カーリング日本選手権2021 SC軽井沢×コンサドーレ

軍神オータニ2年契約。まとまってよかったですね。早くオータニの活躍がみたいマイク松ですこんにちは。

カーリング日本選手権は男子。いい戦い期待できますよ。

カーリング日本選手権2021、SC軽井沢×コンサドーレ。実況は飯塚さん、解説は金村さん。

SC軽井沢は大野、小泉、柳澤、山口。山口を筆頭に結構パワータイプをそろえてる。super carpenters軽井沢じゃないのか。コンサドーレは阿部課長、谷田、清水、松村といつものメンバー。

第1エンド、前にガードをおいてハウスの後ろをめぐる攻防。まだアイスリーディング中。清水がいいドローショットでガードの後ろに隠しました。松村は1投目はいまいちでしたが、ラストストーンでいいショット決めてドヤ。難しい形を作りましたが、山口がしっかりドローで1点とりました。

第2エンド、SCはまだミスが多い。少しずつコンサドーレのストーンがたまってきてるぞ。しかし山口のダブルテイクアウトが成功。コンサドーレは高校で確実に2点とりました。

第3エンド、コンサドーレがホッグラインオーバーの隙を突いて、小泉がいいショットを決める。しかしコンサドーレはいっぺんに出されない配置を作ってきます。そして松村がダブルテイクアウトを決める。山口はまずまずのドローでいいところにおいて、コンサドーレの最後はガードにひっかけてしまいました。2点チャンスでしたが、SCは1点止まり。

第4エンド、SCはスルーが2回あってピンチ。アイスのコンディションが変化してきてるんかな。コンサドーレはストーンをためにきます。ダブルテイクアウトがほしい。なんとか2つ出して、コンサドーレは2点とりました。

第5エンド、コンサドーレのミスもあってSCチャンス。よくストーンをためたのですが、コンサドーレのフリーズから展開を変えて、1点をとらせる形。SCはドローで1点でしたが、めちゃくちゃウェイトがなくてハウスに届かず。コンサドーレが2点スティールしました。これは痛い。

第6エンド、中央のストーンにフリーズ合戦になった。ハウスの中にすごいごちゃごちゃしてる。山口は薄く当てて動かそうとしたが失敗。コンサドーレはガードを置いたが近くなったので、そのストーンをランバックでとばして、なんとか1点とりました。あぶなかった。

第7エンド、阿部さんのウィックが1回は失敗しましたが次は成功。SCはロングガードで形をつくろうとしますが、的確にテイクアウトされ、1点取らせる形ができません。コンサドーレが2点とりました。

第8エンド、SCはダブルコーナーガード。ストーンをためたいのですが、清水のパワフルなテイクショットで出されてしまいます。松村は一度はミスってしょんぼりしましたが、2投目でダブルテイクアウトを決めてドヤ。山口は難しいダブルテイクアウトは決めたのですが、シューターを残せず1点。惜しかった。

第9エンド、コンサドーレは逃げ切りにかかり、ハウスからどんどんストーンをテイクしています。SCは最後に横に並べるようなフリーズになりましたが、全部のストーンが出て行ってブランクになりました。

第10エンド、SCがホッグラインをこえられず、ここでコンシード。SC軽井沢 8-4 コンサドーレ。

SC軽井沢はTM軽井沢を初戦で破っているらしいので楽しみにしていたのですが、なかなか思い通りにゲームを進められませんでしたね。でも実力と筋肉はありそう。たのしみです。コンサドーレは相変わらずの強さ。決勝Tにはいきそうです。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。