Archive for 10月 2020

西武のぽっちゃり軍団に太陽にほえろ的なあだ名をつけよう

「バイト」で強盗、若者急増 犯罪組織の誘い巧妙。話題になってるようですね。日経は以前にも韻を踏む見出しで話題になったことがありましたが、今回もそうで、ただ韻を踏んでるだけじゃなく、フロウしてもすごいノれる、いいリリックを書いてくるんですよね。絶対ラップの素養ある人がいるなと思うマイク松ですこんにちは。

さて、先日プロ野球のドラフト会議が開催されて、いろいろ話題になっていますが、西武はおもしろい指名をしてきたそうですね。

西武サプライズ連発、巨漢バッターら野手5人指名

まあ確かに西武はもっとピッチャーとった方がいいんじゃないかと思いますが、別にとってないわけじゃなく、上位で野手をいっぱいとってるということなんですけどね。

それはともかく、また巨漢の野手をとってるというのがポイントですよね。ドラ1の渡部は見事な体格で、おもしろいところもあり、まさに西武の野手という感じです。このままだと西武は相撲部屋になってしまう。

それはそうと、西武はおかわりくんとかアグーとか、いいニックネームがついてますよね。このままぽっちゃり選手が増えてくると、太陽にほえろ!みたいにみんながニックネームで呼ばれるようになるかも。どうせなら相撲関連にしましょう。

  • 大関
  • あんこ、そっぷ
  • 太刀持ち、露払い
  • 甚句
  • てっぽう
  • 張り手
  • バター、マヨ
  • ウッパッピー

そして巨漢野手なのにいちばん体重の少ない人はガリと呼ばれます。100kg超えてても。厳しいですのう。

意外なほどいろいろなかった:ワールドシリーズ2020:第5戦

そういえば今日はドラフト会議だったらしいですね。マイク松ですこんにちは。きっと富井がまとめてくれるはず。

僕はワールドシリーズを録画で見ました。先発は第1戦と同じく、グラスナウとカーショー。先発の出来が鍵になりそう。

初回のドジャースの攻撃、久しぶりにいい感じでベッツがツーベースで出塁。シーガーのタイムリーで帰ってきてあっという間に1点先制。シーガーはワイピーのところで2塁、3塁を陥れ、ベリンジャーの内野安打でまた1点。2回にはピーダーソンのホームランで、小刻みに点を取っていきます。グラスナウもそんなに悪くなかったのですが。

対してレイズの攻撃は、カーショーがまずまずの調子で点がとれませんでしたが、3回にキアマイアーが内野安打で出塁し、妙にカーショーに強いディアスのスリーベースで帰ってきました。そしてアロザリナのタイムリーで追加点、1点差になりました。しかしそのあとは抑えました。

そのあとレイズはノーアウト1,3塁のチャンスになりましたが、カーショーががっちり抑え、マルゴーのホームスチールを敢行しますがタッチアウト。点がとれませんでした。

5回にドジャースはマンシーのホームランで1点とりました。またツーアウトから。グラスナウは5回まで。カーショーもポストシーズンの奪三振記録を作るほどがんばって抑えましたが、5回2/3で降板。昨日はリリーフが結構打たれていて、このあとまた点の取り合いになるのかなと思いました。

しかし今日は両チームのリリーフが前評判通りのすばらしい出来。トゥトゥゴーは8回に代打で出ましたがレフトフライ。やっぱり1打席だときついですよね。結局最後まで点が入らず、ドジャースが2点のリードを守り切って勝ちました。

昨日の試合から想像できないくらい、今日は中盤以降ほんとに静かに進んでいきました。カーショーも「(自分の)子どもたちは退屈だっただろう」といってました。あとドジャースはワイピーをしっかり利用して塁を進めていきました。そして自分たちは盗塁をしっかり刺してあんまり進ませなかったのの違いが出たかも。

ワースポでも黒木さんがいってましたが、カーショーのホームスチール阻止が冷静ですごかったです。後ろから声をかけられてもそのままホームに投げるのがいかに難しいか。すばらしかったです。

あとロバーツカントクの投手交代に疑問の声があがっているらしいですが、まったく今に始まったことじゃないですからね。ベイダー卿ってなんであんなに恐ろしいの?みたいな感じですよ。

ともかく第6戦までやることになりました。たのしみです。トゥトゥゴー初ヒット打ってくれ。

いろいろありすぎた:ワールドシリーズ2020 第4戦

昨日餃子の王将にいってきたのですが、むちゃくちゃおなかいっぱいになったマイク松ですこんにちは。

ドジャースとレイズのワールドシリーズ、ドジャースの2-1で迎えた第4戦は、いろいろありすぎました。王将で隣のおっちゃんがマーボー丼と天津飯と餃子をたべてましたが、そのくらいおなかいっぱいです。

レイズの先発はヤーブロウ。まずまずのピッチングで、ターナーとシーガーにホームラン打たれた以外はよかったのですが、早めに仕掛けるレイズは早めに下げました。

対するドジャースの先発はウリーアス。今ポストシーズンで頼りになるピッチャーでしたが、こちらもアロザリナと○にホームランを打たれました。ここでロバーツカントクの悪い癖が発動。5回途中で下げてしまいました。

この先発を早めに下げたことで、試合は混沌としていきます。何しろ両チームともリリーフに出したピッチャーが次々打たれていきます。だけど大崩れせず、同点とか勝ち越しとかしたあとは抑えていきます。そういう展開。レイズはラウが3ランで勝ち越しますが、ドジャースはそのあと満塁でピーダーソンがタイムリーでまた逆転します。ずっとこんな感じ。

レイズはキアマイアーのホームランで追いつきますが、ドジャースはシーガーのテキサスヒットで勝ち越し。これで9回、クローザーのジャンセンを送ります。最初に代打でトゥトゥゴーが出てきますが三振。2アウト1,2塁で、バッターはフィリップス。ワールドシリーズでは初打席。ジャンセンも上から抑えに行きます。ここでフィリップスがタイムリー!1人かえって同点!そこでファンブルがあって、1塁ランナーだったアロザリナがホームを狙いますが、三本間で転倒してしまいます。これは余裕でアウトかと思ったら、キャッチャーがバックホームをそらしてしまい、アロザリナがホームイン!サヨナラ勝ちになりました。すごい幕切れ。

フィリップスは大仕事をやってのけて、サヨナラのときはサッカーでゴール決めたときみたいに、飛行機ポーズで逃げ回ったあげくに息切れして弱っていました。アロザリナはサヨナラのホームインしたにもかかわらず、喜びのチームメイトはみんなフィリップスを追いかけて、仲良しのアダーメスもアロザリナを飛び越えて祝福にいっていて、完全放置でした。コーチがきてくれましたが。でも勝ったし、ポストシーズンホームランの新記録もとったし、いいですよね。

レイズは大きなサヨナラ勝ちで、シーズン中では一気に流れをつかめそうですが、今日はもりもりリリーフが打たれてしまったのでなんともいえないですね。ドジャースは明日のカーショーの出来次第といったところでしょうか。

今日は目の前で起こったことがよくわからないくらいの最後でした。これがワールドシリーズですねー。

ラミレスカントク退任発表

ドジャース勝ち越し。今日はもうビューラーがすごかったです。レイズにとっては明日がポイントだなと思うマイク松ですこんにちは。トゥトゥゴーも出られてよかった。

さて、プロ野球は順調に試合が進んでいい感じですが、結果も出始めているだけにこういうニュースも出てきますよね。

DeNAラミレス監督、今季限りの退任表明

あれだけがんばってたのに退任とは。横浜を常に優勝争いできるところにもってきた功績はめちゃくちゃ大きいですよね。後任は三浦大輔二軍監督が噂されていますが、どうなりますかね。とにかくおつかれさまでした。

結果が出なければカントクがかわるのはプロ野球の常ですが、種いも球団オリックはこの数年で何回もカントクがかわっています。今はナカジマカントク代行だし。そういえばこないだCS消滅したばかりですが、来季はどうなりますでしょうか。ナカジマカントク代行はいいとは思うのですが。

そして今日はTさんが全打席で打点マーク。この帳尻ぶりもこの時期の風物詩です。秋も深まってまいりました。

AFC東地区最弱チーム決定戦 NFL2020 week6 NYJ@いるか

『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』読んだマイク松ですこんにちは。タイトルや表紙のイメージと違って、しっかりした内容。最近こういういい本なのにチャラいタイトルが残念な本って多いんですよね。

そんな本でもファンのストレスを解消できるかどうかわからないという2チーム、いるかとNYJ。その2チームがついに、特に誰も望んでませんが勝手に激突します(同地区やって)。これに負けた方がAFC東地区最弱チームに決定します。

・week6, NYJ@いるか
・そういえばNYJの先発QBって今誰なんやろうと思ったら、フラッコっていってますよ
・えー!?フラッコなん?いつNYJにきてたんだろう、でもQBでは負けてるわ
・のっけからパントパントと続きます、この2チームらしい
・なんかランが出るいるか、ガスキンとブリーダでもりもり走って、最後はシャヒーンにTDパスを通しているか先制!やったわい
・またいるかオフェンス、ランパス織り交ぜて前進し最後はウィリアムズにTDパス!点が取れるわい
・そのあとはパントパントのあと、フラッコのパスをスミスがINT!助かりますわ
・いるかオフェンスはシャヒーンにロングパスが通って、最後はシュマイゼ?にパスが通りました、ランが出てる割にはTDは全部パスです
・わーいわーいと思っていたら、フィッツパトリックのパスをプールにINTされました、まあこういう展開にもなりますよね、さいわいそのあとは点が取られませんでした
・後半、ディフェンス合戦になり、お互い地獄のパント展開
・いるかはFG追加しますが、そのあとはお互いの守りあいでどんどん時間が進んでそのまま試合終了、NYJ 0-24 いるか
・あ、最後にちょっとだけタゴヴァイロアが出て試合を締めていました

・いるかがNYJを完封しましたので、NYJがAFC東地区最弱チームに決定しました
・いるかはフィッツパトリックが18/27,191yds,3TD,2INT、2INTは余計でした
・ランはガスキンが18att,91ydsと試合をしっかり作ってくれました、レシーブはいろんな人がちょっとずつ、3人が1TDずつ
・ディフェンスは3sck,1INT、NYJと同じくらいがんばってましたが、結果として完封ですからね、立派です

・NYJはフラッコが21/44,186yds,1INT、TDとれませんでした
・ランはゴアやジョンソンとかが走ってトータルは同じくらいでした、レシーブはクラウダーが気を吐いていました
・ディフェンスは2sck,2INTとがんばっていたのですが、オフェンスが点とってくれないと勝てませんよね

・知ってます…?これで今いるかって地区2位なんですよ…。

富井も靴を脱ぎました NFL2020 week6 CLE@PIT

イライラを鎮めるテクニックまとめ。ただいま長い会議でいらいらしないメソッドを絶賛探索中のマイク松ですこんにちは。あと会議のあとぐったりしない方法も。おしえてターミネーター!(頼む人が間違っている)

今日はBS1で放送された、CLE@PITです。CLEの試合がもう放送されるとは。いるかもお願いします!

・week6, CLE@PIT、実況は曽根さん、解説は河口さん、河口さんお元気でなにより
・ロスリスバーガーは久しぶりにみましたがすっかり元気になってました、最初のオフェンスはCLEディフェンスがよく守ってFGに
・しかしCLEオフェンスはいきなりINTリターンTDをかまされました、相変わらずディフェンス強いんですね
・そこからメイフィールドの思い切りがなくなり、いつもチェックダウンパスを投げている感じになり、おまけにばんばんサックされます
・そのすきにPITがRBコナー(J.Connerだからジョン・コナーかと思ったらジェームスでした)のTDで突き放す
・さらにサットンのINTでまたPITがオフェンス、ワシントンにTDパスを通しました、パンプフェイクで見事にフリーにしました
・なんとかCLEもヒギンズへのパスでTDを1本返しますが、あいにくこれが今日のCLEの唯一の得点でした
・後半になってCLEは3回の4thダウンギャンブルを敢行していずれも失敗、猛烈なPITのランディフェンスに手も足も出ない感じ
・そのターンオーバーをPITは2回もTDにつなげてます、話題のルーキーWRクレイプールのランと、スネルのTDラン
・最後はメイフィールドも下げられて、ベッカムもサイドラインで靴脱いでました、CLE 7-38 PIT

・富井も「オレも靴脱ぐわ」っていってました、せっかくBS1で放送されるCLE戦が
・PITはロスリスバーガーが14/22,162yds,1TD、ロスリスバーガーはいつもこんな感じで、大きなミスなく勝ち試合をつくりますよね
・ランはコナーが20att,101yds,1TD、トータルは129yds、ランはスネルとクレイプールもTDとってます、レシーブはクレイプールが4rec,74yds、ワシントンが4rec,68yds,1TDなどなど
・ディフェンスは4sck,2INT,1FF、でももっとメイフィールドはひどいめにあわされてました、PITディフェンスおそるべし

・CLEはメイフィールドが10/18,119yds,1TD,2INT、終盤はキーナムが投げてました、キーナムCLEにいたんですね
・ランはハントが13att,40ydsなど、やっぱりチャブの不在は痛いですが、今日はランだけでのせいでもないかも、レシーブはフーパーが5rec,52ydsなど
・ディフェンスは2sckでよくがんばってましたが、相手が悪すぎました

・河口さんもいってましたが、CLEは今回は相手が悪かったということで、次がんばりましょう次

ベリンジャーさんおだいじに→ホームラン打ってる

ターミネーター2みたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。ひたすらT-800とT-1000が戦うんだと思っていたら結構ほかのところもありました。T-800かっこよかったです。

さて、MLBはワールドシリーズが始まっています。

ところでドジャースは第7戦を勝ってワールドシリーズ進出を決めたのですが、その試合を決めたのがベリンジャーさんです。ベリンジャーさんはごつい選手ばかりのMLBの中では比較的細く見えるのですが、普通にパワー満載でホームランを打ちまくっています。かっこいいです。

ところが第7戦でホームラン打ったあとに、ベリンジャーさんはヘルナンデスと腕をクロスしたところで脱臼してしまったそうです。僕らみていて激しすぎるハイファイブとか、ラリアット対決みたいなのって大丈夫なんかな?と思いますよね。やっぱりけがするんですね。

ましてや比較的細く見えるベリンジャーさん、ワールドシリーズに向けて暗雲!?と思いきや、肩を入れ直してもらって守備についたけどちょっと痛かったといっていました。うそやろ。脱臼やで?

そしてワールドシリーズ第1戦で、そのベリンジャーさんがホームランを打って先制しています。守備も普通について、いいキャッチをして喜んでいました。

でもホームランを打ったあとのハイタッチは、今日は足でしていました。なんか他の人も足でタッチしていて、かえってチームが盛り上がる結果になっています。ベリンジャーさんぱねえわ。T-800みたい。

あっという間にワールドシリーズ:第1戦

今日は会議が長くなりそうで、1人で長くする人が絶好調に会議を延ばしていたのですが、他の人がようやく助けてくれて、エンドレスを免れたマイク松ですこんにちは。すかっとしましたー。ああいうおとなになりたいな。

さて、僕が長い会議におびえたり苦しんだりしている間に、なんとMLBはワールドシリーズが始まりました。今年はレイズとドジャースです。リーグチャンピオンシップは両方とも第7戦までいった死闘でした。両方ともすばらしかったです。

今日のワールドシリーズ第1戦はカーショーとグラスナウだったのですが、ともに序盤はコントロールが定まらず苦労していました。しかしグラスナウはずっと調子がよくなかったのですが、カーショーは序盤は緊張していただけだったようで、粘り強く投げられました。

グラスナウはちょっと引っ張りすぎて、ドジャースの猛攻を止められませんでした。ウィル・スミスも打ってました。対してカーショーは味方のいい守備もあって、シーズン中のカーショーらしいすばらしいピッチングでした。

8回ピンチを招いたドジャースのピッチャーゴンザレスですが、すごいいい当たりが偶然ぽくグラブに収まってゲッツーとりました。すごい偶然ぽかったですが、内心ラッキ~!って思っていたそうです。

インタビューでカーショーもすごい喜んでました。カーショーが喜んでるのは素直にうれしかったです。ポストシーズンはいつもがっかりしてましたからね。

岩隈の引退で近鉄選手はあと2人

土曜日からの寒暖寒の繰り返しですっかり半病人、富井です。秋は気温の変化が激しい季節ではありますが、こんなに厳しい季節でしたかね?厳しいと言えば先日ブレーブス21年ぶりのワールドシリーズ大手と書いたところ、土壇場でドジャースが勝ってワールドシリーズに進出しました。ブレーブス残念・・・。1回に四球、盗塁、四球、ヒットで得点したときは本当に阪急ブレーブスみたいだなと思ったのですが、その後逆転されてしまいました。

さて、そのことはさておき。岩隈が現役引退を発表しました。その際になぜか近鉄戦士があと2人だといろんなところで書かれています。あと2人、皆さんは即答できますね。そう近藤一樹と坂口智隆です。2人ともオリックの中心選手でしたがヤクルトへ行ってしまいました。なぜそんなことになったのか、私も聞きたいぐらいです。

ああ、なぜ今頃その話を蒸し返す!最後の近鉄選手はだれもオリックに居ません。最後の阪急戦士は中嶋監督代行でしたが、中嶋監督代行も日ハムで引退しています。最後の青波選手はどうやらイチローさんだったようですね。もちろん、オリックに居ません。

なんか、おら、オリックが弱い理由がわかるような気がするよ!

ロジャースを大事にして NFL2020 week6 GB@TB

津野米咲が死去。本当に落ち込んでいます。ご冥福をお祈りします。マイク松ですこんにちは。

悲しいときにスポーツがあるのはたすかります。今日はGB@TBです。

・week6, GB@TB
・ロジャースとブレイディさんのベテランQB対決
・最初のGBオフェンスはFGも、TBオフェンスはあっという間にパント、ブレイディさん出てたっけ
・次のGBオフェンスはランパス織り交ぜて的を絞らせず、最後はジョーンズがランでTD!10-0ですぞ
・次のTBオフェンスもパント、やばいと思ったら、アダムスに網を張っていたTBディフェンスディーンがINTリターンTDをかまします、ここから流れはTBに
・またエドワーズがINTをかまして、TBオフェンス、こちらもジョーンズが一発でTDとりました、TB逆転
・次のTBオフェンスはブレイディさんがショートパスで前進、ちょこちょこ進んで最後はジョンソンにパスでTD!どしどし攻めていきます
・GBはまじでどんどんロジャースがサックされてしまってオフェンスにならず
・2Q終わりに今度はブレイディさんからグロンカウスキーにTDパスが通りました、今日は競り合ってがっつりキャッチするという、グロンカウスキーらしいキャッチがみられました、どんどんよくなってるぞ
・後半はパントの嵐
・TBはFGとジョーンズのランでTDとったあとはボールコントロールに入ります、ジョーンズのランよく出る
・GBはなんとかおいつきたいのですが、とにかくランは止められるし、ロジャースがサックされてオフェンスになりませんでした
・最後はブレイディさんもギャバートに、ロジャースもボイルに代わっていました、GB 10-38 TB

・もっとロジャースを大事にしよう
・TBはブレイディさんが17/27,166yds,2TD、試合作りました
・ランはジョーンズが23att,113yds,2TD、ばっちりでした、試合ごとに強くなってる感じ、そしてレシーブはグロンカウスキーが5rec,78yds,1TD、ますます調子上げてきましたね
・ディフェンスは5sck,2INT,1FFと大暴れ、ホワイトが大張り切り、スーもがんばってた、守れば勝てると元気になってましたね

・GBはロジャースが16/35,160yds,2INT、でもほんとにロジャースは悪くない、常にプレッシャーを受けて大変そうでした、危ないタックルも受けてたし
・ランは全員で94yds、もうちょっと出したかったですが、後半は走ってる場合じゃなくなりました、レシーブはアダムスが6rec,61ydsも、2INTの原因を作ってました
・ディフェンスはさっぱりプレッシャーもかけられず、ランもだいぶ出されました。それよりもオフェンスラインがんばらないと

ウィル・スミスVSウィル・スミス

愛菜先輩がガラシャに。ガラシャができるのは愛菜先輩しかいないです。がんばってほしいマイク松ですこんにちは。

スポーツニュースをみていると、これ絶対おもしろいやろみたいな見出しってありますよね。スポーツ新聞の扇情的な見出しはだめですが、たまにホームランが出るときがあります。今日のはそんなホームランニュースです。

ウィル・スミスVSウィル・スミス

ウィル・スミスさんのことはよく知りませんが、おもしろくて芸達者な役者だという感じだと思うのですが、VSでつながれる、しかも等値というのはあまりイメージがないですよね。

ウルトラマンVS仮面ライダーとか、ゴジラVSビオランテとか、対決ものはいろいろありますが、ウルトラマンVSウルトラマンとかはだいたい一方がにせものです。ウルトラマンの場合はザラブ星人、ウルトラセブンの場合はサロメ星人のロボット、にせ仮面ライダーはショッカーライダーです。

しかし今回のウィル・スミスは両方とも本物です。ドジャースのバッターウィル・スミスと、ブレーブスのピッチャーウィル・スミスの対決。ポストシーズン史上初の同姓同名対決です。これだけでもすごいのに、結果はドジャースのバッターウィル・スミスが逆転スリーラン!試合を決めました。おもしろいです。

なんかすごい。めったにみられない。しかも両方ともウィル・スミス。

と思ったら富井に教えてもらったのですが、ウィル・スミスは『ジェミニマン』で、若いウィル・スミスと年寄りのウィル・スミスが戦うという映画に出てるんですね。ウィル・スミスさんぱねえわ。

復活の日 NFL2020 week5 LAR@WAS

タネヒルは無敗のタイタンズの大将。タネヒルさんもTENでとても愛されているようで何よりです。しかしそのパワーの源がもといるか戦士であることを忘れないようにしてほしいマイク松ですこんにちは。マイアミからパワーが流れてくるのを感じるのだ…。

今日はLAR@WASです。WASにはアレックス・スミスがいます。われわれアレックス・スミスを見守る会のための試合です。WASは開幕からハスキンズが先発QBを務めていたのですが、勝てないのでこの試合からカイル・アレンが先発、アレックス・スミスは2番手になりました。近づいている…スミスの復活が近づいておる…。

・week5, LAR@WAS
・WASオフェンス、最初はあえなくパント、スミスが元気になりますぞ
・LARオフェンス、スクリーン連発でちょっとずつ前進し、最後はヘンダーソンがTDラン決めました、でもxpは失敗
・WASはルーキーRBギブソンがうまくランを出して前進、スイスアーミーナイフというニックネームだったらしい、最後はアレンがスクランブル的に飛び込んでTD!おお点とれた、やった
・LARオフェンス、がんばって止めていたのですが、WRウッズにロングパスが通ってTD!あっさり逆転されました
・WASオフェンス、中央まで進みますが、1yd足りずパント、リベラHCが「1stダウンいってるだろ!」みたいなこといってますが、そりゃ無茶ですわ
・リベラHCは皮膚がんの闘病をしながらHCをやってるそうで、がんばって打ち勝ってほしいです、アレックス・スミスもケガに打ち勝ったよ
・LARオフェンス、ショートパスで前進、ほんとにちょこちょこ進んでますが、じわじわ時間をかけてます、最後はゴフのTDランで突き放します
・そういえばマクベイHCはもとWASのOCだったそう、古巣対決なんですね
・WASオフェンス、いきなりドナルドがアレンをサック!怖い~、さっさとパント、サイドラインでスミスもコーチングしてる
・LARオフェンス、ほんとにゆっくり進んでる、今WASのDCはデルリオなんだけど、粘り強く守ってパントに、よし
・WASオフェンス、LARがアレンのヘルメットにヒットしてしまいました、肩にもヒットしてしまったみたい、だいじょうぶか

・おっ!アレックス・スミスがキャッチボールし始めたぞ!登場や~!!…と思ったら2ミニッツになった
・ここでアレックス・スミス復活のVTRが流れます、家族もスタンドで見守ってる、アレンはたぶん脳しんとうチェックに下がりました
・そしてついにプレー、最初はRBへのパスでした、3rdダウンではサックされてしまいましたが、普通に下がっていってました、ひやっとしましたが一安心、DLちゃんと守って!
・ついにアレックス・スミスが戻ってきましたよ、700日弱ぶりに

・LARオフェンスはノーハドル、てきぱき攻めます、しかしフラーがパスをINT!でかしたぞ!
・WASオフェンス、スミスも少しでも前に進んで、48ydsFGにつなげました!さすがオレたちのアレックス・スミスや~!

・後半、アレンは戻ってきてる、だいじょうぶか
・LARオフェンス、サックしてパントに追い込みました、ディフェンスも気合い入ってる
・WASオフェンス、ここはアレックス・スミスが出ます、しかし全然前に進めずパント、レフェリーはスミスがつかまったらすぐ笛を吹いてください
・今日はスミスでいくらしいです、がんばれ
・LARオフェンス、TEエヴァレットがいいランアフターキャッチしてます、なんとか止めていたのですが、カップにランアフターキャッチを決められエンドゾーン前に、しかしなんとかかんとかFGに抑えました
・WASオフェンス、なかなかランが出ない、スミスもスクランブルしたりしますがパント、その後もサックをくらってしまいます、全然思うようにプレーできないわ
・結局パスは全然通らずがっちり守られ、LAR 30-10 WASで負けました

この日はアレックス・スミスの復活がすべてです、LARよかったね(終わり)
・700日弱ぶりにフィールドに戻ってきたアレックス・スミス、リハビリを見守ってきたわれわれアレックス・スミスを見守る会も本当に喜んでいます
・奥様は泣きながら、子どもたちは喜びながら、スミスが復活するのを見守ってましたね
どうも次週の先発はアレンらしいですが、これからは期待を持ってサイドラインをうろうろするアレックス・スミスを見守りたいと思います
・アレックス・スミスを見守る会は、随時会員を募集しています、ご興味のある方は各自見守ってください

ブレーブス21年ぶりのワールドシリーズ王手

明日は12月並の寒さとか言われて震える富井です。先週の初めとか夏日でしたよね?これが気候変動ですよ。地球環境がこんなだからオリックスも弱い。山岡が2失点で負け投手です。もう地球温暖化ストップ。ストップオリック野球。

さて、MLBではプレーオフが佳境を迎えていますが、アトランタブレーブスが21年ぶりのワールドシリーズに王手をかけているそうです。21年ぶりと言うことは1999年以来。ちなみにオリックは1996年が最後のリーグ優勝なのでオリックの方が長いです。相手はドジャースなのでいい加減、ドジャースにワールドシリーズチャンピオンになって欲しい気持ちもあるのですがアトランタブレーブスも阪急ブレーブスに通じるのでアトランタブレーブスにも勝って欲しいなあ。

ついでにオリックも勝って欲しいな・・・。

誰がV逸を数えているのかナ

帰れなくなった→五輪大使。この流れ最高だし、順応できているのがすばらしいと思うマイク松ですこんにちは。いい国なんですねー。

さて、種いも球団オリックの24年連続V逸というのが決まったそうです。今のところ借金は20だそう。

確か昨年もこのニュース、にっかんが伝えていたような気がするのですが、なんでV逸達成したかがわかるのでしょうか。にっかんにはV逸を計算するスーパーコンピュータでもあるんでしょうか。

すさまじい計算能力のコンピュータが日夜計算しまくる。ある日パンチカードみたいなのがカタカタカタカタと何か打ち出す。読んでみると、

「オリック Vイツ 24ネンレンゾク」

みたいになっているのでしょうか。

あるいはにっかんの社員全員のスマートフォンにアプリ「V逸チェッカー」みたいなのがインストールされていて、ある日すごい不穏なアラームが鳴り響きます。どんな設定をしていても鳴り響きます。緊張してスマートフォンをみると。

「種いも球団オリックのV逸が決定しました(24年連続)」

という表示がでます。違った意味で落胆する社員たち。

あるいはいつもにっかんの入っているビルで望遠鏡をみている人がいて、ある日その先の山にのろしがあがっているのに気づきます。暗号を解読すると、

「ぶいいつ おりっく」

となっています。すぐ地方紙に向けてビルの屋上からのろしを送ります。

あるいはにっかんのデスクに文をつけた風車が刺さっています。弥七か。あるいは翔猿(力士じゃない方の)か。文を読んでみると、

「オリックV逸決定の模様」

とあります。助さん格さん、そろそろ動きますかな。

このようにあらゆるところでにっかんは、オリックV逸決定を計算し続け、そして情報がすぐに伝わるような情報網を構築しているのです。ほかはともかく、オリックV逸の情報だけはすぐに伝えないとネ☆

マサヨは徒歩で国技館入りするらしいから

地獄のような長い会議のことを無間地獄と名付けたいマイク松ですこんにちは。今日がその無間地獄でした。

さて、マサヨの大関昇進で活気づく角界。いいことですよね。照ノ富士も気合い入ってるようだし、朝乃山貴景勝も稽古に余念がないようです。横綱の情報が伝わってきませんが…。

そんなみんなに刺激を与えるマサヨですが、国技館には歩いて行くといっています。確かに徒歩7,8分はアップにもちょうどいいですよね。

部屋から遠い力士には必要ですが、大関以上の特権といってもなんだかよくわかりませんよね。得するのはダークサイドに近づけるオッキー兄さんだけですものね。(ものねって何だ)意外に食べ物面とかでタニマチから支援のある人も多いでしょうし。

だからもっとゆかいな特権を考えるといいでしょう。ミッキー兄さんの店での焼き肉食べ放題とか。もちろんそのあとは店の地下にある闇の土俵で、稽古場横綱に胸を貸してもらえるという、真の特権がついてくるのです。あとマダイ釣りに連れてってもらったり、縛られ地蔵を作ってもらったり。気がつけばほら!あなたもプロビデンスと調和☆

わかってますよ、この記事誰得っていいたいんでしょ!誰も得しない!そう、とてつもなく長い会議、無間地獄のようにな!!(最初に戻る)

殴り合いでした NFL2020 week5 CLE@IND

光秀のスマホみたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。スエヒロさんがからんでるんですよね。そりゃからみますよね。

NFLは下克上に挑むCLEと、移籍したヤジくんの対戦です。

・week5, IND@CLE
・CLE序盤はランドリーとフーパーを軸にパスで攻め、FGで先制
・ところがINDはヤジくんがパスラン織り交ぜて、最後はテイラーのランでTD!逆転
・CLEはまたランドリーを使って出て、ハントのランでTD取り返します、今日は点の取り合いになりますね
・INDがFGで同点に追いついたあと、CLEはベッカムへのパスで大きく前進し、ヒギンズにTDパスをヒット!まだまだとれるぜ、FGで加点して前半終了
・後半、いきなりヤジくんのパスをハリソンがINT!そのままリターンTDしました、ディフェンスでも点がとれるんだ!
・と思ったら次のキックオフをINDのパーキーがリターンTD、普通に返されました
・そのあとはメイフィールドのパスをINDのオケレケがINT!返しのオフェンスでFG決められます、1TD差
・流れはINDでしたが、ヤジくんがエンドゾーン内でインテンショナルグラウンディングをとられてしまい、セーフティでCLEが2点とりました
・しかしまだまだ試合は落ち着かず、ヤジくんがINTされてもメイフィールドもINTされたり、どろどろの泥仕合に
・それでもFGをとりあってる間にCLEが時間を使って逃げ切りました、IND 23-32 CLE

・殴り合いでした
・CLEはメイフィールドが21/37,247yds,2TD,2INT+2att,17yds、2INTはいただけないですがオフェンスは作ってましたからね
・ランはハントの20att,72ydsをはじめトータル124yds、これが大きかった、レシーブはランドリーが4rec,88yds、ベッカムが5rec,58ydsなどなど
・ディフェンスは1sck,2INT、結構ランを止めたし、めずらしく反則が少なかった

・INDはヤジくんが21/33,243yds,2INT、パスでTDとりたかったですよねー
・ランはテイラーが12att,57ydsをはじめてトータル68yds、これがもう少し出ていれば、レシーブはヒルトンが6rec,69yds、結構がんばってヤジくんを支えてましたよ
・あとキックオフリターンTDがあったのでなんとか接戦に持ち込めました
・ディフェンスは1sck,2INT,1FF、ディフェンスはよくがんばってた、ランをもう少し止めたかったかも

・ヤジくんはINDでも先発でがんばってるようですね、まだまだこれからよ

これはいるかじゃなくしゃちです NFL2020 week5 いるか@SF

先日の記事で、チャージャーズはもうサンディエゴじゃなくロサンゼルスなのに、SDと書いていました。修正しておきました。マイク松ですこんにちは。今MLBはポストシーズンですが、パドレスが出ていたり、プレーオフがサンディエゴで行われたりするので、混乱していました。

そんなことがなくてもチームの将来が混乱しているいるか、今日はSFとの対戦です。

・week5, いるか@SF
・SFはガロッポロもキトルさんも戻ってきているみたい、いるかはいつも通り、まずいぞ
・SFは最初はパント、いるかオフェンスはいきなりウィリアムズにロングパスが通って前進、そして最後はシャヒーンにパスを通してTD!まじか!いるか先制!
・SFはパスパスで攻めるもサックされて、4th&1のランを止めました、やった!
・返しのオフェンスでランパスで攻め、最後はガスキンのランでTD!おいおいどうしてこんなに点がとれるんだ
・パントパントのあとのSFオフェンス、モズタートのランで一気にロングゲイン、ランで攻めて最後はユーズチェックのランでTD!やばい反撃だ
・いるかオフェンス、反則で下げられたりするものの、パーカーへのロングパスがヒット、TDになりました、おお
・いるかFGのあとガロッポロのパスをハワードがINT!そして返しのオフェンスをFGにつなげました、前半はいるか 30-7 SF、どうなってるんだ
・後半、ガロッポロにかわってベザードがQBに、育成に切り替えたのか
・大変そうでしたがランで攻めて、最後はボーンにTDパスをヒットしました、やるやんか
・いるかオフェンス、ブリーダのロングランで進み、続いてウィリアムズにロングパスでTD!まじか、今日はすごいロングパスが決まる
・SFは大事なところでベザードがサックされてFG止まり、いるかもFGで加点
・最後もベザードがサック、ファンブルロストして万事休す、いるか 43-17 SF

・これはほんとにいるかなんですか?シャチとかじゃないんですか?
・いるかはフィッツパトリックが22/28,350yds,3TD、うそだろ
・ランはガスキンが16att,57yds,1TDなどなどトータル94yds、レシーブはウィリアムズ、パーカー、ゲシッキーなどいろんなのががんばりました
・ディフェンスは5sck,2INT,2FF、圧倒的じゃないか我が軍は

・SFはガロッポロが7/17,77yds,2INT、途中からのベザードは9/18,94yds,1TD,1ファンブルロスト、今日はガロッポロは病み上がりだったのかな
・ランはモズタートが11att,90ydsなどトータル131yds、ランは出てる、レシーブはキトルさんほか
・ディフェンスは2sckも看板なんだし相手はいるかなんだからもっとやらないと、がんばって

・今でも信じられません
・これがオクトーバー・サプライズか

やっと合同稽古が解禁になるそう

わうわうでターミネーターみたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。どこかにスイッチがあって押したら止まるとかだったらよかったのに。

さて、ターミネーターをみて逃げて逃げてといっていたら1日が終わったので、軽くニュースを取り上げておきます。

日本相撲協会が16日から出稽古解禁へ、合同稽古で

ころなういるすの関係で現在は出稽古が認められていないのですが、もうすぐ合同稽古の形で期間限定で開催されるとのことです。

出稽古がないと、部屋の中でしか申し合いも三番稽古もできないので、強い力士がいる部屋はいいとしても、いない部屋は強くなるための効果的な稽古ができなくなります。出稽古はそれを補う有効な手段ですよね。そこは感染対策をして、うまく利用してほしいです。

こうなったらやはり永世大関の焼き肉屋に出稽古にいくしかないですかね。部屋じゃないから、焼き肉食べに行ってるだけだからといっておいて、地下には稽古場横綱の待つ土俵が(永世大関ですが、稽古場では稽古場横綱になるのです、お間違えなきよう)あるのです。ウッパッピーで2回転くらいしてもらえばだいぶ強くなるでしょう。お店を出るときは「おいしかったねー焼き肉」といって出ましょう。

いつしか強い者が集う虎の穴ならぬマダイの穴として知られるようになり、やがてマダイの穴出身の力士が角界の中心に。一気にミッキー兄さんを復活させるマダイの変が起きるのです。

ときは今 マダイ泳ぎぬ 満つ気かな

LACの将来は安泰やん NFL2020 week4 SD@TB

今日地元のお気に入りの蕎麦屋でたべたのですが、とってもお得なそば定食みたいなのの名前が、いわば「王粛善」みたいな感じの名前で、三国志の武将ぽいなと思ったマイク松ですこんにちは。富井とさんぽしながら、王粛善をほめたたえる祭りをしていました。粛善よ、あの使者の要求どう思う?みたいな。さすがは王粛善、ひとかどの武将ではないわみたいな。

さて、そんな王粛善みたいなNFLの英傑、ブレイディさんですが、どうもweek4の週間MVPになってたようです。そんなに活躍してたのかと思って、LAC@TBをみることにしました。

・week4, LAC@TB
・ブレイディさんのTBに対抗するのは、ヤジくんのいなくなったLAC、ハーバートはヤジくんの代わりになれるのか
・TBオフェンス、ブレイディさんは最初はランで攻めて、ジョーンズがよく走ります、突然エヴァンスにパスを通して、最後はブレイトとやらがTD!幸先いいです
・ところが突然ここからLACペース、QBハーバートがてきぱきミドルのパスを決めていって、ジョンソンにロングパスを通してTD!こいつやるな
・返しのオフェンスでLACのデイヴィスがINTリターンTDをかましていい感じです
・しばらくパントが続いたあと、ハーバートがほんとランパス織り交ぜて前進、最後はパーハムみたいな名前の人に通してTD!あー
・TBはFGはずしたのに、LACはFG決めて、だいぶ離されます、これはいかん
・それでも前半終了間際に、LACがファンブルロストしてしまって、それを確実にエヴァンスのTDキャッチにつなげて、前半は10点差で終了
・後半は気合い入れたか、パスを必死にとっていくレシーバー陣、最後はハワードに通してTD!がんばってるわ
・LACはFGをはずしてしまい、そこから始まったTBオフェンスでミラーにロングパスを通して大きく前進、ミラーにTDパスもヒットさせてついに逆転しました
・LACはそれでもハーバートからガイトンに72ydsTDパスをヒット!やり返します、がんばってる
・4Qに入ってTBはもうロングパス作戦、ぼんぼんパスを投げるブレイディさん、エヴァンスに通して大きく前進、ヴォーンにTDパスを通して突き放しました
・LACも追いすがりますが、最後はINTで試合を決められました、LAC 31-38 TB

・LACこりゃ強くなるな(負けたけど)
・TBはブレイディさんは30/46,369yds,5TD,1INT、よくあそこから逆転しました、もうロングパス連発してた
・ランはジョーンズが20att,111yds、よく走ってきた、もう立派なエースRB、レシーブはエヴァンスが7rec,122yds,1TD、ミラーが5rec,83yds,1TDなどなど、みんな活躍してる
・ドロップが多かったけど、後半は気合い入れられたか少なくなりました
・ディフェンスは2sck,1INT,1FFで、ターンオーバーのぶん勝てたという感じ

・LACはハーバートが20/25,290yds,3TD,1INT、こいつがいればそりゃヤジくんは移籍してもしょうがないわ、判断もいいしてきぱき投げられる
・ランはハーバートが5att,14ydsでリーディングラッシャー、全部で46ydsはなんとかしないと、そのうちハーバート負傷するわ
・レシーブはアレンが8rec,62ydsと1人でがんばってた、TDキャッチは3人がそれぞれ
・ディフェンスは1INTもブレイディさんにもうちょっとプレッシャーかけないと、あとランを止めないと

・そういえばLACの先発はタイロッド・テイラーだったはずですが、なんか注射のせいで大変な体調になって、ハーバートが先発になったんでしたが、今後はハーバートが先発になるそうです、そりゃそうですよね
・個人的にはLACの将来は安泰だと思いました
・いるかも新人はどうなっとるんやろうか

きたのはBUFの時代でした NFL2020 week4 BUF@LV

今日もパスタサラダとバナナをたべて、OLさんみたいだなと思ったマイク松ですこんにちは。以前はなんのためにあるのかわからないくらいだったのですが、おいしいですよねパスタサラダ。しかしここまではOLさんみたいだとしても、それをたべながらみるのはNFL、しかもBUF@LVです。これはOLさんじゃない。

・week4、BUF@LV、実況は厚井さん、解説は宍戸さん
・LVはラスベガス・レイダースです、スーパー豪華な新スタジアムで
・BUFのQBジョシュ・アレンと、LVのデリック・カーの対決

・BUFオフェンス、アレンはすっかり貫禄めいたものも身につけていて、持ち前の肩の強さをばんばん発揮
・そこにMINから移籍してきたディグスがウェポンとして加わり、パスを通していきます
・シングレタリーのランもまずまず、最後はデイヴィスにTDパスを通しました
・LVはRBジェイコブスがいいランをみせます、最後はFGもオフェンスは出てる
・次のBUFオフェンスもランパス織り交ぜ、最後はビーズリーにTDパス、確実に強くなってます
・LVはKカールトンのいいFGが連発で決まり、確実に追いすがる、そして2Q終わりごろに待望のTDパスを決めますが、キャッチしたのはなんとジェイソン・ウィッテン、まだまだやれますね、前半はBUF 17-13 LV
・後半は最初のドライブでLVがFGを決めて1点差に
・しかしBUFオフェンスも直後に攻めて、最後はアレンのスニークでTD、突き放します
・それまでも十分がんばってましたが、ここからBUFのディフェンスが強さを発揮
・まずノーマンがパンチでファンブルフォースして自分がリカバー、そこで得たドライブを確実にシングレタリーのランTDにつなげます
・次にLVオフェンスの4th&1で、ギャンブルにきたところをばっちり止めてターンオーバー
・そしてジェファーソンがカーをサックしてファンブルフォース、これも自分でリカバーします、ターンオーバー祭り
・最後にカーがなんとかアゴローにTDパスを決めますが、BUFが逃げ切って30-23で勝ちました

・BUFはアレンが24/34,288yds,2TD+3att,-1yds,1TD、今日はランは封印でパスで勝ちました
・ランはシングレタリーが18att,56yds,1TD、もうちょいランを出したい、レシーブはディグスが6rec,115ydsと大暴れでした
・ディフェンスは2sck,2FFと大事なところで3ターンオーバーを決め、ゲームの流れを渡しませんでした
・BUFディフェンスがいいのは前からですが、今までは守っても守っても点がとれなかった、点がとれれば勝てますよね

・LVはカーが32/44,311yds,2TDも1ファンブルロスト、よくがんばったんですが
・ランはジェイコブスが15att,48yds、もうちょい走ってるイメージでした、レシーブはウォラーが9rec,88ydsも痛恨のファンブルロストがありました
・ディフェンスはヤードはBUFと同じくらいでしたが、1sckとプレッシャーがかからなかった
・でも思ったよりいいチーム、これから強くなりそう
・チャッキーはサイドラインでマスクをせず1000万円罰金をとられたらしい、もっと試合でロックになってください

・せっかくNEが弱くなって、これからはいるかの時代だとまで思っていたのに、きたのはBUFの時代でした、とほほ

すんごい点入った NFL2020 week4 CLE@DAL

今日富井から「今日のロッテ対オリック戦ってどうなったと思う?」ときかれたので、これは大敗かな、これをネタになんか書けということかなと考えたら、「雨で中止だってよ」といわれました。考えて損したし、記事は書けないし、どうしたらいいんだと思うマイク松ですこんにちは。

仕方がないので、NFLでみたい試合ありますかときいてみたら、「じゃあブラウンズ」といわれたので、CLE@DALみました。今年のCLEはどうなってるんだろ。

・week4, CLE@DAL
・最初にいっとくと、すごい点が入る試合でした
・いきなりCLEが、フリーフリッカー的にもらったランドリー(WR)がロングパスでベッカムに通してTD!のっけからやりたい放題
・DALも調子はよく、プレスコットからラムにTDパスを通して同点、点の取り合いに
・DALがクーパーにTDパスを通して逆転するものの、またメイフィールドがベッカムにパスを通してTD、同点に、まだ1Qなのに
・DALはプレスコットがファンブルロストし、返しのCLEオフェンスでハントがTDラン、CLEはRBがそろってる、FGで加点して前半終了
・後半、またハントのランでTDとって突き放す、いいオフェンスだ
・CLEディフェンスもDALの4thダウンを止めたりしていい感じ
・4QになってDALが怒濤の追い上げ、シュルツとラムにTDパスをプレスコットが通してあっという間に3点差、やばい
・しかしベッカムがエンドアラウンドから一気にTDまでもっていきました、これで決まった、最後はDALのパスをINTして試合終了、CLE 49-38 DAL

・すんごい点入った
・CLEはメイフィールドが19/30,165yds,2TD、今日は試合作った、ランドリーもTDパス
・ランはRBがそろっていたのですが、今日もいい活躍していたチャブがひざを痛めて離脱、当分はハントとジョンソンたちにがんばってもらわないと、今日のトータルヤードは307yds、レシーブはベッカムが2TDキャッチ、1TDランと大暴れ
・ディフェンスは3sck,1INT,2FFとビッグプレーで流れを呼び込みました

・DALはプレスコットが41/58,502yds,4TD,1INT,1ファンブルロスト、普段なら勝ってても不思議じゃない
・ランはエリオットが12att,54yds、1ファンブルロストといまいち、ランを止められたのが痛かった、パスはクーパーが12rec,134yds,1TDと暴れてました
・ディフェンスはさっぱりランを出されてしまってきつかったです、もうちょっと止められたら勝ってた

みんな気をつけようぜ NFL2020 week4 NE@KC

サザンオールスターズの無観客配信ライブの特番みたマイク松ですこんにちは。エンターテイメント業界をリードし、仕事のないスタッフを巻き込み、日本に活力を届けてます。何よりとうてい無観客とは思えないパフォーマンス。いろいろすごい。ほんとに。

今日はNFL。どれみようかなーと思ってまあKCだし、相手NEだし、いるか負けてるしということでNE@KCを選んだのですが、わりと大変そうでした…。

・week4, NE@KC
・マホームズとニュートン、いい勝負だけどニュートンどれだけ頑張れるかなー
・KCがFGのあとのNEオフェンス、QBは2番です、がんばってほしい
・…ってちょっと待って、この人誰?
・誰ってホイヤーなのですが、なんで?ニュートン何してるの?けが?
・たぶんマホームズも「ちょっと待って?オマエ誰?」みたいに思ってたと思う、あんまりやる気も出ませんよね
・お互いパントパントになったり、NEがINTくらったあとKCがファンブルロストしたりと、やる気がスパイラルダウンしている、前半はNE 3-6 KC
・後半、ホイヤーがファンブルロストしたあと、KCオフェンスでケルシーさんへのロングパスをきめ、最後はヒルにパスを決めてTD!ようやくTD
・しかしNEもスティッドハムにQBを変え(同じくこの人誰?だと思うけど)、もうランでいったるんやと覚悟を決め、最後はスティッドハムからハリーにTDパスが決まりました
・4Qに入ってようやくもう少しだけがんばるかとばかりにマホームズがスクランブルし始め、最後はハードマンにおもしろショベルパスを決めて突き放しました
・その後KCのマシューがINTリターンTDをきめ、フェントンがINTをきめ、最後はNEも4thダウンギャンブルを決められず、という感じで試合が終わりました、NE 10-26

・その後、ニュートンがころなういるすに感染して出られなくなっていたことがわかりました、なんたること
・その後他の人にも広がり、この日がんばっていたギルモアもかかっていたことが判明
・実はKCも練習生が感染していたのですが、その後の拡大はなかったようです
・両チームこんな感じで、この試合はマンデーナイトに行われました
・みんな気をつけようぜ

・KCはマホームズが19/29,236yds,2TD+8att,28yds、相手が強くないと気合いも入らないですよね
・ランはエドワーズ=エレアが16att,64yds、レシーブはヒルが4rec,64yds,1TDなどなど
・ディフェンスは2sck,3INT,1FFとやりたい放題、INTリターンTDをはじめそこからオフェンスにつなげたので、今日はディフェンスの勝利でしょう

・NEはホイヤーが15/24,130yds,1INT,1ファンブルロスト、スティッドハムは5/13,60yds,1TD,2INT、急だったししょうがないですが、あと1試合はたぶんニュートン戻ってこないでしょう
・ランはハリスが17att,100yds、バークヘッドが11att,45yds、今日はランでいくんやという気合いを感じました、そりゃそうですよね、レシーブはいろんな人もハリーが結構目立ってました
・ディフェンスはランをまずまず止めてましたが、なかなかマホームズを抑え込むことはできず、マホームズのやる気のなさに助けられてました、結構がんばったんですが

どこまでメンバーが替わればオリックは楽勝なのか

BSPでたき火番組始まりました。トークが少し入っているんですが、さすがにノートークで押し切るのは難しいかなと思うマイク松ですこんにちは。いっぺんやってみてほしい。夜3時くらいでいいんで。

さて、プロ野球はチームが勝ったり負けたりしていますが、種いも球団オリックは変わらず最下位をひた走っています。Get Wild and Tough。

そんなオリックの今日の相手はロッテでしたが、なんところなういるすの感染で、スタメンが大きく入れ替わってしまいました。感染した選手やスタッフのみなさん、おだいじにしてください。

そんな主力が何人かいなくなったロッテ相手なら勝てる!と思いますよね。確かに勝ちましたが、楽勝かといえばそうでもないようです。ヤマモトがピッチャーなのである程度抑えるのはわかってましたが、ロッテのピッチャーはイシカワだったし、野手もそれなりの層の選手でした。

たとえるならロッテは飛車角落ちくらいでしたが、わりといい勝負していました。富井は「もうオリックが相手なら、王将と歩しかないくらいじゃないと楽勝にならんわ」といっていました。どこまでメンバーが替わればオリックは楽勝なのか。

たとえロッテやソフバンのチームが全員二軍になったとして、オリックは楽勝かといえば、それなりにいい戦いしそうです。勝てる二軍はオリックの二軍だけです。

もう相手が全部鳩になったとか、野手が全部で5人しかいないとか、そういうところまでいってもらわないと。オリックの接待野球って難しいことを考えました。あらためましてロッテのみなさんおだいじに。ころなには打ち勝って、オリックにはたまには負けてもいいんじゃないですか?

勝ったわ!いるかが勝ったわ! week3 いるか@JAX

おもしろい絵しりとり。すごい熱戦。やってみたいマイク松ですこんにちは。これなら僕も絵が描けるし。

さて、NFLもシーズンがはじまりましたが、いるかは全然勝てていませんでした。それがweek3で勝ったのです。やったぜ!全敗阻止!しっかり取り上げておきますね。もうないかもしれないから!

・week3、いるか@JAX
・今日はなんと、幸先よくいるかがTD!パーカーにロングパスが通ったあと、ウィリアムズにパスを通しました、フィッツパトリックどうした
・JAXはパント、その次のいるかオフェンス、グラントのランでロングゲインのあと、ハワードが飛び込んでTD!まじかー!!
・しかしJAXも黙ってない、ミンシューがスクランブルとかでがんばって、最後はロビンソンがTD!このロビンソンとやら結構できる、こいつがいるからフォーネットは出していいってなったんだな
・次のいるかオフェンス、ランパスでちょこちょこ進んで、最後はゲシッキーにパスを通してTD!今日は点が取れる!
・JAXは4thダウンギャンブルにいくもミンシューがサックされたりして、前半はこのまま終了
・後半もいるかディフェンスがおそいかかり、ミンシューがファンブルロスト、いきなり1st&goalになって、最後はフィッツパトリックのQBランでTD!僥倖でした
・4QになってJAXもまたロビンソンのランでTDとりますが、最後のオフェンスはINTで試合終了、いるか 31-13 JAX

・いるかはフィッツパトリックが18/20,160yds,2TD、アテンプトは少なくても高い決定率でした
・ランはガスキンを中心に138yds、これが今日の勝因か、レシーブはパーカーが5rec,69ydsなどなど
・ディフェンスは4sck,1INT,1FF、ビッグプレーで流れを引き寄せました

・JAXはミンシューが30/42,275yds,1INT,1ファンブルロスト、これはきつい
・ランはトータル72ydsも、ロビンソンが2TDラン、パスもロビンソンが一番とってます、万能型ですね
・ディフェンスは1sckのみ、もうちょっとプレッシャーかけたかったですが、いいところがみせられなかった

・珍しくいいところをみせて勝ったいるか、まだシーズンは始まったばかり、地区優勝狙っていこうぜ!(狙うのはただ)

ブレイディさんのon-the-game training(OGT) NFL2020 week3 TB@DEN

休日出勤でお仕事しにいったのに、段取りが悪くて大変だったマイク松ですこんにちは。僕もそうとう段取り悪いですが、僕が仕切らないと進まないくらい段取りが悪かったです。

帰って麒麟がくるみたあと、気になったのでNFLみました。TB@DEN。ブレイディさんがんばってるかなー?

・week3, TB@DEN
・DENのQBはドリスケル、がんばってますが進まず、そしていきなりパントブロックをかまされます
・TBはもちろんブレイディさん、ゴドウィンに通してTD!幸先いいですね
・しばらくはパントパントで続くんですが、なんだか今日はグロンカウスキーによくパスを通していきます、試合で育成してるんかな
・FGをとりあったあと、2QでTBがミラーにロングパスを通します、一気に前進して、最後はエヴァンスにパスを通してTD!エヴァンスも育ててる
・そしてこのあたりからTBディフェンスがドリスケルにプレッシャーを与え続け、サックしたりします
・またエヴァンスにTDパスを通して突き放すも、DENもようやくパスが通り始めます
・TBディフェンスはみんなサックを狙ってブリッツしまくるのですが、その裏をとられて、最後はパトリックにTDパス、このドライブはパトリックが活躍
・後半はとにかくTBディフェンスがむちゃくちゃプレッシャーをかけるのですが、反則はするわ裏をとられるわであまり効かず、とにかく反則が多くてリズムに乗れず
・しかし実るときもあり、ドリスケルをエンドゾーンでサックしてセーフティとったりしてます
・そして2つINTをとって試合を優位に進めました、TB 28-10 DEN

・TBはブレイディさんが25/38,297yds,3TD、だんだんいい感じになってきてます
・ランはジョーンズが13att,53yds、フォーネットがもうちょいがんばりたい、レシーブはグロンカウスキーが6rec,48yds、エヴァンスが2TDキャッチしてます
・反則で9回71ydsも罰退していて、これがなければもっとよくなる
・ディフェンスは6sck,2INT,1FFと大暴れ、反則は多かったですが盛り上がってるからいいか

・DENはドリスケルが17/30,176yds,1TD,1INT、途中からリピエンとやらが出てきましたが1INT
・ランはトータル42yds、DENがこれでは勝てない、レシーブはいろんな人ががんばってました
・ディフェンスは2sck浴びせるも、ランもパスもピリッとしないディフェンスでした

・ブレイディさんもお怒りのところもあるけど、オフェンスは形になってきてよかったですね

改良されたアンディ・リードのフェイスシールド NFL week3 MNF KC@BAL

SONGSで佐野元春みました。選曲もよかったけど、演奏で若いバンドメンバーが若々しい音を鳴らしていたのに感心したマイク松ですこんにちは。新曲が一番よかったくらい。大事ですよね。

さて、NFLはweek3、マンデーナイトでKC@BALが対戦しました。NHKで中継あったのでゆっくりみられました。

・week3, マンデーナイト、KC@BAL、実況は曽根さん、解説は高野さん
・もちろんマホームズとラマー・ジャクソンの直接対決が注目されてます
・BALオフェンス、ジャクソンがいいランでビッグゲイン、でも最初はFG
・KCオフェンス、マホームズはてきぱき投げ分け、最後は自分のランでTD!でもxpをはずしています
・BALパントのあとKCオフェンス、今度はRBエドワーズ=エレア(って読むらしい)のランを中心に前進、week1より強くなってる、最後はFBシャーマンに気の利いたパスでTD!よく考えられたプレイ
・このままKCペースでいくかと思ったら、BALはバトカーがキックオフリターンTD!わざわざリターンさせんでもええんやで
・パントパントのあと、KCオフェンス、いい感じで投げ分けて、最後はヒルにパスでTD!
・そしてハードマンに49ydsTDパスを通します、今日のマホームズもいい調子です
・ジャクソンはいっぱい走ってるのに、サックを受けてファンブルロストしてしまいました、ここでしっかりカタにはめたろと思ったのに、KCはFGをはずしてしまって、このへんから雲行きが怪しくなります、前半はこれで終了
・後半はせっかくいい感じだったのにファンブルロストしたり、4th&1をクリアできなかったりとモメンタムはBALに
・この間にBALはFGきめたあと、ジャクソンからボイルにTDパスを通して追いすがります
・でもそろそろがんばろうかとばかりにマホームズが再起動、エドワーズ=エレアを起点に時間を使いながらいいところではパスやスクランブルで1stダウンをとり続け、最後はエリジブルにしてたOLフィッシャーにパスを通してTDとりました!
・あとはしっかりジャクソンを走らせつつ追いつめ、最後はサック2つで勝負を決めました、試合終了、KC 34-20 BAL

・なかなかジャクソンはマホームズに勝てませんが、それはジャクソンのせいというより周りのせいでしょう
・KCはマホームズが31/42,385yds,4TD+4att,26yds,1TD、今日も最高でした
・ランはエドワーズ=エレアが20att,64yds、高野さんもいってましたがweek1よりも簡単に倒れなくなりました、レシーブはいつものメンバーたちがよくがんばってましたが、TDはハードマン、シャーマン、ウィリアムズ、フィッシャーという
・ディフェンスは4sck,3FFといいプレッシャーを後半は与えてたし、失点も最小限でした、反則を減らそう

・BALはジャクソンが15/28,97yds,1TD+9att,83yds、がんばってましたがやっぱりパスヤードの違いが大きいですよね
・ランはもちろんジャクソンが一番ですが、他ももうちょいがんばらないと、レシーブはいろんな人が目立たず活躍
・ディフェンスはさすがBALという迫力あるディフェンスでしたが、相手が悪かった、マホームズにサックできなかったのが悔やまれます

・試合の中でおもしろかったんですが、KCのアンディ・リードHCはフェイスシールドを使ってます、顔がでかいからだと思います
・ところが最初はものすごいくもりやすい構造だったらしく、顔にモザイクかかってるようなくもりっぷりでした
・しかし今日はばっちりクリアな視界でした、改良してくれた人おつかれさま

ついに織田信成将軍が織田信長を演じることに

東証取引停止で日経新聞に「無」の面が誕生。すごい記念になりそうな気がするマイク松ですこんにちは。

さて、織田信長を演じた役者はたくさんいますよね。今の麒麟がくるではおもしろい信長になっていて、あの話し方をまねするのがマイブームです。

しかし今回、その血筋の人が演じることになったようです。

織田信成将軍、初の先祖・織田信長役

テレトーのドラマに出るようです。とてもいいことですよね先祖を演じるの。どうも弱気でびびりな信長になっているようですが、それもまた将軍ぽいです。

これを足がかりに信長役のイメージをつけ、いつかは氷上で敦盛を舞うようになってほしいと思います。人間五十年!