全米フィギュアスケート選手権2020(4):男子シングルFS

立春は過ぎましたが、寒いですね。布団からでられない病を発病中の富井です。さて、寒いと言えばフィギュアスケート。実況は赤平さん、解説はお久しぶりの杉じい。
レビューは第2グループの後半から。

カムデン・プルキネン。「坂本龍一メドレー」4Tは着氷しましたが跳ぶまでが長いと杉じい。3Aは危なかったけどフリーレッグをつきませんでした。3Loも成功。3Lz+1Eu+2Sは最初のジャンプでバランスを崩しましたが根性でコンビネーションジャンプに。コンビネーションスピンはちょっとゆっくり。ステップシークエンスもちょっとお疲れの様子。3A+3Tは高さのあるジャンプです。3Lzの予定が1Lzになってしまいましたが続く3F+2Tは成功。コンビネーションスピンとシットスピンはやっぱりちょっとゆっくりだなあ。もっと力のある選手だと思いますが調子が良くなかったのかな。236.08

ショーン・ラビット。「Espana Cani」流れのある3F+3T。2AもOK。シットスピンはちょっと短いかな。3Lzは手をついてしまいました。ステップシークエンスの後3Fは転倒。3Loは高さはないけど成功。キャメルスピンもやや回転が遅い。3S+3Tはセカンドジャンプがもう一つ。2A+2T+2Tと続けざまにジャンプ。コレオシークエンスはわかりやすい。コンビネーションスピンはとても曲に合ってて良かったです。213.46。日本語がめちゃくちゃうまい!「これからザ・アイスとか日本のアイス、やりたい」って言ってました。赤平さんも「ぜひご一報いただければと思います」と応援。

ヤロスラフ・パニオット。映画「ゴッドファーザー」ほか。4Fは着氷がもう一つ。4S+2Tはたかさはありましたがやはりランディングがもったいなかった。3Aも流れがなあ。3Lo+2Tもなんとか。止まりそうなキャメルスピン。3Lz+1Eu+3Fももう一つですがそんなに大きいミスがないんですよね。ステップシークエンスもゆっくりだけど。3Lzは両手をあげて。3Sも何とか成功。ステップシークエンスの後でシットスピンとコンビネーションスピン。全体的に元気がなかったなあ。209.79

ヴィンセント・ジョウ。映画「クラウド・アトラス」より。4Sはきれいです。3Lzも両手をあげて余裕。3Fもいい。イーグルを挟んで3A+3Tと立て続けに成功。シットスピンはややトラベリング。ステップシークエンスも工夫がある・・・でももうちょっと滑って欲しい。3Lo+2TもOK。3Aはややバランスを崩しそうになりながら見事着氷。3Lz+1Eu+3Sも成功。キャメルスピンはややゆっくり。イーグルからバレエジャンプのコレオシークエンス。コンビネーションスピンは回転も速くていい。大きなミスなくまとめました。練習があまり出来なかったらしいですがよくまとめました。レベルが急に上がりましたね。275.23

アレクセイ・クラスノジョン。映画「ドラキュラ」より。4Loは高さがあります。見事。3A+3Tも素晴らしい。単独の3Aは大きくバランスを崩しましたが3Sは成功。キャメルスピンは身体が硬い。ステップシークエンスは曲によく合ってます。いい振り付け。3F+3Loも高さがあっていいジャンプ。3Lz+2T+2LoもOK。シットスピンはまずまず。3Lzも幅があります。コレオシークエンスはよくわからない。コンビネーションスピンはもう一つかなあ。これだけジャンプがいいんだからスピンはもうちょっとがんばって欲しいなあ。でもドラキュラっぽくて良かった。241.32

トモキ・ヒワタシ。ストラヴィンスキー「ペトローシュカ」4T+3Tは成功。単独4TもOK。3A+2TもOKです。シットスピンの回転がいい。バレエジャンプからの3SもOK。ステップシークエンスもいい。3Aも難しい入り方。3Lz+1Eu+3Fは素晴らしいバランスのジャンプ。コンビネーションスピンも上手い。コレオシークエンスも軽快。3Loも準備なく跳んでいい。ビールマンポジションの入るコンビネーションスピンも素晴らしい。達者な選手ですね。昔の選手で言うと織田信成系。いやー、良かった。278.08

アンドリュー・トルガシェフ。オペラ「トスカ」より。4Sは転倒。4T+2Tは成功させました。大きな3Aでしたが転倒してしまいました。3Lz+1Eu+3Sは大きなジャンプ。キャメルスピンも美しい。コンビネーションスピンも回転がはやくて軸がきれい。コレオシークエンスも魅せますね。4Tはステップアウト。3F+3Tは成功。3Loもオッケー。シットスピンも回転がはやくてきれい。ステップシークエンスもスピードがあって躍動感のある素晴らしいステップ。トルガシェフ、ジャンプの失敗が多かったけど、オペラに負けない高級感のあるスケートでした。いい!これからが楽しみ。これから伸びそう。260.64

ネイサン・チェン。映画「ロケットマン」より。衣装がマイナス10点だな・・・。4F+3T、素晴らしい。4Sはランディングがやや乱れましたが問題ないし。イーグルからの4T+1Eu+3Sもやや着氷が乱れました。キャメルスピンもポジションが美しい。曲にぴったり合ったスケートが気持ちいい。3Aのタイミングもすごい。ステップシークエンスも素晴らしい体幹。3Loの回転も速い。4T、3F+3Tとここにきて高難度のジャンプ。コレオシークエンスも踊りまくり。コンビネーションスピンも素晴らしい。もう素晴らしいとしか言えない。まさにロケットマンですねえ。330.17

ジェイソン・ブラウン。1位まで220点とか・・・無理だわ。でも、2位は全然いける!映画「シンドラーのリスト」より。素晴らしいスピード。3A+2Tは流れがあっていいジャンプ。4Tは両足着氷。3Aも素晴らしい流れ。3Fは準備動作なく跳んできました。コンビネーションスピンも素晴らしすぎます。3Lz+1Eu+3Sも流れがあります。3F+3Tも幅があって美しい出来。コレオシークエンスもスパイラルがすごすぎる。3Loも素敵。コンビネーションスピンの回転もいい。ステップシークエンスもすごい。バイオリンの音をブレードで弾いているよう。キャメルスピンも美しい。白鳥のように最後、倒れ込みました。ジャンプの難易度は高くありませんが、降りたジャンプの質としてはピカイチだと思いました。292.88

○最終順位(麒麟がくる的に)
1.ネイサン・チェンはきてた
2.ブラウンがきた
3.ヒワタシもきた
4.ジョウがくる
5.トルガシェフはくる(これから)
6.クラスノジョンがくる

いやー、SPの時点では女子の方がおもしろいと思ってマイク松氏にレビューを譲ったつもりだったのですが、男子が!全米男子が!!おもしろすぎました。
1位のネイサン・チェンは素晴らしいとしか言えないですが、難癖つけるなら衣装ですかね。あれは、スケート連盟が介入すべきではないでしょうか。まあ、それはさておき、2位のジェイソン・ブラウン!やってくれましたね。どこかで転倒してしまうのではと思った私を許して下さい。ここ数年を吹き飛ばす素晴らしい出来でした。世界選手権でメダルを取って欲しい。4Tさえ入れば間違いないとおもうのですがね。

ですが、ヒワタシもすごかった。さすがジュニアチャンピオン。フランス大会はどこに魅力があるのかわかりませんでしたが、いい選手です。そして復活のヴィンセント・ジョウ。いろいろ練習環境が大変だったみたいですが戻してくるところがさすが。

しかししかし、私の個人的収穫はトルガシェフ。ジャンプも大きいし、ステップも見事。スケールの大きな選手で最近の選手にはない雰囲気を感じます。このまま育って欲しい。クラスノジョンのドラキュラ感もよかった。あとはスピンだ!

コメントしてください