NFL2020 AFCカンファレンスチャンピオンシップ BUF@KC

マーさんの去就はどうなるんでしょうか。ヤナギダは日本復帰はいやだといっているようですが、もちろん種いももいやですよね。マイク松ですこんにちは。MLBでまとまってほしいです。

NFLのカンファレンスチャンピオンシップ、AFCはBUF@KCです。これもほんとに楽しみでした。

AFCカンファレンスチャンピオンシップ、BUF@KC。実況は松野さん、解説は河口さん。最初の音楽はパワーウルフですね。めっちゃかっこいい。

マホームズは脳しんとうのプロトコルは終了したものの、むしろ足親指のけがが大変だったみたい。万全のBUFはチャンスです。

BUFオフェンス。最初はシングレタリーのランから。オマエがしっかり走らないと。一度4th&1になりますが、ギャンブルでクリア。そのあと進みますが、あやうくINTされるところでした。あぶなかった。51ydsFGをしっかり決めて先制。

KCオフェンス。マホームズの調子はどうか。最初はケルシーさんへのパス、そしてエドワーズ=エレアが戻ってきてますね。ヒルへのロングパスは惜しくも通らずパント。

BUFオフェンス、アレンのランがでて大きく前進しますが、サックされてすんごい下がってしまいました。ここはパント。…と思ったらPRハードマンがファンブル!BUFリカバー!もう3ydsです。ノックスにパスでTD!一発でとりましたね!でもxpは失敗。

KCオフェンス。早速ハードマンにパスを通して1stダウン。落ち込むなよ。ケルシーさんがよく使われてます。じっくり進んでます。4th&1はウィリアムズへのパスでフレッシュ。最後はハードマンへのパスでTD!これでミスも振り切れるでしょう。やさしいね。

BUFオフェンス、ディグスにディフェンスがバックドロップしてアンネセサリーラフネスとられてます。コールはばっちりでしたがドロップ。3rdダウンでブリッツ入れてパントに追い込みました。

KCオフェンス。エンドアラウンドからのハードマンのスクリーンで大きく前進。ハードマン張り切ってますね。ケルシーさんへのパスで前進し、最後はウィリアムズがエンドゾーンにねじ込んでTD!KC逆転しました!

BUFオフェンス。イェルドンのランをOLが後ろからぶちかまして伸ばしてます。しかしパスが通らずパント。リズムがよくないですね。

KCオフェンス。ほんとにじっくりじっくり進んでいきます。マホームズは足の調子はよくないですが、それなりに動いてパスを通してます。ケルシーさん、ヒルを使って進みます。ケルシーさんがパイロン際にダイブして1ydまで進んで、最後はエドワーズ=エレアのお帰りTDラン!きれいにホールあいてました。

BUFオフェンス、パスパスで前進。リズムを作りたいですよね。アレンもよく動いてラッシュをかわし、イェルドンにパスを通しました。そしてアレンのランでレッドゾーン入りました。時間が迫る中ランできてます。3rdダウンでなんとかエンドゾーン前に止めました。FGを追加して前半終了。

スーパーボウルのハーフタイムってザ・ウィークエンドなんですね。

後半、KCオフェンス。ヒルのスピードあるカットバックで攻めます。すごい速さだ。マホームズのパスよく通ります。じっくりやってます。3rd&2でコリアがすごいタックルで止めました。ここはバトカーが45ydsFGをしっかり決めました。

BUFオフェンス。パス中心に攻めます。よく通ってますね。しかしレッドゾーン前にきてハードブリッツ入れてきます。プレッシャーをかけてFGにしましたKCディフェンスとしてはこれで万々歳ですよね。

KCオフェンス。ヒルの超絶ランで一気に1st&Goal!スピードが速すぎる。最後はケルシーさんへのショベルパスでTD!強い強い。

BUFオフェンス。最初からばっちりWRにはマークがついてます。ディグスもとるのがやっとくらい。4th&1はスニークのフェイクから1stダウンとりました。レッドゾーンが近づきましたが、ここではじいたところをフェントンがINT!一番ほしいプレーがでましたね!

KCオフェンス。なぜかあくケルシーさんと、ランで時間を使いながら前進。最後はなぜかワイドオープンのケルシーさんにパスが通ってTD!なんであいてしまうんだケルシーさん。

BUFオフェンス、アレンのランでペースをつかむが、常に強いプレッシャーがかかっています。アレンも追いまくられますが、なんとかマッケンジーにパスを通してTD!やっととれました。でも2ptにいって失敗。そして次にオンサイドキックを敢行、成功しました!

ふたたびBUFオフェンス、ディグスへのロングパスが通ります。まだまだ意気軒昂。しかしサックされたところで両軍がもみあい。結局51ydsFGをバスが決めました。今度もオンサイドキックにいきますが、今度はKCリカバー。

KCオフェンス。両軍がエキサイトして1プレーごとにもめます。しかしウィリアムズがランで1stダウンとりました。ニーダウンで試合終了、BUF 24-38 KC。

やはりKCのオフェンスは強かったし、ディフェンスが今日はがんばりました。

KCはマホームズが29/38,325yds,3TD。心配されたけがは万全じゃなかったですが、かえって無茶せずに堅実にプレーしてました、逆につけいる隙がなくなってた。ランはウィリアムズが13att,52yds、レシーブはケルシーさんが13rec,118yds,2TD、ヒルが9rec,172yds、最初大ファンブルしたハードマンも1TD、ランとキックオフリターンとかでがんばってました。ディフェンスは4sck,1INT、ランパスともにしっかり封じてました。最後の方の得点は愛嬌くらい。

BUFはアレンが28/48,287yds,2TD,1INT+7att,88yds。最初と最後にTDとったのですが、その間はさっぱりでした。ランはアレン以外はさっぱり止められましたし、ディグスもなかなか思うようにプレーさせてもらえず。最初に9-0とリードしていけると思ったのか、思いきったオフェンスが出なかったです。ディフェンスは1sckのみ。なかなか動けないマホームズを仕留めるチャンスでしたが、そもそもラッシュがそんなになかったし、かといってパスを防げませんでした。

マホームズのけがという最大の危機を乗り越え、スーパーボウルにたどり着きました。この2週間はみんなしっかりけがなおしてほしいです。

カテゴリー: NFL パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。