オリックも謎の生物ビジネスに乗り出そうぜ

オリックも営業部ががんばってグッズ作っていると思うのですが、なにげなくカアプのショップをみてみたら、鬼滅の刃とのコラボグッズが作られていました。ブランドパワーの違いに驚くマイク松ですこんにちは。

さて、カアプといえば先日富井が取り上げたように、マツダスタジアムに謎の生物が出現したそうですね。

マツダ スタジアムに出没中の生物について

こんな感じのニュースにするとか、カアプの意外なノリのよさがあらわれてますよね。ともかくこの謎の生物は警備員やボールボーイやカメラマンをまるのみにしているらしく、ムッシャーと名づけられているそうです。

ロッテの謎の魚といい、ちょい古いけどラクテンのMr.カラスコといい、謎生物は人気になりますよね。というかつば九郎やドアラはよく考えればかなりの謎生物ですよね。そこにいくと種いも球団オリックのブルベルはそんなに謎じゃない、オーソドックスだけどパンチが足りないんですよね。ということでオリックも謎の生物ビジネスに乗り出しましょう。

1. 怪獣タネイモンガ
名前は適当につけましたが、イメージとしてはビオランテみたいに、倉庫に眠っていた種いも(この場合は本当のじゃがいも)にもとオリパゥワーが与えられた結果、謎生物となって登場するという設定です。放射能と違って、もとオリパゥワーはクリーンエネルギーですからね。

ビオランテといいシン・ゴジラといい、複数形態進化が夢のある設定です。最初は大きなじゃがいも的にスタジアムをごろごろ転がっていたのですが、やがて大きな口のある怪獣になり、最終形態はめっちゃ運動能力の高いマーベル系ヒーローみたいになるといいでしょう。グッズも売れますよ~。

2. マネキン応援隊
というかもう謎生物に近いものはいるのです。マネキン応援隊です。でも生物じゃないんですよねー。今はグッズショップで本来の役割を果たしているのですが、もとオリパゥワーが与えられ、命を得るという設定です。

命を得たマネキン応援隊の強みは、まずマネキンなのでファッションチェンジが得意ということです。グッズだけではなくいろんなファッションをエンジョイできます。そのたびにグッズもできますからね。そして複数登場させられるということです。3,4体でダンスしたり、あちこちに分散したりもできます。あやうしびーずがーるず!

3. 牛
ヤクルトはつば九郎とつばみといういい感じのマスコットがいるにも関わらず、トルクーヤ(当サイトでは呼称募集のときに提案した、シロタミルミル仮面400億という名前で呼んでいます)を生み出しました。前任?の燕太郎もそうだし、ちょっと人っぽいマスコットをつくるのは謎生物の流れとも符合しますよね。オリックも生物系の新マスコットを作りましょう。

ということでです。できたら全国各地にある、闘牛系の大きな牛を任命したいものです。カアプのミッキーくん(ミッキー兄さんじゃないよ)みたいな働き者とかじゃなくていい。ただ場内を運動がてら一周するくらいでいいでしょう。飼育は大変かもしれませんが、なにしろ牛なので。本当の動物が一番かわいいんですよ。

4. シュンタさん
シュンタさんは選手だって?選手がマスコットをやっちゃだめっていうことはないんです。シュンタさんは史上初の選手兼マスコットになるのです。理由はシュンタさんだからです。それ以外はありません。

シュンタさんはマスコットとしての活動は特にありません。普通に試合出るだけです。でもだいじょうぶ。訓練されたオリックファンは、その姿にちゃんとマスコットとしての意味を見いだしてくれます。守備したり、代走に出たり、たまにヒット打ったり、ベンチでゆっくりしたり。その都度マスコットとしての活動を見いだす。それが訓練されたオリックファンです。見えないものがみえる。

オリックの謎生物の登場、楽しみにしたいと思います。大阪のおもろいおっさん系のやつだけは失敗するのでやめておいてくださいね。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。