勉強になりました 第73回ライスボウル ファイターズ vs. 富士通フロンティアーズ

駅伝みたマイク松ですこんにちは。結局復路はトップが代わらなかったのですが、首位以外のみどころが多かったです。あとスカートの新曲、すごいいいですよね。一番の発見でした。

さて、今日は第73回ライスボウル、ファイターズ vs. 富士通フロンティアーズをみました。まあ勝てるとは思ってませんでしたが、やっぱり富士通フロンティアーズは強かったです。どこが?全部です。

1Qまでは全然通用しない試合展開にぷりぷりしていたのですが、途中から考え方が変わりました。ファイターズの選手が試合の中で、どんどん成長しているのです。

オフェンスはランの出し方やブロックの仕方、ディフェンスはラッシュのかけ方やタックルの方法。強い社会人にぶち当たっていくたびに、どんどん成長していました。これはうれしい。あと鳥内監督のこの日のために用意した数々のプレーコール。それを実践するだけでもだいぶいい練習になります。心なしか途中から3年生以下の選手がよく出ていたような。特にディフェンスはロスタックルやサックが増えてきて、何かをつかんだような気がしました。

ということでいい胸を借りることができました。富士通ありがとうございます。またいい選手送り込みますんで。ライスボウルは戦力不均衡ではありますが、勝敗を超えたところには少し価値があると思いました。

あと島津亜矢の無敵ぶりがすごかった。国歌斉唱はシャバイミュージシャンとの格の違いを見せつけるような歌唱だったし、ハーフタイムショーは「時代」でシンガーとしての力を見せつけ、そのあとは場内を盛り上げる「リンダリンダ」。すばらしかったです。ライスボウル、いいブッキングできてますよ!

ところでなぜかゲストにキセさんこと荒磯親方がきていて、「角界随一のNFL通」と紹介されていました。でも体の調子のせいか、富井が荒磯親方をハライソ親方に聞こえると言い出しました。ますますプロビデンスっぽい。ハチナナを続けるとハライソにいけるんだよ…。

コメントしてください