カーリング女子代表決定戦(3):ロコ・ソラーレ×北海道銀行

The Coversみたマイク松ですこんにちは。郷ひろみのカバーとてもよかったですが、もっとみんな郷さんのカバーすればいいと思いました。

カーリング女子代表決定戦は第3戦。どんな戦いになるんでしょうか。

カーリング女子代表決定戦第1戦、ロコ・ソラーレ×北海道銀行。実況は飯塚さん、解説は両角さん、市川さん。2人ともスーツ着てますね。なぜ。

第1エンド、ガードの後ろのストーンをヒットロールする展開。北銀が1回出し切れず、LSがしっかり続けて2点とりました。幸先よし。

第2エンド、LSがフリーガードゾーンルールの最中にガードをテイクしてしまって爆笑しています。4人いて誰も気づかなかったんだからしょうがない。いい雰囲気になったからいいでしょう。北銀はガードにチップして右半分を塞いでしまいました。これは悪い展開ですね。小野寺がランバックでテイクしますが、藤沢がガードにばっちり隠しました。これが効いてLSが2点スティールしました。流れってありますねー。

第3エンド、ハウス中央を取り合う展開も、近江谷と吉田姉がダブルテイクアウトをそれぞれ決めて一気にシンプルに。そこからセンターガードの後ろにLSのストーンがたまります。北銀はややこしいランバックを強いられそれが決まらず。LSがしっかりガードした結果、LSが1点スティールしました。

LS本橋がきてますね。もとからきてたのかもしれませんが、チームにはほんと心強いですね。シライさんと同じ窓に見えます。

第4エンド、中央のちコーナーにストーンを配置する展開。1投ごとに展開が変わっていきます。LSのストーンが左右にうまく配置され、北銀のストーンを近距離のランバックで効率よくテイク。これは北銀も1点とるしかなかったです。しかしテイクショットがピールになってしまって、LSが1点スティールしました。なんかいやな予感したんですよね。

第5エンド、北銀が両側にコーナーガードを置いている間に、LSはもりもりストーンをためます。北銀もテイクテイクしますがハウスの周辺にためて1点とらせる形。北銀がやっと1点とりました。

第6エンド、もうここで吉田妹のウィックが炸裂。ばっちり決めました。コーナーガード付近で作り合う展開ですが、LSは確実にストーンをためていきます。北銀は吉村が最後にいいフリーズを決めますが、最後に藤沢がうまくテイクして、LSが2点とりました。

第7エンド、北銀は中央で勝負します。ちょっとごちゃごちゃしてきたところでLSがタイムアウト。安全な策をとりました。北銀は近江谷のBプランでいいフリーズが決まりました。そこからお互いのストーンがグリッドロック的にごちゃごちゃしてしまいました。北銀もタイムアウトとって、小野寺の絶妙なショットが決まりますが、北銀は自分たちの有利な形を守り切れず、藤沢がダブルテイクアウトを決めました。これが効いてLSが1点スティールしました。

第8エンド、LSは吉田妹はスルー。鈴木も1投目はスルー。北銀はセンターガードを2つ置いて、センターにカムアラウンド。北銀は2点パターンを作っていきます。3点もありましたが藤沢が遠距離のダブルテイクアウトを決めて、北銀が2点とったところでコンシード。LS 9-3 北銀。

LS普通に勝ちましたね。さすがにスイープはないかと思いましたが、うまく切り替えられて爆発力をみせました。第4戦は普通にあるようです。北銀は序盤に致命的なミスが続いてしまいましたが、そういうこともあります。切り替えて次いきたいですね。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。