和作さん、かっけー!

今日、「おのれナポレオン」のライブビューイングのチケットを持っていた富井です。天海祐希さんの心筋梗塞はびっくりしました。全快するまでゆっくりしていただきたいです。また必ず見に行きます。

さて、急に予定が空いてしまったので、(いつものように)家で野球を見ることになりました。昨日の勝ちに気をよくしてみていたのですが、2-1とリードをされてから全く追いつける気がしません。特に千賀。千賀を打っているところ見たことないなあと思っていたら、今日までの今シーズン15打席無安打らしいです。無安打って。しかも今日も3打席無安打でした。千賀はライオンズなど強いチームだけ投げて欲しいものです。

ところがドラマは9回に待っていました。ファルケンボーグがマウンドに上がりましたが、先頭バッターの平野恵一がまずヒット。次のバルディリスに代えて三ツ俣が送りバント。続く李がまたヒットを打って平野恵一がホームに帰ってきたのですが、バックホームの球が逸れて平野恵一の走路に帰ってきてタッチアウト。でツーアウト1塁。

この瞬間に終わったと思ったのですが、李に代走駿太でバッターは糸井。糸井もヒットを打ってツーアウト3、1塁になります。・・・しかし実は駿太が最後の野手でベンチに控えがいない!ということで足が悪くて走れないからDHの糸井がランナーに立ちます。これだけでも驚きだったのですが、続く川端の初球がヘルメットにあたるデッドボールで満塁。ファルケンボーグは危険球退場です。

満塁になってチャンスが巡ってきたように感じますが、川端にも代走が出せず、頭にデッドボールの川端がランナーに立ってます。総力戦というかえらいことになりました。そして光尊。ホームラン頼む・・・と願いましたが、四球を選んで押し出しの同点。急に登板した金投手(この投手も千賀と同様に打ってるの見たことない)は腕が振れずいつもの金ではありません。

同点にはできましたが、このまま延長に入ると苦しい!次のバッターは山本和作。なんとか糸井に優しい打球で決めて欲しいが、そういうの難しいなと考えていると、山本がきれいにセンター前に打ち、糸井もゆっくりホームに帰ることができました。

いやー、9回はすごかった。ホークスの自滅ともいえますが、チャンスをものにした野手陣は素晴らしかった!それから誰もベンチにいないというドラマ。コーチ陣、本当にアレで良かったのか・・・。それにしても和作が決めて初めてのお立ち台。コーラを持って追い回す坂口を見たのですが、和作はいろいろな飲み物をかけられてどろどろになっていました。

やっぱり勝つとうれしいですね!このまま3連勝目指してがんばって欲しいです!
なお、好投した海田にはやっぱり勝ちは付きませんでした。・・・ヤンキースの黒田の本でも読んで強い気持ちを持ったピッチャーになって欲しいです。

コメントしてください