欧州フィギュアスケート選手権2020(3):女子シングルSP

高級食パンブームなんだそうですね。パンよりおにぎり派の富井です。米、いいぞー。
さて、欧州フィギュアスケートの女子も男子に引き続き解説は岡崎真さん、実況は小林さん。
こちらも人数が多いので24番滑走のポーランドのエカテリーナ・クラコワ(元ロシアで有望らしい)とイギリスのナターシャ・マッケイ、グループ6、最終グループのレビューになります。

ポーランドのエカテリーナ・クラコワ。17歳。コーチはオーサーだそうです。「ラ・ヴィアン・ローズ」3Lz+3Tはゆっくりになってしまいました。2Aは流れのあるジャンプ。コンビネーションスピンもユニーク。3Loは高さがある。ステップシークエンスは北米の選手っぽい。キャメルスピンはまずまず。レイバックスピンは回転が速くていい。オーサーコーチも満足の様子。58.49。コンビネーションジャンプが回転不足だったようです。残念。

イギリスのナターシャ・マッケイ。「小雀に捧げる歌」3Lo+2Tは高さがあるジャンプ。3Sも流れのあるジャンプ。2Aは空中姿勢を崩してしまい転倒。難しい入り方のキャメルスピン。ステップシークエンスはややスピードが落ちています。コンビネーションスピンはきれいですね。シットスピンも難しくていいスピン。52.47

グループ6。

ブルガリアのアレクサンドラ・フェイギン。「シンドラーのリスト」3T+3Tはバランスのとれたコンビネーションジャンプ。3Loは着氷がもう一つ。シットスピンは回転が速い。2Aは回転不足のよう。コンビネーションスピンもいい。ステップシークエンスはもう一つかなあ。レイバックスピンはちょっと短いのかな。53.87

フィンランドのエミ・ペルトネン。「カルーソ」3T+3Tは大きなジャンプ。3Loも高さがあって着氷もいい。シットスピンは途中の足換えがかっこいい。レイバックスピンは回転は速いけどややトラベリング。2Aは慎重でしたが高さのあるジャンプ。ステップシークエンスは曲に合ってていい。コンビネーションスピンも素晴らしい。クリーンプログラム!とても嬉しそうで見ているこちら側も嬉しくなります。66.49

スウェーデンのアニタ・オストランド。「ジュテーム」3Fは流れのあるジャンプ。2Aも幅があっていい。レイバックスピンも回転が速くてきれい。3T+3Tも幅があっていい。シットスピンは最後がちょっとゆっくりになってしまいました。ステップシークエンスも振り付けが素敵です。コンビネーションスピンもきれい。60.57

チェコのエリカ・ブレジノワ。「Never tear us apart」3T+3Tはセカンドジャンプが両足着氷。3Lzは両手をついてしまいました。キャメルスピンは美しい。2Aは流れのある素晴らしいジャンプ。コンビネーションスピンもOK。ステップシークエンスはもうちょっとスピードがあればもっと映えるのにな。レイバックスピンはポジションがきれいですが最後がちょっとバランスを崩したかな。本人もちょっと悔しそうな表情。53.61

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「マシュケナダ」ほか。リズムの取り方がかっこいい。会場も盛り上がります。3F+3Tはややバランスを崩してしまいました。3Loはやや詰まりましたがOK。コンビネーションスピンはポジションチェンジが素晴らしい。レイバックスピンはもうちょっとスピードがあればいいのに。2Aは流れのあるジャンプ。キャメルスピンはいい。ステップシークエンスはやっぱりリズムの取り方が抜群。でもステップとしてはもう一つレベルがとれないかも。60.64

ハンガリーのイベット・トート。「earth song」ほか。黒のかっこいい衣装。3T+2Tはセカンドジャンプが低かった。3Lzはやや回転が足りないかな。キャメルスピンもちょっとトラベリング。レイバックスピンは美しい。両手をあげた2Aは素晴らしい。ステップシークエンスもマイケルっぽいしとてもかっこいい。コンビネーションスピンもポジションがきれい。ジャンプがもったいなかったな。52.69

ここから最終グループ。急にレベルが上がるな。

ロシアのアンナ・シェルバコワ。「パフューム ある人殺しの物語」より。こんなだけど初出場。大きな2A。身のこなしが優雅。3Fも両手をあげて大きなジャンプ。キャメルスピンも軸がまっすぐで回転が速い。3Lz+3Loも美しい。レイバックスピンもポジションがきれい。ステップシークエンスも丁寧。コンビネーションスピンも回転が速いしポジションがユニーク。どこにも傷がないというプログラム。77.95

ロシアのアリョーナ・コストルナヤ。「残された世界」より。複雑な軌道から3A。3Lzも流れが美しい。キャメルスピンはやっぱり軸がまっすぐで回転が速い。スピードを上げての3F+3Tはこれもすごい。コンビネーションスピンも飯豊据えん。ステップシークエンスはさすがの巧さ。レイバックスピンも速い。終わり方も印象的。84.92

ドイツのニコル・ショット。「Caught out in the rain」気の毒な順番。がんばって!3T+3Tはステップアウト。2Aはコントロールされたジャンプ。コンビネーションスピンはややトラベリングしたかな。3Loは回転が足りないようです。ステップシークエンスはおもしろい振り付け。キャメルスピンはまずまず。レイバックスピンは良いと思います!!58.06

アゼルバイジャンのエカテリーナ・リャボワ。「ロクサーヌのタンゴ」コーチにプルシェンコさんが名を連ねています。3Lz+3Tは間が飽きましたがセカンドを見事につけました。コンビネーションスピンはおもしろい。スピードを緩めて2A。あそこはそのまま跳んで欲しかった。3FもOK。ステップシークエンスは華やか。手の使い方がトゥクタミ姉さんに似ています。キャメルスピンもポジションが面白い。レイバックスピンも美しい。62.22

ロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ。「ペール・ギュント」より。2Aはオーバーターン。3Aを直前でやめたのかな。高さのある3F。コンビネーションスピンのレベルも高い。衣装が黒に変わります。すごいイーグルを挟んで3Lz+3Tも高い。キャメルスピンもバターになりそうなぐらい速い。ステップシークエンスのツイズルもすごい。レイバックスピンも素晴らしいスピード。すごい大きさのくまのぬいぐるみが投げ込まれました。フラワーガールが運ぶのも大変そうだ。74.95

スイスのアレクシア・パガニーニ。「Sixteen tons」ほか。3Lz+3Tはいいジャンプ。3Loも流れがあります。キャメルスピンもなかなか。曲によくあった振り付け。2Aも成功。レイバックスピンも回転が速くていい。ステップシークエンスも曲をよく聞いている。タイミングがよくあってて見栄えがします。コンビネーションスピンも素晴らしい。最後のウィンクまで流れが途切れず、ショーを見ているようでした。トゥルソワの後だけど全く退屈せず。68.82

○SPを終えての順位(タピオカドリンク的に)
1.コストルナヤタピオカミルクティ
2.シェルバコワ黒糖タピオカミルク
3.トゥルソワタピオカブラックミルクティ
4.パガニーニチョコバナナミルク
5.ペルトネンイチゴミルクタピオカトッピング
6.リュボワタピオカココナッツミルク

1位のコストルナヤは3Aが入っているからですが、FSではロシアの2人が4回転を決めてきて逃げ切れるのかどうか。国際大会ではコストルナヤが強いけど・・・。ということで2位のシェルバコワ、3位のトゥルソワとこの3人の誰かが優勝です(当たり前か)

4位のパガニーニがとても良かったです。ここまでやるとは。見る度に上手くなっている。5位のペルトネンも難易度の高いジャンプは跳びませんでしたが質がとても良くて見応えがありました。6位のリュボワも映えるスケーター。フリーがとても楽しみ。ロシアを除いて誰がトップに立つのか非常に興味があります。

コメントしてください