Archive for 19th 4月 2020

3密を避けるマジックハンド手長相撲のご提案

またSONGS鈴木雅之のメドレーみているマイク松ですこんにちは。鈴木愛理とのデュエット曲聴けたのが収穫でした。さすがハロプロの至宝、マーチンさんに負けないすばらしいパフォーマンスでした。

でマーチンさんの歌を聴くとなぜか相撲のことを考えてしまう不思議なヤマイにかかっているので今日も相撲関連です。PCR検査はいらないよ。最近は3つの密を避けるスポーツを考えるのが好きなのですが、相撲は密着するスポーツなのでなかなか難しいですよね。

ところで最近は妖怪アマビエさまがブームですが、みなさん手長足長という妖怪ご存じでしょうか。鬼太郎のどこかに出てましたが、手の長い妖怪を脚の長い妖怪が肩車しています。

この手長みたいにものすごい、ソーシャル・ディスタンシングに必要な2m以上のリーチがあるくらい手が長ければ、相撲は屋外でやるのも普通ですし、1対1のスポーツなので、3密クリアですよね。

ということで、力士がものすごい長いマジックハンドをもって突き押し合うという、マジックハンド手長相撲をご提案したいです。土俵がものすごい広くなります。基本突き押しですが、マジックハンドなのでまわしをとっても可。一本のマジックハンドを両手で持ったり、脇に抱えたり、それで殴ったりすると反則負けです。そしてマジックハンドを払いのけたりするのはOKですが、かいくぐって間を詰めると行司さんに「密です」といわれます。

最終的には未来を見据えて、モビルスーツ相撲とかに発展させるのが夢です。

最後に相撲がとれることを感謝する替え歌です。マーチンさんの歌って考えやすい。歌詞がいいからだな。ビロードのような美声で想像してください。

ギャンブル越しに消えた兄 (もとねた 歌詞)

やがて場所が開ける 今は冷めた色
次の5月くれば あの日消えた力士

君は流れでいって 兄ははまりすぎていた
知らずに別の道 いつからか離れていった

サヨナラを繰り返し 兄は永世になる
トゥイホーととまどいを その胸にしのばせて

ツライ夜を数え 瞳くもらせた
テレビ越しの場所も 今はあたたかい
兄がいないだけ 今は苦しくはない
二度とは帰れない 大関が呼び戻さないけれど

サヨナラを言えただけ 兄は永世だったね
トゥイホーととまどいを その胸にしのばせて