大相撲11月場所2011:4日目

琴奨菊が福岡で大人気。気が早いですががんばって横綱に昇進したりしたら、特急かいおうに続く列車を作らないとなと思うマイク松ですこんにちは。特急琴奨菊。名前らしくめっちゃ揺れるので乗り心地は悪そう。駅が近づくとがぶり寄りが始まるのです。ちなみに特急プロビデンスは停車駅が8駅と、列車の方から決められます。どんなときも8勝止まりという意味です。TONCHIがきいてるね!

4日目。実況は三瓶さん、解説は正面が芝田山親方、向正面が武隈親方。リポートは西が刈屋さん。

木村山×剣武。当たっていなす木村山。しかし剣武が突き押しで攻め続けて押し出しました。木村山は引きすぎですね。剣武はついに初日がでました。幕内初白星。吹っ切れてとれたのがよかったそうです。苦労人の剣武。うれしそうでした。親方からは勝ち負けにこだわるなといわれたそう。

舛ノ山×佐田の富士。十両の舛ノ山が幕内で。左四つになった舛ノ山、すぐにすくい投げで大きく投げました。佐田の富士も体勢を整える時間がなかったですね。舛ノ山もすぐ幕内に戻ってきたいところ。

松鳳山×宝富士。松鳳山突きから左四つ、巻き替えてもろ差しに。宝富士体をいかして外四つで出ますが、土俵際で松鳳山がうまく体を開いてすくい投げ!逆転で星を拾いました。ご当所の松鳳山、応援団が大喜び。こう聞くと客入ってそうな気もするんですが。

碧山×朝赤龍。碧山が突き起こしてすぐ差して寄り切り。パワフルな当たりが効きましたね。朝赤龍もこうこられると対処のしようが。

大道×魁聖。少し引きながら肩越しの上手をとった大道。しかしすぐ切られる。また上手をとりにいきますが、そこから魁聖のすくい投げ。こちらが決まりました。大道も上手とってからの流れがないですね。

玉鷲×妙義龍。当たってどんどん前にでる妙義龍。いなして崩し、すぐに前に出て押し、寄り切りました。動きがいい!妙義龍のスピードは嘉風と張り合うくらいですね。元気がいいのでますます。

黒海×豊響。豊響今日は四つに組みました。黒海肩越しの右上手。豊響が前にでますが、黒海が土俵際で上手投げ!物言いがつきましたが確認だそう。豊響の手が早くについてますね。

磋牙司×富士東。磋牙司の突き押しをうまくしのぐ富士東。引いたところを一気に出て押し出しました。磋牙司のスピードにも左が少しのぞいていたのでついていけましたね。

若荒雄×高安。もろ手から引きのパターン。高安もわかっていましたが、もろ手からののど輪押しは想定してなかったか、起こされてしまいました。最後は送り出し。

若の里×豪風。豪風変化。今の傷心若の里に変化とは鬼ですね。

北太樹×時天空。時天空けたぐりにいきましたが不発、押されて足が出ました。時天空は前の取組が汚いと変化やけたぐりにいく傾向がありますから、北太樹も読めましたね。

栃乃若×雅山。雅山の突き押しをのけぞりながらしのぐ栃の若。前に出ますが、そこで雅山のはたきが決まりました。前が見えませんでしたね。

安美錦×栃煌山。アミー今日は下からしっかり当たって、栃煌山のもろ差しを許さず。一度引いてすぐまたおっつけ。栃煌山もそのうまさに引いてしまって押し出されました。丸くなって攻めるアミーの戦術の勝利。これは他の力士も見習いたいですね。

嘉風×臥牙丸。嘉風立ち合い強く当たってガムシャリズム全開。ガガもしっかり見て押していきます。しかし土俵際で嘉風のタイミングのいいはたきが決まりました。これはすばらしい相撲!ガガの圧力に臆せず、技術とスピードで勝利しましたね。武隈親方はガガがもろ手突きになったところが敗因だったと分析。

稀勢の里×豊真将。キセ張り差しから左四つ。がっちり組み止めてどんどん腰を落として寄り切りました。今場所はほんと安定した強さのキセ。豊真将はあんまり張り差しに強くないところを突かれましたね。

豊ノ島×鶴竜。両者とも大関取りに負けられない一番。立ち勝った豊ノ島が前に出ますが、鶴竜がのど輪起こしから前まわしをとりました。そしてさらに起こして寄り切り。鶴竜立ち遅れましたが落ち着いてましたね。うまい。

琴欧洲×隠岐の海。突き押しの展開に。隠岐の海も中に入れずに左四つになりました。しかし徐々にカロヤンが体勢を作り、右上手をとった時点で引きつけて寄りきりました。隠岐の海も左四つになるまではよかったのですが、そこからのディフェンスがよくなかったですね。

阿覧×日馬富士。阿覧変化にいきますが、ハルマを呼び込んだだけでした。決まり手はわたしこみ。大関に変化するとか論外ですね。

把瑠都×豪栄道。ゴーエードーもろ手からはたき。そんなのくらうかいと思ったら把瑠都がよろよろと体が流れて、向き直ったところで足が出てしまいました。めっちゃ弱い。なんだろう、おなかでも痛いんかな。勝っても首をひねりっぱなしのゴーエードー。

旭天鵬×琴奨菊。菊にすごい歓声。日に日に大きくなってきますね。立ち合い今日は右四つになりました。これは慎重にいかないと。というこちらの声に応じて(録画だけど)、むやみに出ず、細かいがぶりから徐々に腰を落として寄り切り。慎重でした。でもそれくらいでいいでしょう。兄弟子なら喜んで出て体を入れ替えられるという旭天鵬キャスリングで負けてたかも。

白鵬×栃ノ心。栃ノ心立ち合い左の前まわしをとりますが、横綱うまく切って体勢を整え、右を深く差します。そして左を巻き替えてもろ差しで寄り切り。時間はかかりましたがそれでいいでしょう。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

大相撲11月場所2011:4日目 への2件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    ワンダーボーイは死んだ

    数年前のMVP級の活躍が忘れられずに、片男波部屋のワンダーボーイと期待しているのですが、伸び悩んでいるというか、勝てませんね。

    もっとも、ビンス・ヤングのドリームチーム発言みたいに僕が勝手にワンダーボーイと言ってるだけで、ワンダーボーイなんて最初から存在していない訳ですが、ワンダーボーイは過大評価だったのかな……。

  2. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    玉鷲よくないですよねー。正直自分の型というか武器を見失っている感がありますよね。のど輪押しよりもその場その場でなんとかする、白鵬みたいな取り口になってます。がんばってほしいんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。