カーリング日本選手権2019 女子決勝トーナメント:LS北見 vs. 北海道銀行

NO MORE 映画泥棒にでてくるキャラみたいに、頭からポップコーンを吹き出す。この記事もとてもおもしろかったですが、映画泥棒って動画であがってるんですね。これでいつでもみられると思うとうれしいマイク松ですこんにちは。今日だけで10回くらいみました。

カーリング日本選手権は決勝進出チーム決定戦。どっちになるのか。

カーリング日本選手権、女子決勝トーナメント、LS北見 vs. 北海道銀行。実況は飯塚さん、解説は石崎さん。

第1エンド、いきなりハウス中央でごちゃごちゃさせてきます。さすが。もうスキップの段階では前のストーンを押すしかなくなってる。藤澤の1投目はわりとナンバーワンをがっちり守る形になったが、2投目で外にはずれてしまい、自分たちのナンバーワンを見事に出してしまいました。道銀が1点スティールしました。

第2エンド、船山さんが違う方のストーンを投げようとして直前で気づきました。おもしろい。お互いにガードをおいてきます。まだウェイトがつかめてないところもあるが、道銀は強力なスイープで引っ張ります。しかし吉田姉のヒットアンドロールがまた見事に決まる。姉はずっと好調ですね。対して小野寺はパワーでかすっただけでテイク。LSのストーンがたまり、ラストストーンでダブルテイクアウトにいくも1つだけ。最後のストーンはガードに当たりましたがロールして3点とりました。これは大きい。

第3エンド、ガードの後ろのテイク合戦。吉田姉がまたいいショットでハウスのストーンをなくした。そのあとの道銀のショットはガードに隠れ、LSはフリーズ成功。道銀はちょっとだけ押して強くしてガードしたり。LSのラストストーンはガードにひっかかってしまい、道銀が2点とりました。

第4エンド、藤澤がテイクされたストーンをスイープでのばしていたら、ブラシが折れてしまった。どうも小野寺コーチが折っていたらしい。石崎さんも「さっちゃんどんだけパワーが」といっていたが、藤澤にけががなくてよかった。こういうのでほっこりシーンになるのがカーリングのいいところですよね。藤澤も参加したスイープはほんとよく伸ばせる。お互いだいぶストーンが曲がってテイクがうまくいかず、なんとか残したLSが2点とりました。結果オーライ。

第5エンド、道銀はLSのストーンを2つ、ハウスの後ろの方に残しておく作戦。だいじょうぶかな。ハウスの4時方向にストーンがフリーズで並んでいく展開。道銀のガードが割れてうまく隠してしまったので対応を迫られる。LSはワンツースリーをとってドローのプレッシャーをかけますが、吉村はしっかり入れて1点とりました。

第6エンド、道銀は前にガードをおいてその後ろを狙いますが、鈴木にダブルテイクアウトされます。道銀はじっくりガードをおいていく。そこからお互いガードの後ろをテイクテイク。中央でナンバーワンを争っていたが、道銀のラストストーンはフリーズがちょっと開いてしまい、LSは藤澤のショットをうまくコントロールしてテイクし、3点とりました。これはうまい。

第7エンド、LSはシンプルな展開を狙います。道銀はガードのうしろに隠しますが、鈴木も吉田姉もきっちりテイクしていきます。しかしなんとかガードの後ろに隠した道銀が、ラストストーンで2点とりました。追いすがろう。

第8エンド、積極的に道銀はLSのストーンをテイクしていきます。1点に抑えたい。クリーンな展開になり、道銀はガードの後ろにきっちり隠しました。難しいショットになりましたが、藤澤がなんとかテイクして1点とりました。

第9エンド、LSはピールでどしどしストーンを減らす。道銀はなるべくガードをおいていく。なんとか道銀は2点とりました。

第10エンド、LSのウィックは厚く当たりすぎて無効に。しかし次のウィックは成功しました。さすが。鈴木のテイクショットは1あたりの遠いガードから、ハウスの中のストーンもダブルテイクアウト。すごいな。ガードの後ろに道銀は隠しにいくが、藤澤のショットはぎりぎりピールしました。道銀のラストストーンはぎりぎりナンバーワンをとったが、藤澤のラストストーンはしっかりハウスに入れて1点とりました。試合終了、LS北見 10-8 北海道銀行。

どう考えてもいい戦いになると思いましたが、かなり競り合う展開でした。道銀もしっかり追いすがりましたし。敗れはしましたが、この4人でのチームはこれからもっと強くなってきそうです。LS北見は決勝で中部電力と対戦します。3回目の対戦はどうなるのか。

コメントしてください