Archive for 26th 7月 2020

大相撲7月場所2020:7日目

4連休はずっとお仕事していたマイク松ですこんにちは。今日もイベントでとても忙しかったです。でもまあ連休はどこも混んでるし、出かけてる場合じゃないし。

7月場所は7日目。ほんとに相撲があるといいですよね。

7日目。実況は三瓶さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が錣山親方。

阿炎が休場。寄りによって錣山親方解説のところで…。今日のところは「知人と会食をした」くらいしかいわれてなかったのですが…。

旭秀鵬×千代丸。旭秀鵬が幕内でとりますが、今日は千代丸の突き押しがうまく決まって押し出し。ようやく初日でましたね。

照ノ富士×若隆景。照ノ富士が引っ張り込んで抱えました。若隆景ももろ差しにはなりましたがぜんぜん身動きとれない。照ノ富士がきめだしました。錣山親方によると照ノ富士は支度部屋でよく準備運動をしているとのこと。

琴奨菊×錦木。菊左差しから細かいステップで寄り切り。特にがぶらなくてもしっかり寄り切れましたね。部屋の後輩が元気だから菊も元気です。

佐田の海×琴勇輝。琴勇輝いい立ち合いから突き押しますが、佐田の海が上手をとって出し投げから寄り切りました。あの上手の素早さ。

琴恵光×栃ノ心。中に入ってもろ差しの琴恵光。栃ノ心もつかまえようとしますが、右からの琴恵光のかいなのつきつけで起こして寄り切りました。これは強い相撲。

志摩ノ海×琴勝峰。琴勝峰強烈な立ち合いからつかまえにいきます。志摩ノ海左上手をとっていい体勢ですが、琴勝峰が先に下手からの投げで転がしました。結構強い志摩ノ海ですが、投げの打ち合いで圧倒しましたね。押し相撲と四つ相撲で対応を変えているそう。

高安×妙義龍。左四つの形。しかし妙義龍は高安の左をしっかり絞ってブロック。あわせておっつけて起こします。高安一度はスピンで逃れようとしますが、妙義龍逃さず寄り切りました。今場所はほんとにいい相撲とる。

魁聖×琴ノ若。お互いもろ手突きになりましたが、魁聖の方がそれでは一枚上手。魁聖が突き倒しました。琴ノ若も考えすぎたか。

松鳳山×勢。松鳳山張り手も交えた激しい取り口ですが、勢はひるまず差しに行きます。一度離れて頭四つになりました。お客さんが少ないのでぜいぜいいう声が聞こえます。ぱっと松鳳山が中に入って押し出しました。激しい相撲でしたね。

千代大龍×徳勝龍。九重メソッドを見切った徳勝龍が突き出し。実は長いこと千代大龍に勝ってなかった。

石浦×竜電。竜電は石浦に入らせないようにしっかりケア。バターになりそうにぐるぐるまわっていましたが、竜電が肩越しの上手から上手投げ。しっかりスピードについていきました。

炎鵬×玉鷲。炎鵬立ち合いから当たらず見て中に入ります。玉鷲は上から抱えるようにして振り回しますが、足腰強くしのいだ炎鵬が前まわしから寄り切り。見事な相撲です。もろ手突きの力士には頭を下げられるとやりづらいと錣山親方。

照強×北勝富士。北勝富士が一気に出たように見えましたが物言い。軍配は照強であみうちにいってるんですね。軍配通り照強の勝ち。行司さんよく見ていました。

隆の勝×阿武咲。阿武咲の突き押しにひるまず隆の勝が右差しから寄り切りました。決して阿武咲の相撲は悪くないんですが。

遠藤×豊山。遠藤いい踏み込みからはたき込み。豊山なかなか勝てないですね。

大栄翔×隠岐の海。小結同士の対戦。オッキー兄さんが左差しでいい形を作りましたが、大栄翔が寄って寄り切りました。兄さんはいい形を作っただけでしたね。

阿炎×御嶽海。阿炎休場で御嶽海不戦勝。ラッキー。

正代×碧山。碧山どんどん突き押していきますが、マサヨ残して残してしのぎます。碧山なおも出ますが、土俵際でマサヨが突き落としました。碧山にはいつもこんな感じでやられるのですが、今日はやられても勝ちました。

宝富士×朝乃山。大学の先輩後輩対決。まわりこむ宝富士を逃さず、どんどん出た朝乃山が寄り切り。動きがいいですね。常に前に出ているから相手もなにもできないと錣山親方。

貴景勝×輝。当たりあって突き押しあいになりますが、貴景勝の突き落としが決まりました。輝はちょっとふらっとしたかも。

白鵬×霧馬山。いろんなところから期待される霧馬山がついに白鵬に挑戦。しかし白鵬が張り差しからがっちりつかまえて寄り切り。一瞬でしたね。