カーリング日本選手権2020 北海道銀行 vs. 中部電力

わしたショップでシークヮーサーを買ったのですが、ジュースだと思ったら果汁原液で、ものすごいすっぱいマイク松ですこんにちは。甘いソーダで割ると飲めるので、いろいろアレンジしてみたいと思います。

カーリング日本選手権はやっと中部電力がみられます。しかも北海道銀行と。これはたのしみです!

カーリング日本選手権、北海道銀行 vs. 中部電力。実況は曽根さん、解説は石崎さん。

中電:石郷岡、中嶋、松村、北澤、北銀:船山、近江谷、小野寺、吉村。ともに不動のメンバー。北銀は軍隊ぽいジャージ。

第1エンド、最初からテイクテイクで攻め合う展開。近江谷がダブルテイクアウトすると、中島がやり返してクリーンな展開に。北澤のショットがピールアウトしたので、吉村がガードの近くにドローしてきます。北澤のラストショットはガードにフリーズするような形。ちょっと難しいショットになりました。ピールアウトを狙いましたがスルーしてしまい、中電が1点スティールしました。

第2エンド、中嶋が自分たちのストーンをダブルテイクアウトしてしまいました。ありゃー。北銀チャンス。しかしなんやかんやでクリーンな展開。ヒットアンドステイの連続で、最後はブランクエンドになりました。…って書いたのですが、最後のショットで出し切れず、中電が1点スティールしました。どうしたんや吉村。

両角兄は中電のコーチもいっしょにやっています。でも楽しそう。清水のサポートもあるんだと思います。

第3エンド、石郷岡はいつも通り確実なセットアップ。リードがショットで目立たないのはいいことですよね。今度は船山さんがガードをかわしていいショット。そのあと中嶋もしっかりガードをかわしてテイクアウト。しかし前のガードが効いて、なかなか北銀はハウスの中央にいかない。吉村はドローで中に入れようとしますが、軽くガードにひっかけてしまい、中電が3点スティールしました。これは痛い。痛すぎる。なんか気がついたら前にガードがたくさんある。中嶋の十絶陣なのか…?

第4エンド、北銀は今度は左右にガードをおいていく。なぜかまたガードが増えてきて、それはいいとして、また中電のストーンがハウスに散らばっている。さらにどんどん放り込んでくる。小野寺のダブルテイクアウトが決まるがシューターがステイしてしまった。でもうしろの方にたまってきたので北銀いい形。中電は自分たちのナンバーワンを守るためにいいところにおいていく。このへんのさじ加減だな。吉村は遠距離からレイズを狙いますが惜しくもテイクアウトまではいかなかった。ラストショットはリフレクションショットを狙いますが届かず、また中電が1点スティールしました。どうなってるんだ。

第5エンド、中電のスイープ力について話してる。ジャッジの力が大きいと思う。どうもこのエンドはアイスコンディションが変わってるのか、双方がうまく置けない。北銀はコンディションもあってガードにひっかけたり、中電のストーンを押して入れたりしてる。どういう罠なんだ。中電もしっかりガードを置いたので、北銀は最後はどこから攻めたらいいかみたいな感じになってました。外の外から狙いますがもちろんうまくいかず、中電が2点スティールしました。

第6エンド、北銀は2点パターンをとにかく作ろうという感じになったが、それでもシューターを残せなかったりしてる。それで気がついたら陣を敷かれているという感じだ。小野寺がドローを1回しか投げてない、そういう展開になってるとのこと。ラストストーンはチャレンジしてみようかみたいな話もしていたが、結局普通に投げた。北銀は2点パターンになりましたが、短くて1点しかとれませんでした。ここでコンシード。北海道銀行 1-8 中部電力。

確かに今日は北銀にとって悪い日でしたが、たんにアンラッキーでは片付けられないくらいの差を感じましたね。気がついたら中嶋の十絶陣に誘い込まれてスティールされまくりという感じ。中部電力の得点は全部スティールですからね。そんなんあります?

コメントしてください