Archive for 12th 6月 2020

無観客のときは観客席をほかのもので埋めればいいんだ!

精密ドライバーを探しているマイク松ですこんにちは。トルクスドライバーってなかなか売ってないんですね…。明日ホームセンターいってみようかな。

さて、気がつけば1週間後にプロ野球開幕予定です。たのしみですが、最初は無観客なんですよね。みにいける日がはやくくるといいんですが…。

でも無観客のスタンドってさみしいですよね。それに対して韓国プロ野球でおもしろいココロミがおこなわれていました。

スタンド埋めるぬいぐるみファン

すばらしい映像ですよね。ぬいぐるみで観客席がぎゅうぎゅうになってます。こうすればよかったんだ。そうです種いも球団オリックについてです。(毎回ですけどね)

12球団で一番無観客に慣れていそうなオリック。無観客のいいところは、自分たちのファンもいないけど、相手チームのファンもいないということです。そりゃオリックファンもいてほしいけど、それより相手チームのファンがスタンドを埋め尽くしてしまうことです。経営的には助かりますが、どっちのホームやっけ?感がすごいんですよね。肉を切らせて骨を断つ。この場合の肉は球団経営ということになるんですが。

どうせ肉切らせてるんなら、せめて観客席を違うもので埋めれば、種いもどもが多少元気になるかもしれませんからね。何で埋めましょう?

1. お地蔵さん
 大事なのは御利益ですよね。観客席全体をお地蔵さんで埋めれば御利益満載。仏のご加護と慈悲で勝利を呼び込んでいきましょう。それでもめっちゃリードされた場合は、悲しげな会場の雰囲気の中にお地蔵さんがたくさんいるという、恐山みたいな風景が広がります。

2. こけし
 お地蔵さんと似てるかもしれませんが、観客席全体をこけしで埋めれば似たような御利益があるかも。お地蔵さんに比べてモビリティに優れますし、あのこけしの眼力ってなんか迫力ありますよね。それでもめっちゃリードされた場合は、悲しげな会場の雰囲気の中にこけしがたくさんいるという、新しい無間地獄みたいな風景が広がります。

3. スポンサーの製品など
 どうせ無観客なら、スポンサーの製品やシンボルなどで埋め尽くすのもありですよね。もともと何もないんですから。

  • バファローズぽんた
  • 情熱ホルモンの店員ボード
  • マダム・シンコのボード
  • 脚立(昔そういう日があった)
  • ぴちょんくん

これのいいところは経営的に肉を切らせなくていいことですよね。かなりもうかりそう。それでもめっちゃリードされた場合は、悲しげな会場の雰囲気の中にスポンサーの製品がたくさんいるという、ダイレクトなスポンサーの圧力が広がります。

4. のぼり
 大相撲の力士のぼりみたいな感じで、どんどんのぼりを立てていきましょう。これのいいところは勢いを出せることですよね。それでもめっちゃリードされた場合は、悲しげな会場の雰囲気の中にのぼりがたくさん立ってるという、桶狭間の今川義元みたいな気分が広がります。

5. 赤べこ
 やっぱりバファローズファンの代わりなので、牛っぽいものがないのかと考えたら赤べこです。ヒットや点が入ったりすると、牛が首を振っていい感じのパフォーマンスになりそうです。ロボ赤べこみたいにしたら。それでもめっちゃリードされた場合は、悲しげな会場の雰囲気の中に赤べこがたくさんいるという、血まみれ牧場みたいな風景が広がります。

6. はと
 当サイトでよく取り上げている、鳩特殊部隊。オリックは絶賛開発中ですが、そのはとに観客席に座ってもらえば、ぼーぼーぽぽーで相手チームに圧力をかけられそうです。それでもめっちゃリードされた場合は、悲しげな会場の雰囲気の中にはとがたくさんいて、点をとられるとはとがドーム内を飛び回るという、新しいジョン・ウー映画みたいな風景が広がります。

7. 妖怪
 何が相手チームに圧力をかけられるか。バックネット裏に妖怪が陣取っていれば、それは怖いでしょう。凶世羅ドームの種いも錬成陣をフルに使えば協力してくれるはず。それでもめっちゃリードされた場合は、悲しげな会場の雰囲気の中に妖怪がたくさんいるという、妖怪大裁判みたいな風景が広がります。

8. いも
 なんでもいいわという感じなら、観客席にじゃがいもの箱をいっぱいおいておけばいいでしょう。勝ってても負けてても農協の倉庫みたいな雰囲気になりますが、こうなったら農協とコラボして倉庫業をはじめたら一石二鳥ゥ!

ということで観客席に何かいれておけばいいんじゃないでしょうか。まずはじゃがいも倉庫からはじめてみましょう!