大相撲ジャカルタ巡業、大成功

NHKドラマ「夫婦善哉」みたマイク松ですこんにちは。主役2人がうまいですねー。 尾野真千子の演じるすばらしすぎる蝶子に添い遂げられても微動だにしない柳吉のだめさ。なんかすごいなと思いました。も読んでみたい。

さて、柳吉みたいにだめでいることは許されない大相撲。将来の事業の1つとして位置づけたい海外巡業、今回はジャカルタ巡業にいってきたようです。日本とインドネシアとの国交樹立55周年、日本とASEANとの交流40周年の節目の文化事業の意味合いもあるよう。

一同がジャカルタ入りし、表敬訪問や講習会を実施モスクのでかさにびっくりしていたようです。

で巡業には7000人のお客さんが来場。すばらしいですね。いつものようにいろいろやるわけですが、盛り上がるのは子ども相撲。どうもイスラム文化圏では子どもの頭をなでるのはだめなんだそうです。アミーも気をつけながら子どもをつりだしていました。

トーナメント戦ではキセが優勝。自信になるといっていましたが、なによりも巡業が成功したのが大きい。すでに複数の国からオファーがきているそうです。それはいいことですね。

大相撲のいいのは巡業が文化交流になるということ。オフの間に積極的な海外巡業ができれば、海外から大相撲人気も高まってくるかも。プレミアリーグのチームが日本で親善試合やってるみたいに。アジア系の力士が生まれれば放映権も売れるし。貴乃花親方が国内での草の根運動を継続していますが、国内の底辺を広げる活動と並行して、海外巡業も広めていきたいところですね。

コメントしてください