Archive for 8th 8月 2020

村上佳菜子の釣りびと万歳ようやくみました

カーリングシトーンズのデビューライブの音源聴いたマイク松ですこんにちは。6人のすごい音楽の力が満載。それがGDGDにつづられるライブはすばらしいです。映像もみたくなってきた…。

さて、先日HDDレコーダーの中を探していると、まだみてない釣りびと万歳がありました。誰が釣ってるのかな…村上…?村上弘明かな…?と思ったら、これが村上佳菜子の回でした。まだみてなかった。変なところに紛れ込んでいたんですね。早速みてみました。あ、今回フィギュアスケートのことは何も出てきません。フィギュアスケートのカテゴリですが。

村上が今回チャレンジするのは玄界灘でのイサキ釣り。釣りびと万歳には釣りの指南役、釣り兄貴が毎回つくのですが、軽いロッドとルアーで初心者でも簡単に釣れるでしょ的な感じでスタートしました。

そしていざ玄界灘でイサキ釣りを開始するのですが、全然釣れません。そんなにレアな魚でもないのに完全無音状態。釣り兄貴も呆然としてました。村上はルアーの気持ちになったり、ルアーの演技はできるのですが、船上での演技はイサキには伝わりません。

行ってみようのコーナー。釣りびと万歳はこっちのコーナーがあるので、釣れなくてもだいじょうぶではあるのです。バエスポットでのポージングはさすがの華でした。

そして食べてみようのコーナー。食レポもうまいですねー。語彙もまずまずですがなんといっても表情がいい。まじでおいしそうでした。しかもがんがん食べてました。

釣り再開。ぜんぜん釣れる気配がありません。全体的にぼうずなんかと思ったら、ちょっと向こうの船のおじいちゃんではばんばん釣れていて、釣り兄貴も向こうの船の釣果を数えてばかりです。

ここで兄貴がルアーに加えてサビキを使用したところ、ついに待望のイサキがヒット!サビキにくいついているので作戦成功ですね。村上もうれしそうでしたが、兄貴の心底ほっとした表情が印象的でした。

大物釣りを目指して場所を移動。いきなりサポートメンバーが67cmのマダイを釣り上げます。すごいでかい。そしてさすが福岡、こういうところにも美人がいます。村上も大物釣りに挑みますが、急にうねりがでてきて船酔い。ここで終了になりました。

村上は意外に釣りはできるのかな、と思ったりもしましたが、僕らの思っていた村上が普通に海に出ていました。村上はそれでいいので、自由に生きてほしいと思いました。釣りびと万歳をみて。