カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. カナダ

CDTVで私の平成No.1ソングという企画をやっているのですが、若いやつが生まれた年の曲を紹介していました。それぞれの曲があるんだなあと思ったマイク松ですこんにちは。ポータブルCDプレーヤー知らんとか言われたらもう何もいえんわ。まだあるで。

カーリング女子世界選手権はカナダ戦。強いぞーカナダ。がんばれ。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. カナダ。実況は田中さん、解説は石崎さん。

カナダはブラウン、ファーガソン、ウィルクス、キャリー。中電と比べてもでかいですね。パワーありそう。コーチはキャリーのお父さん。LSDで日本が後攻とりました。

第1エンド、ハウスの中のストーンをはじきあって様子見の展開。ブランクエンドになりました。

このあと中電の紹介VTRが。あれを紹介した2試合は勝ってるんですよね。吉兆。一番準備してた中嶋が微妙に遅れるやつ。

第2エンド、ガードを置いて戦闘開始。うまく日本はガードの後ろに隠れましたが、カナダがランバックでダブルテイクアウトを成功!さすがうまいです。クリーンな展開でヒットアンドロール合戦でしたが、カナダがうまくガードに隠しました。日本は1点とりにいきますが、うまくテイクできず、カナダが2点スティールしました。うーん。

中電のおひるごはんはおそらく清水が作ったであろうおにぎりだったそう。また田中さんのごはんチェックが。

第3エンド、前にストーンがたまってきました。両チームともにガードの間をすり抜けていきますが、カナダが先にひっかけてしまい、日本は2点パターンを作ります。最後は簡単なドローになって、日本が2点とりました。

第4エンド、コーナーガードをめぐる争い。日本はハウス周辺に散らしたところで、北澤のダブルテイクアウトが決まりました。カナダは次にドローで後ろに隠れて、日本はフリーズ。カナダのラストストーンはガードに当たってしまい、日本が1点スティールしました。これは僥倖!

第5エンド、ロングガードの後ろをめぐる争い。わりと後ろに通しやすかったが、カナダがひっかけてしまって日本チャンス。北澤のラストストーンでうまくガードの後ろにワンツー作りました。カナダはとても難しいショットでしたが、ドローはわずかに曲がらず、日本がまた1点スティールしました。これは戦略でとった1点ですね。

第6エンド、ガードストーンがハウス前にごちゃごちゃしてきました。日本はいいナンバーワンを作って、それをいろいろな形で守ろうとします。カナダもナンバーツーまではつくってくるのですが、日本のラストストーンはガードではなくフリーズになりました。2つ出すのは難しそう。カナダのラストストーンはその並んだストーンにそっと当ててナンバーワンをとりました。すごい技術!1点止まりでもすごい。

第7エンド、ハウス後ろの方にカナダのストーンが固まってきた。日本はその前のガードをはずして、その前にフリーズしてきました。カナダもそこに近づけてきました。まだ日本はナンバーワンで、2点目をとりにいきますが少し長すぎました。日本が1点とりました。

第8エンド、カナダはセンターガードをウィックしてシューターをロールインしてきた。これがすごいんですよね。日本はコーナーガードをテイクテイク。カナダのドローが少し伸びすぎてるようで、日本は1点とらせる形を作りました。カナダはスイープで引っ張ってなんとか1点。もう少しその前のショットで難しくしておきたかったです。

第9エンド、日本は石郷岡のウィック。うまく当ててはいるけどコーナーガード気味。カナダはガードを置いて、日本はテイクテイク。カナダのストーンをなるべく残さないようにします。とてもいいこと。うまくテイクできませんでしたが、カナダもガードに引っかけてしまったので、日本はドローでばっちり後ろに隠しました。カナダのヒットアンドロールはうまく決まらず、日本が2点とりました。これは大きい!

第10エンド、日本は普通に入れて、カナダはコーナーガードおいてきました。日本はさらにガード置いてきます。ファイブロックになって逃げ切る作戦はなかなか難しくなるそう。少しカナダのプッシュがあってまずい形になってきましたが、日本はタイムアウトをとって考えます。そして北澤のすごい狭いルートを通ったダブルテイクアウトを決めました!これはすばらしい!カナダは最後さらにすごい狭いルートを通ってテイクショットを決めますが、出し切れずに1点止まり。すごいチャレンジでした。試合終了、日本 7-5 カナダ。

カナダに勝てました。よかった。今回は勝負所でうまくショットを決めて、スティールを2点とることができました。なぜかカナダの調子もそんなによくなかったし、でもすごいショットをどしどし決めていました。技術はすごい。勝ててよかったです。

コメントしてください