ミックスダブルスカーリング代表決定戦(3):決勝戦1

整備員20人に退場宣告。MLBの審判ってときどきセルフィッシュなジャッジしますよね。マイク松ですこんにちは。これがMLBだからよかったようなものの、甲子園で阪神園芸のみなさんを退場にしたら暴動がおきますよ。

カーリングミックスダブルス日本代表決定戦はついに決勝にきました。2勝した方が代表です。がんばってほしい。

カーリングミックスダブルス日本代表決定戦、吉田・松村ペア×松村・谷田ペア。実況は田中さん、解説は山口と小穴。小穴の解説のこなれ感がすごい。

第1エンド、1投目をばっちりウェイトコントロールしてきました。いいところに置きながら、じゃまなストーンを押し下げたりしてます。そのうちお互いのチームのストーンが縦に並んで、なかなか動かせない。雄太も早いショットでトライしますが及ばず。しかし相手に1点とらせる形はできていて、松谷ペアもラストストーンが届かず、松谷ペアが1点とりました。

コーチ席、阿部さんと清水は体調が悪そうな感じで座ってます。両角さんと吉田姉はいつも通り。

第2エンド、ハウス中央のポジションをドローで取り合う展開。松谷ペアはウェイトがよくわかってる感じ。ゆりたは不利な形でガードをはずしてきました。吉田にテイクアウトをさせるような作戦なのではと山口。千秋のラストストーンでナンバー1から4を全部自分たちのストーンにしました。雄太も難しいショットでしたが、吉田のコールでしっかり1点とりました。

第3エンド、どんどん両チームとも縦に並んできます。後攻の松谷ペアは1点しかとれない配置にどんどんなってきてる。松谷ペアは横から当てる布石のストーンを置きますが、ゆりたはそのショットを防ぐガードを置いてきます。レベル高い。がちがちに1点しかとれない形になったので、松谷ペアのラストストーンは情報収集のショットになりました。

リンクの上は片方が光っていてよく滑る、もう片方は光ってなくて霜が降りてて滑らない、というのが見た目でもわかると山口。ありがたいです。

第4エンド、ハウスの上のストーンをちょっと下げてポジションをとりあう感じ。谷田はパワーテイクアウトショットを狙いますがうまくいかず。ゆりたのショットをなかなか出せず、かえってゆりたにチャンス。ゆりたが3点とりました。

第5エンド、ガードの後ろにヒットロールする展開も、松谷ペアがうまくロールできてる。ゆりたは失点を防ぎたかったが、ショートしてしまいました。松谷ペアのラストストーンもだいぶショートでしたが、2人のスイープでぎりぎり入れて4点とりました!

山口の解説がだいぶ丁寧でおもしろい。小穴に振ったりもしてる。

第6エンド、少し長くなるサイドのウェイトを松谷ペアがよく読んでる。ごちゃごちゃしてきたが、ちょっとの押し合いもなかなか動かない。松谷ペアが1点スティールを狙って、難しいラインのショットを強いるためにガードを置きました。ゆりたは全く投げてない方からのドローでボタンを狙いますが、惜しくもショート。松谷ペアが1点スティールしました。

第7エンド、ゆりたがパワープレーを選択。谷田がウィックで自分たちのストーンを入れてガードをずらしました。いいショット。ゆりたはサイドのストーンをガードしますが、谷田が直接テイクアウトしました。そして次のヒットロールもばっちり成功。谷田が神がかってきたぞ。吉田のソフトウェイトのテイクショットは惜しくもガードにかかりました。松谷ペアはタイムアウトをとってガードの位置を考えます。阿部さんのアドバイスも聞いていいところに置きます。スティールもありましたが、雄太がしっかり読み切って1点とりました。でも1点。

第8エンド、松谷ペアがパワープレー。前のエンドではうまくいかなかった千秋のウィックが決まりました。テイクアウトのショットが奥の自分たちのストーンに当たって出ませんでした。しかし1つ1つ出していって、ストーンが足りなくなったところでゆりたがコンシード。ゆりた 5-7 松谷ペア。

今日は一時リードされても松谷ペアが勝ちましたね。途中から谷田がすごいショットを連発してました。昨日と違うのは、なんかエンドの間にコーチと話していたなと。田中さんが「阿部の金言」といっていたすばらしい指示があったのかもしれないですね。さすが阿部さんや!

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。