NFL2013 NFCワイルドカード・プレーオフ NO@PHI

NHKドラマ10「紙の月」の予告を見て、神の摂理かと思ったマイク松ですこんにちは
・平凡な場所で平凡な成績を続けていた永世大関が、ふとしたきっかけからトバk(略)

・NFLはNFCワイルドカード・プレーオフ、今日はNO@PHIです
・どっちがどんな負け方しても、KCほどじゃないからだいじょうぶ★(黒星)

・NFCワイルドカード・プレーオフ、NO@PHI、実況は早瀬さん、解説は宍戸さん
・NOのブリーズと、PHIのフォールズは同じ高校の先輩後輩だそうです、すごい
・フィラデルフィアは-7℃、寒い

・序盤は点が入らない入らない
・お互いのディフェンスはしっかり働いてますが、NOはブリーズのINTもあって近づいてるのに無得点
・FGを決めたNOに対して、PHIは48ydsFGをはずしたりしています
・2QになってブリーズのパスをINTしたところからPHIがチャンスをつかみ、クーパーにパスを通してTD!ここで逆転
・2Q終了間際にNOのFGが決まって前半は1点差
・後半に入って点が入り始めます
・NOは3QにTDを2つ決めて突き放すも、NOのCBアレンが脳しんとうで出られなくなり、PHIに流れが
・PHIもTDとFGで一時は逆転するも、NOは時間をじっくり使って、決勝FGで勝負を決めました、NO 26-24 PHI

・勝負を分けたのはほんとに小さいところだったような気がしますが、PHIはブリーズの2INTをうまく流れをもってくる燃料にしておきたかったところですね
・フォールズもよくがんばったし、微妙な時間が残ったのも別に誰も悪くないような気もします
・両チームともいい試合でした

・うん、KCみたいな試合はそんなにないんですね(そうですよね)

カテゴリー: NFL パーマリンク

NFL2013 NFCワイルドカード・プレーオフ NO@PHI への2件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    マクナブ時代は地区優勝が当たり前だっただけにプレーオフで勝てなければ意味がないという気持ちでしたが、良くて5割と期待されていなかった分今年の地区優勝はファンになったこの19年の中で一番嬉しかったのですが、それだけに実質不利予想だったNO相手でも勝ちたかったです。

    接戦なんてたらればの連続とその探し合いですが、ランを止められないながらも何とか26点に抑えたディフェンスの頑張りにオフェンスが応えられなかった、クーパーのイージーすぎるドロップ、フォールズの無意味なサックからのFG失敗、そして何よりもNOディフェンスをかき回す一番の武器になるはずだったシェイディを抑えられてしまったこと……。

    オービックは前半にまいたエサを後半上手く拾う事が出来ましたが、PHIはそれが出来ませんでした。

    ファンの心理を抜きに戦力も経験もNOの方が上だったし、敗戦を恥じる事はありませんが、TD以外失敗だった最後のドライブに勝負を賭けるなら、インターフェア狙いでデショーンに投げず時間を使ってTDまで持ち込んで欲しかったです。

    GB戦で最後の9分使ってタイムアップまで持ち込めたチームにそれが出来なかったはずはないんですよ。
    安定しながらも高齢化したOLの事を考えたら残された時間は周囲が思っているほど長くありません。

    来季は早くも勝負の年となりそうなので、フロントには変な出し惜しみをせずに動いて欲しいです。

  2. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    破れはしましたがフォールズがものになったのはよかったです。有意義なシーズンでした。ここからまたいい時代を築いていけそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。