大相撲7月場所2021:千秋楽とプチ総括

CAMP TVみてキャンプにいきたくなってるマイク松ですこんにちは。そういう主旨とはいえ、最後のセッションがほんとに良質。聴いたことのない音楽です。

だいぶおそくなりましたが(レビューはやってた)、千秋楽です。おつかれさまでした。

千秋楽。実況は太田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

天空海×石浦。天空海よく幕内でやりますね。石浦に中に入られて引いたらますます呼び込んでしまいました。あららら。

一山本×千代ノ皇。7-7同士。千代ノ皇が右差しからすくい投げにいきますが、それがすっぽ抜けて逆に一山本が送り出しました。やっと、やっと勝ち越しましたね。よかったです。インタビューでも喜んでました。

剣翔×琴ノ若。勝てば琴ノ若三賞。手をだしていった剣翔でしたが、琴ノ若がもろ差しから一気にでて寄り切り。敢闘賞をとりました。今場所は大勝ちできましたね。この調子で大きくならないとですね。

英乃海×千代丸。もろ手の千代丸に英乃海が立ち勝って右四つ。そして寄り切りました。英乃海は立ち合いの呼吸がよかったですね。ぱっと立てました。

魁聖×碧山。おっつけていく碧山、起こして押し出しました。今日は相手も大きいしどーんと当たれましたね。

宇良×千代翔馬。千代翔馬手を出して立ち合い、下からの張り手でじわじわ追いつめますが、宇良が出て押し出し。かなりくらくらしていましたが、最後まで押し出せました。北の富士さんが三賞じゃないのかとのこと。同感です!

妙義龍×大奄美。妙義龍右四つから左上手をとって出ます。大奄美も腰が重いですが、がんばって寄り切りました。千秋楽いい相撲とれました。

志摩ノ海×霧馬山。右四つから霧馬山かいなを返して起こし、最後はまわしをとって寄り倒し。攻めの力強さが出てました。霧馬山強くなったと北の富士さん。

阿武咲×照強。横に動いて中に入ろうとする照強でしたが、阿武咲しっかり見ていて、突き押しから押し出し。照強最後の相撲はよくなかったですね。

徳勝龍×千代大龍。徳勝龍左を差して左四つに。千代大龍が下手投げにいきますが、それをかわして逆に突き落としました。あれ得意なんですよね。

琴恵光×栃ノ心。琴恵光の差し手をひっぱりこんで、栃ノ心上手をとりました。琴恵光がっぷりになってあおりにいきますが、栃ノ心が強烈につって寄り切りました。なんやかんやで栃ノ心持ち直してきてましたね。

玉鷲×翔猿。もう鉄人玉鷲といわれはじめています。翔猿がもろ差しになりました。玉鷲は両かいなをきめます。玉鷲小手投げにいきますが、翔猿が逆に下手投げで勝ちました。玉鷲勝てば敢闘賞だったのですが。まあしょうがないか。今日はだいぶ意識してたかな。

北勝富士×豊昇龍。豊昇龍は技能賞をもらったそうです。いい当たりの北勝富士でしたが、少し足が流れたところを、豊昇龍がはたき込みました。三賞もらってめちゃくちゃうれしいとのこと。強くなってきましたね。

宝富士×逸ノ城。逸ノ城もろ手からはたき込みました。宝富士に組ませませんでした。

隆の勝×千代の国。隆の勝突き押しででますが、千代の国も押し返します。しかし再起動して押し出しました。力強い攻めです。

隠岐の海×大栄翔。うそやん。千秋楽大栄翔線が残っていたとは。大栄翔が中に入って寄りきりました。オッキー兄さん5-10でした。10敗とは。

輝×明生。頭と頭ですごい当たりでしたが、輝の出足に対して明生が突き落とし!千秋楽で勝ち越しました。これは大きいです。明生も粘り強くほんとにがんばりましたね。来場所はもっとがんばろう。

若隆景×御嶽海。御嶽海が立ち合いから圧力で出て行きますが、土俵際で一気に体を入れ替えて上手投げで勝ちました。大学の先輩についに勝てましたね。

正代×高安。マサヨもろ差しも高安外四つ。マサヨが上手を切って最後は送り出し!高安勝ち越しならず。ぎっくり腰さえなければ。

白鵬×照ノ富士。全勝対決です。長くにらみあったあと立ち合い。張り手の応酬から組みあい、小手投げの連発でした。最後は小手投げ。なんとか白鵬が勝って優勝しました。ほんとになんとかという感じでしたね。

白鵬優勝しましたが、確かにクリーンな感じでもなかったですが、いうほどダーティな取り口でもなかったような。それよりも進退かけて何が何でも勝とうとする気持ちは、他の力士、特にオーゼキたちにはないものです。ダーティスモウはよくないんですが、手本はなりづらいですが、見習ってほしいところではあります。

照ノ富士との全勝対決は見応えありましたし、負けたとはいえ照ノ富士は大関の務めを果たしていたし、横綱にもなったし、つまり横綱大関は優勝争ってこそだというのを2人はみせてくれています。そういえばマサヨは早々に優勝戦線離脱でハチナナ、貴景勝は途中休場、アサノヤマは長期休暇。白鵬はますます孤独になり誰も止められなくなる。そういう意味でも来場所は久々東西横綱がそろってたのしみです。

なぜか今場所は大勝ちする力士が上位以外はいませんでしたね。そういう状況だからこそ2けたのせた豊昇龍、玉鷲、琴ノ若は評価できるところでしょう。玉鷲まだまだいけますよ。でも大勝ちする力士がいないということはおもしろい相撲が増えてくることでもあります。たのしみです。

オッキー兄さんは5-10。2けた負けてしまいましたよ。途中からもりもり上位と当たってしまいました。東5枚目ですよ?どういうことだと思って星取表を見たら、1人横綱に加えて貴景勝、遠藤休場、アサノヤマ長期休暇なんだと知ってなるほどなと思いました。おりんぴっくがプロビデンスに影響を与えてしまったのでしょうか。でももりもりシンコロ第5波が近づいているので、来場所無観客レベルになれば逆に大勝ちするかも。複雑な世界情勢とプロビデンスの関わりを解き明かす日はいつくるのでしょうか。休暇中はジャレド・ダイアモンドとかユヴァル・ノア・ハラリとか読んだ方がいいのかもしれません。

9月場所も無事開催されますように。おつかれさまでした!

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。