フィギュアスケート全米選手権2014(1):女子シングルSP

先ほどフォルス・スタート商会の首領から通信があって、イギリスにいくことになったマイク松ですこんにちは。なんだよ首領ってという方もいらっしゃるかもしれませんが、話すと長くなるのでアバウトを御覧下さい。僕らは世界のどこかにあるであろう本社を探すというのを重要なミッションにおいておりまして、今回はイギリスに探しにいけとのことでした。あるんですかねー。

今日からフィギュアスケート全米選手権をみていきます。今日は女子シングル。シズニーは出てないですねー。

フィギュアスケート全米選手権、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。

第1グループから。このグループは全部予選を突破してきています。

アシュリー・ケイン。ペアもやってるらしい。全米ジュニアでペアのチャンプになったこともあるそう。フラメンコのプログラム、「ア・ナイト・ライク・ディス」。前スルツカヤが滑ってたやつ。3F+3Tをなんとか成功。3Loは足りなかったかもですね。2Aはいけました。スピンはレイバックは技術ありますね。手足も長い。スピードがもっとあればいいですが、ステップはよりそう思います。終わってめっちゃガッツポーズ。シングルでもこれだけいけるんですからいいですね。61.45。いい点でました。3Loは回転足りてるみたい。

フランチェスカ・シエラ。昨シーズンはノービスで予選落ちしていたが、今年は一気にシニアで地区予選1位というおもしろい経歴。16歳。「マトリックス」より。滑りは速いですね。3Lzはランディングが乱れて単独になりました。3F+2Tはランディングがよくなかったですが、なんとかコンビネーションに。滑りは粗いんですがメリハリはあります。スピンもしっかり軸をきめてます。2Aからステップ。動きに特徴があってキレがありますね。エッジをしっかり使うというよりもぐんぐん滑ってる。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。確かにおもしろい選手です。52.81。

バービー・ロング。今年シニア初挑戦。サン=サーンス「白鳥」。最初のバレエっぽい動きはきれいですね。シットスピンから入ります。そしてステップ。スケートののびが出てくるといいと岡部さん。バレエっぽい雰囲気は出せてるんですが、緊張してるみたい。そしてやっとジャンプ。3Lz+2Tはセカンドで手あげ。レイバックは1つ1つのポジションが明確。ステップからの3Loも決まりました。2Aに至るステップもいろいろやってました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ぎりぎり音楽に間に合いましたが、いい演技でしたね。リンクから上がると子どもっぽいです。55.55。

ジョエル・フォルテ。もう27歳のベテラン。「フィーリング・グッド」。3Lz+2Tから入ります。音楽がカラオケっぽい。2Aもしっかり決まりました。でも音楽がカラオケ。誰か歌って。和田アキコ連れてきて。スピンもステップもよくまとまっているのですが、カラオケばっかり気になってしまいました。ステップはメリハリやチェンジオブペースをつければいいのに。3Sからコンビネーションスピンでフィニッシュ。50.53。

マライア・ベル。いいおでこをしています。「マラゲーニャ」。3Lz+2Tはスピードはなくなりましたが成功。3Fもすぐ跳びました。レイバックスピンはポジションはとてもきれい。トラベリングちょっとしてましたが。2Aは流れがあっていいジャンプでした。ステップはいい表現をしています。よく動いていました。最後のスピンも回転が速かったです。会心の演技だったよう。全体的に笑顔で滑っていたのがとてもよかった。56.72。がんばりました。

第2グループ。

キャロライン・ジャンから。キャロライン予選出てるんですね。そうかー。「オペラ座の怪人」。やっぱり第1グループとは違いますね。3Lo+2Loを狙いましたが、セカンドは途中で開いてしまいました。3Fはいいジャンプ。スピンも安定してるし、スパイラルもなめらかです。2Aからキャメルスピン、そしてステップ。しっかり作り込んだ構成でした。最後のビールマンもしっかり。よく滑ってますが、やはりピークの実力からすると。キスクラはひとりぼっちでした。47.87。

ヴァネッサ・ラム。「イルミネーション」。体が強そうな滑り。3Lzはステップアウト。3F+2Tは間にターンが入りました。ステップも常に忙しく動き回っている感じですね。パワフルなステップですが、岡部さんはつま先まで意識をするようにとのこと。2Aは詰まりましたがその前のステップはよかった。レイバックからビールマンスピンは回転が速かったです。48.98。なんか不思議な魅力のあるラム。

ヤスミン・シラージ。地元ボストンの選手に大盛り上がり。おもしろい振り付け。手をうまく使ってる。3T+3Tに挑みますが、スピードが落ちて転倒。3Loもシングルになりました。ステップは動きがクリアではないと岡部さん。よく動いてはいるんですが。後半はだいぶ遅れ気味になってきました。2Aからレイバックスピンはうまくできました。シラージの実力としてはもっとやれたかなという感じですね。合計点が出てこない。44.67。小林さんがフォロー。

リア・カイザー。誰かが着ていた感じの衣装。おさがりかな。「ロドリーゴ」。3T+3Tはいいジャンプでした。やっといいジャンプ出てきたぞ。3Lzも流ればっちり。シットスピンはもっと深い方がいいかも。空気いすみたいでした。ステップは突然疲れてきました。遅れてる。それでも2Aはきっちり。ジャンプは得意なんですね。最後のスピン2つはすばらしいポジションでした。こまかいところを取りこぼさないようにしたら結構上にいけそう。17歳です。57.41。

ゆっくり水飲んでるやつがいると思ったら、あのシルエット!レイチェル・フラットちゃんでした。アップにすると張り込みに疲れた刑事っぽい。「弦楽のためのアダージョ」。最初の3Lzはシングルに。3F+2Tはこっちでコンビネーションに。レイバックスピンはゆっくりで途中でやめちゃった感じです。ところが表現力と物語は健在。2Aからキャメルスピン、コンビネーションスピンはまたゆっくり。早く回ると何か出てくるんかな。ステップはイナバウアーなどをうまく使ってるし、イーグルもすごくドラマチック。さすがの実力でした。46.57。肩こりに悩んでいるような表情。

第3グループ。

コートニー・ヒックス。戦隊ものみたいなポーズで待っていたらなかなか曲がかからない。もう一度仕切り直し。3F+3Tはターンが入った上に転倒。待ちの影響があったか。ステップもよろっとしたりしています。がんばれ。キャメルスピンはいいポジション。これで持ち直そう。3Lzはなんとか踏んばりました。2Aは難しい入り方。コンビネーションスピンはとても難しいポジションでした。うーんやっぱり最初のは影響あったか。51.69。お通夜キスクラ。

アンジェラ・ワン。いいつなぎ部分から2A。これは音楽にもあってすごくよかった。3Lzは手をついて単独になりました。ステップはエッジを深く使ってなめらかなステップ。ちゃんと技術あげてきてますね。3F+2Tはなんとかコンビネーションにしました。シットスピンからレイバックスピン。とても回転が速かったです。最後のしっとりした終わり方もよかった。そのうちシニアで活躍することになると思います。でも今日はジャンプがよくなかった。54.40。

ミライ・ナガス。今の調子はどうでしょうか。滑りが速い。3T+3Tを決めてきました!跳ぶテンポもよかったし。I字スピンもポジションがすばらしいです。キャメルスピンからイナバウアーを経て3Loの流れもスムーズ。今日の調子はよさそう。ステップは丁寧で慎重。イーグルから2Aも問題なし。最後のレイバックスピンはとても回転が速かったです。よっしゃよっしゃ!久しぶりにノーミスの演技みました。65.44。

クリスティーナ・ガオ。地元なので大声援。最初の演技は印象的。3T+3Tをしっかり決めてきました!ジャンプの質も高い。2Aも流れの中。そしてイナバウアーをしっかり見せてきます。シットスピンの足替えもてきぱき。つなぎ部分もよく演じています。3Loを決めてレイバックスピン。ステップで少しつまづきましたが、あれもう1回つまづいた。疲れてきたんかな。最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ。まあGAOさんちょっと躓いたりよくしますから。もったいなかった。60.91。

グレイシー・ゴールド。今はキャロルおじいちゃんの弟子。NHK杯のあとSPを変更したそうです。グリーグ「ピアノ協奏曲」。一気にスピードが上がります。3Lz+3Tも余裕ありますねー。レイバックスピンはすぐポジションがしっかり固まる。つなぎの部分もスピードあるし、3Loも2Aもその流れの中で成功。余裕を持った演技です。ステップは音楽をよく聞きながらもチェンジオブペースがつけられてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ!ノーミスでしたねー。新しいプログラムもしっかり演じられてます。岡部さんもこっちの方があってるとのこと。曲の使い方と振り付けがばっちり。サンキューニコル。72.12。サンキューキャロルおじいちゃん。

最終グループ。

ハンナ・ミラー。「火の鳥」。聖闘士みたいな衣装。元気な出だしからキャメルスピン。そしてどんどん滑ります。3Lz+2Tをしっかり成功。セカンドは手上げ。全体的にすごいてきぱきしていますね。急いでる。すごい急いでる。3Fも成功。跳んだ後すぐレイバックスピン。ビールマンスピンもしっかりできたよ。そして急ぐ。ステップは急ぎながらもメリハリつける努力。しかし2Aで転倒してしまいました。あれが入ってたらかなりよかったのに。もったいないです。だいぶがっかりしてる。57.49。

キリ・バガ。実は地元選手。「黒い瞳」。スピードに乗った入りから3T+2Tをまず決めました。3Sも成功。シットスピンをさくさくやってつなぎ部分。えがおでできています。なんか不思議な動きをする選手。2Aも決めてしっかりアピール。ステップでも不思議な動き。なんか不思議な演技のメリハリみたいなのがあります。レイバックスピンはほとんど高速スピンでした。おもしろいです。54.02。男前コーチ2人。

アシュリー・ワグナー。どんどんワグナーは戦闘的な体型になっていきますね。「クレイジー・ダイヤモンド」。3F+2Tは若干オーバーターン。ギターに乗ってシットスピンは激しい。コンビネーションスピンもしっかりポジション。そして3Loからすごい決めポーズ。激しい。2Aは余裕でした。ステップでは感情の揺れ動きを激しい振り付けで表現。激しいわ。最後のレイバックスピンはじっくり決めました。さすがです!ここまでテーマを表現しているのはワグナーだけですね。64.71。この時点ではまずまずだなと納得。

アグネス・ザワツキー。ザワさんオリンピックいこうぜ。「セックス・アンド・ザ・シティ2」。3T+3Tを最初に成功。よっしゃここから。次のジャンプが2Lzになってしまいました。もったいない。レイバックスピンは堅実に。音楽にあわせたイナバウアーでアピール。2Aはあぶないところでしたが踏んばりました。キャメルスピンのあと音楽が変わってステップ。音楽の変化をうまくステップにいかしてます。最後のコンビネーションスピンも難しいポジションとってました。54.18。あれー?なんでこんなに低いんやろう。

サマンサ・セザリオ。「フィーヴァー」。最初は3Lo+2Lo。3Fもテンポよく決めました。レイバックスピンはビールマンがまわりきれなかった。2Aはななめになりましたがランディング。あぶない。ステップは長い手足をいっぱいに使って動いてますね。最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ。54.88。うーん。

ポリーナ・エドモンズ。15歳です。期待の若手。最初から難しいダンスを踊りこなしてます。3Lz+3Tはすごいジャンプ!高いし跳ぶし。やりますね。3Fも大きなジャンプ。キャメルスピンは手足の長さをいかして難しいポジションへ。滑りもなめらか。ステップはシックな音楽をシックに演じてます。こういう演技もできるとみせておいて、また激しい音楽でレイバックスピン。ビールマンポジションがでかい。2Aも決めてコンビネーションスピン。終わってからもうひと踊りしてフィニッシュ!なるほどこれは期待の若手!ダンスがめっちゃうまいし躍動感のある滑り。そして迫力のあるジャンプ。15歳なのにもう164cmあるそうです。66.75!うわー!

○SP終わっての順位:
1. ゴールドプロポリス
2. エドモンズプロポリス
3. ミライプロポリス
4. ワグナープロポリス
5. ケイン?プロポリス
6. GAOプロポリス

なんとなくプロポリスをつけてみましたが、今回はみんな飲みたいプロポリスになりましたね。(なんだこりゃ)

ゴールドがトップにきました。ビッグジャンプをしっかり決めたのも大きいですが、アメリカンビューティーのゴールドがどんどんスターになっていく感じがします。全米チャンプもあるかもしれない。

エドモンズは最後に出てきてびっくりしましたねー。まさに期待の若手。15歳なのにすでに大きいし、ジャンプもすばらしい。岡部さんは「これ以上大きくなりすぎないように、縦にも横にも」といっていましたが、これは大事に育ててほしいものです。ゴールドに次ぐ期待の若手を。

3位はミライ。今日は調子よかったですね。というかオリンピックシーズン、調子が悪いとかいってる場合ではないですよね。今日は本来の力をしっかり出せました。FSもがんばってほしいです。

ワグナーは4位。ゴールドとは8点離れてますが、射程距離ではありますね。オリンピックに今のワグナーがいかないという選択肢はないです。しっかり3位以内を確保するように。というか優勝だ。ケインは最初にみた選手ですがなにげに5位。シングルでもこれだけやれる。ガオは6位。上を狙いましょう。3位でいいんですからね。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。