フィギュアスケートグランプリシリーズ2012 カナダ大会(3):女子シングルFS

ワールドシリーズはサンフランシスコが制しました。デトロイトもスイープは予想してなかったかも。サンフランシスコはいいチームでした。リンスカムリリーフが効いてた。それにしてもNFLでもMLBでもじゃいあんつとかいう名前のところが勝って微妙。

今日はカナダ大会、女子シングルFSです。ゲデバニシビリがあんまり転倒しませんように。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、カナダ大会、女子シングルFS。実況はカクザワ、解説は荒川姐さん。

ポリーナ・シェレペンから。「風と共に去りぬ」より。3Lz+3Loはセカンドは回転足りないか。でもビッグジャンプに挑んできました。3S+3Tも成功!こんなにジャンプ力ありましたかね。強化進んでます。スピンはジャンプでの足かえでレベルアップ。3Loも決めてますね。2Aはタイミングがあわず転倒。次の2Aはうまくいきました。3Fはオーバーターンでコンビネーションになりませんでした。3Lzはオーバーターンで転倒。フェンスに当たってしまいました。だいぶ疲れたかと荒川姐さん。ステップはだいぶ疲れてるみたいでふらふらです。でもナイスチャレンジ。これぐらいやらないと新型MSにはかなわないということなんでしょう。その心意気をくみたいです。最後はスパイラルでフィニッシュ。124..29。がんばりました。まじがんばりました。ガッツあります。

グレイシー・ゴールド。オマエの本当の力をみせてやれ。「ライフ・イズ・ビューティフル」より。3Lz+3Tはばっちりですね!これは見事。3Fからのシークエンスはダブルになって単独に。2Aは成功です。まずまずの出だし。レイバックからビールマンスピンはポジションもいいしてきぱきしてます。3Loはダブル。シットスピンはすごく回転が速いです。イナバウアーをはさんで3F+2T。堅実。3Lzはシングルに。ジャンプがかっちり決まらないときもありますね。決まるときはいいのに。ステップは大きなエッジワーク。もっとリズムをしっかりとれるようになれば。2A+2Tは最初に詰まりましたがなんとか決めました。スパイラルからコレオシークエンス。終盤でも体力はあります。最後は高速スピンでフィニッシュ!よっしゃ。ジャンプが決まってくればいいところにいけそうです。これからコンディションをあげていくんでしょうね。期待。151.57。

キャロライン・ジャン。「トゥーランドット」。スピードを上げて3F+2Tを成功。できばえでアピールですね。3Lz+2Tも成功ですが、衣装の部品がとれてしまったのを気にしているようですね。荒川姐さんよくみてるわ。2Aからスピンにいきますが、ちょっと集中力を欠いている感じ。でもやめると減点になるし。がんばれ。3T+2T+2Loを決めましたが、3Lzはシングルに、2Aも止まりそう。やっぱ気にしているようですね。3Loとジャンプは決めているのが逆にすごい。スパイラルは雄大に決めてますね。スピンでフィニッシュ。アクシデントにもめげずがんばりました。うーん不運。149.87。

アメリー・ラコステ。新戦力に水をあけられてますが、いちおうカナダチャンプですからね。「ラプソディ・イン・ブルー」。3Lzはステップアウトでコンビネーションにならず。3F+2Loはループがとてもきれい。スパイラルから3Loも見事。ループ得意。でも2Aはシングルになりました。シットスピンで拝みながらまわってます。コンビネーションスピンもまずまず。後半になって3Sは軸が傾いて手をつきました。コンビネーションが少ないですね。3Lo+2Loとループでしっかりリカバー。2S+2Loになったりもしてます。ステップは音楽の軽やかさをよく表現してるんですが。でも演技全体の表現というのがもう少しほしいですね。151.44。

エリザベータ・タクタミシェワ。上を狙っていきたいですね。「黒い瞳」。まさにぴったりのプログラムです。3Lz+2T+1Loから入りました。それでも3連続。手をひらひらさせてる。3Lzで転倒。3Fはまずまず。ここからですよ。レイバックスピンは回転も速い。そしてステップは1つ1つのステップに表現がちりばめられています。手の動きがほんと芸術的。2A+3Tは成功!後半にはいってますからね。3S+2Tも余裕あります。スピンのなにげないフォロースルーがすてきです。3Loのあとみなごろしイーグルっぽい低空イーグルからスパイラル。このシークエンスはいいですね。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ!前半のジャンプで乗り切れませんでしたが、後半からしっかり演技できましたね。よしよし。たこやきミーシンは今ユニクロで買ってきたみたいなジャンパーきてますね。168.00でトップにきました。

鈴木明子。たのしみです。かわいいポーズからスタート。「シルク・ド・ソレイユ」より「オー」。3Lz+2T+2Lo。荒川姐さんはトイレかな。カクザワなんかしゃべって。2A+3Tも決まりました。3F+1Loはアクシデンタルなセカンドをつけてしまいましたね。もう跳んだらあかんよ。スピンも手堅い。前半はいいですね。そしてステップの表現力が。リズムとエッジワークで物語を紡いでます。つなぎの部分もまったく見逃せない。スピンへとつながる表現の1つですからね。後半3Fは流れよく。3Lzは単独にしてますね。もともとコンビネーションの予定だったみたい。計算できる子!3S、2Aとばっちり決めました。コレオシークエンスはリンクいっぱいを大きく使って、雄大なスパイラルにつなげてます。最後のスピンまで一貫した表現でした。すばらしいですね!これが鈴木のやりたい表現ですね。大きな世界観で満たしていました。ばっちり!175.16!よく出ました!くまのぬいぐるみで、おひょいさんにありがとうってしてます。

村上佳菜子。続いてほしいですね。タンゴのプログラム。3Lzはタイミングがずれたっぽいですがしっかり成功。でかいジャンプです。3Loも流れよく成功。カクザワだまっといて。3Fもいいですね。これはいい出来。ステップはしっかりてきぱきと歯切れよく。レイバックからビールマンスピンもよくできてます。3Lo+2Loは確実に決めました。3F+1A+SEQは3-2でしたがでもいいですね。3S+2T+2Loもいけてますね。3Tを最後に決めてジャンプはいいですね。スピンからコレオシークエンス。動きにもキレがあるし。スパイラルから最後のスピン。最後のスピンのポジションはユニークでした。気合いを感じましたね。168.04。おおぎりぎり2位。

クセニア・マカロワ。「メガポリス」。衣装はコストナーっぽいですが、使ってあるのはイタリアの魔法の布というわけではないみたいですね。最初は3Lo。3Lzはステップアウト。垂直にジャンプしているところがあったぞ。3Tは流れがありました。スピードが落ちませんね。しかし2Aはスライディングタックル気味に転倒。ななめになりました。でもスピンは軸がしっかりしててぶれません。こいつも強化されてるんでしょうか。3Sは手をつきました。2S+2T+2Loと3-2-2にならず。3T+2Tと最後はなんとか。マカロワにしてはジャンプミスが今日は多い方ですかね。あの布のせいやろうか。コレオシークエンスでももう少しテンションをみせたいところ。スパイラルからイーグルといったところはよかったです。リズムに乗りきれなかったか。もうちょっと余裕あるプログラム構成にしてもいいのかも。あせってるんかなあ。154.11。きついのう。

ケイトリン・オズモンド。さあFSでどういう演技をみせるのか。すごいアイラインやな。「カルメン」。最初から結構いい表現。流れに乗って3F+2Tをがっちり決めました。細かいところにもちくちく表現を入れてますね。3Lzは転倒。でもすぐ立ち直ってます。側転みたい。2A+3Tを決めました。リズムにのっていきたいですね。スピンのあとのタイミングもばっちり。よく滑り込んでます。3Sはあとの流れもいいですし、つなぎがほんとによく考えられてます。イナバウアーから3Fも一連の流れ。イーグルから3Tはステップアウト。2A+2T+2Tを決めてジャンプおわり。スピンもよく音楽を聴いてるし、ステップも後半なのにスタミナあります。もうちょい。レイバックからビールマンスピンもいけました。プログラム構成もヴィットみたいな一連のストーリーを追う展開でした。やりましたね!上々の演技!自分らしさをしっかり出せました。点が出て大喜び。おもしろい顔のコーチも喜んでます。176.45!鈴木の上にきましたかー。

最後はエレーネ・ゲデバニシビリ。あんまり転倒しませんように。「ドン・キホーテ」。最初の3Lzは転倒。派手ですねー。がんばれ!2A+3Tはセカンドのキレがよかった。3Sはツーフットですね。ステップはとても芸術的になってますね。ここまでできる選手でしたが、いい振り付けしてもらえなかったもんねー。持ち前の芸術性がよく出せてます。3Lzはシングル。どんまい!3S+2T+2Tはいけましたね。ステップからの3Tは決まった。あと1つ。2Aもいけました!あとは自由にいってください!バレエっぽいターンも含めたコレオシークエンス。不思議なポジションのシットスピン。I字スピンでフィニッシュ!よっしゃまずまず!本人は不満そうでしたが、今までの出来からして十分でしょう。だんだんよくしていったらええんやで。160.52。あー。

○最終順位:
1. オズモンド嬢
2. 鈴木嬢
3. 村上嬢
4. タクタミシェワ嬢
5. ゲデバニシビリ嬢

うわー!オズモンドがシニアデビューで優勝してしまいました!ゲデバニシビリのおかげやでー。でも思い切りのいいスケーティングとジャンプ技術。ようやくロシェット姉さんも安心できそうですが、早く復帰してください。これはカナダにとって明るいニュースでござる!

2位は鈴木。あのうっかり跳んだ1Loが勝負を分けたかもしれないですね。でも2位ですから。FSは1位で上々ですし、あの表現は点数じゃないです。村上は3位。プログラムをひたすら滑って練っていくことでしょうか。ジャンプがしっかり決まってるのはおっけー。4位はタクタミシェワ。しっかりあげてきましたね。村上とは0.04差。おしい。

ゲデバニシビリは5位。SP1位で喜んでしまいましたが、これくらいでがっかりしていてはエレーネファンはつとまらないのです。転倒1回でよかったじゃないのと思わないと。このようにシズニーイズムを発揮していますが、肝心なところでミスってばかりいたゲデバニシビリがここまで戦えるようになってる。アメリカの方角を向いてサンキューオーサーと唱えたい。終盤に向けてジャンプをうまく調整すれば、欧州選手権でもいいところいけますよ。楽しみじゃて!

2 Comments

  1. えりこ より:

    FSの鈴木選手の衣装素敵ですよね〜プログラムの仕上がりが楽しみです。
    オズモンド選手はなかなか魅力的ですね。シニアデビューに見えないガタイのよさもカナダ代表には必須ですね。

  2. マイク松 より:

    えりこさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    いきなりオズモンドでかい仕事しましたね。ちゃんと食べてるのか、しっかり体つくってるのは僕もびっくりしました。

コメントしてください