Get Wild グラウンド整備

極東事務所は今めちゃねむくなっています。マイク松ですこんにちは。サウナは最高ですが、あの入り方だとねむくなります。そうなるように入りましたからね。

さて、今Get Wild退勤というのが話題になっているのご存じですか?どうも退勤時にGet Wildを聴きながら帰ると、「良い仕事をした感」を得られるというライフハックだそうです。僕らもオリック敗北時に「いざゆけ若鷹軍団」を脳内に流しながら凶世羅ドームの階段を降りると、負け犬感が増して早く帰れるというライフハックを発見しています。どういう意味でライフをハックできるのかはわかりませんが。

それをきいてたのしくなったので、いろいろなGet Wildを聴きながら野球をみていました。ちょうどハム×ラクテンで、雨が降ってたびたび中断していたので、ちょうどよかったのです。

そしたらラクテンのクローザーのぶせにっつが出てきたのですが、そのときちょうど雨が強くなって、グラウンド整備のスタッフが出てきて、マウンドに土を入れ始めました。ぶせにっつはこないだも土を入れてもらっていましたが、よほど日本のやわらかいマウンドがあわないらしく、どんどん土を入れてもらっています。その間にも雨は降り続いていて、ぶせにっつは投球練習を数球やったあと、また土を入れてもらいます。雨は降り続いています。

そこではちょうど卓球のGet Wild – Takkyu Ishino Latino Remixをきいてまして、ぴこぴこしたリミックスと、グラウンド整備のスタッフの動きが妙にマッチしていました。ぶせにっつはなかなか自分の納得するグラウンドにならないし、雨はやまないし、投げてみたら1球もストライクが入らず、降板してしまいました。よっぽど雨の中で投げたことがないんですかね。

その後同点延長戦になったこのカードですが、現在雨で中断しています。でもグラウンド整備の時にはGet Wildを流すことをフォルス・スタート商会はおすすめします。Get Wild and Tough。

コメントしてください