続々とまとまるFA移籍、急げ急げ

NHKスペシャル「未解決事件」、死ぬほどおもしろかったマイク松ですこんにちは。明日の続きもたのしみ。最近NHKは長年の取材が結実したような企画が次々出てきてますね。頼もしいです。

さて今日もNFLの記事まとめです。でもしょうがない、間近に迫ったキャンプインに向けて、通常何ヶ月もかけてまとめるような交渉を数日でまとめないといけないわけですからね。続々とビッグニュースが飛び込んできます。

1. 買い物上手!NEがおちょしんことハインズワースを獲得

日本も節電節約モードになっている中、参考にしたいのが魔法のやりくり主婦ビル・ベリチック率いるNE。今回もさっそくやりくり上手ぶりを発揮しています。見習いたい!

まずはCINからおちょしんこをトレードで獲得。どうもドラフト下位順位指名権2つと交換だそうで。お得~。おちょがドラフト下位2つですよ。さすが。

記事ではおちょがNEにとけこめるのかといわれていますが、ベリチックは「なんかわしら似たところあんねん」とかいってるし、おちょは「あいつはわしの友達や」などといっています。まあほんとかどうかともかく、うまくマネジメントする必要はあるでしょうね。また別の記事ではおちょは昔に比べてそんなに脅威じゃないし、NEのWR陣の一人としてがんばらせないと獲得した効果がないのではと心配する声もあるみたいで。どうしますかね。

さてもう1つのやりくり上手は、WASからDEハインズワースを2013年のドラ5で獲得したそうです。うわお得~。NEのディフェンスにフィットすればハインズワースもおとなしくなるでしょう。ウィルフォークも「うちには問題児や言われて入団し、その後活躍した選手がおるやろ。うちの場合は大丈夫やねん。たいした問題やない思うで」となぜか自信まんまん。まあ素行の悪い選手をなんとかする手腕は心配無用ですよね。むしろ自由なおちょをどうコントロールするかでしょうか。

それにしてもお得!さすが魔法のやりくり主婦!

2. 暗黒時代終息か!コルブがARZにトレード移籍

このオフの目玉の1つだった、PHIのコルブのトレード移籍。もともと最有力といわれていたARZへのトレード移籍が決まりました。よかった。PHIは来年のドラ2とドミニク・ロジャース=クロマティを獲得しました。PHIにとってはドラ1よりもよかったかも。

コルブが必要なチームは多くありましたが、次々とほかのチームのQBが移籍がまとまっていって、ARZもライバルにとられる心配はうすかっただけに、がんばって獲得できましたね。ともかくワーニャーおじさん引退後、ライナートは放り出すし、デレック・アンダーソンでがんばろうとか、ザ・暗黒という状況でした。これで暗黒時代も終息するかも。コルブがんばって!

3. きたー!MIAにブッシュがきたー!!

ロニー・ブラウンとリッキーさんがFAとなり、もう放出は確定的とかいわれているMIA。リッキーさんはおいといてやろうよ。それはともかく、かわりのRBを探さなくてはいけないというところで、NOからレジー・ブッシュを獲得しました。かわりにNOは控えのSと複数のドラフト指名権を獲得したようです。アマヤとかいうSが活躍しそうになければ(名前は弱そうだ)、いいトレードだったのでは。

NOもサラリーが高すぎて抱えきれなかったみたいですね。ちなみにNOはすぐにSDからRBスプロールズを獲得。ちょうどいい補強ですね。ぴったりや。

これで来季はロニーとリッキーさんがいなくなったら、ブッシュと新人ドラ2のダニエル・トーマスでラン攻撃を組み立てていくみたい。当たりに強くないのがブッシュの弱みですが、むしろパスキャッチでがりがり使っていきたいところ。トーマスの教育係&3rdダウン要因としてリッキーさんを残すというのはどうですかね?

4. ヴィンス・ヤングはPHIでバックアップ

TENのQBヴィンス・ヤング。いろんなところで練習に熱心じゃないし素行も悪いといわれていますが、TENがマクナブを獲得したので用済みとばかりに放出。しかしその直後にPHIと契約に合意したそうです。よかったね職があって。

PHIはコルブの穴をちょうど埋めるバックアップがとれたし、ヴィックと似たようなタイプなので同じように育てればPHIも助かるしヤングもいい感じで育ちそう。ヤングもがんばって勉強しないとね。

5. スティーブ・スミスはCARに残留

今度のドラフトで全体1位でQBキャム・ニュートンを獲得したCAR。ニュートンも「今はごっつ学びたいからチーム施設に通おう思てんねん。スポンジみたいになっとるからな」などと学ぶ気をしっかり見せているだけに、あとはそれをいかすためにもターゲットが必要になりますね。

CARもそれがあってか、懸案のスティーブ・スミスの残留に成功。よかったですね。CARはRBディアンジェロ・ウィリアムズを残留させたり、DEチャールズ・ジョンソンやらLBジェイムス・アンダーソンやらLBトーマス・デービスやらを残留させて、来季の反転攻勢に備えているようです。強いCARを取り戻そう。がんばれがんばれ。

日に日にカーソン・パーマーのことが忘れられそうになっています。大丈夫なのか。不安だ。

5 Comments

  1. プロボウル より:

    お久しぶりです^^お元気ですか

    オチョ(今年ジョンソンに戻すらしい)と
    やりくり主婦の掛け合いが、今からネタ的に楽しみです(笑)

    それにしても

    イーグルスのCB陣は

    今日で、なんとも超豪華なメンバーになりましたね^^

    反則ですよ~(爆)

  2. pappy より:

    マクナブはMINですね。
    TENはロッカーをドラフトしたから、かと。

    VYも1年契約だから様子見というかつなぎというか・・・でしょうねえ。

    オチョは活躍してれば面白パフォーマンスでイエローもらうぐらいですが、
    ハインズワースは踏みつけとかの前科があるだけに、こちらのほうが爆弾かと思います。

  3. pappy より:

    あ、ハッセルベックが行ってましたね、TEN

  4. HAL より:

     今季のベリチックは、まずドラフトでやりくり上手を見せ付けた気がします。
     2巡Ras-I Dowling、3巡Ryan Mallettは能力的には1巡指名に値する評価を受けていましたし、5巡Marcus Cannonも能力だけ見れば2巡までには指名されていておかしくない選手です。
     ただ、それぞれがリスクを抱えている(Dowlingは負傷歴、Mallettは素行、Cannonは病歴(胃癌))ために他チームが指名を避けていたのをNEが拾ったという形になりました。まるでキズ物大特価の商品を買いあさる主婦のような指名っぷりです(笑)。
     それだけに、この賭けがうまくいった時の報酬はなかなかのものではないかと思います。なにしろ1巡級3人、2巡級2人を獲得できたわけですから。
     まあその分、補強すべきポジションが補強できなかったんじゃないかという批判もあったりするわけですが。パスラッシャーどうするんだろう?

  5. マイク松 より:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >プロボウルさん

    おちょはずいぶん発言を制限されているみたいですが、ファンとの同居企画はどうなったんでしょうかね。

    >pappyさん

    MINいってしまいましたね。マクナブはロッカーの教育係でもよかったような気がしたので。まあハセルベックがいってくれました。

    >HALさん

    さすがやりくり主婦ですねー。パスラッシャーはご懸念の通りでしたが、実際やつを獲得しましたねー。

コメントしてください