朝乃山は大関に、蒼国来は親方に

フジナミさん、ハヤタ、長坂が入院。おだいじにしてください。マイク松ですこんにちは。必ずしも症状じゃないみたいですが、ごはんがおいしくたべられるとうれしくなります。

さて、春場所が終わりましたが、春場所までの成績が評価され、朝乃山が大関になりました。おめでとうございます。口上は「謹んでお受け致します。大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」とのことでした。「正義を全うする」というのはいい言葉ですね。もちろんトゥバークとかに手を出さないとかは大事なのですが(なんでやミッキー兄さん関係ないやろ)(ありますよ)、朝乃山にとっての正義を全うしたいという意志を感じます。大関にとっての正義とは、勝つこと、勝ち越すことは当然のことです。優勝争いに毎回からむ、優勝する、そして横綱になるということです。くれぐれもカドバンローテの一員になるとか勘弁して下さいね。

そんな快挙の裏で、これまた大快挙を達成した人がいました。蒼国来が引退し、荒汐親方として部屋を継承するとのことです。

もちろん引退なので寂しいところもありますが、蒼国来は中国からやってきて力士になり、一度ヤオチョー問題で解雇されたのに、そこから解雇無効を勝ち取って復帰したという、ある意味偉人です。ミッキー兄さんも復帰させたかった。そんな蒼国来が引退して国に帰るとかじゃなく、親方になって部屋を継承するとか熱い展開ですよね。いつの間にか日本国籍もとっていたのです。

もう相撲がとれないミッキー兄さんとか、そういう意味で荒汐親方よりも苦労した人はいるかもしれませんが、その苦労をもって親方になった人は荒汐親方だけ。いわば平成で最も苦労した親方とある意味いえるでしょう。根性、我慢、努力、あきらめない。本当の意味でこれが口にできる親方なら、いい弟子を育てられるでしょう。期待しています。

コメントしてください