大相撲3月場所2021:番付発表チェック

忽那先生のシンコロ本読んだマイク松ですこんにちは。すごい参考になります。お忙しいだろうに本まで。すごい。

さて、気がついたら3月場所が今週末に迫ってきました。このままなんとか無事開催されてほしいです。番付発表をチェックしておきます!

横綱は変わらず。今回は出場しますかね。大関はマサヨが東の正大関。今回のカドバンローテは貴景勝。気がついたらカドバンローテが復活してますね。何ののろいなんだろう。誰ののろい?…ミッキー兄さんを悪くいわないでください!(何もいってない)

関脇は照ノ富士と隆の勝。隆の勝もしっかり関脇を維持してますね。この場所が勝負となりそうです。踏みとどまろう。小結は高安、御嶽海、そして大栄翔です。高安もここまできました。大栄翔は今場所が大事になりますね。

前頭上位はおもしろいメンバーがそろってます。筆頭が宝富士と阿武咲っていう。宝富士も円熟してきますね。若隆景、霧馬山といった若手に、妙義龍、遠藤といったベテランも、そして暗黒卿も。荒れる春場所を演出してくれそうですね。暗黒卿についてはあとでふれます。

前頭中位は混沌としています。玉鷲、逸ノ城、栃ノ心といったパワー系に輝、千代の国、竜電といった技巧派、そして琴ノ若、翔猿、豊昇龍といった若手が混ざり合って。この中盤もおもしろいですね。

前頭下位はこれまたユニーク。返り入幕が剣翔、英乃海、大奄美の3人。そしてかなりの実力をもつ力士がそろってますね。ここで勝ち越すのほんとに難しそう。サバイバルですね。

総じて今場所もいい戦いになりそうです。横綱が出場することと、いい場所が最後まで続くといいですね。

最後に現在の摂理柱ことオッキー兄さんについて。今場所は西5枚目です。まあナナハチだったのでそんなに下がらなかったのでしょう。先場所は7-7できて千秋楽が優勝した大栄翔という、プロビデンスが関与していると思わざるを得ない割でしたが、今場所は周囲をみても勝ち越すのが難しそうですよね。しかしこういうときこそ摂理の呼吸ですよ。先代先々代に追いつくには摂理の呼吸を極めるしかないです。そこから失われたプロビデンス神楽が蘇るのです。ミッキー兄さんに深層心理であのウッパッピーを伝授してほしいですね。(死んでないよ)

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。