岩隈の引退で近鉄選手はあと2人

土曜日からの寒暖寒の繰り返しですっかり半病人、富井です。秋は気温の変化が激しい季節ではありますが、こんなに厳しい季節でしたかね?厳しいと言えば先日ブレーブス21年ぶりのワールドシリーズ大手と書いたところ、土壇場でドジャースが勝ってワールドシリーズに進出しました。ブレーブス残念・・・。1回に四球、盗塁、四球、ヒットで得点したときは本当に阪急ブレーブスみたいだなと思ったのですが、その後逆転されてしまいました。

さて、そのことはさておき。岩隈が現役引退を発表しました。その際になぜか近鉄戦士があと2人だといろんなところで書かれています。あと2人、皆さんは即答できますね。そう近藤一樹と坂口智隆です。2人ともオリックの中心選手でしたがヤクルトへ行ってしまいました。なぜそんなことになったのか、私も聞きたいぐらいです。

ああ、なぜ今頃その話を蒸し返す!最後の近鉄選手はだれもオリックに居ません。最後の阪急戦士は中嶋監督代行でしたが、中嶋監督代行も日ハムで引退しています。最後の青波選手はどうやらイチローさんだったようですね。もちろん、オリックに居ません。

なんか、おら、オリックが弱い理由がわかるような気がするよ!

コメントしてください