベストです。

イギリスのゾーイ・ジョーンズ&クリストファー・ボヤージ。ハヴァシ・バラージ「ストーム」。ジョーンズは40歳だそうです!すごい。3Twは少しかついだ。2Aを成功。ここで2Aは珍しいですね。グループ5リバースラッソーリフトは降ろすときに止まってしまいました。Dsはいい流れでできました。ソロスピンはレベルを上げる工夫があります。ステップはこれまた難しい構成をがんばってました。最後に3FThでフィニッシュ。よくがんばってました。50.96。

最終グループ。

ロシアのエフゲニア・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。王座奪還したいですね。ラヴェル「ボレロ」。3Twはレベルの違う出来。すばらしいです。3Tも成功。CuLiもいい出来ですよね。アイスダンスもいけるんかな。3LoThはでかいジャンプでした。Dsもまたボレロには映えますね。ソロスピンはちょっとずれ気味。グループ5リバースラッソーリフトはいい出来と思ったらバランスを崩して降ろしてしまいました。あぶなかった。そのあとのステップも引きずったかいまいちになりました。あれさえなければ。73.50。

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。ビヨンセさん「クレイジー・イン・ラブ」。軽いRoLiを入れて、3Sはいい出来でした。3Twはまずまず。3LoThはツーフットになりましたね。もうちょっといい感じで投げてあげて。グループ5アクセルラッソーリフトは最初から最後までスムーズ。Dsも雰囲気出してます。ステップはいろんな要素を入れてますがもう少しスピード出るといい。ソロスピンでフィニッシュ。いい演技できてますね。70.48。この時点で2位か。

ロシアのダリア・パブリュチェンコ&デニス・コディキン。ハヴァシ・バラージ「ストーム」。またこの曲か。ロシアっぽい動きですね。3Tから入りました。3Twは高さがある。パブリュチェンコは大きくないので高くなります。グループ5アクセルラッソーリフトは降ろし方も豪快。ソロスピンはあってませんがロシア的に仕様です。3LoThはしっかり着氷しました。ステップはもうちょっと勢いがあるといいかな。Dsでフィニッシュ。後半はもう少し盛り上げたかったですがしっかり演技しました。74.92。トップにきました。

ロシアのアレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー。ロシアチャンプです。フランク・シナトラ「マイ・ウェイ」。めずらしいですね。衣装もロシアっぽくないし。最初の滑り出しから勢いがある。スピードに乗って3Sを決めました。3Twは片手あげ。難しい入りから3FThは高さも幅もばっちり。Dsも音楽の盛り上がりにあわせてますね。グループ5リバースラッソーリフトはワンハンドで高難度のポジション。しかも安定感。ステップはエッジワークがなめらか。RoLiをはさんでドラマ性を増してます。ソロスピンもしっかりあわせてました。すばらしい演技!これはトップいきましたね。エレメンツの出来がよすぎました。82.34!高得点出ましたね。

○SP終わっての順位:(麒麟がくる的に)
1. ボイコワ・コズロフスキーがくる(2人で)
2. パブリュチェンコ・コディキンがくる(2人で)
3. タラソワ・モロゾフがくる(2人で)
4. デラモニカ・グアリーゼがくる(2人で)

ボイコワ・コズロフスキーがトップに。これだけの技術があるとは思いませんでした。若いのに。パブリュチェンコ・コディキンはそんなにいいと思わなかったのですが、リフトが激しかったです。タラソワ・モロゾフはあのリフトのミスがなければトップか2位でした。デラモニカ・グアリーゼはもっといける。がんばれるぞ。