フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 ロシア大会(2):男子シングルFS

今回のガチンスキーの曲は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」ですが、これがインタビュー・ウィズ・ジャンパイアだったらおもしろいなと思ったマイク松ですこんにちは。いろいろ頭の中に質問が浮かんできます。

今日はロシア大会男子シングルFSです。ファイナルの行方も左右する大事な試合ですよね。

フィギュアスケートグランプリシリーズロシア大会、男子シングルFS。実況は森下さん、解説はサノさん。

コンスタンティン・メンショフ。映画「キル・ビル」ほか。そうそうこういう小芝居から入るんでした。今日の調子はどうかな。4T+2Tから決めてきました。よしよし。なかなかいいステップ。観客ものせますね。4Tも決めました!やっぱホームの力か。でも次は2Lzになりました。まずまず。次の曲は「月の光」。独創的な選曲。3Aはいいジャンプでした。今日はよさそうですね。出せ中年力!スピンからまた「キル・ビル」に。レーシングモードでCiSt。このへんのてきぱきさは中年とはいえロシアの雰囲気。3Loはダブルに。大きな滑りから3T+2T+2Tはしっかり。2A+2Tと疲れていてもがんばってますね。スピンからSlStまだ盛ります!熱い漢だメンショフ。最後まで滑りきりました。がんばりましたー。なんか全力を出し切る滑りはうれしくなりますね。192.68。SPとそろえられなかったのは残念ですが、ちゃんと盛り上げましたね。

セルゲイ・ボロノフ。オペラ「道化師」より。4Tはツーフットでしたね。3Aはじっくり構えてどうかなと思いましたが成功。3A+2Tも止まりましたがおっけー。スピンはしっかりこなします。CiStはもうすこしキレというか躍動感がほしいか。滑りはいいんですが。3Fは決めました。2A+2T+2Tはセカンドはトリプルの予定だったらしい。3Lo、3Lo+2T、3Sとぽんぽん決めてきます。SlStは音楽の盛り上がりにあわせてましたが、全体的に平板なプログラムでしたねー。ミスはそんなになかったし悪くないのですが。197.19。

アンドレイ・ロゴジーン。生まれ故郷でがんばれ。「Poeta」ほか。モテ系のプログラムか。3F+3Tからきました。クワドルプルは入れてないみたい。3Aは回転不足で降りてしまい、コンビネーションになりませんでした。3A単独は大丈夫。3Sからスピンはしっかりしてますね。レベルもとれそう。構成でジャンプが続きますね。3Lzはエッジもしっかり。3Fもばっちり。加点つきそう。3Loもスムーズ。2A+2Tでジャンプ終わり。スピンのあとはステップ連発。おもしろい構成だ。SlStは盛り上がりをしっかり表現。中央に戻って今度はCiSt。最後のスピンもしっかりレベルとってそうでした。技術はあるだけに、あとは表現力の方でもっとあげていきたいところ。ジャンプが続く構成も若手にはきついですよね。考えてあげて。197.85。

ブランドン・ムロズ。ビゼー「カルメン」。最初は4Lzかと思いましたが、4Tにしてきましたね。安全策か。でも手をつきました。次は1Aに。NHK杯のようなだめカルメンはもう勘弁ですぜ。2Aが続きます。大丈夫か。3Fはしっかり跳びました。スピンからCiSt。うーんどうもクリーニングやさんに服を出しに行くカルメンとか、アイロンがけをするカルメンとか、妙に家庭的なイメージが。1Aがまた続きます。きついな。スピンもレベルが取り切れない。3Lz+2Tはなんとか。2Aは着氷いまいち。3LzからSlSt、最後のスピンでフィニッシュ。これはうまくいきましたね。でもNHK杯に続きしょんぼりカルメンでした。185.49。

アルトゥール・ガチンスキー。映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」より。おっ調子よさそうですよ。4Tはすごいキレあったのですが傾いて転倒。いいジャンプだったのに。イーグルからの3Aはすごい高かった。やりますね。3A+2T+1Loを次に。まずまずのでだし。キャッチフットスピンはしっかりしてるし、シットスピンはさらに回転が速い。CiStはSPでLv4をとったらしい。このスピンもとても芸術的でさらに難しい構成になってます。3Sもキレ抜群。ここからジャンプ続きますね。3Loも成功。つなぎ部分もしっかり演技。視線の持っていき方がいいですね。次の3Lzはダブルに。ステップからの3T、2A+2A+SEQとしっかり決めてきます。SlStは一気に滑りきる。最後のコンビネーションスピンもしっかりまとめました。ガチンのいいところは出せていたと思うのですが、ジャンプがときどき入らなかったのがきつい。でも得点は221.43。よしよし。ちゃんと評価してもらってる。

ハビエル・フェルナンデス。オペラ「リゴレット」より。4Tからきました。今までの中ではほんとに流れよかった。4Sにこのあと挑むらしい。おおっ決めました!回転も速かったしむしろ4Tよりいいジャンプだった。3A+3Tも決めてきた。これはすごいですね!CiStも元気いっぱい。その流れですぐシットスピン。速い回転ですね。今日のフェルナンデスはよさそう。3Aはオーバーターン。ステップの流れもよかったが2Lz+2Tに。ここで踏みとどまろうぜ。3Sはしっかり。ステップからのジャンプは1F+2T+1Loになりました。3Loでジャンプ終わり。うーん少しジャンプ乱れましたね。コンビネーションスピンはまずまず。SlStはバレエジャンプも高いですね。いつの間にフェルナンデスこんなに強くなったんだろう。オーサーはすごいですね。まだまだ伸びるし、これからがほんとにたのしみです。がんばりました。このプログラムをしっかり完璧なものにしたら、ワールドクラスの選手になれる。フェルナンデスの手の中でしょんぼりしているチェブラーシカがかわいい。241.63。ずいぶんガチンと離しましたね。

ミハル・ブレジナ。映画「アンタッチャブル」より。3Aからきました。相変わらず高いですね。スピードも出てる。3F+3Tはきっちり。4Sは手をつきましたがしっかり跳んできました。まわってるし。いいでだし。シットスピンはしっかりLv4とのこと。CiStは音楽との調和がさすが。フェルナンデスもいいかと思いましたが、高い次元で演技してますね。曲が変わっての緩急も味わい深い。中盤からの3Aをねらったのは2A+2Tになりました。珍しい。3Fはしっかり。3Loはステップアウト。鬼門といわれた3Lzはダブルに、3Aはまわりましたがステップアウト。ちょっと後半は安定しないですね。SlStはこちらもしっかり音楽きいてます。最後のポーズもきめました。ブレジナにしては後半のジャンプが決まりませんでしたが、3試合目でここまでできるスタミナと、順調な仕上がりが頼もしい。226.35。

羽生結弦。ぷーさんのティッシュケースがかわいい。「ロミオとジュリエット」。最初の表現も少し向上しているような。4Tは手をついてしまいました。どんまいどんまい。3Aは流れのいいジャンプ。切り替えてますね。3Fもフォロースルーがかっこいい。シットスピンは速いしポジションがユニーク。曲が変わってもしっかり視線を使った味わい深い演技。3Lz+2Tを決めますが、CiStで何もないところで転倒してしまいました。もったいない。ここから今までの選手は乱れてしまいましたが、3A+3Tをいきなり決めてきました!その調子や。3Lzも流れがいいし、イナバウアーを含めたステップからの3Lo+2Tも成功。いいぞ。SlStは音をうまく拾ってドラマティックなステップ。このへんの表現力はさすがですね。みていて伝わってくるものがありますよ。このあと3Sからコンビネーションスピン。ビールマンスピンも含めてフィニッシュ!いい演技でしたね!2転倒はありましたが、その他の部分は高いレベルでまとめてます。241.66!うわー!フェルナンデスと0.03差でトップにきました!

ジェレミー・アボット。4位以内でファイナル進出だそうです。2本そろえられるか。「エクソジェネシス協奏曲第3部」。4Tはきつい感じで転倒。けがしないでー。切り替えていこう。3Aはしっかり。シットスピンもすばらしい回転。ステップからの3Fも流れがあるし一連のステップみたい。CiStは体の使い方もきれいだしエッジワークがさすがの技術。演技全体の流れの一部になってる。3Aは転倒してしまいました。がんばれ!3Lz+2Tはなんとかがんばりました。あぶない。滑りがいいなー。3Loはダブルに。3S+2Tは3連続ならず。軸ばっちりの高速スピンで落ち着こう。SlStのチェンジオブペースで拍手が出るってすごいですね。まさしく曲の一部。最後のスピンのポジションまで感情表現に気をつけていました。すばらしい演技!ドラマ性ではさすがの演技でした。でもあのぎりぎりの上位陣のどこに入るのか。あー229.08!3位になりましたね。ちょっとしょんぼりしてますが、ファイナルには滑り込みましたね。

そして羽生もロシア大会優勝!ファイナルにいけることになりました!やりましたねー!
○SP終わっての順位(球団歌シリーズ:六甲おろし2番的に):
1. 闘志羽生 起つや今
2. フェルナンデス既に敵を衝く
3. アボットの意気高らかに
4. 無敵の我等ぞ ミカル・ブレジナ
5. オウオウオウオウ アルトゥール・ガチンスキー
6. ロゴロゴロゴジーン

優勝は羽生。ついにあの若さでロシア大会を制し、ファイナル進出を決めました。演技全体に気品と気合いが共存した、すばらしい演技でしたね。他の選手が連戦の疲れからか結構後半でまとめきれなかったのに、羽生はしっかりがんばりました。0.03差でファイナル進出はまさにミラクル。ありがとうジーザスですね。

2位はフェルナンデス。FSは1位でした。2本のクワドルプルで一気にファイナル進出をゲットしましたよ。スペインの元気者が技術を手に入れ、どんどん伸びてきています。このままいけるところまでいってほしい。

3位はアボット。ジャンプはいまいちでTESはあがりませんでしたが、あの表現力はすごい。京極さんじゃなくても「なんちゅう演技をみせてくれたんや…なんちゅう演技を…」と感涙する出来でした。もはや男子ですがミッシェル・クワンの領域に足を踏み入れつつある。あの視線を巡らせるだけで万人を目覚めさせた選手に近づきつつあるんでしょうねー。有香ちゃんの指導力はすごいな。4位はブレジナ。3試合もおつかれさまでした。

ということでファイナル進出はパトリックちゃん、高橋、アボット、ブレジナ、フェルナンデス、羽生。富井も表現系、芸術系がそろって喜んでいます。パトリックちゃんはエッジワークそのものが芸術ですからね。4回転全盛とはいえこういう時代に入ってきたのはうれしいですね。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 ロシア大会(2):男子シングルFS への4件のフィードバック

  1. mina10 のコメント:

    羽生くんグランプリ初表彰台が優勝でファイナルうれしいです。
    プーさんティッシュカバーがプーさんタオルで巻かれていたり、
    ペットボトルカバーが衣装にあわせてSP・FPあったり
    楽しいです。それにしても演技も毎回すばらしくなってて目が離せません。

  2. えりこ のコメント:

    羽生弦結選手、ファイナル進出!よかったですねぇ。
    ウィアー姉さんも「Yay!」とツィッターで喜んでおりました(笑)
    フェルナンデス、私も同感です。やっぱオーサーって凄いですね。

  3. のんのん のコメント:

    インタービューウイズヴァンパイアは昔映画館でみて、吸血シーンの多さに途中で気持ち悪くなってロビーで休憩した思い出があります。ガチンスキー君のちょっと影のある雰囲気によくあってますよね。あのイーグル+3Aは本当に鳥肌もの!

    羽生君おめでとうございます!ついに後半纏めました。後半のステップもいつものように「がんばれぇーあと少しだぁ」と念を送らなくてもいいのが嬉しかった。
    同期(?)のガチンスキー君もナンソン君もマイナー君もGPSの表彰台に乗っていたのにJr金メダリストの彼だけが4位どまりだったのがいきなりのど真ん中!年々美しさを増されるコーチともどもおめでとうございます。

    でも、このメンバーだとやっぱりアボット君の『フィギュアスケートの上手さ』って際立つように思います。ジャスもクラッシックも映画音楽もそれぞれの表現ができるんですよね。
    個人的には小塚君にはこのタイプを目指してほしい。キチンとした技術をベースにした抑制された上品な演技っていうか・・・、上手ないい方が見つからないんですが。
    今年の全日本を想像してみて、演技から色気がダダ漏れしてる高橋と、演技から情熱がダダ漏れしてる羽生と、テンションが高いのが続くと疲れるので清涼感も欲しいという客の単なるわがままなのかもしれませんが。

    まぁ、アボット君の点数がなんとなーく低いのをみると目指さないのは競技者としては正解なんでしょうけどね。もうちょっと出してほしい、特に今大会のSP。

  4. マイク松 のコメント:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >mina10さん

    よかったですよね羽生!今年は具体的な目標を口にしていましたが、そのファイナルが決まったのは大きいですよね。
    プーさんシリーズ気になりました。これからはリンクサイドのプーさんにも注目したいです。

    >えりこさん

    おおウィアーも喜んでましたか。羽生は私淑している弟子みたいなもんですからね。
    フェルナンデスはこれでどしどし伸びていくような気がしてなりません。とってもいいことなんですけど。

    >のんのんさん

    ガチンスキーの技術はほんとすごいですよね。それに刺激を受けた羽生も伸びて、ファイナル進出。いろいろ好循環です。
    小塚のアボット路線わかりますー。1つの理想として、そこに小塚ならではのよさを付け加えたらもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。